最終更新日:2021/09/29
在宅・リモート案件が見つかるサイト5選
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/)
リモート可能な案件や週2〜3日の案件が豊富!
i-common tech(公式:https://i-common-tech.jp/

平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント
レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/    案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
会員数は200万人ほど!ライティング、プログラミング、デザイン、ロゴ作成から、簡単なタスクまで全ジャンルに多くの案件があります。
Workship(公式:https://goworkship.com/
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

「単価が高くて、なおかつフレキシブルに働けるプログラマー向けの在宅案件はないかな?」

「在宅プログラマーとして働きたいけど、どうやって案件を探せばいい?」

このよう疑問を持っている方はいらっしゃいませんか?リモートワークの拡大等により、在宅で働きたいと考えている方は多いですよね。

本記事では以下の事に関して解説します。

  • プログラマーが在宅で働くメリット・デメリット
  • おすすめのエージェントサイト
  • 在宅プログラマーに必要なスキル
  • 在宅プログラマーは未経験からでもできるか

プログラマ―が在宅で働くメリット・デメリットは?


これから在宅プログラマーとして働きたい方に、メリットとデメリットを紹介します。

在宅で働くメリット

在宅で働く際のメリットは以下の三点が挙げられます。

  • 効率的に時間を使える。
  • 人間関係で悩まない
  • 家庭をおろそかにしないで働ける。

それぞれのメリットに関して説明していきます。

  • 効率的に時間を使える。

在宅プログラマーは常駐プログラマーと異なり、時間に縛られずに働けるため、時間を有効的に使うことができます。

例えば、出社する必要がないため、通勤にかかる時間を自分の時間に使うことができます。

在宅プログラマーはその点において、常駐型プログラマーよりも働き方の自由が高いと言えます。

  • 人間関係で悩まない

在宅で勤務する場合、会社で毎日苦手な人と対面で仕事をすることは無くなります。また、人付き合い等での悩みも出社して働く時よりも少ないでしょう。

しかし、在宅勤務でも、仕事を円滑に進めるためにはある程度のコミュニケーション能力は必要になります。

  • 家庭をおろそかにしないで働ける。

在宅勤務の場合、育児や介護と両立しながらでも働きやすい環境にあります

在宅で働く場合、子供を保育園に預けずに面倒を見ながら仕事をすることが可能です。また、介護に関しても、常に目の届く範囲で勤務ができるので、万が一の時でもすぐに対応できます。

このように在宅勤務は、仕事と家庭の両立がしやすいと言えます。

在宅で働くデメリット

在宅で働く際のデメリットは以下の二点が挙げられます。

  • 収入が安定しにくい
  • プライベートとの境目が曖昧になりやすい
  • 作業能率が落ちやすい

それぞれのデメリットに関して説明していきます。

  • 収入が安定しにくい

フリーランスで在宅プログラマーとして勤務する場合、働いた分を収入として得ることができますが、会社員のように安定した収入が担保されません。

また、フリーランスで働く場合は、案件を自分で獲得する必要があります。

  • プライベートとの境目が曖昧になりやすい

自宅で勤務する場合、作業空間とプライベートな空間が混在するため、作業に集中できない可能性があります。

また、業務時間とプライベートな時間との境界が曖昧になりやすく、作業に集中しようと思っても、私生活のことを考えてしまい作業が進まないこともあり得ます。

  • 作業能率や落ちやすい

在宅勤務は人の目がないため、人によっては怠けてしまうこともあるようです。

在宅勤務では、基本的には一人で作業を進めるため、時間、進捗、体調などあらゆる面での自己管理が必須になります。

そのため、在宅プログラマーには自己管理能力は必須になります。

プログラマー向け在宅・リモートOKの案件が見つかるおすすめサービス・サイト5選

副業やフリーランス未経験者や、手間をかけずに在宅案件を獲得したい方は、エージェントを使うのがおすすめです。

プログラマー向けの在宅案件など、自分が求める条件の案件を見つけるためには、以下のことが重要です。

  • プログラマー向けの在宅案件が多いサイトに複数登録し、案件を比較する。
  • 非公開求人を含め網羅的に案件をチェックし、自分に合ったものを獲得する。
  • 新規案件など最新情報をチェックする。

