最終更新日:

フリーランスKotlinエンジニア向け案件紹介サービスおすすめBEST4
2、3年以上〜の実務経験があるKotlinエンジニアにおすすめの案件紹介サービスはこちら!
(下記サービスは、実務未経験・会社員の方への案件紹介はできません)
【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ 
大手企業の週4〜×高単価なKotlin案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
【第2位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/ 
有名企業の高単価案件多数。税理士紹介や休業手当などのサポートも充実しており、手厚いサポートを受けながら稼ぎたい人おすすめ。
週5案件も豊富なので、がっつり働きたい方におすすめ!
【第3位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
フリーランスエージェントの中でもサポート・福利厚生がかなり手厚いことが特徴
働きやすい週3〜案件・リモート案件もあり。独立後の不安が強い人にもおすすめ。
【第4位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
業界では珍しい
週1・2〜可の案件あり、土日・夜の稼働も応相談。直請の高単価案件が豊富!
悩む人
Kotlinのフリーランス案件はどこにある?
DAI
そんな悩みを持っている人のために、フリーランス経験のある筆者が、Kotlinエンジニアにおすすめのフリーランスエージェントをご紹介します!

先に本記事の結論を紹介します。

DAI
本編で紹介するエージェントの特徴を簡単な表にまとめました。登録するときの参考にしてください(表は左右にスクロールできます)。
公式サイト 案件数 特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ★★★★★ 高単価な週4〜案件が多い
・知識豊富なカウンセラーの丁寧なサポート
リモート可案件が多い
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ ★★★★ 高単価な週5案件が多い
・サポートが丁寧
福利厚生が手厚い
Midworks https://mid-works.com/ ★★★ 福利厚生が手厚い
週3日〜稼働できる案件も
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ ★★ ・週3以内の案件が多い
リモート可案件が多い
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/ ★★★★★ 高単価案件が多い
リモート可案件も多い

案件数は各社のKotlinエンジニア向け公開案件数(2022年12月2日時点)をもとに作成。

DAI
kotlinは、特にレバテックフリーランスで案件数が多いです!

エージェントの登録後は、なるべく早く担当者と面談して詳しい希望条件を伝えておきましょう。

自分で一から調べるよりも、担当のコンサルタントと直接話した方が詳しい条件も伝えやすく、案件を獲得できる確率も上がります。

DAI
案件の選択肢を増やすためにも、複数のエージェントで面談してKotlinの案件を提案してもらいましょう!

本記事では、フリーランス向けの案件紹介サービスの選び方、おすすめのフリーランスエージェントの詳細などを紹介します。

フリーランスとしてKotlinの業務委託案件を探す際に参考にしてみてください。

Kotlinの業務委託案件を探す基準

Kotlinの業務委託案件を探す際は、以下のポイントを意識して選びましょう。

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • フルリモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が多いか

DAI
ここからは、上記3つのポイントについて詳しく解説します。

自分のスキルに合った案件が多いか

サイトによって募集している案件の特徴が異なるため、Kotlinの仕事を探す際は自分のスキルや実務経験と、案件の作業内容がマッチするものを選ぶことが重要です。

たとえば、アプリやシステム開発といったエンジニア向けから、ゲームキャラのモデリング業務などを求人するクリエイター向けのサイトなど、多種多様なサービスがあります。

そのため、自分の能力や経験とマッチしたKotlinの業務委託案件を見つけるには、自身の職種に適したエンジニア向けサイトに登録する必要があるのです。

具体的には、以下のようなポイントを意識して各サイトの案件を見てみましょう。

  • Kotlinの他にどのようなスキルが求められるか
    • Swift・Objective-C・JavaScript・Python・PHPなどのプログラミング言語
    • Vue.jsやReact.js、Springなどのフレームワークなどの利用した開発技術
    • AWS設計やAPI連携、UX・UIデザイン、GitやGitHubでのバージョン管理
  • どのような実務経験が必要か
    • AndroidだけでなくiOSやWebアプリケーション開発
    • システムの実装・テスト運用・リリースまでのプロジェクト企画立案
    • アプリケーション・サーバーサイド・システム・プロダクトエンジニアとしての経験
    • 「2年」や「3年」といった具体的な勤務年数

