最終更新日:
クリエイターで副業したい人におすすめのwebサービス
【第1位】レバテッククリエイター(公式:https://creator.levtech.jp/
Webデザイナー・ゲームの案件が得意。リモート・高単価な案件も多数取り扱っています。
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
休業補償など手厚い福利厚生あり!上場企業からの高単価案件も多数!
【第4位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
男性A
クリエイターのスキルを活かして、副業はできる?
男性A
どこで案件を探すのがおすすめなの?

副業をするのであれば、以下の条件で案件を探したいですよね。

  • 週1〜2日の稼働で働ける
  • リモートワークOK
  • 高単価
DAI
正直、上記をすべて満たす案件は少ないです。また人気なので倍率も高いです。

複数の案件サイトを調べた結果レバテッククリエイターが副業に適した案件数が圧倒的に多かったです。

他には、レバテックフリーランスITプロパートナーズテクフリでも週2〜3日稼働OKの案件が見つかりました!

DAI
クリエイターで副業したいなら、上記の4つのエージェントに登録しておきましょう!

自分に合った案件を見つけるためには、最低でも3つのエージェントに登録するのがおすすめです

人気の案件は非公開になっていることも多いので、複数サイトに無料登録しておきましょう。

今回ご紹介する副業案件の検索サイトを以下、まとめたので、参考にしてみてください!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

※2022年10月時点、各公式HPより

DAI
週1~2程度の副業案件は人気が高く、すぐ埋まってしまいます。通知をONにして常に最新情報をチェックしておきましょう!

この記事を読んでわかること

  • クリエイターの副業案件を扱っているエージェント
  • クリエイターの副業案件を獲得する方法
  • 稼げるクリエイターの案件について

クリエイターの副業案件を探す基準

クリエイター向けの案件は多種多様。業務内容や求められるスキル、報酬などは、案件によって大きく異なります。

DAI
副業を始めたばかりだと、「どの案件を選ぶべきなんだろう?」と迷ってしまう人が多いはずです。

そこでここからは、クリエイターの副業案件を探す際に意識したい5つのポイントを紹介していきます。

  1. クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  2. 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  3. 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  4. フルリモート案件はあるか
  5. 高単価な案件が多いか
DAI
順番に見ていきましょう!

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

クリエイター向けの副業案件を探せるサイトは、大きく分けて「クラウドソーシング」と「副業エージェント」の2種類があります。

  • クラウドソーシング:企業とワーカーをマッチングするプラットフォーム。案件に応募してきた人の中から、企業が任意のワーカーを選んで契約をする。
  • 副業エージェント:企業と副業ワーカーの契約を仲介してくれるサービス。契約や条件交渉の代行などを行なってもらえる。
DAI
クリエイターが副業をするなら、断然「副業エージェント」を使うのがおすすめです!

副業エージェントは、比較的単価・専門性の高い案件を豊富に取り揃えています。

なぜならエージェントは、質の高いワーカーを企業に紹介することで、企業から報酬をもらっているからです。

DAI
質の高いワーカーがほしいので、自然と好条件の案件が多くなるわけですね。

一方でクラウドソーシングは、工数に対して割安な報酬の案件が多数出回っています。

単純作業の外注に使われることが多いプラットフォームなので、好条件の案件は掲載されづらいのです。

数年の実務経験がある分野で副業をするなら、必ず副業エージェントを使って案件を探しましょう!

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

2つ目のポイントは「本業以外の時間で働けるかどうか」です。

当然ではありますが、指定の稼働時間が本業の拘束時間と被っている案件は受注できません。

DAI
具体的には「土日」「平日早朝」「平日夜」に稼働できる案件を探しましょう!

平日日中に稼働時間が設定されている案件は、フリーランスを対象にした求人です。

③週の最低稼働日数が少なくてもよいか

3つ目のポイントは「週の最低稼働日数」です。

それぞれの副業案件には「最低稼働日数」が定められています。

なるべく少ない日数から稼働できる案件を受注することで、柔軟にスケジュールを組めるようになります。

たとえば「本業が忙しい週は週2日、余力のある週は週4日稼働」のように、自身の予定に合わせて副業の量を調整しやすいです。

DAI
週1〜2日からOKの案件は非常に人気が高いので、早めに応募するよう心がけましょう!

