最終更新日:
Blenderの副業案件が見つかるおすすめサイト 4 選
【第1位】 レバテックフリーランス(公式: https://freelance.levtech.jp/
IT系職種の専門性が高く、単価水準も高いおすすめエージェント。
週4日〜稼働の案件が豊富(週3以内案件はハイスキル必須)
【第2位】 ITプロパートナーズ(公式: https://itpropartners.com/
週1~2日から稼働OK/平日夜・土日のみ稼働OK案件あり。
少ない稼働日数の在宅案件を探す方におすすめのエージェント。
【番外編】 エンジニアスタイル東京(公式: https://engineer-style.jp/
複数のエージェントの案件情報を一括検索できるサイト。
案件応募&面談でAmazonギフト券プレゼントも実施中(2022/11/12現在)。

「 Blender の副業案件はどこで探すのがおすすめ?」

DAI
この記事ではBlender を使用するデザイナー・クリエイター向けに、副業案件が見つかるおすすめのサービスを紹介します。

先に本記事の結論をお伝えします。

  • 実務経験のあるデザイナー・クリエイターなら、フリーランスエージェントでの案件探しがおすすめ
  • フリーランスエージェントなら営業や契約手続きを代行してくれる
  • まず登録すべきは案件数の多い、高単価・サポートが充実している「レバテックフリーランス
  • 週1・2日〜/土日・平日夜稼働など働きやすさ重視ならITプロパートナーズ

複数のフリーランスエージェントに登録することで、より好条件の案件を獲得しやすくなります。

DAI
今回ご紹介するサイトでBlenderの副業案件数を比較しています。参考にしてみてください!(表は左右にスクロールできます。)
公式サイト Blender案件数 稼働日数
(目安)
特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ★★★★★ 週3〜5日 ・ハイスキルの方向け
・エンジニア系案件に特化
専門性が高く、技術やキャリア相談もOK
案件数が多く、単価水準も高い
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ ★★★ 週1〜5日
平日夜・土日
週1日〜など稼働日数の少ない案件あり
副業できる在宅案件を探している人向け
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/ ★★★★★ 週2・3〜週5日 大量の案件を保有
・使用技術や志向など、こだわり条件検索に対応

2022年11月09日時点 の各社公開案件をもとに作成。

表の情報は公開求人の情報ですが、エージェント登録すれば非公開求人の情報を案内される場合があります。

DAI
エージェントが保有する求人はWeb上に公開されていない非公開求人が多いです。エージェントに無料登録して要望を伝えれば、自分の希望案件がみつかる可能性があります。

まずは 『レバテックフリーランス』などblenderの副業案件を多く保有しているサイトに複数登録し、希望に合った条件があるかをチェックしておきましょう。

DAI
本文では、「Blender副業案件を探す基準」や「Blender の副業案件のあるおすすめサービス」について詳しく解説していきます。

Blenderの副業案件を探すときの5つの基準

Blenderの副業案件を探す際には、5つの基準で各サービスを比較・検討しましょう。

  1. クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  2. 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  3. 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  4. フルリモート案件があるか
  5. 高単価な案件が多いか

それぞれ解説します。

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

Blenderの副業案件を探す際には、以下のサービスを利用することが一般的です。

  • クラウドソーシング
  • 副業エージェント

Blenderの実務経験がある方には、エージェントの利用をおすすめします。

  1. あなたの代わりにエージェントが単価交渉・営業業務を担当してくれる
  2. エージェントでは案件を提案してもらえる
  3. クラウドソーシングと比較してエージェントの方が高単価な傾向にある

3.クラウドソーシングとエージェントの単価の違いには、契約形態の違いが関係しています。

  • クラウドソーシング:請負契約
  • 副業エージェント:準委任契約

それぞれの契約形態は、以下のように報酬が支払われます。

  • 請負契約:成果物に対して報酬が支払われる
  • 準委任契約:稼働した時間に対して報酬が支払われる
DAI
たとえば、Blenderを用いたモデリング制作を案件単価1万円で請負契約します。10時間稼働した場合、時給換算にすると1,000円になったとします。しかし、準委任契約であれば、稼働時間に対して報酬が支払われます。

