最終更新日:2020/10/26

《DAINOTE編集部推薦、おすすめの転職エージェント》

リクルートエージェント:求人数が業界最多。迷ったらここに登録しておけば十分です。

DODA:リクルートエージェントに次ぐ求人数。

ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。マーケター志望なら登録しておいて損はないと思います。

女性A
マーケターに転職しよう!

これからマーケターに転職したいと思っている方の中で、以下のような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

  • マーケターにおすすめの転職エージェントが知りたい
  • マーケターの仕事内容って?
  • マーケターに未経験から転職したい…!

今回は、マーケターへおすすめの転職サービスエージェントについてご紹介します。

DAI
実際に以下のエージェントを事例をあげながら解説していきますね。
【doda】転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。
【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
IT領域に強い、総合型転職エージェント。実際に利用してみましたが、キャリアアドバイザーの方は非常に領域に詳しく、よかったです。

マーケター転職の求人はどのように見る?

職種ごとに、マーケターの求人を見てみましょう。

DODAの求人の場合

DAI
DODAに無料登録して、求人を見てみます。
DODAに1分で無料登録する

あるリスティング広告職種である学習塾の事業会社の求人です。

求人の特徴としては、以下の通りです。

  • 業界未経験も歓迎。つまりマーケティング未経験でも就職が可能
  • 月収は40万~60万と、未経験職種にしては報酬がよい

さらに、リスティング広告ができると、副業でベンチャー支援なども行うことができるので、非常によいキャリアの選択肢かと思います。

DAI
少なくとも同業他社への転職は容易かと思われます。
DODAに1分で無料登録する

続いて、同じくDODAの求人です。

こちらはおそらく支援会社兼事業会社のマーケターの求人となります。

求人の特徴としては、以下の通りです。

  • 未経験は不可。最低限1年のWebマーケティング業界の経験が必要
  • SEO、リスティング広告、アフィリエイト、ディスプレイ広告など、さまざまなマーケティングポジションの求人
  • 月給は25万ほど

ワークポートの求人の場合

DAI
こちらも無料登録して、求人をみてみましょう。
ワークポートに1分で無料登録

求人はある人材紹介会社のWebマーケターの募集です。

求人の特徴としては、以下の通りです。

  • 給与 300万円~550万円
  • 職務としては、ディレクション業務、SEO対策リスティング等WEB広告、アクセス解析を行う
  • 就職にはWEBディレクター、WEBマーケティング実務経験1年以上必要
DAI
このように求人によって募集内容が異なるので、しっかりチェックしてみるのが良いと思います!
ワークポートに1分で無料登録

おすすめのマーケティング転職サイト・転職エージェント3選

DAI
もし未経験からマーケターになりたい場合は、一度転職エージェントを使ってみるのがおすすめです。

というのも、転職エージェントの人に、以下のことをヒアリングできるからです。

  • どういう人が未経験からマーケターとして転職できているか
  • 自分の経歴・スキル感だったらどのような職種に紹介可能か
DAI
転職エージェントは基本的に登録は無料で、あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届くので、今すぐにマーケターに転職しなくても、登録しておいて損はないですよ!

転職エージェントに登録する場合、未経験の場合は、マーケティング専門の転職サイトに登録しても意味がないので、求人が多いエージェントに登録しておきましょう。

おすすめの優良な転職エージェント

  • リクルートエージェント:求人数が業界最多。迷ったらここに登録しておけば十分です。
  • DODA:リクルートエージェントに次ぐ求人数。
  • ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。マーケター志望なら登録しておいて損はないと思います。
DAI
基本的には一番求人の多いリクルートエージェントに登録しておけば問題はありません。より多くの求人を見てみたいという方は、併せてDODAワークポートにも登録しておくといいですよ。

リクルートエージェント&DODA:最大規模の転職エージェント

DAI
転職活動をする時に登録すべき求人サイトの条件は、「求人数が多い」。これに尽きます!