DAI
Kotlinの業務委託案件を探す際は最低でも3つ以上のサービスに登録し、掲載案件を比較することをおすすめします。

複数のサイトに登録しておけば、興味のある案件の単価相場や具体的な業務内容などがわかり、自分に適した案件を見極められるでしょう。

DAI
Kotlinの業務委託におすすめのエージェントについては、下記で詳しく解説します。

フルリモート可能な案件があるか

フルリモート案件であれば、業務委託案件に割く通勤時間を削減することが可能です。

基本的に業務委託の仕事は、出社が必要な場合とリモートワーク可能な場合のように働き方が分けられます。

具体的には、「リモートOK」や「フルリモート」のように求人内容の条件が掲載されているので、チェックしておきましょう。

DAI
フルリモートが可能であれば、自宅やカフェなど自分の好きな場所で働けます。

また、通勤時間を削減することで、スキルアップの勉強や趣味の時間を確保できるのも魅力です。

フルリモート案件は人気であるため、契約することが難しいと言われています。

DAI
登録したエージェントの通知設定を行い、リモートの新着案件にいち早く応募できるように準備しておきましょう!

高単価な案件が多いか

高単価な案件が多いエージェントで仕事を獲得できれば、効率的に収入を得ることが可能です。

Kotlinの業務委託案件における報酬額の平均値は、エージェントによって異なります。

高単価であるほどエンジニアとしての能力が求められますが、契約先からの信頼を得られれば、単価アップや長期契約、大型案件の獲得につながります。

また、報酬が高い案件を効率的に進められれば費用対効果も高いため、業務の難易度が高くてもモチベーションを維持しながら働けるでしょう。

DAI
そのため、Kotlinの業務委託案件を探す際は、積極的に高単価案件を掲載しているサイトに登録することをおすすめします。

Kotlinの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

Kotlinの業務委託案件を探せるおすすめサイト4つをご紹介します。

フリーランスKotlinエンジニア向け案件紹介サービスおすすめBEST4
(下記サービスは、実務未経験・会社員の方への案件紹介はできません)
【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ 
大手企業の週4〜×高単価なKotlin案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
【第2位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/ 
有名企業の高単価案件多数。税理士紹介や休業手当などのサポートも充実しており、手厚いサポートを受けながら稼ぎたい人おすすめ。
週5案件も豊富なので、がっつり働きたい方におすすめ!
【第3位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
フリーランスエージェントの中でもサポート・福利厚生がかなり手厚いことが特徴
働きやすい週3〜案件・リモート案件もあり。独立後の不安が強い人にもおすすめ。
【第4位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
業界では珍しい
週1・2〜可の案件あり、土日・夜の稼働も応相談。直請の高単価案件が豊富!
【番外編】エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/ 
エージェント200社の公開案件を横断検索できる案件まとめサイト。登録しておけば希望条件にあう案件情報をメールで知らせてくれます。面談でAmazonギフト券プレゼント中(2022/11/29時点)

高単価なKotlin案件が多く、「リモートOK」や充実したサポートを受けられるサイトを厳選しました!

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、中間業者を挟まない直請案件により余計なマージンを取られずエージェントに還元することで、業界最高水準の単価を実現しています。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 44,279件(公開中の案件のみ)
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週4〜、リモート案件多数

※2022年12月2日時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

Kotlinなどのエンジニア向け業務委託案件が多く、多種多様な業界や職種の人と一緒に働ける可能性が高いです。

DAI
また、高単価な案件紹介や現場での悩み、請求書作成や契約といった事務作業代行など、キャリアコンサルタントから手厚い支援を受けられます。
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

テクフリ

画像はテクフリ公式サイトより引用:https://freelance.techcareer.jp/

DAI
テクフリは中間マージン10%からの案件があるエージェントです。エンジニア向け案件が多いですが、デザイナーやディレクター向けの案件も取扱があります。
運営会社 株式会社アイデンティティ
求人数 11,738件
マージン率 10%〜
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週4から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年12月2日時点・公式サイトより引用/算出

