最終更新日:
Flutterで副業したい人におすすめの副業エージェント
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
高水準の案件を獲得したい人向け。メガベンチャー案件で高単価週2~3稼働もOK!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
とにかくフレキシブルに働きたい人向け。週1~/土日OK・夜間OK・リモートOKの案件多数。
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
エンジニア特化型のエージェントサイト!
男性A
Flutterを使って副業したい!平日夜や休日に稼働できる副業案件ってあるの?
男性A
Flutterを使った副業の始め方を知りたい!
DAI
結論、数年の実務経験があるエンジニアなら、すぐにでも副業を始められます!

しかし、準備すべきことや注意点などを把握しておかないと、副業で失敗をして本業にも支障を及ぼすリスクがあります。

そこでこの記事では、Flutterの副業事情や案件の探し方について幅広く解説していきます。

以下に本記事で紹介する案件検索サイトをまとめした。

DAI
すべて無料で登録できるので、ぜひ活用してみましょう。
公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/

Flutterの副業案件を探す基準

現状、Flutterの副業案件は決して豊富にあるとはいえません。

Flutter自体を使っている会社が少ないのが原因です。

DAI
ですが、だからといって「案件を見つけたら片っ端から応募しよう!」と考えるのは危険です。

なぜなら、低報酬で働かせたり、無理を言って稼働させられたりするような質の低い案件も数多く存在するから。

そこでここからは、Flutterの副業案件を探す基準を5つ紹介していきます。

  • クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  • 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  • 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  • フルリモート案件があるか
  • 高単価な案件が多いか
DAI
順番に紹介していきます!

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

案件を獲得するサイトには、「クラウドソーシング」と「副業エージェント」の2種類があります。

  • クラウドソーシング:企業とワーカーをマッチングするプラットフォーム。簡単な業務の外注に使われる傾向がある。
  • 副業エージェント:企業とワーカーをマッチングするサービス。営業や事務処理代行・良質案件の紹介などのサポートが充実している。業務の専門度は高め。
DAI
Flutterで副業するなら、使うべきは断然「副業エージェント」です!

なぜなら、クラウドソーシングには相場より圧倒的に安価な案件がたくさん流れているからです。

そもそもクラウドソーシングは、社内でリソースを割くのがもったいない単純作業を外注するのに重宝されるサービス。

Flutterのような高度なスキルが求められる案件は、ほとんど掲載されていません。掲載されたとしても単価が安すぎます。

  • 1ヶ月以上の工数がかかるのに報酬5万円
  • 無料の修正依頼が数十回

一方副業エージェントは、高単価で専門性が求められる案件を多数取り扱っているので、悪質な案件を紹介されるリスクは小さめです。

DAI
本記事で紹介するエージェントサイトを使えば問題ありません!

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

2つ目のチェックポイントは、平日日中以外の時間帯で働けるかどうかです。本業以外の時間帯で稼働できない案件は、副業として適していません。

DAI
本業以外の時間帯とは、具体的には「土日」「平日早朝」「平日夜」ですね。

スタートアップやベンチャー企業などの規模の小さい会社は、比較的フレキシブルに稼働できる場合が多いです。ぜひ探してみてください。

③週の最低稼働日数が少なくてもよいか

3つ目のチェックポイントは、週の最低稼働日数です。

最低稼働日数は1〜2日など、なるべく少ない条件の案件が好ましいでしょう

本業やプライベートに合わせて柔軟にスケジューリングできるからです。

ただし、Flutterの週1〜2日稼働OKの副業案件はかなり数が限られます。

早めにエージェントに登録して、毎日新しい案件が更新されていないか細かくチェックしましょう

最低稼働日数が少ない案件は大変人気があるので、見かけたらすぐに応募するようにしてください。

④フルリモート案件があるか

4つ目の基準は、「常駐勤務かリモートワークか」です。

本業に比べて副業は、業務に充てられる時間が限られるため、通勤などの無駄な時間をいかにカットできるかがカギになります。

リモートワークの案件であれば、通勤退勤時間は0。

増えた時間を副業に使うことも、プライベートの時間に充てることもできます。

DAI
フルリモートや一部リモートの案件は近年増加傾向にあるため、ぜひ積極的に応募してみてください!

