最終更新日:
Android開発で副業したい方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
週4〜の案件が多い(週3日以内の稼働ができる案件はハイスキル必要)。
Android開発の案件多数!大企業案件・高単価案件を扱っています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートOK・週1日~・土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
リモート案件あり!案件提案から契約後のサポートまで安心のエージェント。
エンジニアスタイル(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

「Android開発のスキルを活かして、副業することはできる?」

「どこで副業案件を探すのがおすすめ?」

副業をするのであれば、以下のような条件で案件を探したい方も多いでしょう。

  • 週1〜2日の稼働で働ける
  • リモートワークOK
  • 高単価
DAI
しかしながら、上記をすべて満たす案件は少ないのが現状です。またそうした案件は人気があるため、倍率も高いです。

なかでも、ITプロパートナーズでは、週1~2日から稼働OK・リモートOKなど「副業」に適した案件を扱っていました。

HiPro Techでは、週3日から稼働OKの案件が多くあります。

レバテックフリーランスでは週4〜勤務の案件が複数見つかりました。

DAI
Android開発の分野で副業を考えている方は、上記3つのエージェントに登録しておきましょう!条件にこだわって一括検索したい方は、エンジニアスタイルもおすすめです。

今回ご紹介する副業案件の検索サイトを以下にまとめたので、参考にしてみてください!

公式サイト 週1~2日から稼働OK 週3日から稼働OK リモートOK
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/
エンジニアスタイル https://engineer-style.jp/

※2022年9月時点、各公式HPより引用/算出

DAI
自分に合った案件を見つけるために、複数のエージェントに登録することをおすすめします。人気の案件は非公開になっており、登録者の希望条件に合わせて案内されることがあります。

非公開案件の情報も含めて案件を比較検討し、副業を始めましょう。

目次 (PRも含まれます)

Android開発の副業案件を探す基準

ここからは、Android開発の副業案件を選ぶ基準を5つ紹介していきます。

  1. クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  2. 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  3. 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  4. フルリモート案件があるか
  5. 高単価な案件が多いか
DAI
順番に解説していきます!

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

DAI
クラウドソーシングは初心者から挑戦できる低単価の案件が多く、副業エージェントは実務経験を求める高単価の案件が多いです。

業務委託で副業をする場合、契約形態は「請負契約」、または「準委任契約」のいずれかとなります。

  • 請負契約:完成した仕事に対して報酬が支払われる。成果報酬制。
  • 準委任契約:稼働時間に対して報酬が支払われる。時給制。
DAI
請負契約では結果に対して報酬が発生しますが、準委任契約だとプロセスに対して報酬が発生するイメージです。

クラウドソーシングでは請負型の案件が多いですが、下記のように労働量に対して単価が低い案件もあります。

  • 納品物に対して何度も曖昧な修正依頼を出され、時給換算にすると500円程度
  • 推定工数が100時間以上かかるのに、報酬が5万円程度
DAI
副業エージェントは、実務経験3年以上を求められます。Android開発の実務経験のある方は準委任契約が主流となっている副業エージェントがおすすめです。

副業エージェントには、以下のようなメリットがあります。

  • 営業関連・契約手続きを代行してくれる
  • スキルや希望の条件に合った案件を提案してもらえる
  • 会社員並みの福利厚生が充実しているエージェントがある

初めて副業する方からフリーランスへの独立を視野に入れている方にも、副業エージェントはおすすめです。

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

会社員の方もフリーランスの方も、平日の日中は本業が忙しい場合が多いでしょう。

その場合、稼働できる時間帯は「土日・平日の早朝・夜」に限られます。

DAI
小規模の企業やスタートアップ企業からの求人には、柔軟な働き方ができるものが多いです。

土日・平日夜に働きたい方におすすめのエージェント
:ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/

③週の最低稼働日数はどの程度か

副業を選ぶ際は、本業と両立できる「週の最低稼働日数」であるか確認しましょう。

一般的なエージェントの案件では、週の最低稼働日数を3日以上と定めている場合が多いです。

週1~2日から稼働OKの案件は、「副業を始めやすい」と人気があり、応募倍率も高いです。

DAI
ITプロパートナーズでは週1〜2日から稼働OKの案件を扱っています。週1~2日から稼働できる案件を扱っている副業エージェントは希少なため、稼働日数にこだわりがある方におすすめです。

