最終更新日:2020/10/23

《DAINOTE編集部が推薦!おすすめの転職サービス》
第1位リクルートエージェント:転職エージェントの最大手で、求人数もNo.1。
第2位ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。IT業界志望なら登録しておいて損はないと思います。
第3位ゲキサポ!キャリア:転職活動を手厚くサポートしてほしい方向け。無料相談があるので、転職活動が不安な方はまずは無料相談してみてるのがおすすめです。
第4位リクナビネクスト:定番のリクナビ。手っ取り早く求人情報を見てみたい方向けです。


【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

【ゲキサポ!キャリア】
求人を紹介しない、転職コーチングサービス。自己分析から、企業分析まで、一人ではなかなか進められない方にマンツーマンでアドバイザーがはりつきでサポート。

【リクナビネクスト】4万件以上の求人から自分で求人を選びたいなら
まずは求人をまとめてチェックしたい方必見!地方在住者でもオンラインで4万件以上の求人が見れる転職サイト。

「転職活動してるけど、なかなか転職が決まらなくて鬱…。何が原因なの?」

転職活動に力を入れているものの、なかなか転職先が決まらないという人は多いと思います。

DAI
この記事では、転職先がなかなか決まらない人がやっていることについて、僕が転職領域でお仕事をしていて感じたことをもとに解説します。
  • これだけ頑張っているのに、書類が通過しない
  • 面接で何を話しても、相手が共感してくれない
  • 何をしたら内定が出るのか

こうした悩みを抱えている人にはぴったりの記事となっています。

DAI
転職が決まらなくて辛いという人に向けて、アドバイスできればと思います!

転職が決まらないのはなぜ?転職が決まらない4つの理由

転職先がなかなか決まらない人に、共通しているところがあります。それはこちら。

転職領域でお仕事していますが、転職先が決まらない人は、以下の4つの条件に合致していることが多いです。
①自分の強みややりたいことを理解していない
②会社が求めていることを理解していない
③とにかくブランド企業ばかり選んでいる
④企業のメリットではなく、自分のメリットしか考えていない

順番に解説します。

①自分の強みややりたいことを理解していない

DAI
まず圧倒的に多いのが、自分の強みややりたいことを理解していないパターンです。

自分を商品だと考えたときに、企業に自分を売るわけですよね。

それなのに、自分という商品のメリットが分からなかったら、相手に売ることはできないですよね?

自分の強みややりたいことが分からなければ、企業だってあなたの魅力が分からないはずです。

DAI
また、「今すぐこの仕事から逃げ出したい…」という理由だけで、転職活動をしている人もよく見ます。そういう人は失敗しやすいですね。

本当につらい時って、現状から抜け出すことに必死で、合理的な意思決定できなくなるんですよね。

ただ、現状から抜け出すことだけが転職理由になると、また同じ失敗をしやすいです。

実際に20代前半で、3回以上、ネガティブな理由で転職している方は、辞めた会社と似たような会社に応募しがちなんですよね。

DAI
自分の強みややりたいことを理解せずに、ネガティブな理由だけで転職活動をしていたら、いつまでも転職が決まらないかもしれません。

②会社が求めていることを理解していない

DAI
次に多いのが、会社が求めていることを理解していないパターンです。

せっかく自分の強みや、やりたいことがわかっていても、それが企業が欲しくなければ意味がないですよね。

例えばこんな感じ。

面接官
(WEBマーケターの人手が足りてないから、WEBが好きで、できたらWEBマーケティングの経験のある人が欲しいなあ…)
転職活動中のAさん
こんにちは!前職では営業をやっていました!対人での営業販売は得意です!
面接官
そ、そうですか…!(困り)

企業が求めていることと、個人の資質があって初めて内定が成立します。

③とにかくブランド企業ばかり選んでいる

DAI
これは①の「自分の強みややりたいことを理解していない」結果、よく起こるんですが、とにかくブランド企業ばかり選んでいるパターンです。

本来、自分の得意なこと、やりたいことを活かせる職種に転職するのが良いのですが、基準がないと「世間がいいと言っている会社」に就職したくなります。

DAI
僕自身、そんな感じで会社を選んでしまったことがあるのですが、仮に内定しても、そのあとが辛いです。

もちろん、周りの人には憧れられると思います。でも、入社した後に自分にはあっていない仕事についてしまったら、楽しくなくてやっていけないと思います。

④企業のメリットではなく、自分のメリットしか考えていない

DAI
最後に、企業のメリットではなく、自分のメリットしか考えていないパターンです。

例えば、面接で以下のようなことを質問していませんか?

