最終更新日:
組み込みエンジニアで副業したい方におすすめのサイト3選
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
ハイスキルの方向け。週4日~以上、エンド直請、高単価案件を探す人におすすめのフリーランスエージェント。

「組み込みエンジニアのスキルを活かして、副業はできる?」

「組み込みエンジニアの案件はどこで探すのがおすすめなの?」

組み込みエンジニアの副業をするのであれば、以下の条件で案件を探したいですよね。

  • 週2~3日の稼働で働ける
  • リモートワークOK
  • 高単価
DAI
現状、上記の条件をすべて満たせる案件は多くありません。また、人気のある領域でもあるため倍率も高いでしょう。
DAI
組み込みエンジニアの副業案件を獲得したいなら、上記の5つのエージェントに登録しておくことをおすすめします!

自分に合った組み込みエンジニアの副業案件を見つけるためには、最低でも3つはエージェントに登録しておくとよいです。

注目度の高まりやすい案件は非公開になっていることも多いため、複数サイトに無料登録したうえで求人情報の傾向を把握しておきましょう。

今回紹介する副業案件を紹介するエージェントの詳細を以下にまとめているので、ぜひ参考にしてください!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

※各公式HPより

DAI
この記事を読んで組み込みエンジニアの副業にチャレンジし、あなたの理想とする生活を実現してくださいね!

目次 (PRも含まれます)

組み込みエンジニアの副業案件を探す基準

組み込みエンジニア案件には稼働時間帯や報酬形態、働く場所など、さまざまな労働条件が設定されていることがほとんどです。

DAI
本業とのバランスをとって働ける、サイドワークとしてぴったりな案件を探すことが大切ですよ。

ここでは、組み込みエンジニアの副業案件を探し、選択するうえで押さえておきたい5つの基準について解説していきます。

  1. クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  2. 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  3. 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  4. フルリモート案件があるか
  5. 高単価な案件が多いか
DAI
順番に解説していきます!

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

DAI
クラウドソーシングは低単価案件が多い傾向にあるため、良質な案件を多く取り扱っている副業エージェントを使って副業案件を獲得するのがおすすめの手法です。

また、業務委託で副業をする場合、契約形態は「請負契約」「準委任契約」のいずれかになることも覚えておきましょう。

それぞれの契約形態に関しては、以下を参考にしてください。

  • 請負契約:完成した仕事に対して報酬が支払われる。成果報酬。
  • 準委任契約:稼働時間に対して報酬が支払われる。時給制。
DAI
結果に対して報酬をもらう請負契約に対して、準委任はプロセスに対して報酬が発生する形態であることを覚えておきましょう。

クラウドソーシングの場合は請負型の案件が多く掲載されていますが、下記に掲載しているように労働量に反比例して報酬が非常に安く設定されているものが多いのも現状です。

  • 納品物に対して何度も曖昧な修正依頼を出され、時給換算にすると500円程度
  • 推定工数が100時間以上かかるのに、報酬が5万円程度

また、クラウドソーシングの準委任契約の案件も、時給が1,000円前後と決して高くないものが多い傾向にあります。

組み込みエンジニアとして活躍できるスキルがあれば、低単価案件が多いクラウドソーシングよりも、準委任契約を多く掲載している副業エージェントを利用しましょう。

DAI
業務内容が同じなのに、報酬が倍近く異なることも少なくありません。副業は限られた作業時間で行うものなので、短い時間でより効率的に稼げる案件の獲得を目指したいですよね。

また、副業エージェントは高単価案件が豊富であることのほか、以下のようなメリットがあるのも特徴です。

  • 会社員並みの福利厚生を用意しているサイトもある
  • 営業や契約手続きを代行してくれるので余計な工数を減らせる
  • 案件の契約期間が終わった後に代わりの案件を紹介してくれる
DAI
副業エージェントであれば、はじめて副業する方でも安心して案件を獲得できます!後述しているおすすめエージェントを参考に、自分にぴったりの案件を探してみてください。

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

土日・平日早朝・夜の稼働ができるかどうかも、案件を探すうえで重要なポイントとなるでしょう。

平日の日中以外に働ければ、本業やプライベートが忙しいときでも比較的柔軟に副業案件に取り組めます。

DAI
たとえば土日のみ稼働できる案件であれば、平日は本業とプライベートの時間に特化して過ごせます。本業の残業が多い人や、プライベートを充実させたい人におすすめしたい働き方です。

業務内容や報酬がどんなに魅力的でも、稼働したい時間がマッチしない案件には応募しないようにしましょう。

副業はあくまで、本業の収入を補助する役割を持つものである認識を忘れないようにしてください。

DAI
ちなみに、小さいスタートアップやベンチャー企業の出している副業案件には、比較的柔軟に働けるものが多い傾向にあります

③週の最低稼働日数が少なくてもよいか

稼働時間帯だけでなく、週に稼働できる日数について意識することも大切です。

DAI
副業案件を獲得する際は、週の最低稼働日数が少なめに設定されている案件を中心に探しましょう

なぜなら、最低稼働日数が少ない方が、本業との両立がしやすいためです。

とはいえ、あくまで「最低日数」であるため、スケジュールや自身のキャパシティに合わせて労働量を増やすことも可能です。

④フルリモート案件があるか

フルリモート案件があるかどうかも、組み込みエンジニアの副業を探す基準の一つです。

フルリモートの場合は通勤時間がかからないため、効率よく副業に注力できるでしょう。

プライベートの時間も確保しやすいため、さまざまな観点での充実を実現できます。

DAI
また、組み込みエンジニアの業務はフルリモートとの相性もよいため、比較的探しやすいといえるでしょう。

ただし、コロナ禍によりフルリモート案件の需要が高まっており、応募者も集中しがちであるため、気になる案件があったらすぐに応募することがおすすめです。

⑤高単価な案件が多いか

案件を探すサイトや企業によって、報酬に大きくの差が生じます。

同じ業務内容や必要スキルのレベルが変わらないのであれば、より高単価な案件を選びましょう。

DAI
実際、単価が倍以上違う案件でも、業務内容や負担に大きな差のない場合は少なくありません

特に、スタートアップ企業・ベンチャー企業と大手企業の違いを押さえておくことで、より単価の高い案件を獲得しやすくなるかもしれません。

  • スタートアップやベンチャー企業:人件費を抑えるため比較的単価が安い傾向裁量を持って仕事できるケースが多い
  • 大手企業:高単価案件が豊富。チャレンジングな業務はベンチャーに比べると少なめ

自分のスキルレベルや案件ごとの業務内容を比較しながら、なるべく高単価な案件に特化してアプローチしましょう。

組み込みエンジニアの副業ができるおすすめエージェントやサイト

組み込みエンジニアの副業案件を探すのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの希望する働き方や仕事内容にマッチする案件を紹介してくれるでしょう。

稼働日数や単価などの相談も気軽にできるので、一人よりも効率的に仕事を見つけることが可能です。

ここでは、組み込みエンジニアの副業案件を探すのに適したエージェントを3つ紹介します

DAI
どのエージェントも無料で登録・利用できるので、まずはすべて登録してしまっても問題ありません。
公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

※各公式HPより

ITプロパートナーズ|週1〜2日・リモートOK案件を保有

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズ」は、リモートワークの働き方に興味があり、ベンチャー企業やスタートアップで副業の案件を獲得したい人におすすめのエージェントです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,091件(2023年7月19日時点)
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

ITプロパートナーズの主な特徴は、以下2つです。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、直請案件が多いことから他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

ほとんどのフリーランスエージェントはマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価の良し悪しを事前に判断することが難しいのが現状です。

DAI
『直請案件』の有無や数は、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標として重要となります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しやすいこともあり、報酬の中抜きが発生しないIT プロパートナーズは非常に魅力のあるエージェントといえるでしょう。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの魅力に、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点が挙げられます。

