最終更新日:
Swiftの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

Swiftの業務委託案件を探していて、以下のような悩みを感じたことはありませんか?

男性A
Swiftの業務委託案件を効率よく探すには、どうすればいいんだろう?
女性A
高単価な案件や、フレキシブルに稼働できる案件を探したい!

結論から言えば、Swiftの業務委託案件を探すには複数の案件サイトに登録して探すのがおすすめです。

案件サイトには、案件の種類が豊富、福利厚生が充実しているといったさまざまな強みがあります。

複数の案件サイトに登録してそれぞれの長所を活かしつつ、自分の希望に合う案件を探すのが効率的です。

今回は、Swiftの業務委託案件を探す人におすすめのサイトを紹介していきます。

DAI
契約締結の流れや必要な確認事項についても解説しているので、業務委託契約を結んで仕事をしたい人は必見です!

Swiftの業務委託案件を探す基準

Swiftの業務委託案件を探す際は、以下のポイントを意識して選びましょう。

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • フルリモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が多いか

DAI
ここからは、上記3つのポイントについて詳しく解説します。

自分のスキルに合った案件が多いか

業務委託案件を探す際は、Swiftのスキルや実務経験と掲載案件の内容を照らし合わせながら選ぶことが重要だと言えます。

なぜなら仕事内容や必要なスキル・経験は、業務委託案件の求人サイトによって異なるからです。

たとえば、iOS・Androidアプリの開発などのエンジニア向け案件が多かったり、Web・ゲーム業界のクリエイター向けのサービスだったりと、各サイトに特徴があります。

自分に合ったサイトでSwiftの業務委託案件を探せば、多種多様な業界や高単価の案件と巡り合える可能性が高まります。

DAI
そのため、まずは自分のスキルや実務経験を棚卸し、案件を探すことをおすすめします。

具体的には、以下のポイントを押さえましょう。

  • Swift以外にどのようなスキルがあるのか(Kotlin・JavaScript・React.js・Objective-C・Ruby・PHPといった言語の技術や知識、UX・UIデザインなど)
  • どのような実務経験があるのか(iOSアプリ開発におけるリリース・運用までのプロジェクト企画経験、AWS環境の設計・構築、業務でのGitHub利用・連携など)

Swiftだけでなく他のプログラミング言語でコンテンツを実装できたり、プロジェクトの企画担当といった実務経験があれば、高単価な案件を獲得しやすくなります。

DAI
現状のスキルや実務経験を把握しておけば、業務委託案件を探すサイトや自分のスキルが必要な高単価な仕事を見極めやすくなるのです。

フルリモート可能な案件があるか

Swiftの業務委託案件をフルリモートで進めることができれば、通勤時間を削減できます。

会社員として働く方は、本業の合間を縫って仕事を案件を進める必要があります。

フリーランスで案件を探している場合でも、他の契約先との案件との兼ね合いを考慮しながら仕事を選ばなければなりません。

一方、フルリモート可能なSwift案件であれば、自宅やカフェなど自分の好きな場所で働けます。

DAI
また通勤時間を削減することで、趣味や自分の勉強などの時間を確保できることも魅力です。

そのため、通勤にかかる負担軽減やプライベートの時間も必要な方は、フルリモートの業務委託案件が多いサイトに登録しましょう。

ただしリモート案件は人気であることから、早めの応募が必須と言えます。

DAI
複数のサイトに登録し通知設定をしておくことで、募集が終了する前に新着案件に応募できる可能性が高まります!

高単価な案件が多いか

Swiftの業務委託案件が高単価であれば、効率よく収入を得ることが可能です。

単価が高い案件を継続的に受注することで、会社員やフリーランスは収入がより安定するからです。

報酬が高いほどスキルや経験を求められますが、真摯に取り組めば単価アップや大型案件の獲得につながります。

仕事の難易度が高くても、単価が高い分費用対効果も高いので、モチベーション向上が期待できるでしょう。

DAI
Swiftの業務委託案件を探す際は、「高単価な仕事」を探すことをおすすめします。

Swiftの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

ここではSwiftの業務委託案件を探せるおすすめサイト4つをご紹介します。

DAI
高単価なSwift案件が多く、「リモートOK」や充実したサポートを受けられるサイトを厳選しました!