なので、転職を考えている人は、以下2つだけ登録してください。

以上に登録しておけば十分です。

リクルートエージェント・DODAどちらにも共通するのは、求人数が豊富なことと、転職に強いアドバイザーが多いこと

DAI
どちらを使っても、結局いいキャリアアドバイザーに当たるかどうかが重要なので、両方登録しておいて、いいアドバイザーの方に相談して進めるのがよいと思います!
DODA
転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント

ワークポート:IT系で未経験OKの求人に強い転職エージェント

公式:
https://workport.co.jp/

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

ワークポートは、IT領域に強い総合型転職エージェントです。

比較的多めのIT系の求人を多く持っています。例えば、

  • デザイナー
  • マーケター
  • インサイドセールス
  • エンジニア

などなど。

実際に私も利用してみましたが、キャリアサポートをしてくださった方は、IT領域にはかなり詳しかったです。

さらに言えば、人当たりもよい方で、非常に安心できました(詳しくは評判記事もよんでみてください。)

未経験OKのIT系なら、ワークポートは比較的いい求人が多いです。

公式:https://workport.co.jp/
評判記事:【体験談】ワークポートの評判を確かめに、面談してきた感想

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスな方向け!IT転職特化型エージェント。

マーケティングの種類・就職先

DAI
マーケティングの仕事について解説しますね。

マーケターの種類

一口にマーケターと言っても、さまざまなジャンルがあります。

  • データアナリスト:広告運用の効果をデータ解析してレポートするマーケター
  • 広告運用担当:有料の広告を利用して、申し込みを増やすマーケター。Facebook広告、Twitter広告、Google広告など色々ある
  • SEO、SEM:検索上位最適化。Google検索の上位表示させるマーケターが担当
  • Webディレクター:Webデザイナー、エンジニア、マーケター等のディレクションを行う

未経験の場合、配属された後に基本的にはスキルを身につけることになります。

DAI
マーケターのよい点として、IT業界では比較的珍しく、エンジニアやWebデザイナーと違って未経験でもマーケターとして採用されやすいです。

マーケターの就職先

マーケターは大きく分けて、以下のような会社で働きます。

  • 支援会社
  • 事業会社

支援会社でのマーケターのキャリア

支援会社では、クライアントのマーケティング支援を行います。

具体例を出すと、電通、博報堂、外資系だとアクセンチュアなどがそうですね。マーケティングを支援してもらいたいクライアントに、マーケティング業務の一部を代行することになります。

DAI
支援会社は、複数のクライアントからマーケティング業務を請け負います。

メリットとしては、以下の通りです。

  • 複数のクライアントを受け持つことができるので、業界知識やデータを知りやすい
  • 社内には専門技術に特化している人が多いので、技術を身につけやすい

支援会社の一番良いポイントとして、のちに紹介する事業会社と比較すると、複数業界にまたがった見識を得やすい環境にあります。

例えば、「●●業界だったらこの広告やこのメッセージが刺さる」など、業界特有な情報が複数の業界から得られるので、業界知識がつきやすい傾向があります

また、支援会社は通常「リスティング広告代行」など、運用型広告の一部に特化していることが多いです。

DAI
そこで運用を行うと、多くの知識が仕組み化されていて、割と早い段階で技術を身に着けることができるようになります。

一方で、デメリットとしては以下の通りです。

  • そのスキル獲得後のキャリアパスがなく、年収も上がりにくい傾向がある
  • マーケティング全体を見通すことができないため、一部の運用を担当するところでキャリアが行き詰まる

運用系のスキルは、ある程度身につけてしまうと、それ以上何か身につきにくいです。

DAI
基本的には広告の最新情報にアップデートすることになりますが、それだけでは市場価値が上がらないのが苦しいポイントです。

広告代理店などの支援会社でマーケティングをしていると、広告主から与えられた目先の数値のみに合わせていくことになります。

そこで、事業を通してマーケティングを行う経験がつめないという問題があります。

事業会社でのマーケターのキャリア

事業会社では、その事業会社の中でマーケターを担当します。

一般的にこれをインハウス・マーケターと呼びます。支援会社は基本的に社内のマーケティング機能を果たす仕事を行います。

事業会社でマーケターを行うメリットは、以下の通りです。

  • 自社のマーケティング全般を見渡すことができるので、マーケティングの総合的なスキルが身につきやすい

支援会社とは違って、事業会社ではマーケティング全般を見渡しやすいです。

例えば、僕自身事業会社でWebマーケティングを担当しておりましたが、どのマーケティング施策をするべきか等に意思決定に関われました。このお客さんだったらリスティング広告を利用しよう!Facebook広告を利用しよう!などと全体の意思決定に関わることができました。
また、「認知段階だったらリスティングで」「刈り取りはディスプレイ広告で」などと、全体の認知から獲得までの設計も担当することができました。

DAI
支援会社と違って、事業会社のマーケターはこのように全体設計まで関与できるのが大きな特徴です。

一方で、事業会社でマーケターをするデメリットは以下の通りです。

  • 専門性を身につけにくい

事業会社にいると、上流工程のマーケティングを行うことも多く、支援会社と比べると広告の運用スキル等をがっつりと身に付けにくいです。

DAI
その分のスキルは社外の勉強会に出席したりする必要があります。
未経験からマーケティング職に転職するには?職種・仕事内容・未経験からの転職方法についてまとめてみた!

