最終更新日:
Angularで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント。
男性A
Angularのスキルを使って副業したいけど、どうやって案件を探せばいいんだろう?

副業をするのであれば、以下の条件で案件を探したいのではないでしょうか。

  • 週1〜3日の稼働で働ける
  • リモートワークOK
  • 高単価
DAI
正直、上記をすべて満たす案件は少ないです。また人気なので倍率も高いです。

そこで本記事では、Angularの副業案件を選ぶ基準や探し方、案件単価について幅広く解説していきます。

また自分に合った案件を見つけるためには、最低でも3つのエージェントに登録するのがおすすめです

人気の案件は非公開になっていることも多いので、複数サイトに無料登録しておきましょう。

今回紹介するAngularの副業案件を探せるサイトを以下にまとめたので、参考にしてみてください!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/

※2022年8月時点、各公式HPより

DAI
Angularは少ない稼働で高単価な副業案件が多くあります。ぜひご自身にあった副業案件を探しましょう。

Angularの副業案件を探す基準

Angularの副業案件を探す基準は以下の通りです。

  • ①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  • ②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  • ③週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  • ④フルリモート案件があるか
  • ⑤高単価な案件が多いか

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

結論として、圧倒的にエージェントがおすすめです。

なぜならクラウドワークスやランサーズのようなクラウドソーシングは、単価が低く消耗する可能性があるからです。

クラウドソーシングよりも、副業エージェントを利用したほうが遥かに効率良く収入を得られます。

クラウドソーシングでは、成果物に対して報酬が発生する契約が多く、時給が低くなることがあるためお気をつけください。

例えばAngular案件を10万円で請け負った場合、実際に稼働したら100時間かかってしまい、時給に換算すると1,000円になってしまうこともあるのです。

このような案件がクラウドソーシングには多く募集されているので、副業で長時間労働になり消耗してしまわないように注意しましょう。

男性A
Angularで副業したいけど、消耗して本業に支障が出たら嫌だな。

リスクを避けるためにも「請負契約」と「準委任契約」の区別はあった方がいいです。

  • 請負契約:成果物に応じて対価をもらう納品型
  • 準委任契約:時間に対して対価をもらう時給型

上記の契約のうち、クラウドソーシングでは請負契約が多いです。

それに対しおすすめなのは、時間に対して報酬が発生する「準委任契約」です。

そしてエージェントは、準委任契約の案件が多く取り扱われています。

また自身で営業をせずに、Angularにおいて高単価な案件が獲得できるのも、副業エージェントの魅力です。

実際に調べてみると、月単価80万円の案件も数多く存在します。

クラウドソーシングに比べ、条件面などの交渉でトラブルが発生する可能性も低く、エンジニアは心置きなくスキルアップに集中できるでしょう。

DAI
技術の習得に集中して、Angularのスキルレベルもどんどん上げていきましょう。

②土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

会社員でもフリーランスでも、平日に本業があり忙しい場合があります。

特に「平日昼間の稼働が必要」など時間が固定されている場合は、本業との両立が難しいでしょう。

副業をするのであれば、「平日の朝や夜」「土日のみ」など、柔軟に稼働を入れられることが条件となります。

このような柔軟な働き方ができる職場のほとんどは、スタートアップなど比較的規模の小さい会社であることが多いです。

また知り合いから案件をもらった場合など、発注者との信頼関係が築けていると、稼働時間は自由に調整しやすいでしょう。

DAI
ITプロパートナーズなら、Angularでも稼働の少ない副業案件が多く取り扱われています。

③週の最低稼働日数が少なくてもよいか

エンジニア向けの副業エージェントによっては、週の最低稼働日数が定まっているケースがあります。

Angularに関しては、週1稼動の案件は非常に少ないため、週2以上の稼働が必要であることを頭に入れているといいでしょう。

それにほとんどの副業案件サービスは、週2〜3人日分の稼働を想定した案件が取り扱われています。

男性A
Angularでの副業は楽しそうだけど、1日1時間程度にとどめておきたい。

そういう方は知り合いなどから仕事の依頼をもらい、融通が効く働き方を選んだ方がいいでしょう。

エンジニアとしてのスキルが高く、信頼がある場合は、自由に稼働を決められる案件も増えていきます。

DAI
知り合いからAngular案件を獲得するためにも、広い人脈を構築しておくことが重要です。

④フルリモート案件があるか

副業するとなると、毎日忙しい本業とともに仕事を行うことになるので、可能な限り通勤時間は削減しましょう。

本業でも副業でも通勤時間が発生するとなると、自由に使える時間や睡眠時間が削られますし、移動でも体力を消耗してしまいます。

そのため副業をするのであれば、フルリモート案件を選ぶのがおすすめです。

特に最近はコロナ禍の影響により、どの副業エージェントでもフルリモート案件が増えてきました。

DAI
数ある副業エージェントの中でも、ITプロパートナーズレバテックフリーランスでは、フルリモート案件が数多く確認されています。またAngularに関しては、そもそもリモートOKな案件が多いです。

⑤高単価な案件が多いか

副業エージェントといっても、取り扱っている求人の特性によって単価レンジには差があります。