④フルリモート案件があるか

4つ目の基準は「フルリモート案件はあるか」です。

副業はかなり限られた時間で取り組まなければならないので、無駄な時間をできるだけなくすことが重要になります。

フルリモート対応の案件であれば、通退勤の時間がゼロになるので、副業に充てる時間やプライベートの時間を増やせます。

DAI
稼働日数同様、リモート案件も非常に人気が高いので、新着案件をこまめにチェックするようにしてください!

⑤高単価な案件が多いか

5つ目のチェックポイントは「高単価な案件が多いか」です。

報酬は案件によって大きく変わります。

同じくらいの業務量・難易度でも、単価が倍近く違うことも珍しくありません

とはいえ、どのくらいの単価が「高単価」に該当するのか、よくわからない人が大半でしょう。

DAI
そこでおすすめなのが、複数のエージェントに登録して、案件を比較検討することです!

実際の案件を比べることで、相対的に条件の良いものを見つけられます。

おすすめの副業エージェントはこの後紹介しますので、ぜひ自分に合ったものに登録してみてください!

クリエイターの副業ができるおすすめエージェントやサイト

近年エージェントの数が急激に増えていることもあり、「どのサイトを選べばいいかわからない」という人も多いでしょう。

ネットで頻繁におすすめされているエージェントが、あなたに最適とは限りません。

エージェントを使う目的によって、適切なサービスは変わってくるからです。

そこで今回は、クリエイターにおすすめな副業エージェントを4つに絞って紹介していきます!

  1. レバテッククリエイター
  2. ITプロパートナーズ
  3. テクフリ
  4. レバテックフリーランス
公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

※2022年10月時点、各公式HPより

DAI
順番に見ていきましょう!

レバテッククリエイター

 レバテッククリエイター公式サイト:https://creator.levtech.jp/

対応可能地域 ※現在は電話でのリモート対応可 (2022年10月現在)
東京,神奈川,千葉,埼玉,大阪
求人数 1,251件(2022年10月7日時点)
強み ゲーム・Web業界のクリエイターに特化
職種 フロントエンドエンジニア、Webデザイナー、
イラストレーター、シナリオライター、
Webディレクター、グラフィックデザイナーなど
おすすめな人 ・独立して年収を上げたいクリエイター
・高単価案件を求めているフリーランスクリエイター
公式URL https://creator.levtech.jp/

レバテッククリエイター公式サイト:https://creator.levtech.jp/

レバテッククリエイターは、クリエイターに特化したフリーランスエージェントです。

DAI
他のエージェントと比べ、クリエイティブ系のディレクター職が豊富にあります。クリエイティブ系のスキルをお持ちの方は登録するのにおすすめです。

レバテッククリエイター最大の魅力は、取り扱っている案件が豊富なことです。

スタンダードな常駐型案件のほか、最近ではリモート勤務可、週3稼働可などの案件も増えています。

案件獲得のサポートをしてくれるコーディネーターも専門性が高く、案件のトレンドや業界の事情にも精通しています。

単価や参画日などの交渉をしてくれるなど、サポートの質も折り紙付きです。

DAI
フリーランスでも安定して働きたいクリエイターの方は、とりあえずレバテッククリエイターに相談してみることをおすすめします。

無料登録して案件をみる(公式サイト)

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,297件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年10月7日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1〜2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

ITプロパートナーズの公開求人数は、エンジニア・デザイナー・マーケターなど幅広い職種で業界最多水準です。

他のエージェントの場合、以下のような特徴があり、デザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 案件数が少なかったり、利用可能地域が都市部だけに限定されている

一方のITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高いです。

DAI
そのため、まずはリモートや週1〜2日から仕事を始めてみたいというデザイナーや、マーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

テクフリ

画像はテクフリ公式サイトより引用:https://freelance.techcareer.jp/

DAI
テクフリは中間マージン10%からの案件があるエージェントです。エンジニア向け案件が多いですが、デザイナーやディレクター向けの案件も取扱があります。
運営会社 株式会社アイデンティティ
求人数 11,212件
マージン率 10%〜
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週2、3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年10月7日時点・公式サイトより引用/算出

テクフリは、個人では受注が難しい有名企業の高単価な案件の取扱実績があります。

運営元である株式会社アイデンティティは、複数のIT人材派遣事業をおこなっているため、IT・Web系企業とのパイプも太いです。

手厚いユーザーサポートも特徴で、下記のように細やかなサービスが受けられます。

  • 独自の案件マッチングシステムでスキルとのマッチ度が高い案件を紹介
  • 1人につき2人のスタッフがついて案件獲得をサポート
  • 企業との面談前にはエージェントが面談対策をしてくれる
DAI
自分に合った高単価案件を探したいというクリエイター必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

レバテックフリーランス

画像はレバテックフリーランス公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
求人数 42,371件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

※2022年10月7日時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

※2022年10月7日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年10月7日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは業界最多水準で、公開されている案件だけで2,468件ありました。

※2022年10月7日時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

他のフリーランスエージェントと比較しても、以下の職種の案件が最も多いです。

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

またレバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」です。

非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため公に公開することはせずに、担当者が直接依頼する形をとるため、非公開の求人が多いです。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかがわかります。今すぐフリーランスになるかどうかわからなくても、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

クリエイターの副業するために必要な準備

副業案件を探し始める前に、やっておきたい準備が2つほどあります。

  1. 実務経験・スキルを棚卸ししておく
  2. 副業案件を探すためのサイトに登録しておく
DAI
特に1つ目の準備は超重要です!順番に詳しく解説していきます。

実務経験・スキルを棚卸ししておく

1つ目の準備が「実務経験・スキルの棚卸し」。棚卸しは「整理・洗い出し」といった意味です。

今まで自分がやってきた業務の内容や、そこで身についたスキルを言語化していきましょう。

というのも、あなたにどのような経験とスキルがあるかわからないと、クライアント側は「本当にこの業務に対応できるのかな……」と不安に感じてしまうからです。

たとえば、一言に「デザインの経験があります!」と言っても、サイトデザインの制作なのかクリエイティブの作成なのかによって、狙うべき案件は変わってきますよね。

DAI
自分ではわかっているつもりでも、クライアントには伝わりません!必ず経験とスキルを言語化し、他の人に説明できるよう準備しておきましょう。

副業案件を探すためのサイトに登録しておく

スキルと経験を整理できたら、いよいよ副業案件を探すためのサイトに登録していきます。

繰り返しになりますが、複数の副業エージェントに登録することがおすすめです。

複数を利用することには以下のようなメリットがあります。

  • より多くの案件を比較検討できる
  • 自分に合ったエージェントがわかる
  • 理想的な案件に出会える可能性が高まる
DAI
エージェントへの登録・利用は無料です。何個使ってもリスクはありません!

クリエイターの副業案件にはどんなものがある?

具体的にはどのような業務を行うのか、イメージがついていない人も多いでしょう。

そこでここからは、クリエイターの副業案件にはどのようなものがあるか、実際の案件を見ながら紹介していきます。

今回は以下の4つの職種に分けて、実際の案件を紹介します。

  1. Webデザイナー
  2. Webディレクター
  3. UI/UXデザイナー
  4. グラフィックデザイナー
DAI
順番に紹介します!

Webデザイナー

引用:レバテッククリエイター ※2022年10月8日現在の案件です。現在は公開終了している可能性があります

エンタメ系サービス(NFT関連)のWebデザインをゼロベースから担当できる案件です。

業務委託でプロジェクトのスタートメンバーに入れるのは貴重な経験になります。

求められる経験は「Webデザイン経験」「アプリのデザイン経験」とややざっくりしています。

しかし「0→1のグロース経験」とあることから、プロジェクト全体をまたがる大規模なデザイン経験が求められていると推測できます。

DAI
単価も月最大70万円と非常に高いです!経験豊富なデザイナーはぜひこういった案件にチャレンジしてみてください。

Webディレクター

引用:レバテッククリエイター ※2022年10月8日時点の案件です。現在は公開終了している可能性があります。

エンタメ系プラットフォームの開発ディレクター案件です。

具体的には用件定義やマーケティング、プロダクトの改善などを行います。

求められるスキルは下記とあるため、ワーカーやプロジェクト全体をまとめあげた経験が重視されるといえます。

  • Webサービスのプロダクトマネジメント経験
  • 独自サービス開発組織のマネジメント経験
DAI
案件によっては裁量の大きいプロジェクトに関われるチャンスも!ぜひ複数のエージェントで探してみましょう。

