最終更新日:

「常駐型フリーランスにどうやってなれる?」

そんな悩みを持っている方向けの記事です。

DAI
今よりもっと活躍したい方に常駐型フリーランスになるにはどうしたら良いか、案件の受注の仕方など解説しています。

結論から言うと常駐型フリーランスになる場合は、フリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。

今回紹介するフリーランスエージェントは以下の5つです。

常駐案件があるおすすめフリーランスエージェント

【第1位】レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモート可能な案件や週2〜3日常駐の案件が豊富です!
【第3位】クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント
【第4位】ギークスジョブ(公式:https://geechs-job.com/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第5位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

常駐型フリーランスエンジニアの特徴と他の契約形態との違い【正社員・在宅・派遣】

最初に常駐型フリーランスエンジニアの特徴と他の契約形態との違いについて紹介します。

常駐型フリーランスエンジニアとは、案件単位で企業と契約を結び、決められた期間中は企業に常駐して仕事を行います。

DAI
案件数も多く、常駐型フリーランスで働いている方は多いですね。

次に他の契約形態の違いについて紹介します。

下記の3種類の契約形態と比較します。

  • 正社員との違い
  • 在宅型フリーランスとの違い
  • 派遣社員との違い
DAI
以下にて詳しく解説します。

正社員との違い

正社員と常駐型フリーランスの違いは、企業に属しているかしていないかの違いです。

正社員は企業に属しているため、在籍している企業の福利厚生など社員の権利を利用できます。

DAI
福利厚生を利用できるのが会社員の強みです。

在宅型フリーランスとの違い

在宅型フリーランスとの違いは、出社せず開発を自宅で行うのが特徴です。

一方常駐型フリーランスの場合は会社に出社する必要があります。

DAI
在宅の場合だと高レベルなスキルが要求される場合も多いです。

派遣社員との違い

派遣社員は登録している派遣先企業から「指揮命令」を受けて就業します。

一方常駐型フリーランスはエージェント会社などを通じて企業と契約します。

フリーランスが常駐型で働くメリット

次にフリーランスが常駐型で働くメリットについて解説します。

下記の2つの契約形態と比較しながら解説していきます。

  • 在宅型のフリーランスとの比較
  • 正社員常駐との比較

在宅型のフリーランスとの比較

最初に在宅型のフリーランスとの比較について説明します。

下記の2つのメリットがあります。

  • 案件数が多い
  • コミュニケーションが取りやすい
DAI
以下にて詳しく解説します。

案件数が多い

常駐型の案件の方が、在宅案件よりも数が多く、受注しやすい傾向にあります。

そのためフリーランス初心者の方でもハードルが低いです。

DAI
選べる選択肢も広がります。

コミュニケーションが取りやすい

常駐型の場合対面でコミュニケーションを取れる機会が多いです。

在宅案件と比べ、意思疎通がしやすく業務を進めやすいのが特徴です。

DAI
初心者の方には安心できます。

正社員常駐との比較

次に正社員常駐との比較について説明します。

下記の2つのメリットがあります。

  • さまざまな企業で働くことで、多くの現場経験を積める
  • 働き方を自分で決めることができる
DAI
以下にて詳しく解説します。

さまざまな企業で働くことで、多くの現場経験を積める

常駐フリーランスの場合は会社の都合ではなく、自分の興味でさまざまな案件を選ぶことができます。

そのため多くの経験を積むことが可能です。

また正社員の場合だと、仕事を辞めると就職市場で不利になります。

しかしフリーランスの場合は、案件を変えても不利になりにくいです。

そしてさまざまな現場で、さまざまな言語やフレームワークを実務経験として積むことが可能です。

そのためスキルアップしやすいです。

働き方を自分で決めることができる

正社員常駐と比べ、自分にあった案件を自由に選ぶことができます。

常駐する会社の就業規則に従うことはもちろんですが、平日休みを設けたり、働く時間を調整できます。

DAI
自分らしい働き方を選べます。

フリーランスが常駐型で働くデメリット

次にフリーランスが常駐型で働くデメリットについて解説します。

下記の2つの契約形態と比較しながら解説していきます。

  • 在宅型のフリーランスとの比較
  • 正社員常駐との比較

在宅型のフリーランスとの比較

最初に在宅型のフリーランスとの比較について説明します。

下記の2つのデメリットがあります。

  • 複数の案件を受けにくい
  • 就業場所が決まってしまう
DAI
以下にて詳しく解説します。

複数の案件を受けにくい

在宅型の場合、週2-週3稼働の案件が多く、時間に余裕が生まれやすいです。

そのため複数の案件を同時にこなすことが可能になります。

一方で、常駐型の案件の場合、週4-週5の案件が多いです。

