最終更新日:
ロゴ作成の副業案件が見つかるおすすめサイト2選
【第1位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
リモート・週2~3日の案件多数。ロゴ作成の案件を探すならまずはここ!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1日〜/平日夜・土日稼働も相談できるエージェント。

「ロゴ作成の副業案件はどこで探せばいいのだろう?」

DAI
本記事では、実務経験のある人がロゴ作成の副業を探す際に役立つサービスを紹介します!

先に本記事の結論をお伝えすると、以下のとおりです。

  • 実務経験のあるのであれば、副業エージェントでの案件探しがおすすめ
  • 副業エージェント利用すると営業や単価交渉などを代行してくれる

複数の副業エージェントに登録すれば選択肢が広がるため、好条件の案件に出会いやすくなります。

また、副業エージェントに登録すれば、非公開案件も紹介してもらえることも!

DAI
本記事では、おすすめのエージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート
Midworks https://mid-works.com/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/

ロゴ作成の副業案件を探す基準

ロゴ作成の副業案件を探す場合は、以下の基準を満たしているかチェックしましょう。

  • クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  • 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  • 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  • フルリモート案件があるか
  • 高単価な案件が多いか

それぞれの基準について、詳しく解説します。

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

ロゴ作成の副業案件を探す場合は、『クラウドソーシング』もしくは『副業エージェント』を活用するのが一般的です。

  • クラウドソーシング:仕事を依頼したい企業と仕事を引き受けたいワーカーを結ぶプラットフォーム
  • 副業エージェント:企業とワーカーをマッチングさせてくれるサービス

なかでもロゴ作成の副業案件を探すなら、断然『副業エージェント』がおすすめです!

DAI
なぜならクラウドソーシングは低単価な案件が多く、大きく稼ぐのが難しいからです。

特に副業の場合は仕事に充てられる時間に制限があるため、効率よく稼げる案件を探さなければなりません。

副業エージェントは高いスキルを持ったワーカーに案件を紹介し、クライアント企業から報酬を受け取る仕組みのため、案件の単価も安定しています。

なお副業エージェントを利用するメリットは、他にもあります。

  • 案件がスタ―トした後でも、困ったことがあれば担当者に相談できる
  • 一定の条件をクリアした案件が掲載される仕組みであるため、低質な企業や案件が少ない
  • 副業エージェントが営業や単価交渉を行ってくれるため、業務のみに集中できる

以上のことから、ロゴ作成の副業案件を探す場合は副業エージェントの利用がおすすめです。

DAI
おすすめの副業エージェントは後ほど紹介するので、参考にしてみてください!

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

ロゴ作成の副業案件を探す場合は、土日・平日の早朝・夜の稼働が可能かどうかをチェックしましょう。

本業がある人は、本業の業務時間以外のタイミングで働ける案件を探さなければなりません。

たとえば、高単価かつ好条件の案件が見つかったとしても、本業の勤務時間が被っていれば副業として働くことは難しいでしょう。

本業の勤務時間以外に働ける案件を見つけることで、副業として従事できます。

DAI
近年は柔軟な働き方ができる案件も増えています。ぜひ自分に合った案件を探してみてください。

③週の最低稼働日数が少なくてもよいか

ロゴ作成の副業案件を探す場合は、週の最低稼働日数が少ない案件を選ぶのがおすすめです。

副業案件の中には、勤務時間以外に『週の最低稼働日数』が定められている場合があります。

たとえば、『今月は本業に余裕があるから週3勤務しよう!』『今月は忙しいから週1勤務にしよう!』といった調整も可能です。

週の最低稼働日数が少ないと仕事量を調整しやすいため、無理なく副業を続けられます。

④フルリモート案件があるか

ロゴ作成の副業案件を探す場合は、フルリモート案件があるかどうかもチェックしておきましょう。

副業は本業以外の時間を充てて仕事を行うため、どうしてもプライベートの時間が削られてしまいます。

そのため、フルリモート案件を受注することで通勤時間を削減して、より自由度を上げながら仕事ができる環境を整えることが大切です。

DAI
たとえば、「今日は21時から仕事が始まるので、それまでコーヒーでも飲んでゆっくり過ごそう」などと、その日の気分に合わせてプライベートの時間を満喫できます!

ただし、近年は副業を開始している人も多く、フルリモート案件は人気が集中しやすいといったデメリットがあります。

小まめにサイトをチェックしておき、気になる案件が見つかれば早めに応募するように心がけましょう。

⑤高単価な案件が多いか

ロゴ作成の副業案件で稼ぐためには、高単価な案件が豊富にあることも重要です。

たとえ高度なスキルを持ち合わせていても、労力に見合わない報酬しか受け取れないと大きく稼ぐことは難しいでしょう。

そのため案件を探す場合は、業務内容と報酬額を照らし合わせて「自分の持っているスキルで対応できるか」「報酬が見合っているか」などをチェックしてみてください。

DAI
副業エージェントを利用すれば、高単価な案件は見つかるはずです!諦めずに、自身に合った案件を探していきましょう。

ロゴ作成向けの副業ができるおすすめエージェントやサイト

ロゴ作成におすすめの副業エージェントを2つ紹介します。

どのサイトが自分に合うのかは使用してみないとわからないので、まずは試してみることがおすすめです!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート
Midworks https://mid-works.com/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/

Midworks

画像はMidworks公式サイトより引用(2022年11月12日時点):https://mid-works.com/

運営会社 株式会社Branding Engineer
公開案件数 8,652件
(※_2022年11月12日時点)
対応地域 関東圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、三重県)
(フルリモート勤務の場合は全国対象)
特徴 大企業からの高単価案件が募集されていることがある
週3〜稼働できる案件あり(※ 会社員向けの副業案件は紹介不可)

Midworksフリーランスで活躍したいエンジニアにおすすめのエージェントです。

次のような特徴があります。

  • 報酬補償を含む手厚い福利厚生
  • エンジニア案件の分野が幅広い

報酬補償を含む手厚い福利厚生

Midworksの魅力は、協業補償を含めた手厚い福利厚生が用意されている点です。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務補助」
  • 保険の紹介
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助
  • 休業中も給与を補償する「報酬補償制度(審査あり)」

フリーランスになりたい人の一番の不安は、「収入が途切れてしまうこと」ではないでしょうか。

しかし、Midworksなら仮に案件が途切れても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます(報酬補償の適用には審査があります)。

DAI
金銭的な不安を抱えやすいフリーランスにとって、心強い制度ですね!

エンジニア案件の分野が幅広い

Midworksで取り扱っている案件の多くは、エンジニア向けの案件です。

またクライアントの種類が幅広いので、選択肢が多いのも魅力です。

  • 大手上場企業〜スタートアップベンチャーまで、多様な会社規模の案件あり
  • SIerも自社サービス企業案件もあり
DAI
個人では見つけにくいような案件に応募できるチャンスです!

週3日から参画できる案件や、週5日フルで働ける案件もあるので、自分の希望する働き方を実現しやすくなります。

登録&相談は無料です。

「フリーランスを目指したいけど生活が不安」という人は、まず登録して相談だけでもしてみましょう。

※Midworksは週3日程度〜参画できる案件がありますが、会社員の方への副業は紹介していません。

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,297件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年10月14日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1〜2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

ITプロパートナーズの公開求人数は、エンジニア・デザイナー・マーケターなど幅広い職種で業界最多水準です。

他のエージェントの場合、以下のような特徴があり、デザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 案件数が少なかったり、利用可能地域が都市部だけに限定されている

一方のITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高いです。

DAI
そのため、まずはリモートや週1〜2日から仕事を始めてみたいというデザイナーや、マーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

ロゴ作成の副業するために必要な準備

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

ロゴ作成の副業案件を始める前に、以下の準備を行っておきましょう。

  • 実務経験・スキルを棚卸ししておく
  • 副業案件を探すためのサイトに登録しておく

それぞれの準備について、詳しく解説します。

実務経験・スキルを棚卸ししておく

まずは、自分がこれまで培ってきた経験やスキルを棚卸ししておきましょう。

副業を始める前に自分ができることを明らかにしておくことで、案件を獲得する際に自身を売り込みやすくなります。

DAI
たとえば、今までやってきた業務内容を細分化して、「経験のあること」「得意なこと」などを明確にしておけばアピールポイントにつながります!

