最終更新日:
HubSpotで副業したい方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

男性A
HubSpotのスキル。宝の持ち腐れにせず、副業で稼ぎたい。でも、どうやって案件を探せば良いんだろう?そもそも副業できる……?

副業をするのであれば、以下の条件で案件を探したいですよね。

  • 週1〜2日の稼働で働ける
  • リモートワークOK
  • 高単価
DAI
正直、上記をすべて満たす案件は少ないです。また人気なので高倍率です。

複数の案件サイトを調べた結果ITプロパートナーズが副業に適した案件数が圧倒的に多かったです。

他には、レバテックフリーランスHiPro Techでも週2〜3日稼働OKの案件が見つかりました!

DAI
HubSpotで副業したいなら、上記の3つのエージェントに登録しておきましょう!条件にこだわって一括検索するならエンジニアスタイル東京がおすすめです。

自分に合った案件を見つけるためには、最低でも3つのエージェントに登録するのがおすすめです

人気の案件は登録しないと見れない非公開になっていることも多いので、複数サイトに無料登録しておきましょう。

今回ご紹介する副業案件の検索サイトを以下、まとめたので、参考にしてみてください!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/

※2022年9月時点、各公式HPより

DAI
HubSpotの副業案件はあなたに向いているか?働きたい条件と照らし合わせつつ読み進めてみましょう!

HubSpotの副業案件を探す基準

HubSpotの副業案件を選んでいく上で基準となる、5つを紹介していきます。

  • クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  • 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  • 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  • フルリモート案件があるか
  • 高単価な案件が多いか
DAI
順番に解説していきます!

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

DAI
クラウドソーシングでは単価の買い叩きが発生しており、受注者は消耗しがちです。良質案件が充実している副業エージェントで案件を探すのがおすすめです。

業務委託で副業をする場合、契約形態は「請負契約」か「準委任契約」のいずれかになります。

  • 請負契約:結果に対して給料をもらう(成果報酬型)
  • 準委任契約:プロセスに対して給料をもらう(時給型)
DAI
請負が結果に対して給料をもらうのに対して、準委任はプロセスに対して報酬が発生するイメージです。

クラウドソーシングの多くは請負型の案件がほとんどですが、下記のように労働量に対して報酬がかなり安く設定されているものが多いです。

  • 何度も曖昧な修正依頼を出され、時給換算してみたら500円程度
  • 推定工数が100時間以上かかるのに、報酬が5万円程度

準委任契約でもクラウドソーシングの多くが「低スキルでも取り組める案件」であるため、HubSpot案件であっても時給は2,000円前後のものも多く見受けられます。

もしあなたが十分なHubSpotのスキルを持っているなら、クラウドソーシングよりも準委任契約が主流な副業エージェントを使いましょう。

DAI
同じ業務内容なのに、報酬を比較してみたら倍違うことも珍しくありません。副業は作業時間が限られるので、短い時間でより多く稼げた方がよいですよね。

他にも副業エージェントのメリットは沢山あります。

  • 営業や契約手続きを代行してくれるので、案件に専念できる
  • 会社員並みの福利厚生を用意してくれて、安心して取り組める
  • 案件終了後の次の案件について総dんできるから、不安になりにくい
DAI
おすすめのエージェントは後述していますので、ぜひ参考にしてみてください。

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

土日・平日早朝・夜など、あなたが本業の時間以外で稼働できる案件を選びましょう。

どんなに業務内容や報酬が魅力的でも、稼働時間帯が合わない案件には応募してはいけません。

DAI
稼働の時間帯が一致しないと、働きにくくなりますし、信用を失う可能性も生まれるので注意です。

副業はあくまで本業の補助であることを忘れないようにしましょう。

DAI
柔軟な働き方ができる求人は、規模の小さいスタートアップやベンチャー企業の案件であることが多いです。調べる参考にしてみてください!

③週の最低稼働日数が少なくてもよいか

DAI
週の最低稼働日数は、1〜2日など少なめに設定されている案件がおすすめです。

最低稼働日数が少ない方が、本業と両立しやすいからです。

男性A
確かに自分の稼働可能な時間を元に、少し余裕を持たせた方が案件にもゆとりを持って取り組めますね。

たとえば週5の案件を引き受けてしまうと、プライベートの時間をほぼ犠牲にして、長期的に体力が持ちません。

副業でHubSpotの仕事をするなら週1~2日稼働をまずは目安にしましょう。

DAI
ITプロパートナーズには週1〜2日稼働OKの案件が比較的多く掲載されているので、チェックしてみてください!