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

副業サービスを比較する際には、稼働できる時間帯の案件があるかどうかを確認しましょう。

本業のある平日昼間を除くと、副業は以下の時間帯に稼働することになります。

  • 土日
  • 平日早朝
  • 平日夜
DAI
土日稼働OKや平日夜のみ稼働OKの案件をお探しの方は「ITプロパートナーズ」がおすすめです。

③週の最低稼働日数が少なくてもよいか

副業案件サービスを比較する際は、少ない稼働日数で働ける案件を取り扱っているか確認しましょう。

一般的にエージェント案件は、週4~5日の最低稼働日数が設けられています。

長い稼働日数の案件を副業とした場合、本業との両立が難しくなる場合があります。

DAI
副業案件には、週1~3日から稼働OKなど少ない稼働日数から働ける案件がおすすめです。ITプロパートナーズ」では週1~2日から稼働OKの案件を取り扱っています。

④フルリモート案件があるか

Blenderの副業案件を探す際には、フルリモート案件を扱っているかどうかを確認しましょう。

フルリモート案件なら、本業終了後に会社付近での作業や自宅での作業も可能です。

DAI
「一部リモート」など案件によっては、ミーティングや定例会は出勤を求める場合もあります。遠方にお住まいなどの理由で出勤が難しい場合は、エージェント担当者や採用担当者に確認しましょう。

⑤高単価な案件が多いか

Blenderの副業案件を探す際には、扱っている案件の単価を確認しましょう。

高単価案件の取り扱いが多いサービスには、以下のような傾向にあります。

  1. 大手企業からの請負案件が多い
  2. 直請案件が多い
  3. マージン率が低い

ただし、一般的に③マージン率は非公開になっている場合が多いです。

そのため、①大手企業からの案件、②直請案件の多さ、2点が判断指標になります。

DAI
高単価な案件をお探しの方は、「レバテックフリーランス」の利用がおすすめです。

Blenderクリエイター向けの副業ができるおすすめエージェントやサイト

Blenderの案件におすすめのエージェントやサイトは、下記4つです。

  1. レバテックフリーランス
  2. ITプロパートナーズ
  3. エンジニアスタイル東京

以下の表では、4つのエージェントについて稼働日数の目安や特徴をまとめています。(表はスクロールできます。)

公式サイト Blender案件数 稼働日数
(目安)
特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ★★★★★ 週3〜5日 ・ハイスキルな方向け
・エンジニア系職種の案件に特化
専門性が高く、技術やキャリア相談もOK
案件数が多く、単価水準も高い
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ ★★★ 週1〜5日
平日夜・土日
週1日〜など稼働日数の少ない案件あり
副業できる在宅案件を探している人向け
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/ ★★★★★ 週2・3〜週5日 大量の案件を保有
・使用技術や志向など、こだわり条件検索に対応

※2022年11月時点・各公式HPより

それぞれのサービスを詳しく紹介します。

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、IT業界のエンジニア系職種に特化したフリーランスエージェントです。専門性の高いカウンセリングから自分に合った案件を探したい方におすすめのエージェントです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
ハイスキルの方向け。週4日以上〜、エンド直請、高単価案件を探す人向けおすすめフリーランスエージェント。

運営会社
レバテック株式会社
公開求人数
(現在募集中の案件)
2765件 (2023年02月01日現在)
blenderの
公開求人数
2件 (2023年02月01日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み・週2〜3日稼働の案件、リモート案件多数
・カウンセラーの専門性が高く、幅広く相談に乗ってくれる
・高単価な案件が多い
公式https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp
※レバテックフリーランスの案件は実務経験必須(週3以下の案件は特にハイスキルが求められます)

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の2つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントの質が高い

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

レバテックフリーランスの案件単価が高い理由は、以下2つがあります。

  1. 大手企業からの請負案件が多い
  2. 直請案件が多い
DAI
大手企業では、資金にゆとりがある場合、採用に大きなコストを割く場合があります。コストをかけてでも、優秀な人材を採用したいからです。そのため、大手企業からの案件では、単価が高い傾向にあります。
DAI
直請案件とは、クライアント企業とエージェントが直接契約している案件のことです。エージェント以外には仲介業者を挟んでいないため、エージェント以外から仲介手数料(マージン)を差し引かれることがありません。その分、報酬をフリーランス(受注者)に還元することができます。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp
※2022年11月時点

レバテックフリーランスは、IT業界のエンジニア系職種に特化したエージェントです。

エージェント担当者のなかには、IT業界出身者やエンジニア経験者が在籍しており、専門性の高いサポートを受けられるのが特徴です。

また「レバテッククリエイター」をはじめとするレバテック社で展開しているサービスのキャリアサポートに関するノウハウが共有されています。

DAI
Blenderを活かした3DCGデザイナー職種やBlenderを活かしたゲーム制作・アニメーション制作などクリエイター職種の案件を探す場合は、関連サービスの「レバテッククリエイター」の担当者に引き継がれる場合があります。

Blenderの案件例(レバテックフリーランス)

【Python】動作確認用のプロトタイプ開発の求人・案件
月額単価800,000円/月
職務内容

物体認識エンジンを学習、動作させるためのパイプライン開発に携わっていただきます。
3D環境(Blender)で様々な環境を作ることで多様な学習データを生成し、
サーバー上に構築されたシステムと組み合わせることで学習と実行を自動化します。
求めるスキル
・Pythonでの開発経験
・AWSの使用経験
・Dockerの使用経験
【歓迎スキル】

・機械学習の知見
案件URL【Python】動作確認用のプロトタイプ開発の求人・案件 
(2023年01月10日 現在)

※現在は公開が終了している可能性があります。
※レバテックフリーランスで案件紹介を受けるには、実務経験が必須です(週3以下の案件は特にハイスキルが求められます)

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
ハイスキルの方向け。週4日以上〜、エンド直請、高単価案件を探す人向けおすすめフリーランスエージェント。

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』はリモートで働きたい方、ベンチャー企業やスタートアップで働きたい方におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,702件(2023年1月26日時点)
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※ITプロパートナーズ公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズは、『直請案件』が多いため、他のエージェントと比較して高単価な傾向にあります。

直請案件では、クライアント企業とエージェントが他の仲介業者を挟まずに、直接契約をしています。

その他の仲介業者を挟まない分、エージェント側がフリーランス(受注者)に報酬を還元できるようになっています。

DAI
単価の良しあしは、マージン率でも測ることができます。しかし、一般的にエージェントはマージン率を非公開にしており、比較することができないのが現状です。直請案件を多く扱うITプロパートナーズは、高単価案件をお探しの方におすすめのエージェントです。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズでは、週1~2日から稼働OK・リモートOKの案件を多く扱っています。

一般的なフリーランスエージェントでは、以下のような稼働条件が多いです。

  • 最低稼働日数:週4〜5日
  • 働き方:常駐案件

少ない稼働日数で自由な働き方ができるエージェントは、限られています。

DAI
フリーランスの方で副業をお探しの方におすすめのエージェントです。

注意:ITプロパートナーズでは、会社員の方への副業は紹介できません。

ITプロパートナーズの案件例(Blender)

DAI
以下が実際の案件例です。

案件名
フルリモート【3D空間デザイン、キャラクターデザイン制作】メタベース系新規事業に携わる3DCGクリエイター募集
月額単価〜300,000円
職務内容■業務内容:
メタバースの新規事業に伴う、3DCGクリエイターを募集しております。
3D空間デザイン、キャラクターデザイン制作に携わっていただきます。

▼主な業務
・デザイン実現のための社内相談に応ずること
・キャラクター / 背景 /プロップモデル制作(リギング、スキニング等)
・モーション
・ライティング
・MatterPort/PlayCanvas/Unity等の3Dエンジンエディタ上での
 オペレーション
・上記にあたり、他スペシャリストが必要な場合、その要件を提案する
求めるスキル■必須スキル:
・3D制作全般の知識と業務経験
・MayaまたはBlenderなどDCCツールの十分な使用歴がある方
・ゲーム業界または映像業界での3年以上の実務経験
・ディレクションを行なった作品や、ポートフォリオを用意出来る方
■尚可スキル:
・得意な3D分野(背景やキャラクターなど)をお持ちの方
・UnityやUnrealEngineなどへのアセット組み込み、動作まで持っていける方
・マネジメント経験(タスク/クオリティ管理)のある方
・テクニカルアートの経験または知識のある方
案件URLフルリモート【3D空間デザイン、キャラクターデザイン制作】メタベース系新規事業に携わる3DCGクリエイター募集 
(2023年01月09日 現在)

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

「エンジニアスタイル東京」公式サイトより引用:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京は、複数エージェントの案件情報を一括検索できるサイトです。
運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 178,933件(2022年11月12日現在)
blenderの公開求人数 (2022年11月12日現在)
対応地域 主に東京
特徴 エンジニア・コンサル・デザイナー・ディレクターなど多様な職種案件あり
フレックス制度・全員フルリモートなどこだわり条件から検索できる
公式URL https://engineer-style.jp/

※2022年11月09日時点・https://engineer-style.jp/より引用/算出

2022年11月12日時点では、応募した案件のエージェントと面談をすると、Amazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しています。

終了日時は未定です。気になる人は早めに登録・応募しておきましょう。

2022年11月12日現在・公式サイトより引用:https://engineer-style.jp

エンジニアスタイル東京の特徴は、以下の2つです。

  • 複数のエージェント情報を一括検索できる
  • こだわり条件から希望の案件を探すことができる

複数のエージェント情報を一括検索できる

公式サイト:https://engineer-style.jp/より引用

エンジニアスタイル東京では、複数のエージェントの案件情報を一括検索することができます。

エンジニアスタイル東京は、フリーランスエージェント200社以上と提携しており、18万件以上の案件をチェックできます。(2022年11月12日時点)

提携しているエージェントの例

  • レバテックフリーランス
  • ITプロパートナーズ
  • HiPRO Tech
  • Mid Works

そのため、複数のエージェントに登録し、案件を比較する手間や時間を省略することができます。

こだわり条件から希望の案件を探すことができる

公式サイト:https://engineer-style.jp/より引用

エンジニアスタイル東京では、以下の基本的な条件から案件を絞り込むことができます。

  • 言語
  • フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種
  • 業界
  • エリア
  • 駅・路線
  • 単価
  • エージェント

エンジニアスタイル東京では、以下のこだわり条件から検索することができます。

  • 働く時間
    :フレックス制度・土日OK・週2~3日からOK
  • 働く立地
    :駅から5分・ターミナル駅
  • 職場環境
    :全員フルリモート・リモートOK・私服OK
  • 嬉しい制度
    :社内勉強あり・オンボーディングあり
  • こだわりの働き方
    :リモートで働きたい・トレンド案件に関わりたい
  • 仕事で趣味に関われるかも
    :ゲーム好き・アニメ好き
  • 会社について
    :技術志向・上場企業
  • 一緒に働く人について
    :PMが近くにいる・20代/30代が中心
  • 採用条件について
    :経験者優遇・未経験者優遇
  • トレンド
    :EC・ディープラーニング・スクラッチ

スキルや条件を詳しく指定できるため、自分に合った案件が探しやすいです。

DAI
エンジニアスタイル東京に会員登録すれば、希望条件やスキルなどに合致する案件情報がメールで送られます。エンジニアスタイル東京のサイトを頻繁にチェックする必要はありません。効率的に案件を探したい方におすすめです。
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

Blenderの副業するために必要な準備

Blenderで副業を始めるにあたっては、下記の準備が必要です。

  1. 実務経験・スキルを棚卸ししておく
  2. 副業案件を探すためのサイトに登録しておく

順番に解説します。

①実務経験・スキルを棚卸ししておく

まずは、自分の実務経験やスキルを棚卸ししておきましょう。

副業エージェントでもクラウドソーシングでも、実務経験やスキルを提示する必要があります

これは、企業側が仕事内容と応募者のスキル・経験に合っているか、すぐに活躍できるかを判断するために使用します。

実務経験やスキルが応募案件と合わない場合、企業側は仕事の依頼をためらいます。

DAI
応募する企業の仕事で活躍する姿が想像できるように、スキルを活かした経験を書くことが重要です。エンジニア・デザイナー・クリエイター系職種の方は、ポートフォリオを用意してきましょう。