他のフリーランスエージェントは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、常駐案件が多いのも特徴です。

ITプロパートナーズにはリモート勤務可能な案件も多いため、自身の理想とする生活スタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また、直請け案件ならではの高単価も、ITプロパートナーズの魅力といえます。本業は自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方を実現することも可能です。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

HiPro Tech|週3日〜の高単価案件が充実

公式:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

IT・テクノロジー領域に特化したHiPro Techは、週3日から在宅で働きたいエンジニアにおすすめのエージェントです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 1,106件(2023年7月19日時点)
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

HiPro Techの主な特徴は、以下に挙げる3つです。

  • リモートワーク可能・週3日からOK案件多数、柔軟な働き方ができる
  • 高単価案件、収入アップも目指せる
  • 契約後のサポート体制が充実している

リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techはリモートワーク可能な案件に加えて、週3日からの案件も多数取り扱っています。

一般的に、エンジニア求人の稼働条件は「週5日~・常駐勤務」がほとんどです。

そのため、時間や場所にとらわれず副業をしたい方にとって、リモートワーク可能・週3日からOKという案件が多いHiPro Techはおすすめできるエージェントといえます。

DAI
リモート可能案件や、週3日稼働OKな案件も豊富に取り扱っている「HiPro Tech」は、自由な働き方がしたい方はもちろん、地方在住の方などさまざまな人におすすめのエージェントです。

中間マージンのない直請け案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、仲介会社を挟まずに案件を受注できる「直請案件」が豊富です。

直請案件であれば中間マージンが取られないため、その分案件単価が高くなる傾向にあります。

契約後も充実したサポート体制

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、転職サービスの「doda」などの人材サービスを運営する「パーソルグループ」により提供されているサービスです。

グループ会社として得た豊富な知識や実績を、HiPro Techならではの「サポート体制」として活かしています。

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techでは、以下に挙げる一貫したサポートを担当者から受けられます。

  1. 事前面談
    (希望条件、現在の活動状況、ライフプラン、現在の困りごと)
  2. 案件の紹介
    (経験やスキルの相性がよければ案件を相談)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結
    (契約から各種手続きまでをフォロー)
  5. 業務を始めた後のアフターフォロー

IT・テクノロジー領域に特化したエージェントということもあり、事前面談では専門性の高い面談を受けることが可能です。

DAI
理想の案件を探している方はもちろん、案件のミスマッチを避けたい方にもおすすめのエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

レバテックフリーランス|業界最高水準の案件単価

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方におすすめのエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 52,449件(2023年7月19日時点)
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

レバテックフリーランスの主な特徴は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、業界最高水準の高単価案件を数多く取り揃えています。

レバテックフリーランスの案件は、ほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者にマージンを取られることがないため、高い報酬を得ることが可能です

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることが可能です。

DAI
また、誰がどの案件をサポートしたかも把握しやすいため、安心して相談できるでしょう。

案件数が多い

レバテックフリーランスでは、エンジニアの案件を数多く取り扱っています。

特にエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

注意:レバテックフリーランスでは経験者向けの週4日以上稼働案件を多く取り扱っており、週3日以下稼働の副業可能な案件については高いスキルと実務経験が必須です。エンジニア未経験の方や現在会社員の方への副業は紹介できませんのでご注意ください。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

組み込みエンジニアの副業をするために必要な準備

ここでは、組み込みエンジニアの副業にトライするうえで進めておきたい2つの準備について解説します。

  1. 実務経験・スキルを棚卸しておく
  2. 副業案件を探すためのサイトに登録しておく
DAI
上記2つの準備を進めておかないと、自分に合った案件の獲得が難しくなってしまうので、注意してください。

