最終更新日:
Shopifyで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週2~3稼働OK、リモートOKの柔軟に働ける高単価案件を探すならここ!
幅広い職種に対応し、スタートアップやベンチャーのトレンド技術を取り入れた案件が多い点も魅力です。
【第2位】クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
クラウドソーシングで有名な「クラウドワークス株式会社」が運営するエージェント。保有する71%がリモートワーク案件で働きやすい点が魅力。
【第3位】Workship(公式:https://goworkship.com/
プロジェクト単位の案件で週1日・週2日などの案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

「Shopifyのスキルを活かして、副業はできる?」

「どこで案件を探すのがおすすめなの?」

副業をするのであれば、以下のような条件の案件を探したいですよね。

  • 週2~3日の稼働で働ける
  • リモートワークOK
  • 高単価
DAI
Shopify自体の案件が少ないこともあり、上記をすべて満たす案件は非常に少なく人気なので倍率も高いです。

結論からいうと、ITプロパートナーズがShopifyの高単価案件を保有しており、おすすめです。

他には、クラウドテックWorkshipで週2〜3日やリモートで働ける案件が見つかりました!

DAI
Shopifyで副業したい場合、上記の3つのエージェントに登録しておくと安心です!

自分に合った案件を見つけるためには、2~3社のエージェントに登録するのが一般的です

今回ご紹介する副業案件サイトの案件数を、以下にまとめたので参考にしてみてください!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
クラウドテック https://crowdtech.jp/
Workship https://goworkship.com/

※2022年8月3日時点、各公式HPより

人気の案件は非公開になっていることも多いので、複数サイトに無料登録しておきましょう。

案件数を見ると、多い順にWorkshipクラウドテックITプロパートナーズとなりました。

しかし、公開されている案件の単価を見ると、ITプロパートナーズが高単価案件を多く保有していました。

また、多くのエージェントでは、保有している案件の約8割を登録後にみられる非公開案件としています。

DAI
副業案件は人気で直ぐに募集が終了しやすいので、複数のエージェントに無料登録し、通知をONにして最新情報をチェックしましょう!

この記事を読んでわかること

  • Shopifyの副業案件を扱っているエージェント
  • Shopifyの副業案件を獲得する方法と単価相場
  • Shopifyで稼ぐのに必要なスキル
DAI
Shopifyとは世界でNo.1のシェアを誇るECサイトプラットフォームのことであり、最近はストア構築代行などの副業案件がどんどん増えています!

具体的な案件例も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

Shopify構築の副業がおすすめな理由

DAI
これから副業で稼ぐなら、Shopifyのストア構築が非常におすすめです。

その理由を以下の4つのポイントに分けて解説します。

  • 競合・ライバルが少ないから
  • ノーコードでサイトを構築できるから
  • 長期案件に繋げやすいから
  • 在宅・リモート案件が豊富だから

順番に見ていきましょう。

競合・ライバルが少ないから

Shopifyのストア構築は、競合やライバルが少ないのでおすすめです。

なぜならShopifyはカナダ発のECサイトプラットフォームであり、 2017年に日本へ導入された比較的新しいサービスだから。

たとえばクラウドソーシングサイトのココナラで「サイト構築代行ができる人」の数を調べたところ、下記の結果でした(2022年3月時点)。

  • WordPress構築案件:3,145人
  • Shopifyストア構築案件:800人

WordPressと比べると約4倍も差があります。

DAI
Shopifyのストア構築ができる人はまだ少ないことがわかりますね!

WordPressは案件数が多いですが、その分ライバルも多いので、単価は上がりにくいです。

一方のShopifyはまだライバルが少ないため、稼ぎやすい状況といえます。

DAI
Web制作会社もShopifyのストア構築ができる人を重宝しているため、これから副業で稼ぐならShopifyがおすすめです!

