最終更新日:
Salesforceの副業におすすめのエージェント
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
週4〜稼働の案件が多い(週3以内案件はハイスキルが必要)
単価の水準が高く、IT業界の事情にも詳しい。スキルに自信のある人向け。
【第2位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
週3〜のフリーランス向け案件があるエージェント。
充実した福利厚生とスピーディな対応に定評があります。
【第3位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週2~3稼働OK、リモートOKの柔軟に働けるSalesforce案件を探すならここ!
幅広い職種に対応し、スタートアップやベンチャーのトレンド技術を取り入れた案件が多い点も魅力です。

「Salesforceのスキルを活かして、副業はできる?」

「どこで案件を探すのがおすすめなの?」

副業をするのであれば、以下の条件で案件を探したいですよね。

  • 週1〜2日の稼働で働ける
  • リモートワークOK
  • 高単価
DAI
正直、上記をすべて満たす案件は少ないです。また人気なので倍率も高いです。

複数の案件サイトを調べた結果レバテックフリーランスがハイスキル向け・高単価な案件が多かったです。

他には、MidworksITプロパートナーズでも週2〜3日稼働OKの案件が見つかりました!

DAI
Salesforceで副業したいなら、上記の3つのエージェントに登録しておきましょう!

自分に合った案件を見つけるためには、最低でも3つのエージェントに登録するのがおすすめです

人気の案件は非公開になっていることも多いので、複数サイトに無料登録しておきましょう。

今回ご紹介する副業案件の検索サイトを以下の表にまとめていますので、参考に案件を探してみてください!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
Midworks http://mid-works.com/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/

※2022年10月13日時点、各公式HPより

DAI
週1~2程度の副業案件は人気が高く、すぐ埋まってしまいます。通知をONにして常に最新情報をチェックしておきましょう!

この記事を読んでわかること

  • Salesforceエンジニアの仕事内容・案件例
  • Salesforceエンジニアの副業求人数・需要
  • 副業案件の探し方
  • 副業探しにおすすめのエージェント
  • 副業で高単価案件を獲得する方法

Salesforceは世界中で利用されており、日本でも今後ますます導入企業が増える可能性が高いです。

スキルや経験によっては月90万円以上の案件もあるため、収入をアップさせやすい状況といえます。

DAI
副業で高単価案件を獲得するための方法も解説していますので、ぜひご一読ください!

【案件例あり】副業Salesforceエンジニアの仕事内容

副業Salesforceエンジニアの業務内容は以下の通りです。

  • Salesforceの導入支援
  • Salesforceの開発・機能追加
  • 保守管理

実際に求人サイトに掲載されている案件をもとに紹介します。

Salesforceの導入支援

導入支援ではSalesforceを導入したいクライアントに対し、業務内容や会社規模に応じた導入支援を行います。

「ライセンスの種類が多くてどれを選べばよいかわからない」と悩んでいる企業も多いため、ライセンスの提案からカスタマイズの設計まで担当するケースも多いです。

フリーランスエージェントのレバテックフリーランスには、次のような案件がありました。

案件名

【Salesforce】Salesforce導入支援の求人・案件
月額単価800,000円/月
職務内容

・企業向けSalesforceの導入支援に携わっていただきます。
・主にSalesforce導入時の要件定義に携わっていただきます。
求めるスキル以下いずれかの経験
・Javaを用いた開発経験5年以上
・Salesforceの開発経験

【歓迎スキル】
・Salesforce開発の実務経験
・Salesforce認定資格
・営業支援システムの導入経験
案件URL
【Salesforce】Salesforce導入支援の求人・案件
 
(2022年11月14日 現在)

業務システムを導入した上流工程の経験があれば、週3日勤務・一部リモートでも高単価の案件を獲得できる可能性があります。

DAI
PMの経験者は需要が高いため、積極的に応募してみることがおすすめです!