テクフリは、有名企業の高単価な案件の取扱実績があるため、個人で受注が困難な募集も見つかります。

運営元である株式会社アイデンティティは、複数のIT人材派遣事業をおこなっているため、IT・Web系企業とのパイプも太いです。

また高単価案件が募集されていること以外にも、手厚いユーザーサポートを受けられることが特徴です。

下記のように細やかなサービスが存在します。

  • 独自の案件マッチングシステムでスキルとのマッチ度が高い案件を紹介
  • 1人につき2人のスタッフがついて案件獲得をサポート
  • 企業との面談前にはエージェントが面談対策をしてくれる
DAI
自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

Midworks

画像はMidworks公式サイトより引用(2022年11月12日時点):https://mid-works.com/

運営会社 株式会社Branding Engineer
公開案件数 8,661件
(※_2022年12月2日時点)
対応地域 関東圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、三重県)
(フルリモート勤務の場合は全国対象)
特徴 大企業からの高単価案件が募集されていることがある
週3〜稼働できる案件あり(※ 会社員向けの副業案件は紹介不可)

Midworksは、フリーランスで活躍したいエンジニアにおすすめのエージェントで、次のような特徴があります。

  • 報酬補償を含む手厚い福利厚生
  • エンジニア案件の分野が幅広い

報酬補償を含む手厚い福利厚生

Midworksの魅力は、協業補償を含めた手厚い福利厚生が用意されている点です。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務補助」
  • 保険の紹介
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助
  • 休業中も給与を補償する「報酬補償制度(審査あり)」

現役フリーランスや独立を目指す人にとっては「収入が途切れてしまうこと」が特に不安点になります。

ですがMidworksなら、仮に案件が途切れたとしても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれる制度があります(報酬補償の適用には審査があります)。

DAI
不安定な状況になりやすいフリーランスにとっては、心強い制度ですね!

エンジニア案件の分野が幅広い

Midworksで取り扱っている案件の多くは、エンジニア向けの案件です。

クライアントの種類が幅広く、選択肢が多いことが魅力として挙げられます。

  • 大手上場企業〜スタートアップベンチャーまで会社規模が多様
  • SIerも自社サービス企業案件もあり
DAI
個人では参画しにくい、掘り出し物の案件が見つかる可能性もあります!

週3日やしっかり週5日で稼働できる案件もあるので、理想の働き方にマッチした募集を探せます。

登録&相談は無料です。

「フリーランスを目指したいけど不安…」という人は、まず登録して、相談だけでもしてみることをおすすめします!

※Midworksは週3日程度〜参画できる案件がありますが、会社員の方への副業は紹介していません。

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズは、スタートアップ企業やベンチャー企業の求人が多いです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,486件(募集終了案件も含む)
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年12月2日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズは、エンジニア向けの業務委託案件が豊富で、Kotlinを用いたネイティブアプリやWeb開発などの仕事を請け負えます。

企業からの直請案件によりマージンを削減しているため、高単価な案件が多いです。

DAI
また、スタートアップやベンチャー企業が求人している場合が多く、新しいトレンドを取り入れた新規事業に参画できる可能性もあるでしょう。

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京は、様々なエージェントの案件を集約したサイトで、ワンクリックでKotlinの仕事を探せるサイトです。
運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 187,908件
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年12月2日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://engineer-style.jp

エンジニア東京スタイルは、優良エージェントに開催されている案件を閲覧でき、17万件以上の業務委託案件をチェックできます。

豊富な案件数からワンクリックで検索できるため、自分のスキルや実務経験にマッチした仕事を見つけやすいです。

DAI
また、優良エージェントからのサポートや福利厚生も充実しているので、まずは無料で会員登録してみましょう!

Kotlinの業務委託案件例と単価相場は?

Kotlinの業務委託案件の具体例と、単価相場についてご紹介します。

  • Androidアプリ開発
  • SaaS開発
  • Webアプリ開発

DAI
業務委託案件を獲得できれば、さまざまな業界の人と出会えたり新規事業に参画できたりします!

ここからは、上記3つの具体例についてご紹介します。

Androidアプリ開発

引用:レバテックフリーランス

※2022年10月7日時点の案件情報です。現在は募集を終了している場合があります。

Objective-C/Swift、Java/Kotlinを用いた銀行向けBtoCのAndroidアプリ開発の業務委託案件です。

アプリ機能やレイアウトなどの要件定義からリリースまでの業務、生体認証などのデバイス機能や宣言的UIを用いた開発、サーバーサイドエンジニアなどの経験が求められます。

DAI
上記のようなAndroidアプリの開発の業務委託案件は、週3日稼働・フルリモートで月に80万円程度の収入を得られるでしょう。

SaaS開発

引用:レバテックフリーランス

※2022年10月7日時点の案件情報です。現在は募集を終了している場合があります。

介護系SaaSの設計から開発までを担当する案件です。

JavaやサーバーサイドKotlinを用いた実装技術や、RDBMSでのテーブル設計などの実務経験が求められます。

DAI
上記のようなSaas開発の業務委託案件は、労働時間140〜180時間で月に85万円程度の収入を得られるでしょう。

Webアプリ開発

引用:レバテックフリーランス

※2022年10月7日時点の案件情報です。現在は募集を終了している場合があります。

製造業向け受発注プラットフォーム開発の業務委託案件です。

Webアプリケーションのサーバーサイドエンジニアとしての実務経験や、Git/GitHubでのチーム開発、AWS・GCPなどのパブリッククラウドのスキルが求められます。

DAI
上記のようなWeb開発の業務委託案件は、労働時間140〜180時間で月に80万円程度の収入を得られるでしょう。

業務委託契約の主な種類

業務委託案件の契約には以下の3種類があります。

  • 準委任契約
  • 請負契約
  • 委任契約

基本的に業務委託案件は「準委任契約」と「請負契約」で契約が締結されます。

DAI
ここからは、上記3種類の契約について具体的に解説します。

準委任契約

準委任契約とは、案件の契約期間で報酬が支払われる契約のことです。

そのため、仮に契約期間内にKotlinの成果物が完成しなくとも、報酬を得られます。

DAI
準委任契約のメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット

準委任契約のメリットは、収入が安定しやすい点です。

「成果物が完成してから報酬が支払われる」といった契約形態の場合、想定以上に業務時間がかかったとしても、納品するまで収入を得られません。

一方で準委任契約であれば、1か月や3か月といった契約期間内に働いている限り、毎月収入を確保できるのです。

デメリット

準委任契約のデメリットは、稼働時間が設定されている点です。

稼働時間が設定されていると、拘束時間が発生し自分の好きな時間帯に働けなかったり、定期的な報告義務があったりと、人によっては窮屈に感じることもあるでしょう。

DAI
また、Kotlinでの業務で毎月の目標が達成できなければ、契約が途中で切れる可能性もあるので注意が必要です。

請負契約

請負契約とは、成果報酬型の契約のことです。

Kotlinでの成果物が完成すれば、報酬を得られます。

DAI
請負契約のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

請負契約のメリットは、比較的時間の融通が利きやすいという点です。

成果報酬型は稼働時間が設定されていないケースが多く、自分でスケジュール管理を行い、Kotlinの業務を進めていきます。

DAI
稼働時間の自由度が高い分、進めるペースや休日を自分で決められるのは大きなメリットだと言えます。

デメリット

請負契約のデメリットは、報酬が減額されるリスクがある点です。

Kotlinの業務が完了したとしても、クライアントが求めるクオリティ―に達していなければ、報酬が減額されたり支払われなかったりする可能性があります。

DAI
請負契約を結ぶ際はクライアントとの相違が生じないように、Kotlinの業務における達成要件や基準について入念に話し合うことが大切です。

委任契約

委任契約とは、法律行為に関する業務委託する際の契約のことです。

準委任契約と同様に契約期間が設けられていますが、目標を達成したか否かに関わらず報酬が支払われます。

具体的には、弁護士や税理士を雇う際に結ばれることが多いです。

Kotlinの業務委託で働くメリット

Kotlinの業務委託で働くメリットについてご紹介します。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される