採用担当者にあなたの魅力が伝わるように、今までのことを振り返ってみてください。

副業案件を探すためのサイトに登録しておく

そして、副業案件を獲得するために必要なサイトに登録しておきましょう。

先ほど紹介したように、ロゴ作成の副業案件はサイトを利用するのが必須です。

そのため、副業を始めたいと思ったら案件を扱うサイトに登録して、どのような仕事があるのかチェックしてみてください。

また1つのサイトのみに登録するのではなく、複数のサイトを利用するのがおすすめ。

複数のサイトに登録することで案件の選択肢が増え、希望に合う仕事を見つけられるでしょう。

DAI
先ほど紹介した副業エージェントを参考に、まずはサイトへ登録してみてください。

ロゴ作成の副業案件にはどんなものがある?

ロゴ作成の副業案件には、以下のような種類があります。

  • ゲーム系企業向けロゴ・バナー制作
  • ロゴ作成兼Webサイトデザイナー
  • イラストデザイン兼ロゴ作成

それぞれの案件について、具体例を交えながらチェックしてみましょう。

ゲーム系企業向けロゴ・バナー制作

引用:レバテッククリエイター ※2022年10月14日時点の案件情報です。現在は募集を終了している場合があります。

1つ目は、ゲーム系企業向けロゴ・バナー制作の案件です。

ロゴ作成に関する経験だけではなく、プライベートでもパチンコやパチスロが好きな人を求めています。

「歓迎スキル」に当てはまる経験がある人ほど、採用される可能性が高いです。

案件情報をチェックするときは、業務内容とあわせて注目してみましょう。

ロゴ作成兼Webサイトデザイナー

引用:テクフリ ※現在は募集が終了している案件です。

2つ目は、ロゴ作成兼Webサイトデザイナーの案件です。

「ゲーム業界もしくはWeb業界でのデザイン経験」や「特定のツールの使用経験」を求められているため、実務経験の少ない人は応募できません。

またコーディングやサイト運用の知識などを持っていると、より採用されやすくなります。

副業の選択肢を広げたいときは、幅広い知識を身に付けていく姿勢が重要です。

イラストデザイン兼ロゴ作成

引用:レバテッククリエイター ※2022年10月14日時点の案件情報です。現在は募集を終了している場合があります。

3つ目は、イラストデザイン兼ロゴ作成の案件です。

Photoshopやillustratorを用いてロゴ作成を行います。

イラストレーターとしての経験があれば応募できるので、比較的チャレンジしやすい案件といえます。

DAI
エージェントに登録することで、非公開の案件も紹介してもらえます。選択肢が広がるので、ぜひチェックしてみてください!

ロゴ作成の副業案件を行うメリットは?

ロゴ作成の副業案件を行うメリットは、主に以下の3つです。

  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
  • 人脈を広げることができる

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

収入が増える

ロゴ作成の副業を始めれば、本業以外の収入を得られます。

たとえば、副業で月に5万円程度の収入を得られれば、年収が60万円アップすることと同じ状況を作れるのです。

また、副業をすることで複数の収入源を確保できるため、精神的な安定も高まるでしょう。

DAI
これからは個人が活躍する時代とも言われています!今から自身のレベルを上げていきましょう!

スキルアップにつながる

ロゴ作成の副業を始めれば、スキルアップにもつながります。

副業は本業とは異なる業務にチャレンジできる機会でもあるので、自身の経験値を上げられるのです。

DAI
本業でもロゴ作成をしていたとしても、違う企業で働けば得られる知識も異なります!

また仕事面だけではなく、自己管理能力やタイムマネジメントといったスキルを身に付けられるのもメリットの一つです。

限られた時間をどのように活用するかが問われる副業において、これらのスキルを身に付けることは自身にとっても大きな成長となるでしょう。

人脈を広げることができる

ロゴ作成の副業を始めれば、人脈を広げられます。

副業とはいえクライアント企業やチームメンバーとともに仕事を行うので、必然と人との関わりが広がるでしょう。

また、本業では出会えない人とつながれたり、新しいクライアントを紹介してもらえたりといったケースも珍しくありません。

DAI
副業に挑戦することで、新しい出会いが生まれるということですね!