④フルリモート案件があるか

副業はプライベートの貴重な時間を削るので、ムダをいかに無くすかが重要になってきます。

DAI
ムダの代表格が通勤時間。時間も体力も消耗して、副業にコミットできる時間も減ってしまいます。

フルリモートの場合は通勤時間がゼロなので、効率よく副業に注力できます。

浮いた通勤時間で「録画しておいた番組を見よう」など、プライベートの時間に充てることもできます。

DAI
HubSpotの業務はフルリモートと相性がよいので、見つかる可能性が高いですよ!

ただしフルリモート案件がメリットが多いため人気です。

応募者が殺到しがちなので、気になったらすぐに応募することがおすすめです。

⑤高単価な案件が多いか

HubSpotの副業で稼ぐためには、高単価な案件が豊富に選べるかも重要です。

男性A
HubSpotは専門性が高いため、高単価な案件が多いですよね?
DAI
掲載サイトによってバラバラです。単価が倍以上違くても、業務レベルにそこまで差がないケースもあります。

求人の業務内容とあなたのスキルレベルを天秤にかけて、報酬が適切か吟味してみましょう。

DAI
副業エージェントは、エージェント側で精査されているので高単価な案件が載っている確率が比較的高いです。

HubSpotの副業ができるおすすめエージェントやサイト

副業エージェントは、業界に精通したキャリアアドバイザーがあなたの希望する働き方や仕事内容にマッチする案件を紹介してくれます。

ここからは、HubSpotの副業に適したエージェントを4つ紹介します

DAI
どれも無料で使えますし、あなたとの相性もあるので迷ったらすべてに登録してしまって問題ありません。
公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/

※2022年9月時点、各公式HPより

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 41,611件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

※2022年9月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの魅力としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

レバテックフリーランスの案件は、ほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
余計なマージンを中間業者に取られずに受注者に還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックが運営しているからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるフォローを受けることができます。

DAI
副業の一通りの流れや会社員とは違った面についても相談できるので安心ですね。

案件数が多い

レバテックフリーランスでは、エンジニアの案件を数多く取り扱っています。

DAI
2022年9月14日時点で、エンジニアの案件数は12,877件ありました。

特にエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの求人検索をしてみてはいかがでしょうか。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,291件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年9月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な魅力としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多いです。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

DAI
他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

男性A
ではどうやって単価の良い案件の良し悪しを判断すれば良いんでしょうか……?
DAI
『直請案件』が多いサイトに登録しておくことで、あなたが高単価な案件に巡り合う可能性が高まります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、報酬の中抜きを避けられる可能性が高いIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな特徴は、週1~2日から稼働OKの案件が多い点です。

他の副業エージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方でITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、あなたの生活スタイルに合わせて自由に案件を選べます。

つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。

DAI
直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!次のような仕事の仕方も可能ですよ。
  • 本業:自分のやりたいことを優先
  • 副業:ITプロパートナーズ経由の高単価案件で生活費を稼ぐ

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

HiPro Tech

公式:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

HiPro Techは、週3日から・リモートで働きたいエンジニア必見のIT・テクノロジー領域に特化したエージェントです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 534件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年9月14日時点・公式ページより引用/算出

HiPro Techの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  • リモートや週3日からの案件多数、柔軟に働ける
  • 高単価案件で、収入アップを目指せる
  • 契約後も充実したサポート体制で安心

リモートや週3日からの案件多数、柔軟に働ける

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techでは、リモートOK案件に加え、週3日から稼働OKな案件も多数あります。

男性A
エンジニア求人って調べてみると、「週5日~・常駐勤務」が多いんですよね。時間や場所に縛られず副業したいと思っても厳しいんですかね……
DAI
リモートOK案件・週3日から稼働OKな案件も豊富にそろえる「HiPro Tech」は、柔軟な働き方がしたい方だけでなく、地方在住の方にもおすすめです。

高単価案件で、収入アップを目指せる

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、クライアント(受注元)から仲介会社を挟まない「直請け案件」が豊富です。

直請け案件には、中間マージンがないため、より高単価の案件を受注できるメリットがあります。

契約後も充実したサポート体制で安心

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、転職サービス「doda」をはじめとした人材サービスを運営する「パーソルグループ」がサービス提供しています。

そうしたグループ会社から成る豊富な知見と実績が「万全なサポート体制」を支えます。

公式:https://tech.hipro-job.jp/

担当者により上記の図のような一貫したサポートを受けることができます。

事前面談では、IT・テクノロジー領域に特化したエージェントということもあり、専門性の高いものを受けることができます。

DAI
そのため、あなたのスキルに対して理想の案件をお探しの方、案件のミスマッチを避けたい方にもおすすめのエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京は、様々なエージェントの案件を抜粋して紹介しているサイトです。

様々な案件をまとめて確認して1クリックで応募できる点が便利です。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 176,511件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年9月時点・公式サイトより引用/算出

DAI
案件数が豊富で、高単価案件も多数。迷ったら無料相談してみるのがいいです!

エンジニアスタイル東京の特徴は、以下の2つです。

  • 17万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

17万件超の豊富な案件数

2022年9月時点で、掲載案件数は17万件を超えています。

幅広い案件から自分に合った案件を探すことが可能です。

DAI
国内最大水準の案件数です!

リモートワークやフレックス制度、週2稼働OKなど他のエージェントでは取り扱いの少ない案件も、エンジニアスタイル東京では多数掲載されています。

副業・フリーランス・スキルアップ・転職など幅広いニーズに合わせた求人を取り扱っているため、とりあえず登録しておくべきサイトです。

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

HubSpot _ 副業1

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年9月時点確認

平均単価だけでなく職種別、言語別、フレームワーク別の単価や件数ランキングもすべて公開されています。

DAI
相場を知り、最適な案件を探しやすいです!

案件を探す際には、下記のような条件で絞れます。

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価
男性A
もっとこだわって求人を絞り込みたいのですが…
DAI
求人数が豊富なので、更に下記のような条件でも絞り込めますよ!
  • 稼働できる時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か
  • 未経験OKか
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキルや条件を詳しく指定できるので、あなたにマッチした案件が見つかりやすいです。

エンジニア東京UI

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年8月時点

DAI
エンジニアスタイル東京を使えば案件探しで時間を無駄に使わずに済みます。
DAI
まずは無料で会員登録してみましょう!
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

HubSpotの副業をするために必要な準備

HubSpotの副業にトライする前にしておきたい準備が2つあります。

  1. 実務経験・スキルを棚卸しておく
  2. 副業案件を探すためのサイトに登録しておく
DAI
この2つを済ませておかないと、あなたに合った求人を見つけるのが難しくなり、結果的に遠回りとなります。

実務経験・スキルを棚卸ししておく

HubSpotに関連する実務経験やスキルを明確に言語化しておくことをおすすめします。

一口に「HubSpot」といっても、その業務範囲は多岐にわたります。

DAI
「HubSpotを触れます!」だけでは「現状のスキルでどれだけクライアントの事業に貢献できるか」が伝わりません。

そのためHubSpotの経験やスキルを以下のように細分化し、それぞれに紐づいた経験を詳しく書き出しましょう

HubSpotの経験やスキル(一例)
  • 顧客管理のツールとしてのHubSpotの利用経験
  • マーケティングとしてのHubSpotの利用経験
  • HubSpotの新規構築の経験
  • 他のMedia Analyticsを使った実務経験
  • 基礎的なプログラミング言語の利用経験
  • インフラ環境に関わる知見
  • リモートワークの勤務経験
DAI
上記はあくまで一覧ですので、全てマストという訳ではありません。
DAI
たとえば実務経験を書いてみると、下記のようなイメージです。
  • HubSpotの初期設定、運用の実務経験2年
  • HubSpotのLINEとの連携の設定・運用経験あり
  • kintoneの運用経験1年
  • RubyやJavaScriptを扱える
  • AWSサーバーのセキュリティ設定業務の経験あり
  • GithubやSlackを使ってのリモートワーク経験あり

副業案件を探すためのサイトに登録しておく

次にHubSpotの副業案件を探せるサイトに登録しましょう。

あらかじめ利用できる状態にしておくことで「急に案件が中止になったから次の仕事を見つけないと!」となってもすばやく探せます。

HubSpotの副業案件探しに役立つサイトは、クラウドソーシングやエージェント、ビジネスSNSなどがあります。

DAI
先ほど紹介したエージェントを使うのがおすすめです!無料で使えるので、気になるエージェントはすべて登録してみましょう

HubSpotの副業案件にはどんなものがある?

HubSpotの副業案件は開発の運用の2つがメインです。

ここからは、実際にどのようなHubSpot案件が公開されているのかを見ていきましょう。

HubSpotの案件①:BIツール・ERP開発の案件

引用:レバテックフリーランス ※2022年9月14日時点の案件です。現在は公開終了している可能性があります

上記の案件は、次のような業務内容です。

  • クライアントから依頼されたERPやBIツールの追加要件の整理
  • ERPやBIツールの運用・保守
  • HubSpotやkintoneの運用・保守

HubSpotやkintoneを扱って仕事をしたことがあることに加え、一般的なERPやBIツールの経験が求められます。

DAI
HubSpotやkintoneの実務経験がある方は特におすすめです!

HubSpotの案件②:HubSpot導入支援の案件

引用:レバテックフリーランス ※2022年9月14日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

HubSpotの連携アプリケーションのシステム開発・要件定義する仕事です。

またプロジェクト案件の進行管理も実施するWebディレクターの要素もあります。

DAI
「HubSpotの業務経験がなくても関心があればチャレンジできる」ことがこの求人の魅力です。SEやAPIに携わる業務経験があれば応募可能です!

また基本的にはフルリモートなので、通勤時間を減らして副業を効率的に進めたい方にもおすすめです。

DAI
HubSpotの案件はクラウドソーシングでも多いですが、単価の高さが全然異なります!高単価の案件獲得のためにもエージェントで探しましょう。

HubSpotの副業案件を行うメリットは?

HubSpotの副業案件には次の3つのメリットがあります。

  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
  • 人脈を広げることができる
DAI
HubSpot副業は専門性が高く市場価値が高いので、得られるものもたくさんあります!詳しく見ていきましょう。

収入が増える

副業をすることで、月収が増えて日々の生活や将来に向けた貯金に対する心配が吹き飛びます。

たとえばHubSpotの実務経験があるエンジニアの場合、上記の案件①を例にして時給を計算してみます。

HubSpotの案件①
  • 報酬80万円
  • 稼働時間の合計:150時間

つまり、時給5,333円となります。

DAI
会社員しつつ、時給5,333円で銀行口座にお金が入っていくことを考えると、心に余裕を持って本業もプライベートも過ごせますね。

また、本業と別の収入源でお金が入ってくるため、あなたの本業の給与に対するリスクヘッジにもなります。

男性A
うちの会社、業績悪化でボーナスが減って落ち込んでいましたが、副業で立て直せるかも……
DAI
ライフプランが崩れてきた方も、複数の収入源を作ることで将来を心配せず、取り組めますね

スキルアップにつながる

HubSpotの業務経験は今後、副業の良質な案件を獲得するめにも非常に追い風となります。

なぜなら専門性が高く、副業市場において非常に希少価値が高いからです。

またHubSpotの業務経験を積んでおくと、kintoneなど他のERPやBIツールを用いた案件に今後応募することができ、あなたが選べる求人の母数が広がります。

DAI
選べる求人が増えるので、より良質な案件を引き受けて、さらなる収入アップを見込めます!

人脈を広げることができる

副業に専念していくと、自然と人脈を広げることもできます。

DAI
副業では本業では関わらない、チームメンバーやクライアントと関わることになるので、会社の看板を背負ってなくても自然と業界の知り合いが増えていきます。

1案件ごとにクライアントと良い関係値を積み上げていくと、優先的に新規案件をいただける可能性も高まっていきます。

DAI
本業では会社のみのコミュニティですが、副業では本業では関われない畑の方とも働けて視野が広がります。

HubSpotで副業するデメリットって?

HubSpotで副業をするデメリットは次の2つです。

  • 本業との兼ね合いが難しくなる
  • 休みが取れなくなる
DAI
対策含め、1つずつ解説します。

本業との兼ね合いが難しくなる

副業はあなた自身が自由に稼働時間を選んで求人応募することができます。

ですので、副業の稼働時間やタスク量を管理しないと、本業と共倒れする恐れがあります

DAI
副業が納期までに終わらず徹夜。本業でも集中できずミス連発。消耗しまくりで副業するも集中できず……となると共倒れで精神的にもキツいです。
男性A
対策としては何をすれば良いですか?

DAI
まずは求人を見て、あなたのスキル内で余裕を持って始められそうだな…と思う案件から始めることが大切です。

報酬をもらうまでに、副業独特の想定外のことが発生する可能性もあると思いますので、まずはスモールスタートがおすすめです。

休みが取れなくなる

副業は本業以外の時間を割くので、休みの時間が減ります。

男性A
たしかに土日に休憩していた時間を使うので、余裕が無くなるかもしれませんね……
DAI
そういった方は、副業する時間をあらかじめカレンダーに埋めてしまうことが有効です。

たとえば以下のように自分にルールを作るようなイメージです。

  • 平日:週3日、1日2時間だけ集中して行う
  • 土日:平日の残件を午前のみ取り組む

時間の上限を決めておかないと、仕事とプライベートのメリハリがつかないので、24時間気が休まりません。

DAI
副業よりも本業、本業よりも休養が大切です。

HubSpotの副業案件や単価の目安

最低勤務日数のケース別に、HubSpot副業の業務内容や単価感をチェックしてみましょう。

週1勤務の場合のHubSpot副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ ※2022年9月14日時点で公開を終了しています

週1勤務の場合、単価の相場は5〜10万円が目安です。

男性A
上記の案件ですと、もし週1で5時間程度の勤務できれば、時給4,500円の収入になりますね。

業務内容はHubSpotを用いて週間レポートを作成するWebマーケティングです。

DAI
上記の案件のように、サービスのスタート時から参加できると比較的、自由にあなたのアイデアやスキルを取り入れつつ副業できると思います!

週3勤務の場合のHubSpot副業案件や単価例

引用:エンジニアスタイル東京 ※2022年9月14日時点で公開を終了しています

週3勤務の場合は、案件単価は20〜60万とレンジがかなり広めになります。

業務内容も新規構築・ディレクション、マーケティングなどの上流工程の役割が増えてきます。

DAI
60万円以上の案件も20万円以下の案件もさまざまです。本業や過去の副業での実務経験で大きく価格は変わります。

今回は募集を終了している案件のみの紹介でしたが、エージェントには登録しないと応募できない非公開案件もあります。

DAI
水面下で募集が始まる可能性もあるので、すぐに応募できるよう、今のうちからの登録がおすすめです。

HubSpot案件の副業で収入を増やすポイント

副業は専業フリーランスに比べて、業務に充てられる時間が圧倒的に短いです。

そのため短時間でどれだけ効率的に稼げるかが重要といえます。

そこでここからは、HubSpot案件の副業で収入を増やすポイントを3つ紹介します。

  • 単価が安い案件は避ける
  • 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  • エージェントを利用する場合はマージン率を確認する
DAI
1つずつ見ていきましょう!

単価が安い案件は避ける

あなたのスキルに対して、安い単価の案件はそもそも応募対象から外すようにしましょう。

男性A
でも自分のスキルがどれくらいの単価なのか、分からないです……
DAI
いきなり応募するのではなく、複数の案件を比較しつつ自分の単価を見極めていきましょう。

複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

できるだけ複数のエージェントに登録し、あなたのスキル感を相見積もりしてもらうことが大切です。

同じスキル・経験で面談をしても、下記のようなことが起こることがあります。

  • A社では今までの実績を評価してもらえなかった
  • しかし、B社では評価してもらえて、複数案件を紹介される

「自分のスキルや経験にどれくらいの市場価値があるか」を客観的に知ることで、マッチする案件やにたどり着く可能性が高まります。

DAI
あなたとエージェントの相性も大切なので、副業で稼いでいくためには複数のエージェントへの登録が推奨されます。

エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

エージェントの利用はタダですが、クライアントと副業をしたい人がマッチできたとき、エージェントは報酬としてマージンを受け取ります。

マージンが高いほど、あなたの手元に入るお金は減るので、マージン率は必ず確認しておきたいですね。

DAI
マージン率は、10〜20%が一般的です。
男性A
でもエージェントの求人欄を見ても、マージン率って全然公開されていないのですが……どうすればいいんでしょう……?
DAI
そこでチェックすべきなのは、直接契約かどうか?です。

直接契約:エージェント以外に仲介企業を挟まない契約形態

直接契約なら仲介企業のマージンが発生しないため、結果的に高単価案件が眠っている可能性が高いです。

DAI
レバテックフリーランスITプロパートナーズなどは直接契約なので、良質で高単価な案件が豊富です!

HubSpotの副業を始める際の注意点

HubSpotの副業を始める際は、以下の4つに気をつけましょう。

  • 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  • スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  • 副業可能か会社に確認する
  • 確定申告が必要か確認する
DAI
順番に見ていきましょう!

土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

案件選びの基準とも被りますが、受注したい案件が土日や平日夜の稼働OKかを必ず確認しましょう。

もし土日NGな案件の場合、本業と両立しにくくなる可能性が高くなり、どちらの信用も失いかねません。

DAI
土日も平日夜も稼働できない案件は、副業ではなくフリーランスのための案件と見切りをつけて、別の案件を検討した方が良いでしょう。

スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

副業に置いてスケジュールの管理は大事な要素の一つです。

DAI
はじめから副業で本業以上に稼いでやろう!と大変な案件を選ぶとキャパオーバーになり、最悪の場合副業そのものに挫折してしまうかもしれません……

本業の安定収入がある場合は、最初から焦ってガツガツ稼ごうとする必要はありません。

DAI
副業を始めて最初の数ヶ月は、報酬よりも仕事に慣れることを優先しましょう。

副業可能か会社に確認する

そもそも本業の会社が副業OKなのか確認しましょう

DAI
副業OKでも「競合企業との事業は禁止」といった社内ルールを設けている場合もあります。
男性A
会社員はバレると解雇になんですか?
DAI
解雇になることは限りなく低いです。しかし信用を失ったり、社内での新しいチャンスに対して声が掛からない可能性もあるので注意が必要です。

あなたの会社の就業規則を必ず確認して、副業に取り組むようにしましょう。

確定申告が必要か確認する

副業収入が年収20万円を超えた場合、自分で確定申告を行う必要があります。

  • 正社員:会社が税金計算をしてくれる
  • 副業:自分で計算・納税をしなければならない
DAI
オンラインの会計ソフトでを使用しつつ、毎月取引を整理しておくと確定申告の締め切り間際で慌てなくて済みますよ。

HubSpotの副業についてよくある質問

HubSpotの副業についてよく寄せられる質問5つをまとめました。以下の通りです。

  • 週何日から副業できる?
  • リモートワーク可能な案件はある?
  • HubSpot未経験で副業できる?
  • HubSpotで副業するために必要な実務経験やスキルって?
  • HubSpotの副業からフリーランスとして独立するには?

順番に紹介します。

Q1. 週何日から副業出来る?

DAI
A.週1から副業可能です。

ただし週1勤務可能な案件は数が少なく、人気が高いです。

毎日求人を検索するくらいの意気込みを持って、見つけたら早めに応募がおすすめです。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
A.リモートワーク可能な案件は多くあります。HubSpotはリモートワークと相性バツグンであるためです。

他の業種に比べ、上流工程の業務でクライアントとのミーティングが多くなったとしてもSlackやZoomといったオンラインツールを駆使している案件が主流です。

Q3. HubSpot未経験で副業出来る?

DAI
A.HubSpot未経験での副業は厳しい現状です。

求人の条件欄の多くが「HubSpotの実務経験」と記載されていることがほとんど。

DAI
最低ラインでも他のMAやERP、BIツールの使用経験が必要です。

HubSpotで副業を始めたいのであればまずはHubSpotなどの分析ツールの実務経験を積むことが最短の近道です。

Q4. HubSpotで副業するために必要な実務経験やスキルって?

DAI
A.基本的に「実務経験のある業務の案件しか取れない」と考えましょう。

応募するべき副業の業務内容は、あなたの実務経験の領域内です。

男性A
つまり実務経験を蓄えていくほど、選べる求人も増えていくということですね!

あなたが将来、副業で取り組んでいきたい業務内容を逆算して、本業やこれから取り組む服用の案件を選ぶのも良いでしょう。

Q5. HubSpotの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
A.人によりますが、数多くの案件をこなすことで実績を積み上げしていくことが最初の一歩です。

副業からフリーランスとして独立することを検討するタイミングは、副業の収入が本業を超えたときです。

DAI
逆に本業を超えるまではフリーランスのことは一旦忘れて、実績を積み重ねることに注力した方が近道です。

売上の波があるのがフリーランスのデメリットです。

「本業の収入を失っても、不安が少ない状態で取り組めるか」が一つの判断基準です。

DAI
副業の案件も途切れる可能性があり、気づいたら無収入なんてことも。独立の前に複数のクライアントとの人脈形成をしておくと安心ですよ。

まとめ

今回はHubSpotの副業案件を選ぶ基準やおすすめエージェント、単価の目安について解説しました。

HubSpotの副業案件は週3日稼働やフルリモートOKなものも多いため、場所を問わず、限られた時間で効率的に稼ぎやすいといえます。

応募条件や稼働時間を見比べたうえで、あなたにマッチするものを選びましょう。

DAI
今回紹介した副業エージェントは下記の通り。無料で登録できるので、ぜひHubSpotの副業にチャレンジしてみてください!
HubSpotで副業したい方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です