最終更新日:

フリーランス(Maya)向け案件紹介サービスおすすめBEST3
2、3年以上〜の実務経験があるMayaフリーランスにおすすめの案件紹介サービスはこちら!
(下記サービスでは実務未経験の方・会社員の方への案件紹介はできません)
【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ 
大手企業の週4〜×高単価なMaya案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1〜リモートOKなどフレキシブルに働ける案件多数。スタートアップやベンチャーのトレンド技術案件も豊富です。
【第3位】フォスターフリーランス(https://freelance.fosternet.jp/
週5日稼働でガッツリ働きたい方におすすめ。高単価で待遇の良い案件が豊富。
悩む人
Mayaのスキルを活かして独立したいな。でも、どうやって案件や仕事を獲得するの?
DAI
Mayaのスキルを活かして独立することは可能です。Mayaの案件を探す方法やおすすめのフリーランスエージェントをご紹介します!

まず、記事の結論をお伝えします。

DAI
本記事で紹介するエージェントの特徴を簡単な表にまとめました。登録するときの参考にしてください(表は左右にスクロールできます)。
公式サイト 案件数 特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ★★★★ 高単価な週4〜案件が多い
・知識豊富なカウンセラーの丁寧なサポート
リモート可案件が多い
FLEXY https://flxy.jp/ ★★★★ ・自社サービス開発系企業からの案件多数
・福利厚生サービスが充実
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ ★★★ ・週1〜3日の案件多数
・リモート可案件が多い

2023年8月16日時点の各社公開案件をもとに作成。

エージェントに申し込みをする際、できるだけ早めに担当者との面談を設定し、詳しい希望を伝えることが大切です。

コンサルタントと直接対話することで、具体的な要望が伝わりやすくなり、案件の獲得確率も向上します。

DAI
より多くの案件にアクセスするために、いくつかのエージェントと面談して、案件の紹介を受けてみると良いでしょう。

記事では、フリーランス向けの案件紹介サービスの選び方や、おすすめのフリーランスエージェントについて詳しく解説します。

フリーランス向けの案件を探すのに、ぜひ役立ててください。

目次 (PRも含まれます)

Mayaを使ったフリーランス案件の単価・相場

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

さまざまな案件やエージェント情報を紹介しているフリーランススタートによると、Mayaの月額平均単価は61.7万円/月です。

フリーランススタートから単価相場を引用 2023年8月16日時点)

DAI
案件によっても上下しますが、平均単価を把握しておくことで、相場より極端に低単価な案件は受けないように気をつけましょう。

Mayaのスキルを活用してフリーランスになるメリット

Mayaのスキルを活かしてフリーランスになるメリットには、次の3点が挙げられます。

  • 収入アップが期待できる
  • 働く条件を自分で調整可能
  • 希望する案件を選び自分の望むスキルが磨ける
DAI
上記のメリットを詳しく見ていきましょう。

収入アップが期待できる

会社員は安定性が高い分、大幅な収入アップは困難な場合がほとんどと言えるでしょう。

フリーランスとして高い報酬の案件に取り組むことで、収入アップがしやすくなります。

例:月80万円×12か月=960万円(時給5,000円程度)

経済産業省が行った調査によると、日本のIT人材の平均年収は598万円で、回答者の多くが500万円前後に集中しているようです。

(各種数値は経済産業省から引用 2023年08月16日時点)

DAI
フリーランスに収入の限界は設けられておらず、努力に応じてさらなる収入アップが望めます。

効率良く年収アップを目指すには、高単価案件の豊富なエージェントを利用して、より好待遇な求人を探すのがコツです。

働く条件を自分で調整可能

フリーランスは、働く場所や時間を自由に選べるのが魅力です。

フリーランスの場合、以下のような自分に合った働き方を選択できます。

  • 完全にリモートでの作業
  • 週3日の勤務
  • 夜間や早朝、土日など空いている時間に働く
  • 1日5時間だけ集中して働く

上記のように、自分の生活リズムや家庭の状況に合わせて働けます。

DAI
プライベート時間を大切にしながら、仕事にも全力で取り組みたい方にフリーランスは最適です。

希望する案件を選んで自分の望むスキルを磨ける

正社員の立場では、会社の指示に従って働く形となるため、自分の興味やスキルセットに合った案件を選ぶのは難しいことが多いでしょう。

フリーランスの場合、興味のあるプロジェクトや新しい技術を学べる案件を優先して参加できます。

以下のようにさまざまな案件から自分で選択できます。

  • 最新プロジェクトへの参画
  • 最新の開発環境での経験
  • スタートアップやベンチャーとの連携
  • 大手企業やメガベンチャーの上流工程業務

フリーランスは、これまでの経験を活かし、さらにスキルを磨きやすい環境にあります。

Mayaのスキルを活用してフリーランスになるデメリット

Mayaのスキルを活用して、フリーランスとして働くメリットが多いのは確かです。

ただし、デメリットもあるため注意が必要です。

予期せぬトラブルを避けるため、以下のデメリットと対応策を明らかにしましょう。

  • 制作業務以外の雑務が増える
  • 社会保険の手続き(国民年金・健康保険)が煩雑
  • 税務処理が必須
DAI
事前に知っていれば、対処できることがほとんどです。以下で詳しく学びましょう。

制作業務以外の雑務が増える

フリーランスになると、自ら営業活動を行う必要があります。

同時に、以下のような契約にともなうさまざまな雑務も発生します。

  • 顧客獲得
  • 仕様の確認
  • 金額の取り決め
  • 請求書の発行
  • 契約書の準備
  • 法的な確認

これらの雑務に時間を割く関係で、制作に専念する時間が減少してしまうでしょう。

対処法は、フリーランスエージェントの活用が挙げられます。

エージェントを介すことで、適切な案件紹介や契約関連の業務をサポートしてもらえる場合がほとんどです。

契約に関する雑務は煩雑な上、利益に直結するものではありません。

雑務はエージェントの力を借りて効率的に処理するのが賢明な選択です。

DAI
エージェントを利用すると、信頼のあるクライアントの案件を紹介してもらえる点もメリットです。

社会保険の手続き(国民年金・健康保険)が煩雑

フリーランスは、国民年金や健康保険の手続きを自ら行う必要があります。

会社員の場合、手続きは自動的に行われ、料金も会社が半分負担してくれるのが一般的です。

一方フリーランスの場合は、全額自己負担となるので、料金が上がってしまいます。

一部のフリーランスエージェントは、福利厚生サービスとして保険の紹介や代行サービスを提供しています。

積極的に利用することで、保険に関する手間を削減していきましょう。

税務処理が必須

フリーランスは年間の所得が48万円を超えると、確定申告が義務付けられます。

日常の帳簿記録や、確定申告時の書類作成などを適切に行う能力が求められます。

とくに、多くの取引や経費、控除を抱えている場合、税務手続きの負担は大きくなるでしょう。

対処法は、税務に関するサポートや税理士紹介サービスの提供を行うフリーランスエージェントの活用がおすすめです。

まずはエージェントに登録して、サービスの利用を検討しましょう。

DAI
エージェントのサービスをうまく活用することで、税務に関するストレスを軽減できますよ。

Mayaを活用した案件探しにはフリーランスエージェントがおすすめ

独立したての頃はとくに、フリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。

以下では、フリーランスエージェントをおすすめする理由と、メリット・デメリットについて解説します。

フリーランスエージェントとは?

