最終更新日:
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件が豊富。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント
【フォスターフリーランス】実務経験ありの方向け高単価エージェント
創業20年以上で実績多数。大手企業の週5駐在案件を中心に、高単価な案件をこなしたい方必見。
男性A
今はITベンダーで働いているけど、フリーランスになれるか知りたい。
男性A
ITコンサルのフリーランス案件って、どんなものがあるの?

このような疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、ITコンサルの仕事について、以下の内容を中心に解説します。

  • フリーランスのITコンサルのメリット・デメリット
  • フリーランスのITコンサルの仕事の探し方

フリーランスのITコンサルが仕事を探すのに、おすすめのサービスもご紹介します。

「自由な生活がしたくて、勢いでフリーランスになってしまった……。」
「独立してから稼げない!」

DAI
そんな失敗を避けるためにも、ぜひ最後までご覧ください。

ITコンサルはフリーランス独立しやすい仕事

ITコンサルは、フリーランスとして独立しやすい仕事と言えます。なぜならニーズがあるうえに、特定の資格も不要だからです。

特にDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する支援へのニーズが高まっており、ITコンサルタントの活躍の場が広がっています。

DAI
高いスキルが必要なので、簡単になれるわけではありませんが、フリーランスのITコンサルを目指すメリットはたくさんありますよ。

ITコンサルとしてフリーランス独立するメリット3つ

ITコンサルとして、フリーランスになるメリットは、主に以下の3つです。

  • さまざまな案件に関われる
  • ライフスタイルを自分で決められる
  • 得意分野に絞って仕事を獲得できる

それぞれのメリットを解説します。

メリット1:さまざまな案件に関われる

メリットの1つ目は、さまざまな案件に関われる点です。フリーランスは自分で仕事が選べるため、幅広いITコンサルの案件に携われます。

会社員であれば、会社から案件にアサインされることがほとんどです。

DAI
やりたかった案件に関われなかったり、希望しない案件に回されたりすることもあるでしょう。

しかしフリーランスになれば、自分で仕事を決められます。会社にいては経験できない案件に取り組むことも可能です。

DAI
ただ案件のたびにチーム編成が変わるので、高いコミュニケーション能力も求められます。

メリット2:ライフスタイルを自分で決められる

ライフスタイルを自分で決められる点も大きなメリットです。会社員のように、決まった時間に決まった場所で働く必要はないからです。

たとえば半年から1年働いた後、数か月の長期休みを取って旅行に行くことも可能です。

DAI
ハードなプロジェクトが終わった後に、長めの休みをで取る方もいますよ。

自由なライフスタイルで過ごしたい方にとっては、ぴったりの仕事と言えます。

メリット3:得意分野に絞って仕事を獲得できる

仕事を得意分野に絞れる点もメリットです。

DAI
製造業のクライアントの案件が得意なら、製造業の案件を中心に受けられます。

自分に不向きな案件を避けられるので、余計なストレスを抱えません

ITコンサルとしてフリーランス独立するデメリット2つ

フリーランスのITコンサルのデメリットを、以下の2つに絞ってご紹介します。

  • 営業コストがかかる
  • スキルを伸ばすのが大変になる

それぞれのデメリットを解説します。

デメリット1:営業コストがかかる

フリーランスは、自分で営業をしなければなりません。

会社であれば、取引先からの依頼があったり、営業部が案件を取ってきたりして、コンサルタントが営業をしなくても仕事があります。

しかしフリーランスのITコンサルタントは、最初のうちは取引先がなく、自分の代わりに営業する人もいません。

DAI
営業コストがかかる点は、認識しておきましょう。

デメリット2:スキルを伸ばすのが大変になる

フリーランスのITコンサルタントは、スキルを伸ばすのが大変な点もデメリットと言えます。

会社員であれば、会社が研修を用意してくれたり、研修の費用を負担してくれることがあります。

DAI
先輩や上司に質問できたり、アドバイスをもらえたりします。

しかし、会社に所属していない以上、スキルアップできる環境はもともと用意されていません。先輩や上司など、自分をフォローしてくれる存在も身近に存在しません

そのため、フリーランスは自分でスキルを伸ばす必要があります。

DAI
自分でスキルアップが図れる人・成長意欲が高い人は、フリーランスになっても問題ないでしょう。

ITコンサルの仕事の種類と報酬相場

ITコンサルの職種として、以下のようなものが挙げられます。

仕事内容 報酬相場
IT戦略コンサルタント IT戦略を立て、経営課題を解決する 90~200万円/月
CRMコンサルタント 顧客管理システム導入において、クライアントを支援する 70〜100万円/月
SCMコンサルタント 製造から販売までの業務を、システム導入によって支援する 80〜200万円/月
SAP(ERP)
コンサルタント
ERP製品「SAP」を使って、業務を効率化する 120~200万円/月
PMOコンサルタント プロジェクトマネジメントの効率を上げる 100〜190万円/月

※フリーランススタートの公開案件より算出

参考:https://freelance-start.com/

ITコンサルはクライアントが抱える課題の設定からプロジェクトに参画したり、企画が固まった状態からソフトウェアやシステムの要件定義をしたりします。

ITコンサルの職種や業務は多岐にわたるので、自分の経験と照らし合わせたうえで案件を選定しましょう。

フリーランスITコンサル向けの案件例

フリーランスITコンサル向けの具体的な案件例として、以下のようなものがあります。

職種 IT戦略コンサルタント
案件名 【コンサル】大手企業DX支援の求人・案件
単価 〜950,000円/月
職務内容 ・下記の2案件をご担当いただきます。
‐1. IoT個体管理プラットフォームの統合化支援(日本とEU圏のブリッヂ機能としてITアーキテクチャ策定)
‐2. IoTアプリケーションの展開支援(開発済みアプリケーションの各国工場へのインプリ)
・下記を行っていただきます。
‐日本のHQ/海外ユーザーとの打ち合わせ
‐論点整理/検討アプローチと実行アプローチの検討
‐ディスカッション資料の作成/レビュー
‐プロジェクト管理業務
求めるスキル

・Tier1コンサルティングファームでの実務経験3年以上
・コンサルティング実務経験5年以上

【歓迎スキル】

・新規事業化DX案件に携わった経験
・データ分析・AI、クラウド活用、アジャイル開発などによるデジタルコンサル案件経験
・プロジェクトマネジメント経験

引用:【コンサル】大手企業DX支援の求人・案件|レバテックフリーランス

※案件情報は2022年4月時点の内容です。現在は公開終了している場合があります。

職種 SAPコンサルタント
案件名 【SAP】SAP可視化ツールの提案開発導入保守の求人・案件
単価 〜1,100,000円/月
職務内容 ・SAP BO(BusinessObjects)およびSAC(SAP Analytics Cloud)の提案・開発・導⼊・
稼働後の機能拡張及び展開に携わっていただきます。
・下記を行っていただきます。
-利⽤しているBOおよびSAC稼働後の機能拡張や展開・新規導⼊
-SAP BO、SAC導⼊におけるシステムコンサルティング
-機能拡張における、要件整理と仕様確定
-BOおよびSACでのレポート開発
-稼働後の保守サポート
求めるスキル ・SAP BOまたはSACの開発プロジェクトへの参画実績
・会計・販売・購買・在庫・⽣産・品質の業務の知見
【歓迎スキル】・BOの開発経験
・SACの開発経験
・ExcelVBAの開発経験

引用:【SAP】SAP可視化ツールの提案開発導入保守の求人・案件|レバテックフリーランス

※案件情報は2022年4月時点の内容です。現在は公開終了している場合があります。

職種 PMOコンサルタント
案件名 【PMO】toC向けカーオークションサービス関連要件整理支援の求人・案件
単価 〜1,250,000円/月
職務内容 ・toC向けカーオークションサービスに関する要件整理支援に携わっていただきます。
・toC向けのカーオークションサービスにおいて、事業からの要望とシステム開発するエンジニアの懸け橋となり、事業を推進していただきます。
求めるスキル ・英語でのプロジェクト参画経験
・toC,toB向きのサービスに関する経験
【歓迎スキル】・アプリ開発経験
・自動車関連サービスの経験

引用:【PMO】toC向けカーオークションサービス関連要件整理支援の求人・案件|レバテックフリーランス

※案件情報は2022年4月時点の内容です。現在は公開終了している場合があります。

DAI
どの案件でも、フリーランスのITコンサルタントは高待遇かつ高単価であることが分かりますね。

フリーランスITコンサルの仕事の探し方3選

フリーランスのITコンサルが仕事を探す方法を、以下の3つに絞ってお伝えします。

  • エージェントで探す
  • マッチングサービスで探す
  • 企業に直接営業する

それぞれの方法について解説します。

エージェントで探す

仕事の探し方として、エージェントを使う方法があります。

DAI
登録すると、エージェントが自分の希望する条件に合った案件を探してきてくれます。

デメリット1:営業コストがかかるで解説した通り、フリーランスは自分で営業しなければなりません。しかし、エージェントに登録すれば、営業の手間が軽減でき、効率的に案件を探せます。

おすすめのエージェントについては、フリーランスのITコンサルにおすすめのエージェント5選で後述しています。ぜひご覧ください。

 マッチングサービスで探す

マッチングサービスで仕事を探すのも一つの方法です。

マッチングサービスとは、仕事を依頼したいクライアントと、仕事を探している受注者をマッチングさせるサービスです。

DAI
代表的なマッチングサービスの例として、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングがあります。

受けたい案件があれば、受注者から案件に応募するのが基本的なスタイルです。クライアントが仕事を依頼したい受注者に、声をかけることもあります。

ITコンサルタントにおすすめのマッチングサービスは、フリーランスのITコンサルにおすすめのマッチングサービス5選で解説しています。ぜひご覧ください。

企業に直接営業する

企業に直接営業する方法もあります。

DAI
たとえば、ホームページの問い合わせフォーム・SNSのアカウントなどへ連絡して、営業をかけられます。

企業には問い合わせフォームや、SNS経由で多くの連絡が来ています。その中で、読んでもらえるようなメッセージを送らなければなりません。

DAI
企業が抱えていそうな悩み・自分の得意分野を考慮して、的確な提案をして営業しましょう。

フリーランスのITコンサルにおすすめのエージェント5選

フリーランスのITコンサルにおすすめのエージェントを、以下の5つに絞ってご紹介します。

  • レバテックフリーランス
  • ITプロパートナーズ
  • ミッドワークス
  • テクフリ
  • フォスターフリーランス

それぞれ詳しく解説します。

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 36,697件
平均単価(月) 68.2万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡・長崎・熊本・大分
働き方 週3案件、リモート案件多数

※2022年4月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

※2022年5月9日時点フリーランススタート公式サイト引用(公式:https://freelance-start.com/agents/42

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えており、フリーランススタートの調査によると、最高単価は145万円という高水準です。

※2022年5月9日時点 フリーランススタート公式サイトより参照(公式:https://freelancestart.com/agents/42

またレバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2021年12月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは業界最多水準で、公開されている案件だけで36,697あります。

コンサル案件の公開数は463件です(2022年4月時点)。

以下はコンサル案件の具体例です。

※2022年4月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

※案件情報は2022年4月時点の内容です。現在は公開終了している場合があります。

※2022年4月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

※案件情報は2022年4月時点の内容です。現在は公開終了している場合があります。

またレバテックで保有する案件のほとんどは「非公開求人」です。

DAI
エージェントから直接案内されなければ見ることができません。

非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため、公に公開することはせず、担当者が直接依頼する形をとるために非公開の求人が多くなっています。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかなどが分かります。今すぐフリーランスになるかどうか分からなくても、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,036件
平均単価 63.4万円
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年4月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

※2022年5月9日時点フリーランススタート公式サイト引用(公式:https://freelance-start.com/agents/71

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数
  3. ITコンサルの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多くあるという点があります。

実際、他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、多くは常駐案件です。

その点、ITプロパートナーズは週1~2日〜稼働OKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントとなっています。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

ITコンサルの案件多数

2022年4月時点 ※公式サイト(https://itpropartners.com/job/search)より引用

※案件情報は2022年4月時点の内容です。現在は公開終了している場合があります。

ITプロパートナーズでは、ITコンサルの求人数が 84件と多数公開されています(2022年4月時点)。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

ミッドワークス

公式サイト:https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの大きな特徴は以下の2点です。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証

特徴①:豊富な案件数

2022年4月現在、ITコンサルの案件を多数取り扱っています。

以下が案件例です。

※公式サイト(https://mid-works.com/)より引用

※案件情報は2022年4月時点の内容です。現在は公開終了している場合があります。

DAI
保有する案件のほとんどが非公開案件なので、無料登録してさらに多くの案件から選びましょう!

特徴②:フリーランスでも正社員並みの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、以下のような保証もあります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」

フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。

DAI
Midworksであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。(審査あり)

Midworksの登録方法

登録&相談は無料です。フリーランスを目指すのであれば登録は必須だと思います。

DAI
とりあえず登録しておき、実際に案件紹介を受けながら検討してみましょう!

ミッドワークスに無料登録する手順(簡単・30秒ほど)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

テクフリ

公式サイト:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件が豊富。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

DAI
テクフリは、エンジニアに特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 9,252件
平均単価 66.8万円
マージン率 10%~
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年4月時点・公式サイトより引用/算出

※2022年5月9日時点フリーランススタート公式サイト引用(公式:https://freelance-start.com/agents/5

テクフリの特徴としては、何と言っても案件の質の高さです。

  • 高単価案件が豊富
  • サイバーエージェントを始めとする多くの上場企業の案件取り扱いあり

運営元である株式会社アイデンティティは、テクフリ外にも複数のIT人材派遣事業を行っていることから高品質な案件が多いのが特徴です。

テクフリには、以下のようなコンサルタントの案件も存在します。

※公式サイト(https://freelance.techcareer.jp/)より引用

※案件情報は2022年4月時点の内容です。現在は公開終了している場合があります。

DAI
また、テクフリは独自の案件マッチングシステムも持っていることから、自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントになっています。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件が豊富。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス

DAI
フォスターフリーランスは既に実務経験があり、フリーランスになってスキルや年収をアップさせたい方に特におすすめのフリーランスエージェントです。
運営会社 株式会社フォスターネット
公開求人数 2,124件
平均単価 74.5万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
働き方 週5、常駐型が多い

公式ページ:https://freelance.fosternet.jp/
※2022年4月時点・公式ページより算出

※2022年5月9日時点フリーランススタート公式サイト引用(公式:https://freelance-start.com/agents/3

フォスターフリーランスの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 2~3年の実務経験者向けの高単価案件
  2. 案件獲得後の高いサポートの質

2~3年の実務経験者向けの高単価案件

フォスターフリーランスの大きな魅力は、経験者向けエージェントだからこその高単価です。

大手企業のSI案件や、大手企業からの直請け案件が多いことも高い単価水準につながっています。

※SI案件とは、顧客が使うシステムを設計から開発、保守、運用まで行う案件のことを指し、SIを中心に業務を行う業態はSIerと呼ばれます。

またITコンサルタントの案件においても、高単価でリモート可能なものが多いです。

※公式サイト(https://freelance.fosternet.jp/)より引用

※案件情報は2022年4月時点の内容です。現在は公開終了している場合があります。

DAI
案件は、週5の常駐型案件が多く実務経験がすでにある方向けの案件が中心です。そのため、スキルアップや年収アップをしたいエンジニアにもおすすめのフリーランスエージェントと言えます。

案件獲得後も質の高いサポートが得られる

また、フォスターフリーランスはサポートの質の面でも高い評価を得ています。

DAI
最近できたばかりのほかのエージェントとは異なり、創業20年以上の実績があるので、安心して仕事の相談ができますね。

フォスターフリーランスのサポートの特徴は、次の2点です。

  • エンジニアに特化しているエージェントだからこそ、業界知識が豊富
  • 案件獲得後のフォローも充実

エンジニアに特化しているエージェントなので業界理解が深く、案件のミスマッチが起きづらいという点が大きな魅力です。

希望者にはきめ細かなキャリアカウンセリングも実施してくれるほか、定期的に悩みごとがないか確認してくれます。

DAI
IT業界の理解が浅いまま、案件紹介をして仲介料を得ようとするエージェントもあります。案件ミスマッチを防ぎたいエンジニアはぜひ登録しましょう
【フォスターフリーランス】実務経験ありの方向け高単価エージェント
創業20年以上で実績多数。大手企業の週5駐在案件を中心に、高単価な案件をこなしたい方必見。