実務経験・スキルを棚卸ししておく

組み込みエンジニアに関連する実務経験やスキルは、事前に言語化しておきましょう。

一口に「組み込みエンジニア」といっても、業務範囲は多岐にわたります。

DAI
「組み込みエンジニアとしての経験があります!」という理由のみでは、クライアントに対してどのように貢献できるかが伝わりません。

そのため、組み込みエンジニアの経験やスキルを以下のように細分化し、それぞれに紐づいた経験を詳しく書き出すことが大切です

  • プログラミングスキル
  • コンピューターの仕組みの知識
  • 電子基盤・電気の知識
  • ソフトウェア・ハードウェアの知識
  • 語学力
  • 基本情報・応用情報技術者試験合格
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験合格
  • OCRES
  • ETEC

たとえば「プログラミングに関する3年間実務経験がある」「基本情報・応用情報技術者の資格を持っている」などです。

副業案件を探すためのサイトに登録しておく

次は、組み込みエンジニアの副業案件を探せるサイトやエージェントに登録しておきましょう。

あらかじめ複数のエージェントやサイトを利用できる状態にしておけば、急に案件が中止になって慌てて次の仕事を探さないといけないという場合でもすばやく動きだせます。

DAI
組み込みエンジニアの副業案件探しには、先ほど紹介したエージェントを利用するのがおすすめです!無料で登録できるので、気になるエージェントはすべて登録しておきましょう

組み込みエンジニアの副業案件や単価相場

組み込みエンジニアの副業案件には、どのようなものがあるのかイメージができていない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、実際にどのような組み込みエンジニア案件が公開されているのか見てみましょう。

なお、現段階で募集を終了している案件でも、募集が再開する可能性もあるため市場の状況を把握する意味で参考にしてください。

組み込みエンジニアの案件例①

案件名
【C言語/C++】組み込み系ソフトウェア開発の求人・案件
月額単価800,000円/月
職務内容・組み込み系ソフトウェア開発に携わっていただきます。
・主に下記作業をご担当いただきます。
 ‐電気自動車用充電器の周辺デバイスやファームウェア開発
 ‐IoT基盤の開発や技術研究
求めるスキル・組み込みの業務経験3年以上
・Gitを利用した開発経験
・C言語を用いた開発経験
・C++を用いた開発経験歓迎スキル・製品開発の一通りの業務経験
・IoT系の業務経験
・基板を起こす段階からの開発経験
・リアルタイムOSの業務での利用経験
・オシロスコープの業務での利用経験
案件URL【C言語/C++】組み込み系ソフトウェア開発の求人・案件 
(2024年02月26日 現在)

組み込みエンジニアの案件例②

案件名
【C++/Linux】AI運転補助システムにおける組み込みエンジニアの案件・求人
月額単価〜900,000円
職務内容■ミッション
【課題】
・採用のスピードアップのため

【想定業務内容】
自社の組込みソフトウェアエンジニアとして下記の業務をお願いします。

・画像認識処理の最適化(CUDA、TensorRTなど)
・運転ワーニング用アルゴリズムの開発
・自社開発製品ピレニードライブのソフトウェアの開発
・自社開発製品ピレニードライブのUI、UXの設計、開発
・その他ペリフェラルデバイスのファームウェア、デバイスドライバ関連開発、評価
求めるスキル必須スキル:
・Linuxでデーモン、サービス、アプリのいずれかをC++/C言語で開発した経験
・組み込み系の開発実務経験3年以上程度

■尚可スキル:
・組み込みLinux機器のQtなどによるUI開発経験
・TCP/IP・HTTP 等のネットワークプロトコルについての基礎知識
・製品開発経験
・車載系機器に関するUIの基礎知識
・Linuxに関わる基礎的な知識(Kernel、デバイスドライバ等)
・ターゲットボード(Armコア)へのOSSのポーティング経験
・Jetson環境(L4T)に関する知識
・光学系センサーに関する知識

■求める人物像:
・自ら意志を持ってプロダクトの改善提案を進められる方
案件URL【C++/Linux】AI運転補助システムにおける組み込みエンジニアの案件・求人 
(2024年02月26日 現在)

上記の案件はあくまでも一例なので、自分のスキルに合わせて案件を探してみてください。

DAI
公開案件に自分のスキルがなさそうでも諦めないでください。エージェントに登録することで非公開案件が見られるようになりますよ。

組み込みエンジニアの副業案件を行うメリットは?

本業がある中で、プライベートの時間まで仕事に使うことは決して楽なことではありません。

組み込みエンジニアは専門知識が必要な領域であるため、なおさらでしょう。

しかし、組み込みエンジニアの副業案件に取り組むことで、下記のメリットが期待できます。

  1. 収入が増える
  2. スキルアップにつながる
  3. 人脈を広げることができる
DAI
組み込みエンジニアの仕事を副業で行うのは、大変な分得られるものも豊富です。

収入が増える

副業することで本業以外での報酬を得られるため、収入を増やせます。

また副業には、収入の天井がないメリットもあります。

副業は企業に雇われない働き方であるため、努力が収入に反映されやすいでしょう。

組み込みエンジニアの高いスキルを保有しているのであれば、本業以上の収入を副業で稼ぐことも可能です

案件によっては、1社との取引のみで本業以上の報酬を得られることもあります。

スキルアップにつながる

組み込みエンジニアの案件は、プロとしての役回りを期待されることが多いため、業務を通してスキルが向上しやすいでしょう。

業務内容は同じでも、本業とは違った業界の仕事に挑戦できるのが副業の魅力です。

業務内容の異なる組み込みエンジニアの案件に取り組むことで、ジャンルや分野を問わず活躍できるスキルを持ったエンジニアとして活躍できるようになるかもしれません。

人脈を広げることができる

人脈を広げられるのも、組み込みエンジニアの副業案件に取り組むメリットです。

人脈が広がれば、良質な案件に携われたり、待遇の良い企業に転職できたりする可能性があります。

  • 求人には出ていない良質な案件を紹介してもらえる
  • 副業先の会社からスカウトされる
  • 組み込みエンジニアの最新情報を収集しやすくなり、業務に活かせる

組み込みエンジニアの競争は、年々苛烈さを増しておます。

そのため、いかに新しい情報を手に入れて実行するかが重要です。

DAI
人脈を広げて組み込みエンジニアのプロから直接情報を集めることで、質の高い知識や経験を身につけられる可能性が高いでしょう。

組み込みエンジニアで副業するデメリットって?

組み込みエンジニアの副業案件に取り組むことは、メリットだけでなくデメリットもいくつかあります。

ここでは、組み込みエンジニアの副業案件に取り組む、以下2つのデメリットについて紹介します。

  1. 本業との兼ね合いが難しくなる
  2. 休みが取れなくなる
DAI
デメリットを把握し、あらかじめ対策を練っておくことでより充実した副業生活を送れるでしょう。

本業との兼ね合いが難しくなる

副業の稼働時間やタスクを管理しておかないと、本業とのバランスが崩れてしまう可能性があります

DAI
まずは数時間でこなせる案件を確保し、副業をこなす生活に慣れることから始めてみてください。

副業に慣れつつ、徐々に案件数を増やしたり、レベルの高い案件にトライしたりするのがおすすめです。

休みが取れなくなる

仕事以外に費やす時間を確保しにくくなるのも、副業案件に取り組むデメリットです。

特に、副業を始めたばかりの時期は作業量と品質のバランスを保つことも難しいため、休日でも仕事に時間を取られることも少なくありません。

DAI
休みを確保するには、副業に費やす時間をあらかじめ決めたうえで、メリハリをつけて働くことが大切です。

組み込みエンジニア案件の副業で収入を増やすポイント

副業は専業フリーランスと比べて、業務に費やせる時間や日数が少ない点が懸念されます。

そのため、短時間・短期間でどれだけ効率的に稼げるかが重要視されるでしょう

ここでは、組み込みエンジニアの副業案件で収入を増やすためのポイントを3つ紹介します。

  1. 単価が安い案件は控える
  2. 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  3. エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

単価が安い案件は控える

収入にもっとも直結するのは、案件の単価です。

同じ難易度・業務内容の案件でも、クライアントによって単価が大きく異なることも珍しくありません。

DAI
そのため、手当たり次第に応募するのではなく、単価の観点で案件を見極めたうえで応募しましょう。

複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

複数のエージェントに登録しておくことで、自分のスキルを客観的に見極めることが可能です。

自分のスキルや経験の市場価値を把握するきっかけにもなり、かつ自分にマッチする案件に出会う可能性も高まるでしょう。

DAI
また、自分のスキルをより高く評価してくれるエージェントを選択すれば、高単価かつ条件の合う案件を獲得しやすくなります。

エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

エージェントを利用する場合は、マージン率(仲介料)を事前に確認し、把握しておきましょう。

副業案件を獲得できるエージェントのマージン率は、10〜20%程度が一般的です。

たとえばマージン率が20%の場合、クライアントが100万円の仕事を依頼しても、利用者に支払われる報酬は80万円です。

とはいえ、ほとんどのエージェントはマージン率を公開していません。

そこで、エージェント以外に仲介企業を挟まない契約形態の直接契約の案件かどうかチェックしておきましょう。

直接契約であれば中間マージンを引かれないため、高単価案件を獲得できる可能性が高まります。

DAI
レバテックフリーランスITプロパートナーズなどは直接契約の案件が多いため、良質で高単価な案件を獲得できるでしょう。

組み込みエンジニアの副業を始める際の注意点

組み込みエンジニアの副業を始める際は、以下に挙げる4つに注意することが大切です。

  1. 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  2. スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  3. 副業可能か会社に確認する
  4. 確定申告が必要か確認する
DAI
それぞれについて、詳しく解説します。

土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

案件選びの基準でも触れましたが、土日・平日夜の稼働がOKな案件かどうか確認しておきましょう

土日の稼働ができない案件だと、本業との両立は難しくなるでしょう。

土日と平日夜、どちらも稼働できない案件は、副業ではなくフリーランスを対象とした案件として捉えれておくほうがよいかもしれません。

DAI
単価や業務内容に魅力があっても、稼働しやすい条件ではないものは応募しないようにしましょう。

スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

まずは、副業をこなすために負担のかからないスケジュールを立ててください。

DAI
自分のキャパシティを超えた業務量を請け負ってしまうと、副業としての成果を上げられないばかりか、本業のパフォーマンスも落ちてしまうでしょう。

まずは小さい範囲から副業を始め、本業との兼ね合いを見て徐々に取り組む案件を拡大していくのがおすすめです。

本業の収入が安定して入ってくるのであれば、最初から焦って無理に稼ごうとするのは避けましょう。

DAI
副業を始めて数ヶ月の間は、報酬よりも仕事に慣れ、質を確保することを大切にしてください

副業可能か会社に確認する

本業の会社が副業を容認しているのかどうか、事前に確認しておくことが大前提です

副業が禁止されている企業に勤めているのであれば、規定に背いてまで副業案件に取り組むことは避けるべきです。

DAI
副業がバレても解雇になることは少ないものの、会社からの信用を失いかねません。

民間企業の規則はそれぞれ異なりますが、公務員である場合は原則副業禁止です。

一部認められるケースもありますが、副業をすることで解雇になる可能性があります。

また、副業が可能な企業でも、以下に該当する行為は控えてください。

  • 本業企業の競合に加担する副業
  • 会社の業務に明らかに支障をきたす副業
  • 風俗や暴力団など社会的信用を損ねる副業
DAI
あくまでも、優先すべきは本業であることを忘れてはいけません!

確定申告が必要か確認する

副業の収入が年間20万円を超えた場合、自分で確定申告を行わなければなりません。

DAI
正社員であれば会社が税金を計算してくれますが、個人で副業に取り組む場合は自分で計算・納税してください。

以下の準備を進めておくと、確定申告の負担を減らせるでしょう。

  • 生活口座とは別に、副業専用の口座を用意する
  • 副業に関する出費は経費にできるので、領収書をとっておく
  • 会計ソフトなどを使用して取引を記録する

確定申告を期限までに終わらせられなかった場合、延滞税を徴収される恐れがあります。できるだけ早めに提出できるよう、計画的に進めていきましょう。

組み込みエンジニアの副業についてよくある質問

最後に、組み込みエンジニアの副業についてよくある質問をまとめています。

  1. 週何日から副業できる?
  2. リモートワーク可能な案件はある?
  3. 組み込みエンジニア未経験で副業できる?
  4. 組み込みエンジニアで副業するために必要な実務経験やスキルって?
  5. 組み込みエンジニアの副業からフリーランスとして独立するには?

上記の質問の回答を、順番に紹介します。

Q1. 週何日から副業できる?

DAI
週2から副業可能です。

ただし、週2から勤務可能な案件は人気が高い傾向にあるため、見つけたらまずは応募するよう心がけましょう。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
A.組み込みエンジニアはリモートワークと相性のよい業務です。そのため、リモートワークで稼働可能な案件は豊富にあります。

ただし、専門知識が必要な領域だとクライアントとのミーティングが多くなりやすいため、場合によっては出社を求められることもあるでしょう。

Q3. 組み込みエンジニアの副業は未経験でもできる?

DAI
A.組み込みエンジニアの案件は、未経験での就業が難しいといえます。

実際の求人欄を確認してみても「組み込みエンジニアの実務経験◯年以上」と記載されていることがほとんどです。

組み込みエンジニア未経験で副業を始めるなら、まずは次のことを実施しましょう。

  • 正社員として組み込みエンジニアの実務経験を積む
  • クラウドソーシングで安価な組み込みエンジニアライティング案件にトライする
DAI
案件によって求められるスキルも若干変動するため、経験年数だけでなく会得するスキルにも目を向けておきましょう。

Q4. 組み込みエンジニアの副業に必要な実務経験やスキルは?

DAI
A.基本的に副業は「実務経験のある業務の案件のみ獲得できる」と考えておくのが無難です。

クライアントは、組み込みエンジニアのプロと認識したうえで、仕事を依頼することがほとんどであるためです。

副業で参画するエンジニアに対し、クライアントは教育コストをかけることはないでしょう。

即戦力として参画できるよう、ある程度の知識や経験は身につけたうえで案件を探すのがおすすめです。

Q5. 組み込みエンジニアの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
A.副業からフリーランスとして独立するのに適したタイミングは、副業の収入が本業の収入を超えたときです。

ただし、フリーランスは安定性に欠けることがデメリットであるため、リスク回避も考えながら独立を考えなければなりません。

DAI
独立したと同時に副業案件の契約が終了してしまい、収入がなくなってしまうことは避けなければならないでしょう。独立する前には、複数のクライアントと契約を結んでおくことで安心できます

まとめ

今回は、組み込みエンジニアの副業案件を選ぶ基準やおすすめの転職エージェント、単価の目安や注意点について解説しました。

組み込みエンジニアの副業案件は、週2日稼働やフルリモートOKなものも多く、限られた時間で効率的に稼げる領域といえます。

応募条件や稼働時間を比較したうえで、自分にマッチする案件を選んでアプローチしましょう。

DAI
今回紹介した副業エージェントは下記の通りです。すべて無料で登録できるので、組み込みエンジニアの副業にチャレンジするきっかけにしてみてください!
組み込みエンジニアで副業したい方におすすめのサイト3選
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
ハイスキルの方向け。週4日~以上、エンド直請、高単価案件を探す人におすすめのフリーランスエージェント。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