プログラミングスクール

注)この記事は記事広告です。アフィリエイト・ポリシーに準拠します。 こんにちは、元プログラミングスクールで働いていた、DAIです。 CodeCamp昨日無料カウンセリング行ってきたけど、中のコース非常によかった。ちょっと自分自身でも一つ学んだこと活かして、Webサイト制作して公開してみようと思う。 — Dai (@never_be_a_pm) February 2, 2019 前から気になっていた、Code Campを、受講してきました。 ≫CodeCamp(公式) Code Campの無料体験を受けてきました。

redash

BIツール “re:dash”を、Windows 10 にインストールしてみました。 やっと環境構築できた~!re:dash!これでGoogle Analyticsのレポーティングがはかどる! pic.twitter.com/NYrMTdorTH — Dai (@never_be_a_pm) February 1, 2019     Docker Toolboxのインストール Docker Toolboxをインストールしておきます。 ≫Windows 10 Homeのための、Docker Toolboxをインストールして、WSLから使う方法 re:dash のインストール 以下のGithubから、re:dashをdocker経由でセットアップするために、cloneします。 ≫redash hands on  | Github git clone git@github.com:kakakakakku/redash-hands-on.git 後は、read.meに従ってセットアップします。 $ cd redash-hands-on $ docker-compose run –rm server create_db $ docker-compose up 実行すると、 DAI KAWAI@DESKTOP-4HHEO95 MINGW64 ~/OneDrive/workspace/redash/redash-hands-on (master) $ docker-compose up […]

プログラミングスクール

こんにちは、DAIです。 よく、このようなご相談を受けます。 フリーランスエンジニアとして、仕事をもらいたい プログラミングスクールに行って、すぐにフリーランスエンジニアになれるのか フリーランスエンジニアになりたいなら、何を学ぶべきか 今回は、これらの質問に答えていきたいと思います。 プログラミングスクールに行って、すぐにフリーランスエンジニアになれるのか 「プログラミングスクールに行って、すぐにフリーランスエンジニアになれるのか?」という質問です。結論から言うと、業種によっては可能です。 フリーランスエンジニアになるためには、 顧客の課題を解決するプログラミングスキル 顧客を見つけ出して案件を受注するスキル の両方があれば、フリーランスエンジニアになれるわけですね。前者に関しては、プログラミングスクールで学んだ力を使って、フリーランスとして仕事をもらうことは可能です。 プログラミングスクールでフリーランスエンジニアになるには何を学ぶべきか フリーランスエンジニアになりたいのであれば、何を勉強すればいいのでしょうか。職種別におすすめ度を込みで紹介したいと思います。 WordPressエンジニア Webデザイナー 業務自動化エンジニア WordPressエンジニア WordPressというブログサイトを作成するアプリがあります。 このWordPressを利用して、 企業のランディングページ作成 企業の公式ページの作成 などの案件はかなり需要があります。 また、実際にWordPressは実際には「スキルが低くてもそれなりにお金になる」スキルなので、とにかく短期的に稼いでみたい!という方にはおすすめです。 実際に、クラウドソーシングでワードプレスを利用した案件の募集を見てみると、 10万円~30万円 などのレンジで、報酬をもらえるような案件もかなりあります。 Webデザイナー WordPressエンジニアに似ていますが、ゼロからコードを書いて、企業のホームページを納品するような仕事がWebデザイナーです。 Webデザイナーで必要なスキルは、 HTML CSS JavaScript Photoshop などが必要になります。 Webデザイナーは、ゼロからコードを書くので、WordPressエンジニアよりは難易度が高いですが、単価が高い案件が多いような印象があります。 業務自動化エンジニア ほかにも、企業のルーティンを自動化するような業務自動化エンジニアの仕事があります。 例えば、 Web APIを利用した自動翻訳ソフトの開発 などですね。 スキルごとのオススメのプログラミングスクール スキルごとにオススメのプログラミングスクールをご紹介します。 WordPress Codecamp Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービスです。高い学習効果が評価されテレビや新聞、ビジネス誌など*多くのメディアで紹介されています。 講師は全て現役のエンジニア。未経験から確実に習得するために開発されたオリジナルカリキュラムでWebデザイン、Webサービス開発、アプリ開発などを幅広く学習することができます。 Codecamp WordPressコース 特にGoodなポイントは クラウドソーシングで非常に案件があるWebサイト制作ツールWordPressのコースがある点 でしょう。 Web制作 もしWeb制作系のスキルを身に着けるのであれば、独学でもいいとは思いますが、学習をよりペースを上げるのあれば、プログラミングスクールに通ってしまうのもありかと思います。 […]