未経験からフリーランスITコンサルになるには

未経験からフリーランスのITコンサルになる方法を、以下の項目に沿って解説します。

  1. Slerかコンサルファームで実務経験を積む
  2. 自分の強みを見つけて伸ばす
  3. 資格を取る

それぞれ解説します。

1. Slerかコンサルファームで実務経験を積む

ITコンサルの仕事をするには、まずはSIerやコンサルティングファームで働きましょう。

資格が不要とはいえ、未経験でITコンサルの仕事をこなすのは困難なためです。仕事ではもちろん専門的な知識も求められます。

DAI
クライアントにもコストが発生するため、ITコンサル未経験者に仕事を依頼しようとは思わないはずです。

コンサルファームでコンサルタントや、SIerでSEとして、経験を積んでいきましょう。

2. 自分の強みを見つけて伸ばす

コンサルファームやSIerで働く中で、自分の強みを見つけましょう。

たとえば一通りの業務を経験すると、以下のように自分の得意な分野がわかってきます。

男性A
自動車業界の案件は、前職の知見があるからやりやすい。
女性A
PMO案件は得意かも
DAI
自分の得意を伸ばすと、独立後の武器になってくれますよ。

3. 資格を取る

フリーランス独立に備えて、資格を取っておくのもおすすめです。

DAI
取得しておけばフリーランスになった際、スキルの証明になります。

ITコンサルで持っておくと良い資格は、以下が挙げられます。

  1. 基本情報技術者試験
  2. 中小企業診断士
  3. ITストラテジスト
  4. ITコーディネータ

特定の企業に在職中であれば、会社が資格の取得にかかる費用を負担してくれることもあります。

ITコンサルに資格は必須ではありませんが、クライアントにスキルを把握してもらいやすく、信頼度も増すでしょう。

DAI
フリーランスになる準備として、資格を取っておくこともおすすめですよ。

フリーランスITコンサルに求められるスキル

フリーランスITコンサルに求められるスキルは以下の4つです。

  • 課題解決の実績
  • IT技術の専門知識
  • 顧客の業界に関する知識
  • コミュニケーション能力

フリーランスITコンサルになるために必要なスキルについて、順番に解説していきます。

課題解決の実績

そもそもコンサルティングは、専門的な知識を用いて企業の課題を解決し、業績や業務改善を施す職業です。

したがって、課題解決の実績が大前提として必要になります。

ITコンサルティングを実行して経営を改善する際には、部門ごとに状況を聞く場合もあるため、解決して欲しい要望が社内で異なることもあります。

意見をまとめて最適な結論が出せることをアピールするには、実績を提示することが最も効果的です。

DAI
会社員としてITに携わっている間に、分析力や論理的思考力を身に付け、業務フローなどの課題を解決した実績を手に入れましょう。

IT技術の専門知識

フリーランスのITコンサルタントして働く場合、IT技術の専門知識も必須スキルのひとつです。

ITコンサルタントして従事すると、解決すべき課題を発見してからIT技術を用いて改善を施していく必要があります。

現場で働いているエンジニア達よりも上流工程として仕事をするため、専門的で広範囲に渡るIT技術が求められるでしょう。

DAI
ITのスペシャリストとして経営に責任を持つことになるので、システム開発や運用の知識は必要不可欠です。

顧客の業界に関する知識

ITコンサルタントとして経営戦略を練るには、顧客の業界に関する知識も必要になります。

業界における最新のトレンドやニュースだけでなく、競合他者がどんなIT戦略を実行しているのかを理解していることが大切です。

過去の仕事で関わってきた中で、知見が深い業界があれば積極的に知識をアピールした方が良いでしょう。

DAI
現在、特定の業界に対して知見がない場合は、広い分野の知識を吸収して、どの業界でも能力を活かせるようにしておきましょう。

コミュニケーション能力

昨今、コミュニケーション能力はビジネスにおいて重要な能力のひとつとされていますが、ITコンサルタントには特に大切なスキルです。

ITの技術や業界の専門的な知識を活用するITコンサルタントは、現場で働く社員や経営層との間を取り持ち、最適な解決策を見出していきます。

プロジェクトを成功に導くためには、傾聴する能力だけでなく、質問事項や懸念点にも適切に答えられるコミュニケーション能力が必要です。

DAI
コミュニケーション能力は一朝一夕では身につかないので、意図的に人と話す場面を増やしたり、情報の伝え方を日頃から意識したりすることが大切です。

稼げるフリーランスITコンサルになるために意識するべきこと2つ

フリーランスのITコンサルが稼げるようになるためには、以下2つを意識する必要があります。

  • 自分の強みを明確にする
  • ITの知識を身につける

それぞれ解説します。

自分の強みを明確にする

意識すべきことの一つ目は、自分の強みを明確にすることです。

自分の強みを明らかにして専門性を示せば、それだけ案件の単価は高くなる傾向にあります。