そのため複数案件を同時並行するのは難しいです。

就業場所が決まってしまう

在宅型のフリーランスと異なり、常駐型フリーランスの場合就業場所が決められてしまいます。

そのため案件の多い関東圏、関西圏に住む必要があります。

DAI
田舎暮らしをしたい方にはあまりおすすめできません。

正社員常駐との比較

次に正社員常駐との比較について説明します。

下記の2つのデメリットがあります。

  • 収入が安定しにくい
  • 確定申告を行う必要がある
DAI
以下にて詳しく説明します。

収入が安定しにくい

会社員と比べると、数ヶ月単位の案件が多いため、仕事が受注できなくなれば収入が入ってきません。

そのため収入に関しては継続的に受注する必要があります。

DAI
エージェントを登録して受注したい案件を探しましょう。

確定申告を行う必要がある

会社員の場合だと会社で、税金を納めてくれますが、フリーランスの場合自分で確定申告を行う必要があります。

そのため収入や支出を記録する必要があり、一手間かかってしまいます。

DAI
慣れるまで時間がかかると思います。

フリーランスが常駐型案件・仕事を探す方法とは

次ににフリーランスが常駐型案件・仕事を探す方法について解説します。

常駐型フリーランス案件は、フリーランスエージェントを通して探すのが一般的になっています。

場合によっては、企業と直接契約して、常駐して仕事するケースもあります。

この場合はある程度業務を行ってからそうなるケースが多いです。

そのためまだ案件を受注したしたことがない人はフリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。

DAI
複数のエージェントに登録するとさまざまな案件について知れるのでおすすめです。

常駐案件があるおすすめのフリーランスエージェント

次に常駐案件があるおすすめのフリーランスエージェントについて紹介します。

この記事で紹介している常駐案件があるおすすめのフリーランスエージェントは5つあります。

常駐案件があるおすすめフリーランスエージェント

【第1位】レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモート可能な案件や週2〜3日常駐の案件が豊富です!
【第3位】クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント
【第4位】ギークスジョブ(公式:https://geechs-job.com/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第5位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

DAI
ここからは、各エージェントについて詳しく解説していきます。

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

案件数 32,905件
最低稼働日数 週3日~
主な求人職種 エンジニア
公式サイト https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. エンジニア業界に精通したエージェントが案件サポートをしてくれる
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

特に目を見張るのは、業界最高水準の案件単価です。

DAI
平均報酬額71.1万円と、非常に高くなっています。

また、公式HPでは職種ごとに案件の平均単価も見ることができます。

引用:https://freelance.levtech.jp/

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバレジーズのノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2021年、12月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が比較的多めになっています。

SE 14,554件
プログラマー 6,906件
インフラエンジニア 5,273件
プロジェクトマネージャー 1,782件
PMO 1,243件
ネットワークエンジニア 1,213件
フロントエンドエンジニア 1,053件

引用:https://freelance.levtech.jp/

DAI
特にエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,675件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年1月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多くあるという点があります。

実際、他のフリーランスエージェントの多くは、以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

その点、ITプロパートナーズは週1~2日から稼働OKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントとなっています。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

