最終更新日:
Next.jsの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2~3稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。
男性A
Next.jsの業務委託案件を効率よく探す方法について知りたい!
女性A
Next.jsのスキルや実績を活かして高単価の業務委託案件を獲得したい!

Next.jsの業務委託案件を探していて、上記のような悩みを抱えている人も少なくありません。

高単価のNext.jsの業務委託案件を効率よく探すのであれば、複数の案件サイトに登録しましょう

そこで本記事では、Next.jsの業務委託案件を探す人におすすめのサイトを紹介します。

Next.jsが業務委託案件を探す基準

Next.jsの業務委託案件を探す基準として以下の3つを意識しましょう。

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • リモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が多いか
DAI
順番に解説していきます!

自分のスキルに合った案件が多いか

案件サイトによって、掲載している案件が大きく異なります。

Next.jsを活かした業務内容には、Webサービスの開発やバックエンドの実装・インフラ事業の保守などさまざまあるため、

自分のスキルや実績に合った案件が多く掲載されているかどうかを確認しましょう。

DAI
どの案件サイトを利用すればいいのか迷っているのであれば、案件サイトを一括検索できる「エンジニアスタイル東京」がおすすめです!

リモート可能な案件があるか

リモート可能な案件を豊富に取り扱っているかどうかも重要なポイントです。

リモート案件を受けることで、通勤時間を大幅に削減できます。

自分の好きな場所で働けるので、効率的な業務が可能です。

メリットも豊富にあるため、リモート可能な案件を見つけたいのであれば、「レバテックフリーランス」や「ITプロパートナーズ」が特におすすめです。

DAI
リモート案件は非常に人気があるので、募集が始まるとすぐに埋まってしまう可能性があります。応募したいのであれば、通知をオンにしておきましょう。

高単価な案件が多いか

高単価の案件が多い案件サイトであるかどうかも確認しましょう。

案件サイトによって、掲載している案件単価が大きく異なります。

単価が高い案件は高いスキルを求められますが、スキルアップにつながり収入が安定する要因にもなるので、積極的に応募していきましょう。

業務委託で効率よく稼ぐには、高単価な案件が多いサイトを選ぶことが重要です。

DAI
高単価なNext.js案件を獲得したいのであれば、「レバテックフリーランス」や「HiPro Tech」がおすすめです。

Next.jsの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

Next.jsの業務委託案件を探せるおすすめサイトは以下の4つです。

DAI
一つずつ解説します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、IT分野に特化していて高単価の案件を豊富に掲載しており、安定収入を望んでいる人におすすめのエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 41,836件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

※2022年9月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴は以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスで扱っている案件は中間業者を挟むことのない直請案件のため、ほかのエージェントが掲載している案件に比べて高単価です。

DAI
少しでも収入を伸ばしたい人にとっておすすめです。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、IT分野の案件を豊富に掲載しているため、担当者もIT業界に精通しています。

DAI
仕事についての相談も親身に対応してくれるので、非常に心強いです。

案件数が多い

レバテックフリーランスでは、Next.jsの案件を数多く取り扱っています。

2022年9月20日時点で、Next.jsの案件数は220件ありました。

DAI
Next.jsのスキルや実績を活用して高単価案件を受注したいのであれば、レバテックフリーランスに登録してみましょう!
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズは、週1〜2日で働いて、仕事だけではなくプライベートも充実させたい方におすすめのエージェントです。
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,291件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年9月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴は以下の2つです。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート勤務、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件は『直請案件』が多いため、ほかのエージェントと比べて単価が高いのが特徴です。

※直請案件とは、ほかの仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

エージェントを利用する場合、マージンが報酬から差し引かれるので、なるべくマージン率の低い案件に応募したいという人も少なくありません。

DAI
マージン率を非公開にしているエージェントがほとんどのため、単価の高い案件を受けたいのであれば、直請案件かどうかを一つの指標としましょう。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ほかのエージェントは週3〜4日の案件を多く掲載していますが、ITプロパートナーズでは、週1~2日から稼働可能な案件を豊富に掲載しています。

稼働日数が少ないことで、仕事はもちろん、プライベートも充実させることができます。

DAI
ITプロパートナーズで案件を探すことで、自分のペースで無理なく仕事を始めることができますよ。

HiPro Tech

公式:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

HiPro Techは、週3日から働くことのできる案件を豊富に取り揃えており、ITやテクノロジー領域に特化したエージェントです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 520件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年9月20日時点・公式ページより引用/算出

