Scalaのフリーランスになるには?必要なスキルや単価相場などを解説

最終更新日:

フリーランスScalaエンジニア向け案件紹介サービスおすすめBEST3
2、3年以上〜の実務経験があるScalaエンジニアにおすすめの案件紹介サービスはこちら!
(下記サービスでは実務未経験の方・会社員の方への案件紹介はできません)
【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
大手企業の週4〜×高単価なScala案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1〜リモートOKなどフレキシブルに働ける案件多数。スタートアップやベンチャーのトレンド技術案件も豊富です。
【第3位】HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
週3〜可の案件あり、大企業の高単価案件を多数取り扱っているエージェント。
悩む人
Scalaのフリーランス案件を見つけるにはどうすれば良い?
DAI
上記のような悩みを持っている方に向けて、フリーランスの経験がある筆者が、Scalaの案件獲得でおすすめのフリーランスエージェントを紹介します!

本記事の結論は以下の通りです。

DAI
本記事で紹介するエージェントの詳細は以下のようになっているので、登録する際の参考にしてみてください(表は左右にスクロールできます)。
公式サイト 案件数 特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ★★★★ 高単価な週4〜案件が多い
・知識豊富なカウンセラーの丁寧なサポート
リモート可案件が多い
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ ★★ ・週1〜3日の案件が多い
リモート可案件が多い
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/ ★★ ・大企業の案件が多い
リモート可案件が多い

2023年8月15日時点の各社公開案件をもとに作成。

エージェントに登録した後は、担当者に早い段階で条件を相談することがおすすめです。

コンサルタントに直接悩みや条件を話しておいた方が案件獲得までの道のりが早くなります。

この記事では、フリーランスが利用できるエージェントの選択方法や、それぞれのサービスについて特徴など解説していきます。

フリーランス向けの案件を探している方はぜひご一読ください。

目次 (PRも含まれます)

Scalaは高年収を狙えるプログラミング言語

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

Scalaは、数ある言語のなかでも得られる収入が高くなっています。

ITエンジニアに関する転職・学習プラットフォームを提供しているpaizaが2022年に調査したデータによると、Scalaの平均年収は682.9万円です。

引用:「プログラミング言語に関する調査(2022年版)」|paiza

DAI
数ある言語のなかで1位を獲得しています。

また2020年と比較すると平均年収が72万円伸びており、今後も高い水準を維持していくことが期待できます。

DAI
なるべく高い報酬で働きたい方に習得をおすすめできる言語です。

Scalaの案件単価・相場

レバテックフリーランスで実際に案件を検索してみると、Scalaの案件単価は50〜90万円程度が目安です。(2023年8月15日時点)

なかには、最大で100万円以上の案件も見つかりました。

DAI
納得がいく単価で働けるように、どの程度が相場なのか把握しておきましょう。

下記の記事でScalaの業務委託について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Scalaの業務委託は稼げる?単価相場や契約までの流れを解説