マーケターの年収は?

就職して1-3年程度であれば、だいたい年収は300-400万ほどになります。

一方で、技術を身に付け、転職した場合は400万-ほどになります。

DAI
今、フリーランスとして働いておりますが、Webマーケティングを学んだ結果、年収1200万ほどになっています。

理由としては、以下の2点です。

  1. 自分でメディアを作成して、それをマーケティングしているので、月100万ほど固定収入がある
  2. クライアントワークでコンサルティングを依頼された場合にも、月20-30万ほど入る

独立する前も年収が500万円+マーケティングの副業収入が500万円だったので、年収1000万円ほどでした。

DAI
長期的に見て、マーケターのキャリアは、本業+副業でも大きく年収アップを期待できる職種です。(※もちろん個人差もあります)

マーケター転職する理由やメリットは?

マーケター転職のメリットとしては、以下の3点です。

  • 未経験でも採用可能
  • 需要が大きい職種
  • フリーランスで独立、起業しやすい

マーケターはほかのIT職種(エンジニア、Webデザイナー)と比べると、未経験でも採用されやすいです。

同時に未経験で採用されても、ある程度のレベルまではレベルアップすることが可能です。

さらに、マーケターは非常に需要がある職種です。

DAI
そのため、転職にもあまり困らないようになっています。

そして、一番のメリットは、フリーランスで独立しやすい点です。

DAI
半年のマーケティング職での経験を通して、現在独立しておりますが、マーケティングの職種はどこでも経験がある人が重宝されるので、フリーランスとしても働きやすいです。

マーケターに転職する際に気を付けるべきポイント

マーケターが転職サイト・転職エージェントを選ぶ際、以下の2点を気を付けましょう。

  • 未経験:未経験OKの求人が多い、総合型エージェントを利用する
  • 経験者:特化型エージェントを利用する
DAI
未経験か経験者かで持っているスキルが異なるので、それぞれに合ったエージェントを選ぶのがおすすめです。

未経験からマーケターへ転職するには?

マーケターといえども、現在の実務経験がないと、なかなか転職できません。

未経験からマーケティング職に転職する場合、以下などの方法があります。

  • ①未経験でも入れる、労働集約の広告代理店に転職して、経験を付ける
  • ②とにかく手を動かせる人が欲しいベンチャーに入って、簡単な仕事から徐々に権限をもらい、大きなマーケ職の仕事をする
  • ③独学でSNSやSEOなどを学び、実績をもとに転職する

未経験からマーケティング職に転職するには?職種・仕事内容・未経験からの転職方法についてまとめてみた!

未経験マーケターにおすすめのキャリアパス

未経験マーケターのおすすめなキャリアパスについて解説します。

  • 小規模な支援会社に入社してから、転職して事業会社のマーケ責任者のポジションにつく

広告業界は、一般的に、代理店とインハウス(事業会社)がありますが、支援会社は比較的入りやすい傾向があります。

また、支援会社は特定領域のマーケティング力については短時間でしっかりと身に付けることが可能です。

DAI
そのため、最初に入りやすく基礎的なスキルが付きやすい支援会社に入社して、ある程度の型を身に付けたら、その後支援会社に転職したマーケターの友人は多いです。

支援会社からは見えなかった事業会社の全体像を見渡しながら、マーケティングの全体設計に関わることが可能です。

未経験からマーケティング職に転職するには?職種・仕事内容・未経験からの転職方法についてまとめてみた!

転職するのではなく、フリーランスを目指すのもあり!

IT系の職種は、フリーランスという仕事スタイルに親和性が高いのが魅力の一つです。

既にマーケターとして働いている方は、転職ではなくフリーランスも検討してみましょう。

DAI
特にWebマーケターの方などはスキルがあれば、フリーでも仕事を得て十分食べていけるはずです!