⑤高単価な案件が多いか

案件の単価も重要な基準の1つです。

DAI
同じレベルの業務でも、単価が倍以上違うことは珍しくありません。

そのため、案件同士を比較して、より好条件のものに応募することが重要です。

複数の案件を比べるには、複数のエージェントに登録をして案件を探すのが有効でしょう。

単一のエージェントしか使っていない場合、比較検討できる案件数が少なくなってしまいます。

DAI
この記事で紹介する3つのサイトには全て登録しておきましょう!

Flutterエンジニア向けの副業ができるおすすめエージェントやサイト

数多くのエージェントサービスがありますが、それぞれに固有の特徴・強みがあります。

「一番使いやすいエージェントは?」という質問をよく受けますが、最適なサービスは人によって異なるため、一概には言えません。

DAI
あなたの目的に合わせて、最適なエージェントを利用しましょう!

今回はFlutterエンジニアが副業案件を受注するのに適したエージェントを3つ紹介します。

  • レバテックフリーランス
  • ITプロパートナーズ
  • テクフリ
DAI
順番に詳しく解説します!
公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/

レバテックフリーランス

画像はレバテックフリーランス公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

案件数 40,718件
稼働日数 週2、3日〜
主な求人職種 エンジニア
公式サイト https://freelance.levtech.jp/

※2022年8月22日時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントの質が高い
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスでは、業界最高水準の高単価案件を多数取り扱っています。

DAI
公式HPでは以下のように職種ごとの平均単価を見ることができるので、興味のあるジャンルについて調べてみることをおすすめします。

※2022年5月30日時点。公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバレジーズ株式会社のノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2022年8月22日時点で、公開されている求人数は40,718件です。

DAI
特にFlutterエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,131件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年8月17日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズはリモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にFlutterエンジニアとして、フリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

テクフリ

画像はテクフリ公式サイトより引用:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件を数多く保有。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

DAI
テクフリはエンジニアに特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 10,780件
マージン率 10%〜
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年8月17日時点・公式サイトより引用/算出

テクフリには、案件の質が高い特徴があります。

案件が高品質である理由として挙げられるのが、以下の3点です。

  • 運営元である株式会社アイデンティティが、複数のIT人材派遣事業をおこなっている
  • ユーザーのスキルとのマッチ度が高い案件を紹介
  • サイバーエージェントをはじめとする多くの上場企業の案件取り扱いあり
DAI
またテクフリは独自の案件マッチングシステムも持っています。自分に合った高単価のFlutter案件を探したいというエンジニア必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

Flutterの副業するために必要な準備

Flutterの副業を始める前に済ませておきたい準備が2つあります。

  • 実務経験・スキルを棚卸ししておく
  • 副業案件を探すためのサイトに登録しておく
DAI
この2つ、特に前者を済ませておかないと、後々クライアントとの間でトラブルが発生する可能性があります。

順番に詳しく解説していきます!

実務経験・スキルを棚卸ししておく

自分の実務経験と、それに紐づくスキルを明確に言語化しておきます。

なぜなら、自分にどのような経験があり、何ができるのかが曖昧だと、受注可能な案件がわからないからです。

「Flutterの副業案件」と一言に言っても、業務の内容は案件ごとに大きく異なります。

  • Flutter以外の複数のプログラミング言語を扱う案件
  • ディレクション・PMがメインの案件
  • 保守運用の案件
DAI
自分に何ができるのかを言語化しておかないと、どの案件にチャレンジするべきなのかがわかりません。

逆にクライアントの立場からしても、「この人はFlutterができるって言ってるけど、今までどんな経験をしてきたんだろう?」と不安に感じてしまいます。

案件を受注してから「やっぱり自分にはできません」となってしまうと、クライアントに多大なる迷惑をかけてしまうことに。

実際の案件の募集要項を見ながら、自分のスキルを丁寧に言語化しておきましょう。

副業案件を探すためのサイトに登録しておく

スキルが言語化できたら、副業案件を探すためのエージェントサイトに登録していきます。

1つだけではなく、必ず複数のエージェントに登録しましょう

理由は下記の3つあります。

  • より多くの案件を比較検討できるから
  • 良質な案件を見つけられる可能性が上がるから
  • 実際に使うことで自分に合ったサイトがわかるから
DAI
エージェントは登録も利用も無料。複数使っても損することはありませんよ!

Flutterの副業案件にはどんなものがある?

「Flutterの副業案件って、具体的にはどんな業務があるの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

そこでここからは、Flutterの副業案件の例を、実際の案件を見ながら確認していきましょう。

Webサービス開発の案件

引用:テクフリ ※2022年8月26日時点の案件です。現在は公開終了している可能性があります

オンライン教育サービスのUI・UXを開発する案件です。

1年以上のFlutter実務経験があれば参画可能となっています。

Webアプリ開発の案件

引用:テクフリ ※2022年8月26日時点の案件です。現在は公開終了している可能性があります

Flutterの副業案件で最も多いのは、例のようなWebアプリケーションの開発業務です。

iOSやAndroidアプリの開発が多い傾向があります。

単価も安定して高く参加しやすいですが、副業として働ける案件は少ないので、毎日新着案件がないかチェックするようにしましょう。

Flutterの副業案件を行うメリットは?

Flutterの副業は、プライベートの時間を削ってコツコツと行うものです。

副業を始めると、生活の大部分の時間が仕事になります。決して楽なものとは言えません。

DAI
ですが大変さ以上に、副業に挑戦することにはさまざまなメリットがあります!

そこでここからは、Flutterの副業案件を行うメリットを3つ紹介していきます。

  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
  • 人脈を広げることができる
DAI
順番に解説します!

収入が増える

副業をすることで、シンプルに収入が増えます

会社員の給料が直近の数十年で下がり続けている事実や年金問題など諸々のデータから、会社からの報酬だけで十分な貯金ができないことは明白です。

DAI
副業で月5万円稼げれば、年収が60万円アップします。60万円があるのとないのでは、生活の安定度が大きく変わりますよね。

また、収入源を複数に分散できるのも、副業に挑戦する大きなメリット。

副業をしていない人は、会社を辞めることになったら収入がゼロになります。

一方で副業をしていれば会社を辞めても収入がゼロにならないので、精神的に余裕を持って働けるようになりますよ。

スキルアップにつながる

2つ目のメリットは、エンジニアとしてのスキルが上がることです。

副業では、本業とは違った業界や仕事にチャレンジできます。

DAI
普段教育系のアプリを作っている人でも、飲食業や金融系のサービス開発に携わることが可能です。別の職種を横断するような案件にも関われるでしょう。

さまざまな業界でFlutterの案件に挑戦することで、どんな場所でも活躍できる確固たるスキルを身につけられます。

DAI
スキルさえあれば、フリーランスだろうが会社員だろうが副業だろうがどんな雇用形態でも稼げます!

人脈を広げることができる

人脈を広げられることも、副業の大きなメリットの一つ。

人脈を広げることには、以下のようなメリットがあります。

  • 業界の最新情報を集められる
  • 案件を紹介してもらえる可能性がある
  • 転職のきっかけになる可能性がある

副業をすることで、質の高い人脈を作れる環境に飛び込めます。

DAI
副業で人脈を広げて、多くの人からの信頼を積み上げましょう!

Flutterで副業するデメリットって?

Flutterの副業はメリットだけなく、注意すべき点もいくつかあります。

DAI
デメリットを知っておけば、事前に対応策を用意できます!

そこでここからは、Flutterで副業をするデメリットを2つ紹介していきます。

  • 本業との兼ね合いが難しくなる
  • 休みが取れなくなる
DAI
順番に見ていきましょう!

本業との兼ね合いが難しくなる

副業において最も注意が必要なのは、本業とのバランスを取ることです。

DAI
副業はあくまでサイドワーク。あくまで最優先に取り組むべきは本業です。

もし副業のキャパシティが限界を超えてしまうと、本業と共倒れになってしまうリスクが高いでしょう。

対策としては、小さく副業を始めることがおすすめです。

DAI
まずは週数時間の案件から受注して、副業のある生活に少しずつ身体を慣らしていきましょう。

休みが取れなくなる

プライベートの時間を確保することが難しいのも、副業のデメリット。

特にエンジニア業務はまとまった時間が必要なので、休みを取ることが難しくなります。

本業に支障が出ないよう、計画的に休養の時間を取る必要があります。

対策として有効なのは、副業に充てる時間の上限を決めておくこと。

DAI
たとえば「平日は2時間以上、休日は5時間以上は副業に充てない」など。上限を決めることで、だらだらと仕事を引き伸ばすのを防げますよ。

Flutterの副業案件や単価の目安

実際のFlutterの副業案件や単価の目安を、勤務日数ごとに確認していきましょう。

週1勤務の場合のFlutter副業案件や単価例

引用:シューマツワーカー ※2022年8月26日時点の案件です。現在は公開終了している可能性があります

最低稼働時間が1〜5時間/週という、まさに副業にピッタリな案件です。

時給も2,000円〜3,500円と高単価&フルリモートと好条件。

かなり多くの応募が集まる案件といえます。

週2勤務の場合のFlutter副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ ※2022年8月26日時点の案件です。現在は公開終了している可能性があります

アプリ開発経験があれば、Flutter未経験者でも応募歓迎な案件です(エンジニア未経験者の応募は禁止なので注意しましょう)。

週2日勤務で最大30万円の報酬が目指せます。

Flutter案件の副業で収入を増やすポイント

ただがむしゃらに副業に取り組んでも、収入がスムーズに伸びていくわけではありません。

DAI
副業収入を上げるには、収入を上げるための行動を起こさなければいけません。ただ作業時間を増やせば良いわけではないです。

そこでここからは、Flutterの副業で収入を増やすポイントを3つ紹介していきます。

  • 単価が安い案件は控える
  • 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  • エージェントを利用する場合はマージン率を確認する
DAI
順番に見ていきましょう!

単価が安い案件は控える

副業収入に最も大きな影響を及ぼすのは「単価」です。

単価が低い案件を受注してしまうと、頑張れば頑張るほど損をすることになってしまいます。

時給が100円違うだけでも、100時間働いたら報酬に10,000円の差が出ます

報酬には1円単位でこだわるようにしましょう。

DAI
必ず複数の案件を集めて、勤務条件や報酬を比較検討してください。

複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

案件の単価に決まった水準やルールはありません。

DAI
それなら少しでも自分のことを高く値付けしてくれるエージェントで働きたいですよね。

また特定のエージェントだけの見積もりでは、自分の市場価値を正確に測れません。

必ず複数のエージェントに会員登録をして、自分のスキル感を相見積もりしてもらいましょう

エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

エージェントを利用する場合は、マージン率(仲介料)を確認しておきましょう。

副業に利用できるエージェントのマージン率は、10〜20%が一般的です。

DAI
たとえばマージン率が20%の場合、クライアントが100万円の仕事を依頼しても、利用者に支払われる報酬は80万円。せっかくならマージン率の低いエージェントを使いたいですよね。

とはいえ、ほとんどのエージェントはマージン率を公開していません。

そこでチェックすべきなのは、直接契約(エージェント以外に仲介企業を挟まない契約形態)かどうかです。

直接契約ならエージェント以外にマージンを引かれないため、高単価案件が豊富にあります。

DAI
レバテックフリーランスITプロパートナーズなどは直接契約なので、良質で高単価な案件が豊富です!

Flutterで副業を始める際の注意点

Flutterで副業を始める際は、以下の4点に注意してください。

  • 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  • スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  • 副業可能か会社に確認する
  • 確定申告が必要か確認する
DAI
Flutterに限らず、どんな副業をする際にも注意すべき4点です!順番に詳しく解説していきます。

土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

良さそうな案件を見つけたら、本業以外の時間帯(土日・平日早朝・夜)の稼働が可能かどうかチェックしましょう。

平日昼間やフルタイムで稼働する案件は、副業ではなくフリーランス向けに掲載されているものです。

DAI
スタートアップやベンチャーなど規模の小さい企業は、比較的時間に縛られず働ける案件が多い傾向にあります。

スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

スケジュール管理は徹底的に行うようにしましょう

特に本業とのバランスをとることは必須です。

もしスケジュール管理に失敗してしまうと、納期に遅れてクライアントに大きな迷惑をかけることになります。

繰り返しになりますが、ポイントは「小さく始める」こと。

「これくらいのタスクならスキマ時間を使うだけで終わるな」と感じるくらい簡単な案件から始めて、副業のある生活に慣れていきましょう。

DAI
タスクを増やすのは、副業に慣れてからでOKです。

副業可能か会社に確認する

前提として、そもそも会社が副業の許可を出しているかチェックしておきましょう

DAI
もし副業がバレても即解雇になることは滅多にありませんが、会社からの信頼を失うことになってしまいます。

また公務員は原則として副業禁止です。

一部認められるケースもありますが、届出が必要なので覚えておきましょう。

確定申告が必要か確認する

副業収入が年20万円を超えたら確定申告が必要になります

会社員は税金の計算を全て会社にやってもらえますが、個人事業主として働く副業ワーカーは自分で手続きを行わなければいけません。

毎月の収入を計算することと、経費で落ちそうな商品の領収書は必ずとっておきましょう。

Flutterの副業についてよくある質問

最後に、Flutterの副業についてよくある質問をまとめました。

  • 週何日から副業できる?
  • リモートワーク可能な案件はある?
  • Flutter未経験で副業できる?
  • Flutterで副業するために必要な実務経験やスキルって?
  • Flutterの副業からフリーランスとして独立するには?
DAI
順番に回答していきます!

Q1. 週何日から副業出来る?

DAI
A:最短で週1日から副業可能です

副業案件には最低勤務日数という条件項目があります。

最低勤務日数週1日の案件を選べば、週1日のみの勤務が可能です。

しかし週1〜2日勤務OKの案件はかなり人気が高く、掲載され次第すぐに応募が殺到します。

DAI
案件数自体もかなり少なめなので、常に新着案件が出ていないか細かくチェックするようにしましょう。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
A:リモートワーク可能な案件はあります。

基本的にエンジニア系の案件は、リモートワーク可能なものが豊富に掲載されています。

Q3. Flutter未経験で副業出来る?

DAI
A:未経験からFlutterの副業案件を獲得するのは、かなり厳しいと言って良いでしょう。

なぜなら副業は、Flutter分野のプロフェッショナルであることが求められるからです。

クライアント企業は、社内でエンジニアのリソースが足りていないから、外部のプロである副業ワーカーに仕事を依頼します。

もし未経験からエンジニアの副業をしたいなら、就職して実務経験を積んだ後にチャレンジしましょう。

Q4. Flutterで副業するために必要な実務経験やスキルって?

DAI
A:基本的なサービス・アプリ開発経験があれば問題ありません。

ただしディレクションや他の言語の開発経験があると、さらに受注できる業務の幅が広がります。

Q5. Flutterの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
A:本業以上の収入になったら、独立のタイミングだと考えましょう

フリーランスは会社の力を使わず、個人の力で仕事を受注していく必要があるので、正社員よりも不安定でライバルとの競争が激しいです。

そのため、十分なスキルと収入がないまま独立してしまうと、生活がかなり不安定になってしまうでしょう。

独立タイミングの目安は、副業収入が本業を超えたときか、20万円を超えたときです。

DAI
ここまで来ればフリーランスとして生き残れるスキルはあります。自信を持って独立してください。

まとめ

今回はFlutterの副業事情について幅広く解説してきました。

Flutterの副業案件には、週2日からの勤務で月30万円を目指せるものもあります。

スキルのあるFlutterエンジニアは多くの企業に重宝される可能性が高いため、副業を始めやすい状況です。

DAI
ぜひ本記事を参考に、Flutterの副業に挑戦してみましょう。あなたの副業がうまくいくことを祈っております!
Flutterで副業したい人におすすめの副業エージェント
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
高水準の案件を獲得したい人向け。メガベンチャー案件で高単価週2~3稼働もOK!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
とにかくフレキシブルに働きたい人向け。週1~/土日OK・夜間OK・リモートOKの案件多数。
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
エンジニア特化型のエージェントサイト!