スタートアップやベンチャーの場合だと、企業側が高単価な報酬を支払うことが難しいため、単価は低くなる傾向にあるでしょう。

その代わり、週1日稼働や週2稼働など、柔軟な働き方を実現できる案件が多いです。

逆に大手企業やメガベンチャーなどでは、採用への投資が盛んなため、単価は上がりやすい傾向にあります。

男性A
高単価な上場企業やメガベンチャーでのAngular案件を、週2〜3案件で経験してみたい!

そういう方には、レバテックフリーランスがおすすめです。

DAI
頑張ってAngularのスキルを習得したのに、低単価な案件で消耗するのはもったいないです。

Angular向けの副業ができるおすすめエージェントやサイト

ご自身に合った副業案件を見つけるためにも、まずは副業求人を扱っているエージェントに登録しておくのがおすすめです。

DAI
今すぐ稼働するつもりではなくても、無料で使えるのでとりあえず登録しておきましょう。

エージェントに登録することで以下のようなメリットがあります。

  • 自身の単価相場が分かりフリーランスとしてやっていけるか判断しやすい
  • クラウドソーシングなどとは違い、気になる案件への営業を全部代行してもらえる
  • エージェントのアドバイザーが、スキルシートから自身の条件に適した案件を紹介してくれる
  • 自身で営業しても決して見つけられない好条件の案件を受注しやすい
  • 案件獲得までの業務サポートを受けられる

ちなみにエージェントに登録した際は、以下の2つに注意が必要です。

  • 複数の副業サイトに登録して、最新案件を網羅的にチェックしておく
  • 複数のサイトで案件を相見積もりしておく

DAI
案件の月単価やマージン率比較のため、2社以上のエージェントに登録しておくのが常識です。

DAI
Angular案件に関しても、1社しか登録していない場合、マージンを取られすぎても気づけません。

複数のエージェントに登録することによって、他のエージェントで自身の希望にマッチした案件に出会えたり、適性な単価で稼働することができます。

DAI
また週1〜2程度の副業案件やリモート可の案件は、人気が高く埋まりやすいので、求人が一般公開されずメールのみで案内が届くこともあります。

DAI
複数の副業サイトに無料登録しておき、担当の方に希望を伝え、非公開求人までチェックしておくのが自身に合った案件を受注するコツです。

おすすめの副業エージェントは以下の通りです。

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/

※2022年8月時点、各公式HPより

レバテックフリーランス

画像はレバテックフリーランス公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 40,583件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

※2022年8月17日時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

引用:レバテックフリーランス  ※2022年8月20日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年8月17日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは業界最多水準で、公開されている案件だけで40,582 件ありました(2022年8月17日時点)。

他のフリーランスエージェントと比較しても、以下の職種の案件が最も多いです。

またレバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」です。

非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため公に公開することはせずに、担当者が直接依頼する形をとるため、非公開の求人が多いです。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自身の職種の案件動向や、今のスキルレベルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかがわかります。今すぐフリーランスになるかどうかわからなくても、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,131件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年8月17日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自身のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

テクフリ

画像はテクフリ公式サイトより引用:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件を数多く保有。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

DAI
テクフリはエンジニアに特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 10,780件
マージン率 10%〜
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年8月17日時点・公式サイトより引用/算出

テクフリには、案件の質が高い特徴があります。

案件が高品質である理由として挙げられるのが、以下の3点です。

  • 運営元である株式会社アイデンティティが、複数のIT人材派遣事業をおこなっている
  • ユーザーのスキルとのマッチ度が高い案件を紹介
  • サイバーエージェントをはじめとする多くの上場企業の案件取り扱いあり
DAI
また、テクフリは独自の案件マッチングシステムも持っています。自身に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

Angularの副業するために必要な準備

【2022年】Javaのフリーランス向け案件を獲得するには?単価や案件の特徴を徹底解説!