②副業案件を探すためのサービスに登録しておく

副業案件を探すためのサービスへ登録しておきましょう。

副業案件を探すための媒体は、主に2つあります。

  • クラウドソーシングサイト
  • 副業エージェント

実務経験がある方におすすめのサービスは、副業エージェントです。

DAI
クラウドソーシングサイトと副業エージェントとの比較は、「こちら」で解説しています。

Blender副業の仕事内容と単価相場

DAI
ここからはBlender副業の仕事内容と単価相場を解説します。

3DCGデザイナーをはじめ、Blenderを使用する仕事には以下のような工程があります。

  • モデリング
  • リギング
  • レンダリング
  • アニメーション制作

業務内容にもよりますが、単価とては30万円〜80万円ほど。

ただ上記の単価はフル稼働が前提のため、副業案件となるともう少し単価が下がります。

Blenderの副業①:モデリング

クライアントからのデザインや資料をもとに、3DCGソフト(Blender)を使用して立体的に形をつくる仕事です。

一般的には、配置したデザインや資料を下絵として線をつなげて、メッシュと呼ばれる造形部分を作成します。

ポリゴン数(曲面を構成する最小単位)と呼ばれるサイズを調整し、モデルを作成します。

Blenderの副業②:テクスチャ・リギング

テクスチャでは、作成したモデルに、色・影・光のほか、凹凸の質感などディテールを加えます。

リギングでは、キャラクターやモチーフに骨や手足の動きなどを設定します。

これらの作業は、モデリング業務を含めて依頼される場合があります。

Blenderの副業③:レンダリング

3DCG制作におけるレンダリングは、3次元空間の物体を2次元の画像や映像に出力します。

最終的な映像に出力する場合は、1分間に少なくとも1,800枚の静止画を合成する必要があります。

Blenderの副業④:アニメーション制作

3DCGのアニメーション制作は、以下の流れで行われます。

  1. 3DCGのもとになる三面図を作成する
  2. 3DCGのモデルを作成する(モデリング)
  3. モデルに質感・模様をつける(テクスチャ)
  4. 動きをつける(リギング)
  5. データを出力する(レンダリング)

3DCGアニメーション制作の案件には、VR・ゲーム業界の案件などがあります。

Blenderの副業案件を行うメリットは?

Blenderの副業案件には、下記3つのメリットがあります。

  1. 収入が増える
  2. スキルアップにつながる
  3. 人脈を広げることができる

順番に見ていきましょう。

①収入が増える

本業にプラスして、Blenderの副業での報酬が得られます。

会社員の場合は、昇給するのが難しい場合が多いです。

一方で、副業は実務経験があれば、副業案件を受注できるため、収入が入ります。

DAI
副業での収入が増えれば、フリーランス独立を目指す方もいます。

②スキルアップにつながる

さまざまなBlenderの副業案件に携わることで、スキルアップにもつながります。

会社員の場合、基本的に会社の事業方針に従って業務を遂行するため、自分がやりたい仕事をできるとは限りません。

しかし、副業の場合は仕事を引き受けるかどうか、自分で決めることが可能です。

DAI
やったことはないけど頑張ればできそうな案件に挑戦して、スキルアップを図ってみましょう。

③人脈を広げることができる

クライアントとのつながりを広げられるのも、Blenderの副業を行うメリットです。

副業先のクライアントとのつながりが生まれ、会社以外との人脈が作れます。

クライアントの期待に応え続けることで高く評価され、好条件の案件を紹介してもらえる可能性もあります。

DAI
相性のよいクライアントを見つけるためにも、さまざまなクライアントと取引することがおすすめです。

Blenderで副業するデメリットって?