ノーコードでサイトを構築できるから

Shopifyはノーコードでサイト構築が可能なことも、副業におすすめの理由です。

Shopifyは無料のテーマ(テンプレート)を利用すれば、誰でも簡単にデザイン性の高いストアを構築できます。

通常ECサイトを構築するには、下記のような言語を習得しなければなりません。

  • HTMLやCSSなどのマークアップ言語
  • JavaScriptやPHPなどのプログラミング言語

これに対し、Shopifyのストア構築は「誰でも簡単にデザインできること」をコンセプトに設計されています。

そのためテーマ(テンプレート)を使えば、簡単に綺麗なECサイトを作ることが可能です。

DAI
ただ本格的なカスタマイズをする場合は、 HTMLやCSSをはじめ、Shopifyオリジナル言語の「Liquid」の知識が必須です。

長期案件に繋げやすいから

Shopifyは長期案件に繋げやすいため、副業で安定して稼げます。

なぜならShopifyはストアを構築したら終わりではなく、 継続的な運用や保守をして売り上げアップへ繋げる必要があるから。

実は「Shopifyでストアを構築したけど、 集客するノウハウがなくて商品が売れない」と困っているクライアントは多いです。

たとえばShopifyのストア構築を、フロント商品として請け負った場合。

SNSの企業アカウント運用や、Web広告の運用をバックエンド商品にすることで、Webマーケティングの仕事に繋げられます。

DAI
仮に広告運用として月5万円の案件を6件受注することができれば、 月30万円の安定した継続収入を得ることも可能です。

在宅・リモート案件が豊富だから

Shopifyは在宅・リモート案件が豊富にあります。

なぜならShopifyの案件は時間や場所による制限がなく、 ネット上で完結する案件が多いから。

たとえばクラウドソーシングサイトでShopify案件をリサーチすると、大きく分けて以下の2タイプの案件があります。

  • ストア構築代行
  • ストアの保守・運用
DAI
ストアの構築もストアの保守・運用も、時間や場所を選ばず自由に仕事ができるので、副業に向いています。

Shopify副業案件の種類

Shopifyの副業案件は、主に以下の2種類に分けられます。

  • ECサイト構築
  • ECサイト運用保守・広告代行

順番に見ていきましょう。

ECサイト構築

ShopifyのECサイト構築案件では、主に以下のような作業をします。

  • ストアの基本情報・初期設定
  • 各クライアントのブランドにマッチした、Shopifyテーマ(テンプレート)の選定
  • アカウント取得・独自ドメインの設定
  • トップページ・下層ページの制作

ターゲットとするクライアントは、ECサイトを作ったことがない方や、Shopifyの使い方がわからない方です。

DAI
実際にShopifyのサイト構築案件を受注する際は、トラブルを避けるためにも以下の点は考慮しておきましょう。
  • 商品画像、バナー、テキストはクライアント側に用意してもらう
  • 独自ドメインの取得はセキュリティの都合上、クライアント側で対応してもらう
  • 有料テーマを利用する場合は別途費用がかかることを説明しておく
  • 最初はテーマのカスタマイズ案件は受注しないようにする

あらかじめ対応範囲や費用について、認識を合わせておくことも欠かせません。

ECサイト運用保守・広告運用

ShopifyのECサイト運用保守の仕事内容は、以下のようなイメージです。

  • 商品ページの切り替え
  • テキスト表示の変更
  • 基本的なサイト情報の更新
  • ストアのデータ分析と報告
  • ストアの改善の提案

一方のShopifyの広告運用の仕事内容は、以下のようなものが多いです。

  • SNSアカウントの設定・運用
  • 広告の作成
  • 広告の出稿
  • 費用対効果の分析と報告
  • 広告の改善提案

Shopifyの運用保守・広告代行のメインターゲットは、初めてECサイトを作る方やECサイトの集客で困っている方になります

DAI
広告に関しては求められるスキルがまったく違うので、注意が必要です。

Shopify副業案件の単価相場

前述の通り、Shopifyの副業案件は大きく分けると、ストア構築代行とストアの保守運用・広告運用に分けられます。

ここでは以下の2つに分けて、案件の単価相場を解説します。

  • ストアの構築代行の単価相場
  • ストアの保守運用・広告運用の単価相場

1つずつ見ていきましょう。

ストアの構築代行の単価相場

Shopifyのストア構築代行の単価相場は、1件あたり3万円〜10万円のケースが一般的です。

既存のShopifyテーマ(テンプレート)をカスタマイズし、自由にデザインできる専門スキルがあると、30万円以上の高単価案件を受注することも可能になります。

DAI
まずはShopifyの既存テーマのみで、ストア構築の案件をこなして実績を積んでいきましょう。

ストアの保守運用・広告運用の単価相場

Shopifyストアの保守運用・広告運用の単価相場は、1件あたり月額3〜5万円がほとんど

広告運用をする場合は広告費の20%の報酬を相場としていることが多いため、月額広告費が100万円の場合は20万円の報酬が得られるイメージです。

緊急時のストアメンテナンスやサイトのカスタマイズなど、一人でできることが増えれば、さらに報酬アップが見込めます

DAI
ストア構築の案件は単発で終了しますが、保守運用・広告運用の案件はしっかり成果を出せば、継続的に安定した収入を得ることが可能です。

Shopify副業案件の探し方

DAI
今までの解説でShopifyの副業案件が稼ぎやすいのは、よくご理解いただけたかと思います。

ここからはShopifyの副業案件の探し方について、以下の3つの方法を詳しくご紹介します。

  • クラウドソーシングを使う
  • エージェントを使う
  • SNSで営業する

1つずつ見ていきましょう。

クラウドソーシングを使う

以下のようなクラウドソーシングには案件の種類や数が豊富なので、最初の実績作りとして非常におすすめです。

DAI
ただしクラウドソーシングサイトは単価が低い傾向があるため、継続的にはおすすめできません。

慣れてきたらエージェントを活用したり、制作会社などに営業をしたりして、Shopify案件の実績を積むのがおすすです。

なぜなら直案件の方が高単価の案件を受注しやすいから。

DAI
直営業の場合、Shopifyの既存テーマ(テンプレート)でストアを構築するだけの案件も多いため、非常に費用対効果が高いです。

エージェントを使う

クラウドソーシングサイトを利用してShopifyのストア構築に慣れてきたら、エージェントを使って案件を獲得するのがおすすめです。

エージェントとは専属のキャリアアドバイザーが、利用者に最適な案件を紹介してくれるサービスのこと。

「週1日から働ける案件」や「月単価〇円以上の案件」のように、希望の報酬や働き方にマッチするものを探してもらえます。

ただShopifyは比較的新しいサービスなので、案件はそれほど多くありません。

複数のエージェントに登録し、できる限り多くの案件を紹介してもらいましょう。

DAI
この後おすすめのエージェントを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

SNSで営業する

Shopifyの副業案件を探すなら、SNSで営業するのもおすすめです。

なぜなら特にShopifyとInstagramの相性が非常に良いから。

基本的にShopifyなどのECサイトは、写真によるイメージと文字情報でターゲットに対して商品をアピールしていくのが一般的です。

たとえば次のような手順で営業する方法があります。

  • Instagramでさまざまな企業アカウントをリサーチする
  • 「ECサイトがない、もしくはECサイトの情報が少ないアカウント」を見つける
  • Shopifyのストア構築を提案する

企業がSNSアカウントを運用しているのは、自社ブランドイメージの向上、商品やサービスの売り上げアップへ繋げるためです。

DAI
Shopifyのストア構築が売り上げアップへ繋がることを企業へアピールできれば、興味を持ってもらえる可能性が高いですよ!

Shopifyの副業案件探しにおすすめのエージェント

前述の通り、Shopifyの副業案件を探すなら、エージェントをうまく利用するのがおすすめです。

なぜならエージェントは高単価の案件を保有しているケースが多く、自分で営業しなくても継続して案件を紹介してもらえるから。

今回はShopifyで副業案件を探す際に、特におすすめのエージェントを3つご紹介します。

  • ITプロパートナーズ
  • ミッドワークス
  • Workship
DAI
ぜひ参考にしてみてください!