AngularはReactと並び、フロントエンドの中でも需要が大きいフレームワークです。

ぜひAngularで副業案件をこなし、実績を積み重ね、キャリアアップをされていってください。

副業をするために必要な準備は以下の通りです。

  • 副業案件を探すためのエージェントに登録しておく
  • 参画したい案件で求められているスキルを確認しておく
  • 副業に必要なスキルを勉強しておく
  • 実務経験・スキルを棚卸ししておく

副業案件を探すためのサイトに登録しておく

まだ副業経験がなく、人脈から案件を獲得するのが難しい場合は、副業エージェントの活用をおすすめします。

副業エージェントの「メリット」は以下の通りです。

  • 単価の高い案件が多い
  • 営業や単価交渉等を代行してくれる
  • 確定申告などの事務手続きを代行してくれる
  • 福利厚生が充実しているエージェントもある
  • 希望単価やキャリアプランを考慮して案件紹介してくれる

DAI
副業エージェントの「デメリット」は以下の通りです。

  • 1〜2年程度の実務経験や技術力がないと案件を獲得できない
  • 週3日以上または常駐しなければいけない案件が多い
  • 仲介料(マージン)を取られる

多少のデメリットはあるものの、Angularの副業案件を探すのであればやはりエージェントがおすすめです。

なぜならエージェントは単価が高く、営業等も代行してくれるからです。

そのため自身で営業するよりも遥かに効率よく、高単価で労働環境もよい副業案件を探せます。

信頼がない状態で営業をすると断られることが多いため、営業に不慣れなエンジニアは副業エージェントを頼りましょう。

またITプロパートナーズのように、週2〜3程度の稼働で働ける「副業に適した案件」を、数多く保有しているエージェントもあります。

自身で案件を探すよりも、きっと好条件な案件が見つかるはずです。

DAI
マージンを取られるとはいえ、それでもAngular案件は月単価80万円以上と、高単価なものが多いです。

DAI
特別なサポートを受けない限り、利用料も一切発生しないため、まずはエージェントに登録して副業案件を探しましょう。

参画したい案件で求められているスキルを確認しておく

何事もゴールから逆算した方が、効率よく物事を進められます。

Angularの副業案件を探す時も、まずは参画したい案件を先に探してみましょう。

そうすると最低限必要なスキルや、あると有利になるスキルも具体的にわかります。

  • いつまでにフロントエンド関連の学習を終えるべきか?
  • いつから本格的にAngular案件の面談を行うのか?
  • 週にどの程度の稼働で副業をするのか?

そういった具体的な計画も立てられるようになるでしょう。

男性A
参画したいAngular案件を先に見つけた方が、やる気が出るよね。

フロントエンドに関するスキルをすでに身に付けている場合は、それをアピールできるようにスキルシートを作るとよいです。

DAI
Angular案件に参画するのであれば、JavaScriptやTypeScriptなどの基礎スキルも必須です。

DAI
またAngularでなくとも、フロントエンドフレームワークを用いた開発経験があると、案件獲得の確率は高まるでしょう。

副業に必要なスキルを勉強しておく

Angularの副業案件で求められるスキルは以下の通りです。

  • Angularでの開発経験1年以上
  • フロントエンドフレームワークでの開発経験1年以上
  • SPA開発経験1年以上

Angularで副業をするにあたり、Angularやその他のフロントエンドフレームワークを用いた開発経験があると有利です。

たとえAngularの経験がなかったとしても、サーバーサイドの経験があれば採用してもらえる場合もあります。

また必須ではありませんが、あると有利になるスキルは以下の通りです。

  • TypeScriptでの実務経験
  • React、Next.jsを用いた実務経験
  • 中~大規模なプラットフォームの開発経験
  • 技術難易度やリスクに応じた開発提案
  • サーバサイドの開発経験
  • インフラの設計構築経験
  • ソースコードレビューの経験
  • REST APIの開発経験
  • AWS利用経験