④フルリモート案件があるか

副業は本業以外の時間帯や曜日で行うため、なるべく通勤時間は削減したいところです。

フルリモートの案件では通勤時間を省けるため、効率よく副業に注力できます。

DAI
遠方にお住まいの方は、一部リモート可・固定曜日は出社など、条件付きのリモート勤務に注意が必要です。また、フルリモート案件は人気が高いため、気になったらすぐに応募しましょう。

フルリモート案件をお探しの方におすすめのエージェント
・ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
・HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/

⑤高単価な案件が多いか

副業サイトが扱っている案件の特性によって、単価に幅があります。

たとえば、発注元である企業の規模によって、案件単価が異なります。

小規模企業と大手企業には、下記のような違いがあります。

  • 大手企業
    :採用にかけるコストが高く、案件単価が高い。
  • スタートアップ企業・ベンチャー企業
    :採用にかけるコストを抑えており、案件単価が低い。

小規模な企業では、大企業と比較して案件単価は低くなるものの、フルリモートOK・週1~2日から稼働OKなど柔軟性のある働き方ができます。

DAI
収入アップを目指したい方は、大手企業からの案件を多く扱っている副業エージェントがおすすめです。

高単価案件をお探しの方におすすめのエージェント
:レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/

Android開発エンジニア向けの副業ができるおすすめエージェントやサイト

ここからは、Android開発の副業に適したエージェントを4つ紹介します。

Android開発の副業におすすめな副業エージェントを、「週1~2日から稼働OK」「週3から稼働OK」「リモートOK」の3項目に分けて表にしてみました。

公式サイト 週1~2日から稼働OK 週3日から稼働OK リモートOK
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/
エンジニアスタイル https://engineer-style.jp/

※2022年9月時点、各公式HPより引用/算出

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方、質のよい案件を受注したい方におすすめのエージェントです。

運営会社
レバテック株式会社
公開求人数
(現在募集中の案件)
2105件 (2023年12月18日現在)
Android開発の
公開求人数
1件 (2023年12月18日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み・週4日~稼働の案件、リモート案件多数
(週3日以内の案件はハイスキルが必要)
・カウンセラーの専門性が高く、幅広く相談に乗ってくれる
・高単価な案件が多い

※レバテックフリーランスの案件は実務経験必須(週3以下稼働の案件は特にハイスキルが求められます)。

レバテックフリーランスの主な特徴は、以下の2つです。

  1. Android開発の求人多数
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

①Android開発の求人多数

レバテックフリーランス公式サイトより引用(https://freelance.levtech.jp)※2022年9月16日時点

レバテックフリーランスは、ITエンジニア特化型のエージェントです。

そのため、エンジニア案件を豊富に扱っており、Android(チェックボックス)の公開案件は1880件でした。(※1)

そのうちリモート案件は600件見つかりました。(※2)

※1,2:レバテックフリーランス公式サイトより引用/算出(https://freelance.levtech.jp/
(2022年9月17日時点・公開案件のみ)

②キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

レバテックフリーランスより公式サイトより引用(https://freelance.levtech.jp)※2022年8月時点

レバテックフリーランスは、レバテックキャリアなどのサービス展開をはじめとしたレバテック株式会社が運営しています。

そのため、人材サービスの知見やノウハウの蓄積を活かし、IT業界に精通したエージェント担当者がカウンセリングから契約提携までサポートしてくれます。

DAI
元エンジニアの担当者もいるため、技術面での相談やキャリアアップに関する相談も気軽にすることができます。

レバテックフリーランスの案件例

DAI
以下がレバテックフリーランスの案件例です。

案件名
【Python/一部リモート】スマホ向けアプリ開発支援の求人・案件
月額単価800,000円/月
職務内容・スマホ向けアプリ開発支援に携わっていただきます。
・主に下記作業をご担当いただきます。
 -リードエンジニア業務
 -iOS、Android向けのネイティブゲームの設計、開発、運用
 -開発環境の構築
 -運用の負荷軽減に対する効率化、およびアップデートの作業軽減における効率化
求めるスキル・リードエンジニアとしてPJあるいはメンバーのマネジメント経験
・ソーシャルゲームの開発経験1年以上
・サーバーサイドの開発経験3年以上
・MySQL等RDBMSを用いた開発経験
・Redis等NoSQLを使用した開発経験
・Git等バージョン管理を使用した開発経験歓迎スキル・Pythonを用いた開発経験
・Django等のPythonフレームワークを使用した開発経験
・AWS等クラウドサーバーを利用した開発経験
・Photon Serverを利用した開発経験
・Dockerを利用した開発経験
案件URL【Python/一部リモート】スマホ向けアプリ開発支援の求人・案件 
(2024年02月26日 現在)

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートで働きたい方・ベンチャー企業やスタートアップで働きたい方におすすめのエージェントです。

運営会社
株式会社Hajimari
公開求人数3785件 (2024年02月26日現在)
Android開発の
公開求人数
12件 (2024年02月26日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方週2-3案件、リモート案件多数
公式https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴は、以下の2つです。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

①『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件には、『直請案件』のものが多いです。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

そのため、他のエージェントと比較して、案件単価は高い傾向にあります。

マージン率を非公開にしているエージェントが多く、現状ではフリーランスの取り分や単価の良し悪しを事前に把握することは困難です。

DAI
『直請案件』の多さは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。そのため、直請案件の多い『IT プロパートナーズ』は魅力的です。

②リモートOK、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力は、働き方はリモート・週1~2日から稼働OKの案件が多い点です。

一般的なフリーランスエージェントでは、働き方は常駐・最低稼働日数は週3・4日〜の案件が多いです。

DAI
週1~2日から副業としてフリーランスの仕事を始めたい方におすすめのエージェントです。

ITプロパートナーズの案件例

DAI
以下がITプロパートナーズの案件例です。

案件名
【PL】Androidアプリ開発におけるリードエンジニアの案件・求人
月額単価〜1,000,000円
職務内容大手フィットネス企業におけるtoC向けアプリ開発に携わっていただきます。
求めるスキル■必須スキル:
・Androidアプリ(Kotlin)の開発実務経験3年以上
・大きめな規模のプロジェクトでの開発経験
(個人開発や1〜3名程度のチーム経験のみはNG)
・スピード感があり、業務を積極的に吸収するマインド

■尚可スキル:
・Jetpack Composeのご経験
案件URL【PL】Androidアプリ開発におけるリードエンジニアの案件・求人 
(2024年02月26日 現在)

注意:ITプロパートナーズでは、会社員の方への副業はご紹介できません。

HiPro Tech

公式:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

DAI
HiPro Techは、週3日から・リモートで働きたい方、IT・テクノロジー領域のエンジニアの方におすすめのエージェントです。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 520件
(※2022年9月17日時点・公開案件のみ)
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年9月17日時点・公式ページより引用

HiPro Techの主な特徴は、以下の2つです。

  1. 高単価案件あり、収入アップを目指せる
  2. 契約後のサポート体制も充実

①高単価案件あり、収入アップを目指せる

HiPro Tech公式サイトより引用(公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、仲介会社を挟まず、クライアント(受注者)と直接契約している「直請案件」を扱っています。

直請案件では、余計なマージンを差し引かれないため、より高単価の案件を受注できます。

DAI
たとえば、Android(フリーワード)案件では、50万円~85万円の案件がありました。(※2022年9月16日・公開案件のみ)

②契約後も充実したサポート体制

HiPro Tech公式サイトより引用(公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、転職サービス「doda」をはじめとした人材サービスを運営する「パーソルグループ」がサービス提供しています。

そのため、人材サービスで培った知見やノウハウは、HiPro Techの「サポート体制」に活されています。

また、IT・テクノロジー領域に特化しており、担当者の専門性は高く、職種に関するキャリアも相談しやすいです。

DAI
理想の案件をお探しの方、案件のミスマッチを避けたい方におすすめのエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイルでは、さまざまなエージェントの案件を抜粋して紹介しています。1クリックで厳選された優良案件を応募したい方におすすめのサイトです。
運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 170,811件
(※2022年9月17日時点)
特徴 さまざまなエージェントの案件を一括検索できる
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2稼働OKなど多様な案件に対応

※2022年9月時点・エンジニアスタイル(https://engineer-style.jp/)より引用/算出

エンジニアスタイルの特徴は、以下の2つです。

  1. さまざまなエージェントの案件を一括検索できる
  2. こだわり条件から理想の案件を探すことができる

①さまざまなエージェントの案件を一括検索できる

エンジニアスタイル(公式:https://engineer-style.jp/)より引用(※2022年9月16日時点)

エンジニアスタイルでは、条件を入力すれば、提携エージェントの案件を一括で検索することができます。

2022年9月16日時点で、下記のようなエージェントと提携しています。

  • レバテックフリーランス
  • テクフリ
  • ITプロパートナーズ
  • HiPro Tech など

エンジニアスタイル(公式:https://engineer-style.jp/)より引用

そのため、多数のエージェントの案件から条件で絞り込み、自分に合った案件を探すことができます。

DAI
「Android(フリーワード)」の公開案件は、9,865件でした。なかでも、「週2、3から稼働OK(チェックボックス)」は467件、「リモートOK(チェックボックス)」2,285件でした。(※)

※:エンジニアスタイル公式サイトより引用/算出(公式:https://engineer-style.jp/
(2022年9月17日時点・公開案件のみ)

②こだわり条件から理想の案件を探すことができる

​​エンジニアスタイル(公式:https://engineer-style.jp/)より引用(※2022年9月16日時点)

エンジニアスタイルでは、大きく分けて10個の項目から自分に合った案件を探すことができます。​​

  • 言語
  • フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種
  • 業界
  • エリア
  • 駅/路線
  • 価格
  • エージェント
  • こだわり条件

エンジニアスタイル(公式:https://engineer-style.jp/)より引用

以下は、エンジニアスタイルならではの「こだわり条件」の一部です。

  • 働く時間
    :土日OK・週2、3から稼働OK・フレックス制度など
  • 働く立地
    :駅から5分・駅から直結・ターミナル駅など
  • 職場環境
    :リモートOK・全員フルリモート・私服OKなど
  • 嬉しい制度
    :社内勉強あり・フリーアドレス・フレックス制度など
  • トレンド
    :ディープラーニング・SPA・リファクタリングなど
  • こだわりの働き方
    :リモートで働きたい・トレンド案件に関わりたい・スポットで働きたいなど
  • 仕事で趣味に関われるかも
    :ゲーム好き・カメラ好き・サッカー好きなど
  • 会社について
    :上場企業・技術志向・VCありなど
  • 一緒に働く人について
    :30代中心・女性比率が高い・PMが近くにいるなど
  • 採用条件
    :経験者優遇・正社員雇用ありなど

エンジニアスタイル(公式:https://engineer-style.jp/)より引用

DAI
エンジニアスタイルを利用すれば、複数のエージェントを比較検討する時間を削減することができます。条件にこだわりがある方におすすめのサイトです。
【エンジニアスタイル】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

Android開発の副業をするために必要な準備

Android開発の副業をするために、事前に準備しておくべきことは2つです。

  1. 実務経験・スキルを棚卸ししておく
  2. 副業案件を探すためのサイトに登録しておく
DAI
上記の2つを済ませておくと、自分に合った求人を見つけやすくなります!