Salesforceの開発・機能追加

クライアントのビジネスに適したアプリケーションの開発や機能の追加も、副業案件の業務内容でよく見受けられます。

実装からテスト、運用保守まで一貫して携わることも多いです。

たとえば以下のような案件が募集されていました。

案件名

【Salesforce】機能追加開発の求人・案件
月額単価650,000円/月
職務内容

・Salesforceを用いたシステム開発案件に携わっていただきます。
・主に下記業務をご担当いただきます。
 -SalesForceで構築されているシステムの保守開発
 -飲食店ポータルサイト営業支援システムの設計、開発、テスト
求めるスキル・Javaを用いた開発経験
・C#を用いた開発経験
・要件定義、設計経験
・一連のシステム開発プロセスの経験

【歓迎スキル】
・Salesforce、ClassicでのVF開発経験
・PM、リーダー経験
・データモデリング経験
案件URL
【Salesforce】機能追加開発の求人・案件
 
(2022年11月14日 現在)

どれだけ要件を詰めてSalesforceを導入したとしても、時間が経つにつれ現場のニーズも変化していくため、カスタマイズや機能追加の必要が出てきます。

機能の不足や使い勝手の悪さなど、顧客からのフィードバックをもとに改善することが大切です。

また状況によっては機能の追加・変更だけでなく、使用頻度の低い機能を止め、コストを削減する必要もあります。

DAI
Salesforceの開発経験があるエンジニアは、上記のような副業向け案件に挑戦してみましょう。

運用・保守

「Salesforceを導入したものの、運用が煩雑で手が回らない」「障害発生時に速やかに対応したい」のように悩んでいる企業向けに、運用保守を行う仕事もあります。

アプリケーションの改修やバージョンアップに伴う影響範囲の調査、問い合わせ対応などを行います。

実際に募集されている案件には、下記のようなものがありました。

単価 70万円/月
稼働日数 週2日
働き方 一部リモート
業務内容 ・運用中のSalesforceにおけるカスタマイズや連携をお願いします。
必要スキル ・以下のうちいずれかの経験
– Salesforceカスタマイズ経験
– Javaでの開発経験
– C#での開発経験
歓迎スキル

引用(公式:レバテックフリーランス) 現在は募集が終了しています。

運用保守の場合は業務の性質上、どうしてもフルリモートが難しいケースが多いです。

またチームで協働して業務を進める必要があるため、「コミュニケーション力」や「協調性」を希望スキルに挙げている企業も見受けられました。

DAI
本業以外に出勤できる日がある場合は、上記のような運用保守案件も検討してみましょう。

Salesforceエンジニアの副業求人数・需要

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

多くのエージェントでは、保有している案件の約8割を登録後に見られる非公開案件としています。

DAI
そのため、気になるエージェントがあれば、まずは無料相談してみるのがおすすめです!

Salesforceは世界15万社以上が導入しており、日本でも5,000社以上が利用している人気のプラットフォームです。

そのため導入支援やアプリケーション開発、機能カスタマイズなどの業務は、今後もニーズが増えることが予想されます。

また昨今は最先端のAI技術を取り入れた「Salesforce Einstein」もリリースされたため、効率的な営業活動を行いたい企業にとって、エンジニアの存在が欠かせません。

DAI
Salesforceの副業を始めやすいタイミングといえます。ぜひ本業の経験を活かせる副業案件を探してみましょう!