上記をすべて網羅する必要はありませんが、多くのスキルがあって損することはありません。

DAI
参画したいAngular案件に合わせて学習項目を精査し、継続してスキルアップに励みましょう。

実務経験・スキルを棚卸ししておく

実務経験・スキルを棚卸する目的は、企業に自身の能力をアピールすることです。

エンジニアとして副業をする場合、必ずと言っていいほど実務経験が求められます。

その実務経験があることを証明するためにも、スキルシートは用意しておくといいでしょう。

自身の職務経験などを整理しておかないと、相手企業にこんな印象を与えてしまいます。

  • フロントエンドの分野で実務を経験したことがない
  • 本当にフロントエンドの技術力があるのか怪しい
  • 実務経験があったとしても実力はないかもしれない
  • そこまで勉強熱心ではないかもしれない

自身のスキルを証明するものがない場合、採用担当者は「現場に入ってもパフォーマンスは高くなさそう」と判断してしまいます。

仲介料を払ってまでエージェントを利用する企業は、教育コストをかけずにハイレベルなエンジニアを採用したいと考えているため、基本的に採用基準は高いです。

だからこそご自身の持っている経験とスキルを100%伝えられるよう、わかりやすく整理しておきましょう。

DAI
主にフロントエンドに関するスキルをまとめたシートを作ると、良いアピールになるでしょう。

DAI
自身の強みや弱みにも気付けるため、自己分析の良い機会になります。

Angularの副業案件にはどんなものがある?

Angularの副業案件には以下のようなものがあります。

  • Webサービス開発
  • スマートフォンアプリケーション開発
  • ECサイト開発

Webサービス開発

引用:レバテックフリーランス  ※現在は公開終了しています

Webサービスのフロントエンド全般の設計・実装を行う案件です。

典型的な「フロントエンドエンジニアの案件」といえます。

DAI
Angularで副業する場合、Webサービス・システム開発の案件が多いです。

スマートフォンアプリケーション開発

引用:レバテックフリーランス  ※2022年8月20日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

Angularでは、TypeScriptを用いたスマートフォンアプリの開発案件もあります。

アプリ開発の経験を積みたい方は、ぜひチャレンジされてみてください。

DAI
Angularではスマホアプリの開発もできるので、スキルを身につけるとキャリアの幅が広がり、エンジニアとしての希少価値はますます高まるでしょう。

ECサイト開発

引用:レバテックフリーランス  ※2022年8月20日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

Angular案件の中には、ECサイトに関連するものもあります。

DAI
購買意欲が高いユーザーのアクセスが集まるECサイトは、処理速度が落ちると機会損失が激しいため、パフォーマンスチューニングのスキルも大切です。

プログラミングの副業案件の種類

フロントエンドに限らず、プログラミングスキルを持っていると以下のような副業もできます。

  • プログラミング教室の講師
  • IT系のライター

プログラミング教室の講師

プログラミング教室の講師は、プログラミングスクールなどで、生徒に対してプログラミングの知識や技術を教えることです。

リモートで参加できる場合もあり、教育が好きな方は楽しく副業できます。

企業研修のプログラミング講師として稼働すると、単価は大きく跳ね上がるでしょう。

IT系のライター

IT系のライターとは、Webメディアに掲載する記事を執筆するライターです。

ライターでは、1文字あたりの単価が設定されており、執筆した文字数に応じて報酬が支払われます。

記事を書けば書くほど、業界知識や技術的な知識も増えていくため、ITについて幅広い知識を身につけたい方におすすめです。

特にフロントエンドは年々需要が増え続けている技術のため、フロントエンドの技術に関連するライター案件も増えていくことでしょう。

DAI
エンジニアとしての業務以外にも、様々な副業案件があります。

Angularの副業案件を行うメリットは?

Angularの副業案件を行うメリットは以下の通りです。

  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
  • 人脈を広げることができる

収入が増える

高度な技術を要する副業や、希少価値の高い技術を要する副業ほど、報酬は高単価になります。

また様々な案件をこなすことでスキルが身に付くため、副業での経験を積むとさらに単価が上がっていくでしょう。

男性A
フロントエンドのスキルアップと収入アップのために、副業案件で色んな経験を積みたい!