マーケティング

DAIです。 最近、外部リンクの測定で苦戦していました。外部リンククリックって、計測基本的にできないので、例えば アフィリエイトのクリックを、広告別に測定したい みたいなときって結構困ります。 調べた結果、 コンバージョンリンクに、内部リンクを仕込む 内部リンククリックでクリックイベントをタグマネージャーから発火させる Google Analytics上で、「目標」に指定した内部リンククリックを設定する という方法で、クリックイベント計測の方針で進めたところうまくいきました。 外部リンク測定ができると何がうれしいの? こういうことができるようになります。 キャンペーンごとのクリック数を可視化できる キャンペーンクリックが行われるまでのパス解析ができる キャンペーンごとのクリック数を可視化できる タグマネージャーで設定したクリックイベントを、目標上で計測できます。 そうすると、こんな感じで、どのキャンペーンのページに何回飛んだかまで計測できるようになりました。 キャンペーンクリックが行われるまでのパス解析ができる また、Google Analyticsの[目標] > [目標URL]では、どのページから何回アフィリエイトリンクがクリックされているか測定できるようになりました。 また、[目標] > [目標のパス解析]からは、あるゴールイベントに到達するまでに、ユーザーがどのような行動をとってきたかも追えるようになりました。 実装方法 では、やり方です。 コンバージョンリンクに、内部リンクを仕込む コンバージョンリンク(アフィリエイト等の外部リンク)に到達させるために、管理しやすいように内部リンクを挟みました。 具体的には https://dividable.net/〇〇〇〇-link という命名規則に従って、各種アフィリエイトリンクを設定しておく https://dividable.net/広告主名-キャンペーン名-link にアクセスすると、アフィリエイトリンク(https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=???????????)に301リダイレクトを実施 みたいな感じです。直接アフィリエイトリンクを貼らなかったのは、 今後ASPプロバイダーが変更になった時の記事内の変更が面倒くさい GA上で測定するときに、リダイレクトされるASP側のURLを一意に理解できる形で扱うのが面倒くさい という点です。 スプレッドシートで、こんな感じで管理しています。 301リダイレクトには、Quick Page/Post Redirect Pluginを利用しました。 ≫Quick Page/Post Redirect Plugin このプラグインを利用すると、リダイレクト元とリダイレクト先を一括管理できます。 内部リンククリックでクリックイベントをタグマネージャーから発火させる 次に、内部リンクをクリックしたタイミングで、タグマネージャーからクリックイベントを発火させました。 クリックイベントの測定基準としては、 URLの文末に -link が含まれていたら測定 という判定で、affiliate_clickイベントを設定しました。 […]

プログラミングスクール

注)この記事は記事広告です。アフィリエイトポリシーに従います。 こんにちは、DAIです。 ツイッター上で、このようなツイートをいただきました。 daiさんは、未経験者はプログラミングスクールに通ったほうが良いと思いますか? — La "迷走中" (@wF6aBXNEYAmcR9q) January 28, 2019 daiさんは、未経験者はプログラミングスクールに通ったほうが良いと思いますか? この質問にお答えするために記事を書いていきたいと思います。 3行でわかるこの記事の概要 そもそも大学生のうちにプログラミングスクールに行くべきか?について解説 料金とおすすめ軸を比較して、「どのプログラミングスクールに行くべきか」について解説 プログラミングスクールの受講料を安くするテクニックについて解説

プログラミングスクール

こんにちは、DAIです。 先日、こんなツイートをしました。 無料のプログラミングスクールもあるんだけど、辞めておいたほうがいいです。無料で集まってくるような人を人材紹介で採用する企業はどんなところなのか、採用側の立場になってみるとわかります。また、ユーザーからお金を取らないので、ビジネスモデル上無理やり転職させることになり、危険ですね。 — Dai (@never_be_a_pm) January 28, 2019 無料のプログラミングスクールもあるんだけど、辞めておいたほうがいいです。無料で集まってくるような人を人材紹介で採用する企業はどんなところなのか、採用側の立場になってみるとわかります。また、ユーザーからお金を取らないので、ビジネスモデル上無理やり転職させることになり、危険ですね。 結論から言うと、 無料のプログラミングスクールは、意味ないので行く必要はないです。 という記事です。理由としては、 無料で集まるユーザーの質が低い ユーザーを転職させないと儲からない 転職で紹介される企業も、スキルが身につかない企業のことが多い からです。それでは、さっそく見ていきましょう。

Ruby

よく、このような質問をいただきます。 RubyとPython、どちらを学ぶべきか迷っています。どっちがおすすめですか? 僕はこう考えています。 「RubyとPython、どちらを学んだほうがいいですか?」とよく聞かれるのですが、個人的には初心者はRubyがいいと思います。Rubyから初めて、一回ゼロからアプリ作るまでやると、Webプログラミングで必要な知識の全体像がすごく分かりやすいんですよね。 — Dai (@never_be_a_pm) January 28, 2019 「RubyとPython、どちらを学んだほうがいいですか?」とよく聞かれるのですが、個人的には初心者はRubyがいいと思います。Rubyから初めて、一回ゼロからアプリ作るまでやると、Webプログラミングで必要な知識の全体像がすごく分かりやすいんですよね。 ということで、RubyとPythonどちらを最初に勉強すべきか問題ですが、こう思う理由について解説します。

エンジニアキャリア

こんにちは、DAIです。 今日、新卒のエンジニア採用を担当している人事の方とお話してきました。 エンジニアの新卒採用されている方とランチしてきた。すごく勉強になった。やっぱりエンジニア採用は、学んでいる姿勢に比べて成果物ないとポテンシャル測れないぽいなぁ。 — Dai (@never_be_a_pm) January 28, 2019 この記事では、 これからエンジニアになりたいと思っているけど、何をすればいいのかわからない 新卒のエンジニア採用の型が、どういう視点で見ているのか知りたい という方向けに、書いていきたいと思います。

プログラミングスクール

注)この記事は記事広告です。アフィリエイト・ポリシーに準じます。 <本サイトで申込みの多いAI系プログラミングスクール> No.1 Aidemy *AIに特化したプログラミングスクールならここ! No.2 Tech Boost  *教室・オンラインでWeb系プログラミングとAIプログラミングを学びたいならここ! No.3 Tech Academy  Web系プログラミング・AIプログラミングを完全ネット完結で学びたいならここ!   こんにちは、DAIです。(@never_be_a_pm) この記事では、 Pythonが学べるプログラミングスクールを探している どのスクールを選べばいいかわからない という方向けに、おすすめのPythonプログラミングスクールを紹介します。 私自身、PythonのプログラミングスクールAidemyで働いていた社員ですので、他社さんのことはかなり理解しているつもりです。 Pythonが人気な理由 Pythonは、この数年でかなり人気です。Pythonは人工知能系の技術のライブラリが豊富で、データサイエンティストやデータアナリストの間で多く利用されています。その結果、最も年収の高い言語となっています。 ≫プログラマー年収ランキング2016!言語別、第1位はPythonの651万円から引用 Pythonを利用したい人に、「なぜPythonを利用したいのか」とアンケートを取ったみました。 ちょっと疑問なんですが、みんながPythonを学びたい!と思う理由について教えて下さい! — Dai (@never_be_a_pm) January 26, 2019 上記のツイートを見ていただくとわかりますが、 プログラミング初心者でも簡単に実装できる 業務自動化ができる 機械学習やデータ分析などを研究、ビジネスで使える Webアプリを開発できる などがあげられました。実際に僕もデータ分析の仕事をする際は、データの取得や分析が非常にシンプルなので、愛用しています。 Pythonのスクールを選ぶ上で、注意すること Pythonを学べるスクールを選ぶ上で、気を付けておくべきことがあります。 それは、AIなどの自動化技術を学びたいのか、Webアプリ、アンドロイドアプリを作りたいのかを意識的に分けたほうがよいという点です。アプリ開発をメインにするのであれば、Pythonにする理由はあまりありません。 AIなどの自動化を学ぶのであればPython AIを実装するのであれば、Pythonが一番おすすめです。基本的に最先端のAIトレンドは、基本的にPythonで実装できるようになっています。 Webアプリ開発ならPHP, Ruby, スマホアプリ開発を学ぶならJava, Swift 一方で、Pythonは、Webアプリ開発・スマホアプリ開発の文脈ではあまり使われません。日本だとPHP,Ruby, がWebアプリ開発、JAVA, Swiftなどがスマホアプリ開発で使われます。 Pythonを学ぶ目的がAIなどの自動化なのであれば、Pythonに特化したプログラミングスクールを選ぶのがよいでしょう。 AIアプリ開発をしたい人におすすめのプログラミングスクール がっつりとAIのアプリを開発したい人におすすめなプログラミングスクールは Aidemy Premium Plan Tech Boost […]

プログラミングスクール

注)この記事は記事広告です。アフィリエイトポリシーに準拠しています。 人工知能特化型プログラミング学習サービスのAidemy(アイデミー)を受講した方の評判や口コミはなかなかネットに落ちていませんよね。そこで今回は、実際にAidemyの『カスタマイズコース』を受講して、転職に成功された方にインタビューしてみました。 ちなみに私DAIは、元Aidemyで勤務していて、現在フリーランスです。Aidemy在籍時代に実は一度インタビューしている方に、転職成功後再度インタビューしてみました。 インタビューしたJackさんの紹介 今回インタビューしたのは、2018年にAidemy を受講された、Jackさん(@jacknightmare13)です。 Jackさんについて、簡単にご紹介するとこんな感じです。 新卒では営業職 → 転職してコールセンターでの対応品質の管理や、人材育成を担当 「自分のコールセンターという職種がAIがとって変わられるかもしれない」という危機感から、プログラミングを学ぼうと考え始める Aidemy ではカスタマイズコースを受講。自然言語処理、教師あり学習等も学習 社内の新規事業でAIを利用した職種に募集があり、採用 ≫【Aidemy Interview】コールセンター業務から、3ヶ月で未経験からAIを学習して社内転職した話   過去のインタビュー 僕は元アイデミー社員ですので、その時にした過去のインタビューからご紹介します。 プログラミングを学習しようと思ったきっかけを教えてください DAI: プログラミングを学習しようと思ったきっかけを教えてください Jackさん: たまたまYoutubeで見たホリエモンチャンネルを見たのがきっかけで、Aidemyを知りました。AI学習が10秒ですぐに出来るという事で好奇心を持ちました。 ここ最近、AIを聞かないことがないくらい、一般的になってきたと思うんですよね。また、自分のコールセンターという職種がAIがとって変わられる職種ということもあり、危機感がありプログラミングを学ぼうと考え始めました。 堀江貴文のQ&A「プログラミングは誰でも出来る!?」〜vol.1039〜 アイデミーを受講する前に勉強していたこと DAI:Aidemy Premiumを受ける前まで、どのようにプログラミング学習を進めていたのでしょうか。 Jackさん: Jackさん:「機械学習するならまずはProgateでPythonをやるのがよい!」と聞いたので、まずはProgateでPythonを勉強しはじめました。 prog-8.com どのようなコースを受講されたのですか? DAI: なるほど。どのようなコースを受講されたのですか? Jackさん:カスタマイズコースを受講していました。「会話の中で、人との関係性の見えないところを可視化したい」と思っていたので、自然言語処理などのコースを学習していました。 あとは、予測ができるようになりたいので、回帰をしっかり勉強しようと思って回帰について学べる、教師あり学習等も学習していました、弊社のサービスで、為替を予測するようなサービスがあるのですが、これを自分で実装できるようになりたいと思い、カスタマイズコースを受講いたしました。 今回のインタビュー さて、前回までのインタビューのあらすじでした。より詳しい内容はこちらをご覧ください。 ≫【Aidemy Interview】コールセンター業務から、3ヶ月で未経験からAIを学習して社内転職した話 Aidemyを転職後どんなお仕事をしていますか? DAI: 転職後は、どのようなお仕事をされていますか? Jackさん: 現在、チャットボットを作成する会社で、BPO(Business Process Outsorcing)の部署にいます。現在の業務としては、クライアントが求めるチャットボットの回答となる教師データの作成し、学習をもとに、ユーザーが求めている回答を返せているのかの分析をしています。発話・回答データを照らし合わせて、お客さんの求めているものが返ってくるのか、またもしお客さんにはNoが多かったら、なぜダメなのかをデータを分析しつつもレポーティングしています。 Aidemyで学んだ知識は役に立っていますか? DAI: 実際に、やはりAIの素養がないと、今やっている仕事は難しいと思いますか? Jackさん:そうですね。難しかったと思います。やはり、自然言語処理や形態素解析を理解していると、教師データを作りやすいんですよね。実際に実装した経験がないと、AIがどのような文なら学習できるのかがあまりイメージできないんですよね。自分の周りの人は、その辺の知識がないので、僕が主導して進めています。 僕自身がほかのメンバーにもAIが学習しやすように作文ができるように、「こういう風に文を作ればいいよ!」と指導しています。最初の方は、会社の許可をとって自分自身のPCにJupyter Notebook(※Pythonを実行できる環境)を利用して、「こうやって形態素解析をしているんだよ」と見せながら指導していました。 職場の新人とデータセットの作成をしていた。excelデータをCSVデータに変えたらたらその子が『そんな方法あるんですか』と驚いていた。 少し前の自分を見ているようでデジャブ感が凄かった。疑問に思ってた事が解けた瞬間はいつだって最高だ。こういう感動があるから機械学習は辞められない。 — jack nightmare […]