最終更新日:
アクセス解析で副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第2位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
週3日から可能・上場企業からの高単価案件多数!
女性A
アクセス解析の副業で案件を受注したい!
男性A
アクセス解析の副業の案件はどうやって探せばいいんだろう?

このように悩んだことはありませんか?

DAI
アクセス解析とは、Webサイトのアクセス数やユーザーの動向を分析することです。

本記事では、アクセス解析の副業案件について解説します。

本業をしながら、いきなりアクセス解析の副業で副業を始めようと思っても、うまく両立できない恐れがあります。

アクセス解析の副業で失敗しないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

アクセス解析の副業案件を探す5つの基準

アクセス解析の副業案件を探すときは、下記5つを基準とします。

  1. クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  2. 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  3. 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  4. フルリモート案件があるか
  5. 高単価な案件が多いか

それぞれ解説します。

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

アクセス解析の副業で案件を探す際は、クラウドソーシングか副業エージェントを主に利用します。

DAI
クラウドソーシングも副業エージェントも、登録は無料です。

しかし、下記の理由からエージェントの利用を中心にするのがおすすめです。

  • エージェントのほうが高単価の傾向がある
  • エージェントは自分の代わりに営業活動をしてくれる

クラウドソーシングに比べてエージェントの持つ案件の単価が高いのは、契約形態が関係しています。

クラウドソーシングは請負契約、エージェントは準委任契約を多く抱えています。

報酬額の決まり方は下記の通りです。

  • 請負契約:成果物に対して報酬が支払われる
  • 準委任契約:稼働した時間に対して報酬が支払われる

たとえば、アクセス解析を1万円で請負契約し、10時間かかった場合、時給換算すると1,000円です。

しかし、準委任契約であれば「1時間2,000円」のように、稼働時間に対して報酬が発生します。

この場合、10時間かかったら、2万円を受け取れる計算です。

エージェントは、営業や契約・請求などさまざまな業務を代行してくれるのもメリットの1つです。

自分のスキル・実績・希望する案件を伝えると、エージェントがぴったりな案件を探します。

女性A
自分で案件を探したり営業をしたりする必要がないんですね!
DAI
稼働の報告や請求書の作成も、エージェントが行ってくれることがあります。

業務に集中するためにも、ぜひエージェントを利用しましょう。

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

時間に縛られず、自由な時間に働けるかも、重要なポイントです。

平日の日中のみしか稼働できないアクセス解析の案件だと、会社員はなかなかアクセス解析の副業案件に取り組めません。

DAI
土日にまとめて稼働できる案件や、平日の早朝や夜でも問題ない案件か、チェックしておきましょう。

③週の最低稼働日数が少なくてもよいか

アクセス解析の副業の案件では、最低稼働日数が設けられている案件があります。

DAI
多くの場合、週3日ほどの稼働を求められることが多いです。

なかには週1〜2日の勤務でOKとしている案件もあります。

しかし、週1〜2日からOKの案件は少ないので、希望する場合はエージェントに伝えておきましょう。

DAI
伝えておけば、新着の案件があると教えてもらえますよ!

④フルリモート案件があるか

本業とアクセス解析の副業案件を両立するなら、フルリモート案件なのかも確認しておくのがおすすめです。

DAI
フルリモート案件ならば、本業が終わってから自宅で作業が可能です。

場所に縛られず案件に取りかかれるので、本業との両立がグッと楽になります。

⑤高単価な案件が多いか

案件を探すサイトは、高単価案件の掲載が多いか、確認しましょう。

男性A
大手企業は、資金に余裕があるため、報酬も高いんですね。
DAI
そうですね。逆にスタートアップやベンチャー企業の場合、報酬は低くなってしまいがちです。

使っているサイトは、大企業の案件が多いのかだけでもチェックしておきましょう。

アクセス解析のマーケター向けの副業ができるおすすめエージェントやサイト

稼働日数ごとの案件やリモート案件の豊富さを、サイト別に表にまとめました。

公式サイト 週2案件 週3案件 リモート案件
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/

それぞれのサービスを詳しく紹介します。

①ITプロパートナーズ

画像はITプロパートナーズ公式サイトより引用:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,131件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年8月17日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

