最終更新日:2021/10/01
WordPress案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェント

【第1位】レバテックフリーランス
(公式:
https://freelance.levtech.jp
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第2位】ITプロパートナーズ
(公式:https://itpropartners.com
リモート可能な案件、週2〜3日からOKな案件が豊富!
【第3位】テクフリ
(公式:https://freelance.techcareer.jp
独自のマッチングシステムで自分に合った案件を探すことが可能。マージン10%~と業界トップレベルに低く、高単価の案件が多数!
【第4位】Midworks
(公式:https://mid-works.com
福利厚生の支援が手厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均66.8万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

「WordPressエンジニアのフリーランスとして仕事を探しているけれど、なかなか良い案件が見つからない」
「WordPressエンジニアのフリーランスに転身したいけれど、年収・仕事内容が心配,,,」

今回は、WordPressエンジニアのフリーランスを目指されている方、より一層活躍したい方に向けて、WordPressエンジニア向け案件があるフリーランスエージェントをご紹介します。

DAI
以下の表は、WordPressエンジニア向け案件があるおすすめのフリーランスエージェントの比較です。
公式サイト 案件数 単価中央値(月) 地域 直請け 特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp 60万~80万円 首都圏・関西圏 フリーランス案件の紹介で15年以上の実績があり、認知度はNo.1。
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com 30万~50万円 首都圏・関西圏 週2〜3日からOKの案件を多く取り扱っており、フレキシブルな働き方が可能。
テクフリ https://freelance.techcareer.jp 60万〜80万円 首都圏

独自の案件マッチングシステムがあり、高単価案件を多数保有。

Midworks https://mid-works.com 30万~50万円 首都圏・大阪 福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能。

※2021年9月時点 各公式サイトより算出(DAINOTE調べ)

 

WordPressエンジニアのフリーランスエージェントを選ぶ4つの基準

今回は、4つのフリーランスエージェントを4項目の基準で比べていきます。

DAI
以下から詳しく説明します。

案件数

案件数はレバテックフリーランスが最も多く、次いでITプロパートナーズという結果となりました。

しかし、サイトに掲載されているのは一部であり、高単価・好条件な案件は非公開求人になっている場合があります。

※上記のような案件が非公開求人なのは、応募が殺到し、採用コストが増加してしまうため。

そのため、複数のフリーランスエージェントのサイトに登録し、網羅的に案件を探すことがおすすめです。

単価

レバテックフリーランスでは、単価70万円~・80万円~の案件が群を抜いて多く掲載されていました。

また、テクフリは、案件総数に占める単価70万円~の案件が多く掲載されていました。

以上の2つは、相対的に単価が高い案件を多く保持している印象でした。

一方で、ITプロパートナーズ単価100万円の案件もあり、最高額が高いという印象です。

地域

次に案件を行う地域ですが、基本的には首都圏中心の案件が多いです。

今回ご紹介しているエージェントでは、関西圏での案件も多くあるので、お住いの地域から案件を探してみてください。

直請け

どのフリーランスエージェントも直請け案件は一定数ありますが、
今回ご紹介しているレバテックフリーランス」「テクフリ」「ITプロパートナーズ」「Midworksは、直請けが多いです。

DAI
直請けの案件になると高単価で好条件になりやすいです。

WordPressエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント4選

公式サイト 案件数 単価中央値(月) 地域 直請け 特徴
レバッテクフリーランス https://freelance.levtech.jp 60万~80万円 首都圏・関西圏 フリーランス案件の紹介で15年以上の実績があり、認知度はNo.1。
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com 30万~50万円 首都圏・関西圏 週2〜3日からOKの案件を多く取り扱っており、フレキシブルな働き方が可能。
テクフリ https://freelance.techcareer.jp 60万〜80万円 首都圏

独自の案件マッチングシステムがあり、高単価案件を多数保有。

Midworks https://mid-works.com 30万~50万円 首都圏・大阪 福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能。

※2021年9月時点 各公式サイトより算出(DAINOTE調べ)

ここでは、この記事で紹介している「WordPressエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント」について詳しく解説していきます。

  • レバテックフリーランス
  • ITプロパートナーズ
  • テクフリ
  • Midworks

レバテックフリーランス

公式サイト:https://levtech.jp

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数  29,443件
平均単価(月) 71万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週3案件、リモート案件多数

※2021年9月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えており、利用者の平均年収は862万円という高水準です。

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」になっています。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは、業界最多水準で、公開されている案件だけで29,443件以上に上ります。

エンジニア 17929 件
デザイナー 481
マーケター 34件
コンサル 1075

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

他のフリーランスエージェントと比較しても、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

全ての案件において最も多くなっています。

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

また、レバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」になっています。

なぜ非公開求人が多いの?

※非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。
そのため、公に公開することはせず、担当者が直接依頼する形をとるために非公開の求人が多くなっています。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかなどが分かります。今すぐフリーランスになるかどうか分からなくても、気軽に相談してみるのがお勧めです。
レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,072件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週2〜3日稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2021年9月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週2~3日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週2~3日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週2~3からOKの案件が多くあるという点です。

実際、フリーランスエージェントの多くは以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

その点、ITプロパートナーズは週2~3からOKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントとなっています。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

また、ITプロパートナーズは公開求人数で比較すると、エンジニア、デザイナー、マーケター全ての職種で業界最多水準の案件数になっています。

他のエージェントの場合、以下のような特徴がありデザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 扱っていたとしても、案件数が少なかったりサービス利用可能地域が都市部だけに限定されている

ですが、ITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高まります。

DAI
そのため、まずはリモートや週2、3日から仕事を始めてみたいというデザイナーやマーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

テクフリ

公式サイト:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均66.8万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら
DAI
テクフリは、エンジニアに特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 6,066件
平均単価 66.8万
マージン率 10%~
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2021年9月時点・公式サイトより引用/算出

テクフリの特徴としては、何と言っても案件の質の高さです。

  • 平均66.8万の高単価案件
  • サイバーエージェントを始めとする多くの上場企業の案件取り扱いあり

運営元である株式会社アイデンティティは、テクフリ外にも複数のIT人材派遣事業を行っていることから高品質な案件が多いのが特徴です。

DAI
また、テクフリは独自の案件マッチングシステムも持っていることから、自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントになっています。

公式:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均66.8万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら

Midworks

公式サイト:https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの大きな特徴は以下の3点です。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約

特徴①:豊富な案件数

2021年9月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が多めになっています。

エンジニア 479件
アナリスト 16件
Webディレクター 88件
UI/UXデザイナー 54件

※公式サイト(https://mid-works.com/)より算出

特徴②:フリーランスでも正社員並みの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、以下のような保証もあります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。Midworksであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。

特徴③:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%ですが、

Midworksのマージン率は10~15%となります。

DAI
そのため、他のエージェントと比較すると案件単価が高いのが特徴です。

Midworksの登録方法

登録&相談は無料です。フリーランスを目指すのであれば登録は必須だと思います。

DAI
とりあえず登録しておき、実際に案件紹介を受けながら検討してみましょう!