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、良質なSwift案件を受注したい人におすすめのエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 2,481件
マージン率 非公開
特徴 ・直接契約による高単価案件
・キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2〜3日案件、リモート案件多数

※2022年10月4日時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、直接契約により仲介手数料が低く、業界最高水準の案件単価を誇ります。

Swiftなどのエンジニア向けの業務委託案件が多数掲載されているので、多種多様な職種の方と一緒に仕事できる可能性が高いです。

また、高単価な案件紹介や現場での悩み、請求書作成や契約といった事務作業代行など、キャリアコンサルタントから手厚いサポートを受けられます。

DAI
Swiftで高単価案件を受注したい人は、レバテックフリーランスの活用を検討してみましょう!
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズは、ベンチャー企業やスタートアップでリモートワークしたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,291件(募集終了案件も含む)
特徴 ・直接契約による高単価案件
・スタートアップ・ベンチャー企業など、新しいトレンド取り入れた会社が多い
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年10月4日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズは、Swiftを用いたアプリケーション開発などのエンジニア向けの業務委託案件が豊富です。

企業との直接契約により仲介手数料が削減されるため、募集されている案件は高単価な傾向にあります。

また、スタートアップやベンチャー企業が求人している場合が多く、新しいトレンドを取り入れた新規事業に参画できる可能性もあるでしょう。

DAI
メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズのSwift案件で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

HiPro Tech

公式:https://tech.hipro-job.jp/

DAI
HiPro Techは、週3日から・リモートで働きたいエンジニア必見のIT・テクノロジー領域に特化したエージェントです。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 524件
特徴 ・ITやテクノロジー領域に特化
・直接契約による高単価案件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働・リモート案件多数

※2022年10月4日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、IT・テクノロジー領域に特化したエージェントで、Swiftでのモバイルアプリ開発・追加機能開発などの業務委託案件を紹介してくれます。

中間マージンをなくす紹介型サービスであるため、高単価で中長期的な報酬増加を実現しやすいです。

また、「フリーランスITエンジニアが当たり前に挑戦できる社会へ」を目指しており自分のライフスタイルや希望する働き方にマッチした案件を見つけられます。

DAI
Swiftに関する理想の案件をお探しの方、案件のミスマッチを避けたい方にもおすすめのエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京は、様々なエージェントの案件を抜粋しており、Swiftの仕事を探せるサイトです。
運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 178,747件
特徴 ・数あるエージェントのなかでもトップクラスの案件数
・職種別・言語別・フレームワーク別で分類された平均単価を閲覧できる
・直接契約による高単価案件
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年10月4日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://engineer-style.jp

エンジニアスタイル東京は、各優良エージェントが紹介する17万件以上の案件を掲載しています。

サイトでSwiftの案件を探せば、自分のスキルや経験とマッチした案件が見つかるはずです。

フリーランスだけでなく、エンジニアの副業や転職を検討している方も登録すべきサイトだと言えるでしょう。

DAI
また、Swift案件の面談から稼働後まできちんとサポートしてもらい、福利厚生も充実しています。まずは無料で会員登録してみましょう!
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

Swiftの業務委託案件例と単価相場は?

この章では、Swiftの業務委託案件の具体的な例と単価相場を解説します。

Swiftの案件例

実際に掲載されている下記の既存の案件例を紹介します。

  • スマホアプリ開発
  • アプリ開発・運用のPM
  • 新人研修のIT講師
DAI
気になる案件があればエージェントに登録の上、詳細を確認してみましょう!

スマホアプリ開発

引用:レバテックフリーランス

※2022年10月4日時点の案件情報です。現在は募集を終了している場合があります。

SwiftとObjective-C言語を用いたiOSのネイティブアプリの開発で、フルリモートで働くことが可能です。

具体的には、必要な開発工程やアプリに必要な機能をまとめるための要件定義の提案から、システムの実装・テストまでの業務を担当します。

DAI
上記のように、スマホアプリの開発の業務委託案件は、週3日稼働・フルリモートで月に80万円程度の収入を得られるでしょう。

アプリ開発・運用のPM

引用:ITプロパートナーズ

※2022年10月4日時点の案件情報です。現在は募集を終了している場合があります。

外食チェーン店向けのアプリ開発におけるPM(プロジェクトマネージャ―)を募集している案件です。

Swift/Objective-CやKotlin/Javaなどを用いたiOS・Android向けのネイティブアプリの開発経験だけでなく、開発チームをまとめ上げるマネジメント能力が求められます。

DAI
上記のように、アプリ開発・運用のPMの業務委託案件であれば、週2日稼働で40万円程度の収入を得られるでしょう。

新人研修のIT講師

引用:レバテックフリーランス

※2022年10月4日時点の案件情報です。現在は募集を終了している場合があります。

新卒の新人研修で、Swiftを用いたアプリ開発のIT講師を担当する業務委託案件です。

人に教える仕事であるため、エンジニアとしての豊富な実務経験が求められます。

具体的には、SwiftモバイルアプリにおけるAIの実装、Xcodeなどのソフトウェアやフレームワークの利用、開発責任者としての経験などがあげられます。

DAI
上記のようなSwiftのIT講師であれば、フルリモート作業で月に40万円ほどの収入を得られるでしょう。

Swiftの単価相場

Swift案件の単価相場は70〜80万円程度です。

他の言語と比較したい方は、以下の表をご参照ください。

平均単価
Python 77万円
Ruby 80万円
PHP 72万円
JavaScript 72万円
Swift 79万円
Kotlin 81万円
Go 82万円
COBOL 60万円
HTML 69万円

引用:レバテックフリーランス(2022年12月4日時点の情報です)

業務委託契約の主な種類

業務委託契約には、以下の3種類があります。

  • 準委任契約
  • 請負契約
  • 委任契約

そもそも業務委託契約とは、企業が業務の一部をほかの企業もしくは個人に委託する際に締結する契約のことです。

契約先の企業と対等な関係でいるためにも、業務の報酬や納期、具体的な内容などの条件について契約先と話し合い、契約する必要があります。

エージェントに登録すれば、契約業務をサポートしてくれるサービスを利用でき、Swiftの案件業務に集中しやすいです。

DAI
業務委託案件を探している方は、ぜひ上記で解説したエージェントに登録してみてください。

ここからは、上記3つの業務委託契約について詳しく解説します。

準委任契約

準委任契約とは、特定の業務を遂行するために締結される契約のことです。

1か月や3か月といった期間で契約するため、成果物が完成しなくとも報酬を受け取れます。

DAI
準委任契約のメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット

準委任契約は成果報酬型ではなく、働いた期間で報酬を得られるため、収入が安定しやすいです。

Swiftの業務委託案件の契約に沿い、稼働時間を確保して仕事を進めれば、期間ごとに報酬が支払われます。

DAI
毎月安定した収入が確保できるといった点は、準委任契約のメリットだと言えるでしょう。

デメリット

準委任契約では稼働時間が設定されているため、時間の自由度が低いです。

業務委託案件によって拘束時間が発生するため、自由な時間帯で働けない分窮屈に感じることがあるでしょう。

DAI
また、Swiftのアプリ開発が契約期間中に達成できなければ、途中で契約が切れる可能性もあるので注意が必要です。

請負契約

請負契約とは、業務が完了することで報酬が支払われる契約のことです。

具体的な請負契約のメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット

請負契約は、働く時間や場所の融通が効きやすい場合が多いです。

「Swiftの業務委託案件で成果物を完成させると報酬を支払う」という条件で契約するため、自分でスケジュール管理して業務を進めます。

DAI
休日や稼働時間を自由に決められる点は、請負契約の大きなメリットだと言えます。

デメリット

請負契約の業務委託案件でクライアントが求めるクオリティーに達していない場合、報酬が減額されるリスクがあります。

成果物がクライアントの基準をほとんど満たしていない場合などでは、報酬を一切受け取れない可能性もあるでしょう。

DAI
そのため、クライアントとの認識に相違が生じないように、請負契約を行う際はSwiftでの業務における要件や基準について入念に話し合うことが大切です。

委任契約

委任契約とは、準委任契約と同様に特定の業務を遂行するための契約のことです。

準委任契約との最大の違いは、業務内容が法律行為であるか否かという点です。

具体的には、弁護士を代理人として雇ったり、税理士に税務を委任する契約があげられます。

Swiftの業務委託で働くメリット

Swiftの業務委託で働くメリットについてご紹介します。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される

DAI
ここからは、上記4つのメリットについて具体的に解説します。

自分の好きな仕事に集中できる

Swiftの業務委託では、自分の好きな業務に絞って案件を選べます。

会社員として働く場合、会社から与えられた仕事をこなすケースが多く、自分で仕事を選べないといったデメリットがあります。

雑務や苦手な業務を担当することもあるため、ストレスがたまると感じる方も多いでしょう。

一方で業務委託は、自分の得意な分野の業務を比較的自由に選ぶことが可能です。

DAI
興味のある業界の仕事にも関わりやすいので、仕事へのやりがいを見出したり、スキルアップにつながったりと、さまざまな効果が期待できます。

努力次第で収入アップが可能

Swiftの業務委託案件でクライアントの事業に貢献できれば、報酬が高くなる可能性があります。

会社員はプロジェクトで活躍したとしても、固定給として給与が決められているため、自分の成果が直接反映されにくいことが多いです。

一方で業務委託として働き、クライアントから高評価を得られれば、報酬がアップする可能性があります。

また、業務委託案件でスキル向上や経験を積むことができれば、今後より高単価な案件を受けられることもあります。

DAI
実際にSwiftの業務委託案件で働くことで、年収がアップした人も珍しくありません!

自分で業務時間を決められる

一般的に、会社員は会社の就業規則に定められた時間帯に働かなければなりません。

一方で業務委託は自由度が高いため、自分で働く時間や場所を決められます。

稼働時間を指定されやすい準委任契約で仕事を受注したとしても、会社員と比べると柔軟に働くことが可能です。

DAI
自分でスケジュール管理を徹底すれば、Swiftの業務委託案件をこなしながら、プライベートも充実させられるでしょう。

人間関係のストレスから解放される

業務委託は、契約によってクライアントと対等な立場で仕事ができます。

会社員として働く場合、職場での人間関係に悩みを抱えたり、取引相手に気を遣ったりと、人との関わりが原因でストレスを抱える可能性が高いです。

一方で業務委託は、クライアントの相性が悪ければ、自ら契約を終了することも可能です。

DAI
フルリモートで働くこともできるので、最小限のコミュニケーションでSwiftの業務に集中できます。

Swiftの業務委託で働くデメリット

Swiftの業務委託で働くデメリットについてご紹介します。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任

DAI
ここからは、上記3つのデメリットについて具体的に解説します。

労働基準法が適用されなくなる

業務委託は、労働基準法が適用されません。

案件内容によっては時間と労力の対価と報酬が釣り合わなかったとしても、不当な労働を主張しても守ってくれないのです。

そのため、Swiftの案件で業務委託契約を交わす際は、稼働時間や業務内容を確認する必要があります。

DAI
具体的には、業務の作業工数を見積り時間給に置き換えるなどしてチェックしましょう。

福利厚生が受けられない

業務委託は会社の正社員ではないため、雇用保険や労災保険といった福利厚生を受けられません。

事故で怪我をしたり病気で働けなくなったりした場合に備えて、フリーランス専用の保険に加入することをおすすめします。

DAI
また、Swiftの業務委託案件があるレバテックフリーランスITプロパートナーズなどサービスでは、福利厚生を受けられることもあるのでチェックしておきましょう。

仕事のトラブルはすべて自己責任

企業のエンジニアとして働く会社員は、Swiftでのアプリ開発やプロジェクト進行でミスをしても、上司や会社がカバーするのが一般的です。

一方で業務委託契約では、仕事で自分が起こしたミスやトラブルでの損害は、自己責任となります。

DAI
場合によっては、契約が強制終了となったり損害賠償を請求されることもあるので注意しましょう。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託契約に必要な契約書についてご紹介します。