  • 定時は何時ですか?
  • 有給はどれくらい取れますか?
  • 研修はしっかりしてくれますか?

これらは、自分のメリットしか考えていない質問の典型例です。

企業としては、採用はコストなので、そういう「自分のメリットしか考えていなさそうな求職者」は、入社した後も自分のメリットだけ考えていそうだなぁと考え、採用を見送ります

DAI
自分のメリットを考えることも重要なんですが、企業のメリットもしっかり提示できる状態になっておきましょう。

転職が決まらない時に、やるべき4つの見直し

DAI
基本的には、これまで説明してきたことの逆のことをやるのがおすすめです!
  1. 自分の強みややりたいことを理解する
  2. 会社が求めていることを理解する
  3. とにかくブランド企業ばかり選ばず、自分の基準に合いそうな企業を選ぶ
  4. 自分のメリットではなく、企業のメリットを考える

①自分の強みややりたいことを理解する

まずやるべきは、自分の強みややりたいことを理解することが重要です。

特に、以下を明確にしてあげる必要があります。

  • 自分が今できること
  • 自分がこれからやりたいこと
転職活動中のAさん
やりたいことって言われても、正直ないんですよね…
DAI
特にやりたいことが見つからない場合は、「やりたくないこと」から見つけるのがおすすめですよ!

やりたくないことは、比較的見つかりやすいと思います。

「やりたくないこと」が見つかれば、その逆を考えてあげれば「やりたいこと」が自然と見つかりますよ。

やりたくないこと

  • 自分が尊敬できない人と働くこと
  • 年収400万未満の会社で働くこと
  • 転勤があること

やりたいこと

  • 尊敬できる人たちと働くこと
  • 年収400万円以上の会社で働くこと
  • 転勤のない会社で働くこと

②会社が求めていることを理解する

次に、会社が求めていることを理解しましょう。

具体的には、以下の2つをしましょう。

  • 企業の求人要件を確認する。特に必須要件/歓迎要件
  • 企業の成長フェーズを理解する。(創業期なのか、成長期なのか、安定期なのか、衰退期なのかで人材要件が変わります)
DAI
自分一人でやるのはなかなか難しいと思うので、転職エージェントで相談しながら進めるのがおすすめです。

③とにかくブランド企業ばかり選ばず、自分の基準に合いそうな企業を選ぶ

できること、やりたいことが明確になったら、それらが達成できるような企業を探しましょう

この時はブランド企業を必ずしも選ぶ必要はないです。

DAI
やりたいことが明確になれば、ブランドがある・ないは気にならなくなりますよ。

求人と評判や内部事情などの情報を仕入れて、転職活動をしてみましょう。

④自分のメリットではなく、企業のメリットを考える

ここまでできたら、企業が何を言われたら嬉しいのか、リサーチしてみましょう。

DAI
「私を雇うと、こんなメリットがあるよ!」と一言で言えるといいですね。

転職が決まらない人に、おすすめの転職エージェント

DAI
最後に、転職エージェントを活用しましょう!無料で相談もできるので、一度相談するだけでも気が楽になると思いますよ!

以下の2つのパターンに分けて紹介しますね。

  • 転職エージェント選びで迷っている
  • 転職活動が不安で、自己分析や面接対策などしっかりサポートしてもらいたい

転職エージェント選びで迷っている場合は、求人数が多い転職エージェントがおすすめ!

DAI
転職活動をする時に登録すべき求人サイトの条件は、「求人数が多い」。これに尽きます!

なので、転職を考えている人は、以下2つだけ登録してください。

以上に登録しておけば十分です。

リクルートエージェント・DODAどちらにも共通するのは、求人数が豊富なことと、転職に強いアドバイザーが多いこと

DAI
どちらを使っても、結局いいキャリアアドバイザーに当たるかどうかが重要なので、両方登録しておいて、いいアドバイザーの方に相談して進めるのがよいと思います!
DODA
転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント

転職活動が不安で、自己分析や面接対策などしっかりサポートしてもらいたい場合は、転職支援サービスがおすすめ!

男性A
とはいえ、一人で転職活動を進めるのは不安だな…。
DAI
転職活動は、誰かと相談しながら進めるのがおすすめです! 第三者から評価してもらうことで、自分について客観的に知ることができますよ。

自分一人で「自分に向いてる仕事は何だろう」「自分とはどんな人間なんだろう」と考えても、主観でしか考えることができないので、限界があるんですよね。

自分とは利害関係のない第三者から評価してもらうことで、自分について客観的に知ることができます。

DAI
第三者から評価されると、自信を持って「私はこんな人間です!」と言えるようになりますよ。
男性A
なるほど!今まで自分の強みが分からなかったけど、第三者に相談して客観的に自分の知ることって大切だったんだ。

第三者から評価してもらうには、転職サービスを使うのが一番手っ取り早いです。

ゲキサポ!キャリア:キャリア相談や自己分析など、誰かと一緒に相談しつつ転職活動を進めたいという方に。無料相談もあり。

ゲキサポ!キャリアは転職支援サービスです。

男性A
転職活動が分からないことだらけ…いきなり大量の求人だけもらってもどうすればいいか分からない…
DAI
ゲキサポ!キャリアは2ヶ月つきっきりでキャリアアドバイスをしてくれるので、転職活動で心配なことがある方にはオススメですよ!

初めての転職活動だと、どうしても分からないこと、不安なことは多いと思います。

そんな時にゲキサポ!キャリアは、以下のようなサポートをしてくれます。

  • 利用者が将来どういうことをしたいのか、心を割って話し合う
  • その人の経歴やスキルから、多少難しくても行きたい業界に対してしっかりと棚崩ししてくれる
  • その業界に詳しいコンサルタントが、業界知識をしっかりと教えてくれ、さらに面接対策もがっつりしてくれる

DAI
無料カウンセリングもあり、1分ほどで申し込みできるので、転職活動で不安のある方は、まずは一度相談してみてはいかがでしょうか。
無料でゲキサポ!キャリアに相談してみる

番外編:転職が決まらない原因に年齢は関係ある?

転職活動中のAさん
転職が決まらないのは年齢が原因なんじゃないかな…。もしそうなら、転職は諦めるしかない?
DAI
たしかに、年齢が上がれば上がるほど転職の難易度も上がりますが、チャンスはあります。

基本的に、企業は年齢に応じて以下のように評価しています。

  1. 入社1年目~3年目:第二新卒採用枠
  2. 入社4年目~8年目:準第二新卒枠
  3. それ以降:完全即戦力枠

入社1-8年目はポテンシャル採用のため、異職種転職がしやすくなります。

一方で、それ以降は即戦力採用になるので、異職種転職がしにくくなります。

ここからは、それぞれの評価枠についてします。

DAI
年齢に応じた評価枠を理解しておくことで、転職活動でアピールすべきことも変わるので、知っておいて損はないですよ。

①入社1年目~3年目:第二新卒採用枠

この時期の特徴としては、ほぼ新卒採用に求められるスペックと変わりません。

  • 学歴
  • 社歴
  • 現年収

上記以外、あまり考慮されることはないです。

面接でも、学生時代に力を入れたことなどが聞かれます。

DAI
企業側も、育てることを前提にして採用するので、下手に実力をアピールするよりは、これから伸びるだろうと思われるようにすることが重要です。

この期間だと、比較的異職種の転職も可能です。

②入社4年目~入社8年目:準第二新卒採用枠

あと会社に3年以降在籍すると、この枠で転職活動することになります。

DAI
半分ポテンシャル採用ですが、実務経験についても多く問われてきます

この期間だと、異職種の転職の難易度が少し上がってきます。

③それ以降:完全即戦力枠

年齢的には、30代になります。この枠での転職活動では、完全即戦力枠です。

ですので、異職種転職の難易度はかなり高いと思ったほうがいいでしょう。

  • この期間に当てはまる場合は、実務経験を積極的にアピールする必要があります。
DAI
なかなか転職が決まらないという人は、それぞれの評価枠ごとに求められていることをアピールできていないのかもしれません。今一度振り返ってみましょう。

最後に:転職活動が不安で辛い人へ

転職が決まらない方へ、原因や解決策などを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

DAI
特に、初めて転職活動をする方は、めちゃめちゃ怖いと思います。

「こんな自分でも転職できるのか」って不安に思うかもしれませんが、新しいチャンスを掴むなら転職しましょう。

頼りになる第三者に相談を持ちかけ、焦らず転職活動を進めてください。

迷ったら、以下のサービスも利用してみてくださいね!

  1. リクルートエージェント
  2. DODA
  3. ゲキサポ!キャリア

関連記事

20代・第二新卒向けの転職サイト、転職エージェントサイトまとめ
IT業界に強いおすすめの転職エージェント5選