Salesforceの副業案件の単価・報酬相場

複数のフリーランスエージェントでSalesforceの副業向け案件(週1〜3日稼働)を調査したところ、月単価は60万円〜70万円のものが多かったです、

ただし、単価は時期やクライアントの予算によっても変動があります。なかには報酬が100万円を越す高単価案件もあれば、9万円程度のものもあります。

業務内容や稼働日数によって、報酬相場は大きく変動することを理解しておきましょう。

Salesforceエンジニアが副業案件を探す3つの方法

Salesforceエンジニアが副業案件を探す方法は、以下の3パターンです。

  • エージェントで探す
  • クラウドソーシングで探す
  • ビジネスSNSで探す

順番に見ていきましょう。

エージェントで探す

最もおすすめの方法はエージェントを活用することです。

エージェントとは、キャリアアドバイザーが求職者のスキルや希望条件をヒアリングし、マッチする仕事を紹介してくれるサービスです。

「週2日から稼働できる案件が良い」などの希望を実現しやすくなるので、無理なく副業を続けられる可能性が高まります。

DAI
また「休憩時間や定時後に案件探しをしないと……」のように自分で営業する必要がなくなるため、精神的な余裕ができることもメリットです!

高単価の案件も多く掲載されており、スキルや経験次第では月90万円以上を目指すことも可能です。

Salesforceエンジニアにおすすめのエージェントは後述しますので、ぜひあわせてご覧ください。

クラウドソーシングで探す

クラウドワークスランサーズといった、クラウドソーシングサービスで探す方法もあります。

数ヶ月間かかる規模の大きな案件から数週間で完了するプロジェクトまで、幅広い案件を取り扱っていることが特徴です。

案件の報酬単価は5,000円〜10万円までさまざまなので、「業務量に報酬が見合っているか」を事前に確認することが欠かせません。

またクラウドソーシングサービスでは、求められる技術に対して報酬がやや低い傾向があります。

DAI
「報酬はそこまで高くなくても、ちょっとした合間に対応できそうな案件をこなしたい」という方に向いています。

ビジネスSNSで探す

LinkedInやWantedlyなどのビジネスSNSを活用するのも一つの手です。

それぞれの特徴は以下の通りです。

  • LinkedIn:Salesforceのビジネス情報を収集したい人向け
  • Wantedly:企業の採用担当者とのカジュアルな面談から始めたい人向け

特にWantedlyは給料などの雇用条件ではなく、「やりがい」や「職場環境」で企業と求職者がマッチングできるSNSです。

マッチング後はWeb面談を通して気軽に採用担当者と会話できるため、「まずは面談で会社の雰囲気や仕事内容を直接聞きたい」人に向いています

DAI
エージェントとビジネスSNSを併用するなど複数の方法で案件を探し、選択肢を増やすことが大切です。

副業Salesforceエンジニアにおすすめのエージェント3選

自分にぴったり合ったSalesforceの副業向け案件を探したいなら、エージェントの利用がおすすめです。

IT業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの経験や希望する報酬額などを丁寧にヒアリングしたうえで、マッチする案件を探してくれます。

DAI
求人サイトには掲載されていないような、好条件の非公開案件を紹介してもらえることもあります!

「将来的に独立して年収をアップさせたい」のようなキャリア相談もできるので、ぜひ無料登録することがおすすめです。

今回はSalesforceエンジニアで副業案件を探している方におすすめのエージェントを、下記3つ紹介します。

順番に見ていきましょう

豊富な求人のなかから選ぶなら「レバテックフリーランス」

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

運営会社
レバテック株式会社
公開求人数
(現在募集中の案件)
2731件 (2022年11月27日現在)
Salesforceの
公開求人数
36件 (2022年11月14日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み・週2〜3日稼働の案件、リモート案件多数
・カウンセラーの専門性が高く、幅広く相談に乗ってくれる
・高単価な案件が多い
公式https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスでは、実務経験のある方にのみ案件紹介をしています。特に週3以内稼働の案件はハイスキルが求められます。

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件のなかには魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントの質が高い
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスでは、業界最高水準の高単価案件を多数取り扱っています。

DAI
たとえばSalesforce案件の単価相場は、下記の通り平均80万円と高単価になっています!

Salesforceの単価相場

※2022年10月13日時点。公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

PMの経験やビジネスレベルの英語力があれば、月90万円以上の案件に参画できる可能性もあります。

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバレジーズ株式会社のノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、「Salesforceエンジニアとしてスキルアップできる案件に挑戦したい」などの相談も安心してできるのが特徴です。

③求人数が多い

2022年10月13日現在の求人数では、エンジニアの案件が比較的多めになっています。

エンジニア全体 31,469件
Salesforceエンジニア 514件

引用:https://freelance.levtech.jp/

DAI
特にSalesforceエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

実際の案件にはこのようなものがありました。

案件名


【Salesforce】製造商社向け販売管理システム開発の求人・案件
月額単価850,000円/月
職務内容

・Salesforceを用いた製造商社向け販売管理システム開発案件に携わっていただきます。
・主に基幹システムとの連携や機能追加をお任せいただきます。
求めるスキル・Salesforceの開発実務経験
・Javaを用いた開発経験

【歓迎スキル】
・システム開発における要件定義、設計の経験
・Salesforceと基幹システムの連携経験
案件URL

【Salesforce】製造商社向け販売管理システム開発の求人・案件
 
(2022年11月14日 現在)

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

サポート重視で選ぶなら「Midworks」

画像はMidworks公式サイトより引用(2022年11月12日時点):https://mid-works.com/

運営会社 株式会社Branding Engineer
公開案件数 8,652件
(※_2022年11月12日時点)
対応地域 関東圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、三重県)
(フルリモート勤務の場合は全国対象)
特徴 大企業からの高単価案件が募集されていることがある
週3〜稼働できる案件あり(※ 会社員向けの副業案件は紹介不可)

Midworksは、フリーランスで活躍したいエンジニアにおすすめのエージェントで、次のような特徴があります。

  • 報酬補償を含む手厚い福利厚生
  • エンジニア案件の分野が幅広い

報酬補償を含む手厚い福利厚生

Midworksの魅力は、協業補償を含めた手厚い福利厚生が用意されている点です。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務補助」
  • 保険の紹介
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助
  • 休業中も給与を補償する「報酬補償制度(審査あり)」

フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」です。

ですがMidworksなら仮に案件が途切れても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます(報酬補償の適用には審査があります)。

DAI
不安定な状況になりやすいフリーランスにとっては、心強い制度ですね!

エンジニア案件の分野が幅広い

Midworksで取り扱っている案件の多くは、エンジニア向けの案件です。

また、クライアントの種類が幅広いので、選択肢が多いのも魅力です。

  • 大手上場企業〜スタートアップベンチャーまで会社規模が多様
  • SIerも自社サービス企業案件もあり
DAI
掘り出し物の案件があるかもしれません。個人では参画しにくい案件を見つけるチャンスです!

週3日から入れる案件や、しっかり週5日で稼働できる案件もあるので、自分の働き方に合った案件を探せます。

登録&相談は無料です。

「フリーランスを目指したいけど不安…」という人は、まず登録して、相談だけでもしてみることをおすすめします!

※Midworksは週3日程度〜参画できる案件がありますが、会社員の方への副業は紹介していません。

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

週2稼働やリモート案件を見つけるなら「ITプロパートナーズ」

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!

運営会社
株式会社Hajimari
公開求人数726件 (2022年11月27日現在)
Salesforceの
公開求人数
18件 (2022年11月27日現在)
マージン率非公開
対応地域東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫、奈良
フルリモート案件も取扱あり。
特徴週1〜3日で稼働できる案件を多く保有。リモート可案件も多数。
公式https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズはリモートの案件も多いので、「自身のスタイルに合わせてSalesforce案件に携わりたい」など自由に案件を選べます

実際にサイト上で検索したところ、下記のような案件がありました。

  • Salesforceのアプリケーション開発:週2日稼働・一部リモート、月40万円
  • Salesforceのレポート・ダッシュボード作成:週2日、月40万円

引用:ITプロパートナーズ(現在は募集が終了しています)

DAI
つまり「副業的にフリーランスのSalesforceエンジニアの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

募集は終了していますが、実際の案件には以下のようなものがあります。

引用(公式;ITプロパートナーズ)現在は募集が終了してます。

非公開求人の中には、週3~OKの募集もあるので、Salesforceの副業案件を探している人は、まず登録することをおすすめします。

Salesforceで高単価の副業案件を獲得する3つの方法

Salesforceで高単価な副業案件を獲得する方法は、下記の3つです。

  • 顧客の業務オペレーションを理解した設計スキルを習得する
  • Salesforce認定資格を取得し、上流工程に携われるようになる
  • (Salesforce未経験の場合は)エンジニアとしての実務経験を積む

順番に解説します。

顧客の業務オペレーションを理解した設計スキルを習得する

Salesforceを扱えることはもちろん、顧客の業務オペレーションを理解したうえで設計・設定できるスキルが重要です。

DAI
Salesforceではさまざまなアプリケーションの追加や、外部ツールとの連携が可能です。

しかし「実際に顧客がマーケティングやセールスなどで、どのようにSalesforceを利用するか」を理解せずにエンジニアが設計してしまうケースもあります。

その結果顧客のニーズは満たせても、現場で使用する人が使いづらくなるような設計に仕上がってしまう恐れがあるのです。

より顧客に重宝されるSalesforceになるためには、下記を入念に行うことが重要です。

  • 顧客の業務オペレーションを詳しく教えてもらう
  • 設定要件を擦り合わせる
DAI
副業案件を継続して依頼されるようなエンジニアになるためにも、上記を心がけることがおすすめです!

Salesforce認定資格を取得し、上流工程に携われるようになる

Salesforce独自のプログラミング言語である「Apex」を習得するだけではなく、認定資格を取得することも一つの方法です。

Salesforceの製品知識と業務知識を身につけていることの証明になるため、高単価の案件も獲得しやすくなります。

なかでも次の資格はビジネス上の課題を解決したり、営業業務に適したシステムを設計したりする能力が身につきます

  • Salesforce認定 Sales Cloudコンサルタント
  • Salesforce認定 Service Cloudコンサルタント
DAI
上位資格のため難易度はかなり高いですが、コンサルタント業務を行えるレベルの知識が習得できます。今後のキャリアアップにも役立ちますよ!

(Salesforce未経験の場合)エンジニアの実務経験を積む

Salesforceエンジニアとしての経験がなくても、何かしらの言語でシステム開発の経験があれば副業案件獲得では有利に働きます。

なぜならプログラミングスキルがあるエンジニアは、Salesforceのキャッチアップも早いからです。

DAI
開発言語であるApexは構文がJavaに似ているため、Javaの経験があるとより習得が早くなるでしょう。

具体的には以下のようなスキルや知識があると、副業案件を獲得しやすくなります。

  • プログラミング言語(Java、PHP、Rubyなど)
  • データベース
  • フレームワーク

あわせてSalesforceの仕様を理解したり、Apexの基礎部分を触れておいたりすることが大切です。

DAI
エンジニアの業務内容は共通点が多いため、目の前の業務を丁寧にこなすとキャリアの幅が広がります。

まとめ

今回はSalesforceエンジニアの副業案件の仕事内容や案件例、単価相場について解説しました。

Salesforceは日本でも5,000社以上が導入しているCRM・SFAサービスなので、今後ますます需要が高まることが予想されます。

「副業で収入をアップさせたい」「本業に活かせるスキルを身につけたい」というエンジニアは、副業に挑戦してみることをおすすめします。

DAI
スムーズに副業案件を探すなら、エージェントの活用がおすすめです!

IT業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、「今のスキルでも稼げるような案件を探したい」などの希望に合う案件を紹介してもらえます。

また自分で営業する必要がなくなるので、時間を有効活用しながら収入アップを実現しやすくなります。

DAI
今回紹介したエージェントは下記の3つです。無料で登録できるので、ぜひ休憩時間にチェックしてみてください!
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランス独立に少しでも不安があるなら、まずはこちらへ相談がおすすめ。