副業はそういう方におすすめです。

実際にITプロパートナーズでは、Angularに関連する案件で週3日の稼働でも月単価70万円のものがあります(2022年8月20日時点)。

収入が増えれば生活に余裕ができるのはもちろん、技術関連の書籍を購入したりと、自己投資にもお金を使えるようになります。

そのためフロントエンドのみならず、さらに高度で幅の広いスキルを身につけ、高単価な案件を獲得することも可能になるでしょう。

自身の成長を毎日感じられるようになると、エンジニアライフはさらに楽しくなります。

また営業活動にもお金を使えば、異業種交流会やセミナーなどで経営者との繋がりが増えるため、直契約で案件を獲得することも可能です。

DAI
余ったお金はどんどん投資し、未来の自分を楽にしましょう。

スキルアップにつながる

様々な副業案件をこなし、新たな技術を使用した開発を経験することが、フロントエンドエンジニアとしてのスキルアップにつながります。

そして副業エージェントには様々な業界からの案件があり、また案件によって開発の目的や使用する技術は異なるため、学べることが非常に多いでしょう。

スマホアプリ開発など、これまで触れてこなかった技術に触れ、お金をいただきながら成長できる環境は、どんな教材を買うよりも価値があります。

だからこそ積極的に副業を行い、スキルアップできる環境を自ら構築していくことが大事です。

男性A
確かにフロントエンドに関しても、いろんな経験をしたら成長できそう。

また直接クライアントとやりとりしながら開発を進めるため、コミュニケーション能力も磨けます。

  • 専門用語を多用せず目線を合わせて言葉を選ぶ
  • 相手を否定することなく自身の要望を提案する

上記のようなことを意識しながら、円滑に業務を進められるようにしましょう。

DAI
副業では自身でスケジュール管理やタスク管理を行うため、自走力も身につきます。

人脈を広げることができる

副業をしていると、本業以外の人脈を形成できます。

異なる価値観のエンジニアと交流することで視野が広がりますし、社外のプロジェクトマネージャーや社長とも繋がることで、ビジネス面でも学べることが多いでしょう。

またご自身が困っているときに、いつでも悩みを相談できる仲間やメンター的な存在を得ることもあります。

それに多くの経営者と繋がれば、それだけ案件獲得の可能性も広がるでしょう。

スタートアップの経営者とつながれば、自身が技術部門の第一人者として働き、次のキャリアへとステップアップできる可能性もあります。

副業案件を探すたびに、毎回新しいクライアントを探すのは非常にコストが高いので、あらかじめ広い人脈を形成しておきましょう。

そうすれば、自身が営業活動をしなくても副業案件が舞い込んでくることもあります。

DAI
人脈を広げれば広げるほど、フロントエンドエンジニアとしてのキャリアにもメリットがあります。

Angularで副業するデメリットって?

Angularで副業するデメリットは以下の通りです。

  • 本業との兼ね合いが難しくなる
  • 休みが取れなくなる

本業との兼ね合いが難しくなる

副業を優先した結果、本業が疎かになるのは本末転倒です。

それであれば、むしろ本業一本に絞った方がよっぽどいい成果を残せるでしょう。

エンジニアのスキルに関しては「広く浅く」というより、まずは「狭く深く」を追求した方がいいです。

その方が学んだ知識や考え方を他の技術にも応用できるようになり、結果として幅広い知識を身につけることにもつながります。

最悪なのは、本業も副業もどちらも中途半端になることです。

一度信頼を失ってしまうと、フリーランスとして独立するときにも悪い噂が広まり、支障が出る可能性があります。

本業でも副業でも、常に良い評価を獲得している方が新たな案件を獲得できる可能性は高くなるため、クライアントとは常に強い信頼関係を築けるようにしていきましょう。

DAI
信頼を失わないためにも、本業を疎かにするのは絶対に避けましょう。

休みが取れなくなる

当然ですが、副業に時間を割くと自由な時間は減ります。

本業の稼働時間や睡眠時間を除くと、平日のうち自由に使えるのは6時間程度でしょう。

その中で時間を割いて副業する必要があり、土日に副業するとそのぶん休みも減ります。

男性A
休みの時間を削ってまで働きたくない。

そういう方は、副業には向いていません。

逆に以下のような方は、副業に適しているといえるでしょう。

男性A
休みの時間も副業に当て、Angularのスキルをアップさせたい。

男性A
今は娯楽をするより案件をこなして、フロントエンジニアとして上を目指したい。

男性A
将来的に複数の収入源を構築して、自由に暮らしたい。

必ずしも副業をすることが正義なのではなく、個人の理想とする人生に応じて適した選択をすることが大事です。

DAI
未来の自分を楽にするため、がんがんスキルアップをして収入を増やしたい方は副業に挑戦されてみてください。

Angularの副業案件や単価の目安

Angularの副業案件や単価について、実際の案件を例に紹介します。

週2勤務の場合のAngular副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ ※現在は公開終了しています