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズは2015年に設立され、主にフリーランス向けの業務請負や受託業務を紹介するサービスを展開しているエージェントです。

特にエンド直による高単価な案件やリモートで働ける案件に強みがあります。

また週2〜3日で働ける案件も豊富にあるため、これからIT分野で起業を考えている方にも非常におすすめです。

DAI
Shopify案件はストア構築やサイトのリニューアル、アプリの保守開発案件などがあります。

具体的な案件例は以下です。

引用:ITプロパートナーズ

DAI
今回はエンジニア向けの案件ですが、リモートや週1~2日から仕事を始めてみたいというデザイナーやマーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

クラウドテック

DAI
クラウドテックは、クラウドソーシングで有名な株式会社が運営しているフリーランスエージェントです。『クラウド』の文字通り、リモートワークをしたい方、必見のエージェントです。
運営会社 株式会社クラウドワークス
公開求人数  927件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 リモート案件多数

公式ページ:https://crowdtech.jp/
※2022年8月3日時点・公式ページより引用/算出

具体的な案件例は以下です。

引用:クラウドテック

案件の詳細は以下です。

期待するミッション Shopify(Liquid)を使ったサイトの構築。
チーム体制 ディレクション1名
必要に応じて技術的なサポートが可能。
基本的には、参画いただいた場合メインで担当する。
開発環境 Shopify
DAI
Shopify構築がメインの案件です。フルリモートで作業できるのも良いですね。

公式サイト:https://crowdtech.jp/

【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

Workship

公式サイト:https://goworkship.com/

Workshipは2018年に設立され、主にIT系フリーランスと企業をマッチングさせる業務紹介サービスを得意としているエージェントです。

週1〜3日勤務の案件や土日のみ稼働の案件も豊富にあるため、さまざまな働き方が選べるのが強みといえます。

またベンチャー企業から大手企業まで幅広い案件があり、職場環境を自分で自由に選択できるのも大きなポイント

自由な働き方の選択肢が多いため、副業で稼ぎたいサラリーマンや、フリーランスにおすすめのエージェントです。

DAI
Shopify案件はSNSアカウント運用、アプリの保守・開発、ストア構築、Webディレクションの案件があります。

案件例は以下の通りです。

引用:Workship

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

Shopifyの副業案件受注に必要なスキル

Shopifyの副業案件は稼ぎやすいとはいえ、ある程度の専門スキルが必要です。

ここではShopifyの副業案件を受注するために必要な、以下3つのスキルについて詳しく解説します。

  • Shopifyストアの構築スキル
  • Shopifyストアの保守・運用スキル
  • ​​SNSや広告運用スキル

1つずつ見ていきましょう。

Shopifyストアの構築

Shopifyの副業案件で稼ぐには、ストアの構築スキルが必須です。

ただし、Shopifyストアを構築するスキルだけでは、十分にクライアントの要望を満たすことができません

クライアントの要望を満たすには、たとえば以下のようなスキルが必要です。

  • Shopifyストアを運営する目的と、デザインを的確にヒアリングするスキル
  • 必要なコンテンツをどうやって盛り込むか、具体的に提案できるスキル
  • コミュニケーションスキル
  • Shopifyオリジナルの言語Liquidや、コマンドラインツール「Themekit」のスキル

さらに+αでShopifyでの販売経験があると、他のライバルと差別化できるため、より案件を獲得しやすくなります

DAI
Shopifyでストア構築できる人は増えてきていますが、Shopifyストアで実際に商品を販売した経験がある人材はまだまだ少ないです。

またShopifyストアのテーマをカスタマイズするには、オリジナル言語である「Liquid」の知識が必須

実際にShopifyストアの見た目をコーディングする場合、「テーマのダウンロード→ローカル環境で制作→アップロード」の流れになります。

その際にコマンドランツールである「Themekit」が使えると、非常に便利です。

DAI
LiquidとThemekitを使いこなせるスキルがあれば、Shopifyテーマのカスタマイズができるため、新規の案件獲得や更なる報酬アップが期待できます

Shopifyストアの保守・運用

Shopifyストアの構築スキルだけではなく、ストアの保守・運用のスキルがあると副業で稼ぎやすくなります。

なぜならほとんどのクライアントは、ECサイトのプロではなく、はじめてネットショップの運営に携わる企業も多いから。

たとえばShopifyストアを開設してただ情報を更新するだけではなく、ストアのデータを分析し、売り上げを改善できるスキルが重宝されます

DAI
Shopifyの管理画面からマーケティングやストア分析のデータを参照して、売り上げ改善提案ができると、ライバルと差別化できます。

SNSや広告運用

Shopifyの副業案件で稼ぐなら、SNSや広告運用のスキルを身につけておくのがおすすめです。

Shopifyでストア構築したクライアントの大部分が、集客でつまづくからです。

実はECサイトを作っただけでは、見込み客がストアへアクセスしてくることはほとんどありません。

そのため見込み客を集めてECサイトへ流す導線を作ることができれば、クライアントの売り上げアップに貢献できます

DAI
特にSNSアカウント運用や広告による集客のスキルがあれば、マーケティングコンサルタントとして継続的な収入につながりやすいです。

Shopifyの副業案件の将来性

Shopifyのストア構築などの副業案件は、リアルタイムでどんどん伸びてきています。

ここからはShopify副業案件の将来性について、以下の2点を踏まえて解説します

  • Shopifyは成長途上のサービス
  • 参入が簡単なので早めに始めるべき

1つずつ見ていきましょう。

Shopifyは成長途上のサービス

Shopify Japanによると、日本市場の流通総額(GMV)は19年と比較して323%増であり、他国と比較しても成長率が非常に高いです。

また新型コロナウイルスの影響によってECサイトの需要が高まっているので、クラウドソーシングサイトでもShopifyのストア構築案件が増えてきています。

さらに最近ではShopify向けのさまざまなアプリが開発されており、SNS連携やWebマーケティングなど、必要な拡張機能を簡単に追加できます

DAI
楽天市場やAmazonなどの大手ECサイトとの連携が可能になったため、自社商品の販路拡大のチャンスがどんどん大きくなっていくことが期待されますね!

参入が簡単なので早めに始めるべき

Shopifyの案件は参入が簡単であるため、早めに取り組むのがおすすめです。

なぜならShopifyはノーコードでサイト構築が可能であるうえに、まだまだライバルが少ないから。

Shopifyは既存のテーマ(テンプレート)を利用することによって、 HTML・CSS・JavaScriptなどのコードを記述しなくても、デザイン性の高いECサイトを作れます。

そのため勉強して1週間程度で、Shopifyの案件を受注する人もいるほどです

DAI
現在はコロナウイルスの影響によってECサイトの需要がどんどん伸びています!

まとめ

今回の記事ではShopifyの副業案件がおすすめな理由や、案件の種類、具体的な案件の探し方に関して詳しく解説しました。

WordPressでサイト構築ができる人は非常に多いですが、Shopifyのストア構築ができる人材はまだまだ少ないです

Shopifyは既存のテーマ(テンプレート)だけでもストア構築が可能なため、副業で稼ぐのにも向いています。

さらに下記の言語やツールを使いこなして、テーマのカスタマイズができるようになれば、より高単価の案件を受注しやすくなります

  • Shopifyのオリジナル言語である「Liquid」
  • コマンドラインツール「Themekit」
DAI
これからShopifyの副業案件にチャレンジしたい方は、エージェントに登録するのがおすすめです。

自分で営業する手間を省けるうえ、好条件の案件を紹介してもらいやすくなります。

DAI
登録は1分ほどでできるので、ぜひ利用を検討してみてくださいね!

【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!