UI/UXデザイナー

引用:レバテッククリエイター ※2022年10月8日時点の案件です。現在は公開終了している可能性があります。

近年需要が高まっている「UI/UXデザイナー」の案件です。

社内システムのユーザー体験をデザインする業務になります。

デザインやシステム設計、コミュニケーションスキルが要求されます。

DAI
UI/UXの案件は高単価なものが多いです!デザイナーならぜひ挑戦しておきたいところですね。

クリエイターの副業案件を行うメリットは?

正直、クリエイターの副業で稼ぐのはとても大変です。

本業後の時間をさらに仕事に費やす必要があるため、精神的にも肉体的にも決して楽とはいえません。

しかしクリエイターの副業には、そのハードさ以上のメリットがあります。

ここからは、クリエイター副業の3つのメリットを紹介します。

  1. 収入が増える
  2. スキルアップにつながる
  3. 人脈を広げておくことができる
DAI
順番に解説していきます!

収入が増える

副業の最大のメリットは「収入が増えること」です。

みなさんの中にも、収入アップを目的として副業にトライしようとしている人が大半なのではないでしょうか?

正社員は会社が定めたルールに基づいて報酬が支払われるので、どんなに活躍をしても収入がいきなり大きく上がることはありません。

しかし副業であれば、理論上は「頑張れば頑張るほど」収入が上がります。企業の看板ではなく、自分の名前を使って働く必要があるからです。

DAI
「収入は伸びづらいが安定感のある本業」と「不安定だが爆発力のある副業」を組み合わせることで、収入の最大化を目指せます!

スキルアップにつながる

副業の2つ目のメリットは、スキルアップにつながることです。

「本業と同じスキルで副業をしても、別にスキルが上がるわけではないのでは?」と感じた人もいるかもしれません。

ですが、同じスキルであっても、違う会社・業界では全く通用しないこともあります。

さまざまな場所で経験を積むことで、汎用性の高いスキルが育っていくのです。

たとえば広告のデザイナーの場合、教育業界とメーカーではターゲットの属性が大きく異なるので、求められるスキルや視点も変わってくるでしょう。

DAI
本業に軸足を置きながらさまざまな場所で経験が積めるのは、副業の大きなメリットです。

人脈を広げることができる

副業に取り組むことで、人とのつながりが大きく広がります。

人脈が広がることには、以下のようなメリットがあります。

  • 業界の最新情報を知れる
  • 他の案件を紹介してもらえる可能性がある
  • 将来独立したときに仕事に困らない
DAI
今のうちから人脈作りに注力することで、後々転職したくなったときに選択肢が増える可能性が高いです。

クリエイターで副業するデメリットって?

クリエイターの副業にはメリットだけでなく、いくつかのデメリットも存在します。

事前にデメリットを把握し、適切な対処をしていきましょう。

  1. 本業との兼ね合いが難しくなる
  2. 休みが取れなくなる
DAI
順番に見ていきましょう!

本業との兼ね合いが難しくなる

副業における最大のリスクは、本業とのバランスが崩壊してしまうことです。

特に副業を始めたばかりの頃は、張り切って案件を取り過ぎてしまい、過剰労働になってしまいがち。

DAI
副業はあくまで「サイドワーク」。本業に支障の出ない範囲で取り組むべきです。

本業とのバランスの取り方を理解するために、最初はレベルが低めの小さな案件から受注し始めましょう。

休みが取れなくなる

休みやプライベートの時間が減ってしまうことも、副業のデメリットの1つです。

「気づいたら週5連続で副業をしていた」「もう数ヶ月休んでいない」という人も多く見られます。

しかし、休養不足は本業と副業どちらのパフォーマンスも落とすことになるので、意識的にリフレッシュの時間を確保することが重要です。

DAI
おすすめは、副業に割く時間の限度をあらかじめ決めておくこと。

たとえば「平日は3時間まで」「休日はどちらか1日だけ副業に充てる」などです。

仕事とプライベートにメリハリをつけることを意識しましょう。

クリエイターの副業案件や単価の目安

クリエイター副業の単価の相場を、実際の案件を見ながら紹介していきます。

  1. 週1勤務の場合
  2. 週3勤務の場合

週1勤務の場合の品質管理副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ ※現在は公開終了しています。

週1日稼働OKの案件です。

週1の場合は報酬10〜15万円に設定されている案件が多かったです。

例の案件では、プロダクトのUI/UXを改善するデザイナーを募集しています。

「プロダクト体験に関わる領域全般のリード」とあるように、デザインスキルだけでなく、チームを引っ張ったり自分から新しい提案をしたりすることが求められています。

DAI
週1日OKの案件はクリエイターから大人気!見つけたら早めに応募するようにしましょう。

週3勤務の場合の品質管理副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ ※2022年10月7日時点の案件です。現在は公開終了している可能性があります。

週3日稼働案件の報酬にはばらつきがあり、20万円のものから50万円のものまで見られました。

例として取り上げた案件では、ソーシャルゲームのUXデザイナーを募集しています。

ゲーム業界でイラストツールを3年以上使った経験が求められているため、専門度の高いスキルが要求されると考えられます。

DAI
高いスキルを持っていれば、週3日からの稼働で40万円〜50万円も目指せます!

クリエイターの副業で収入を増やすポイント

先ほど、クリエイターの副業は「頑張れば頑張るほど収入が伸びる」と書きました。

しかし副業は時間にも労力にも限界があるため、「いかに労働時間を増やさず収入を伸ばすか?」を考える必要があります。

そこでここからは、クリエイターの副業で収入を伸ばすポイントを3つ、順番に解説していきます。

  1. 単価が安い案件は控える
  2. 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  3. エージェントを利用する場合はマージン率を確認する
DAI
順番に見ていきます!

単価が安い案件は控える

収入に直結するのは、やはり単価の高さです。

自分のレベルに見合わない単価の案件は控えるようにしましょう。

副業を始めたばかりの人は、「自分はまだまだ経験が浅いから、安くても実績をつけることを優先しよう」と考えがち。

ですが、大切なのは経験の豊富さよりも、その案件に対応できるスキルがあるかどうかです。

DAI
単価の高い案件に対応できるスキルがあるなら、副業経験の豊富さは重要ではありません!

ただし、実務経験の有無は大切です。

現時点でスキルや経験年数が足りていない場合は、安価な案件で実績を積むことも欠かせません。

複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

案件の相場感を把握するには、複数のエージェントを使ってみるのがよいでしょう。

エージェントでは、あなたのスキルに対してアドバイザーが市場価値の高さを判断してくれます。

複数のサービスに登録してスキルを相見積もりしてもらうことで、自分の客観的なレベルを把握できます。

DAI
スキルの高さは明確に数値化することができません。だからこそ、複数の見積もりを取ってもらい比較することが大切です!

エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

エージェントを利用する場合は、マージン率(仲介料)をチェックしましょう。

副業に利用できるエージェントのマージン率は、10〜20%が一般的です。

DAI
マージン率が20%の場合、クライアントが50万円の仕事を依頼しても、利用者に支払われる報酬は40万円。せっかくならマージン率の低いエージェントを使いたいですよね。

とはいえ、ほとんどのエージェントはマージン率を公開していません。

そこでチェックすべきなのは、直接契約(エージェント以外に仲介企業を挟まない契約形態)かどうかです。

直接契約ならエージェント以外にマージンを引かれないため、高単価案件が豊富にあります。

クリエイターの副業を始める際の注意点

クリエイターの副業を始める際は、以下の4点に注意するようにしましょう。

  1. 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  2. スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  3. 副業可能か会社に確認する
  4. 確定申告が必要か確認する
DAI
順番に解説します!