Blenderで副業をする際のデメリットは下記の2つが挙げられます。

  1. 本業との兼ね合いが難しくなる
  2. 休みが取れなくなる

それぞれ解説します。

①本業との兼ね合いが難しくなる

本業と副業のバランスを保つのが難しい点は、デメリットの一つです。

本業で残業や休日出勤があると、Blenderの副業案件の納期延滞につながる場合があります。

本業と副業を両立するために、まずは週1日から小さく始めることがおすすめです。

②休みが取れなくなる

本業と副業を両立している場合、休みが取れなくなる恐れもあります。

たとえば、副業案件の納期が迫ると、休日返上で案件に取り組まなくてはなりません。

DAI
休暇をしっかり取りたい方は、「平日の夜間に数時間だけ対応可能」の案件を探してみましょう。

Blenderの副業案件例

Blenderの副業(フリーランス・業務委託)案件にはどんな案件があって、報酬の相場がどれくらいなのかを確認していきます。

実際にBlenderの副業(フリーランス)案件をいくつかピックアップして紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※今回紹介する案件は募集を終了している可能性もあります。最新の案件例が見たい人はエージェントに登録したうえで、詳細を確認してみましょう。

案件例①

案件名

【Unity】VTuberイベントシステム開発の求人・案件
月額単価850,000円/月
職務内容

・アーティスト向けVTuberライブイベントのシステム開発に
 携わっていただきます。
・具体的には下記の作業をご担当いただきます。
 -ライブシステムの開発
 -3Dモデルのへの監修
 -ライブ運営サポート(生配信など)
求めるスキル・3D系Maya又はMAX又はBlenderの使用経験
案件URL
【Unity】VTuberイベントシステム開発の求人・案件
 
(2023年01月14日 現在)

案件例②

案件名
【C++】ARプラットフォーム開発の求人・案件
月額単価750,000円/月
職務内容

・ARサービスを提供するプラットフォームの機能拡充開発
および 新規機能開発をご担当いただきます。
・ARサービスを提供する基盤のバックエンド部分の設計・開発

・以下のキーワードに関連する技術の調査レポートをご担当いただく予定です。
-自己位置推定、SLAM、ポイントクラウド
-SfM、フォトグラメトリ、3Dモデリング
-LiDAR、深度計測付きカメラ
-MeshLab、CloudCompare、Blender など 3次元点群処理ソフト
求めるスキル
・C++ によるプログラム開発経験
・Linux環境でのサーバ側システム開発経験
【歓迎スキル】

・技術調査、レポート作成
・MQTT等 Pub/Sub型モデルを利用した開発経験
案件URL【C++】ARプラットフォーム開発の求人・案件 
(2023年01月10日 現在)

上記の案件はあくまでも一例なので、自分のスキルに合わせて案件を探してみてください。

DAI
公開案件に自分のスキルになさそうでも諦めないでください。エージェントに登録することで非公開案件が見られるようになりますよ。

Blender案件の副業で収入を増やす3つのポイント

Blender案件の副業で収入を増やすには、下記の3つがポイントです。

  1. 単価が安い案件は控える
  2. 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  3. エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

順番に見ていきましょう。

①単価が安い案件は控える

まず、単価が安い案件は控えるようにしましょう。

副業案件の単価は、時給に換算し、比較することがおすすめです。

契約形態によっては、稼働時間に関わらず、単価が一定の場合があります。

DAI
仕事量や稼働時間に見合った案件を引き受けることが単価アップにつながります。

②複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

複数のエージェントに登録すると、多角的に自分のスキルを評価してもらえます。

あるサイトでは希望する案件を取れなくても、別のサイトでは好条件の仕事に出会える可能性があるのです。

1つのサイトだけでなく複数のサイトを利用して、自分のスキル感を把握しておきましょう。

③エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

エージェントを利用すると、マージン(仲介手数料)が引かれます。

一般的にフリーランスエージェントのマージン率は、20%程度です。

しかしながら、エージェントのマージン率は、非公開の場合が多いです。

DAI
マージン率から案件単価を比較できない場合は、「直請案件であるか」や「大手企業からの請負案件であるか」を指標にしましょう。

Blenderで副業を始める際の4つの注意点

Blenderで副業を始めるには、下記の4点に注意しましょう。

  1. 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  2. スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  3. 副業可能か会社に確認する
  4. 確定申告が必要か確認する

注意点をそれぞれ解説します。

①土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

土日・平日夜に稼働できるか確かめましょう。

本業の仕事がある場合は、平日昼間の副業案件を受注するのが難しい場合が多いです。

DAI
稼働時間がフレキシブルな案件を選ぶと、本業と両立しやすいですよ。

②スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

スケジュール管理を行い、本業と両立できる範囲で副業案件を引き受けましょう。

副業を始める際には、稼働可能な時間や曜日を計算し、休暇を含めたスケジュールを立てることがおすすめです。

副業を始めたばかりにもかかわらず、副業案件を多く抱えすぎると、体調を崩す場合もあります。

DAI
最初のうちは、本業と副業の両立を目指して少ない稼働時間や日数から始めることがおすすめです。

③副業可能か会社に確認する

Blenderの副業を始める前に、会社で副業が認可されていることを確認しましょう。

副業禁止の会社で、副業を始めると、住民税の変化などで副業がバレてしまう可能性があります。

副業がバレてしまった場合、ペナルティとして懲戒処分が科される恐れもあります。

DAI
副業が認可されている企業でも、申請が必要な場合もあります。就業規定を確認し、副業の認可と副業を始める場合の条件を確認しましょう

④確定申告が必要か確認する

副業の所得が20万円を超えると、確定申告が必要です。

経費を差し引いて20万円を超えなければ、確定申告は不要です。

確定申告を忘れた場合や、申告の期限に遅れた場合は、延滞税が徴収されてしまいます。

DAI
確定申告の時期になって慌てないためにも、日頃から経費や収入を記録しておきましょう。

Blenderの副業についてよくある5つの質問

Blenderの副業を行うにあたって、よくある5つの質問を紹介します。

  1. 週何日から副業できる?
  2. リモートワーク可能な案件はある?
  3. Blender未経験で副業できる?
  4. Blenderで副業するために必要な実務経験やスキルって?
  5. Blenderの副業からフリーランスとして独立するには?

それぞれ回答します。

Q1. 週何日から副業できる?

DAI
案件によって異なりますが、週1~2日からBlenderの副業はできます。週1~2日から稼働OKの案件をお探しの方には、「ITプロパートナーズ」がおすすめです。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
Blenderの副業では、リモートワークが可能な案件があります。案件を探す際に「リモートワーク可能」を条件に指定して探してみましょう。リモートワーク可能な案件をお探しの方には、「ITプロパートナーズ」がおすすめです。

Q3.Blender未経験で副業できる?

DAI
実務経験なし(未経験)から副業案件を受注することは難しいです。副業案件を依頼する企業側は、即戦力になる3DCGデザイナーを採用したいと考えているからです。Blenderを用いて副業したい場合は、研修制度が充実している企業への転職をおすすめします。

Q4.Blenderで副業するために必要な実務経験やスキルって?

Blenderを使うモーションデザイナーや3DCGデザイナーに必要なのは、下記のスキルです。

  • Blenderを使用した実務経験1~3年以上
  • デッサンスキル

他の3DCGソフトやゲームエンジンなどが使用できると、案件の幅が広がります。

  • Maya
  • 3ds Max
  • Unity
  • Photoshop

Q5.Blenderの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
フリーランスとして独立するタイミングは、副業収入が本業の収入を超えたときがおすすめです。副業案件を扱っているエージェントには、フリーランス向けの案件を扱っていることが多いです。エージェントを利用している方は、担当者に相談してみましょう。

まとめ

本記事では、Blenderの副業案件を選ぶ基準やおすすめエージェントについて解説しました。

DAI
本記事で紹介した副業エージェントは下記の通りです。ぜひBlenderの副業にチャレンジしてみてください!
Blenderの副業案件が見つかるおすすめサイト 4 選
【第1位】 レバテックフリーランス(公式: https://freelance.levtech.jp/
IT系職種の専門性が高く、単価水準も高いおすすめエージェント。
週4日〜稼働の案件が豊富(週3以内案件はハイスキル必須)
【第2位】 ITプロパートナーズ(公式: https://itpropartners.com/
週1~2日から稼働OK/平日夜・土日のみ稼働OK案件あり。
少ない稼働日数の在宅案件を探す方におすすめのエージェント。
【番外編】 エンジニアスタイル東京(公式: https://engineer-style.jp/
複数のエージェントの案件情報を一括検索できるサイト。
案件応募&面談でAmazonギフト券プレゼントも実施中(2022/11/12現在)。