最終更新日:
女性A
しばらくクラウドワークスを使っているけど、クライアントとうまくいかないことが多い気がする……このまま使っていて大丈夫なのかな
DAI
クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングですが、一部では「やばい」という声もありますね。実態を確認していきましょう!

クラウドソーシングとは企業が不特定多数に向けて、インターネットを通したアウトソーシングを行うことです。

インターネット環境があって条件がそろえば誰でも案件が受注できるため、副業やフリーランスの働き方として注目されています。

なかでもクラウドワークスはクラウドソーシングの大手で、登録者数も多いです。

それにもかかわらず「やばい」という声があるのはなぜでしょうか。

本記事では下記について、実例を交えながら解説していきます。

  • なぜクラウドワークスが「やばい」と言われるのか
  • クラウドワークスを使うことのメリットは何か
  • やばい案件を避けるポイント
DAI
クラウドワークスで安心して取引をしたい方必見の内容なので、ぜひご一読ください!

クラウドワークスはやばい・やめた方がいいと言われる理由3選

国内でも最大手といわれるクラウドワークスですが、下記の理由で不満や不信感を抱くワーカーも多くいます

  • 低単価な案件が多い
  • 著作権に違反している案件も存在する
  • ライバルが多すぎる
  • 手数料が高い

詳しく見ていきましょう。

低単価な案件が多い

1つ目の理由は低単価な案件が多くを占めていることです。

クラウドワークスではほとんどが固定報酬形式で、時給報酬制の案件は一部です。

DAI
固定報酬形式では案件ごとに単価が設定されており、与えられた作業を完了させると単価分が報酬として支払われます。

もちろん単価の設定はクライアントの判断ですが、実は次のように低い単価に設定されている案件が多くあるのです。

  • 3,000文字のライティング:300円
  • アニメーション用イラスト:500円

たとえば500円のイラストを制作するのに2時間かかった場合、時給換算すると250円です。

DAI
副業であっても、労力に見合った報酬を得られないのは精神的に辛いですよね……

場合によっては時給換算で100円前後という案件もあるため、この単価の低さが「やばい」といわれる原因の一つとなっています。

著作権に違反している案件も存在する

著作権に違反している案件が存在することも、理由に挙げられます。

たとえば下記のような依頼は、著作権法に違反する恐れがあります。

  • 第三者の記事を書き換えるだけの記事作成依頼
  • インターネット上で掲載されている写真を、許可を得ずに使用させる依頼

著作権違反をしてしまうと、損害賠償や罰金を支払わなければなりません。

そのため一度クラウドワークス仕事依頼ガイドライン」に目を通し、怪しい案件を見分けられるようにしておくことが大切です。

DAI
もし違反案件を依頼されたり見つけたりした場合は、一人で対応しようとせず、事務局に通報しましょう!

ライバルが多すぎる

3つ目の理由はライバルが多すぎることです。

クラウドワークスのユーザー数は国内最大級で、なんと480万人(2022年5月30日時点)です。

そのため簡単にできる仕事や高単価の案件には、必然的に多くのユーザーが集まり、競争率が激しくなります

下記3点でライバルと差をつけられないと、なかなか優良案件を受注することはできません。

  • プロフィール
  • 実績やスキル
  • 提案文
DAI
特に実績のない初心者にとってはよい案件を受注するのが難しく、思うように仕事ができないことから「やばい」という声につながるのです。

手数料が高い

手数料が高いことも要因の一つです。

クラウドワークス自体は無料で利用できますが、案件を受注して支払いが行われる際に手数料が引かれます

DAI
クラウドワークスの手数料は以下のように案件の金額に応じて変わります。
契約金額 10万円以下 10万円超20万円以下 20万円超
手数料 20% 10% 5%

クラウドワークスより引用:【共通】システム利用料について【クラウドワークス】(2022年5月時点)

多くの案件は10万円以下なので、1件あたり20%の手数料が引かれることになります。

たとえば契約金額が5,000円の場合だと、5,000円×20%=1,000円が引かれるため、実際に受け取れる金額は4,000円です。

DAI
案件を選ぶ際は手数料のことも考慮しておきましょう!