土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

1つ目の注意点は「土日・平日夜の稼働が可能か確かめる」です。

繰り返しにはなりますが、本業以外の時間で稼働できる案件を受注するようにしましょう。

DAI
ベンチャーやスタートアップなど小規模の会社は、比較的柔軟に働ける案件を多く出している傾向があります!

スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

副業のスケジュールは、駆け出しの頃は特に徹底して管理しましょう。

副業を始めたばかりの頃は、稼ぐことよりも「副業をする生活に慣れること」に注力するのがおすすめです。

副業は長期的に取り組んでいくものなので、最初から大きく稼ごうとする必要はありません。

DAI
Googleカレンダーなどのオンラインツールを使って、副業タスクを箇条書きで書き込んでおくとよいでしょう!

副業可能か会社に確認する

そもそも前提として、本業の会社が副業の許可を出しているか確認する必要があります。

繰り返しになりますが、副業よりも本業の方が重要です。

本業に損失をもたらすような行為は絶対に控えましょう。

DAI
もし副業をしたいなら、副業OKの会社に転職するのも手ですね!

確定申告が必要か確認する

副業収入が年20万円を超えたら、自分で確定申告を行う必要があります

毎月の収益は必ず確認し、記録を取っておきましょう。

Freeeなどの会計ソフトを使っておくと、確定申告の際に便利です。

DAI
もし確定申告を怠ると、罰として追加徴税が課されることも……。結果的に損をするのは自分なので注意してください!

クリエイターの副業についてよくある質問

最後に、クリエイターの副業についてよくある質問をまとめました。ぜひ参考にしてください!

  1. 週何日から副業できる?
  2. リモートワーク可能な案件はある?
  3. クリエイター未経験で副業できる?
  4. クリエイターで副業するために必要な実務経験やスキルって?
  5. クリエイターの副業からフリーランスとして独立するには?

Q1. 週何日から副業出来る?

DAI
A:最短で週1日から副業可能です。

稼働日数が少ない案件は、短時間で一定の成果を出すことが求められるので、専門性の高いスキルが必要になる傾向があります。

また応募の集まりやすい案件でもあるので、新着案件をこまめに調べましょう。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
A:リモートワーク可能な案件もあります。

職種にもよりますが、IT系の業務であればリモートに対応しているものが多いです。

Q3. クリエイター未経験で副業出来る?

DAI
A:職種にもよりますが、基本的には厳しいです。

基本的に副業はプロとしての役割を求められます。

即戦力として活躍できなければ、案件を受注するのは難しいと考えた方がよいでしょう。

クリエイターとして副業したい場合は、会社員として実務経験を積むのが無難です。

Q4. クリエイターで副業するために必要な実務経験やスキルって?

DAI
A:作業者だけでなく、ディレクターやPMなどの経験があるとよいです。

実際に手を動かす業務の経験は必須ですが、プロジェクトをまとめたり人を管理したりする経験があると、案件の幅が広がります。

Q5. クリエイターの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
A:月収が10〜20万円を超えたら独立のタイミングです。

副業もフリーランスも、やるべきことや求められるレベルは変わりません。

そのためスキルより「収入」を基準にして、独立のタイミングを決めることがおすすめです。

具体的には、月収10万円〜20万円程度まで伸ばせたら安全に独立しやすくなります。

まとめ

今回はクリエイターの副業案件を選ぶ基準やおすすめエージェント、単価目安について解説しました。

クリエイターの副業案件は週2日稼働やフルリモートOKなものも多く、限られた時間で効率的に稼ぎやすいといえます。

応募条件や稼働時間を見比べたうえで、自分にマッチするものを選びましょう。

DAI
今回紹介した副業エージェントは下記の通り。無料で登録できるので、ぜひクリエイターの副業にチャレンジしてみてください!
クリエイターで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】レバテッククリエイター(公式:https://creator.levtech.jp/
Webデザイナー・ゲームの案件が得意。リモート・高単価な案件も多数取り扱っています。
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
休業補償など手厚い福利厚生あり!上場企業からの高単価案件も多数!
【第4位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!