IT業界のいいところは、他の業界に比べて働き方もかなり多様であるところだと思うので、いずれフリーランスとしての独立を考えている人はどんどんリサーチしていきましょう。

IT系のフリーランスの職種と案件の獲得方法についてまとめてみた

まずはフリーランスのエージェントに登録して、会社勤務から独立した場合、年収がどれくらいになるか見てみるのが良いと思います。

DAI
実際の案件など査定してくれるので、フリーランス向けのエージェントで相談してみるのがおすすめです!

おすすめのフリーランス向けエージェント

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
DAI
ここから詳しく解説していきますね。

レバテックフリーランス

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
案件数 約10000件
最低稼働日数 週3日~
主な求人ジャンル Webエンジニア、Webディレクター
公式サイト: https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。主な特徴としては、

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな特徴としては、

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. エンジニア業界に精通したエージェントが案件サポートをしてくれる
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

特に目を見張るのは、業界最高水準の案件単価です。

平均報酬額71.1万円と、非常に高くなっています。

また、職種ごとに案件の平均単価もみれます。

②キャリアコンサルタントの質が高い

レバレジーズのノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2020年、7月現在の求人数ですが、

  • エンジニア
  • Webディレクター

の案件が比較的多めになっています。

プログラマー 1818件
プロジェクトマネージャー 502件
フロントエンドエンジニア 228件
SE 2764件
インフラエンジニア 1941件
ネットワークエンジニア 411件
PMO 272件

ミッドワークスなどのITフリーランスエージェントと併用しつつ、自分にあった案件を見つけてみましょう!

レバテックフリーランス(公式):
https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

 

Midworks(ミッドワークス)

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
案件数 約1200件
最低稼働日数 週3日~
主な求人ジャンル Webエンジニア、Webディレクター
公式サイト: https://mid-works.com/

ミッドワークスは、週3からの案件がある、IT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェント。

ミッドワークスの大きな特徴としては、

  1. 豊富な案件数
  2. フリーランスでも正社員なみの保証
  3. 低マージン+単価公開でクリアな契約

です。

①豊富な案件数

2020年、9月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が多めになっています。

エンジニア 215件
アナリスト 1件
企画・マーケティング 35件
Webディレクター 4件
Webデザイナー 19件

特にエンジニアの方で、フリーランスの方、これから独立を検討されている方には、ぜひおすすめです。

②フリーランスでも正社員なみの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」

などがあります。

独立すると、年収の大部分が税金で持っていかれます。また、案件もなかなか営業すると獲得することが大変です。

③低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%。

一方、Midworksのマージン率は10~15%となります。

そのため、他のエージェントと比較すると、案件単価が高いのが特徴です。

高単価案件を取りたいエンジニア、ディレクターには、単価が比較的高いのでお勧めです。

また、これから独立を考えているエンジニア、ディレクターの方は、独立後具体的にどのくらいの単価で案件を受けられるのかヒアリングできるので、ぜひ面談してみてください!

 

まとめ

DAI
今回の記事内容をまとめていきましょう。

Webマーケティング職につくと、以下のようなメリットがあります。

  • 未経験でも採用可能
  • 需要が大きい職種
  • フリーランスで独立、起業しやすい

さらに働く会社には、以下の2種類があります。

  • 支援会社
  • 事業会社

Webマーケティングの職種へ転職するなら、以下のエージェントがおすすめです。

まずはリクルートエージェントや、DODAなどのエージェントに登録して、転職の第一歩を踏み出してみてください。

DAI
基本的にはリクルートエージェントの案件をみて、もしいい案件がなければDODAで、もしなければワークポートで、と探していくのがおすすめです。

そして自分の希望する職種の情報がいつでも通知されるような状態にしておき、どのような案件があるのかしっかりみて業界研究しておきましょう。

今回紹介した転職エージェント

【doda】転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。
【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
IT領域に強い、総合型転職エージェント。実際に利用してみましたが、キャリアアドバイザーの方は非常に領域に詳しく、よかったです。

《DAINOTE編集部推薦、おすすめの転職エージェント》

リクルートエージェント:求人数が業界最多。迷ったらここに登録しておけば十分です。

DODA:リクルートエージェントに次ぐ求人数。

ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。マーケター志望なら登録しておいて損はないと思います。

関連記事

未経験からマーケティング職に転職するには?職種・仕事内容・未経験からの転職方法についてまとめてみた!
マーケティングとプログラミングだけは今だからこそ早めに学んでおくべき3つの理由
IT業界に強いおすすめの転職エージェント5選
未経験からマーケティング職に転職するには?職種・仕事内容・未経験からの転職方法についてまとめてみた!