クラウドワークスで実際にあったやばいクライアント例7選

もちろんすべての案件に該当するわけではありませんが、実際に「やばい」クライアントがいるのも事実です。

たとえば以下のようなクライアントには注意しましょう。

  • いきなり音信不通になる
  • 違反行為を指示してくる
  • 返信が遅すぎる
  • 求める指示があいまい
  • 納期設定が無茶すぎる
  • テストライティングが低単価すぎる(ライターの場合)
  • テストライティングで度々修正を要求してくる(ライターの場合)

1つずつ解説します。

いきなり音信不通になる

応募後だけでなく案件受注後であっても、クライアントが音信不通になってしまうことがあります。

たとえば次のようなパターンです。

  • 発注する旨の連絡を受けたが、実際の案件がこない
  • テストライティングに合格の返事がきたが、その後連絡がない
  • 納品済の案件があるのに支払いがなく、連絡もない

残念ながら音信不通となる例は後を絶たず、「これも学び」と捉えて終わらせる方もいれば、事務局を通して交渉を続ける方もいます。

トラブルを未然に防ぐためにも、受注前に必ずクライアントの評価を確認することが大切です。

DAI
こうしたクライアントは、同じことを何度も繰り返している場合があります。「急に連絡が途絶えた」のような評価がないか確認しておきましょう!

違反行為を指示してくる

前述した著作権法だけでなく、クラウドワークスの規約に違反する内容を求めてくるクライアントも存在します。

たとえば下記のような指示です。

  • メルカリに代理で出品させる
  • SNSの視聴やコメント、いいねを強要する
  • Amazonなどの商品購入や、レビューを書かせる
  • LINEの登録やセミナー参加、書籍購入をさせる
  • 必要以上に個人情報を聞いてくる
  • クラウドワークス以外のビジネスに誘導してくる

参考:クラウドワークス「外部サービスの利用規約やルールに違反するお仕事について」 

特にクラウドワークスに慣れていない初心者が狙われる場合が多く、なかには規約を理解していないために契約してしまう方もいます。

DAI
事前にクラウドワークス仕事依頼ガイドライン」を確認し、どんな仕事内容が違反行為にあたるのかを知っておくことが大切です!

返信が遅すぎる

音信不通にはならずとも、返信が遅すぎるクライアントにも注意が必要です。

営業日であれば1日以内に返信がくるクライアントがほとんどですが、「やばい例だと1ヶ月放置されることもあります。

返信が遅いクライアントの場合、納品後のチェックや支払いも滞るケースがあります。

DAI
このようなクライアントの都合に合わせていると、自分の仕事が思うように進みません。早めに見切りをつけるようにしましょう

求める指示があいまい

指示内容があいまいで、何を求めているのかわからないクライアントもいます。

担当者の説明不足の場合もあれば、別の案件や違反行為につなげるために、わざとあいまいにしている可能性もあります。

そのため指示内容がはっきりしないと感じたら、ワーカー側からヒアリングしましょう

DAI
明確な回答が返ってくるのであれば、問題なく仕事ができる場合も多いです!

一方で音信不通になる、あるいはさらにあいまいな回答を返してくるクライアントとは、気持ちよく仕事ができないかもしれません。

連絡をとっていて違和感を感じた場合は、受注を避けることをおすすめします。

納期設定が無茶すぎる

クライアントが求める納期設定が短すぎる、というケースもたびたび起こります。

たとえば以下のような。

  • 当日の夕方に納品して欲しいと言われる
  • 納期の20分前に修正依頼がくる

作業量に見合った納期が設定されていない、単価が安いのに納期が短い、というのも無茶な納期設定といえます。

DAI
ワーカー側の負担を考慮できないクライアントと長く付き合い続けても、自分がしんどくなるだけです。

ある程度は交渉できるクライアントがほとんどですが、あまりにも短い納期を一方的に設定してくるクライアントは避けましょう。

テストライティングが低単価すぎる(ライターの場合)

作業量に対して、テストライティングの単価が低い案件には気をつけましょう。

ライターとして活動している人であればご存知でしょうが、案件の受注前にはテストライティングを求められることがあります。

DAI
テストライティングを行う理由は、ライターの力量を見るため、仕事の相性を見るためなどさまざまです。

なかにはテストライティングを無報酬で行う案件もありますが、クラウドワークスの規約違反にあたります

最悪の場合、テストライティングは不合格(報酬0円)とされたのに、納品記事をひっそり公開されているケースもあります。

テストライティングもライターが時間をかけて生み出した成果物です。

自分の精神をすり減らさないようにするためにも、低単価や無報酬でテストライティングを課すような案件は請けないようにしましょう。

DAI
特に初心者ライターは「単価が低くても仕方ない」と思いがちですが、せっかく経験を積むなら、きちんと対応してくれるクライアントを選びましょう!

テストライティングで度々修正を要求してくる(ライターの場合)

テストライティングで、何度も修正依頼をしてくるクライアントにも要注意です。

マニュアルやレギュレーションに沿っていない場合は修正すべきですが、あいまいな指示のもとで修正を求められることもあります

たとえば下記のような指示です。

  • 違和感があるので修正して欲しい
  • もっと面白い文章を書いて欲しい

特に「何か違和感がある」のような感覚的な指摘の場合、人によってとらえ方が変わるため、相手の好みにマッチするまで延々と修正することもあります。

DAI
当然ながら修正した分だけ報酬が上がるわけでもありません。

次のように感じた場合は「やばい」クライアントの可能性があるので、早々に案件からの撤退を検討しましょう

  • 修正内容に納得がいかない
  • 記事のゴールが見えない

クラウドワークスを使うメリット

クラウドワークスのネガティブな側面について解説しましたが、クラウドワークスにはメリットも多いです

具体的なメリットは以下のとおり。

  • フリーランス・副業初心者でも実績を作れる
  • スポット案件が見つかる
  • 報酬未払いのトラブルを防げる

順番に見ていきましょう。

フリーランス・副業初心者でも実績を作れる

1つ目はフリーランスや副業初心者でも実績を作れることです。

クラウドワークスにはさまざまな案件があり、ジャンルや仕事内容も幅広いです。

初心者のうちはクラウドワークスで経験を積むことで、効率的に実績を作り、スキルを身につけられます。

また「ライティングスキルを高めたい」「簡単なプログラミングに挑戦したい」など、自分の希望に合った案件にも挑戦できるでしょう

クラウドソーシングでプログラミング案件を獲得する方法を知りたい人はこちら

DAI
そのため駆け出しフリーランスや副業初心者の方にとって、クラウドワークスは絶好の環境といえます!

一方で実績がたまってきた方は、エージェントの利用に移行するのもおすすめです。

クラウドワークスが母体のクラウドテックには、以下のように、より好条件の案件が多数あります(2022年5月31日時点)。

  • 週1日・フルリモートで月20万円以上のライティング案件
  • 週2日・フルリモートで月50万円以上のデザイン案件
DAI
まずはクラウドワークスを通して実績を作り、自信がついたら他の案件サイトやエージェントに移行してみましょう!

スポット案件が見つかる

継続的に稼働する案件だけでなく、単発で稼げるスポット案件が見つかるのもメリットの一つです。

スポット案件の代表例はタスク案件で、以下ような仕事があります。

  • アンケート
  • 写真撮影
  • データ入力
  • 文字起こし

タスク案件には高単価のものは少ない反面、空いた時間で手軽に稼げるのが嬉しいところです。

DAI
プロジェクト案件にもスポット案件はあるので、自分に合うものを探してみましょう!

報酬未払いのトラブルを防げる

クラウドワークスを利用する大きなメリットは、報酬未払いのトラブルを防げることです。

クラウドワークスには仮払いというシステムがあり、プロジェクト案件を始めるには、まずクライアントが仮払いを行なう必要があります。

DAI
契約→クライアントが仮払い→ワーカーが業務開始」という流れです。

事前にクライアントが報酬を支払ってクラウドワークスに預けておくので、「納品後に報酬が支払われない……」という事態が防げます。

逆にいうと仮払い前に業務を開始してしまった場合、納品後に報酬が得られない可能性があります

DAI
報酬未払いのトラブルを避けるために、必ずクライアントの仮払いを確認してから業務を始めるようにしましょう!

やばい案件を募集しているクライアントの特徴3選


女性A
やばいクライアントにさえ当たらなければいいんだけど、そういうクライアントを見分ける方法ってないのかな
DAI
「やばい」といわれるクライアントには下記3つの特徴があります。ぜひ押さえておきましょう!
  • 都合の良いことばかりを言ってくる
  • 過去の評価が悪い
  • 低単価案件ばかり募集している

1つずつ解説します。

都合の良いことばかりを言ってくる

1つ目はクライアントにとって都合の良いことばかりを言ってくる人です。

悪質なクライアントは、次のようにワーカーを軽んじているかのような要求をしてくることがあります。

  • 仮払い前に納品を求めてくる
  • 契約時の業務だけでなく、新たな業務を追加してくる
  • 相場より低い値段でスカウトしてくる
DAI
一度無茶な要求を呑んでしまうと「このワーカーはなんでも対応してくれる」と思われ、低単価で労働力を搾取され続けることになりかねません。

初心者のワーカーは特に狙われやすいので、クラウドワークスのルールや相場を確認しておきましょう。

過去の評価が悪い

過去の評価が極端に悪いクライアントも、「やばい」人の可能性が高いです。

クラウドワークスで評価として閲覧できる項目には、下記があります。

本人確認 「提出済」であれば身元がはっきりしていることになる
評価 星1つ~5つで表示される
募集実績 過去にどんな案件を募集していたかがわかる
プロジェクト完了率 過去に途中終了したプロジェクトがあるかどうかわかる

円満に完了したプロジェクトの場合、クライアントへの評価は星4つ〜5つのケースがほとんど。

そのため「星1つの評価」や「対応を問題視するコメント」が極端に多いクライアントなら、受注を避けた方が安心です。

DAI
またプロジェクト完了率があまりに低い場合も、契約が途中終了する可能性が高いと考えられます。

案件を探すときは、クライアントのプロフィールも必ずチェックしましょう。

低単価案件ばかり募集している

低単価の案件ばかり募集しているクライアントも要注意です。

クライアントの募集実績を確認すると、過去にどんな案件を募集していたか見ることができます。

低単価の案件ばかりを募集しているクライアントは、「相場が分かっておらず、低単価で受注してくれる初心者ワーカー」を狙っている可能性があります。

さらに低単価なだけでなく、以下のような報酬に見合わない働きを求められることもあるのです。

  • 最初に聞いていた業務量よりも範囲が広い
  • 「1日~2日以内に納品」など納期が厳しい
DAI
このようにやばい案件を募集するクライアントには特徴があります。自分の身を守るためにも覚えておきましょう!

クラウドワークスでやばい案件を受注しないためのポイント3つ

せっかくクラウドワークスで仕事を探すなら、出来る限り自身の希望に合った案件を受注したいものです。

DAI
悪質な案件を受注しないためには、下記3つのポイントを押さえましょう。
  • ポートフォリオを充実させて自身のスキルを上げる
  • 低単価の案件は一切受注しない
  • クライアントのプロフィールをしっかりとチェックする

順番に紹介します。

ポートフォリオを充実させて自身のスキルを上げる

1つ目はポートフォリオを充実させ、自身のスキルアップを目指すことです。

クラウドワークスではポートフォリオの登録ができるため、過去の成果物でクライアントにアピールができます

たとえば下記のようなポートフォリオを載せると、実績やスキルが伝わりやすくなります。

  • ブログのURL
  • 数字(月間のPV数、SNSのシェア数、いいね数)
  • 使用できるソフト・技術WordPress、HTML、Photoshop)
  • 作品のコンセプトや力を入れた点

保有しているスキルが高いほど、難易度の高い案件に挑戦できます。

DAI
また初心者狙いの悪質なクライアントは近づいてこなくなるため、優良なクライアントと取引しやすくなるのもメリットです!

低単価の案件は一切受注しない

あまりに低単価の案件は受注しないのもポイントの一つ。

初心者の方が実績作りで数回受注することはあるかもしれませんが、経験やスキルがある場合は技術を安売りしないことが大切です。

DAI
「なんでこんな低単価でハードな仕事をしているんだろう……」と精神的にすり減ってしまうでしょう。

今のレベルより少し難易度の高い案件に挑戦し続けていくと、単価の高い案件に応募できるスキルが身につきます。

またクラウドテックを始めとするエージェントを利用すれば、より高単価で優良なプロジェクトに参画できるチャンスがあります。

DAI
クラウドテックは無料で登録して案件を検索できるので、一度チェックしてみるのがおすすめです!

クライアントのプロフィールをしっかりとチェックする

クライアントのプロフィールを念入りにチェックすることも、忘れないようにしましょう。

プロフィールを見れば過去の評価や発注履歴などを通して、クライアントの性質がわかります。

たとえば下記のような点です。

  • プロジェクトを完遂してくれるか
  • 丁寧なやり取りをしてくれるか
  • 途中で音信不通にならないか

もちろん案件を受注する際は、次の契約内容を詳しく確認することも欠かせません

  • 業務内容:何をやるか、どこまで対応するか
  • 費用:税込か税抜か、仕事量に見合った金額か
  • 納期:無理のない期日が設定されているか

事前に契約内容とプロフィール欄をチェックしておけば、やばい案件を回避できる可能性が高まります。

DAI
万が一やばい案件に当たったときは、無理せず辞退して事務局に通報しましょう

まとめ

ここまでクラウドワークスが「やばい」という声について、下記の内容を解説してきました。

  • なぜクラウドワークスが「やばい」といわれるのか
  • クラウドワークスを使うことのメリットは何か
  • やばい案件を避けるポイント

クラウドワークスがやばいと言われるのには理由がありますが、利用するメリットがあるのも確かです。

悪質なクライアントの特徴や、「やばい」案件に引っかからないポイントを知っておくことで、安心してクラウドワークスを利用できるようになります。

またある程度実績を積んだらクラウドワークスだけではなく、エージェントの利用に切り替えるのもおすすめです。

DAI
クラウドテックはクラウドワークスより高単価な案件を扱っています。「もっと実力をつけたい」という方は、ぜひ登録してみてください!