ロゴ作成で副業するデメリットって?

ロゴ作成の副業を行うデメリットは、主に以下の2つです。

  • 本業との兼ね合いが難しくなる
  • 休みが取れなくなる

それぞれのデメリットについて、詳しく解説します。

本業との兼ね合いが難しくなる

副業を始めてしまうと、本業に支障をきたす可能性も考えられます。

たとえば早朝や深夜まで作業を行うことで寝不足を招いてしまい、ミスを犯すこともあるかもしれません。

副業は好きな時間に働ける反面、本業との兼ね合いを考慮しながら進めることが大切です。

DAI
無理をしないように、本業とのバランスを考えながら案件を獲得しましょう。

休みが取れなくなる

ロゴ作成の副業を始めると本業以外の時間を使って作業を行うため、今までのような休みは取れなくなります。

たとえば、今までは本業が終わった後にゆっくり過ごせていたとしても、副業を始めれば自由な時間は制限されます。

その結果ストレスが溜まり、心身ともに悪影響をもたらすかもしれません。

そのため、自分の時間を確保できるように副業する時間を定めることが何よりも重要だといえるでしょう。

ロゴ作成の副業案件や単価の目安

ロゴ作成の副業案件の単価の目安を、具体例とともに確認してみましょう。

週2勤務の場合のロゴ作成副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ ※現在は募集が終了しています。

現在募集が終了している案件ですが、週2日からの稼働で月最大40万円を目指せるケースもあります。

ブランドイメージを訴求できるようなロゴを制作できれば、案件も取りやすくなるでしょう。

DAI
副業エージェントを利用すれば、一般には公開されていない案件も紹介してもらえますよ!

週3勤務の場合のロゴ作成副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ ※現在は募集が終了しています。

こちらも募集が終了した案件ですが、大手人材グループに携われる副業も存在します。

週3日からの勤務で月最大40万円を目指せるものの、求められるスキルも一定以上であるケースがほとんどです。

DAI
実際に副業エージェントに登録して、どのような案件が掲載されているかをチェックしてみてください!

ロゴ作成案件の副業で収入を増やすポイント

ロゴ作成の案件で収入を増やすポイントは、以下の3つです。

  • 単価が安い案件は控える
  • 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  • エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

それぞれのポイントについて、詳しく確認していきましょう。

単価が安い案件は控える

副業を行う際は、単価の安い案件に応募しないようにしましょう。

たとえ今までの経験やスキルを活かせる案件であっても単価が低いと、仕事に対するモチベーションを維持するのは困難です。

「深夜まで作業を行っているのに、月に数万円しか報酬が振り込まれない……」といった状態になれば、心身ともにストレスを感じる原因になります。

DAI
そのため自分のスキルを安売りせず、見合った報酬を受け取れる案件に応募しましょう。

複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

副業を始める際は複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらうのがおすすめです。

たとえば、「A社では高評価をもらえるのに、B社ではあまり良い評価を得られない」といったケースも考えられます。

自分のスキルを正しく評価してくれるエージェントに出会えれば、より希望に沿った案件を見つけやすくなるでしょう。

DAI
エージェントによって評価基準は異なります。相見積もりを利用して、自分に合ったエージェントを見つけてみてください。

エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

エージェントを利用して副業案件を探す場合は、マージン率も確認しておきましょう。

エージェントの利用自体は無料であるものの、クライアントと副業したい人をマッチングさせれば成功報酬としてエージェントにマージンが支払われます。

つまり、マージン率が高いほどクライアントから受け取れる報酬額が少なくなる仕組みです。

DAI
しかし、ほとんどのエージェントでマージン率を公開していないので、正確な数値はわかりません。

その場合は、「直請契約」であるかどうかをチェックしてみてください。

直請契約とは、エージェント以外に仲介企業を挟まない契約のことです。

エージェント以外でマージンが発生しないため、高単価な案件に参画しやすくなります。

DAI
ITプロパートナーズは直接契約なので、ぜひチェックしてみてください!