特に、複数のエージェントに無料登録することによって、1つのエージェントで見つからなかった案件や高単価な案件を見つけやすいメリットがあります。

今回は数多い求人サイトの中で、「プログラマー向けの在宅案件の多い」エージェントを5つ紹介します。

DAI
下記のエージェントはプログラマー向けの在宅勤務OKの案件を多く扱っているので、是非とも登録しておくことをおすすめします。

今回紹介するのはこの5つです。

在宅・リモート案件が見つかるサイト5選
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/)
リモート可能な案件や週2〜3日の案件が豊富!
i-common tech(公式:https://i-common-tech.jp/

平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント
レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/    案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
会員数は200万人ほど!ライティング、プログラミング、デザイン、ロゴ作成から、簡単なタスクまで全ジャンルに多くの案件があります。
Workship(公式:https://goworkship.com/
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

それぞれのサイトに関して紹介していきます。

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,072件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週2〜3日稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2021年9月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週2~3日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週2~3日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週2~3からOKの案件が多くあるという点です。

実際、フリーランスエージェントの多くは以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

その点、ITプロパートナーズは週2~3からOKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントとなっています。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

また、ITプロパートナーズは公開求人数で比較すると、エンジニア、デザイナー、マーケター全ての職種で業界最多水準の案件数になっています。

他のエージェントの場合、以下のような特徴がありデザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 扱っていたとしても、案件数が少なかったりサービス利用可能地域が都市部だけに限定されている

ですが、ITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高まります。

DAI
そのため、まずはリモートや週2、3日から仕事を始めてみたいというデザイナーやマーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

i-common tech

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

公式:https://i-common-tech.jp/

DAI
i-common techは、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方や週3日~・リモートで働きたい方必見のエンジニア特化型エージェントです。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数  164件
平均単価 85万円
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日〜可能、リモート案件70%以上

公式ページ:https://i-common-tech.jp/
※2021年1月時点・公式ページより引用/算出

i-common techの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  • 中間マージンのない直請け案件多数
  • リモート案件が70%以上・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる
  • 契約後も充実したサポート体制

中間マージンのない直請け案件多数

i-common techは、案件の質が高い傾向にある直請け案件が豊富なことが特徴であり、平均単価は85万円・利用者の約半数が月収70万以上です。

DAI
継続して案件を受けやすいので長期的な報酬アップも見込めることも魅力ですね。

実際に業界最大手のレバテックフリーランスと平均単価を比較してみても高額なことがわかります。

i-common tech 85万円
レバテックフリーランス 68.2万円

リモート案件が70%以上・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

i-common techは、案件の74%がリモート可能案件です。また週3日〜OKな案件も多数あります。

特にエンジニア求人の場合は、週5日〜常駐案件がほとんどなので、柔軟に仕事をすることが難しかったりします。

その点、i-common techはリモート案件も豊富で週3日からの案件もあるので、地方在住の方や柔軟な働き方がしたいという方にはおすすめのエージェントです。

契約後も充実したサポート体制

i-common techはIT人材サービスを多く手掛け実績も豊富なパーソルグループが運営するサービスです。

だからこそその知見を活かしてプロのエージェントから登録後のカウンセリングから案件の紹介、契約の締結、業務開始後のアフターフォローまで一貫してサポート受けることが可能です。

DAI
エンジニアに特化しているからこそ、業界の理解が深く、案件のミスマッチが起こりにくいというのも大きな魅力です。

まとめると、エンジニアに特化したエージェントで高単価案件・リモート案件にも興味があるという方は必見のエージェントです。

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

レバテックフリーランス

公式サイト:https://levtech.jp

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数  29,443件
平均単価(月) 71万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週3案件、リモート案件多数

※2021年9月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えており、利用者の平均年収は862万円という高水準です。

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」になっています。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは、業界最多水準で、公開されている案件だけで29,443件以上に上ります。

エンジニア 17929 件
デザイナー 481
マーケター 34件
コンサル 1075

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

他のフリーランスエージェントと比較しても、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

全ての案件において最も多くなっています。

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

また、レバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」になっています。

なぜ非公開求人が多いの?

※非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。
そのため、公に公開することはせず、担当者が直接依頼する形をとるために非公開の求人が多くなっています。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかなどが分かります。今すぐフリーランスになるかどうか分からなくても、気軽に相談してみるのがお勧めです。
レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

クラウドテック

DAI
クラウドテックは、クラウドソーシングで有名な株式会社が運営しているフリーランスエージェントです。『クラウド』の文字通り、リモートワークをしたいかた必見のエージェントです。
運営会社 株式会社クラウドワークス
公開求人数  876件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 リモート案件多数

公式ページ:https://crowdtech.jp/
※2021年9月時点・公式ページより引用/算出

クラウドテックの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. リモート求人が多い
  2. エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い
  3. クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度

リモート求人が多い

クラウドテックのリモート案件数は、他の10以上のエージェントと比較してもトップクラスの案件数になっています。

※フリーランスエージェントで得られる案件のほとんどは、実はほとんどが常駐の案件なことがほとんどです。一部リモートなどの案件はありますが、フルリモートの案件の割合はかなり少ないため、リモート案件に強みのあるクラウドテックはかなり魅力的です。

また、クラウドテックのサイト上で公開されている求人は876件ほどですが、実際は8~9割がたの案件が非公開求人となっています。

DAI
クラウドテックは登録企業の数だけでも14万社以上あるため、より多くのリモートワーク案件を比較して自分にあう案件を決めたい!という方には特におすすめですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い

また、クラウドテックはエンジニア、デザイナー、マーケターの案件数で比較しても全てにおいて業界最多水準になっています。

DAI
エージェントによっては、エンジニアだけに特化しているエージェントなどがありますが、クラウドテックは上記3つの職種全てで多くの案件を保有しています。

エンジニアであれば、IT プロパートナーズやフューチャリズムなどのエージェントを併用することもお勧めです。

ですが、デザイナーやマーケティングの仕事をしたいという方は、案件数的にもクラウドテックが一番お勧めです。

クラウドワークス社が運営しているからこその安心の福利厚生

クラウドテックは、会員登録をすることで100以上のサポートが無料になる「フリーランスライフサポート」にクラウドテック側の負担で加入することができます。

サポートの例としては、

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 健康診断をはじめとする各種健康サポートのサービス

など、会社員からフリーランスになるにあたって役立つサービスばかりです。

DAI
エージェントによっては、有料でサポートに加入する必要もあるので無料で加入できるのは安心ですね。

公式サイト:https://crowdtech.jp/

【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

Workship

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

案件数 481件
最低稼働日数 週1~3日・副業OK
主な求人ジャンル Webエンジニア、Webディレクター、デザイナー、ライター
公式サイト https://goworkship.com/

※2021年9月時点・公式サイトより引用/算出

ワークシップは、週1日から働ける副業案件プラットフォームです。

副業ワーカーを探している企業が案件を掲載し、その案件に応募できるというような仕組みになっています。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

ワークシップの大きな特徴としては、

  1. 週1~3日からOKの副業案件が多数ある
  2. エンジニアだけではなく、ディレクター、マーケター、ライター、人事などの求人が多数
  3. スキルを登録しておくと、企業からオファーがくる

です。

①週1~3日OKからの副業案件が多数ある

Workship 公式サイトより引用 (https://goworkship.com/)

一般的なフリーランスエージェントは、週1・2日からの案件がほとんどありません。

そのため、副業で案件をやってみたいという方にとっては、実質不可能でした。

ワークシップの場合、週1・2日から可能な案件が多数あり、さらに半数以上がリモートOKの案件となっています。

②エンジニアだけではなく、ディレクター、マーケター、ライター、人事などの求人が多数

Workship 公式サイトより引用 (https://goworkship.com/)

一般的なフリーランス系のエージェントでは、だいたいがWebエンジニアやディレクターの案件がほとんどです。

一方で、ワークシップは、様々な職種の案件がそろっています。

たとえば、

  • ライター
  • セールス
  • マーケター
  • 広報
  • 人事
  • 経理

などなど。

ですので、

  • 正社員として働きながら副業してみたい
  • フリーランスだけど少ない稼働で働きたい

という方にはおすすめです。

③スキルを登録しておくと、企業からオファーがくる

Workship 公式サイトより引用 (https://goworkship.com/)

僕自身登録して、スキルを登録しておきましたが、放っておいたところ、企業からオファーが何件か来ました。

今会社でやっていることが、市場で必要とされているか調査するうえでも非常に有効ですし、また向こうからスカウト型でくるので、一度登録しておいて、案件がくるかチェックしてみるのもよいでしょう。

Workship公式サイト:https://goworkship.com/

Workship公式ページを見る

プログラマーの在宅案件ってどうやって探すの?

これから在宅で仕事をするにあたって、案件を獲得して生活していける分の収入を得ることができるかどうかは気になりますよね。

ここでは、在宅プログラマーが案件を探す際に、どのような手段があるのかを説明します。

  • フリーランス向けのエージェントを利用する。
  • クラウドソーシングのWebサイトを利用する。
  • 友人伝えで仕事を貰う。

それぞれの方法について説明します。

フリーランス向けのエージェントを利用する

フリーランスエージェントの特徴は以下二点です。

  • 基本的に担当者が付き、営業を代行してくれる。
  • 案件のマッチングをサイト上で行うサービスがある。

フリーランスエージェントに登録すれば、エージェントがあたなのスキルや実績から、最適な案件を探してくれます。そのため、求人を探す手間を省くことができます。

フリーランスエージェントを利用して在宅で働くならば、最初からエージェントに在宅の案件を紹介してもらうように依頼しましょう。

クラウドソーシングのWebサイトを利用する

クラウドソーシングの特徴は以下二点です。

  • 案件のマッチングを行うサイトを運営する。
  • 営業は基本的に個人がやる必要がある。

案件獲得のために自分自身で営業活動を行うため、在宅で仕事が可能なものを選択することができます。また、交渉次第では報酬を高く設定することも可能です。

このように、クラウドソーシングとフリーランスエージェントは、よく間違えられやすいですが、大きな違いは「自分で営業をする必要があるかどうか」です。

DAI
クラウドソーシングもフリーランスエージェントもどちらも仲介手数料はかかりますが、クラウドソーシングはシステム利用料のみに限定されるため、フリーランスエージェントよりも比較的安い傾向にあります。

友人伝えで仕事をもらう

また、案件を獲得する際には、友人等から紹介してもらう場合もあります。親しい相手から受注すると、業務に関して相談しやすい等のメリットがあります。

しかし、友人からの案件を引き受けた場合でも、業務内容を十分に確認した上で受注することが大切です。あいまいなまま進めるとトラブルに発展する恐れがあります。

在宅プログラマーの年収は?

では、在宅プログラマーとして働いた場合はいくらになるでしょうか。

参考までに、厚生労働省の調査によるとプログラマーの年収は、511.9万円で、平均労働時間は166時間です。(出典:令和2年賃金構造基本統計調査)

在宅プログラマーとして働く場合、スキルや稼働時間によって収入の差はありますが、正規雇用の正社員と同程度勤務した場合の目安にはなるのではないでしょうか。

先ほども申し上げた通り、プログラマーはスキルや稼働時間に応じて収入が変動するので、高収入を得たい場合は相応のスキルが必要になります。

在宅プログラマーとして働くにはどんなスキルが必要?

ここでは、在宅プログラマーに必要なスキルについて解説します。在宅プログラマーは一人で仕事を行うため、様々なスキルが必要になります。

ここでは、特に必要な3つのスキルを紹介します。

  • プログラミング力
  • 営業力
  • 自己管理能力

それぞれ説明します。

  • プログラミング力

まず、相手が求めるレベルのプログラミングスキルが必要になります。

そして、在宅プログラマーとして働く場合、自分でエラーを修正する必要があります。

プログラミングスキルが低いと、依頼された仕事内容に応じた成果物を提出することができません。成果物の完成度が低かった場合クレームに繋がる可能性があります。

  • 営業力

フリーランスの場合は、自分で案件を獲得しなければなりません。そのため、クライアントと交渉する必要が出てきます。

自分で営業をする自信がない人は、フリーランスエージェントを活用すると、案件の紹介やクライアントとの交渉を代行してくれます。

  • 自己管理能力

在宅で仕事をする場合、フレキシブルに働けるメリットがあります。しかし、裏を返せば、公私の切り替えや、自分のタスクを把握・管理し、スケジュール通りに仕事を進捗する必要があります。

自己管理能力が低いと、業務の遅延や納期までに提出できない事態を招きかねません。

在宅プログラマーは未経験でもできる?

「未経験から在宅勤務を行いたい!」という方も中にはいると思います。

結論から言うと、

DAI
フリーランス未経験でも業務経験ありならOKです!逆に、業務未経験でいきなりフリーランスで案件を受注するのは難しいので、正社員として業務経験を積んでからフリーランスとして独立するのがいいと思います。

フリーランスエージェントを利用する企業は即戦力となる人材を求めている場合が多く、業務経験がない人が案件獲得するのはかなり難しいです。

未経験の人が在宅プログラマーを目指すなら、最低限の知識やノウハウ、業務経験を積んでからスタートするのがおすすめです。まずは、就職し、実務を経験しましょう。

まとめ

この記事では、在宅プログラマーのメリット・デメリットや、複数のプログラマー向け在宅OK案件を所有するエージェントを紹介してきました。

DAI
プログラマー向けの在宅OK案件を所有するエージェントは種類が沢山ありますが、それぞれ得意・不得意な領域があるため、自分に合ったエージェントを見つけることから始めましょう。