ミッドワークスに無料登録する手順(簡単・30秒ほど)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

WordPressエンジニア案件の仕事内容

ここでは、WordPress案件で依頼される仕事内容についてご紹介します。

  • Webサイトの作成・公開
  • テーマカスタマイズ
  • テーマ作成
  • ページ・コンテンツの追加
  • サイトの保守・運営

以上5つについて、詳しく解説します。

1.Webサイトの作成・公開

Webサイトの作成では、企業や店舗、個人事業主のホームページ制作を請け負います。

WordPress案件では、個人よりも企業案件の方が高単価
となっています。

2.テーマカスタマイズ

WordPressには、Webサイトのデザインを変更できる既存のテーマ(テンプレート)が多く用意されています。

既存のテーマをサイトの用途やコンセプトに合わせてカスタマイズし、クライアントが使いやすいように機能の追加(プラグイン)・改善などの作業を行います。

DAI
カスタマイズにはCSS/PHPのスキルが必要で、サイト運営者にはできないことも多いため、需要のある仕事です。

3.テーマ作成

既存のテーマのカスタマイズだけではなく、オリジナルのテーマを作成する仕事もあります。

また、クライアントの案件で作成するだけでなく、自分でオリジナルのテーマを作成するのも1つです。

DAI
テーマ(テンプレート)販売は、作品さえ完成すればデータを販売するだけなので、ヒットすれば1つの収入源になります。

4.ページ・コンテンツの追加

既存のサイトに、ページやコンテンツを追加するのも、WordPress案件の1つです。

5.サイトの保守・運営

Webサイト制作後の保守や運営も、WordPressを活用した案件の1つです。

例えば、エラーの対応やバックアップ、バージョンアップなどの日々のメンテナンスを行います。

DAI
1度依頼を受けると、固定料金として安定的な収入が入ってくる案件が多いのが特徴です。

WordPressエンジニア案件の単価・年収

ここでは、WordPress案件の平均単価と実務経験年数に応じた年収についてご紹介します。

案件の平均単価

フリーランススタートによると、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~70万円程度です。

WordPress案件の平均単価は60.1万円、中央値単価は60万円、最高単価は125万円、最低単価は20万円となっています。

単価は、案件の内容・作業時間によって異なりますが、実務経験年数によって左右される場合があります。

WordPress案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。

単価相場
経験1年未満 30万円前後
経験1年~2年 36万円前後
経験2年~3年 51万円前後
経験3年~5年 60万円前後
経験5年以上 72万円前後

※2021年09月時点(フリーランススタート調べ)
公式:https://freelance-start.com/jobs/skill-326

平均年収

WordPress案件の実務経験年数に応じた年収の相場は以下の通りです。

年収(平均単価×12カ月)
経験1年未満 360万円
経験1年~2年 432万円
経験2年~3年 612万円
経験3年~5年 720万円
経験5年以上 864万円

※2021年09月(フリーランススタート調べ)
公式:https://freelance-start.com/jobs/skill-326

WordPressエンジニアにとって必要なスキルとは

WordPressの特徴は、既存のテーマやプラグインを用いる場合は深い専門知識が要求されないということです。

しかし、オリジナルのテーマを作成したり、カスタマイズする場合には、WordPress以外にも知識を習得する必要があります。

今回は、以下の4つについて解説していきます。

  • HTML
  • CSS
  • PHP
  • JavaScript

HTML

HTMLは、サイト全体の外観を構成するマークアップ言語です。
サイトの見た目を良くするために多くの装飾をつけたり、直接テーマを記述する場合には必要な言語です。

例えば、画像配置の変更や固定ページの設定、メニューボタンの配置変更を行うことができます。

CSS

CSSは、サイトの見た目を変更するためのマークアップ言語です。

HTMLに対応させて記述することで、テーマのデザインの変更(文字のフォント・カラー・サイズ)を行うことができます。

PHP


PHPは、WordPressを構築するプログラミング言語です。
PHPでは、自分でテーマのカスタマイズをしたり、プラグインを作成することができます。

PHPを活用すると、以下の機能を自由にカスタマイズできるようになります。

  • デバイスに対応した表示コンテンツの設定
  • 時間帯・ユーザーの属性に対応した表示コンテンツの変更
    例:おはよう、こんにちは、こんばんはを分けて表示する
  • コーポレートサイト・ECモールを作成する際に必要な機能
    例:お問い合わせフォーム、ショッピングカート、会員登録フォーム、予約システムの設定
  • 動画を挿入する機能

DAI
PHPはプログラミング言語のなかでも比較的難易度が低いので、習得に時間がかかりにくいです。

JavaScript

JavaScriptは、アニメーションや派手な動きのコンテンツの追加に使用されるプログラミング言語です。

例えば、スライドショー・「ページのトップへ戻るボタン」などは、JavaScriptによって実装されています。

DAI
WordPressを使用する上でJavaScriptのコードを書く機会はほとんどありませんが、テーマ作成やテーマカスタマイズする場合は覚えおきたい言語の1つです。