②レバテックフリーランス

画像はレバテックフリーランス公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 40,583件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

※2022年8月17日時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年8月17日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは業界最多水準で、公開されている案件だけで40,583件ありました。

※2022年8月17日時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

またレバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」です。

非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため公に公開することはせずに、担当者が直接依頼する形をとるため、非公開の求人が多いです。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかがわかります。今すぐフリーランスになるかどうかわからなくても、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

③テクフリ

画像はテクフリ公式サイトより引用:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件を数多く保有。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

DAI
テクフリはエンジニアに特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 10,780件
マージン率 10%〜
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年8月17日時点・公式サイトより引用/算出

テクフリには、案件の質が高い特徴があります。

案件が高品質である理由として挙げられるのが、以下の3点です。

  • 運営元である株式会社アイデンティティが、複数のIT人材派遣事業をおこなっている
  • ユーザーのスキルとのマッチ度が高い案件を紹介
  • サイバーエージェントをはじめとする多くの上場企業の案件取り扱いあり
DAI
また、テクフリは独自の案件マッチングシステムも持っています。自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

アクセス解析の副業をするために必要な準備

アクセス解析の副業を始めるにあたっては、下記の準備が必要です。

  1. 実務経験・スキルを棚卸ししておく
  2. 副業案件を探すためのサイトに登録しておく

順番に解説します。

①実務経験・スキルを棚卸ししておく

まずは、アクセス解析の実務経験やスキルを棚卸ししておきましょう。

副業エージェントでもクラウドソーシングでも、プロフィールや応募コメントに実務経験・スキルの記載が必要だからです。

実務経験やスキルを明確に記載している人であれば、クライアントは仕事を依頼しやすいです。

記載がないと、クライアントは実務経験やスキルを把握できず、採用をためらってしまいます。

DAI
ポートフォリオを用意しておくと、すぐに自分の実績が示せるのでおすすめですよ。

②副業案件を探すためのサイトに登録しておく

すぐに案件を探す必要がなくても、クラウドソーシングや副業エージェントへの登録を済ませておきましょう。

副業エージェントは、クラウドソーシングよりも高単価の案件を多く所有しているのでおすすめです。

条件のいい案件は、すぐに埋まってしまいます。

希望に沿った案件を逃さないよう、早めに登録しておいて、すぐ案件に取り組めるよう体制を調えておきましょう。

アクセス解析の副業案件にはどんなものがある?

アクセス解析の副業案件の例として、下記があります。

アクセス解析のレクチャー Google Analyticsの見方や設定方法を教える。
分析代行 Google Analyticsのような分析ツールを活用して、Webサイトへの流入経路・アクセス数・売上などを調べる。
SNSの効果測定 SNS投稿のインプレッション数やエンゲージメント率などを見て、分析を行う。

それぞれの案件について、解説します。

アクセス解析のレクチャー

引用:ランサーズ ※2022年8月14日時点の案件です。現在は募集を終了している場合があります。

企業や個人に対して、どのようにアクセス解析を行うのかをレクチャーします。

クライアントの自社内にアクセス解析の知見がない場合に、募集されています。

DAI
Google Analyticsやヒートマップの見方を教えることがメインです。

分析代行

引用:クラウドワークス ※2022年8月14日時点の案件です。現在は募集を終了している場合があります。

Webサイトのアクセス解析を支援する案件です。

アクセス解析したうえで、結果をレポートにまとめたりコンサルしたりすることもあります。

DAI
ボタンやCTAの設置、SEO対策のアドバイスを行います。

報酬は上記画像のように時間単価制のケースが多いです。

SNSの効果測定

引用:クラウドワークス ※2022年8月14日時点の案件です。現在は募集を終了している場合があります。

Twitter・InstagramなどのSNS運用や、YouTubeの効果測定をする仕事です。

DAI
複数のデータを参照して分析を求められることもあります。

アクセス解析の副業案件を行うメリットは?

アクセス解析の副業案件には、下記3つのメリットがあります。

  1. 収入が増える
  2. スキルアップにつながる
  3. 人脈を広げることができる

順番に解説します。

①収入が増える

副業に加えて、アクセス解析の副業での報酬が得られます。

女性A
本業にプラスして収入が欲しい!

このように思っている人でも、空いた時間を利用して案件をこなせば収入を得られます。

DAI
会社の給料を数万円アップさせるのは大変ですが、副業で数万円を得ることはそう難しくありません。

近年はビジネス用チャットやメール、オンライン会議などで、空き時間でリモートワークしやすい環境が整っています。

DAI
この機会に、アクセス解析で副業を始めてみましょう!

②スキルアップにつながる

副業でアクセス解析を受注すると、スキルアップにもつながります。

会社員であれば、自分で参画するプロジェクトを選べませんが、副業の場合は仕事を引き受けるかどうかを自分で決めることが可能です。

DAI
スキルアップにつながりそうな案件に、自ら挑戦することもできます。

やったことはないけど頑張ればできそうな案件に挑戦して、積極的にスキルアップを図ってみましょう。

アクセス解析から手を広げてWebマーケターとしてのスキルを得られれば、本業でのキャリアアップや転職にも活かせます。

③人脈を広げることができる

クライアントとのつながりをつくれるのも、アクセス解析の副業を行うメリットです。

副業でクライアントとのつながりが生まれ、会社以外の人脈がつくれます

最新の技術情報や市場動向などの情報や、転職や副業探しに役立つ情報が得られる機会も増えます。

クライアントの期待に応えられれば、1回だけでなく何回も継続して受注することも可能です。

DAI
場合によっては、他のクライアントを紹介してもらえる可能性もあります。

相性の合うクライアントを見つけるためにも、複数のクライアントの案件をこなしてみるのがおすすめです。

アクセス解析の副業をするデメリットって?

アクセス解析の副業をする際のデメリットは下記の2つが挙げられます。

  1. 本業との兼ね合いが難しくなる
  2. 休みが取れなくなる

それぞれ解説します。

①本業との兼ね合いが難しくなる

本業で残業や休日出勤があると、アクセス解析の副業案件を受けにくくなります。

逆に、副業案件の納期が近いと、忙しくても本業を早めに切り上げなくてはなりません。

本業と副業のバランスを保つのが難しい点は、デメリットの一つです。

DAI
最悪の場合、本業と副業のどちらも中途半端になる恐れがあります。

余裕を持ってスケジュールを設定しましょう。

②休みが取れなくなる

本業も副業もしていると、休みが取れなくなる恐れがあります。

本業が忙しかったり、副業で納期がせまっていたりすると、休日返上で案件に取り組まなくてはなりません。

請負契約だと納期によっては休日がなくなることもありますが、準委任契約だと基本的にシフト通りなので、急に休みがなくなるという心配も減らせます。

DAI
準委任契約の案件を多く取り扱っている、エージェントの利用がおすすめです。

アクセス解析の副業案件や単価の目安

週2勤務と週3勤務の場合の、副業案件の内容や単価を紹介します。

「週2勤務」の場合のアクセス解析の副業案件や単価例

引用:indeed ※2022年8月14日時点の案件です。現在は募集を終了している場合があります。

週2勤務の場合、時給1,800円の求人がありました。

案件や条件によって単価は大きく異なります。

さらに稼ぎたい人は、稼働日数を増やすことや、高単価案件も狙ってみましょう。

「週3勤務」の場合のアクセス解析の副業案件や単価例

引用:indeed ※2022年8月14日時点の案件です。現在は募集を終了している場合があります。

週3勤務の場合、時給3,500円の案件がありました。

週3勤務となれば、週2の場合と比べて稼働できる日数が多い分、案件の選択肢も広がります。

スキルアップも週2の場合と比べれば早いので、さらに高単価な案件を受注することも可能です。

アクセス解析の案件の副業で収入を増やすポイント

アクセス解析の副業案件の副業で収入を増やすには、下記の3つがポイントです。

  1. 単価が安い案件は控える
  2. 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  3. エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

順番に見ていきましょう。

①単価が安い案件は控える

1つ目のポイントは、単価が安い案件は受けないようにすることです。

単価が安い案件を数多く引き受けても、なかなか稼げません。

どれだけ時間をかけても収入がアップしないので、モチベーションの低下にもつながります。

副業でやる気がなくなってしまうと、最悪の場合アクセス解析の副業を辞めざるを得なくなってしまうことも考えられます。

DAI
自分が納得できる報酬の案件のみ受けましょう。

②複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

複数のエージェントに登録すると、さまざまな視点から自分のスキルを評価してもらえます。

DAI
あるサイトでは希望する案件がなくても、別のサイトで好条件の仕事を獲得できるかもしれません。

1つのサイトだけでなく複数のサイトを利用して、自分のスキルはどれだけの市場価値があるのかを把握しておきましょう。

③エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

エージェントを利用すると、マージン(仲介手数料)が引かれます。

男性A
マージンはエージェントによって異なるんですね。
DAI
マージン率を公開しているエージェントと非公開のエージェントがありますよ。

複数のエージェントに登録して同じ案件を見比べると、報酬に差が発生していることがあります。

その場合、マージン率が原因になっていることがあります。

案件を受ける前に、同じ条件の案件が複数のエージェントに掲載されていないか、確認してみるのもおすすめです。

DAI
案件の概要を見ても、報酬だけに差がある場合、報酬が高いほうで受けましょう。

直請案件は、エージェント以外に仲介業者を挟まないので単価が高い傾向にあります。

DAI
レバテックフリーランスは直請案件の取り扱いが多く、単価が高めなのでおすすめです!

アクセス解析で副業を始める際の注意点

アクセス解析で副業を始めるには、下記の4点に注意しましょう。

  1. 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  2. スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  3. 副業可能か会社に確認する
  4. 確定申告が必要か確認する

注意点をそれぞれ解説します。

①土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

土日や平日夜に稼働できる案件なのか、確かめましょう。

稼働が平日日中に限られていると、本業とのかけ持ちは非常に厳しくなります。

会社員であれば特に、本業が休みの土日・終業後の平日夜に対応できるかは、確認しておきたい点です。

DAI
稼働時間に融通がきく案件を選ぶと、本業と両立しやすいですよ。

②スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

スケジュール管理にも注意が必要です。

最初から副業に注力しすぎると、無理をしてしまい、体調を崩す恐れがあります。

多くの案件を抱えすぎたり、自分にとってレベルが高すぎる案件を受けたりすると、徹夜での作業や質の低い成果物になりかねません。

DAI
本業のスケジュールとの兼ね合いも考えて、無理のない範囲で案件を受けましょう。

最初のうちは、本業と両立できるよう副業を小さく始めて、後からレベルアップを図るのがおすすめです。

③副業可能か会社に確認する

アクセス解析の副業を始める前に、そもそも会社で副業が許可されているか、確認してみましょう。

2018年に副業解禁となったものの、副業を禁止している企業はいまだに存在します。

DAI
副業がバレてしまった場合、会社によってはペナルティを科される可能性があります。

服務規程を見て、副業は認められているのか、副業をする場合の条件は何かを確認してみましょう。

DAI
副業をする場合の条件としては、本業の競合他社ではないこと、本業中に副業をしないことが挙げられます。

④確定申告が必要か確認する

確定申告は原則、副業の所得が20万円を超えると必要です。

DAI
経費を差し引いて20万円を超えない場合は確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要です。

確定申告を忘れた場合や、申告の期限に遅れた場合は、延滞税が取られます。

確定申告の時期になって慌てないためにも、経費や収入が発生したらこまめに記録しておきましょう。

アクセス解析の副業についてよくある質問

アクセス解析の副業を行うにあたって、よくある5つの質問を紹介します。

  1. 週何日から副業できる?
  2. リモートワーク可能な案件はある?
  3. アクセス解析の副業未経験で副業できる?
  4. アクセス解析の副業で副業するために必要な実務経験やスキルって?
  5. アクセス解析の副業からフリーランスとして独立するには?

それぞれ回答します。

Q1. 週何日から副業できる?

案件によって異なりますが、週2日からアクセス解析の副業はできます。

ただし、週3~4日の案件と比べると、週2日以内で稼働できる案件は少数です。

週2日の案件を見つけたら、できるだけ早めに応募しましょう。

DAI
エージェントを利用する場合は、週2日案件を希望すると伝えておけば、案件が公開されたときに教えてくれます。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

アクセス解析の副業では、リモートワークが可能な案件もあります。

案件を探す際「リモートワークOK」を条件に指定して検索してみましょう。

案件の検索条件を保存しておくと、後で検索するときに便利です。

DAI
リモートワークOKであれば、自宅で仕事ができます。

本業で出社している人でも案件を受けやすいので、可能な限りリモートワークでできる案件がおすすめです。

クライアントのホームページやSNSのデータを見る関係上、カフェのような一目に触れやすい場所での作業はおすすめできません。

Q3.アクセス解析未経験で副業できる?

いきなり案件を受注することは困難です。ただ、勉強すれば未経験からでも、アクセス解析の副業を始めることは可能です。

アクセス解析を勉強できる講座の受講や、アクセス解析を業務として行っている企業への転職後、副業を始めることをおすすめします。

Q4.アクセス解析で副業するために必要な実務経験やスキルって?

特定の資格は不要ですが、アクセス解析で副業する際に必要なのは、下記のスキルです。

  • Webマーケティングスキル
  • データ分析に関する知識
  • Webサイトに関する知識

SEOをはじめとしたWebマーケティングや集客のスキルはもちろん、データの分析や統計・Webサイト制作に関する知識が欠かせません。

Webサイトの知識に関しては、クライアントがエンジニアやWebデザイナーを抱えていれば、不要です。

しかし、アクセス解析後にエンジニアやWebデザイナーに指示を出す場合に、知識があると指示内容を理解してもらいやすいです。

DAI
コンサルもする場合、クライアントの事業分野や職種・課題解決のための知見・改善のための提案力も必要です。

Q5.アクセス解析の副業からフリーランスとして独立するには?

まずはアクセス解析の実務経験を積み、スキルを取得します。

独立するには、より実践的な経験を積んでおきましょう。

アクセス解析を業務で行っている企業に、会社員として就職するのがおすすめです。

DAI
ディレクターとして活躍できれば、独立後に実績としてアピールできますよ。

会社員ならば分からないことがあったときに、先輩や上司に質問できます。

フリーランスでは獲得できないような大型の案件に参画できる可能性がある点も魅力です。

まとめ

今回はアクセス解析の副業について解説しました。

副業案件を探す際は、自分なりの基準を設けてから探しましょう。

少ない日数で稼働できたり、単価が高い案件を受注したりすることで、本業と両立しながら効率よく稼ぐことができます。

自分に合う案件を獲得するためにも、積極的にエージェントを利用しましょう。

DAI
この記事がアクセス解析副業の参考になれば幸いです。
アクセス解析で副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第2位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
週3日から可能・上場企業からの高単価案件多数!
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件を数多く保有。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント