最終更新日:

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Androidエンジニアはフリーランスになると、年収がアップする可能性が高い職種です。

しかし年収が上がるとわかっていても、ご自身がAndroidエンジニアとして活躍できるのか不安になることもあるでしょう。

そこで今回は、Androidエンジニアがフリーランスとして活躍するための方法をわかりやすく解説します。

この記事を読むことで、以下の内容がわかります。

  • フリーランスAndroidエンジニアの求人数
  • フリーランスAndroidエンジニアの案件の例
  • フリーランスAndroidエンジニアとして活躍するための方法
DAI
今後フリーランスAndroidエンジニアとして活躍したい方は、ぜひご一読ください!

フリーランスのAndroidエンジニアの求人数

フリーランスAndroidエンジニアの求人数を調べるために、Androidエンジニアの案件が多い以下3つのエージェントで案件数を調べてみました。

総案件数 Androidエンジニア案件
レバテックフリーランス 36,257件 2,631件
ITプロパートナーズ 4,977件 425件
Midworks 5,281件 338件

引用:レバテックフリーランスITプロパートナーズMidworks (2022/4/4時点の案件数)

上の表を見ると、Androidエンジニアの案件は豊富にあることがよくわかります。

なお上の表をグラフにすると、以下のようになります。

このグラフを見ると、フリーランスエージェントなどで扱っている案件数のうち、おおよそ6〜8%がAndroidフリーランス向けの案件です。

6〜8%というと少なく感じるかもしれませんが、多種多様な案件があるなかでの数値なので、需要は十分にあると言えます。

DAI
Androidエンジニアの需要は海外でも多いです。

フリーランスAndroidエンジニアに在宅・リモート案件はある?

下記はAndroid案件数のうち、在宅・リモート案件数をまとめたものです。

Android案件数 在宅・リモート案件
レバテックフリーランス 2,631件 698件
ITプロパートナーズ 425件 227件
Midworks 338件

引用:レバテックフリーランスITプロパートナーズMidworks(2022/4/4時点の案件数)

全体の案件のうち、在宅・リモート案件は25%〜50%ほどです

基本的には常駐案件が多いAndroidエンジニアですが、案件によっては在宅・リモートも可能です。

DAI
フリーランスになると、比較的自由に働くことができますよ。

フリーランスのAndroidエンジニアの案件例

フリーランスAndroidエンジニアの案件には、大きく分けて以下の4つがあります。

  • Androidアプリ開発
  • ゲーム開発
  • 組み込み開発
  • アプリの保守運用

具体的な案件例を見てみましょう。

Androidアプリ開発

単価 〜600,000円/月
稼働 週5日
働き方 フルリモート
業務内容 ・銀行向けアプリにおいて、サーバーサイド開発
必要スキル ・ Swift、Kotlinどちらかでの開発経験が3年以上
歓迎スキル ・金融関係での開発経験

引用:https://freelance.levtech.jp/※この案件は2022年4時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

上記はAndroidアプリケーションの開発案件です。

「Swift、Kotlinどちらかでの開発経験が3年以上」のように、経験者を募集しているプロジェクトが多いです。

オフショアで開発したものに追加機能を実装するのが仕事になるため、アプリ全体の理解力が求められます。

DAI
Androidでのアプリ開発経験があることが前提ですが、月600,000円で、フルリモートで働けるのはとても魅力的です。

ゲーム開発

単価 〜800,000円/月
稼働 週5日
働き方 フルリモート
業務内容 ・某スマホゲーム開発会社にて新規ゲームのフロント及びサーバーサイド開発
必要スキル ・Unityでのゲーム設計、開発経験3年以上
・ゲームのフロントエンド、サーバーサイド設計開発経験(言語/年数不問)
歓迎スキル ・Unity 及び HTML5 における 3D 処理の基礎知識
・ネットワーク、インフラに関する知識
・CI/CD に関する知識

引用:https://freelance.levtech.jp/※この案件は2022年4月時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

某スマホゲーム開発会社にて新規ゲームのフロントとサーバーサイド開発を行う案件です。

Unityでのゲーム設計やゲームのフロントエンド、サーバーサイド設計の経験が必要で、Unityだと3年以上の実務経験が求められています。

組み込み開発

単価 〜600,000円/月
稼働 週5日
働き方 常駐
業務内容 ・IoTデバイスの組み込み開発
必要スキル ・C++開発経験
・JavaScript開発経験
歓迎スキル ・FreeRTOS開発経験
・IAR 利用経験
・STM32マイコン開発経験
・Flash制御開発経験

引用:https://freelance.levtech.jp/※この案件は2022年4月時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

組み込み開発とは、特定の機能を実現するために機械等に組み込まれるコンピュータシステムを開発することです。

上記の案件では、IoTデバイスのシステムの組み込み開発を行います。

アプリの保守運用

単価 〜650,000円/月
稼働 週5日
働き方 常駐
業務内容 ・Airメイト保守開発
必要スキル ・Kotlinを用いた開発経験
・要件からの整理スキル
歓迎スキル ・GCPを用いた開発経験
・Typescriptを用いた開発経験
・Swiftを用いた開発経験

引用:https://freelance.levtech.jp/※この案件は2022年4月時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

アプリの保守運用案件では、フリーランスのAndroidエンジニアは重宝されています。

ここまで4つの案件をご紹介しましたが、Androidエンジニアの案件は、Androidアプリの開発〜保守運用まで多岐に渡ります。

フリーランスのAndroidエンジニアの単価・報酬相場

Androidのフリーランスエンジニアの報酬相場は、おおよそ月額50〜60万円ほど

経験年数が5年を超える場合は、月額80万円以上の報酬をもらえる傾向があります。

DAI
フリーランスなら、会社員として働くよりも高収入を得られますよ。

さらに次のようなスキルも習得すると、報酬が100万円を超えることもあります

  • スキルのかけ合わせで、UI/UXなどのデザインが理解できる
  • サーバーサイドの細かい設計、フロント部分まで一括して請け負える

Androidエンジニアとして独立する際は、複合的なスキルを身につけていると報酬が上がると認識しておくと良いでしょう。

DAI
求められるスキルが多いほど、単価は上がります。

フリーランスのAndroidエンジニアが案件を探す方法

フリーランスAndroidエンジニアが案件を探す方法は、以下の3つです。

  • エージェントで探す
  • ビジネスSNSで探す
  • 企業に直接営業する

それぞれについて解説します。

エージェントで探す

フリーランスエージェントを活用することで、営業先を選定するための時間や、企業に営業する手間を大幅に削減できます。

DAI
フリーランスエージェントとは、フリーランスに案件を紹介してくれるサービスのことです。

時間を削減することで、エンジニアとして働くコアタイムを増やせるというメリットがあります。

一方で多くのフリーランスエージェントが、企業側から仲介手数料を徴収するため、報酬の中抜きが発生してしまうのがデメリットです。

上記のようなデメリットもありますが、フリーランスエージェントは企業とのトラブルがあった際も、間に入ってやり取りをしてくれます。

万が一何かあった際の保険として考えると、中抜きにもある程度納得がいくはずです。

DAI
初めて案件を探すなら、エージェントの利用がおすすめです!

ビジネスSNSで探す

LinkedInやEightなどのビジネスSNSで仕事を探すことは、すでに海外では一般的になっています。

ビジネスSNSとはビジネスに特化したSNSのことで、日本で有名なものだとWantedlyがあります。

ビジネスSNSに登録すれば、企業から声がかかりやすくなるのがメリットです。

ただよほどのスキルがないと、受け身の姿勢では案件獲得には繋がらないので、自分でも営業しなければなりません。

案件次第では、それなりに多くのステップを踏む必要があるでしょう。

ビジネスSNSに登録しつつ、まずはエージェントで実績を積むのが稼ぐための近道です。

DAI
複数の方法で仕事を探すと、思わぬ新着案件を見つけることができます。

企業に直接営業する

仕事に慣れてくると、企業に直接営業をするという手法も使えるようになります。

たとえばエージェントには掲載されていなくても、企業のホームページでAndroidエンジニアを募集しているケースもあります。

まだサイトに求人出せるほどの資金余力がないベンチャー企業などは、自社のホームページで人材を募集していることが多いもの。

検索エンジンで「Android エンジニア 業務委託」などで検索し、こまめに募集をチェックしておくことをおすすめします。

フリーランスのAndroidエンジニアにおすすめのエージェント

独立して初めて案件を取るなら、フリーランスエージェントがおすすめです。

フリーランス全体の数が増えるとともに、フリーランスエージェントの数も増加傾向にあり、現在では100を超えるフリーランスエージェントが存在します。

DAI
ここまで多いと、結局どのエージェントがおすすめなのかわかりませんよね。

そこで今回はフリーランスAndroidエンジニアにおすすめのエージェントを、以下3つに絞りました。

それぞれのエージェントに強みがあるので、以下で詳しく解説します。

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

案件数 35,935件
最低稼働日数 週3日~
主な求人職種 エンジニア
公式サイト https://freelance.levtech.jp/

※2022年3月時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

案件の数が豊富で、無料登録すると見られる非公開案件のなかには、魅力的な穴場案件もあります。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  • フリーランス案件紹介歴15年以上
  • 案件数は業界トップクラス
  • 報酬は高め

フリーランスエージェントの中でもトップクラスの案件数に加え、報酬も高いのがレバテックフリーランスの特徴です。

案件の紹介は業界に精通したコーディネーターが実施してくれるため、案件を紹介してもらったはいいもののスキルとマッチしなかった……ということが少ないのがメリット。

月末締めの翌月15日の支払いと資金の支払サイトが短く、税理士の紹介や確定申告のセミナーもあり、独立間もない頃には安心のエージェントといえるでしょう。

DAI
初めての案件獲得はレバテックフリーランスがおすすめです。

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,961件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年3月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  • 週2日からでも働ける
  • リモートワークも充実
  • 副業探しにも役立つエージェント

ITプロパートナーズは全体的に案件単価が高く、リモートでも働ける案件が多数紹介されているエージェントです。

せっかくフリーランスのAndroidエンジニアになったのに、常駐の案件ばかりでは会社員とそこまで変わらないのでは……と考えてしまう方もいるでしょう。

その点、ITプロパートナーズであれば在宅の案件も多いので、自由な生活が手に入ります。

またITプロパートナーズの最大の強みは、週2日以下の案件が多数用意されている点です。

DAI
副業的な案件を獲得するのにもおすすめのエージェントなので、ぜひ気軽に登録してみましょう。

※ただしITプロパートナーズでは会社員の方への副業は紹介していないので、ご注意ください。

Midworks

公式サイト:https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの特徴は以下の3点。

  • 開発案件が多数
  • 福利厚生、給与保証と支援が十分
  • 担当コンサルタントの業界知識が深い

Midworksは開発案件が多く、Androidエンジニア向けの案件も多く取り扱っています。

以下が案件例です。

引用:https://mid-works.com/現在は募集が終了している場合があります。

上記の案件に関しては、1年以上の経験があれば応募できるので、経験が浅い方もまずはエージェントに登録してみましょう。

また万が一働けなくなったときに安心な給与保証サービスがついているため、案件切れを恐れることなく仕事に打ち込めます。(※審査あり)

週に3日以下の案件は少ないため、安定して仕事を続けたい方にはおすすめです。

フリーランスのAndroidエンジニアが身につけたいスキル

フリーランスAndroidエンジニアとして活躍するには、プログラミングスキルをはじめ、他のスキルも身に付けておくことが大切です。

具体的には以下のスキルが必要です。

  • Java
  • Kotlin
  • Androidの開発環境に関するスキル
  • マネジメントスキル

それぞれ解説します。

Java

使用用途 業務用のアプリケーションなどで使用する
学習難易度
対象者 ・Androidのアプリを作りたい人
・Webサイトを作りたい人
・組み込みシステムを作りたい人

JavaはOSに依存しないで開発を進められる言語です。

業務システムの開発やAndroidアプリの制作で使用されるJavaは、アクセス集中に対しての負荷に強いため、大規模アプリケーションでも使用されているのです。

DAI
有名な「Hello World」は、以下の記述をすることで出力できます。
class Main {
  public static void main(String[] args) {

  System.out.println("Hello World");
  }
}

Androidアプリの開発で使用するJavaとAndroid Javaは厳密には異なりますが、まずはJavaの知識を押さえておく必要があります。

DAI
JavaとJavaScriptは異なるので、混同しないでくださいね。

Kotlin

使用用途 Androidアプリの開発
学習難易度
対象者 ・Androidのアプリを作りたい人
・サーバーサイドエンジニアとして働きたい人

KotlinはAndroidのアプリ開発でよく使用される言語の1つです。

Javaよりもオブジェクト指向に長けており、Javaより簡単に理解しやすいのが特徴

Javaとの相互利用が公式で認められているため、Javaで書かれたアプリケーションで追記できるのもKotlinのメリットです。

DAI
有名な「Hello World」を出力するには、以下のように記述します。
fun main() {
  println(""Hello, world!"")
}