そこまで数は多くありませんが、Angularでは週2日稼働で月単価30万円の案件もあります。

DAI
週2日稼動の案件は多くないため、狙うのであれば毎日副業エージェントの新着案件をチェックしておきましょう。特にITプロパートナーズがおすすめです。

週3勤務の場合のAngular副業案件や単価例

引用:ITプロパートナーズ ※2022年8月20日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

Angularは、週3日の稼働でも上記のように月単価60万円の案件があります。

DAI
少ない稼働で高単価な副業案件を獲得するためにも、日々スキルアップに励みましょう。

Angular案件の副業で収入を増やすポイント

Angular案件の副業で収入を増やすポイントは以下の通りです。

  • 単価が安い案件は控える
  • 複数のエージェントに登録して、自身のスキル感を相見積もりしてもらう
  • エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

単価が安い案件は控える

単価の安い案件だと、労働時間に見合う報酬は得られません。

低単価な案件でそれなりの金額を稼ごうとすると、労働時間が長くなるため、本業にも支障が出てしまうでしょう。

無理に低単価な副業案件で消耗しなくても、高単価な案件を紹介しているエージェントは沢山あります。

エージェントにある様々なAngular案件の時給を計算してみると、少なくとも時給4,000円以上の案件がほとんどです。

たとえば週2日の稼働で月単価が30万円の場合、週の稼働は16時間、月の稼働は64時間で、計算すると時給は4,687円です。

このようにエージェントを活用すると高単価の案件を獲得できるため、スキルレベルの高いエンジニアがわざわざ低単価の案件をする必要はありません。

DAI
自分自身の最低時給を明確にし、「最低時給を下回る案件は受けない」など明確なルールを設けるといいでしょう。

複数のエージェントに登録して、自身のスキル感を相見積もりしてもらう

男性A
自分はどのくらいの単価で副業できるんだろう?

ご自身の月単価が気になる場合は、複数のエージェントに登録し、ご自身のスキル感を相見積もりしてもらうことが大切です。

そうすれば、各エージェントの見積もりから平均値を算出することができ、自分自身の市場価値を客観的に把握することができます。

また1つのエージェントで見積もりを出して、単価が低いからといって落ち込む必要はありません。

DAI
見積もりはあくまでも1つの意見ととらえ、相見積もりをとり、様々なエージェントの意見を参考にしましょう。

エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

マージンとは、エージェントがエンジニアを企業へ紹介する際の仲介手数料です。

男性A
調べてみたら高額なマージンが抜かれていた!

そんな状況に陥ったらショックですよね。

自身の報酬に直結することだからこそ、マージン率を正確に把握しておくことが重要です。

マージンは「低ければ低いほどいい」というわけではなく、マージンが高いエージェントはその分エンジニアへのサポートを手厚くしている場合もあります。

DAI
使用するエージェントを選ぶ際、マージン率は判断材料の一つとして参考にするといいでしょう。

Angularエンジニアが副業を始める際の注意点

Angularの副業を始める際の注意点は以下の通りです。

  • 土日・平日夜の稼働が可能か確かめる
  • スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  • 副業可能か会社に確認する
  • 確定申告が必要か確認する

