最終更新日:
ネットワークエンジニアの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

ネットワークエンジニアの業務委託案件を探してみたら、以下のように困ったことはありませんか?

男性A
効率よくネットワークエンジニアの業務委託案件を見つけたいけど、どうやって探せばいいんだろう?
女性A
高単価な案件や、柔軟に働き方を選べるような案件を見つけたい!

結論ですが、ネットワークエンジニアの業務委託案件を効率よく見つけるには、下記のような案件サイトに登録して探すのがおすすめです。

それぞれの案件サイトには「案件の種類が豊富にある」「福利厚生が充実している」など、さまざまな強みがあります。

複数の案件サイトに登録してそれぞれの強みを活用することで、自分の希望にマッチする案件を見つけやすいです。

今回は、ネットワークエンジニアの業務委託案件を探す人におすすめのサイトを紹介します。

DAI
業務委託契約を結ぶまでの流れや、確認するべきことについても解説しているので、業務委託契約で仕事をしたい人は必見です!

ネットワークエンジニアの業務委託案件を探す基準

ネットワークエンジニアの業務委託案件探しの際は、以下のポイントに注目して案件を選びましょう。

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • リモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が多いか
DAI
順番に詳しく解説します!

自分のスキルに合った案件が多いか

まずは「自分が持っているスキルや経験に合った案件が取り扱われているか」に注目しましょう。

下記のように、案件サイトによって得意な分野は違います。

  • Web系領域に特化しており、デザイナーやディレクターの案件が豊富にある案件サイト
  • 高いスキルが必要な分、高単価案件を数多く取り扱っているサイト

「希望する業界の案件の有無」「持っているスキルを最大限に活かせる案件の有無」など、大切にしたい条件を決めてから、その条件に適した案件サイトを選びましょう。

DAI
案件サイトにはどんなものがあるのか知りたい!という場合は「エンジニアスタイル東京」がおすすめです!さまざまなサイトの案件を一括で検索できますよ!

リモート可能な案件があるか

大事なポイントとして、リモートでの業務が可能な案件があるかという点も意識してみましょう。

リモートで業務を行うメリットは、自分の働きやすい場所で柔軟に仕事ができることです。

通勤時間がなく、限られた時間を効率的に使えるので、仕事の時間以外にも趣味などの時間を確保しやすくなります。

リモートワークができる案件探しには、特に「レバテックフリーランス」と「ITプロパートナーズ」をおすすめします。

DAI
リモート可能な案件はとても人気です。応募が殺到して、すぐに募集終了してしまいます。ですが、案件サイトに登録しておけば通知が来るので、応募のタイミングを逃さずに済みますよ!

高単価な案件が多いか

高単価な案件が豊富なサイトを選ぶことも大切です。

高単価な業務委託の仕事を選べば効率よく稼げるため、収入が安定しやすくなります。

その分難易度の高いスキルを求められますが、ゆくゆくは自分のスキルアップにつながりやすいです。

DAI
ネットワークエンジニアの高単価案件は「レバテックフリーランス」と「HiPro Tech」で多数見つけられました。複数の案件サイトに登録をして、単価の相場を比較して見てみましょう!

ネットワークエンジニアの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

ここからは、DAINOTE編集部が選んだ「ネットワークエンジニアの業務委託案件を探せるサイト」のおすすめ4つを紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、リモートワークがしたい人や、良質な案件を獲得したい人におすすめです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 43,379件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2〜3日案件、リモート案件多数

※2022年11月8日時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスには、以下のように3つの特徴があります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスには高単価案件が多くあります。

高単価案件が多いのは「直請案件」が多く、間に他の中間業者が入っていないためです。

DAI
エージェント以外の中間業者からは仲介料を取られず、その分エンジニアに還元されるので高単価案件となります。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックは、IT人材サービスを手掛けており、IT業界に詳しいプロのエージェントからサポートを受けられます。

DAI
また、コンサルタント側からサポート案件が一目でわかるようになっているので、安心して相談できますよ。

案件数が多い

レバテックフリーランスでは、ネットワークエンジニアの案件を多数取り扱っています。

DAI
ネットワークエンジニアの仕事で高単価案件を見つけたいなら、レバテックフリーランスの利用を考えてみてください!
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
ベンチャー企業やスタートアップで在宅勤務がしたい人には『ITプロパートナーズ』をおすすめします!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,317件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年11月8日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズには、以下ような特徴が2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート勤務、週1〜2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズには『直請案件』を掲載しているので、他のエージェントと比べて案件単価が高い傾向にあります。

※直請案件とは他の仲介業者がなく、直接クライアントと契約している案件のことです。

フリーランスエージェントではマージン率を非公開にしている場合が多いため、「フリーランスに入る割合」や「単価の良し悪し」を把握しにくいです。

DAI
そこで直請案件の数を見ることで、高単価案件を多く取り扱っているかを把握する際の目安にできます。

マージン率がブラックボックス化しているからこそ、必要以上に報酬の中抜きがされていないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

週1日や2日から稼働が可能な案件が多いところが、ITプロパートナーズの魅力です。

他のフリーランスエージェントでは、週3日や4日からの稼働が条件で、さらに常駐案件が多いです。

ですが、ITプロパートナーズはリモートワークが可能な案件も多くあり、自分の生活スタイルに合わせた柔軟な案件探しができます。

DAI
「副業からフリーランスの仕事をしてみたい」という方にもピッタリなエージェントです。
DAI
自分のやりたいことはメインの仕事としておこない、生活費はITプロパートナーズからの仕事で得るというスタイルも選択可能でしょう。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件紹介ができますが、会社員の方へは副業の紹介はできないので注意してください。

HiPro Tech

公式:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

HiPro Techは、IT・テクノロジー領域に特化しており、週3日からの稼働やリモートワークがしたいエンジニア必見です。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 509件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年11月8日時点・公式ページより引用/算出

HiPro Techのよい点は、以下の3つです。

  • リモートOK・週3日からOK案件多数、柔軟な働き方を実現できる
  • 高単価案件で、収入アップを目指せる
  • 契約後も充実したサポート体制

リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techには、リモートワークができる案件や、週3日から稼働可能な案件が多数あります。

エンジニア求人の稼働条件のほとんどが「週5日~・常駐勤務」です。

働く場所や時間を自分で選べるような自由な働き方をしたくても、できないのが現状でしょう。

DAI
「HiPro Tech」には、リモート可能な案件や週3日から稼働可能な案件も多数あり、自由な働き方を希望している人から、地方に住んでいる人向けでもあるエージェントです。

高単価案件で、収入アップを目指せる

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、クライアント(受注元)から仲介会社を挟まない「直請案件」が豊富にあります。

直請案件には余分な仲介料がないので高単価案件が多く、収入アップが望めます。

契約後も充実したサポート体制

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、転職サービス「doda」などの人材サービスを運営する「パーソルグループ」が運営しています。

グループ会社の豊富な知見や実績を「サポート体制」に活かしているのが魅力です。

公式:https://tech.hipro-job.jp/

以下のようなサポートを担当者から受けられます。

  1. 事前面談
    (希望の条件、現在の活動状況、希望の将来像、現在の困り事など)
  2. 案件の紹介
    (スキルや経験にマッチするものがあれば案件を提案)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結
    (契約から各種手続きまでをフォロー)
  5. 業務開始後のアフターフォロー

IT・テクノロジー領域に特化したエージェントなので、事前の面談では専門性の高いものを受けられます。

DAI
自分が理想とする案件を探している方、案件のミスマッチを避けたい方にもおすすめできるエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京は、さまざまなエージェントの案件を掲載しているサイトです。

優良エージェントの案件を抜粋して掲載しているので、「まとめて案件を確認→1クリックで応募」できることがメリットです。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 184,437件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年11月8日時点・公式サイトより引用/算出

DAI
案件の数は多く、高単価案件も豊富にあります。もし迷ったら無料相談してみましょう!

エンジニアスタイル東京を使うメリットは、以下の2つです。

  • 18万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

18万件超の豊富な案件数

2022年11月時点で、掲載案件数は18万件を超えています。

幅広くある案件の中から、自分に合う案件を探せます。

DAI
案件数は国内最大水準です!

エンジニアスタイル東京では、在宅勤務やフレックス制度、週2日から勤務可能など、他のエージェントでは少ない条件の案件も多くあります。

転職・副業・フリーランス・スキルアップなど、さまざまなニーズに沿った求人があるので、まずは登録しておいて損はないサイトといえます。

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年9月時点確認

エンジニアスタイル東京では、職種別・言語別・フレームワーク別の単価や、件数ランキングも公開されています。

DAI
単価の相場がわかり、自分に適した案件を見つけやすいです!

案件を探す際には、下記のような条件で検索できます。

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種
  • エリア
  • 単価

そしてさらに、以下のような条件でも検索できます。

  • 稼働時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か
  • 未経験OKか
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキルや希望の条件で絞り込めるので、最適な案件が見つけやすいでしょう。

エンジニア東京UI

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年9月時点

DAI
エンジニアスタイル東京を利用することで、案件探しがスムーズにできるでしょう。

また、面談から稼働後までをサポートしてくれる上、福利厚生も充実しているところがいいですね。

DAI
無料でできるので、まずは会員登録をしてみましょう!
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

ネットワークエンジニアの業務委託の案件例・単価相場は?

 

男性A
ネットワークエンジニアの業務委託案件には、どのようなものがありますか?
DAI
では、実際に掲載されている案件のご紹介をします!

ここからは、案件サイトで実際に募集されているネットワークエンジニアの業務委託案件を、業務内容別にご紹介していきます。

DAI
職種ごとの業務内容や、勤務日数による相場の感覚をつかみましょう!

ネットワークの設計・構築

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月22日時点。現在は募集終了している場合があります。

こちらは、Fortigateを主体としたネットワークシステムの構築に携わる案件です。

要件定義・設計・検証・構築・運用・保守などの業務を担当します。

Fortigateを使ったネットワークの構築・運用の経験が2年以上あることが求められています。

システムマネジメントサービスを展開している企業で、基本的にフルリモートでの作業ができる案件です。

Cisco、UTM系の資格があること、プリセールスの経験があることで、より歓迎されやすいです。

DAI
基本的にリモートでの業務が可能な案件なので、自分が作業しやすい環境で働きたい方におすすめです。

ネットワークの運用保守

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※現在は募集を終了しています。

こちらは、IT資産管理システムのネットワーク運用保守に携わる案件です。

具体的には、クライアントへのソリューション提案をする営業担当のサポートや、導入後のネットワーク運用保守業務をおこないます。

Windowsサーバーかネットワークに関する運用保守の経験があること、PostgreSQLの使用経験があることが求められています。

DAI
ネットワーク領域の知識や、プリセールスに近い経験がある方は、その知識や経験を活かして活躍できそうな案件です!

ネットワークの更改

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※現在は募集を終了しています。

こちらは、金融系のネットワーク更改プロジェクトに携わる案件です。

ネットワーク設計や構築業務をおこないます。

具体的には、ビル無線LANの構築(Aruba)、CiscoISR/QoS装置機種の変更、ファイアウォールの設計構築(Firepower)をおこなうようですね。

求められるスキルとしては、ネットワーク設計構築経験が3年以上あること、CCNPレベルの知見があること、折衝や調整の経験があることなどがあります。

DAI
必要な技術は多い案件ですが、ネットワークの設計構築と上流の経験がある方にはおすすめの案件です!

ネットワーク機器のリプレイス

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※現在は募集を終了しています。

こちらは、調整作業をメインに、リプレース対象機器の構築作業や、資産管理DBへの新規機器登録、影響範囲の洗い出し・社内調整などをおこなう案件です。

Cisco製品でのネットワーク構築経験があることが求められているスキルです。

Cisco製品でのNW構築経験がある方にマッチする案件でしょう。

しかし、こちらの案件は募集が終了しているようです。

このような案件を希望していて募集が終了していても、無料登録をしておけば新着案件のチェックができます。

DAI
今後のためにも無料登録を済ませておきましょう!

業務委託契約の主な種類

業務を部分的に外注したい企業が、他の企業・個人に業務を委託する契約を「業務委託契約」といいます。

報酬・仕事内容・業務の進め方などをお互い合意したうえで契約を結びます。

アルバイトのような雇用関係がなく、企業と対等な関係性で業務を進める点が特徴です。

業務委託契約には、主に以下の3種類があります。

  • 準委任契約
  • 請負契約
  • 委任契約

ここからはそれぞれの契約について解説します。

DAI
契約内容や報酬の仕組みが違うので、一つずつ理解しましょう!

準委任契約

準委任契約は、事務処理などの業務を依頼する契約のことです。

時給や月給という形で報酬が発生します。

ネットワークエンジニアとして準委任契約を交わしたら、依頼された業務を時間内におこなう義務が発生します。

メリット

準委任契約のメリットは、収入が安定しやすい点です。

準委任契約で報酬が発生する条件は、時間内に業務を安定しておこなうことです。

成果物を納品することが条件ではないので、成果物の有無は関係なく稼働した時間分の報酬が発生します。

そのため収入が安定しやすい契約方法といえます。

デメリット

稼働時間が自由に選びにくい点は、準委任契約のデメリットです。

基本的にシフト勤務なので、稼働時間帯をどこまで柔軟に選べるかはクライアントによります。

業務の進め方もクライアントに管理されることが多く、業務の進行具合が順調かどうかを定期的に報告する必要も出てきます。

また企業側に仕事ぶりが評価されなければ、プロジェクトの途中でも契約を打ち切られるリスクもあるのです

請負契約

請負契約とは、成果物を完成させてから納品する義務を負う契約のことです。

正社員やアルバイトとは異なり、業務時間に関係なく完成させた成果物に対して報酬が支払われます。

メリット

大きなメリットは、業務をおこなう場所や時間の使い方を柔軟に選べる点です。

請負契約では、成果物を完成させて納品することで報酬を受け取れます。

働く場所・時間・業務の進め方などを報告する義務はないので、作業する場所や働く時間を自由に選びやすいです。

デメリット

請負契約のデメリットは、納品した成果物が評価されなかった場合に報酬を受け取れない恐れがある点です。

何度も修正したり報酬が減額されたりするだけではなく、最悪の場合は報酬の支払いを拒否される可能性も。

また作業工程や作業時間がどれだけ増えても、報酬額は増えない点もデメリットです。

最大100時間かかる案件で報酬が5万円の場合、時給換算で1時間500円になってしまいます。

DAI
請負契約で仕事をするときは、工数と報酬のバランスがとれているかチェックしましょう。

委任契約

法律に関する業務を委託する契約のことを委任契約といいます。

たとえば下記のようなケースです。

  • 税理士に確定申告を委任する
  • 弁護士に委任し裁判を起こす
DAI
委任契約は法律に関する業務を委託する際に結ぶ契約なので、ネットワークエンジニアが契約することはありません。エンジニアに関係のある契約は、準委任契約と請負契約です。

ネットワークエンジニアが業務委託で働くメリット

業務委託契約を結び、ネットワークエンジニアとして働くメリットは、以下の4つにまとめられます。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される
DAI
一つずつ、解説していきます!

自分の好きな仕事に集中できる

1つ目のメリットは、自分の好きな仕事に集中できることです。

業務委託契約では、案件の中から自分の得意な仕事や、挑戦したい仕事を選べます。

会社勤務だと、決められた仕事を定まった条件の中で遂行しなくてはいけません。

苦手な仕事や、やりたくない仕事を振られることもあります。

そのような環境で働いていると、ストレスが溜まることも多いでしょう。

ですが、業務委託契約では自分の好きな仕事が選べるので、ストレスを減らして働くことができます。

努力次第で収入アップが可能

2つ目のメリットは、自分の努力によって収入アップの可能性があることです。

会社員は、大きな成果を出しても、ほとんど給与に影響しないことがあります。

ですが、業務委託契約では、継続して成果を出せれば契約継続につながったり、出した成果によっては報酬アップも目指せます。

クライアント企業や仕事仲間とのつながりから、待遇のよい仕事に結びつく可能性も考えられます。

DAI
会社員より、大幅な年収アップを目指せるでしょう。

自分で業務時間を決められる

3つ目のメリットは、業務にあてる時間を自由に選べることです。

請負契約では、自分の好きな場所で働いたり、自分の働きたい時間に働くことができます。

準委任契約でも、会社員よりは柔軟にシフト調整ができます。

請負契約では納期までに成果物を完成させられれば、いつどこで働いてもよいので、自由な働き方ができるところがメリットでしょう。

DAI
ライフスタイルに合わせて、自宅や好きなカフェなどでも働けます。

人間関係のストレスから解放される

4つ目のメリットは、人間関係で感じていたストレスを減らせることです。

会社勤務だと、上司や同僚たちとの人間関係がストレスになることもあります。

DAI
「もう会社を辞めたい……」と悩む場面も多いのではないでしょうか。

業務委託契約の場合は雇用関係ではないので、クライアント企業と対等な関係で仕事ができます。

もし担当者が合わなかった場合は、クライアントを変えることも可能です。

DAI
正社員と違い、柔軟な人間関係の中で働けるのはメリットですね!

ネットワークエンジニアが業務委託で働くデメリット

業務委託には、メリットだけでなくデメリットもあります。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任
DAI
後悔しないようにデメリットを知り、対処しておきましょう。

労働基準法が適用されなくなる

1つ目のデメリットは、労働基準法が適用されないことです。

業務委託契約では正社員やアルバイトのような雇用関係ではないので、報酬条件や労働量に対して法律の保護はあまり受けられません

最低賃金も法律で決まっているわけではないので、業務量に見合わないような安い報酬になるリスクもあります。

DAI
業務内容や報酬の確認をしっかりしてから契約しましょう!

福利厚生が受けられない

デメリットの2つ目は、福利厚生が受けられないことです。

業務委託契約では、会社員のように雇用保険や労災保険などの社会保険が適用されません。

業務遂行中に事故や怪我があっても、必要な手当てを受けにくいのです。

そのため「フリーランス用の保険に加入する」などの対策をとることがおすすめです。

仕事のトラブルはすべて自己責任

3つ目のデメリットは、仕事のトラブルがすべて自己責任になることです。

会社員の場合、仕事のトラブルは会社がある程度責任を負ってくれます。

しかし、業務委託契約でトラブルが発生した場合、すべて自己責任になってしまいます。

最悪の場合、企業が受けた損害分の賠償責任を負う恐れもあります。

企業に求められたスキルを提供できなかったり、納期を守れなかったりした場合、契約を切られることも。

DAI
業務委託契約は比較的自由度の高い働き方ではありますが、責任の重さは変わらないという意識が必要です。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託契約には業務委託契約書の取り交わしが必要です。

業務委託契約書は、トラブルを防ぐためにも大切なものです。

DAI
業務委託で働く場合、契約書の取り交わしを必ずしましょう。

業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が大切な理由には、以下の2つがあげられます。

  • 契約上のトラブルを防ぐため
  • 万が一のときに証拠として使うため

業務委託契約書には、仕事内容や報酬について記載されています。

仕事内容や報酬について契約書に明記しない場合、下記のようなトラブルに発展する恐れがあります。

  • 想定外のスキルを求められる
  • 事前に聞いていた報酬額よりも少なくなる

このようなトラブルを防ぐためにも、必ず業務委託契約書を取り交わしましょう。

また裁判など万が一の事態が起きたときは、業務委託契約書を証拠として使えます

DAI
業務委託契約書があれば、契約書にない業務を要求されたり、急に報酬を減らされても主張できますね。

業務委託契約書は、あなたの身を守るために欠かせない書類なのです。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託契約においてトラブルになりやすいのは、以下のようなケースです。

  • 成果物に何度も修正依頼をされ対応したが、報酬は増えなかったので、その分時給が安くなった
  • 契約内容になかった業務を要求され対応したが、その分の報酬が支払われなかった

そのため業務内容や報酬にお互いが納得したうえで、業務委託契約書に明記する必要があります。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

案件によっては、秘密保持契約書を取り交わすこともあります。

秘密保持契約とは「契約中に知り得た個人情報や機密情報を、業務遂行以外の用途で第三者に開示しない」という契約です。

秘密保持契約を企業と結ぶ際は、秘密保持契約書の取り交わしが必要です。

業務委託契約締結の主な流れ

ここからは、業務委託契約締結までの流れを解説していきます。

  1. 契約内容の詳細について話し合う
  2. 業務委託契約書を作成する
  3. 契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  4. 業務委託契約書を取り交わし、契約完了

①契約内容の詳細について話し合う

まず最初に、契約内容の詳細に関して話し合います。

  • 報酬額
  • 契約期間
  • 業務の範囲

上記のような内容について話し合い、詳細を決めましょう。

②業務委託契約書を作成する

次に話し合って決めた内容から、業務委託契約書を作成します。

契約書は業務を委託する企業が作成します。

③契約書の内容を共有し、認識の相違がないか確認し合う

次に企業が作った業務委託契約書を読んで、お互いの認識に違いがないか確認します。

この時点で話し合っておかないと、契約後のトラブルにつながってしまう恐れがあります。

たとえどんなに些細なことでも、気になった点は相談することが大切です。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

最後に、お互いの認識に相違のない内容が明記された業務委託契約書を取り交わしたら、契約は完了です。

最近ではクラウド上で電子契約をすることが多いので、電子捺印で問題ない場合もあります。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

業務委託契約を結ぶときは、企業と契約内容の話し合いが必要です。

契約するときに慌てないよう、事前に確認すべき条件を解説します。

DAI
実際に契約するときは、ぜひ参考にしてみてください!

契約形態は何か

業務委託契約でも契約形態は何か確認しましょう。

具体的には、準委任契約か請負契約かを確認します。

この契約形態によって、働き方や収入が安定しやすいかなどに違いが出るので、必ず確認が必要な項目です。

業務内容は何か

業務内容は何か、委託される業務の内容を確認しましょう。

業務内容をしっかりと確認しておくことで「想定外の業務を要求されて、報酬以上の仕事をすることになった」などのトラブルを防止することにつながります。

報酬についての記載はあるか

報酬について、業務委託契約書にはっきりと記されているか必ず確認しましょう。

  • 報酬額
  • 支払い方法

また、以下の項目についても確認しましょう。

  • 時間単価なのか、プロジェクト単位での報酬額なのか
  • 報酬の計算方法

これらの確認を怠ると、報酬額が思っていたより少なかったり、報酬の支払日が想定より遅かったりする恐れがあります。

企業と認識に違いがないか、しっかりと確認することが大切です。

報酬以外に経費の支払いはあるか

下記のような経費の支払いがあるかも重要なので確認しましょう。

  • 業務で使う消耗品や電気代、PCの回線費用などの経費が支払われるのか
  • 支払われる場合は報酬に含まれるか、もしくは別になるのか

後々トラブルになってしまう恐れもあるので、忘れずに聞いておきましょう。

稼働時間はどのくらいか

稼働時間はどのくらいか確認しましょう。

「最低週2日稼働」など稼働時間が決められている案件もあります。

契約によっては次のような精算幅があるので、そちらもチェックしましょう。

  • 精算幅の例:100時間を基準に、90〜110時間の精算幅で◯万円
DAI
最初から週5日フルで稼働するよりも、週1~3日から始めて様子を見て増やすことがおすすめです。

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

稼働時間の精算幅があるときは、報酬の控除もしくは超過支払いについてチェックしましょう。

  • 実際の稼働時間が精算幅より少なかった場合:報酬が減額される
  • 実際の稼働時間が精算幅より多かった場合:報酬が増額される

「業務時間以上に稼働したのに報酬額は変わらなかった」などのトラブルを防止するために確認しましょう。

報酬の支払日はいつか

報酬の支払日はいつなのか確認しましょう。

クライアント企業によって報酬の支払日は異なります。

また請負契約の場合、納品後の検収完了まで報酬の支払いがされないこともあります。

DAI
検収の日が締め日を過ぎた場合、報酬が支払われるのは翌月になる場合も。

毎月の収入を安定させるためにも、納品から検収の期間をチェックしておきましょう。

契約期間、更新の有無について

業務委託契約の契約期間を確認しましょう。

また「契約終了後に契約の更新があるか」も重要なポイントです。

契約更新がある場合は、更新の条件についてもチェックしましょう。

DAI
更新の条件として、規定の期間内に解除申請がお互いない場合、自動更新を定めている企業もあります。

損害賠償の記載はあるか

損害賠償についての記載があるか確認しましょう。

業務委託契約を結ぶうえで損害賠償問題は避けては通れません。

もしも、企業に損害を与えてしまった場合、損害賠償を請求されることがあります。

DAI
損害の全額賠償となると数百万円に及ぶこともあります。

企業に次のような損害を与えないように仕事するためにも、損害賠償についての記載は欠かさずチェックしておきましょう。

  • 情報漏洩
  • 著作権の侵害
  • 秘密保持契約違反

特に「損害賠償が及ぶ期間」や「損害賠償の請求条件」については、漏れがないように確認することが大切です。

不利な内容は記載されていないか

業務委託エンジニアにとって、明らかに不利な内容が記載されていないか確認しましょう。

ときに「報酬の振込手数料を負担」「契約終了後に発生した損害の全額賠償」などと、明らかに不利な内容が記載されていることがあります。

契約締結後、このような内容に気がついても遅いので、このような記載があったときは、修正をお願いしましょう。

不利な契約を受け入れてしまうと、いずれ辛い思いをすることになります。

どうしてもお互いに納得できない場合は、契約自体のお断りを検討するのも大切です。

DAI
業務委託契約書の確認は面倒ではありますが、未来の自分を守るために必ずおこなってくださいね!

まとめ

ここまでネットワークエンジニアにおすすめの案件サイトや業務委託契約の流れ、注意事項などについて解説してきました。

DAI
複数の案件サイトに登録をして、自分に合った案件を見つけましょう。

今回の記事を参考にして、ネットワークエンジニアの業務委託案件にぜひ挑戦してみてください!

ネットワークエンジニアの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です