最終更新日:
Sketchで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第3位】クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!
【第4位】YOUTRUST(公式:https://lp.youtrust.jp/)
知り合いの知り合い経由で副業案件をゲット!今話題のビジネスSNS
男性A
Sketchを使った副業をしたいけど、どうやって案件を探せばいいんだろう。そもそも案件あるの?本業と両立できる?

WebアプリのUI制作に便利なツール「Sketch」は、本業だけではなく副業でも活かしやすいスキルです。

しかし、副業をするうえで注意すべき点や案件の探し方を知っておかないと、時給500円以下で働かせられたり、質の低いクライアントに振り回されたりするリスクがあります

DAI
そこでこの記事ではSketchの副業案件の探し方やおすすめのサイト、メリットなどについて幅広く解説していきます。

また自分に合った案件を見つけるためには、最低でも3つのエージェントに登録するのがおすすめです

人気の案件は非公開になっていることも多いので、複数サイトに無料登録しておきましょう。

今回ご紹介する案件検索サイトを以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
クラウドテック https://crowdtech.jp/
YOUTRUST https://lp.youtrust.jp/

Sketchの副業案件を探す基準

エンジニアなど他の案件に比べて、Sketchの案件は決して多くあるわけではありません。

しかし「Sketch案件であればなんでもいいから受注したい!」という考えで案件を探すと、悪質なクライアントとマッチングしてしまうリスクがあります。

DAI
案件選びに失敗すると、飲食店アルバイトの半分以下の時給で買い叩かれてしまうことも珍しくありません。

そこでここからは、Sketchの副業案件を探す基準を5つご紹介します。

  1. クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  2. 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  3. 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  4. フルリモート案件があるか
  5. 高単価な案件が多いか
DAI
順番に見ていきましょう!

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

副業案件探しにはクラウドソーシングか副業エージェントを使うのが一般的です。

  • クラウドソーシング:仕事を発注したい企業と仕事を受注したいワーカーをマッチングするプラットフォーム。初心者でも案件を取りやすい。
  • 副業エージェント:企業と副業ワーカー・フリーランスをマッチングするサービス。営業・契約・単価交渉などを仲介してくれる。

Sketchで副業をするなら、副業エージェントを利用して案件を探すのがおすすめです

理由は下記の2点です。

  • クラウドソーシングにはSketch案件が少なすぎるから
  • クラウドソーシングは低単価案件が多いから

そもそもクラウドソーシングには、Sketchを使用する案件が全然掲載されていません。

DAI
2022年7月現在、クラウドワークスでSketch案件を検索したところ、たったの3件しか掲載されていませんでした。

またクラウドワークスは初心者ワーカーが多く集まるため、案件の単価が相場より低く設定される傾向があります

1ヶ月稼働して単価5万円や、時給換算すると500円を切ってしまう案件も珍しくありません。

格安な案件は心も体も消耗します。

一方で副業エージェントはスキルのあるワーカー向けに案件を用意しているので、比較的単価が高いのが特徴です。

DAI
案件数も豊富にあるため、Sketchの副業で継続的に稼いでいきたい人にはぴったりです。

他にも副業エージェントを使うことで、次のようなメリットがあります。

  • 営業や契約などの面倒な事務手続きを代行してくれる
  • 福利厚生が会社員並みに揃っているサービスもある
  • 案件が途切れたら他の案件を紹介してくれる
DAI
利用は無料なので、気になるサイトすべてに登録しておきましょう!後ほどおすすめのサイトを紹介します。

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

平日の日中以外の時間(土日・平日早朝・夜)の稼働ができるかどうかも、案件選びで重要なポイントです。

ほとんどの会社員は、平日日中の8時間を本業に拘束されます。

土日や平日の夜間しか副業に時間をあてられないので、案件を受注するときは「土日・平日夜間の稼働OK」であることを確認しましょう。

DAI
スタートアップやベンチャー企業など小規模な会社の案件は、比較的フレキシブルに働けるものが多いです。

③週の最低稼働日数が少なくてもよいか

最低稼働日数がなるべく少ない案件を受注することもポイントです。

副業案件には、それぞれ週の最低稼働日数が設定されています。

最低稼働日数が少なければ、本業に合わせて柔軟に稼働スケジュールを調整できます。

DAI
本業が忙しいときは週1日、余裕があれば週4稼働など、状況に応じて副業へのコミット量を調整しやすくなりますよね。

ただしSketchには、週1稼働OKの副業案件がほとんど見当たりませんでした(2022年7月26日時点)。

ITプロパートナーズクラウドテックには週2からOKのSketch案件が複数ありますので、ぜひ無料登録して案件をチェックしてみてください(2022年7月26日時点)。

④フルリモート案件があるか

フルリモート勤務が可能かどうかも、副業選びにおいて重要な基準です。

DAI
副業は貴重なプライベートの時間を削って取り組むものなので、通勤のような無駄な時間はなるべく減らしたいですよね。

フルリモートであれば、通退勤の時間は0です。

浮いた時間で副業を増やしたり、趣味の時間にあてたりできます。

Sketch案件にはフルリモートOKのものもありますが、人気が高いので早めに応募することがおすすめです。

⑤高単価な案件が多いか

なるべく高単価なSketchの副業案件を受注することも欠かせません

副業は「土曜日の5時間だけ」など、業務にかけられる時間がどうしても限られてしまいます。

短時間で少しでも効率よく稼ぐためには、単価が高い案件を選ぶことが重要です。

DAI
複数の副業サイトに登録して、案件を見比べてみるのがおすすめですよ!

Sketchデザイナー向けの副業ができるおすすめエージェントやサイト

数多くの副業エージェントや案件検索サイトがありますが、特徴や使い勝手はそれぞれ異なります。

リモート案件に特化したサイトや大手企業の案件が豊富なものなど、それぞれの強みを理解したうえでエージェントを選びましょう。

またエージェントは採用した企業側が運営に報酬を支払って成り立っているビジネスなので、ワーカーは登録から案件受注まで完全無料で使えます。

DAI
自分に合ったサイトを選ぶためにも、まずは気になるものすべてに登録して使ってみましょう!

ここからはSketchを使った副業におすすめのエージェントを4つ紹介します。

  • レバテックフリーランス
  • ITプロパートナーズ
  • クラウドテック
  • YOUTRUST
Sketchで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第3位】クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!
【第4位】YOUTRUST(公式:https://lp.youtrust.jp/)
知り合いの知り合い経由で副業案件をゲット!今話題のビジネスSNS
公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
クラウドテック https://crowdtech.jp/
YOUTRUST https://lp.youtrust.jp/

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスはリモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。

運営会社
レバテック株式会社
公開求人数
(現在募集中の案件)
2731件 (2022年11月27日現在)
Sketchの
公開求人数
1件 (2022年11月08日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み・週2〜3日稼働の案件、リモート案件多数
・カウンセラーの専門性が高く、幅広く相談に乗ってくれる
・高単価な案件が多い
公式https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

実際に公式サイト上で検索してみると、週3日以内の稼働で月80万円のような案件もありました(2022年7月26日時点)。

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2021年12月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛け、様々な職種に対応しているレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

「実際にsketchの副業案件に携わってみたら、聞いていた業務内容と違った」などのトラブル時も、すばやく相談に乗ってもらえるので安心です。

DAI
誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

またレバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない「非公開求人」です。

非公開求人のなかには機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため公に公開することはせずに、担当者が直接依頼する形をとるため、非公開の求人が多いのです。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、sketch案件の動向や、今の自分のスキルでどのレベルの副業案件がこなせるのかがわかります。「将来的には独立したい」と考えている方も、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!

運営会社
株式会社Hajimari
公開求人数726件 (2022年11月27日現在)
Sketchの
公開求人数
6件 (2022年11月27日現在)
マージン率非公開
対応地域東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫、奈良
フルリモート案件も取扱あり。
特徴週1〜3日で稼働できる案件を多く保有。リモート可案件も多数。
公式https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は「直請案件」が多く、他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

実際にsketch案件を探したところ、下記のように週3日稼働・フルリモートでも60万円の案件もありました。

  • Web・モバイルアプリのUIデザイン:60万円/月、週3日、フルリモート
  • 社内システムのUI/UXデザイン:40万円/月、週3日、フルリモート

参考:ITプロパートナーズ ※現在は募集を終了しています。

正直ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に直請案件が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズはリモートのsketch案件も多いので、「まずは土曜日の午後だけ副業してみよう」など自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

クラウドテック

公式サイト:https://crowdtech.jp/

DAI
クラウドテックは、クラウドソーシングで有名な株式会社が運営しているフリーランスエージェントです。『クラウド』の文字通り、リモートワークをしたいかた必見のエージェントです。
運営会社 株式会社クラウドワークス
公開求人数  971件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 リモート案件多数

公式ページ:https://crowdtech.jp/
※2022年3月時点・公式ページより引用/算出

クラウドテックの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. リモート求人が多い
  2. クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度

リモート求人が多い

公式ページ:https://crowdtech.jp/

クラウドテックのリモート案件数は、他の10以上のエージェントと比較してもトップクラスの案件数になっています。

※フリーランスエージェントで得られる案件は、実は常駐の案件であることがほとんどです。一部リモートなどの案件はありますが、フルリモートの案件の割合はかなり少ないため、リモート案件に強みのあるクラウドテックはかなり魅力的です。

2022年7月26日時点でのsketchのリモート案件は、15件ありました。

クラウドテックのサイト上で公開されている求人は916件(2022年7月26日時点)ほどですが、実際は大多数の案件が非公開求人となっています。

DAI
クラウドテックは登録企業の数だけでも14万社以上あるため、より多くのリモートワーク案件を比較して自分にあう案件を決めたい!というUIデザイナーの方には特におすすめですね。

クラウドワークス社が運営しているからこその安心の福利厚生

クラウドテックに会員登録することで、100以上のサポートが無料になる「フリーランスライフサポート」に無料で加入できます。

下記の通り、会社員からフリーランスになるにあたって役立つサービスばかりです。

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 健康診断をはじめとする各種健康サポートのサービス

「sketchの副業案件を始めたいけど、家事や育児と両立できるか不安」と悩んでいるデザイナーの方は、ぜひクラウドテックを活用してみましょう。

DAI
エージェントによってはサポートが有料の場合もあるので、無料で加入できるのは嬉しいポイントですね。
【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

YOUTRUST

公式サイト:https://lp.youtrust.jp/

運営会社 株式会社YOUTRUST
公開求人数 非公開
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 転職・副業案件を探せる
DAI
YOUTRUSTは、知人や知人の知人経由でスピーディーに案件を獲得したい人におすすめの『キャリアSNS』です。

YOUTRUSTには、以下の特徴があります。

  1. 効率的かつスピーディーに企業とやりとりできる
  2. 知人の繋がり経由で案件を取れるので信頼度が高い

効率的かつスピーディーに企業とやりとりできる

YOUTRUSTは「キャリアSNS」と呼ばれ、仕事に対する考えや感じたことを発信できる「脳内メモ」という機能があります。

脳内メモに興味を持った人と簡単にマッチング・メッセージができるので、無駄な時間をかけずスピーディーにやりとりができます。

DAI
普通のエージェントでは案件受注の前に選考がありますが、YOUTRUSTは選考を飛ばしてすぐに業務の相談を持ちかけることが可能です。

脳内メモで共感を覚えた人にアプローチをすれば、自分のスキルに合ったsketchの副業案件を紹介してもらえる可能性が高まります。

知人の繋がり経由で案件が取れるの信頼度が高い

YOUTRUSTではTwitterなどのSNSで繋がっている友達を起点に、「友達の友達」まで自由にメッセージのやりとりができます。

知り合いを経由するため、「業務量が多く、時給換算すると500円程度になってしまう」などの悪質な案件と巡り合う可能性は低いです。

DAI
もし知人に悪質な案件を紹介したら関係が悪くなってしまいますし、脳内メモや他のSNSで会社の悪評が立ってしまうリスクもありますからね。

また知人であればスキルレベルの認識にズレが生じづらいため、あなたに合ったsketchの副業案件とも巡り合いやすくなります。

引用:https://lp.youtrust.jp/

YOUTRUSTに登録するには、まずメールアドレスとパスワードを入力します。

Facebookでの登録も可能です。

登録が済んだら、自分の職歴やスキルなどを入力してプロフィールを完成させましょう。

GitHubやQiita、Wantedlyなど他のサービスとの連携も可能なので、プロフィールを見た企業に対してより自身の魅力をアピールできます。

DAI
SNS感覚で利用でき、かつ企業に直接アプローチできるYOUTRUSTは、副業または転職を考えている方におすすめです!

Sketchの副業するために必要な準備

Sketchの副業案件探しにおすすめのサイトを紹介しましたが、何も準備せず手当たり次第に案件を探すのは非効率です。

そこでここからは、案件を探す前にしておくべき準備を2つ紹介します。

  • 実務経験・スキルを棚卸ししておく
  • 副業案件を探すためのサイトに登録しておく
DAI
順番に解説していきます!

実務経験・スキルを棚卸ししておく

真っ先にすべきなのが、実務経験・スキルの棚卸しです。

DAI
自分の経験やできることが不明確だと、どのような業務に対応できるかがわからないですよね。

Sketchの副業といっても、案件によって業務内容は異なります。

たとえばUIデザインしか経験がないなら、Sketchを使ったアプリ開発のディレクション案件を受注するのは難しいです。

「どのような業務経験があり、その結果どんなことができるようになったのか?」という観点で、過去の仕事を振り返っておきましょう。

副業案件を探すためのサイトに登録しておく

スキルの棚卸しが終わったら、副業案件を探すためのサイトに登録しましょう

一つのサイトに登録して案件を探すのではなく、Sketch案件が充実しているすべてのサイト登録してから案件を探すのがポイントです。

複数のサイトに登録することで、より多くのSketch案件を比較・検討できます

DAI
同じ業務内容・勤務条件の案件でも、サイトによって報酬に差があるケースは多いです。

少なくともこの記事で紹介した4つのサイトには、登録しておくことをおすすめします。

Sketchの副業案件にはどんなものがある?

Sketchの副業案件において、具体的にどのような業務を行うのかイメージできていない人も多いのではないでしょうか。

そこでここからはSketchの副業案件の業務内容について、実際の案件例を用いて紹介していきます。

  • Sketchの案件①:WebサイトのUI・UX最適化
  • Sketchの案件②:WebアプリケーションのUI・UX設計

Sketchの案件①:WebサイトのUI・UX最適化

引用:クラウドテック ※現在は募集を終了しています。

1つ目はSEOメディアやホームページのUI・UXを制作する業務です。

上記の案件では「SEO最適化のためのUI・UX作成」を行うため、UI・UXの知識に加えて集客・マーケティングのノウハウもあると受注しやすくなります

DAI
ただSketchを使いこなせるだけでは、副業案件を受注することは困難です。本業で幅広い経験を積んでおくとアピールポイントも増え、応募時に有利になります。

Sketchの案件②:WebアプリケーションのUI・UX設計

引用:ITプロパートナーズ ※現在は募集を終了しています。

WebアプリケーションのUI・UXを設計する仕事です。

アプリ制作の案件は、サイトUI作成より報酬が高い傾向にあります。

DAI
週2日勤務でも20〜30万円程度を狙えるので、アプリ制作経験のあるデザイナーの方はぜひ挑戦してみましょう。

Sketchの副業案件を行うメリットは?

副業は本業と並行して行うため、決して楽に稼げるわけではありません。

特に副業を始めたばかりの頃は、プライベートのほとんどを仕事に充てることになり、体力的にも精神的にもハードです。

DAI
ですが副業には、その大変さに見合うだけのメリットがあります。

そこでここからは、Sketchの副業案件を行うメリットを3つご紹介します。

  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
  • 人脈を広げることができる
DAI
順番に見ていきましょう!

収入が増える

副業をすることで、シンプルに収入が増えます。

DAI
月5万円程度であれば、スキルがある人なら数ヶ月で達成できるでしょう。

「たった5万円?」と思うかもしれませんが、年収が60万円アップすれば生活に大きな余裕が生まれるのではないでしょうか

また本業以外に収入源を持てることも、副業の大きなメリット。

DAI
複数の収入源があることで、収入の依存先を分散でき、いざというときのリスクヘッジになります。

Sketchの副業で収入を増やし、安定した生活を手に入れましょう。

スキルアップにつながる

副業を通して汎用性の高いスキルを磨けます。

なぜなら副業は会社の看板を使わず、自分のスキルだけを頼りに稼ぐ働き方だからです。

Sketchのプロフェッショナルとして、高いパフォーマンスを要求されます。

DAI
失敗したら組織ではなく、すべて自分の責任。そんなプレッシャーの中で仕事をすることで、スキルを大きく伸ばせます。

また本業とは違う業界の案件にもチャレンジできるので、どんな会社でも通用するスキルが身につくのも嬉しいポイント。

副業でスキルアップをして、人生の選択肢を広げましょう。

人脈を広げることができる

副業をすることで、本業では出会えないような違う職種の人とのつながりが広がります。

人脈が広がるメリットは、主に以下の3つ。

  • 業界の最新知識・スキルに触れられる
  • 他の企業やUIデザイナーがどのように業務に取り組んでいるかがわかる
  • 転職のきっかけができる

人脈はただ広げればよいものではありません。

広げた人脈をどのように使いこなすかが大事です。

DAI
副業で生まれた人とのつながりを、転職やスキルアップなどに活用できるとよいですね!

Sketchで副業するデメリットって?

副業はメリットばかりではなく、デメリットや注意点もあります。

DAI
デメリットを事前に把握し、適切な対策を施すことが重要です。

そこでここからは、Sketchで副業をするデメリットを2つご紹介します。

  • 本業との兼ね合いが難しくなる
  • 休みが取れなくなる

1つずつ見ていきましょう。

本業との兼ね合いが難しくなる

副業をするうえで最も気をつけなければならないのが、スケジュール管理の徹底です。

クライアントを相手に仕事を行う副業では、各案件に必ず納期が設定されています。

DAI
本業とのバランスを調整しつつ、納期までにタスクを消化できるよう、スケジュールを管理しなければなりません。

納期漏れはクライアントからの信頼を大きく落とす行為なので、プロとして案件を受注する以上、絶対に避ける必要があります。

おすすめの対策は、小さく副業を始めることです。

余力を持って取り組めるレベルの案件から始めれば、タスク量がキャパシティを超えることはありません。

DAI
副業は長期間継続的に取り組むものなので、すぐに大きな金額を稼ごうとする必要はありません。まずは小さく始めて、副業のある生活に身体を馴染ませましょう。

休みが取れなくなる

副業をすることで、娯楽やプライベートの時間が大きく削られます。

生活の大半が仕事になるため、慣れるまでは精神的・肉体的な負荷が大きくなりやすいです。

そのため副業にあてる時間をあらかじめ決めておきましょう

DAI
たとえば「平日は1日2時間以内、休日は1日全休にする」などのルールを決めておくと、休みを確保しやすくなります。

副業の上限を決めることで、休む時間とのメリハリをつけられるようになりますので、ぜひ試してみてください。

Sketchの副業案件や単価の目安

Sketchの副業案件の単価感を、最低勤務日数ごとに見てみましょう。

週2勤務の場合のSketch副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ  ※現在は募集を終了しています

アプリケーションのデザインを行う案件です。

週2稼働で、最大40万円程度の月収が見込まれます。

応募条件は、デザイン制作の実務経験2年以上。

本業で2年以上デザイン制作経験があれば(Sketchではなくても可)、月収30万円〜40万円が射程圏内に入ります。

週3勤務の場合のsketch副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ  ※現在は募集を終了しています

SaaSプロダクトのデザイン制作全般を担当する業務です。

週3勤務可能で、最大で月収50万円程度まで見込めます。

最低勤務日数が多いほど、応募条件のハードルが高く設定されている傾向があります。

DAI
「実務経験3年以上」などを条件に設定している企業も多いです。SketchやFigmaなどUIツールの使用経験がある方は、積極的にアピールしましょう!

Sketch案件の副業で収入を増やすポイント

副業は業務に充てられる時間が限られるため、少ない時間でいかに効率よく稼げるかが重要です。

そこでここからは、Sketch案件の副業で収入を増やすポイントを3つ紹介します。

  1. 単価が安い案件は控える
  2. 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  3. エージェントを利用する場合はマージン率を確認する
DAI
順番に見ていきましょう!

単価が安い案件は控える

自分のスキルを安売りしないためにも、単価が安い案件は控えましょう。

DAI
報酬が高いに越したことはありませんし、そもそも安い案件を出す企業は仕事の質が低いケースも多いです。

プロジェクトの概要を聞き、工数を大まかに計算して、報酬を時給換算してみることをおすすめします。

DAI
Sketchのスキルがあるデザイナーなら、最低でも時給2,000円程度は確保しておきたいところです。

複数のサイトの案件を比較して、条件のよいものを絞り込むようにしましょう。

複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

複数のエージェントで自分のスキル感を相見積もりしてもらい、メインで使うサイトを決めましょう

あなたへの評価は、どのサイトでも同じとは限りません。

UIデザイナーとして、より高く評価してくれるサイトを選んだほうがよいです。

DAI
相見積もりの結果を比較するためにも、必ず複数のエージェントに登録しておいてください!

エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

マージン率とは仲介料のことで、クライアントの報酬から一定の割合で引かれます。

副業エージェントのマージン率は10〜20%が一般的です。

DAI
せっかくならマージン率の低いエージェントを使いたいですよね。

ですがほとんどのエージェントは、マージン率を公開していません。

そこでチェックすべきなのは直接契約(エージェント以外に仲介企業を挟まない契約形態)かどうかです。

直接契約ならエージェント以外にマージンを引かれないため、高単価案件に参画できる可能性が高まります。

DAI
レバテックフリーランスITプロパートナーズなどは直接契約なので、良質で高単価な案件が豊富です!

Sketchが副業を始める際の注意点

Sketchの副業を始める際に注意すべき点は、下記の4つです。

  1. 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  2. スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  3. 副業可能か会社に確認する
  4. 確定申告が必要かどうか確認する
DAI
順番に見ていきましょう!

土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

土日・平日夜の稼働OKは、案件を選ぶうえで一番重要な条件です。

平日の日中の稼働が条件である案件は、そもそも副業として取り組めません。

DAI
最初に勤務時間の条件をクリアしている案件を複数集めてから、じっくりと比較検討をするのがおすすめですよ。

スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

まずはスケジュール管理しやすく、負担の少ない案件から始めることがおすすめです。

いきなり「土日のどちらも1日8時間以上」などの案件に参画した場合、疲れが抜けず本業に支障をきたす恐れもあります。

DAI
そのため楽な案件から始めて、副業のある生活とスケジュール管理に慣れてから業務を拡大しましょう。

自分の経験・スキルを丁寧に棚卸しして、余裕でこなせるレベルの案件から優先的に選んでいけば、小さく副業を始められます。

DAI
どんなに楽な案件でも、スケジュール管理は欠かさず行いましょう!Google カレンダーなどのアプリを使ってタスクを整理しておくと、スケジュールを目に見える形で管理できますよ。

副業可能か会社に確認する

大前提として、あなたの所属している会社が副業を許可しているかどうかを確認しましょう。

副業が禁止されているなら素直に従うことがおすすめです。

DAI
バレても解雇されることは滅多にありませんが、会社からの信用を失ってしまいます。

また副業を許可している会社でも、業務内容に制限が設定されているケースは多いです。

企業が定めた規定を確認したうえで、安心して副業に臨みましょう。

確定申告が必要か確認する

副業収入が年20万円を超えたら、自分で確定申告を行う必要があります。

副業収入を毎月把握して、20万円を超えたら所定の手続きを行いましょう。

会社員は企業が勝手に税金を計算してくれますが、副業は個人での活動であるため、自分で税金を計算しなければなりません。

もし確定申告をしなかった場合、延滞税を徴収される可能性もあります。

また確定申告をする際は、副業に伴う出費を経費として扱えます。

DAI
払う税金が安くなるため、事業に関連する出費については領収書をとっておきましょう。

Sketchの副業についてよくある質問

Sketchの副業についてよくある質問を紹介します。

  1. 週何日から副業できる?
  2. リモートワーク可能な案件はある?
  3. Sketch未経験で副業できる?
  4. Sketchで副業するために必要な実務経験やスキルって?
  5. Sketchの副業からフリーランスとして独立するには?
DAI
順番に見ていきましょう!

Q1. 週何日から副業出来る?

DAI
A:まれに週1稼働OKの案件がありますが、基本的には最低週2から稼働のものが多いです。

最低稼働日数が少ない案件は人気が高いため、見つけたらすぐに応募するようにしましょう。

案件が更新されていないか定期的にチェックするのがおすすめです。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
A:Sketch案件はリモートワークに対応している案件が比較的多いです。

ただフルリモートの案件は数が限られており、Sketchの実務経験が3年以上ないと受注は厳しいといえます。

DAI
リモート対応の案件にはたくさんのワーカーが集まるので、早めに応募するようにしてください!

Q3. Sketch未経験で副業出来る?

DAI
結論、未経験からSketch案件を獲得するのはかなり難しいです。

副業として案件を受注するなら、即戦力としてのスキルが求められるからです。

実際、案件の応募条件には「Sketchを使った実務経験◯年以上」と記載されていることがほとんど

Sketchを使って副業をしたいなら、まずはデザイン作成や開発系の企業に入社し、Sketchの実務経験を積みましょう。

Q4. Sketchで副業するために必要な実務経験やスキルって?

DAI
A:以下の業務経験があると、Sketchの副業案件を受注しやすいです。
  • WebアプリケーションのUI作成経験
  • ディレクション・PM経験
  • コーディングやPhotoshopなどの付加スキル

上記の経験がない場合、まずは本業に注力してスキルを習得していきましょう。

Q5. Sketchの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
A:副業からフリーランスとして独立するベストタイミングは、副業収入が本業を超えたときです。

安定性に欠けるのがフリーランスの弱みなので、考えうるリスクは可能な限り潰し切ることが欠かせません。

独立した途端副業の契約が途切れ、無収入になってしまうこともあり得ます。

今のうちから取引先や上司と良好な関係を築いておくと、独立後に仕事を紹介してもらいやすいです。

まとめ

ここまでSketchを使った副業について幅広く解説してきました。

Sketchを使ったデザイン制作の業務は、今後も需要が高まっていくと予測されます。

まずは下記のSketch副業におすすめのWebサービスに登録して、副業探しを始めてみましょう。

Sketchで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第3位】クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!
【第4位】YOUTRUST(公式:https://lp.youtrust.jp/)
知り合いの知り合い経由で副業案件をゲット!今話題のビジネスSNS