WordPressエンジニアがフリーランスになるメリット

WordPressエンジニアがフリーランスになるメリットについて解説します。

  • 案件数が多い
  • 継続的な案件につながりやすい
  • 好きな条件で案件を選ぶことができる
DAI
以下から詳しく説明します。

1. 案件数が多い

W3Techsによると、WordPressの市場シェアは世界の全ウェブサイトの42.6%です。

そのため、多くの企業サイトがWordPressによって制作されており、それに合わせて案件数も増加傾向にあります。

2. 継続的な案件につながりやすい

WordPressに関する案件では、定期的にメンテナンスやバックアップを行うことでサイト運営をする必要があります。

例えば、サイトの保守・運営を行う案件では、費用が固定料金で支払われる場合が多く、一度契約すると安定的な収入が見込まれます。

相場としては、月5,000~20,000円になります。

3. 好きな条件で案件を選ぶことができる

数ある求人の中から、自分にあった案件を選ぶことができます。

そのため、以下のような方におすすめできます。

  • 相性のいい人働きたい
  • リモートで好きな場所で働きたい
  • 自分の強みを活かしたい
  • 複数の案件に参画したい

結果的に、会社員では、人間関係や仕事が選べないといったことでストレスを感じる場面もあります。

しかしフリーランスの場合、上記の理由に関するストレスは少なくなります。

WordPressエンジニアがフリーランスになるデメリット

WordPressエンジニアがフリーランスになるデメリットについて解説します。

  • 単価が上がりにくい場合がある
  • 生活リズムが乱れる
  • 福利厚生が手薄い
DAI
以下から詳しく説明します。

1. 単価が上がりにくい場合がある

WordPressは案件の種類ごとにおよその単価が決まっているため、単価が上がりにくくなっています。

例えば、企業のwebサイト制作では、WordPressのテンプレートはめ込みで10~30万円、
セミオーダー・オーダーメイドで40~60万円とある程度の単価の幅が決まっています。

2. 生活リズムが乱れる

自分のペースで案件を取れるため、案件を取りすぎるとキャパオーバーになるケースがあります。

そのため案件の管理をしっかり行う必要があります。

DAI
ある程度スケジュールに余裕を持って臨むことがおすすめです。

3. 福利厚生が手薄い

フリーランスになると厚生年金から国民年金になり、貰える金額が減ってしまいます。

正社員の時は、企業側が保険料を負担します。しかしフリーランスの場合は全て自己負担になり、健康保険料が上がります。

また、傷病手当金や出産手当金がなくなってしまいます。

フリーランスエージェントを利用して自分に合った案件を探す方法

ここでは、フリーランスエージェントを利用して自分に合った案件を探す方法についてご紹介します。

今回は、4つのフリーランスエージェントについて解説しましたが、それぞれのエージェントが提供するサービス内容はもちろん、掲載されている案件の傾向も異なっています。

そのため、自分に合った案件を探すには以下の2つを押さえておくことがおすすめです。

複数のフリーランスエージェントに登録して、網羅的に案件を探す
同じ案件でも、サイト間で条件・報酬が異なる場合があるので、複数の求人サイトで案件詳細を確認する

また、求人サイト側は、リモート・高単価のような好条件の案件は非公開求人として保留している可能性が高いです。

※上記のような案件が非公開求人なのは、応募が殺到し、採用コストが増加してしまうため。

DAI
そのため、複数のサイトに登録し、非公開求人含め、チェックしておくことをおすすめします。

WordPressエンジニア案件にリモートOK案件はある?

WordPress案件には、リモートOKの案件が一定数存在します。

2021年9月現在では、レバッテクフリーランスITプロパートナーズにリモートOKの案件が多く掲載されていました。

自分に合った働き方を選べるのところが、フリーランスの良いところですよね。

まとめ

今回は、WordPressエンジニア向けのフリーランスエージェントについて解説しました。

もっと活躍の幅を広げたいと考えている方は、この記事を参考にしてご自身に合った案件を探してみてはいかがでしょうか。

WordPress案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェント

【第1位】レバテックフリーランス
(公式:
https://freelance.levtech.jp
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第2位】ITプロパートナーズ
(公式:https://itpropartners.com
リモート可能な案件や週2〜3日常駐の案件が豊富です!
【第3位】テクフリ
(公式:https://freelance.techcareer.jp
独自のマッチングシステムで自分に合った案件を探すことが可能。マージン10%~と業界トップレベルに低く、高単価の案件が多数!
【第4位】Midworks
(公式:https://mid-works.com
福利厚生の支援が手厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均66.8万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。