フリーランスScalaエンジニアの将来性

Scalaの単価は上昇傾向にあるため将来性が高いです。

国内でも徐々に導入する企業が増えており、ChatworkやSmartNewsなど複数のサービスで採用されています。

ハイブリッド言語として汎用性も高いため、Javaの後継として活用する企業が増えていく可能性が高いでしょう。

DAI
学習難易度が比較的高いことも特徴なので、高いスキルを持ったScalaエンジニアは特に将来性が高くなります。

Scalaエンジニアがフリーランスになるメリット

Scalaエンジニアがフリーランスになると以下のような利点を得られます

  • 競合のエンジニアが少ない
  • 企業からの需要が高い
  • 働き方の自由度が高い
DAI
上記についてそれぞれ確認していきましょう。

競合のエンジニアが少ない

現状、Scalaを扱う案件は複数存在しますが、競合のエンジニアの数は少ないです。

Scalaはオブジェクト指向・関数型プログラミングの両方の特徴を持っているため、習得難易度の高さが理由として挙げられます。

DAI
実務経験があれば、フリーランスとして高い報酬の案件を受注できる確率が高いです。

企業からの需要が高い

国内におけるScalaの案件数はRubyやPHPなどと比べると数が少ないですが、活用する企業は増えています。

Javaと記述方法が似ており汎用性が高いため、他の言語からScalaに切り替えるケースも多いです。

DAI
Webアプリ・スマートフォンアプリやWebサイトなど、幅広い業務で導入されます。

安定した開発ができるので、大規模なシステム開発に活用されることも多数あります。

働き方の自由度が高い

Scalaのスキルを活用してフリーランスになると、働き方の自由度は今までよりも上がります。

スキルがあれば参画する案件の条件を選べるので、報酬や勤務日数などもある程度自由です。

交渉次第では現在より高い収入を得られる可能性もあります。

DAI
会社員よりも自由度の高い働き方をしたい方はフリーランスに挑戦してみましょう。

Scalaエンジニアがフリーランスになるデメリットは?

Scalaエンジニアがフリーランスになることで多くのメリットを得られますが、なかにはデメリットも存在します。

働き始めてから後悔しないように、どのようなデメリットがあるのか理解しておきましょう。

ここからは、以下3つのデメリットと解決方法に触れていきます。

  • 在宅の案件が少ない
  • 営業や交渉など、コードを書く以外の雑務が増える
  • 確定申告などの税務業務を自分で行う必要がある

在宅の案件が少ない

Scalaは2003年から登場した言語で、他言語と比較するとまだ歴史が浅いため、全体的な案件数が少ないです。

したがって、在宅で働ける募集もまだ数が多くないのが現状です。

「自宅で無理なく働きたい」といった要望がある方は、Javaなど他の言語の知識も身につけておきましょう。

今後、Scalaの需要が高まるとともに在宅案件が増えていく可能性はあるので、他の応募者に負けないようにスキルを高めておくことも大切です。

営業や交渉など、コードを書く以外の雑務が増える

フリーランスとして独立する場合、営業や経理について自分で処理しなければいけません。

新しいクライアントの開拓や単価の交渉など対応する必要があるため、慣れていない方は本来の作業に集中できなくなる可能性が高いです。

DAI
他にも、請求書の作成や社会保険の手続きなど、やるべきことは多くあります。

雑務をこなせるのか不安な方には、エージェントの活用がおすすめです。

エージェントでは、案件の紹介や単価の交渉などを代わりに対応してくれます。

DAI
契約面のサポートを受けながら進められるので、営業の手間を大幅に減らせます。

確定申告などの税務業務を自分で行う必要がある

フリーランスとして独立した後は、経費や売上を自分でまとめておく必要があります。

年間の所得が20万円を超える場合は確定申告の義務が発生するので注意しましょう。

日常的に帳簿をつけておき、原則として2月16日~3月15日までの間に確定申告の書類を作成して提出しなければいけません。

特にクライアントの数や経費が多い方は、作業の負担が大きくなります。

フリーランスエージェントのなかには、税理士紹介や税務サポートを実行してくれるサービスもあるので、不安な方は利用を検討してみてください。

Scalaの案件探しはフリーランスエージェントを使うのがおすすめ

独立して日が浅い方には、フリーランスエージェントの活用が特におすすめです。

フリーランスエージェントのメリットやデメリットについて解説していきます。

フリーランスエージェントとは?

フリーランスエージェントは、登録したユーザーにマッチする案件を紹介してくれるサービスです。

例としては、レバテックフリーランスITプロパートナーズなどが挙げられます。

フリーランス白書2023では、エージェントサービスの利用による案件獲得が12.4%を占めています。

DAI
人脈や過去・現在の取引先に次いで、3番目に多いです。

効率的に案件獲得を目指したい方はエージェントを有効活用していきましょう。

フリーランスエージェントの3つのメリット

フリーランスエージェントを利用すると、以下のようなメリットを得られます。

  • 一般には公開されない案件を受注できる
  • 経理・法務・税務なども対応してくれる
  • 福利厚生が利用できる

エージェントに登録すると、担当者がユーザーの代わりにスキルや条件にマッチする仕事を教えてくれます。

一人で獲得することが難しい大企業からの募集なども紹介してもらえるため、営業の手間を減らしながら高単価案件の受注を目指せるでしょう。

また税務や経理に関してのサポートや、福利厚生を用意しているエージェントも存在します。

DAI
Scalaはゲームやアプリ開発の案件が多く、条件の良い募集は非公開案件として保有している可能性もあります。

登録しないとどのような案件を扱っているのか具体的にわからないため、まずは2〜3社のエージェントに相談してみることがおすすめです。

フリーランスエージェントの3つのデメリット

フリーランスエージェントを利用するデメリットは以下の3つです。

  • マージンを取られるため、報酬の全額を得られないことがある
  • 担当者によってサポートの質が変わる可能性がある
  • 実際の能力よりスキルや経験を低く見積られることがある

エージェントを活用した場合、マージンとして20〜30%の手数料を取られます。

DAI
時間単価が5,000円でマージンが20%の場合、1,000円がエージェントに支払われます。

報酬が減ってしまうデメリットはありますが、営業や契約について代わりに対応してくれるため、コストパフォーマンスは高いです。

またエージェントでは、担当者によってサービスの質が変わります。

基本的に、どのエージェントでも丁寧なサポートを受けられますが、なかには自分と相性が合わないこともあるので、2社以上に登録しておくことがおすすめです。

DAI
担当者に問題がある場合は「他のエージェントの意見も聞きたいので変更してほしい」と伝えてみましょう。

Scala向けフリーランスエージェントの選び方

フリーランスエージェントを利用する際は、サービスの特徴が自分に合うのか事前に確認することが大切です。

エージェントを選ぶ際のポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • 自分のスキル/職種にマッチした案件数が多いか
  • 単価が高いか
  • 福利厚生などサポートは充実しているか
  • リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか
DAI
それぞれ解説していきます。

自分のスキル/職種にマッチした案件数が多いか

たとえ人気の高いエージェントであっても、応募できる案件の数が少なければ仕事を獲得できるチャンスは少なくなります。

まずはエージェントの公式サイトにアクセスし、自分のスキルや経験でも獲得できる案件があるのか確認することがおすすめです。

DAI
人気が高い案件は非公開になっているケースもあるため、掲載状況の確認だけでなく、面談まで利用してみることも大切です。

単価が高いか

エージェントを利用する際は、単価の高さも参考にしましょう。

フリーランスとして独立したあとは、単価の高い案件で効率よく稼ぐことも大切です。

複数のエージェントで案件の単価を比較し、なるべく高単価案件が多いエージェントを選択してください。

またマージン率が公開されている場合は、どの程度の割合なのか注目しておきましょう。

マージン率が低く設定されていれば、その分利用者への還元率は高くなります。

マージン率が非公開になっている場合「直請案件」の取扱状況に注目することがおすすめです。

「直請案件」は、企業とエージェントの間に他の仲介業者が入らないため、単価が高くなる傾向にあります。

福利厚生などサポートは充実しているか

エージェントを選ぶときは、福利厚生などサポート面の充実度も重要視しましょう。

提供されている福利厚生の例として以下のようなものがあります。

  • 保険紹介
  • 税務サポート
  • 各種割引

独立してフリーランスになった場合、会社員のような手厚い福利厚生は受けられなくなります。

精神的な負担が大きいフリーランスにとって、福利厚生が用意されているエージェントはメリットが多いです。

リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか

リモート勤務や週3稼働を希望している方は、掲載されている案件の傾向をチェックしておきましょう。

私生活を重要視する人や、案件を複数持ちながら働きたい方は、場所や時間がある程度自由な案件を選ぶことがおすすめです。

リモートや週3稼働OKの案件は以下のようなメリットがあります。

  • 家庭の時間を確保しやすくなる
  • 資格の取得などスキルアップに時間を使える
  • 案件を複数こなしてリスクを分散できる

特にITプロパートナーズでは週1〜3日など勤務日数が少ない案件が多いです。

ただし、週3日などの案件は人気が高く他にも多くの人が応募します。

自分にマッチする案件を見逃さないように、複数のエージェントに登録しておき、募集状況を確認できるようにしておきましょう。

Scala案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェント

Scalaの案件を探す際におすすめのエージェントは以下の4つです。

  • レバテックフリーランス
  • ITプロパートナーズ
  • フォスターフリーランス
  • FLEXY
DAI
効率よく案件を獲得するために、2〜3のエージェントに相談してみることがおすすめです。

レバテックフリーランス

画像はレバテックフリーランス公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

運営会社
レバテック株式会社
公開求人数
(現在募集中の案件)
58726件 (2023年12月19日現在)
Scalaの
公開求人数
520件 (2023年12月19日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み・週4日~稼働の案件、リモート案件多数
(週3日以内の案件はハイスキルが必要)
・カウンセラーの専門性が高く、幅広く相談に乗ってくれる
・高単価な案件が多い
公式https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、エンジニアやクリエイター向けの転職・案件紹介を行っているレバテック株式会社が運営しています。

DAI
エンジニア向けのエージェントであるため、Scalaの案件も複数取り扱っています。

レバテックフリーランスの魅力は以下3つです。

  • 業界最高水準の案件単価
  • キャリアコンサルタントの質が高
  • 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスで扱っている案件は、業界最高水準の高単価です。

公式サイトを見ると、以下のように職種別の平均単価も確認できます。

DAI
自身が該当する職種について調べてみましょう。

引用:レバテックフリーランス公式サイト(2023年8月15日時点)

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバテック株式会社はレバテッククリエイターやレバテックキャリアなど他にもサービスを提供しています。

エンジニア業界に精通した担当者が営業支援など行ってくれるため、一人で仕事を探すよりも効率的です。

DAI
エージェントを活用する際は、キャリアコンサルタントの質を重要視しましょう。

③求人数が多い

2023年8月15日現在の求人数では、SEの案件が比較的多めになっています。

SE 15,458件
インフラエンジニア 6,557件
プロジェクトマネージャー 3,464件
PMO 2,073件
ネットワークエンジニア 1,552件
フロントエンドエンジニア 1,797件

引用:https://freelance.levtech.jp/

DAI
エンジニア職で高単価案件を望んでいる方にはレバテックフリーランスがおすすめです。

注意:レバテックフリーランスでは経験者向けの週4日以上稼働案件が多く、週3日以下稼働の案件は高いスキルと実務経験が必須です。エンジニア未経験の方や、会社員の方への副業は紹介できません。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークで働きたい方やベンチャー企業・スタートアップの案件に興味がある方におすすめのエージェントです。

運営会社
株式会社Hajimari
公開求人数4680件 (2024年07月21日現在)
Scalaの
公開求人数
62件 (2024年07月21日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方週2-3案件、リモート案件多数
公式https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズでは「直請案件」を多く取り扱っているため、案件の単価が高めです。

※直請案件は仲介会社を挟まずにクライアントと直接契約している案件のことを指しています。

現状、マージン率を公開しているエージェントが少ないため、事前に単価の高さを知ることが難しいです。

DAI
『直請案件』の多さに注目すれば、高単価案件が豊富なのか判断しやすくなります。

マージン率が非公開になっていることが多く、実際にどれだけ単価が高いのかわからない現状があるため、過剰な中抜きがないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

週1〜2日から稼働できる案件が多いこともITプロパートナーズの魅力です。

他のエージェントで掲載している案件は最低稼働日数が週3〜4日のことが多く、常駐を基本としているケースもあります。

ITプロパートナーズの場合はリモート案件が豊富なため、柔軟な働き方を選択できます。

DAI
副業から始めてフリーランスを目指したい方にもおすすめのエージェントです。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

ITプロパートナーズは、エンジニアだけでなくデザイナー・マーケターなどさまざまな職種を取り扱っていることも特徴です。

他のエージェントでは、下記のような理由からデザイナーやマーケターが案件を取りにくい可能性があります。

  • エンジニアに特化しているため、デザインやマーケティングに関連した案件がそもそも少ない
  • 全体的に案件が少なく、対応地域が都市部に限られている

ITプロパートナーズのように、エンジニア以外の職種も幅広く扱っているエージェントであれば、自分にマッチする案件が見つかりやすいでしょう。

DAI
リモート案件や、週1〜2日の案件からスタートしたいデザイナー・マーケターにもおすすめです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

フォスターフリーランス

公式ページ:https://freelance.fosternet.jp/

【フォスターフリーランス】最高単価230万!実務経験ありの方向け高単価エージェント
創業25年以上、サポート人数約2万人の実績。大手企業の週5駐在案件を中心に、高単価な案件をこなしたい方必見。

運営会社
株式会社フォスターネット
公開求人数2,052件 (2024年07月21日現在)
Scalaの
公開求人数
17件 (2024年07月21日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴-フリーランスのITエンジニア向け案件が豊富
-創業25年以上・サポート人数22,000人の実績あり
公式https://freelance.fosternet.jp/

DAI
実務経験がある方で、フリーランスになってスキルアップや年収アップを目指す方にはフォスターフリーランスがおすすめです。

フォスターフリーランスの主な特徴は以下の2つです。

  1. 2~3年の実務経験者向けの高単価案件が豊富
  2. 案件獲得後のサポートの質が高い
DAI
それぞれ詳しく解説していきます。

2~3年の実務経験者向けの高単価案件が豊富

フォスターフリーランスは経験者向けのエージェントであるため、高単価な案件が多いです。

大手企業のSI案件や直請案件を揃えていることも高単価案件が豊富な要因です。

※SI案件は、顧客のシステム設計から開発、保守〜運用まで実施する案件のことを指しています。SIを中心に業務を担う業態はSIerと呼ばれています。

週5の常駐案件が比較的多いため、フリーランスとしてしっかり働きながらスキル・年収アップをしたい方に利用がおすすめです。

案件獲得後のサポートの質が高い

フォスターフリーランスは、サポートの質が高いことも魅力です。

DAI
創業してから25年以上経っており、約2万人ものフリーランスをサポートしてきた実績があります。

フォスターフリーランスが提供しているサポートの特徴は以下のとおりです。

  • エンジニアに特化しているエージェントだからこそ、業界知識が豊富
  • 案件獲得後のフォローも充実

エンジニアに特化しているエージェントで業界への理解が深いため、案件のミスマッチも起こりにくいです。

DAI
なかには業界への理解が浅いまま紹介を行うエージェントもあるため、ミスマッチをなるべく防ぎたい方にはフォスターフリーランスの活用をおすすめします。
【フォスターフリーランス】最高単価230万!実務経験ありの方向け高単価エージェント
創業25年以上、サポート人数2万人の実績。大手企業の週5駐在案件を中心に、高単価な案件をこなしたい方必見。

FLEXY

FLEXY_LP

公式サイト:https://flxy.jp/

DAI
週3日やリモートなど、柔軟に働きたい方はFLEXYの利用がおすすめです。
運営会社 株式会社サーキュレーション
公開求人数 3,535件
平均単価
マージン率 非公開
対応エリア 関東・関西・東海・九州
働き方 週3日・完全リモートワークが可能な案件を多数保有

※2023年8月15日時点_・公式ページより引用/算出(公式サイト:https://flxy.jp/

FLEXYには以下3つの特徴があります。

  • 自社サービスのある企業の案件が多く、高単価な募集が豊富
  • 週3・リモートなど、フレキシブルな働き方が可能
  • サポートが手厚く、安心して業務に取り組める

自社サービスのある企業の案件が多く、高単価な募集が豊富

FLEXYは自社サービスを持った企業の案件を揃えており、高単価な募集が豊富です。

DAI
Webサービス開発や新規開発するゲームのアートディレクションなど、案件の種類は多岐にわたっています。

スタートしたばかりの自社サービスであれば、要件定義や企画などの経験を積める可能性が高いので、スキルアップも目指せます。

大手企業の高単価な案件もなかにはあるため、技術力を試したみたい方や収入を伸ばしていきたい人も募集状況を確認してみることがおすすめです。

FLEXY公式ページより引用(公式サイト:https://flxy.jp/

DAI
独立を検討している方は、FLEXYの知識豊富なエージェントにマッチする案件を紹介してもらいましょう。

週3・リモートなど、フレキシブルな働き方が可能

FLEXYでは、週3勤務やフルリモートワークなど柔軟に働ける案件も豊富です。

週3日で働けると、空き時間を勉強に有効活用できます。

DAI
フリーランスとして案件をこなしながらスキルアップを目指し、徐々に単価も上げていけます。

フルリモートワークができる案件であれば、仕事が終わった後、趣味に時間を費やせるので作業のモチベーションも維持しやすいです。

サポートが手厚く、安心して業務に取り組める

FLEXY公式ページより引用(公式サイト:https://flxy.jp/

FLEXYが提供しているサポートは、他のエージェント比較しても手厚い点が魅力です。

定期的な勉強会などを開催しているので、トレンドへのキャッチアップや人脈を広げるチャンスがあります。

また以下のように豊富な優待も揃えています。

  • 健康診断
  • e-ラーニング
  • 保育サービス
  • 家事代行

会社員から独立してフリーランスになった場合、税金に関する手続きや健康の維持など考慮すべきことが増えます。

保証がなく不安を抱えながら働くフリーランスにとってFLEXYのサポートは魅力的です。

【FLEXY】高単価な案件あり
リモート可・週3稼働できるエンジニア向け案件多数!

Scalaのフリーランス案件例

実際に掲載されているScalaのフリーランス案件の内容や単価を紹介していきます。

エージェントからScalaの業務委託案件を選定したので、案件を探す際にぜひ参考にしてみてください。

※今回紹介する案件はすでに掲載を終了していることもあります。新着案件例が見たい方はエージェントに登録して、募集状況をチェックしてみましょう。

案件例①

案件名
【Scala/Typescript/Vue.js】インターネット広告代理店向けDXツール開発の求人・案件
月額単価900,000円/月
職務内容・Vue3とScalaを用いてインターネット広告代理店業における
 入稿指示DXツールの開発を担当していただきます。
・要件定義から設計、実装、テストまですべての工程に携わっていただきます。
求めるスキル・Webアプリケーションのバックエンド開発保守経験3年以上
・Vue.jsを用いた開発経験 1年以上
・GitHubでのPull Requestを利用した開発フロー経験歓迎スキル・Scalaを用いた開発経験
・インターネット広告における仕組み、構造、用語の理解
・広告配信事業メディアとAPIを通じてデータ取得、入稿を行うシステムの開発経験
・ユニットテストなど、テストコード実装経験
・DDDやClean Architectureの理解
案件URL【Scala/Typescript/Vue.js】インターネット広告代理店向けDXツール開発の求人・案件 
(2024年07月21日 現在)

案件例②

案件名
【Scala】検索エンジン向け開発の求人・案件
月額単価800,000円/月
職務内容・検索エンジン向け開発に携わっていただきます。
・主にバックエンド開発をご担当いただきます。
求めるスキル・Webアプリケーションの開発経験5年以上
・Scala、Java8以降、サーバーサイドKotlinいずれかの開発経験1年以上
・DBの設計~開発、運用までの経験歓迎スキル・スクラム開発経験
案件URL【Scala】検索エンジン向け開発の求人・案件 
(2024年07月21日 現在)

上記はあくまでも既存案件の一例です。

現在のスキルや経験に合わせてマッチする案件を探してみましょう。

DAI
公開されている案件から条件に合うものが見つからなくても諦めないでください。登録することで好条件の非公開案件も紹介してもらえます。

【関連記事】Scalaの業務委託は稼げる?単価相場や契約までの流れを解説

フリーランスのScalaエンジニアに求められるスキル

フリーランスScalaエンジニアが身につけておきたいスキルは以下の4つです。

  • システム設計スキル
  • フレームワークを扱うスキル
  • 関数型言語の知識
  • Web開発スキル

それぞれどのようなスキルなのか確認していきましょう。

システム設計スキル

フリーランスのScalaエンジニアとして活躍したい場合、システム設計のスキルが必要です。

ヒアリングをもとにした要件定義や設計書の作成など、スムーズにシステム構築するための経験・スキルを身につけておきましょう。

DAI
クライアントや社内のメンバーと、柔軟にコミュニケーションを取りながら設計を進めていけると評価は高くなります。

フレームワークを扱うスキル

フレームワークは、開発における生産性の向上や品質の担保を目的として利用されます。

Scalaでは以下のようなフレームワークが存在するので、それぞれ業務で扱えるようにスキルを身につけておきましょう。

  • Play Framework:JavaとScalaで制作されたWebフレームワーク
  • Spring Boot:Spring Frameworkの1つで、Javaによるアプリケーション開発を効率化するフレームワーク

フレームワークの知識があれば対応できる範囲が広がるので、より自分に合った案件に出会える確率も上がります。

DAI
合わせてライブラリの使い方についても理解を深めておくことがおすすめです。

関数型言語の知識

関数型言語は、関数を組み合わせることでコーディングを行うことが特徴です。

テストを実施しやすく、コードがシンプルでわかりやすいといったメリットがあります。

DAI
さらに細かく分けると「純粋関数型」と「非純粋関数型」の2つが存在します。

Scalaは、非純粋関数言語で命令型言語の特徴も持っているマルチパラダイムプログラミング言語です。

関数型言語の開発手法についても理解を深めておきましょう。

Web開発スキル

Scalaは、Webアプリケーションの開発などにも利用されます。

DAI
TwitterやChatworkなど、有名なアプリもScalaを活用して開発されました。

Javaの後継言語として利用されることが多いScalaは、コードを少なくしながらエラーのリスクを抑えられるメリットがあります。

Play Frameworkを活用して開発を行うことが多いため、実務で扱えるように知識を身につけておきましょう。

フリーランスのScalaエンジニアが収入を上げる方法

次にScalaエンジニアが収入を上げる方法について紹介します。

年収を上げる方法は大きく分けて2つあります。

  • 複数の開発スキルを扱えるようにする
  • 上流工程を経験する
DAI
ひとつずつ解説します。

複数の開発スキルを扱えるようにする

Scala以外にも、追加でHTML/CSS・JavaScriptやPythonなど、他の開発スキルがあると対応できる幅が広がります。

またデータベース管理システムのMySQLやAWSも扱えるようにしておきましょう。

DAI
技術的なスキルだけでなく、Slack・GitHubといったツールも実務で問題なく対応できるようにしておくことが大切です。

上流工程を経験する

要件定義や機能設計など上流工程も経験していると収入が上がりやすくなります。

DAI
上流工程では、チームをまとめ上げるマネジメント能力なども必要になるためハードルが高いですが、その分報酬は高いです。

特にベンチャー・スタートアップ企業では人員の確保が難しいため、外部の人材に上流工程を任せるケースもあります。

未経験からフリーランスのScalaエンジニアになれる?

結論、未経験からフリーランスのScalaエンジニアになるのは難しいです。

オブジェクト指向と関数型の性質を併せ持っているScalaは、習得するまで継続的な学習が必要になります。

参考書でもJavaの知識を前提としているケースがあるため、初心者が一から学習をするのは難しい可能性が高いです。

DAI
JVM環境で動作するなど互換性が高いため、すでにJavaの知見がある方は効率的に習得を進められるでしょう。

プログラミングスクールについて詳しく知りたい方はこの記事から見てください。

【2024年】プログラミングスクールおすすめ24社を徹底比較!

まとめ

Scalaのフリーランス案件を選択するポイントやおすすめのエージェントなどについて解説しました。

Scalaの案件は高単価な場合が多いので、条件にマッチする募集が見つかれば、効率的に収入を増やせます。

実際に応募するときは、稼働時間や条件を確認しておきましょう。

DAI
本記事で紹介したフリーランスエージェントは下記の通りです。費用はかからないため、Scala案件獲得のために一度相談してみましょう!

フリーランスScalaエンジニア向け案件紹介サービスおすすめBEST3
2、3年以上〜の実務経験があるScalaエンジニアにおすすめの案件紹介サービスはこちら!
(下記サービスでは実務未経験の方・会社員の方への案件紹介はできません)
【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ 
大手企業の週4〜×高単価なScala案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1〜リモートOKなどフレキシブルに働ける案件多数。スタートアップやベンチャーのトレンド技術案件も豊富です。
【第3位】HiPro tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
週3〜可の案件あり、大企業の高単価案件を多数取り扱っているエージェント。