最終更新日:2020/10/23

《DAINOTE編集部が推薦!おすすめの転職エージェント・転職サービス》
第1位リクルートエージェント:転職エージェントの最大手で、求人数もNo.1。
第2位ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。IT業界志望なら登録しておいて損はないです。
第3位ポジウィルキャリア(旧ゲキサポ):自己分析や企業研究など、転職エージェントだけでは不十分な部分をサポートしてくれる転職サービス。無料相談あり。
第4位リクナビネクスト:定番のリクナビ。手っ取り早く求人情報を見てみたい方向けです。


【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

【ポジウィルキャリア】
求人を紹介しない、転職コーチングサービス。自己分析から、企業分析まで、一人ではなかなか進められない方にマンツーマンでアドバイザーがつきっきりでサポート。

【リクナビネクスト】4万件以上の求人から自分で求人を選びたいなら
まずは求人をまとめてチェックしたい方必見!地方在住者でもオンラインで4万件以上の求人が見れる転職サイト。

「何でこんなに転職失敗するの?失敗続きの転職から抜け出したい!」

「転職に成功して自分に合った企業で働くためにはどうすればいいの?」

転職活動をしている方の中で上記のような悩みを抱えている方はいませんか?

DAI
転職することで、今の環境を変えたい、スキルや年収をアップさせたいなど転職したい理由は人それぞれだと思いますが、中には上手くいかないという方もいらっしゃると思います。

そこで、今回の記事では転職系サービスの相談を行っていた経験から上記の転職のお悩みを解説していきます。

具体的には、以下の重要なポイントついてまとめていきますね。

  • 転職で失敗続きになる理由
  • 失敗続きの転職から脱出する方法
  • 迷ったら転職サービスを活用してみる
DAI
3分くらいで読めますし、この記事を読めば失敗続きの転職から抜け出す一歩が踏み出せると思うので、ぜひ読んでみてください!

転職で失敗続きになる理由とは?よくある共通点


男性A
失敗続きの転職を終わりにしたいんですが、なぜ転職で失敗してしまうのか分からなくて…。
DAI
一度転職に失敗している方からの相談を受けることも多く、どういう人が転職で失敗しているのかを見てきたのですが、殆どが以下3つのパターンなんですよね。
  • 負の動機だけで転職活動してしまう
  • 自分の就活の問題点を理解していない
  • 転職失敗を繰り返して抜け出せない

これらの状態である場合は、転職活動それ自体も、また内定してから入社してからも失敗する傾向があります。

DAI
詳しく解説していきますね。

共通点①:負の動機だけで転職活動してしまう

1つ目の共通点は、負の動機から転職していると、転職後も活躍できないということです。

男性A
今の会社が嫌だから転職したいって思うことが転職失敗に繋がっているっていうこと?
DAI
一概には言えませんが、ネガティブな考えだけで転職活動を行うことはあまりおすすめできません。なぜこれがダメかというかを簡単に解説しますね。

まず、求職者が負の動機だけで就職活動していると、採用側の雇うメリットを考えなくなってしまうんです。

DAI
「どこでもいいから今の状況から抜け出したい」というような方は、普通に会社だったらなかなか内定しません。

なぜかというと、採用側は「この人は何がモチベーション何だろう(WILL)。何ができるんだろう(SKILL)。雇うとうちに何を提供してくれるんだろう」という視点で見ます。負の動機の場合、これから成長する根拠としてのWILLやSKILLを整理できていないので、あまり雇いたくありません。

でも、運よく(悪く)内定してしまうような会社もあります。

DAI
その場合は、「WILLもSKILLもなくてOK」な会社、つまりフィルタリングしていない会社です。

つまり「従業員の満足度や成長などはどうでもよく、替えが効く誰でもできる仕事にとにかく人を突っ込む仕事」になるので、劣悪な環境になりがちです。

そのような職種につくと、別にすぐ辞めても別の人取ればいいという判断になるので、使い捨てのように扱われ、環境は悪くなりがちです。

男性A
転職先の環境が悪いのは避けたいな…。自分だけでなく、採用側のメリットも考えないといけない理由が理解できて良かった。

共通点②:自分の就活の問題点を理解していない

2つ目の共通点は、今の会社に入社して失敗した原因を振り返らず、逃げるように転職した結果、転職先も似たような会社になってしまったということです。

DAI
何度も転職を繰り返している人にはあるあるで、転職後も前職と同じ課題感で転職していることが多いです。

男性A
なるほどな。やっぱり今の現状に向き合って解決方法を考えることが大切なんだね。

男性A
確かに..。新卒で入った時も職種の憧れからだったけど、入社後思ってたのと違って後悔したんだよね。

共通点③:転職失敗を繰り返して抜け出せない

3つ目の共通点は、転職に何度も失敗した結果、転職回数や短期離職が増え、企業への求人が通らなくなったり、転職エージェントでも対応が悪くなって次の転職がしにくくなることです。