ITプロパートナーズは公開求人数で比較すると、エンジニア、デザイナー、マーケター全ての職種で業界最多水準の案件数になっています。

他のエージェントの場合、以下のような特徴があり、デザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 扱っていたとしても、案件数が少なかったりサービス利用可能地域が都市部だけに限定されている

ですが、ITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高いです。

DAI
そのため、まずはリモートや週1~2日から仕事を始めてみたいというデザイナーやマーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

クラウドテック

DAI
クラウドテックは、クラウドソーシングで有名な株式会社が運営しているフリーランスエージェントです。『クラウド』の文字通り、リモートワークをしたいかた必見のエージェントです。
運営会社 株式会社クラウドワークス
公開求人数  876件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 リモート案件多数

公式ページ:https://crowdtech.jp/
※2021年9月時点・公式ページより引用/算出

クラウドテックの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. リモート求人が多い
  2. エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い
  3. クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度

リモート求人が多い

クラウドテックのリモート案件数は、他の10以上のエージェントと比較してもトップクラスの案件数になっています。

※フリーランスエージェントで得られる案件は、実は常駐の案件であることがほとんどです。一部リモートなどの案件はありますが、フルリモートの案件の割合はかなり少ないため、リモート案件に強みのあるクラウドテックはかなり魅力的です。

また、クラウドテックのサイト上で公開されている求人は876件ほどですが、実際は8~9割がたの案件が非公開求人となっています。

DAI
クラウドテックは登録企業の数だけでも14万社以上あるため、より多くのリモートワーク案件を比較して自分にあう案件を決めたい!という方には特におすすめですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い

また、クラウドテックはエンジニア、デザイナー、マーケターの案件数で比較しても全てにおいて業界最多水準になっています。

DAI
エージェントによっては、エンジニアだけに特化しているエージェントなどがありますが、クラウドテックは上記3つの職種全てで多くの案件を保有しています。

エンジニアであれば、IT プロパートナーズやフューチャリズムなどのエージェントを併用することもお勧めです。

ですが、デザイナーやマーケティングの仕事をしたいという方は、案件数的にもクラウドテックが一番お勧めです。

クラウドワークス社が運営しているからこその安心の福利厚生

クラウドテックは、会員登録をすることで100以上のサポートが無料になる「フリーランスライフサポート」にクラウドテック側の負担で加入することができます。

サポートの例としては、

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 健康診断をはじめとする各種健康サポートのサービス

など、会社員からフリーランスになるにあたって役立つサービスばかりです。

DAI
エージェントによっては、有料でサポートに加入する必要もあるので無料で加入できるのは安心ですね。

公式サイト:https://crowdtech.jp/

【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

ギークスジョブ

公式サイト:https://geechs-job.com/

DAI
『ギークスジョブ』は、駆け出しフリーランスの人におすすめです!
運営会社 ギークス株式会社
公開求人数 1,595件
平均単価 70.5万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・大阪・愛知・福岡
働き方 週3~、リモート案件少ない

公式ページ:https://geechs-job.com/
※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

ギークスジョブ』は、15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェントです。

ギークスジョブの大きな特徴は、1人のワーカーに対して3人のコンサルタントが就く点。

  • 案件紹介のコンサルタント
  • 企業と交渉することに長けたコンサルタント
  • アフターサービスのコンサルタント

それぞれのシーンで専門のコンサルタントがサポートしてくれるので、駆け出しフリーランスの方でも安心してフリーランスの働き方に慣れることができます。

また、ギークスジョブでは勉強会・懇親会を定期的に開催しています。

「フリーランスは孤独になりやすい」とよく言われますが、エージェントがこの様な横のつながりが作れる機会を提供してくれるのはありがたいですね。

公式サイト:https://geechs-job.com/

【ギークスジョブ】駆け出しフリーランスの方におすすめ
15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェント

Midworks

公式サイト:https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの大きな特徴は以下の3点です。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約