  • 業務委託契約書が必要な理由
  • 業務委託契約で起きやすいトラブルとは?
  • 秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

取引先の企業と対等な関係でSwiftの業務を進めるためにも、業務委託契約書の取り交わし、内容を入念に確認する必要があります。

DAI
ここからは、上記3つの点について詳しく解説します。

業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が必要な理由は、主に以下の2つです。

  • 契約内容に双方に意思の合致があった証拠として使うため
  • 案件の報酬などに関するトラブル発生を防ぐため

Swiftの案件を受注する際に業務委託契約書は、報酬が支払われなかったり業務内容が異なったりした場合、証拠として効力を発揮します。

DAI
双方の意思が合致した証拠として書面に残るため、トラブル自体の発生を防止できるのです

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託契約で発生しやすいトラブルとして、以下の例があげられます。

  • クライアントの修正が多いにも関らず、報酬が変わらず労働の対価として見合わない。
  • 当初の担当業務とは別の業務を求められ遂行したのに、追加報酬がない。

業務委託案件では、修正依頼が多かったり別の業務をこなしたりしても、追加報酬が支払われないケースがあります。

DAI
上記のようなトラブルを避けるためにも、双方が納得する契約内容を結び、書面に起こすことが重要なのです。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

秘密保持契約とは、契約時や業務で知り得た企業の機密情報や個人情報を無断で第三者に開示しないための契約のことです。

Swiftの仕事に関らず、業務委託案件によっては秘密保持契約書を取り交わすこともあります。

DAI
秘密保持契約に違反した場合、違約金の支払いや損害賠償の請求を受ける可能性があるので注意しましょう。

業務委託契約締結の主な流れ

業務委託契約締結までの流れについてご紹介します。

  • ①契約内容の詳細について話し合う
  • ②業務委託契約書を作成する
  • ③契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  • ④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

DAI
ここからは、上記4つの点について詳しく解説します。

①契約内容の詳細について話し合う

業務委託における契約内容の詳細として、以下の具体例があげられます。

  • 報酬額
  • 契約期間
  • 業務範囲(稼働時間やアプリ開発のPMで担当する範囲など)

Swiftの業務委託契約時は、クライアントの希望に沿うだけでなく、報酬額などに関する自分の意思を伝えることも重要です。

②業務委託契約書を作成する

クライアントとの話し合いをもとに、Swiftの業務委託契約書を作成します。

業務委託契約書や秘密保持契約書などは、委託先が作成することが一般的です。

③契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う

クライアントが作成したSwiftの業務委託契約書を確認しましょう。

話し合いで決めた報酬額や契約期間、業務の範囲などが記載されているのかチェックします。

契約書は双方の意思が合致しているという証拠となるため、入念な見直しが必要です。

DAI
クライアントとのトラブルを未然に防ぐためにも、疑問点があれば相手と相談して解消しておきましょう。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

契約内容と異なる箇所や疑問点や不安点がなければ、業務委託契約書を取り交わして締結します。

近年では、クラウド上で行う電子契約も多く会員登録が必要な場合もあるので念頭に置いておきましょう。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

業務委託契約の締結前に確認すべき条件についてご紹介します。

  1. 契約形態は何か
  2. 業務内容は何か
  3. 報酬についての記載はあるか
  4. 報酬以外に経費の支払いはあるか
  5. 稼働時間はどのくらいか
  6. 稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか
  7. 報酬の支払日はいつか
  8. 契約期間、更新の有無について
  9. 損害賠償の記載はあるか
  10. 不利な内容は記載されていないか

各サイトのSwiftの業務委託案件の情報に載っていなくとも、必ず確認しておきましょう。

DAI
ここからは、上記10項目について詳しく解説します。

契約形態は何か

基本的に業務委託契約は、準委任契約と請負契約によって締結します。

Swiftの案件を探す際は、2種類の契約におけるメリット・デメリットを確認しておきましょう。

DAI
収入の安定や時間の自由度など、自分が重視したいポイントとマッチするかを判断することが大切です。

業務内容は何か

案件によっては時間と労力に見合わない場合があるため、契約締結前に業務内容を確認しておきましょう。

具体的なチェックポイントは、「アプリ開発で扱う言語はSwiftのみか」「PMでは設計書を作成する必要があるか」などがあげられます。

DAI
業務委託でのトラブルを避けるためにも、あらかじめ業務内容を確認しておきましょう。

報酬についての記載はあるか

Swiftの業務委託案件を募集する企業によって、報酬の計算方法や支払い方法が異なります。

具体的なチェックポイントは、報酬の計算方法が「時間単価」や「プロジェクト単位」などの記載があるかです。

DAI
準委任契約・請負契約によって計算方法が異なるため、あらかじめクライアントに確認しておきましょう。

報酬以外に経費の支払いはあるか

報酬以外にも、業務に必要な経費を支払ってくれるのかを確認しましょう。

Swiftでの開発で利用する有料ツール、電気代、業務に必要なPC回線や消耗品など、業務を進めるために費用がかかる可能性があります。

DAI
業務に必要なコストを申請できれば、結果的に経費として出費を抑えられます。

稼働時間はどのくらいか

Swiftの業務委託案件の稼働時間がどのくらいか確認しておきましょう。

案件によって稼働時間の記載が異なります。

たとえば、「最低稼働日数2日」や「稼働時間:100〜120時間」などと記載されています。

DAI
稼働時間が曖昧に設定されている場合、想定以上の労働時間となる可能性があるので明確にしておきましょう。

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

Swiftなどの業務委託を受ける際は、契約前に精算幅が設定されているかチェックしましょう。

精算幅とは、単価に対して基準時間を設け上限・下限時間を定めたものです。

たとえば、時間制の業務委託案件では「100時間を基準の稼働時間とし、90〜110時間の精算幅で報酬○万円」といったケースがあげられます。

稼働時間が90時間を下回ると報酬が減額されたり、110時間を超えると報酬が加算されたりします。

DAI
精算幅が不明確であれば、報酬に関してトラブルが発生することもあるので注意しましょう。

報酬の支払日はいつか

業務委託案件を受注する際は、報酬の支払日がいつなのかチェックしましょう。

基本的に報酬の支払いは翌月払いですが、支払日はクライアントによって異なります。

DAI
特に請負契約の業務委託案件では、Swiftの成果物を納品したとしても、内容の確認が終了するまで報酬が支払われない場合もあるので注意が必要です。

契約期間、更新の有無について

業務委託契約を締結する際は、契約期間と更新の有無を確認しておきましょう。

基本的に、Swiftでの成果物の納品が完了しない限り契約が更新されます。

一方でクライアントとの契約内容によっては、契約期間を更新するために一定の成果や条件を満たさなければなりません。

DAI
契約更新の条件を知らずに契約が終了してしまうと、次のSwift案件を探すまで収入を得られない期間が発生するので注意しましょう。

損害賠償の記載はあるか

クライアントとの業務委託契約書には、損害賠償について記載されていることが多いです。

システムやアプリの開発において、機密情報の漏洩や著作権侵害、秘密保持契約の違反などを犯した場合数百万〜数千万円の損害賠償請求を受けるリスクがあります。

DAI
そのため、契約締結前にどのような行為が損害にあたるのかを必ず確認しておきましょう。

不利な内容は記載されていないか

契約書には、「報酬の振込手数料は委託先の負担」「トラブル発生時はワーカーが損害賠償責任を負う」といったワーカーに不利な内容が記載されている可能性があります。

クライアントと取り交わす契約書の詳細確認を怠ると、トラブルが発生した際に大きな負担がかかるかもしれません。

DAI
そのため、契約書の詳細は入念にチェックし、万が一不利な内容が掲載されていた場合は、クライアントに修正を依頼しましょう。

まとめ

本記事では、Swiftにおすすめの案件サイトと、業務委託契約を結ぶ流れ・注意事項ついて解説しました。

DAI
自分に合う案件を探すため、複数のサービスに登録して併用しましょう。

Swiftの業務委託案件を受注してさらに活躍の幅を広げたい人は、ぜひこの記事を参考にして取り組んでみてください。

Swiftの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です