DAI
ここからは、上記4つのメリットについて具体的に解説します。

自分の好きな仕事に集中できる

業務委託案件は、自分の好きな仕事に集中して働けます。

企業の会社員として働く場合、勤務先から与えられた業務をこなさなければなりません。

一方で業務委託は、得意分野で条件を絞ったり、受注したくない業務を除いて検索したりすることで、自分が興味のある業務を選べます。

DAI
多種多様な案件が掲載されており、興味のある業界の仕事と関われたりスキルや経験を得られたりと、自分の成長につながる効果が期待できるのです。

努力次第で収入アップが可能

Kotlinの業務委託案件に真摯に取り組みクライアントから信頼を獲得できれば、収入アップが期待できます。

会社員は固定給で給与が設定されているため、自社の事業に貢献したとしても成果が直接反映されにくいです。

一方で業務委託案件は、契約した企業の事業で活躍すると報酬がアップしやすい傾向にあります。

また、多種多様な職種やエンジニア業界の新規トレンドに触れ経験を積めば、今後さらに高単価な案件を受けられる可能性も高まるでしょう。

DAI
実際にKotlinの業務委託案件に貢献し、年収がアップした人も珍しくありません!

自分で業務時間を決められる

会社員として働く場合、勤務先の就業規則に定められた時間帯で働く必要があります。

一方、業務委託は稼働時間の自由度が高く、自分で働くKotlinの業務を進めることが可能です。

準委任契約は時間帯が指定されやすいですが、会社員と比べると希望するスケジュールへ柔軟に対応してくれるケースが多いです。

DAI
計画的に業務を進めれば、Kotlin案件をこなしながらプライベートも充実させられるでしょう。

人間関係のストレスから開放される

業務委託として働く場合、クライアントと対等な立場で仕事を進められます。

会社員は職場の人間関係で悩みを抱えたり、取引先の企業とのコミュニケーションに気を遣ったりと、会社の環境でストレスを抱えやすい傾向にあります。

一方、業務委託案件は正社員ではなく個人として受注するため、クライアントと対等な立場に立てるのです。

また、クライアントとの相性が良くない場合、エージェントに相談でき、自ら契約を終了することも可能です。

DAI
フルリモート案件も多く最小限のコミュニケーションで働けるため、人間関係のストレスを抱えにくい傾向にあるのです。

Kotlinの業務委託で働くデメリット

Kotlinの業務委託で働くデメリットについてご紹介します。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任

DAI
ここからは、上記3つのデメリットについて具体的に解説します。

労働基準法が適用されなくなる

業務委託は会社の正社員ではないため、労働基準法が適用されません。

作業工数や時間が想定以上にかかり、労働の対価としての報酬が低いことを主張したとしても守ってくれない可能性が高いです。

そのため、企業とKotlinの業務委託契約を結ぶ際は、入念に契約内容をチェックする必要があります。

DAI
具体的には、業務の作業工数から時間給を見積るなどの対策をおすすめします。

福利厚生が受けられない

業務委託契約では、雇用保険や労災保険といった福利厚生を受けられません。

万が一事故や病気などのトラブルで働けなくなっても、その働けない期間は収入が補償されないのです。

DAI
やむを得ず働けない場合に備えるためにも、Kotlinなどのエンジニアとして業務委託で働く際は、国民健康保険などに加入しておきましょう。

仕事のトラブルはすべて自己責任

フリーランスなどの業務委託で働く場合、基本的に仕事で発生したトラブルは自己責任となります。

企業のエンジニアとして働く会社員は、プロジェクトでミスをしても上司や会社がカバーしてくれます。

一方、業務委託委は業務でミスを起こしたり契約違反を犯したりした場合、契約の強制終了や損害賠償請求を受ける可能性があるでしょう。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託契約の締結に必要な契約書についてご紹介します。

  • 業務委託契約書が必要な理由
  • 業務委託契約で起きやすいトラブルとは?
  • 秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