フリーランスエージェントは、登録しているフリーランサーに合う案件を探して、紹介してくれるサービスです。

有名なところだと、レバテックフリーランスITプロパートナーズなどがあります。

フリーランス白書2022によると、14%のフリーランサーがエージェント経由で仕事を獲得しているというデータがあります。

DAI
仕事獲得のために、ぜひ利用したいですね。

フリーランスエージェントの3つのメリット

フリーランスエージェントの利用には、以下の3つのメリットがあります。

  • 営業活動をフルサポートしてもらえる
  • 経理、法務、税務などのサポートが受けられる
  • 福利厚生サービスが利用可能

エージェントは、フリーランサーのためにマッチする仕事を紹介してくれます。

自力での営業が難しい場合でも、エージェントを通じて高単価の案件を受注できることも多々あります。

営業努力を軽減しながら、魅力的な案件にアクセスできるのがメリットと言えるでしょう。

エージェントを利用すれば、案件の単価交渉や継続的な依頼の獲得など、安定的に仕事を得るサポートも受けられます。

その他契約面のチェックや、請求書の発行なども対応してくれるので、経理や法務関連の手間が省けます。

フリーランスは会社員のような福利厚生を直接受けることはできません。

ただ、エージェントが提供するサービスを活用することで、さまざまな特典やサポートを受けられます。

税務処理のサポートや会計ソフトの割引サービスなどを提供しているエージェントもあるので、積極的に利用しましょう。

DAI
エージェントを選ぶ際の一つのポイントとして、福利厚生の充実度をチェックすることも大切です

フリーランスエージェントの3つのデメリット

フリーランスエージェントを利用する際は、以下3つのデメリットがあります。

  • サービス料としてマージンが取られる
  • 担当者の質が一定ではない
  • 自身のスキルを過小評価されることがある

エージェントを介して仕事を受ける場合、報酬の20〜30%がサービス料として報酬から引かれることが一般的です。

具体的な例を挙げてみます。

時間単価が5,000円の場合、20%のマージンが適用されると、実質4,000円がフリーランサーの収入となり、1,000円がエージェントの手数料となります。

一見損した気分になる人もいるでしょう。

しかし、自分での営業や契約業務の負担を考慮すれば、そのコストは合理的とも言えます。

また、業界知識が乏しい担当者に割り当てられると、案件のマッチングが不適切になるケースがあります。

エージェントは基本的に丁寧なサポートで仕事獲得を支援してくれますが、IT業界未経験の人が担当になることもあり、案件とのマッチ度が高くない場合もあるようです。

自分のスキルが適切に評価されず、納得のいく案件を獲得できないケースもあるでしょう。

このような事態があってもリスクヘッジできるように、複数のエージェントに登録し、比較検討することが大切です。

Maya向けフリーランスエージェントの選び方

フリーランスエージェントを有効活用するためには、適切なエージェントを選ぶことが鍵となります。

以下の基準を用いてエージェントを選択すると、大抵の場合、ミスマッチを避けられます。

  • 自分のスキル/職種にマッチした案件数が多いか
  • 単価が高いか
  • 福利厚生などサポートは充実しているか
  • リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか
DAI
1つずつ詳しく見ていきましょう。

自分のスキル/職種にマッチした案件数が多いか

まず見るべきポイントは、自分が取り組める案件をエージェントが扱っているかどうかです。

エージェントの評価は高くても、自分のスキルや職種にマッチしない案件ばかりでは意味がありません。

公式サイトで案件を確認し、自分に合ったものがあるかチェックしましょう。

非公開案件も多いため、直接エージェントに問い合わせて情報を得るのがベストです。

単価が高いか

2つ目の基準は、エージェントが保有する案件の単価が高いかどうかです。

フリーランスとして生計を立てるには、案件の報酬が適切か見極めることが非常に重要です。

相場よりも低い案件ばかりを受注していると、最悪の場合、資金繰りや生計が苦しくなります。

エージェント間で単価を比較し、より好待遇な案件を取り扱うエージェントの利用がおすすめです。

直請案件が多いエージェントは、中間マージンが少なく報酬が良好な傾向にあります。

福利厚生などサポートは充実しているか

3つ目は、利用できる福利厚生やサポート、サービスがどれたけ充実しているかという点です。

エージェントが提供している福利厚生には、以下のようにさまざまなものがあります。

  • 保険紹介、サポート
  • 税務関連の代行、サポート
  • レジャー、会計ソフト、資格取得など各種割引特典

社会保障の手薄いフリーランスにとって、エージェントからのサポートや各種特典・サービスは非常に心強いものです。

DAI
福利厚生が手厚いエージェントだと、安心して業務に取り組めますね。

フリーランスになりたての頃は、わからないことも多く、不安がつきまといます。

安心して働くために、サポート体制が整っている良心的なエージェントを選びましょう。

リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか

4つ目は、リモート勤務や週3稼働といったフレキシブルな働き方ができる案件を取り扱っているかという点です。

週5日の常駐ワークだと、通勤時間が長くなり、自由な時間を確保しづらくなります。

自分の時間を確保したい方や、複数の案件に挑戦したい方には、勤務時間や場所を選べる自由度の高い案件が適しています。

DAI
リモートワークや週3の勤務には次のような利点が挙げられます。
  • 家庭で過ごす時間の増加
  • 自己研鑽やスキル向上の時間が取れる
  • 複数の案件を同時にこなせる
  • 健康に配慮して稼働時間を調整できる

ITプロパートナーズでは、週1〜3日程度で稼働可能な案件を豊富に取りそろえています。

ただし、週3以下で稼働できる案件は非常に人気が高い傾向にあり、応募が殺到して早めに募集が終了することも多々あります。

条件に合う案件を見逃さないように、いくつかのエージェントに登録し、最新の情報を迅速にキャッチしましょう。

Maya案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェント

Maya向けフリーランスエージェントの選び方を解説してきました。

しかし、エージェントの数が多すぎてどこからどう探していいかわからないと手が止まっている人もいるでしょう。

そこで、具体的にMayaの案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェントを4つ紹介します。

  • レバテックフリーランス
  • ITプロパートナーズ
  • フォスターフリーランス
  • FLEXY
DAI
エージェントによってそれぞれ異なった強みがあるので、気になったものから複数登録するのがおすすめです。

レバテックフリーランス

※レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp/)2023年08月16日時点

運営会社
レバテック株式会社
公開求人数
(現在募集中の案件)
58726件 (2023年12月19日現在)
mayaの
公開求人数
47件 (2023年12月19日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み・週4日~稼働の案件、リモート案件多数
(週3日以内の案件はハイスキルが必要)
・カウンセラーの専門性が高く、幅広く相談に乗ってくれる
・高単価な案件が多い
公式https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、IT人材領域に強みを置くレバテック株式会社が運営するフリーランスエンジニアのためのエージェントです。

多数の案件がラインアップされており、無料で会員登録すると、魅力的な非公開案件の紹介を受けられます。

レバテックフリーランスの主な特徴は、次の3点です。

  1. 業界トップクラスの案件単価
  2. キャリアサポートの質が非常に高い
  3. 豊富な案件数

①業界トップクラスの案件単価

レバテックフリーランスでは、業界トップクラスの高単価案件を数多く保有しています。

DAI
公式HPでは、職種ごとに平均の単価相場を確認できます。他にもさまざまな観点から各種相場や情報を調べられますよ。

②キャリアサポートの質が非常に高い

※レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp/)2023年08月16日時点

人材会社大手であるレバレジーズ株式会社のノウハウを共有しているレバテックフリーランスでは、IT業界に詳しいプロのアドバイザーがサポートしてくれます。

自分の応募したいクライアントを担当しているアドバイザーにも相談できるので、参画前に詳しい話を聞けて安心です。

③豊富な案件数

職種ごとに、公開中の案件が豊富に確認できます。(2023年8月16日時点)

インフラエンジニア 158件
プロジェクトマネージャー 159件
PMO 100件
ネットワークエンジニア 61件
フロントエンドエンジニア 116件

※レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp/)2023年08月16日時点

DAI
エンジニアとして高単価な案件の獲得を目指している人は、レバテックフリーランスの活用をおすすめします。

注意:レバテックフリーランスでは経験者向けの週4日以上稼働案件が多く、週3日以下稼働の案件は高いスキルと実務経験が必須です。エンジニア未経験の方や、会社員の方への副業紹介はできません。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

※ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/2023年08月16日時点

DAI
『ITプロパートナーズ』は、稼働日数を少なく抑えたい、リモートワークをしたいといった柔軟な働き方を求めつつ、高単価な案件を獲得したいという人におすすめです!
運営会社
株式会社Hajimari
公開求人数4163件 (2024年04月10日現在)
mayaの
公開求人数
16件 (2024年04月10日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方週2-3案件、リモート案件多数
公式https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの魅力は、以下の3点が挙げられます。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件も充実

『直請案件』だからこその高単価

※ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/2023年08月16日時点

ITプロパートナーズの提供する案件単価は、多くが『直請案件』で、他のエージェントと比較しても報酬が高い傾向にあります。

※直請案件とは、クライアントとエージェント間に仲介会社を通さず、直接契約する案件を指すものです。

実際、多くのフリーランスエージェントはマージン率を一般公開していません。

そのため、前もってどれだけの報酬が支払われるのか、単価が適切なのかを判断するのが難しい状況にあります。

DAI
『直請案件』が多いかどうかは、高単価の案件を提供しているかの指針として活用できます。

マージン率の詳細が非公開・不透明である中、ITプロパートナーズは直請案件が多く、高単価な案件を受注できる魅力的なエージェントです。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

※ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/2023年08月16日時点

ITプロパートナーズの最大の特色は、週1〜2日の案件を豊富に取り扱っていることです。

他社のエージェントでは、週に最低3〜4日の稼働が求められ、主に常駐型の仕事が中心となります。

ITプロパートナーズでは、多くのリモートワーク案件も提供しており、自分のライフスタイルに合わせた仕事選びが可能です。

DAI
メインの仕事を行いながら自分のペースで進められます。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件も充実

ITプロパートナーズでは、エンジニア、デザイナー、マーケターといったさまざまな職種の求人を数多く取り扱っています。

一方、他のエージェントでは以下のような状況が散見されます。

  • エンジニアの仕事に特化しており、デザインやマーケティングの仕事が少ない
  • 案件の数が限られているか、東京都をはじめとした都心エリアのみの求人ばかり

一方のITプロパートナーズは多職種にわたる案件が多いため、自分に適した仕事を見つけやすいです。

DAI
リモート勤務や週1〜2日だけの仕事を探しているデザイナーやマーケターの方にとっても、注目すべきエージェントと言えるでしょう。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業紹介はできません。

フォスターフリーランス

※フォスターフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.fosternet.jp/)2023年08月16日時点

【フォスターフリーランス】最高単価230万!実務経験ありの方向け高単価エージェント
創業25年以上、サポート人数約2万人の実績。大手企業の週5駐在案件を中心に、高単価な案件をこなしたい方必見。

運営会社
株式会社フォスターネット
公開求人数2,697件 (2024年04月10日現在)
mayaの
公開求人数
6件 (2024年04月10日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴-フリーランスのITエンジニア向け案件が豊富
-創業25年以上・サポート人数22,000人の実績あり
公式https://freelance.fosternet.jp/
DAI
フォスターフリーランスは、すでに実務経験を持つ方がフリーランスとしてさらなるスキルや収益アップを目指すのに、おすすめのエージェントです。

フォスターフリーランスの主要な特徴は、次の2点が挙げられます。

  1. 2~3年の実務経験者向けの高単価案件が豊富
  2. 案件獲得後のサポートの質が高い
DAI
それぞれ詳しく解説していきますね。

①2~3年の実務経験者向けの高単価案件が豊富

フォースターフリーランスは、経験者特化型のエージェントで、とくに高単価な案件が豊富にそろっています。

これは、大手企業のSI案件や、ダイレクトな依頼が多いためです。

SI案件は、システムの設計から運用までを一括して扱うプロジェクトで、SI事業を主とする企業はSIerと呼ばれています。

保有案件は、常駐型・週5の仕事が中心です。

すでに実務経験を持つエンジニアには最適なエージェントと言えます。

DAI
上流工程などのレベルが高い案件にチャレンジしたい方は、ぜひ登録して案件を見てみましょう。

②案件獲得後のサポートの質が高い

2つ目は、案件紹介のみならず、獲得後のサポートも手厚い点です。

フォスターフリーランスのサポートには以下のような特徴があります。

  • エンジニア向けのサービスが得意なエージェントであるため、業界に関する知見が深い
  • 案件を獲得した後のサポートもしっかりとしている

特筆すべきは、エンジニア専門のエージェントとしての深い業界知識を持っているため、案件の不一致が少ないことです。

フォスターフリーランスのサポートは非常に高く評価されており、25年以上の長い歴史と、2万人以上のフリーランスをサポートしてきた実績に裏打ちされています。

一部のエージェントはIT業界の知識が不十分な状態で案件紹介を行い、その対価を狙う会社が存在します。

一方フォスターフリーランスの利用は、案件獲得後のミスマッチを避けるための選択としておすすめです。

DAI
とくにフリーランスなりたての頃は、自分のスキルの把握が難しいので、ミスマッチを回避できる案件獲得のサポートは心強いでしょう。
【フォスターフリーランス】最高単価230万!実務経験ありの方向け高単価エージェント
創業25年以上、サポート人数2万人の実績。大手企業の週5駐在案件を中心に、高単価な案件をこなしたい方必見。

FLEXY

FLEXY_LP

FLEXY公式サイトより引用(公式:https://flxy.jp/2023年08月16日時点

DAI
FLEXYは、週2〜3日・リモート勤務可能など、自由度が高く、働き方を選択できる案件が豊富なエージェントです。
運営会社 株式会社サーキュレーション
公開求人数 3,538件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西・東海・九州
働き方 週2〜3日・完全リモートワークが可能な案件を多数保有

※2023年08月16日時点_・公式ページより引用/算出(公式サイト:https://flxy.jp/

FLEXYは以下の特徴を持っています。

  • 自社サービスを展開する企業の案件が多く、高単価な募集が豊富
  • 週2〜3・リモートなど、フレキシブルな働き方が可能
  • サポートが手厚く、安心して業務に取り組める

自社サービスを展開する企業の案件が多く、高単価な募集が豊富

FLEXYが扱う案件は、独自サービスを提供している企業からの求人が中心です。

Webサービスの制作や新しいゲームのアートディレクションなど、多種多様な案件が掲載されています。

新設されたサービスの企画や要件定義に関与するチャンスもあるため、能力・スキルを伸ばしたい人にはFLEXYの活用がおすすめです。

その他、以下のような大手企業やメガベンチャーの高単価な案件も多く取り扱っています。

自身のスキルを試したい方や、収入を増やしたい方は、ぜひFLEXYに登録して案件を見てみてください。

FLEXY公式サイトより引用(公式:https://flxy.jp/2023年08月16日時点

DAI
FLEXYでは経験豊富なエージェントがキャリア形成をサポートしてくれます。

週2〜3・リモートなど、フレキシブルな働き方が可能

FLEXYの特徴は、週2〜3日の勤務やリモートワークなどの働き方を選択できる案件が多いことです。

最新の案件情報を調べてみると、週に2〜3日だけの仕事は、掲載されている案件の約7割以上を占めています。(※_2023年08月16日時点。)

DAI
多くの案件でリモートワークOKの記載も見つかりました。

リモート対応可能で、週2〜3日の勤務を選べると、自己投資や学びの時間を確保しやすくなります。

さらにスキルアップして、より好条件の案件を獲得できるといった好循環サイクルを構築できるでしょう。

DAI
業界内では珍しい土日に仕事ができる案件も掲載されています。

フルリモートワークだと、稼働終了後にすぐプライベートを楽しめるので、仕事へのやる気も継続しやすくなるでしょう。

週1のMTGやチャットツールを用いた技術顧問担当などもあり、多種多様な案件が存在します。

DAI
フリーランスへの第一歩を踏み出そうとしているなら、FLEXYの利用がおすすめです。

サポートが手厚く、安心して業務に取り組める

FLEXY公式サイトより引用(公式:https://flxy.jp/2023年08月16日時点

FLEXYでは、他のエージェントと比べて、利用者にとって嬉しいサポート・サービスが充実しています。

たとえば、IT・Webの最新トレンドをキャッチアップできる定期的なセミナーや、同じ業界の人との交流会が開催されています。

このような機会へ積極的に参加することで、人脈形成に役立つでしょう。

新たな人脈形成は、新規の案件獲得や好条件の仕事へのチャンスを拡大しやすくなります。

その他にも、FLEXYでは以下のように豊富な優待を利用できます。

  • 健康診断
  • e-ラーニングの受講
  • 保育サポート
  • 家事代行サービス

フリーランスに転身すると、健康管理や税務など、自ら対応すべきことが増えます。

FLEXYの充実したサポートを有効活用することで、不安が軽減されるでしょう。

DAI
FLEXYのような充実したサポートは、安心して業務に専念できる環境を作るのに役立ちます。

【FLEXY】高単価な副業・複業案件あり
リモート可・週2〜3稼働できるエンジニア向け案件多数!

Mayaのフリーランス案件例

Mayaのスキルを活かした案件について、具体的な業務内容や月額平均単価、必要条件を見ていきましょう。

実際に募集されているMayaの業務委託の案件例を以下で紹介します。

ぜひ案件探しの目安として参考にしてみてください。

※今回ご紹介する案件は、すでに募集を終了している可能性があります。最新の情報を見たい方は、エージェントに登録して新着案件をチェックしてください。

DAI
以下2つの案件は、実際にエージェントで掲載されている求人です。

案件例①

案件名
【Maya/広告運用】ゲームや遊技機に関連する動画制作の案件・求人
月額単価〜700,000円(週1日〜5日)
職務内容ディレクターや役員と連携し、ゲームや遊技機に関連する動画の制作を行っていただきます。
※案件により変動がありますので、面談時に詳細をお話致します。
求めるスキル■必須スキル:
・ゲームのプロモーション動画の制作経験(Mayaなどを用いた3D動画の制作経験)
または
・After Effectsのelement 3DやCinema 4Dを用いた動画制作のご経験
 └遊技機の動画制作に関わっていただくため

■尚可スキル:
・インターネット広告代理店での経験がある方
・デジタルマーケティングや広告運用などの経験がある方
案件URL【Maya/広告運用】ゲームや遊技機に関連する動画制作の案件・求人 
(2024年04月10日 現在)

案件例②

案件名
【Unity】各種会話AIエージェントサービス開発の求人・案件
月額単価750,000円/月
職務内容・各種会話AIエージェントサービス開発に携わっていただきます。
・Unityを用いた3Dデジタルヒューマンシステムの開発
求めるスキル・Unityを⽤いた3Dゲーム開発経験3年以上
・ C#を用いた開発経験
・ ヒューマノイドキャラクターのセットアップ経験
・サーバー通信開発経験
・シェーダー開発経験
・ ゲームエンジンの低レベル層での最適化経験(メモリ最適化等)
・Githubでのプロジェクト管理歓迎スキル・ Unity以外のゲームエンジン(Unreal等)での開発経験
・C#以外の⾔語を用いた開発経験(Python、C++等)
・3DCGモデリング経験
・Maya、Blender、Zbrush等のDCCツールを⽤いた3Dキャラクターのモデリング実務経験
・Meta Human、Character Creator等デジタルヒューマン作成ツールを⽤いた制作経験
・各種テストコード記述の経験
・ネットワークプログラミングの経験
・API設計の経験
・英語でのコミュニケーション
案件URL【Unity】各種会話AIエージェントサービス開発の求人・案件 
(2024年04月10日 現在)

上記で取り挙げた案件は、数多くある募集の中の一例にしか過ぎません。

気になった案件は、お気に入りや保存機能を活用し、キープしておきましょう。

DAI
仮に、案件検索で自分に合った募集が無くても、諦める必要はありません。エージェントへの登録・面談を済ませて非公開案件を紹介してもらえないか相談してみましょう。

フリーランスのMayaエンジニアに求められるスキル

フリーランスのMayaエンジニアが身につけておきたいスキルには、以下のものが挙げられます。

  • デザインスキル
  • 業界のトレンド
  • 自身をプロモーションするスキル
DAI
現在持ち合わせているスキルレベルと照らし合わせながら、1つずつ確認していきましょう。

デザインスキル

Mayaを使用したフリーランスとして成功するためには、デザインスキルが必須です。

ここで言うデザインスキルとは、単に美しいグラフィックやモデルを作成する能力だけを指すものではありません。

以下を始めとした多様な映像デザインスキルが、フリーランスとしてMayaを活用する上での基盤となります。

  • デザインの基本原理
  • 3Dモデリング
  • テクスチャリング
  • 照明
  • レンダリング
  • アニメーション
  • UIUX分析、改善

これらのスキルを磨くことで、フリーランスとしての市場価値を向上させ、多様な案件に対応することが可能です。

業界のトレンド

アニメーションやVFX、ゲームデザインなど、Mayaが用いられる業界は日々進化しています。

新しい技術やツールが登場することも少なくありません。

たとえば以下のような新しい技術の波に乗ることは、競合と差別化を図る上で非常に有効です。

  • VRやARに対応した開発
  • リアルタイムレンダリングの技術
  • AIを活用したアニメーション生成

Mayaを使用するフリーランスとしての仕事を続ける上で、ただ技術を持つだけでは不十分です。

常に業界のトレンドをキャッチアップし、競合との差別化を維持することで、市場における自分の価値を向上できるでしょう。

自身をプロモーションするスキル

最後にフリーランスとして活動するのに求められるのは、技術能力だけでなく、自分をうまく売り込む力も非常に重要です。

このスキルは「自身をプロモーションするスキル」と言えるでしょう。

フリーランスは自分で案件を獲得する必要があります。

そのためには、自己の経歴や実績を適切に伝えることが大切です。

SNSや個人のウェブサイトでは、過去の実績を公開し、信頼性を築く手段として有効です。

また、さまざまなイベントやセミナーへの参加は、自分の専門性を直接アピールする機会となります。

最も重要なのは、自分の提供する価値を明確に理解し、クライアントに対してその価値をしっかりと伝えることです。

プロモーションスキルは、技術の習得と同時に、絶えず磨き続けていきましょう。

フリーランスのMayaが収入を上げる方法

次にMayaエンジニアが収入を上げる方法について紹介します。

年収を上げる方法は大きく分けて3つあります。

  • ほかの開発スキルと組み合わせる
  • より特化した自分なりのデザインを生み出す
  • マーケティングを学んで自分をプロデュースする
DAI
ひとつずつ解説します。効率的に収入を上げるための参考にしてみてください。

ほかの開発スキルと組み合わせる

Mayaは業界でも非常に評価されているツールで、多くの企業でも採用されています。

ただし、さらなる収入アップを狙うには、他の関連スキルとの組み合わせが不可欠です。

たとえば、ゲーム制作の案件では、よく知られているゲームエンジン「Unity」の知識やスキルを求められるケースがあります。

UnityとMayaを同時に扱える人材となれば、ゲームデザインのプロセス全体での活躍が期待できます。

また、ZBrushを使ったスカルプティングスキルやBlender、3ds Maxなどのソフトウエアの知識があると、獲得できる案件の幅が広がるでしょう。

Pythonスクリプティングを学ぶことで、Maya の作業の自動化・効率化を図ることも可能です。

Mayaのスキルだけでなく、関連する他のツールや技術を身につけることで、フリーランスとしての収入を最大化できます。

継続的な学びと技術のアップデートが、持続的な成功の鍵となるでしょう。

より特化した自分なりのデザインを生み出す

Mayaを使用したデザインの世界は広範で、数多くのクリエイターが存在します。

この中で収入を上げるための一つの方法は、他のクリエイターとは一線を画す独自の表現や、ある領域における特化型のデザインを制作することです。

たとえば、特定の業界やテーマ、または技法に特化したデザインを行うという方法が考えられます。

これにより、その分野や技法を必要とするクライアントからの需要が高まるでしょう。

特化したデザインは、一般的なデザインよりも深い知識やスキルが必要となることが多いです。

その分、付加価値が認識されやすくなります。

さらに、独自性のあるデザインを生み出すことで、ポートフォリオも魅力的になります。

新しい案件獲得のチャンスも増えていくでしょう。

まずは、自分の興味や得意な分野を見つけ、それに磨きをかけることから始めることをおすすめします。

マーケティングを学んで自分をプロデュースする

技術やスキルを身につけるだけではなく、市場へどのように提供し、収益を上げるかという視点が不可欠です。

これはマーケティングスキルであり、フリーランスとしての収入を増やす鍵となります。

マーケティングは、顧客のニーズや動向を理解し、自分のサービスを適切に位置づけ、売り込むための戦略を練るものです。

たとえば、Mayaを用いた3Dモデリングのスキルがある場合、以下の点を念入りに考えることが大切です。

  • どの業界やジャンルで需要があるのかというターゲット市場の選定
  • 適切な価格設定
  • プロモーション戦略
  • 自己ブランディングの方法

SNSやSEOの知識、デジタルマーケティングの技術などは、現代のフリーランスとして非常に価値のあるスキルとなっています。

このようなマーケティングの視点が、フリーランスとしての収入を向上させる大きな要因となります。

未経験からフリーランスのMayaになれる?

DAI
フリーランスとしてMayaの仕事を獲得する場合、未経験からスタートするのはかなり難しいです。

一般的に、専門スキルを要するクリエイターが案件を獲得する際、自身のスキルや経験を示す「ポートフォリオ」の提出が要求されるからです。

とくにフリーランスの場合、すでに実務経験を持ち、クオリティの高い成果物を提示できる人材が求められます。

未経験の状態でその場に飛び込むのは、かなりリスキーな選択と言えるでしょう。

未経験の人はまず、スキルを身につける必要があります。

ただし、独学だと挫折しやすい人が多いので、専門学校やスクールで学ぶことをおすすめします。

DAI
実務未経験者は、直接質問できる環境で学ぶことが成長速度を上げるのに最適ですよ。

専門学校や質の高いオンラインスクールなどで基本からしっかり学び、実務経験を積んでから、フリーランスの道を検討しましょう。

フリーランスのMayaの将来性

Mayaのスキルを活かしたフリーランスの将来性は明るいことが予想されます。

その理由は、近年の技術進化と社会変化による背景があります。

これまで、Mayaは映画やゲーム開発、映像配信などのエンターテインメント分野での使用が主流でした。

ところが、昨今ではビジネスの現場でのVRやARの技術が急速に普及しています。

その影響からエンタメ業界のみならず医療、建築、製造業などの分野でも、2D映像はもちろん3D技術も必要不可欠になってきました。

このような背景から、CGデザイナーとしての需要は今後も増えると予測できます。

とくに、高度な3DCGソフトウエアであるMayaのスキルを持つフリーランスは、今後よりいっそう需要の高い人材と言えるでしょう。

まとめ

本記事では、Mayaのスキルを活かしてフリーランス案件を探すのにおすすめのエージェントや求められるスキル、実際の案件例などを見てきました。

Mayaのスキルは需要が高く、完全在宅勤務OKな案件も多いため、フリーランスとして働きやすい分野と言えるでしょう。

常にスキルアップをしながら、自分の強みを確立して、市場から求められるMayaフリーランスを目指していきましょう。

DAI
記事内で紹介したフリーランスエージェントを以下に記載しています。すべて無料で利用できるので、ぜひ複数登録して、自分に合った案件探しを行いましょう!

フリーランス(Maya)向け案件紹介サービスおすすめBEST3
2、3年以上〜の実務経験があるMayaにおすすめの案件紹介サービスはこちら!
(下記サービスでは実務未経験の方・会社員の方への案件紹介はできません)
【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ 
大手企業の週4〜×高単価なMaya案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1〜リモートOKなどフレキシブルに働ける案件多数。スタートアップやベンチャーのトレンド技術案件も豊富です。
【第3位】フォスターフリーランス(https://freelance.fosternet.jp/
週5日稼働でガッツリ働きたい方におすすめ。高単価で待遇の良い案件が豊富。