特徴①:豊富な案件数

2021年12月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が多めになっています。

エンジニア 696件
アナリスト 11件
Webディレクター 101件
UI/UXデザイナー 33件

※公式サイト(https://mid-works.com/)より算出

特徴②:フリーランスでも正社員並みの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、以下のような保証もあります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。Midworksであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。

特徴③:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%ですが、

Midworksのマージン率は10~15%となります。

DAI
そのため、他のエージェントと比較すると案件単価が高いのが特徴です。

Midworksの登録方法

登録&相談は無料です。フリーランスを目指すのであれば登録は必須だと思います。

DAI
とりあえず登録しておき、実際に案件紹介を受けながら検討してみましょう!

ミッドワークスに無料登録する手順(簡単・30秒ほど)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

フリーランスエンジニアの平均年収・単価について

女性A
フリーランスエンジニアの年収ってどれくらいなんだろう。

次にフリーランスエンジニアの平均年収・単価について解説します。

  • 平均年収
  • 平均単価
DAI
以下にて詳しく説明します。

平均年収

最初に平均年収について説明します。

「CREATIVE JOB」に掲載されているフリーランスエンジニアの平均年収は636万円です。

引用:https://www.creativevillage.ne.jp/(※2020年3月現在)

また、経験年数が高くなると年収1000万を超えることも可能になります。

平均単価

次に平均単価について説明します。

また平均単価は、プログラマーとSE(システムエンジニア)では、以下の平均月収を得られます。

  • プログラマー 71万円
  • SE(システムエンジニア) 74万円

引用:https://freelance.levtech.jp/

また言語別に見ると以下の平均単価を目指すことが可能です。

Java 70万円
PHP 72万円
Python 77万円
Ruby 80万円

引用:https://freelance.levtech.jp/

そのため常駐フリーランスになることで、より生活が豊かになります。

DAI
経験があればあるだけ単価も上がっていきます。

常駐型フリーランスエンジニアがスキル・年収を上げる方法

次に常駐型フリーランスエンジニアがスキル・年収を上げる方法について解説します。

  • 1つの現場で長期参画する
  • 現場の責任者と交流を深める
DAI
以下にて詳しく解説します。

1つの現場で長期参画する

継続的に安定した収入を確保するために、1つの現場に長期参画できるよう取り組むことがおすすめです。

クライアントから「またお願いしたい」と思ってもらえるような存在になることが重要です。

そうなることで報酬の単価交渉もしやすくなり、おすすめできます。

DAI
長期参画することでスキルを深くまで勉強できます。

現場の責任者と交流を深める

クライアント企業の責任者と仲良くなることが大切です。

責任者と友好な関係を築けると、新たな案件が発生した際に声をかけてもらえるチャンスも生まれます。

そのため営業活動の一環と捉え、積極的にアプローチしてみることをオススメします。

常駐型フリーランスに向いている人の特徴

常駐型フリーランスに向いている人の特徴について解説します。

  • 企業の即戦力になれる人
  • 柔軟に対応できる人
  • 環境の変化を楽しめる人
DAI
以下にて詳しく解説します。

企業の即戦力になれる人

企業は即戦力になれる人を求めています。

そのため常駐型フリーランスとして働く場合、即戦力になれる実力と経験を備えているべきだと言えます。

即戦力になれるフリーランスは、エージェントを通してたくさんの案件を紹介してもらえますし、安定して働けることでしょう。

DAI
経験値がある方には、働きやすいです。

柔軟に対応できる人

柔軟に対応できる人が常駐に向いていると言えます。

早ければ3ヶ月ごとに職場が変わります。

そのため業務の進め方や設備、人間関係にその都度順応していかなければなりません。