ロゴ作成の副業を始める際の注意点

ロゴ作成の副業を始める際は、以下の4つに注意しましょう。

  • 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  • スケジュール管理をしっかりと行い、可能な範囲で始める
  • 副業可能か会社に確認する
  • 確定申告が必要か確認する

それぞれの注意点について、詳しく解説します。

土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

ロゴ作成の副業案件を探す場合は、土日や平日の夜に稼働できるかどうかを確認しておきましょう。

本業のある平日昼間に稼働が必須の案件に応募にしても、採用される可能性は極めて低いです。

そのため副業エージェントで案件を探す場合は、週の最低稼働日数やリモートの可否といった条件を設定したうえで探してみてください。

スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

ロゴ作成の副業を行う場合は、スケジュール管理を行って可能な範囲で案件を獲得するようにしましょう。

「副業でも、しっかり稼ぐぞ!」と意気込んで案件をたくさん獲得すると、キャパオーバーになってしまう人もいます。

すると、副業だけではなく本業にまで支障をきたすことになり、仕事がうまく回らなくなるでしょう。

そのため最初は週1回の勤務からスタートするなど小さく動いて、慣れた頃に稼働日数を増やすのがおすすめです。

DAI
スケジュール管理を適切に行うことで、長く副業を続けられますよ!

副業可能か会社に確認する

副業を始める際は、本業の会社が副業を許可しているかどうかも確認しておきましょう。

万が一、副業が禁止されている会社だった場合、就業規則違反と判断される可能性もあります。

そのため、副業を始める前に就業規則を確認しておき、トラブルを未然に防いでおくことが大切です。

確定申告が必要か確認する

副業を始める際は、確定申告が必要かどうかもチェックしておきましょう。

確定申告は、年間の所得が20万円超えたら必要な手続きです。

期限内に申告しなければ追加納税が発生するため、忘れずに行わなければなりません。

DAI
会計ソフトなどを利用すると、個人でも確定申告の手続きがスムーズに行えますよ!

ロゴ作成の副業についてよくある質問

ロゴ作成の副業を行う際に、よくある質問は以下のとおりです。

  • 週何日から副業できる?
  • リモートワーク可能な案件はある?
  • ロゴ作成未経験で副業できる?
  • ロゴ作成で副業するために必要な実務経験やスキルって?
  • ロゴ作成の副業からフリーランスとして独立するには?

それぞれの質問について回答します。

Q1. 週何日から副業出来る?

週1日からできます。

しかし、週1日の案件は数が少なく人気が高いため、見つけたらすぐに応募するのがおすすめです。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

リモートワーク可能な案件も豊富にあります。

自宅で好きな時間に働けるため、初めて副業をする人でも取り組みやすいでしょう。

Q3. ロゴ作成未経験で副業出来る?

未経験者がロゴを作成できる案件は、極めて少ないです。

実務経験を求められたり、特定のツールの使用経験が必須だったりと一定の条件が課せられます。

そのため、まずは実務経験を積んでから副業にチャレンジしましょう。

Q4. ロゴ作成で副業するために必要な実務経験やスキルって?

案件によって求められる経験やスキルは異なります。

たとえば以下のような条件が設定されている案件がありました。

  • Illustrator/Photoshopの使用経験
  • 紙媒体のデザイン経験

条件は案件によって異なるので、応募前によく確認してみてください。

Q5. ロゴ作成の副業からフリーランスとして独立するには?

副業からフリーランスとして独立するためには、実績を積んでいく方法しかありません。

本業よりも稼げるようになれば、独立を視野に入れてもいいでしょう。

しかし、フリーランスは不安定な職業です。

長く付き合っていける人脈を構築しながら、経験やスキルを積み上げていくことがおすすめです。

まとめ

今回はロゴ作成の副業案件を選ぶ基準やおすすめのエージェント、単価の目安について解説しました。

ロゴ作成は週2~3日の稼働やリモートが可能な案件も多く、初めて副業に取り組む人でもチャレンジしやすい仕事です。

応募条件や稼働日数などを比較して、自分の希望に合った案件を見つけてみてください。

ロゴ作成の副業案件が見つかるおすすめサイト2選
【第1位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
リモート・週2~3日の案件多数。ロゴ作成の案件を探すならまずはここ!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1日〜/平日夜・土日稼働も相談できるエージェント。