DAI
最も転職で大失敗するパターンであり、特に2回目以降の転職で発動するので、注意が必要です。
男性A
そうなんだよな。転職に失敗すればするほど求人が通らなくなってる気がするよ。

失敗続きの転職を脱出するためにやるべきことは?【転職成功のために】


男性A
転職で失敗続きだった原因は分かったから、失敗続きの転職から脱出する方法が知りたい!
DAI
これらの失敗例を踏まえて、転職活動で失敗しない方法について解説していきますね。

以下の手順で転職活動を進めてみましょう。

  • 自分のやりたいこと、やりたくないことの点数付け
  • 自分の将来を考えるための選択肢の洗い出しと、点数の評価
  • 臨んだ選択肢の徹底調査

手順①:自分のやりたいこと・やりたくないことを洗い出す

まず、自分の価値観の洗い出しをします。そしてそれらの価値観について、スコアリングを行います。

やりたいこと

  • 尊敬できる人と働く +4
  • 家賃補助があり、福利厚生の支援が厚い会社で働く +1
  • 今の仕事ではなく、違う職種の仕事で働く +3

やりたくないこと

  • 自分が尊敬できない人と一緒に働く -10
  • 年収300万未満の環境で働く  -4
  • 成長ができない会社で働く -5
DAI
このように自分の価値観のスコアリングを行うことで、自分が何を求めているのか客観的に見つめることが出来ます。

手順②:自分の将来を考えるための選択肢と点数の評価を出す

次に、自分の検討している選択肢をスコアリングしていきます。

DAI
例えば、下記のような感じです。

現職のまま維持

  • 年収が高い +3
  • チームメンバーとの関係も良好 +2
  • フレックスタイム制 +3
  • 成長を感じない -8
  • 自分がやりたい部署に就けない -8
  • 上司が尊敬できない -5

エンジニアへの転職

  • 自分が好きなもの作りができる +10
  • 未経験枠になるので確実に年収が下がる -3
  • 上司の転職ガチャの危険性 -5
  • 残業などの労働時間が増える -4

フリーランスとして独立

  • 好きな時間に起きて好きな場所で働ける +3
  • クライアントを選ぶことができるので、自分と合う人と働きやすい +5
  • 1人で働くことが増え、人とかかわることが減ってしまう -2
  • 年収も大きく下がる可能性が高い -3
DAI
僕の場合、最初の転職の際は上記のような感じで選択肢をフラットに見て、意外に憧れていたフリーランスも、成長性のことを考えると微妙だなと感じ、選択肢から外しました。

手順③:望んだ選択肢を徹底調査する

自分の選択肢が決まったら、その選択肢の徹底調査を行います。

DAI
例えば、エンジニアに転職するとして、必要になるのは、以下の通りです。
  • 自己理解:自分がエンジニアになりたい理由は何かを理解する
  • 企業理解:企業が自分に求めていることは何か、自分が企業に求めているものは何かを理解する
  • 相手目線:自分の志向を企業にちゃんとコミュニケーションできるか

自己理解については、前のフェーズで理解できているはずなので、問題ないです。

企業理解については、自分が企業に求めることと、企業が自分に求めていることを明確にしておくことの2点が重要です。

エンジニアになりたい場合は、しっかりとコードを書く職種につけるかなどですね。逆に企業が自分に求めることは、面接の際に何が求められているか把握する必要があるので、しっかりと調査しましょう。やり方としては、できればその仕事をしている人に直接聞いてみるのがいいと思います。

相手目線については、相手の視点でコミュニケーションを取ることになります。

DAI
この3つがあると転職活動がしっかりと進みます。
男性A
なるほどなあ。この記事の転職手順を参考にやってみようかな。

【迷ったら】転職サービスを利用してみる

男性A
とはいえ、一人で転職活動を進めるのは不安だな…。
DAI
転職活動は、誰かと相談しながら進めるのがおすすめです! 第三者から評価してもらうことで、自分について客観的に知ることができますよ。

自分一人で「自分に向いてる仕事は何だろう」「自分とはどんな人間なんだろう」と考えても、主観でしか考えることができないので、限界があるんですよね。

自分とは利害関係のない第三者から評価してもらうことで、自分について客観的に知ることができます。

DAI
第三者から評価されると、自信を持って「私はこんな人間です!」と言えるようになりますよ。

第三者から評価してもらうには、転職サービスを使うのが一番手っ取り早いです。

おすすめの転職サービス

  • ゲキサポ!キャリア:キャリア相談や自己分析など、誰かと一緒に相談しつつ転職活動を進めたいという方におすすめです。無料相談もあり。
  • グッドポイント診断:リクナビネクスト内の自己分析ツール。もちろん無料。自分の強みを診断することができるので、まずはこれで現状の自分を理解してみるのがおすすめです。

転職サービスは必須ではありませんが、転職活動をスムーズに進めるうえで役に立ちます。

それぞれの特徴を紹介するので、気になる方は使ってみてください!

ゲキサポ!キャリア:じっくり転職相談をしたい方向け

【ポジウィルキャリア】
求人を紹介しない、転職コーチングサービス。自己分析から、企業分析まで、一人ではなかなか進められない方にアドバイザーが短期集中でつきっきりでサポート。

DAI
ポジウィルキャリア(旧ゲキサポ)は、短期集中であなたの転職活動を全力サポートしてくれるサービスです。プロのトレーナーがつきっきりで支援してくれるので、転職活動に悩んでいる方にはぴったりですよ!

転職サイトや転職エージェントとは違い、ポジウィルキャリアは求人紹介はしません。

ポジウィルキャリアは、プロのキャリアアドバイザーが自己分析や企業研究のサポートをしてくれます。

普通の転職サイトや転職エージェントだと、以下のような問題がなかなか解決できないですよね。

  • 自分がやりたいことがそもそもわからない
  • やりたいことがわかっても、自分が必要とされている会社が分からない
  • 自分の経歴をどう活用して転職活動すればいいか分からない
  • 転職エージェントにいっても、早く転職させようとしている感じがして心配
DAI
そこでポジウィルキャリアです。おすすめは、転職サイトや転職エージェントで求人を紹介してもらいつつ、ポジウィルキャリアで自己分析や企業研究などをしてもらうことです。

気になる方は、まずは無料相談を受けてみましょう!

ポジウィルキャリアの無料相談に予約する手順

  1. ポジウィルキャリア」の公式サイトにアクセスして「無料相談を予約する」をクリック
  2. 無料相談を受けたい日程を選択
  3. 時間を指定
  4. 必要事項(名前,メールアドレス,電話番号)を入力して、予約完了!
DAI
履歴書のようなものは書く必要がないので、2分ほどで簡単に予約できます。
無料でポジウィルキャリアに相談してみる

グッドポイント診断:自分の強みを診断してくれます

【リクナビネクスト】4万件以上の求人から自分で求人を選びたいなら
あなたの強みを見つける自己分析ツール。診断に答えるとあなたの強みが判明し、自己分析にも活用できます!

グッドポイント診断とは、リクナビネクストの自己分析ツールです。

DAI
就職活動時のSPIのようなもので、選択形式の質問に答えていくと、自分の強みを見つけることができます。

「自分の強みとは何か?」を明確にすることで、自分に合った仕事を見つけるヒントを得られます。

診断する手順はとても簡単です。

これだけです。

転職活動をこれから進める方は、まずはリクナビネクストに3分で登録してみて、自己分析の診断してみましょう。

リクナビネクストで自分の強みを診断してみる

まとめ:転職で失敗して後悔しないために

今回は、転職が失敗続きの原因と失敗続きの転職から抜け出す方法について解説しました。

転職で失敗続きの人の共通点

  • 負の動機だけで転職活動してしまう
  • 自分の就活の問題点を理解していない
  • 転職失敗を繰り返して抜け出せない

失敗続きの転職から脱出する方法

  • 自分のやりたいこと・やりたくないことの洗い出す
  • 自分の将来を考えるための選択肢と点数の評価を出す
  • 望んだ選択肢を徹底調査する
DAI
転職が失敗してしまうのには必ず原因があるので、自分としっかり向き合うことが大切です。また、客観的に自分を見つめるために転職サービスを活用することをおすすめします!

関連記事

20代・第二新卒向けの転職サイト、転職エージェントサイトまとめ
IT業界に強いおすすめの転職エージェント5選

今回紹介した転職サービス

【ゲキサポ!キャリア】
求人を紹介しない、転職コーチングサービス。自己分析から、企業分析まで、一人ではなかなか進められない方にマンツーマンでアドバイザーがはりつきでサポート。
【リクナビネクスト】4万件以上の求人から自分で求人を選びたいなら
まずは求人をまとめてチェックしたい方必見!地方在住者でもオンラインで4万件以上の求人が見れる転職サイト。