環境の変化を楽しめる人

環境の変化を楽しめて柔軟に対応できる人が、常駐型フリーランスに向いています。

柔軟に対応できる人の中には、自分の中に溜め込み我慢するタイプの人がいます。

もしそうだった場合、心身の健康に影響が出る場合があります。

DAI
色々な人と交流できる機会が増えるので、そのような環境が好きな人にはおすすめできます。

常駐型フリーランスに向いていない人の特徴

次に常駐型フリーランスに向いていない人の特徴について解説します。

  • スキルや経験が不十分
  • 変化があると強いストレスを感じる
DAI
以下にて詳しく解説します。

スキルや経験が不十分

ある程度知識や実務経験がないと仕事をする上で苦労する点があります。

そのため、スキルや経験が足りていない場合は、一度スキルを磨く必要があります。

変化があると強いストレスを感じる

正社員と異なり、常駐型フリーランスの場合、案件ごとの契約になるため不安定になりやすいです。

そのような状況に慣れない方には、あまり向いていません。

DAI
常に学び続ける必要があります。

常駐型フリーランスの注意点・気を付けること

次に常駐型フリーランスの注意点・気を付けることについて解説します。

  • 情報漏洩をしないように細心の注意を払う
  • 業務委託契約書に全て目を通す
DAI
以下にて詳しく解説します。

情報漏洩をしないように細心の注意を払う

常駐案件に取り組む際は、情報漏洩をしないように注意しましょう。

常駐案件だけではなく、リモートワーク案件でも同様です。

ただ常駐案件は会社に直接行くので、リモートワークでは知ることのない会社内部の情報を知る機会があります。

そのような情報を知人に話したり、家族に伝えたりするのはNGです。

最悪の場合、契約先の会社から損害賠償請求をされることもありますので、やめましょう。

業務委託契約書に全て目を通す

契約先の企業と業務委託契約を交わす際には、業務委託契約書に署名をする必要があります。

全てを読むのは大変ですが、一度目を通しましょう。

契約先の会社と口頭で、報酬や契約期間、業務内容について話をすると思いますが、担当者が伝え忘れていたり、聞き逃すこともあります。

口頭でのやりとりでは触れなかったとしても、業務委託契約書に署名すると、そこに書かれている内容に同意したことになり、遵守する必要が出てきます。

そのため、どのよう内容が書かれているのかは確認しておくべきです。

常駐型フリーランスに関するよくある質問

次に常駐型フリーランスに関するよくある質問について説明します。

下記の2つの質問に回答します。

  • 常駐型フリーランスと在宅型フリーランスどちらがおすすめですか?
  • フリーランスから会社員に戻るケースは稀ですか?
DAI
以下にて詳しく解説します。

常駐型フリーランスと在宅型フリーランスどちらがおすすめですか?

まだフリーランスに慣れていない人には常駐型フリーランスをお勧めします。

理由としては、常駐型の案件の方が在宅型の案件よりも多く、在宅型の方が求められるスキルは高い傾向にあるからです。

そのため一度常駐型の案件をこなし、在宅型にシフトする場合が多い傾向があります。

フリーランスから会社員に戻るケースは稀ですか?

フリーランスから正社員に戻るケースは稀ではありません。

フリーランスの経験を活かし、より給与が高い企業に転職している人も多数います。

また企業によっては、フリーランス経験者を高く評価してくれる企業もあります。

そのため転職して会社員に戻るというのも1つの選択肢としておすすめです。

DAI
一度フリーランスで力を付けてから転職するというのもおすすめです。

まとめ

今回は、常駐型フリーランスについて解説しました。

常駐型フリーランスになりたい場合、フリーランスエージェントがおすすめなので、ぜひ調べてみてください。

DAI
自分に合う案件を見つけることが重要なので、複数のエージェントに登録し、案件を探してみることが大切です。

もっと活躍の幅を広げたいと考えている方は、この記事を参考にして取り組んでみてはいかがでしょうか。

常駐案件があるおすすめフリーランスエージェント

【第1位】レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモート可能な案件や週2〜3日常駐の案件が豊富です!
【第3位】クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント
【第4位】ギークスジョブ(公式:https://geechs-job.com/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第5位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。