DAI
案件が専門的になる分、対応できる人材も少なくなり、人材の価値が高くなるためです。

また、クライアントとしては、ITコンサルタントが専門にしている案件が不明だと、仕事を依頼しにくくなります。

幅広く案件を受ける手もありますが、クライアントの業界もIT技術も日々変化しています。最新の動向を追いかけるためには、情報のキャッチが欠かせません。

幅広い案件を受けるということは、膨大な情報を常に追いかけることになります。

DAI
薄い知識しかインプットできず、専門性を失いかねません。

オールラウンダーを目指すのではなく、専門性を持ったITコンサルタントを目指しましょう。

ITの知識を身につける

稼ぐためにもう一つ意識すべきことは、IT知識を身につけることです。なぜなら、IT知識に乏しければ、クライアントへ最適な提案ができないからです。

ITコンサルタントは、クライアントの課題をITで解決する仕事です。最良の解決策が示せなければ、クライアントに満足いただけません。

DAI
そうなれば、継続して依頼を受けることは難しくなり、稼ぐことも困難になります。

たとえば、クライアントが持つ悩みを解決するのにベストな策は、最新の技術を使う必要があるかもしれません。

しかし、ITコンサルタントの知識不足で、最新の技術を使ったベストな策が出てこないことや、システムの導入の段取りが悪くなる恐れがあります。

特に、IT関連の技術はスピーディーに進化します。そんな中、クライアントに価値を提供するためには、常にITの知識を身につける姿勢が必要です。

フリーランスITコンサルの将来性

フリーランスのITコンサルタントは将来性があると言えます。その理由を以下2つの観点からご紹介します。

  • 企業のDX化が進んでいる
  • コロナによる労働環境の変化

それぞれ解説します。

企業のDX化が進んでいる

1つ目に企業のDX化が今後進んでいくことが挙げられます。DXとは、Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略です。

DAI
デジタル技術を浸透させることで、生活をより良くしていく考え方です。

企業が提供するサービスと、企業の内部で使うシステム両方で、DX化が進んでいます。理由の一つとして、経済産業省が発表した「2025年の崖」があります。

「2025年の崖」とは「企業がDX化を進めなければ、2025年までに最大12兆円の損失が生じる恐れがある」とした発表です。

企業サービスのDX化の例としては、Netflixやメルカリの事例が挙げられます。

DAI
Netflixは、もともと映画や音楽のDVDを郵送するサービスでしたが、独自の配信サービスを作り上げました。

郵送サービスで蓄積したユーザーのデータをもとに、おすすめ機能を搭載。さらにデータ分析をすることで、成果を上げていきました。

DAI
メルカリは、手軽に匿名で売買が可能なシステムを構築し、アプリ化しました。

さらに、決済サービス・メルペイを開発することで、売上金の使い道を広げました。

他にも、サービスをDX化した例として、トライグループの「家庭教師のトライ」、日本交通のAI配車が挙げられます。

こうしたサービスのDX化にあたり、各企業がDXに長けた人材を確保しているとは限りません。企業内に人材がいない場合は、ITコンサルタントに依頼をすることになります。

コロナによる労働環境の変化

2020年から流行した新型コロナウイルスによって、働く環境が大きく変化しました。このことも、ITコンサルの将来性・必要性を確かなものにしています。

理由として、テレワークを推進する企業が増加した背景があります。(参考:総務省|令和3年版 情報通信白書|テレワークの実施状況

以下は働く環境が変わった一例です。

  1. テレワーク
  2. 社内手続きの電子化
  3. 会議・営業・採用選考のオンライン化

しかし、上記の体制やシステムを整えるのは、容易ではありません。

DAI
そこで、システムの導入にあたってITコンサルが必要になります。

働く環境を変えるサポート役として、ITコンサルは今後も需要が高い人材です。

まとめ

この記事でお伝えしたこと

  • フリーランスは仕事を選べるけれど、営業コストがかかるうえ・スキルを伸ばすのが大変
  • フリーランスのITコンサルにはエージェントの利用がおすすめ
  • DX化・ワークスタイルの変化で、ITコンサルは今後も需要あり

ITコンサルの案件を探すなら、エージェントを使うのがおすすめです。

自分で営業する手間がないため、仕事やスキルアップに注力できます。どんな案件があるのか見てみたい方は、ぜひ以下のエージェントから探してみましょう。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件が豊富。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント
【フォスターフリーランス】実務経験ありの方向け高単価エージェント
創業20年以上で実績多数。大手企業の週5駐在案件を中心に、高単価な案件をこなしたい方必見。