先ほど紹介したJavaよりもコードが短くなっていますが、Javaと同様にprintln関数が用いられているのが特徴です。

DAI
なお初めて学習する場合、プログラミング言語を習得する前に挫折してしまう人も多いです……。

AndroidとKotlinを実務レベルまで身につけたいなら、まずはプログラミングスクールに通うことをおすすめします

テックアカデミーなら専用のAndroidアプリコースがあり、開発に必要な知識を網羅的に学べます。

公式:https://techacademy.jp/

【TechAcademy】プログラミングスキルを身につけ、フリーランスのAndroidエンジニアを目指すなら!
¥174,900から学べる優良プログラミングスクール。Webアプリ開発から、AI・データサイエンスまで自分にぴったりのコースを受講可能!最短1週間からオンラインで受講できるので、忙しい方にもおすすめ。

Androidの開発環境に関するスキル

DAI
Androidの開発は環境構築ができないと、始まりません。

具体的には以下のような開発環境があります。

  • Android Studio
  • Unity
  • Xamarin
  • React Native

4つの中でも、Google社の提供する「Android Studio」を使用することが多く、プラットフォームに対する知識が求められます。

DAI
「Android Studio」でソースコードの管理やテストも行います。このあたりは、フリーランスになるのであれば経験していて当たり前ですね。

マネジメントスキル

マネジメントスキルは、プログラマーからステップアップするために必要なスキルです

プロジェクトの全体進捗の管理や、スケジュール通りにプロジェクトを進めるのが、マネジメント職の仕事です。

プログラマーのマネジメントスキルを活かせる業務としては、以下の2つが挙げられます。

  • プロジェクトマネージャー(PM)
  • プロジェクトリーダー(PL)

PMやPLというと要件定義などを含む、開発のマネジメントがが主な業務ですが、両者ともプログラマーとしても相応のスキルが必要です。

DAI
マネジメントスキルは、プログラミングスキルとセットで身に着けておくのが望ましいです。

未経験からフリーランスのAndroidエンジニアになることは難しい

「未経験からフリーランスAndroidエンジニアになれるのだろうか」と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし残念ながら、未経験からAndroidエンジニアになることは難しいのが現状です。

DAI
企業が求めているのは即戦力です。

ただし未経験でもステップアップすることで、将来的にAndroidエンジニアに挑戦することはできます。

その手助けとなるのが、プログラミングスクールです。

自分一人では学習を続けることが難しい人におすすめです。

DAI
CodeCampでもJavaを学べるので、ぜひ検討してみてくださいね。

フリーランスのAndroidエンジニアの将来性

フリーランスのAndroidエンジニアの需要について、以下2つの観点から解説します。

  • iOS(Swift)エンジニアに比べて人材が少ない
  • Androidは拡張性が高いので需要が伸びる期待がある

順番に見ていきましょう。

iOS(Swift)エンジニアに比べて人材が少ない

MMD研究所によると、Android端末とiPhone端末を比較するとAndroid端末の利用者が多いものの、若者の多くはiPhone端末を使用していることがわかっています。

実際に以下のグラフを見ると、10~20代の半数以上がiPhoneユーザーです。

引用:MMD研究所

同調査が行われた2019年と比較すると、2021年の国内でのiPhoneの使用率は3.2ポイント増加しています。

iOSのプログラミング言語「Swift」を学ぶプログラマーは増えているものの、Androidエンジニアは不足しているのが実態です。

フリーランスエンジニア市場でも高い需要があるAndroidエンジニアは、今後も不足し続けることが予想されます。

DAI
つまりAndroidエンジニアは、フリーランスとして活躍しやすい状況です!

Androidは拡張性が高いので需要が伸びる期待がある

Androidは拡張性が高いため、今後のIoT市場において、さらに重要になる可能性があります。

かつては、携帯電話のプラットフォームとして登場したAndroidです。

その技術はカーナビやデジタルテレビなどのコンシューマー機器に用いられるだけでなく、FA機器にまで応用が効きます。

今後CASEやMAASなどのデジタル環境が広がるなかで、Andoridエンジニアはより一層活躍の舞台が用意されています。

DAI
スマートフォン市場だけで考えるとニーズが少なくなったように見えますが、今後も需要が高まる可能性は十分にありますよ。

まとめ

Androidエンジニアとして企業で活躍している方は、フリーランスとして独立することで、より一層活躍できる可能性があります。

そして今後もAndroidの市場は広がり、高い需要が生まれることが予測されます。

独立の手助けとなるのは、フリーランスエージェントです。

そのなかでもレバテックフリーランスが、案件数の多さからおすすめです。

DAI
エージェントに登録しておけばいつでも案件を確認できます。まずは気になったエージェントに登録してみましょう。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。