取引先の企業と対等な関係でKotlinの業務を進めるためにも、企業と契約書を取り交わし、内容を入念に確認する必要があります。

DAI
ここからは、上記3つの点について具体的に解説します。

業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が必要な理由としてあげられるのは、以下の2つです。

  • 双方に意思合致があった証拠として使うため
  • 案件のトラブルを未然に防ぐため

実際に業務委託の仕事では、クライアントとの意思に相違が生じ、十分な報酬が支払われなかったり契約が更新されなかったりとトラブルが発生します。

DAI
契約書は証拠として効力を発揮するため、案件でのトラブル解決や防止につながるのです。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託案件で発生しやすいトラブルとして、以下の例があげられます。

  • クライアントの修正依頼が多いにも関らず、修正分の報酬が支払われない
  • 当初予定していた業務内容とは別の業務をこなしたのに報酬が変わらない

口頭でも業務委託契約を結べますが、当初の予定とは別に業務が発生したり修正が多かったりした場合、追加報酬を支払われない可能性が高まります。

DAI
上記のようなトラブルを防止するためにも、案件内容を書面に起こし、証拠力のある契約書を取り交わす必要があるのです。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

秘密保持契約とは、契約先との業務で知り得た機密情報や個人情報を漏洩させないための契約のことです。

Kotlinの案件に関らず、業務委託では秘密保持契約書を取り交わすケースが多いです。

DAI
秘密保持契約に違反すると、違約金や損害賠償金を支払うことになるので注意しましょう。

業務委任契約締結の主な流れ

業務委託契約締結の主な流れについてご紹介します。

  • ①契約内容の詳細について話し合う
  • ②業務委託契約書を作成する
  • ③契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  • ④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

DAI
ここからは、上記の4つの手順を詳しく解説します。

①契約内容の詳細について話し合う

業務委託契約では、クライアントと以下の内容について話し合うことが一般的です。

  • 報酬額
  • 契約期間
  • 業務範囲(「修正回数は1回まで」や稼働時間、ネイティブアプリ開発やWeb開発の業務内容など)

DAI
話し合いでは、クライアントの希望に沿うことも大切ですが、報酬額や業務内容に関する自分の意思を伝えることも重要です。

②業務委託契約書を作成する

クライアントとの話し合いをもとに、業務委託契約書が作成されます。

業務委託契約書や秘密保持契約書は、委託先が作成することが一般的です。

③契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う

クライアントから契約書が共有されるので、お互いに認識の相違がないか確認し合います。

具体的には報酬額や契約期間、業務範囲の話し合いで決めた内容や、契約違反となる行為についてチェックします。

DAI
上記でも述べたように契約書は業務トラブル発生時の証拠となるので、自分にとって不利となる内容の記載がないか入念に確認しておきましょう。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

契約書の内容に疑問や不安な点がなければ、契約書を取り交わして締結します。

最近では、クラウド上で電子契約を行うこともあるので念頭においておきましょう。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

業務委託の締結前に確認すべき条件についてご紹介します。

  • 契約形態は何か
  • 報酬についての記載はあるか
  • 報酬以外に経費の支払いはあるか
  • 稼働時間はどのくらいか
  • 稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか
  • 報酬の支払日はいつか
  • 契約期間、更新の有無について
  • 損害賠償の記載はあるか
  • 不利な内容は記載されていないか

DAI
Kotlinの業委託案件を探している人は、稼働時間や報酬額など契約内容について目を通しておきましょう。

契約形態は何か

基本的に業務委託の契約形態は準委任契約か請負契約のどちらかです。

Kotlinの案件を探す際は、稼働時間や報酬が支払われる条件をチェックします。

DAI
また、契約締結前に業務の範囲についても目を通しておきましょう。

具体的には、業務で扱うプログラミング言語の種類や、プロジェクトの一部を担当するのか、企画全体のマネジメントを担当するのかなどがあげられます。

報酬についての記載はあるか

業務委託案件における報酬の支払い方法は、企業によって異なります。

たとえば、時間単価やプロジェクト単位で報酬が支払われます。

DAI
時間単価で契約する場合、稼働時間の基準や報酬の計算方法などの記載を確認しておきましょう。

報酬以外に経費の支払いはあるか

Kotlinの業務委託案件を進めていくと、アプリケーション開発のツールが有料であったり、消耗品の購入代やPC回線の料金を支払ったりと費用がかかります。

契約先の企業が業務に必要なコストを支払ってくれれば、結果的に出費を抑えられるのでチェックしておきましょう。

稼働時間はどのくらいか

業務委託案件によって稼働時間の記載内容が異なります。

たとえば、「稼働基準時間140〜180時間」「最低稼働日数3日」などで、場合によってはサイトに記載されていないケースもあります。

DAI
稼働時間が曖昧に設定されていると、当初の想定以上に作業時間がかかる可能性があるので、契約前の話し合いで明確にしておきましょう。

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

精算幅とは、案件の単価に対して基準時間を設け、稼働時間の上限と下限を定めた時間幅のことです。

DAI
たとえば、案件には「160時間を基準の稼働時間とし、140〜180時間の精算幅で報酬○万円」といった内容が記載されていることがあります。

稼働時間の下限を下回ると報酬が減額され、上限を超えると報酬が加算されるケースが多いです。

精算幅が不明確である場合、労働時間に対しての報酬が変動せず十分な収入を得られないといったトラブルが発生するので注意しましょう。

報酬の支払日はいつか

業務委託案件には、報酬の支払日が設定されています。

基本的に報酬が支払われるのは翌月ですが、日時はクライアントによって異なるので確認しておきましょう。

特に請負契約は、月末に納品した場合、確認がとれるまでに時間がかかり、納品月の翌月に業務完了といった扱いになるケースがあります。

DAI
この場合、報酬の支払いが翌々月に先延ばしとなるので注意が必要です。

契約期間、更新の有無について

業務委託契約の契約期間や更新の有無について確認しましょう。

基本的に準委任契約などではKotlinなどの成果物が完成しない限り契約が更新されます。

しかし、クライアントの契約内容によっては一定の条件を満たさなければ契約が終了する可能性があります。

DAI
契約が終了して収入を得られないといった状況を避けるためにも、契約更新の条件についてチェックしておきましょう。

損害賠償の記載はあるか

契約先の機密情報の漏洩や成果物の著作権侵害、秘密保持契約の違反などを犯すと、損害賠償請求を受ける可能性があります。

DAI
損害賠償金額は、数百万〜数千万円となるケースもあります。

契約内容に違反しないためにも、どのような行為が損害にあたるのか必ず確認する必要があるのです。

不利な内容は記載されていないか

業務委託契約書に自分に不利な内容が記載されていないかチェックしましょう。

具体的には「経費はすべてワーカー負担」「損害賠償責任はワーカーが負う」といった内容が記載されている可能性があります。

契約書の詳細を確認しないと、結果的に報酬が減額したりトラブル発生時に大きな負担がかかったりするリスクがあるのです。

DAI
そのため、契約書の詳細は入念にチェックし、万が一不利な内容が掲載されていた場合は、クライアントに修正を依頼しましょう。

まとめ

本記事では、Kotlinにおすすめの案件サイトと、業務委託契約を結ぶ流れ・注意事項ついて解説しました。

DAI
自分に合う案件を探すため、複数のサービスに登録して併用しましょう。

Kotlinの業務委託案件を受注してさらに活躍の幅を広げたい人は、ぜひこの記事を参考にして取り組んでみてください。

フリーランスKotlinエンジニア向け案件紹介サービスおすすめBEST4
(下記サービスは、実務未経験・会社員の方への案件紹介はできません)
【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ 
大手企業の週4〜×高単価なKotlin案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
【第2位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/ 
有名企業の高単価案件多数。税理士紹介や休業手当などのサポートも充実しており、手厚いサポートを受けながら稼ぎたい人おすすめ。
週5案件も豊富なので、がっつり働きたい方におすすめ!
【第3位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
フリーランスエージェントの中でもサポート・福利厚生がかなり手厚いことが特徴
働きやすい週3〜案件・リモート案件もあり。独立後の不安が強い人にもおすすめ。
【第4位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
業界では珍しい
週1・2〜可の案件あり、土日・夜の稼働も応相談。直請の高単価案件が豊富!

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件を数多く保有。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランス独立に少しでも不安があるなら、まずはこちらへ相談がおすすめ。

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です