HiPro Techの主な特徴は以下の3つです。

  • リモートOK・週3日からOK案件多数、柔軟な働き方を実現できる
  • 高単価案件で、収入アップを目指せる
  • 契約後も充実したサポート体制

リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techで掲載している案件の多くは週3〜5日まで働くことができて、最短1週間で参画可能です。

またリモートや在宅可能な案件も豊富にあるので、自分の好きな場所や時間で働けます。

DAI
自分のペースでガッツリ働きたい人におすすめです。

中間マージンのない直請け案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techに掲載している案件の多くは、企業との直接契約です。

中間マージンが発生しないため、高額報酬に期待できます。

契約後も充実したサポート体制

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、転職サイトとしておなじみの「doda」をはじめとするさまざまな人材サービスを展開している「パーソルグループ」がサービス提供しています。

これまでの実績をもとにした手厚いサポート体制がHiPro Techの強みです。

公式:https://tech.hipro-job.jp/

担当者により、以下のような一貫したサポートを受けることができます。

  1. 事前面談
    (ご希望条件や現在のご活動状況・将来なりたい姿・現在困っていることなどについてヒアリング)
  2. 案件のご紹介
    (経験やスキルに親和性のある場合、案件の相談)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結
    (契約から各種手続きまでトータルフォロー)
  5. 業務開始後のアフターフォロー
DAI
HiPro Techは、ITやテクノロジー領域に特化したエージェントのため、担当者も豊富な知見を持ち合わせています。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京は、案件とエージェントの両方を検索可能なサイトです。

1クリックで応募が完了するため、非常に便利です。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 177,411件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2稼働OKなどさまざまな案件に対応

※2022年9月時点・公式サイトより引用/算出

エンジニアスタイル東京の特徴は以下の2つです。

  • 17万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

17万件超の豊富な案件数

エンジニアスタイル東京では、案件数が続々と増えており、2022年9月時点ですでに17万件を超えています。

DAI
案件数は国内最大級です!

フリーランスはもちろん、副業する方に向けての案件も豊富にあるので、案件を探すサイト選びに迷ったら、とりあえずエンジニアスタイル東京がおすすめです。

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年9月時点確認

エンジニアスタイル東京では、職種別や言語別・フレームワーク別に平均単価が算出されています。

DAI
平均単価データを確認することで、自分のスキルや実績をもとに相場を知ることが可能です。

以下の条件に絞って案件を探すことができます。

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

さらに自分に合った案件を探したいのであれば、以下のような項目で案件を絞ることも可能です。

  • 稼働できる時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か
  • 未経験OKか
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか など
DAI
案件を探す際に詳しく条件を指定してみましょう。

エンジニア東京UI

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年9月時点

エンジニアスタイル東京では、面談から稼働後までのサポートも手厚く、福利厚生も充実しています。

DAI
イベントやオフ会も定期的に開催しているので、仕事仲間を作ることも可能です。
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

Next.jsの業務委託案件例と単価相場は?

Next.jsの業務委託案件はどのようなものがあるのか気になる人も多いはずです。

実際に案件サイトやエージェントに掲載されているNext.jsの業務委託案件を業務内容別に見ていきましょう。

Webアプリケーション開発

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月16日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記は新規Webアプリケーションの開発案件です。

Next.jsを用いて、新機能追加における開発や実装・リリース・保守業務などを行います。

週3日の勤務で80万円の報酬が獲得可能です。

求められるスキルは以下の通りになります。

  • React又はVue.jsなどの経験
  • Node.jsの知見
  • GitHubの経験
  • Dockerを用いたコンテナ管理の経験
DAI
上記のスキルを兼ね備えている人は応募してみましょう。

Webサービス開発

引用:HiPro Tech公式ページ
※2022年9月16日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記はWebサービスの開発・案件です。

個人向けキャリア診断サービスのプロダクトやサービス開発・テスト・構築などを行います。

週5日の勤務で70〜90万円の報酬が獲得可能です。

主に以下のスキルが求められます。

  • TypeScriptの使用経験
  • Reactの使用経験
  • Google Cloud Platformの使用経験
  • TypeScript/NestJSによる実装経験(3年以上)
DAI
安定した収入を稼ぎたい人におすすめです。

開発プロジェクトのPM

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※現在募集を終了しています。

上記は自社DXサービスにおける開発プロジェクトのPM案件です。

海外クリニック向けの治療のDXサービス開発にPMとして、企画開発や企画書の作成・成果物の品質管理などを行います。

毎月140〜180時間の勤務で85万円の報酬が獲得可能です。

以下のようなスキルが求められます。

  • Webシステムの要件定義経験5年以上
  •  Salesforceを利用した開発PJのマネジメント経験5年以上
  • ビジネスレベルの英語力(会話、ライティング、リーディング)
  • チームのリーディング経験
DAI
今回は募集を終了していますが、今後も募集が始まる可能性があるので、今のうちに登録しておきましょう。

システム開発

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月16日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記はBtoB向けのシステム開発案件です。

PLやPGのポジションで参画し、基本設計からバックエンド・フロントエンドの実装、インフラの保守などを行います。

週3日の勤務で75万円の報酬が獲得可能です。

以下のようなスキルが求められます。

  • エンジニア経験3年以上
  • TypeScriptまたはJavaScriptでのサーバーサイド開発経験1年以上
  • Hasuraでの実装経験
  • NestJSでの実装経験
  • AWSでの実装経験
DAI
案件によって募集条件が異なるので、しっかり確認してから応募しましょう。

業務委託契約の主な種類

業務委託契約とは、クライアントが業務の一部をほかの企業や個人に委託することです。

報酬や納期・仕事内容などをお互いが話し合って合意したうえで契約を締結します。

雇用関係がないので、クライアントと対等な立場で業務の進行が可能です。

業務委託契約は、全部で以下の3種類あります。

  • 準委任契約
  • 請負契約
  • 委任契約
DAI
それぞれの特徴について解説します。

準委任契約

準委任契約とは、特定の業務を遂行することを目的に締結される契約です。

たとえ期間内に成果物が完成できなかったり、結果がともなわなかったりした場合でも報酬が支払われます。

メリット

準委任契約は成果報酬型ではありません。

成果を挙げることができなくても、指定された時間分働くことができれば、契約期間中は毎月の収入が固定で入ってきます。

DAI
収入が安定しやすいのがメリットです。

デメリット

デメリットとしては、稼働における自由が少ない点です。

案件によっては、稼働時間を指定されることもあります。

業務による進捗報告も必須なことが多く、評価されなかった場合には途中で契約を打ち切られる可能性もあるため、注意が必要です。

請負契約

請負契約とは、成果物を納品したり業務を完成したりすることを約束した契約のことです。

業務の発注者は成果に対して報酬を支払います。

メリット

請負契約は、成果を上げられるのであれば、準委任契約のように働く場所や働く時間が制限されることはありません。

自分で自由に決めることができます。

デメリット

納品した成果物のクオリティがクライアントの求める基準に達しない場合には、報酬が支払われないことがあります。

また何度も修正依頼に応じたり業務のやり直しを命じられたりすることもあるのです。

DAI
請負契約は自由に働けますが、その分リスクがあります。

委任契約

委任契約とは、法律に関する業務を委託する契約です。

確定申告を税理士に委任したり、弁護士に委任し裁判を起こしたりすることなどが委任契約の一例として挙げられます。

DAI
今回紹介しているNext.jsの業務委託契約とは直接的な関わりはありませんが、覚えておきましょう。

Next.jsの業務委託で働くメリット

Next.jsが業務委託で働く主なメリットは以下の4つです。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される
DAI
一つずつ紹介します。

自分の好きな仕事に集中できる

会社員の場合、会社から与えられた仕事をひたすらこなしていくので、やりがいを感じられないという人も少なくありません。

一方、業務委託契約は自分で仕事を選べます。

自分の好きな仕事や興味のある仕事を選ぶことで、やりがいを見いだして、スキルアップにも期待できるのです。

努力次第で収入アップが可能

会社員だと、成果を出して会社に貢献しても給与に直結することはほとんどありません。

昇格や昇進することで給与を上げることができますが、時間がかかります。

しかし、業務委託契約は成果を出し続けることで案件単価が徐々にアップしていきます。

努力次第で収入アップがいくらでも可能なため、会社員時代の給料を大幅に上回ることも夢ではありません。

自分で業務時間を決められる

自分で業務時間を決められるのも業務委託契約のメリットです。

準委任契約であっても、稼働スケジュールは会社員と比較すると柔軟に調整できます。

請負契約であれば、業務時間だけではなく、働く場所も自分の自由です。

DAI
働く時間や働く場所も制限されないので、ノンストレスで働けること間違いありません。

人間関係のストレスから解放される

会社員は会社という一つの集団に所属するため、仕事内容よりも周囲の人間関係によるストレスに悩まされる人も少なくありません。

一方、業務委託契約ではクライアントと対等な立場で業務を行うため、会社員時代と比較してストレスも減少するはずです。

理不尽な対応をされた場合には、別のクライアントと新たに契約を結べばいいので気が楽です。

DAI
人間関係によるストレスから解放されるので、これまで以上に業務に集中できます。

Next.jsの業務委託で働くデメリット

業務委託契約はメリットだけではありません。

以下のようなデメリットも存在します。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任
DAI
順番に見ていきましょう。

労働基準法が適用されなくなる

会社員の場合、労働基準法の適用されているため、長時間労働や最低賃金を下回ることはありません。

しかし、業務委託契約では労働基準法が適用されないので、契約した案件が最低賃金を下回ったり、業務が終わらずに長時間労働になったりすることもあるのです。

DAI
業務内容や報酬に納得したうえで契約しましょう。

福利厚生が受けられない

業務委託契約の場合、会社員のような雇用保険や労災保険などの社会保険が適用されません。

福利厚生が受けられないので、万が一の事故や怪我が発生した場合、不安だと感じる人もいるはずです。

自分の身は自分で守るしかないので、フリーランス用の保険に加入したり福利厚生サービスを提供しているエージェントを活用したりするなどの対策を講じましょう。

仕事のトラブルはすべて自己責任

会社員は仕事でのミスやトラブルを起こしても、上司や会社そのものが守ってくれます。

しかし、業務委託契約の場合、発生したトラブルはすべて自己責任です。

クライアントにとって多大な損失となるような大きいトラブルを引き起こしてしまうと、数百万〜数千万円の損害賠償請求を負わされることもあります。

DAI
常に当事者意識を持って、責任ある行動を心がけましょう。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要です。

業務委託契約書があることでトラブルが起きたときの証拠にもなります。

DAI
業務委託契約を結ぶのであれば、必ず契約書を取り交わしましょう。

業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が必要な理由として以下の2つがあります。

  • 契約上のトラブルが発生しにくくなる
  • 万が一のときの証拠にも使える

業務委託契約書には、報酬内容や仕事内容・稼働時間など、仕事するうえでの重要事項がすべて記載されています。

そのため、トラブルが発生しにくくなるはずです。

万が一、トラブルが発生した場合には証拠として使えます。

DAI
自分の身を守るためにも業務委託契約書は必要不可欠なのです。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託契約で起きやすいトラブルとして、契約書に書かれていない業務を依頼されたり報酬が支払われなかったりする場合があります。

トラブルを未然に回避するためにも、契約する前に業務委託契約書の内容をしっかりと相談しておきましょう。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

業務委託案件では、業務委託契約書のほかに秘密保持契約書を取り交わすことがあります。

秘密保持契約とは、契約中に知り得た機密情報や個人情報などを業務以外の用途で第三者に開示しないという契約です。

DAI
秘密保持契約を破った場合には、違約金や損害賠償を請求される恐れがあるので注意しましょう。

業務委託契約締結の主な流れ

業務委託契約は以下の4ステップで締結されます。

  1. 契約内容の詳細について話し合う
  2. 業務委託契約書を作成する
  3. 契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  4. 業務委託契約書を取り交わし、契約完了

順番に解説します。

①契約内容の詳細について話し合う

一番最初に、報酬額や契約期間・業務の範囲などについて話し合います。

クライアントに合わせることも大事ですが、自分の要望もしっかりと伝えることが大切です。

②業務委託契約書を作成する

話し合った内容を参考に業務委託契約書の作成に取りかかります。

基本的にクライアント側が業務委託契約書を作成します。

③契約書の内容を共有し、認識の相違がないか確認し合う

完成した契約書の内容をお互い確認します。

間違った内容が記載されていないか、認識の相違がないかなど、一つずつチェックしていきましょう。

DAI
少しでも気になる箇所があれば、契約する前に相談しておきましょう。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

作成された内容で問題がなければ、業務委託契約書を取り交わします。

従来までは書類を送っていましたが、現在はクラウド上で完結するケースがほとんどです。

DAI
クライアントによって臨機応変に対応しましょう。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

業務委託契約の締結前に確認すべき項目は以下の10項目です。

  1. 業務形態は何か
  2. 業務内容は何か
  3. 報酬についての記載はあるから
  4. 報酬以外に経費の支払いはあるか
  5. 稼働時間はどのくらいか
  6. 稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか
  7. 報酬の支払日はいつか
  8. 契約期間、更新の有無について
  9. 損害賠償の記載はあるか
  10. 不利な内容は記載されていないか
DAI
一つずつ解説します。

契約形態は何か

まずは業務委託契約における契約形態は何かを確認しましょう。

契約形態は主に、準委任契約もしくは請負契約の2つです。

それぞれにおいてメリット・デメリットがあるので、自分にあった契約形態を選びましょう。

業務内容は何か

どのような業務をを行うのか、業務内容もチェックしておきましょう。

業務内容が具体的に明記されていない場合には、クライアントに相談して未然にトラブルを防ぐことが大事です。

報酬についての記載はあるか

業務委託契約書に報酬額や支払い方法などの記載があるかどうかを必ず確認しましょう。

また以下の内容についても併せてチェックしておくことで、認識の相違を防げます。

  • 時間単価か、プロジェクト単位での支払いか
  • 報酬の計算方法

報酬以外に経費の支払いはあるか

業務内容によっては、ツールやサービスの導入が必要なケースもあります。

それらの費用が報酬以外の経費として支払われるのかも重要なポイントです。

経費として認められない場合には、報酬が高くてもその分の費用を差し引かれてしまうので、注意しましょう。

明記されていない場合には、締結前に必ず相談しておくのがおすすめです。

稼働時間はどのくらいか

稼働時間についても確認が必要です。

「最低週2稼働」や「月80〜100時間」など、案件によって稼働時間の記載も異なります。

稼働時間が曖昧に記載されている業務委託契約書もあるので、契約前に詳細な時間を確かめておきましょう。

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

業務委託契約には精算幅が設けられています。

精算幅とは、業務委託契約において単価に対しての基準時間を設けて、上限時間と下限時間を設定する時間幅のことです。

実際の稼働時間が精算幅より少なかった場合には報酬がその分差し引かれます。

逆に、精算幅よりも稼働時間が多かった場合は報酬が加算される仕組みです。

精算幅外における控除や超過支払いについての記載があるか確認しておきましょう。

報酬の支払日はいつか

クライアントによって報酬日は異なります。

翌月10日支払いだと思っていたのにも関わらず、実際は翌月末払いだったことに気付くということも珍しくありません。

認識の相違を防ぐためにも、報酬の支払日は必ず確認しておきましょう。

契約期間、更新の有無について

案件によって契約期間や更新の有無についても異なります。

一般的に双方に問題がなければ契約は自動更新となるのですが、条件をクリアしなければ契約の更新とならないケースもあります。

DAI
契約更新の条件を忘れてしまい、契約が終了してしまったということがならないように注意しましょう。

損害賠償の記載はあるか

損害賠償も業務委託契約を結ぶうえで重要です。

情報漏洩や著作権の侵害・秘密保持契約違反などでクライアントに対して多大なる損害を与えた場合には、損害賠償請求の対象となります。

損害賠償請求は数百万〜数千万円と非常に高額のため、上記のほかにも具体的にどのようなケースで損害賠償となるのか忘れずにチェックしておきましょう。

不利な内容は記載されていないか

ワーカーにとって不利な内容が記載されていないかも確認しましょう。

「報酬の振込手数料を負担させられる」、「契約終了後に発生した損害を全額賠償する」などの不利な内容が記載されているにも関わらず契約を締結してしまうと、莫大な不利益を被る可能性があります。

業務委託契約のメリットであるクライアントとの対等な関係を築けなくなってしまうので、上記のような記載があったときは、修正をお願いしましょう。

DAI
業務委託契約書は文字数が多いので確認するのが手間ですが、未来の自分を守るために必ず行いましょう。

まとめ

本記事では、Next.jsにおけるおすすめの案件サイトや業務委託契約を結ぶ流れ・注意事項などについて解説しました。

業務委託は自分の好きな仕事を選べて、自分で働く時間や働く場所を決められます。

業務委託契約にも準委任契約や請負契約があるので、自分に合った契約形態を選びましょう。

今回紹介した4つのサイトはどれもおすすめです。

DAI
無料で利用できるので、登録してみましょう。
Next.jsの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2~3稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です