①実務経験・スキルを棚卸ししておく

Android開発に関する実務経験や自分のスキルを明確にしておきましょう。

これまでにどういった経験を積み、スキルをどの程度持っているのか、具体的に説明できるようにしておきましょう。

DAI
Android開発の業務範囲は多岐にわたるので、「Android開発ができる」という説明だけでは不十分です。「クライアントの事業に貢献できるスキルがどのくらいあるか」を伝える必要があります。

下記のように、Android開発の経験やスキルを細分化しておきましょう

  • Android studio使用経験
  • AWS運用経験
  • Unity使用経験
  • Java
  • Kotlin

その際には、「Java:Javaを用いたアプリ開発経験 2年、ポイントアプリ開発、クライアントへの提案も行った」という形で、経験やスキルに紐づいた内容も詳しく書きましょう。

DAI
相手が業務内容とスキルの応用力をイメージしやすくなります。また、iOS開発経験など「Android開発とは関係ない」と思われることも書きだしておくと仕事に繋がることがあります。

②副業案件を探すためのサイトに登録しておく

実務経験やスキルの棚卸しとともに、副業案件サイトの登録をしておきましょう。

あらかじめ副業案件サイトを利用できる状態にしておくことで、どのような案件が募集されているか確認することができます。

副業エージェントでは、希望条件・スキル・単価・稼働日数を考慮して、案件を提案してくれます。

DAI
副業で得られる収入を見積もりたい方は、一度副業エージェントに相談してみるのがおすすめです。

Android開発の副業案件にはどんなものがある?

Android開発の副業案件にはどんな案件があって、報酬の相場がどれくらいなのかを確認していきます。

実際にAndroid開発の副業案件をいくつかピックアップして紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※今回紹介する案件は募集を終了している可能性もあります。最新の案件例が見たい人はエージェントに登録したうえで、詳細を確認してみましょう。

案件例①

案件名
【副業/Ruby/React Native】チケット関連事業向け開発支援の求人・案件
月額単価950,000円/月
職務内容・チケット関連事業向け開発支援に携わっていただきます。
・下記を行っていただきます。
- 新規IOS/Androidアプリの開発
-Apple/Googleへの申請、リリース後の改善
- PM, PdMとの議論や連携
- 新規事業のシステム、ネットワークの設計
- フロントエンド、バックエンド開発におけるDX改善
求めるスキル・Ruby on Railsを用いた開発経験2年以上
・React Native用いた開発経験2年以上歓迎スキル・エンジニアマネジメントの経験
・iOS、Androidアプリの新規開発経験
・toCサービスの開発経験
・⾃社サービスの開発経験
案件URL【副業/Ruby/React Native】チケット関連事業向け開発支援の求人・案件 
(2024年02月26日 現在)

案件例②

案件名
【Unity】AR向けエンタメコンテンツ開発の求人・案件
月額単価800,000円/月
職務内容・Unityを用いたARゲームやARコンテンツの開発に携わっていただきます。
・スキルに応じて主に下記作業をご担当いただきます。
 ‐ARゲームやエンタメコンテンツの開発、技術検証
 ‐CICD開発、サーバーサイド開発、業務効率化ツール開発
 ‐既存コンテンツの機能改善、コードレビュー
求めるスキル・Unityを用いたゲーム開発経験3年以上
・Gitを用いたチーム開発経験
・UniRxまたはUniTaskを用いた実務経験歓迎スキル・コードレビューの経験
・業務効率化ツールの作成経験
・基本情報技術者試験、情報系学科卒程度のCS知識
・AddressableAssetSystemの知見
・マルチプレイ技術の知見
・3D描画系の知識
・DCCツールのプラグイン開発経験
・UnityのiOS/Android Native Plugin開発経験
・描画パイプラインに関する知識
・ARグラス系のデバイスの開発経験
案件URL【Unity】AR向けエンタメコンテンツ開発の求人・案件 
(2024年02月26日 現在)

上記の案件はあくまでも一例なので、自分のスキルに合わせて案件を探してみてください。

DAI
公開案件に自分のスキルになさそうでも諦めないでください。エージェントに登録することで非公開案件が見られるようになりますよ。

Android開発の副業案件を行うメリットは?

Android開発の副業には、下記のメリットがあります。

  1. 収入が増える
  2. スキルアップにつながる
  3. 人脈を広げることができる
DAI
詳しく見ていきましょう!

①収入が増える

副業で報酬を受け取るようになると、本業以外の収入源が生まれるため、トータルの収入額が増えます。

副業に充てられる時間には限りがあります。

効率よく稼ぐためには、時給の高い案件を探すことがポイントです。

DAI
たとえば週3日の稼働で単価75万円/月という案件の場合、1日8時間稼働すると週単位では24時間、月単位では96時間稼働することになります。この場合、時給換算すると7,812円になります。

収入源が増えれば生活に余裕が生まれるほか、精神的な余裕もできてくるでしょう。

DAI
ある程度副業で安定した収入が得られるようになったら、フリーランスを目指す方も少なくありません。

②スキルアップにつながる

Android開発の案件でも、募集されている案件によって必要なスキルや業務内容が異なります。

そのためAndroid開発の多様な案件に取り組んでいると、自分自身のスキルも向上していきます

別業界のAndroid開発スキルが身についたり、本業とは異なるマーケティングに挑戦したり、ジャンルを超えて使えるスキルも上がっていくでしょう。

DAI
副業での実務経験を通して、本業での業務範囲が広がったり、異なる副業に挑戦できるようになります。

③人脈を広げることができる

Android開発の副業をする場合は、多くの人と一緒に仕事をするため、人脈が広がります。

そして人脈が広がることには、下記のようなメリットがあります。

  • その人を通じて直接仕事を依頼してもらえる場合がある
  • Android開発業界で著名な人と働ける、あるいはコンタクトを取れる場合がある
  • 副業先の会社からスカウトを受ける
  • Android開発の最新情報が入りやすくなり、業務に活かせる

Android開発は年々競争が激しくなっているため、最新情報を手に入れて実行することが重要です。

広い人脈があると最新情報が入ってきやすいうえ、良質な案件に携われる、待遇のよい企業に転職できるといった可能性も上がります。

DAI
Android開発のプロから情報を集めることが、正確な情報を入手する近道です。

Android開発で副業するデメリットは?

Android開発の副業には、下記のデメリットもあります。

  1. 本業との兼ね合いが難しくなる
  2. 休みが取れなくなる
DAI
これらはデメリットではありますが、事前に知っておけば対策しておくことができます!

①本業との兼ね合いが難しくなる

副業の仕事量によっては、本業との兼ね合いが難しくなる場合があります。

DAI
たとえば、副業の納期に間に合わず徹夜をし、翌日の本業に支障がでてしまうのは、本業とのバランスが崩れている状態です。副業の稼働時間やタスク量を管理し、本業とのバランスをとらなければなりません。

本業と副業を両立するためには、副業は小さく始めることが大切です。

まずは副業の生活に慣れるため、数時間以内でこなせるレベルの案件を受注するところから挑戦してみましょう。

DAI
生活に慣れて業務にかかる時間もつかめてきた頃から、徐々に案件数を増やす、レベルの高い案件にトライするなど、ステップアップしていくとよいです。

②休みが取れなくなる

プライベートの時間を使うため、休息の時間が減ってしまうことはデメリットといえます。

仕事(本業・副業)とプライベートのメリハリをつけるために、働く時間には上限を決めましょう。

DAI
空いた時間すべてを副業に充てるのではなく、「平日の週2日、1日3時間」と副業する時間を決めておきましょう。

副業よりも大切なのは本業、そして忘れてはならないのが休養です。

特に副業を始めたばかりの頃は作業時間もかかるので、時間は余裕をもって見積もりましょう。

Android開発の副業案件や単価の目安

ここでは最低勤務日数を確認しながら、Android開発副業の業務内容や単価の相場を見ていきます。

週1勤務の場合のAndroid開発副業案件や単価例

引用:レバテックフリーランス ※2022年9月6日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

サーバーサイドエンジニアとして、サービス開発に関わるという業務です。

Webアプリケーションの設計や開発、倉庫オペレーションの支援ツールの開発などに携わります。

設計から携わるため、ある程度経験を積んでスキルが身に付いている方におすすめです。

フルリモートでの勤務が可能なので、あまり時間の制約はありません

それでも業務内容が広いため、最高で80万円というかなり高単価の案件です。

DAI
週1勤務でも高単価の案件は意外と多いですが、そうした案件には高いスキルが求められます。

週3勤務の場合のAndroid開発副業案件や単価例

引用:レバテックフリーランス ※2022年9月6日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

ReactNative、あるいはAndroidJavaやSwiftを用いたアプリ開発を行う業務です。

アプリ開発以外の業務については明記されておらず、あまり業務の幅は広くないと予想されます。

リモートでの勤務も可能で、週に最低3日の稼働が必要ですが、単価は最高で月75万円という比較的よい案件です。

業務内容を考慮すると、先の案件に比べて応募する敷居が低いともいえるでしょう。

Android開発案件の副業で収入を増やすポイント

Android開発案件の副業で収入を増やすためには、下記3つのポイントが重要です。

  1. 単価が安い案件は控える
  2. 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  3. エージェントを利用する場合はマージン率を確認する
DAI
ここから解説していきます。

①単価が安い案件は控える

単価の安い案件ではなく、単価の高い案件で効率よく働ける案件を探しましょう。

専業のフリーランスと比較すると、副業は業務にかけられる時間が大幅に短いです。

そのため副業では、短時間で効率よく稼ぐことが重要になります。

そのため手当たり次第に応募するのではなく、複数の案件を比較検討してから判断するようにしましょう。

DAI
同じ業務レベルの案件でも、条件によっては単価が2倍近く変わるケースもあります。収入に直結することなので、妥協せずに案件を選ぶようにしましょう。

②複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を見積もってもらいましょう。

自分のスキルや経験に対する客観的な評価を知ることで、自分に合った案件に応募できる可能性が高まります。

エージェントによっても評価は異なるため、自分のスキルを最も高く評価してくれるエージェントを選びましょう。

そうするとより好条件、高単価の案件に巡り合える確率が上がります。

DAI
相性が合うエージェントもあれば、合わないエージェントもあるかもしれません。時間のあるときに、複数のエージェントでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

③エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

収入を増やすために確認するのは、エージェントのマージン率(仲介料)です。

副業エージェントの場合、一般的なマージン率は20%程度となります。

DAI
マージン率が20%ということは、クライアントが100万円の案件を依頼した際、利用者には80万円の報酬が支払われます。マージン率が低いほど利用者の報酬額は上がるしくみです。

できるだけマージン率の低いエージェントを選びたいところですが、ほとんどのエージェントはマージン率を公開していません。

代わりの指標となるのは、直接契約(エージェント以外に仲介企業を挟まない契約形態)かどうかという点です。

直接契約の場合は、エージェントを除いてマージンを引かれない分、利用者に報酬として還元されるようになっています。

DAI
レバテックフリーランスITプロパートナーズは基本的に直接契約で、高単価な案件が多いです。

Android開発の副業を始める際の注意点

Android開発の副業を始める際に注意してほしいのは、以下の4点です。

  1. 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  2. スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  3. 副業可能か会社に確認する
  4. 確定申告が必要か確認する
DAI
順番に見ていきましょう!

①土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

本業と重ならないように、土日・平日の夜に稼働できる案件か否かを確かめましょう。

平日昼間に稼働が求められる案件はフリーランス向きであり、副業向きではないかもしれません。

DAI
単価や業務内容も判断基準の1つですが、稼働時間が合わない案件への応募は避けましょう!

②スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

スケジュール管理を行い、稼働可能な範囲で副業は始めましょう。

収入アップも大切な目標ですが、まずは本業とのバランス感覚を学びましょう。

DAI
副業を始めて時間が経たないうちは、自分のキャパシティを知ることができません。副業の方で無理をすれば、体調を崩して、本業のパフォーマンスが落ちてしまう可能性もあります。

副業に慣れてから、少しずつ稼働日数や稼働時間を調整し、自分に合う条件を見つけていきましょう。

③副業可能か会社に確認する

勤め先が副業を許可しているか否か、就業規則で必ず確認しておきましょう。

副業を認可している企業でも、事前に申告が必要な場合があります。

DAI
副業をすると、住民税などの変化から、本業の企業(勤め先)に伝わるようになっています。そのため、副業禁止の企業で副業するのはやめましょう。

また副業認可の企業であっても、以下のような行為は控えましょう。

  • 本業企業の競合に加担する副業
  • 会社の業務に明らかに支障をきたす副業
  • 風俗や暴力団など社会的信用を損ねる副業
DAI
あくまで第一に優先すべきは本業です。それを忘れずに副業しましょう!

④確定申告が必要か確認する

副業での収入が年間20万円を超えた場合は、自分で確定申告しなければなりません。

DAI
個人で税金の計算を行い、納税する必要があります。

確定申告の負担を減らすためには、以下の準備をしておくとよいでしょう。

  • 生活口座とは分けて、副業専用の口座を用意しておく
  • 副業に関する出費があった場合、経費として申告するために領収書をとっておく
  • 取引を記録するために会計ソフトなどを使用する

確定申告には期限があり、それを超過してしまうと延滞税を徴収される恐れがあります。

毎年事前に準備をしておき、早めの提出を心がけてください。

Android開発の副業についてよくある質問

最後に、Android開発の副業で「よくある質問」を5つ紹介します。

  1. 週何日から副業できる?
  2. リモートワーク可能な案件はある?
  3. Android開発未経験で副業できる?
  4. Android開発で副業するために必要な実務経験やスキルって?
  5. Android開発の副業からフリーランスとして独立するには?
DAI
順番に見ていきましょう。

Q1. 週何日から副業できる?

DAI
A.週1日から稼働可能な案件があります。ITプロパートナーズでは、週1~2日から稼働OKの案件を扱っています。

週1日で稼働できる案件は非常に人気です。早めに応募することが案件獲得のカギとなります。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
A.Android開発のリモートワーク案件はあります。レバテックフリーランスでは、Android(フリーワード)のリモートワーク案件を941件扱っていました。(※2022年9月17日時点)

ただし設計から携わる案件など上流工程を担当する場合など、クライアントとのミーティングが必要なこともあります。

基本的には自宅やコワーキングスペースでの作業が可能です。

Q3. 未経験からAndroid開発の副業はできる?

DAI
A.未経験から副業を始めることは厳しいでしょう。

副業では「Android開発の実務経験(◯年以上)」という条件が記載されています。

そのため、実務経験のまったくない未経験から副業案件を受注することは難しいでしょう。

DAI
これからAndroid開発での副業を始めたい方は、会社に勤めながらAndroid開発の実務経験を積むことをおすすめします!

Q4. Android開発で副業するために必要な実務経験やスキルって?

DAI
A. Android開発の実務経験3年程度です。

会社がコストをかけて社員を教育するのとは異なり、クライアント側は初めからAndroid開発のプロに対して仕事を依頼します。

そのため「自分はAndroid開発のプロとして認識されている」と考えてください。

Android開発にはさまざまな分野があるので、多くの実務経験を積むことで対応できる案件も増えていきます。

Q5. Android開発の副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
A. まずはエージェントに相談し、収入の目安を立てましょう。副業の稼働日数を徐々に増やし、フリーランスへ独立する場合もあります。

副業が本業の収入を超えたときが、フリーランスとしての独立を考える1つのタイミングです。

まとめ

本記事では、Android開発の副業案件を探す基準やおすすめのエージェント、単価目安について解説してきました。

Android開発には、副業に適した案件が豊富にあります。

DAI
案件内容や条件を比較検討し、自分に合った案件を探してみましょう!
Android開発で副業したい方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
週4〜の案件が多い(週3日以内の稼働ができる案件はハイスキル必要)。
Android開発の案件多数!大企業案件・高単価案件を扱っています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートOK・週1日~・土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
リモート案件あり!案件提案から契約後のサポートまで安心のエージェント。
エンジニアスタイル(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【エンジニアスタイル】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です