土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

本業がある場合、平日は忙しい場合が多いでしょう。

そのため副業をするのであれば、平日朝・夜、土日とフレキシブルに稼働できることが条件となります。

副業の稼働を優先するあまり、本業が疎かになってしまっては本末転倒なので注意しましょう。

柔軟な稼働を実現したいのであれば、労働条件について交渉しやすい知り合いから案件を獲得するといいでしょう。

またエージェントで案件を探す場合は、稼働が柔軟な「スタートアップ案件」が適しています。

DAI
スタートアップ案件を多く保有しているのは、ITプロパートナーズです。

スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

副業をする場合、無理な稼働を続けてもいいことはありません。

エンジニアは頭脳労働が多いため、睡眠時間が短くなると集中力が落ち、ミスが増え、パフォーマンスが落ちるでしょう。

だからこそ自身のスケジュールを明確に把握し、無理のない範囲で「副業にあてる時間」をどのくらい確保できるのかあらかじめ計算しておきましょう。

確保できる時間を上回るような案件の場合、受けないことをおすすめします。

副業を沢山こなしてスキルアップすることは大切ですが、健康を害してしまってはエンジニアを続けることはできません。

DAI
ぜひ持続可能なエンジニアライフを意識しましょう。

副業可能か会社に確認する

副業を始める前に、現在働いている会社で副業が可能かどうかを確認する必要があります。

会社で働く以上は、ルールを守らなければなりません。

もし副業が厳しそうなら、副業が可能な会社に転職するか、フリーランスとして独立するなど対処策を考える必要があります。

DAI
就業規則を守り、信頼を失わないようにすることが大切です。

確定申告が必要か確認する

副業で得た所得が年間20万円を超えると、確定申告が必要です。

そのため、副業収入や経費も細かく記録する必要があります。

もし確定申告を忘れると、納税額に応じて課される無申告加算税と呼ばれる税金を払う必要が出てきます。

DAI
納税は忘れないように気をつけましょう。

Angularの副業についてよくある質問

Angularの副業を始める前に、よくある質問について紹介していきます。

  • Q1.週何日から副業できる?
  • Q2.リモートワーク可能な案件はある?
  • Q3.Angular未経験で副業出来る?
  • Q4.Angularで副業するために必要な実務経験やスキルって?
  • Q5.Angularの副業からフリーランスとして独立するには?

Q1. 週何日から副業出来る?

DAI
A. 週2日の稼働から副業が可能です。

ただし週2日のみ稼働の案件は多くありません。

確実に副業をしたいのであれば週3日以上稼働を前提として案件を探すといいでしょう。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
A. リモートOKの案件がほとんどです。

コロナ禍の影響もあってか、レバテックフリーランスでも、案件の9割は「リモートOK」となっています。

Angular案件に関しても、リモートOKの案件は豊富です。

そのため在宅ワークをしながら副業で収入を得られるでしょう。

通勤時間が削減できるため、ワークライフバランスも実現しやすいです。

Q3. Angular未経験で副業出来る?

DAI
A. はい、可能です。

たとえフロントエンド未経験でも、サーバーサイドなどでエンジニアとしての実務経験があれば副業は可能です。

もちろん実力は必要なので、本業で様々な経験を積むことが大切です。

また自身のスキルを伝えるためにも「スキルシート」は必ず用意しておきましょう

フロントエンドのスキルを中心に、内容を整理することが大切です。

注意として、エンジニア未経験の状態での副業は無理だと考えておいた方がいいでしょう。

まずは転職をして実務経験を積み、副業できるレベルまで成長することをおすすめします。

Q4. Angularで副業するために必要な実務経験やスキルって?

DAI
A. エンジニアとしての実務経験は必須です。

理想はAngularを用いた実務経験があることですが、エンジニアとしての実務経験さえあれば、案件獲得できる可能性もあります。

Q5. Angularの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
A. フリーランスとして独立したくなったら、まずはキャリアカウンセラーに相談してみましょう。

キャリアカウンセラーに相談すると、フリーランスとして独立するにあたり必要なスキルレベルを教えてくれます。

話を聞いてから、ご自身がフリーランスとして通用するレベルかどうかを判断するといいでしょう。

自分では「まだまだ実力が足りない」と思っていても、話を聞いてみたら意外と「高単価案件を獲得できるレベルです」と言われることもあります。

まとめ

本記事ではAngularの副業案件を探す基準や単価の目安、副業エージェントの有効な活用方法、副業の注意点などについて解説しました。

さまざまな副業案件を経験することで、収入が増えたりスキルアップにつながったりなどのメリットがあります。

またAngularなどのJavaScriptを使用したフロントエンドフレームワークは、年々需要も延びているため今後はさらに案件が増える可能性が高いです。

リモートOKの案件も多いため、副業で実績を積めば将来的には自由な働き方も実現できるでしょう。

一方、稼働時間を考慮せず副業案件をたくさん請け負うと、精神的・身体的な負担も大きくなり、体調を崩す可能性があります。

慣れないうちは無理せず、睡眠時間や休憩時間を確実に確保できる案件からこなしていきましょう。

まずは下記のエージェントに登録して、高単価なAngularの副業案件を探してみましょう。

Angularで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント。