最終更新日:
Adobe Premiere Proで副業したい方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
実務経験者向けの案件数が豊富なサイト。週4〜案件が多い(週3以内案件はハイスキル者向け)。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
Midworks(公式:https://mid-works.com/
豊富な案件数と手厚い保障が魅力のエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

「Adobe Premiere Proのスキルを活かせば副業できる?」

「どうやって案件を探すのがおすすめ?」

DAI
この記事では、上記のようなお悩みを持つ方に向けて解説していきます!

Adobe Premiere Proを使った副業をするにあたり、案件を探す条件には以下のようなものがあります。

  • 週2〜3日の稼働で働ける
  • リモートワークOK
  • 高単価
DAI
条件をすべて満たす案件を獲得するのは、簡単ではありません。

複数のエージェントサイトを調べたところITプロパートナーズは副業に適した案件数が圧倒的に多い結果となりました。

DAI
Adobe Premiere Proで副業したいなら、上記3つのエージェントに登録しましょう。条件にこだわって一括検索するならエンジニアスタイル東京も便利です!

自分に合った案件を見つけるには、最低でも3つ以上のエージェントサイトに登録するのがおすすめです。

人気案件は非公開になっていることも多いため、複数のエージェントサイトに登録しておきましょう。

DAI
今回ご紹介する副業案件のエージェントサイトは以下の通りです。参考にしてみてください!
公式サイト 週1日案件 週2~3日案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
Midworks https://mid-works.com/
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/

※2022年9月時点、各公式HPより
※レバテックフリーランスの案件は実務経験必須(週3以下稼働の案件は特にハイスキルが求められます)。

DAI
Adobe Premiere Proの副業にチャレンジし、自分の理想の生活を実現しましょう!

Adobe Premiere Proの副業案件を探す基準

Adobe Premiere Proの案件を探すには、稼働時間帯や報酬形態、働く場所などの条件を、自分で選択する必要があります。

DAI
副業と本業とのバランスを保ちながら、自分に合った案件を選ぶことが重要です。

Adobe Premiere Proの副業案件を探す際の基準を、5つ紹介します。

  1. クラウドソーシングまたは副業エージェント
  2. 土日や平日の早朝・夜の稼働が可能か
  3. 週の最低稼働日数が少ないか
  4. フルリモート案件があるか
  5. 高単価な案件が多いか
DAI
1つずつ解説していきます!

①クラウドソーシングまたは副業エージェント

DAI
ずばり、低単価案件の多いクラウドソーシングではなく、良質案件の多い副業エージェントを使って案件を探すのがおすすめ!

業務委託の副業には、「請負契約」と準委任契約」の2種類の契約形態があります。

  • 請負契約:完成した仕事に対し、報酬が支払われる成果報酬制
  • 準委任契約:稼働時間に対し、報酬が支払われる時給制
DAI
請負契約は結果に対して報酬が発生し、準委任契約はプロセスに対して報酬が発生するイメージです。

請負契約の案件が多いクラウドソーシングでは、労働量に対して報酬が安くなりがちです。

以下のような安い報酬になってしまう場合もあります。

  • 納品物に対し、何度も修正依頼を出されたため、時給換算すると500円ほど
  • 100時間以上の推定工数で報酬が5万円。時給換算すると500円ほど

クラウドソーシングの準委任契約の案件は、時給1,000円前後のものが多く、高単価とはいえません。

十分なAdobe Premiere Proのスキルをお持ちなら、クラウドソーシングではなく、準委任契約がメインの副業エージェントの利用がおすすめです。

DAI
同じ業務内容でも報酬が倍も違うこともあります。作業時間が限られる副業では、短い時間で効率よく稼ぎいたいですよね。

高単価案件の豊富さ意外にも、副業エージェントには以下のようなメリットもあります。

  • 会社員並みの福利厚生を用意しているエージェントもある
  • 営業や契約手続きを代行してくれるため、余計な工数を減らせる
  • 案件の契約期間が終わった後、新たな案件を紹介してくれる
DAI
副業エージェントは安心して業務に取り組めるため、初めての副業で不安な方にもおすすめです。

②土日や平日の早朝・夜の稼働が可能か

案件探しの基準の2つ目は、土日や平日の早朝・夜の稼働が可能かどうかです。

本業やプライベートが忙しいときにも柔軟に対応できるよう、土日や平日の早朝・夜に稼働できることは重要なポイントとなります。

DAI
本業で残業が多い人には、土日のみ稼働するスタイルがおすすめです。

稼働時間帯が合わない案件は、どんなに業務内容や報酬が魅力的であっても、応募を見合わせましょう。

あくまでも本業の補助であるのが、副業です

DAI
比較的柔軟に働ける求人は、ベンチャー企業やスタートアップの求人に多いです!

③週の最低稼働日数が少ないか

稼働時間帯の他にも、週の最低稼働日数という条件もあります。

DAI
1〜2日など、週の最低稼働日数が少なめに設定されている案件がおすすめです。

スケジュールに合わせた労働量の調整もしやすく、本業と両立しやすいためです。

仮に、最低週5日稼働の案件を受注した場合、内容によっては睡眠時間を削り、本業に支障をきたす恐れもあります。

プライベートの時間を確保するためにも、副業でAdobe Premiere Proの仕事をするなら、週1~2日の稼働を目安にしましょう。

DAI
ITプロパートナーズには週1〜2日稼働OKの案件が比較的多く掲載されています!

④フルリモート案件があるか

Adobe Premiere Proの副業案件を探すうえで、フルリモート案件があるかどうかも、重要な基準の1つです。

DAI
副業はプライベートの時間を使うため、通勤時間がないにこしたことはありません

趣味や勉強にあてる時間を確保するには、本業後に別の会社に出社して、夜中に帰るようなサイクルでは厳しいです。

フルリモートの場合、本業以外で通勤時間がかからないため、効率よく副業に注力できます。

プライベートの時間も、副業が終わった後に確保しやすいです。

DAI
Adobe Premiere Proの業務はフルリモートと相性が良く、見つかる可能性は高いですが、人気で応募者も多いため争奪戦です。

⑤高単価な案件が多いか

案件を探すエージェントサイトや企業によって、報酬には大きな差があります

同レベルの案件であれば、より高単価な方を選択しましょう

DAI
業務レベルは大差ないのに、単価が倍以上違うケースは多いです。

スタートアップやベンチャー企業と、大手企業でも、以下のような違いがあります。

  • スタートアップやベンチャー企業:人件費を抑えるため単価が安い傾向裁量を持って仕事できるケースが多い
  • 大手企業:高単価案件が豊富。やりがいのある業務はベンチャーに比べると少なめ

自分のスキルレベルに合った、なるべく高単価な案件に応募することを心がけましょう

Adobe Premiere Pro向けの副業ができるおすすめエージェントやサイト

Adobe Premiere Proの副業案件を探しには、エージェントを利用するのがおすすめです。

DAI
希望する働き方や仕事内容に合った案件を、業界に詳しいキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

「週◯日稼働で、単価〇円以上の案件を探したい」といった相談も気軽にでき、自分1人より効率よく仕事を見つけられるのが魅力です。

Adobe Premire Proの副業に適したエージェントを4つ紹介します

DAI
どれも無料なため、すべて登録しておくのがおすすめ!
公式サイト 週1日案件 週2~3日案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
Midworks https://mid-works.com/
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/

※2022年9月時点、各公式HPより
※レバテックフリーランスの案件は実務経験必須(週3以下稼働の案件は特にハイスキルが求められます)。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、質のいい直請け案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 43,999件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3日案件、リモート案件多数

※2022年9月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)
※レバテックフリーランスの案件は実務経験必須(週3以下稼働の案件は特にハイスキルが求められます)。

レバテックフリーランスの主な特徴は以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 豊富な案件数

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは高単価案件を多く取りそろえ、その多くが中間業者を挟まない直請け案件」です。

DAI
中間業者に支払うべきマージンを、フリーランスに還元して高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年8月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT業界に精通したプロのエージェントのサポートを受けられるレバテックフリーランスは、IT人材サービスを多く手がけています。

DAI
提案の早さや定期的なヒアリングで、安心した利用が叶います

豊富な案件数

エンジニア案件を豊富に取り扱っているのも、レバテックフリーランスの特徴です

レバテックフリーランスを活用し、エンジニアの高単価案件を受注しましょう。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズは、リモートワークでベンチャー企業・スタートアップで働きたい人必見です!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,290件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年9月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴は以下の2つです。

  1. 直請け案件で高単価を実現
  2. リモート、週1~2日から稼働可能な案件多数

直請け案件で高単価を実現

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

他のエージェントと比べると、ITプロパートナーズで取り扱う案件は直請け案件が多く高単価な傾向があります。

※直請け案件とは、間に中間業者を挟まず、直接クライアントと契約する案件のこと

DAI
多くのフリーランスエージェントは、マージン率を公開しておらず、フリーランスの取り分や、単価の良し悪しを正確に知るのは難しい現状があります。

高単価な案件を取り扱っているかどうかは、直請け案件が多いかどうかで判断しましょう

DAI
直請け案件の多いITプロパートナーズは、マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ魅力的なエージェントです。

リモート、週1~2日から稼働可能な案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの魅力の1つに、週1~2日から稼働できる案件が多い点があります。

他のフリーランスエージェントの案件は、最低稼働日数が週3〜4日以上が一般的で、さらにその多くが常駐案件です。

一方、ITプロパートナーズはリモート案件が多く、自分のスタイルに合わせて案件を選べます。

DAI
フリーランスの仕事を副業的に始めてみたい方におすすめのエージェントです。ITプロパートナーズで生活費を稼ぐ、本業で自分のやりたいことをメインに行うことも可能です。

注意:ITプロパートナーズはフリーランスエージェントなため、週1日から稼働できる案件紹介が可能ですが、会社員の方には副業を紹介していません。

Midworks

画像はMidworks公式サイトより引用(2022年11月12日時点):https://mid-works.com/

運営会社 株式会社Branding Engineer
公開案件数 8,652件
(※_2022年11月12日時点)
対応地域 関東圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、三重県)
(フルリモート勤務の場合は全国対象)
特徴 大企業からの高単価案件が募集されていることがある
週3〜稼働できる案件あり(※ 会社員向けの副業案件は紹介不可)

Midworksは、フリーランスで活躍したいエンジニアにおすすめのエージェントで、次のような特徴があります。

  • 報酬補償を含む手厚い福利厚生
  • エンジニア案件の分野が幅広い

報酬補償を含む手厚い福利厚生

Midworksの魅力は、協業補償を含めた手厚い福利厚生が用意されている点です。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務補助」
  • 保険の紹介
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助
  • 休業中も給与を補償する「報酬補償制度(審査あり)」

フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」です。

ですがMidworksなら仮に案件が途切れても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます(報酬補償の適用には審査があります)。

DAI
不安定な状況になりやすいフリーランスにとっては、心強い制度ですね!

エンジニア案件の分野が幅広い

Midworksで取り扱っている案件の多くは、エンジニア向けの案件です。

また、クライアントの種類が幅広いので、選択肢が多いのも魅力です。

  • 大手上場企業〜スタートアップベンチャーまで会社規模が多様
  • SIerも自社サービス企業案件もあり
DAI
掘り出し物の案件があるかもしれません。個人では参画しにくい案件を見つけるチャンスです!

週3日から入れる案件や、しっかり週5日で稼働できる案件もあるので、自分の働き方に合った案件を探せます。

登録&相談は無料です。

「フリーランスを目指したいけど不安…」という人は、まず登録して、相談だけでもしてみることをおすすめします!

※Midworksは週3日程度〜参画できる案件がありますが、会社員の方への副業は紹介していません。

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京の魅力は、多様なエージェントの案件を抜粋して紹介しているところです。

優良エージェントの案件を厳選して掲載しており、多様な案件をまとめて確認したり、クリック1つで応募できたりと、効率よく案件を探せます

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 172,500件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日稼働OKなどさまざまな案件に対応

※2022年9月時点・公式サイトより引用/算出

DAI
豊富で高単価な案件から、自分に合った案件を見つけましょう!

エンジニアスタイル東京の特徴は以下の2つです。

  • 17万件超の豊富な案件数
  • 細かな条件設定で案件を探しやすい

17万件超の豊富な案件数

2022年9月時点で、エンジニアスタイル東京の掲載案件数は17万件を超えています。

幅広い案件から、自分に合った案件を探すことができるでしょう。

DAI
国内最大級の案件数を誇ります!

リモートワークやフレックス制度、週2日稼働など、他のエージェントでは取り扱いの少ない案件も、エンジニアスタイル東京には多く掲載されています。

DAI
幅広いニーズに合う求人を取り扱うエンジニアスタイル東京も、ぜひ登録しておきましょう!

無料で会員登録する(公式サイト)

細かな条件設定で案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年8月時点確認

エンジニアスタイル東京では、平均単価をはじめ、職種や言語、フレームワーク別の単価や、件数ランキングが公開されています。

DAI
相場を知ることは、最適な案件を探す近道です!

案件を探す際の条件は以下の通りです。

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

上記に加え、以下のこだわり条件でも検索できます。

  • 稼働できる時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か
  • 未経験OKか
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキルや条件を詳しく設定でき、自分に合った案件が探しやすいのが特徴です。

エンジニア東京UI

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年8月時点

さらに、面談から稼働開始後までのサポートはもちろん、福利厚生も充実しています。

DAI
エンジニアスタイル東京を使って、快適に案件を探しましょう!
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

Adobe Premiere Proの副業をするために必要な準備

Adobe Premiere Proの副業をする前に、必要な準備が2つあります。

  1. 実務経験やスキルの棚卸し
  2. 副業案件を探すエージェントサイトへの登録
DAI
この2つを済ませれば、自分に合った求人を見つけやすくなります。

実務経験やスキルの棚卸し

まず、Adobe Premiere Proに関連する自分の実務経験やスキルを、明確に言語化しておきましょう。

DAI
Adobe Premiere Proの業務範囲は多岐にわたるため、「Adobe Premiere Proができます!」とアピールしたところで、クライアントにどれだけ貢献できるかが伝わりません。

Adobe Premiere Proの業務を以下のように細分化し、それぞれにちなんだ実務経験やスキルを書き出しましょう

  • 構成作成:YouTube動画の構成20 本、企業紹介動画の構成5本など
  • ディレクション(動画作成):YouTube動画30本、tiktok動画10本など
  • 再生回数値改善:YouTube動画20本、TikTok動画10本など
  • LP設計・制作:企業LP設計・制作15 本、設計10 本など
  • 操作可能なツール:Adobe Premiere Pro経験2年など

副業案件を探すサイトへの登録

次にすべきことは、Adobe Premiere Proの副業案件を探すサイトに登録することです

急に案件が中止になって次の仕事を見つけなければならない場合にも、あらかじめ利用できる状態にしておけば迅速に対応できます。

クラウドソーシングサイトやエージェントサイト、ビジネスSNSなど、Adobe Premiere Proの副業の案件探しに役立つサイトはさまざまです。

DAI
先ほど紹介した4つのエージェントを使うのがおすすめです無料ですのですべて登録しておきましょう

Adobe Premiere Proの副業案件にはどんなものがある?

Adobe Premiere Proの副業でどのような業務をするのか、具体的にイメージできていない方も多いかもしれません。

DAI
実際に公開されているAdobe Premiere Pro案件を、3つ見ていきましょう。

映像データの変換業務

引用:レバテックフリーランス ※2022年9月2日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

映像データの変換業務とは、各種動画データを再生に適したファイル形式へ変換する業務です。

この案件では、マルチカメラで撮影した映像素材を、テレビ番組向けに変換します。

本編集で扱いやすいよう、事前の動画編集作業も業務に含まれています。

DAI
影響力のあるマスメディアに携われるチャンス!オンライン商談やリモートOKなため、比較的柔軟な働き方が実現できそうですね。

YouTube向け動画編集・ディレクション

引用:レバテッククリエイター ※2022年9月2日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

YouTube向け動画編集・ディレクションとは、Adobe Premiere Proを用いてYouTube向けに動画編集し、ディレクションする仕事です。

ディレクションではYouTube向け動画制作にあたり、演出や進行管理を行います。

DAI
動画編集スキルだけでなく、スケジュールに沿って滞りなく仕事を進めていくマネジメント能力も必要です。

Adobe Premiere Proの使用経験2年以上や、YouTube動画のディレクション経験1年以上など、即戦力が求められています

テレビ同様に市民権を得たYouTube業界では、動画編集能力は必須です。

DAI
今後一層競争が増していくとされるYouTube市場に、挑戦してみてはいかがでしょうか?

コーポレートサイト改修・コンテンツ制作

引用:レバテッククリエイター ※2022年9月2日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

企業のコーポレートサイト改修・コンテンツ制作業務です。

企業ホームページのアップデートや、SNS向けの画像加工、動画編集や撮影をサポートします。

DAI
企業案件なため、報酬は〜55万円と高く設定されているのも魅力です。

近年は企業ホームページ内に動画を掲載したり、企業がYouTubeチャンネルを持ったりすることも増えており、動画編集を外部に依頼する企業も増えています

DAI
本業でAdobe Premiere Proや顧客折衝などの経験を豊富に積んでいる人におすすめの案件です!

Adobe Premiere Proの副業案件を行うメリットは?

本業で働きながら、プライベートの時間を使って仕事をする副業は、決して楽なものではありません

特に、専門知識が必須なAdobe Premiere Proの副業は大変です。

しかし、Adobe Premiere Proの副業案件には、3つのメリットがあります。

  1. 収入が増える
  2. スキルアップにつながる
  3. 人脈の開拓
DAI
Adobe Premiere Proの副業は大変な分、得られるものも多いです!

1つずつ見ていきましょう。

収入が増える

副業すると本業以外の報酬が発生し、収入が増えます。

たとえば、月に単価75万円の案件を請負った場合、週3日で1日8時間稼働すると、週24時間、月96時間の稼働となります。

時給に換算すると約7,812円です。

副業は本業の合間の限られた時間で行うため、時給の高い案件で効率よく稼ぐのがおすすめです。

DAI
やった分だけ収入に反映される副業は、本業のような収入の天井がないことも大きな魅力です。

Adobe Premiere Proの高いスキルがあれば、本業以上の収入を副業で稼ぐことも可能でしょう

案件にもよりますが、1社との取り引きだけで、本業以上に稼げるケースもあります。

DAI
収入源が増えると、お財布だけでなく、精神的余裕も生まれます!

スキルアップにつながる

副業のメリット2つ目は、副業の業務を通してスキルアップが見込めることです。

Adobe Premiere Proという業務内容は同じでも、副業では本業とは異なる業界にも挑戦できます

どんなジャンルでも通用するようになるには、多様な業界のAdobe Premiere Pro案件に取り組むことが近道です。

DAI
将来的に、本業の業務範囲の拡大収入アップも期待できます。

人脈の開拓

3つ目のメリットは、人脈の開拓です。

良質な案件に携われたり、本業より好待遇の企業に転職できたりする可能性をもたらしてくれます。

  • 非公開の良質な案件を紹介してもらえる
  • Adobe Premiere Pro業界で有名な人と働ける機会や接点が得られる
  • 副業先の会社からスカウトされる
  • Adobe Premiere Proの最新情報を収集して本業に活かせる

Adobe Premiere Proを使った動画編集の市場は、拡大しつつも競争は厳しくなっています。

いち早く新しい情報を手に入れ、実装できるかが、カギです。

DAI
Adobe Premiere Proのプロと接点があれば、インターネット上では得られない質の高い情報を入手できる可能性も高まります

Adobe Premiere Proで副業するデメリットって?

Adobe Premiere Proの副業には、もちろんメリットだけでなくデメリットもあります。

Adobe Premiere Proの副業のデメリットは、下記2つです。

  1. 本業との兼ね合いが難しくなる
  2. 休みが取れなくなる
DAI
デメリットと言えど、あらかじめ対策可能なのでご安心を!

本業との兼ね合いが難しくなる

本業とのバランスが取るには、副業の稼働時間やタスク量の管理が不可欠です。

DAI
たとえば、副業業務が納期までに終わらず徹夜したことで、本業に集中できずミス連発。疲れにより副業にも集中できず……となると、もはや副業する意味を見失います。

このような事態を防ぐためにも、Adobe Premiere Proの副業は小さく始めるのがポイントです。

まずは副業生活に慣れるためにも、数時間以内にこなせるレベルの案件から始めましょう

徐々に案件数を増やしたり、レベルの高い案件にトライしたりするのは、慣れてからがおすすめです。

休みが取れなくなる

趣味や家族との団らんに費やす時間が取りにくくなることも、副業のデメリットです。

特にかけ出しの頃は、作業量が重要になるため、休日もずっと仕事をする可能性があります。

副業にあてる時間をあらかじめ決めておくのが、休みを確保するためのポイントです。

DAI
たとえば、「平日は週3日、1日2時間を副業にあてる」と決め、これ以上は副業に時間を使わないようにします。

仕事とプライベートのメリハリがつかないと、24時間気が休まりません。

副業の業務時間の上限を決め、副業よりも本業を、本業よりも休養を大切にしましょう

時間管理を徹底し、副業に時間や気力のすべてを注がないよう注意が必要です。

Adobe Premiere Proの副業案件や単価の目安

最低勤務日数に応じた、Adobe Premiere Proの副業の業務内容や単価を確認してみましょう。

Adobe Premiere Pro副業案件や単価例:週3日勤務の場合

引用:ITプロパートナーズ ※2022年9月2日時点の案件のため、現在は公開終了している可能性があります

週3日勤務、月80時間以上の稼働で、仮に報酬を40万円とした場合、時給換算すると5,000円です。

DAI
1日あたりの稼働時間は6時間以上になります。

仕事は、動画の企画から撮影現場のディレクション、動画編集作業など、上流から下流までをこなす内容です。

DAI
週3日を確保できれば、動画編集だけでなく撮影現場のディレクション業務も手がけられますね。

Adobe Premiere Pro案件の副業で収入を増やすポイント

専業のフリーランスに比べて、副業は業務にあてられる時間が圧倒的に短いです。

そのため、短時間でどれだけ効率的に稼げるかがカギ、となります。

Adobe Premiere Proの案件の副業で、収入を増やすポイントは以下の3つです。

  1. 単価が安い案件は控える
  2. 自分のスキルを相見積りしてもらうために、複数のエージェントに登録してもらう
  3. エージェントを利用する際は、マージン率を確認する

1つずつ見ていきましょう。

単価が安い案件は控える

案件の単価は、収入に最も大きく影響を与えます。

同じ難易度の案件でも、単価が倍近く違うこともあるのが現実です。

手当たり次第に応募せず、複数の案件を集めて比較検討しましょう。

DAI
たった100円の時給の差でも、長い目で見ると大きく差が出ます。案件は妥協せずに厳選しましょう!

自分のスキルを相見積りしてもらうために、複数のエージェントに登録してもらう

必ず複数のエージェントに登録し、自分のスキルを相見積りしてもらいましょう。

自分のスキルや経験に、どれくらいの市場価値があるかが客観的にわかると、マッチした案件を獲得できる可能性が高まります。

高単価の案件に巡り合うには、自分のスキルをより高く評価してくれるエージェントを選ぶのも1つのポイントです。

DAI
エージェントとの相性も重要なため、複数のエージェントに登録しましょう。

エージェントを利用する際は、マージン率を確認する

エージェントを利用する場合は、マージン率(仲介料)を確認しておきましょう。

一般的に、副業で利用できるエージェントのマージン率は10〜20%です。

DAI
たとえば、クライアントが100万円の仕事を依頼した場合、マージン率が20%であれば、利用者に支払われる報酬は80万円になります。マージン率の低いエージェントを使う方が賢明です。

しかし、マージン率を公開しているエージェントはほとんどありません。

そこでチェックすべきなのは、直請け案件(エージェント以外に中間業者を挟まない契約形態)かどうかという点です。

直請け案件であれば、エージェント以外からマージンを引かれないため、高単価になりやすいと言えます。

DAI
直請け案件で良質かつ高単価な案件が豊富な、レバテックフリーランスITプロパートナーズに登録しましょう!

Adobe Premiere Proの副業を始める際の注意点

Adobe Premiere Proの副業を始める際は、以下の4つに注意が必要です。

  1. 土日や平日の早朝・夜の稼働が可能か確かめる
  2. スケジュール管理をのもと、可能な範囲内で始める
  3. 副業可能か会社に確認する
  4. 確定申告が必要か確認する
DAI
順番に見ていきましょう!

土日や平日の早朝・夜の稼働が可能か確かめる

「Adobe Premiere Proの副業案件を探す基準」でも紹介しましたが、受注したい案件が土日や平日の早朝・夜の稼働が可能かを確かめましょう

土日や平日の早朝・夜の稼働がNGな場合、本業と両立しにくくなる可能性が高く、副業ではなくフリーランスのための案件と考えるべきです。

DAI
単価や業務内容がどんなに魅力的でも、稼働時間が合わない案件への応募は見合わせましょう。

スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

副業する前に、こなせる範囲のスケジュールを立てましょう。

DAI
キャパオーバーになるほどの仕事量は、本業の足を引っ張り、副業のパフォーマンスも落としかねません。

たとえば、「来月は毎週土日に10時間確保できるから、Adobe Premiere Proの仕事を〇本受注しよう」などです。

最初は小さく副業を始め、本業との兼ね合いやスケジュール管理のポイントをつかんでから、徐々に仕事の幅を広げていくのがおすすめです。

DAI
本業で安定した収入があれば、最初から焦って稼ぐ必要はありません

副業を始めて数ヶ月間は、報酬よりも副業に慣れることに注力しましょう。

副業可能か会社に確認する

副業する前に、本業の会社が副業を容認しているか確認する必要があります

副業禁止の場合には、素直に規定に従いましょう。

DAI
バレても解雇されることはほとんどありませんが、会社からの信用を損ないます。

民間企業とは異なり、公務員は原則副業禁止です。

一部で認められるケースもありますが、副業する旨を届け出ないと解雇されてしまうこともあります。

また副業OKの企業でも、以下のような行為は控えましょう。

  • 本業企業の競合に加担する副業
  • 会社の業務に明らかに支障をきたす副業
  • 風俗や暴力団など社会的信用を損ねる副業
DAI
あくまで第一優先は本業であることを忘れないでください!

確定申告が必要か確認する

自分で確定申告を行う必要が生じるのは、副業収入が年収20万円を超えた場合です。

DAI
会社では自分の代わりに会社が税金を計算してくれますが、個人で働く副業では自分で確定申告して納税しなければなりません。

以下を準備しておくと、確定申告の負担を減らせます。

  • 生活口座とは別に、副業専用の口座を用意する
  • 副業に関する出費は経費にするために領収書を保管しておく
  • 会計ソフトを利用して取り引きを記録する

ちなみに、確定申告を期限までに終わらせなかった場合、延滞税を徴収される恐れがあります

DAI
毎年早めの提出を心がけましょう。

Adobe Premiere Proの副業についてよくある質問

最後に、Adobe Premiere Proの副業について、よくある質問をまとめました。

  1. 週何日から副業できる?
  2. リモートワーク可能な案件はある?
  3. Adobe Premiere Pro未経験で副業できる?
  4. Adobe Premiere Proで副業するために必要な実務経験やスキルって?
  5. Adobe Premiere Proの副業からフリーランスとして独立するには?

順番に見ていきましょう。

Q1. 週何日から副業できる?

DAI
週1日から副業可能です。もちろん週5日で働くこともできます。

ただし、週1日勤務可能な案件は数が少なく争奪戦なため、見つけたらすぐに応募しましょう。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
Adobe Premiere Proはリモートワークと相性がよく、リモートワーク可能な案件は多くあります

上流工程の業務では、クライアントとのミーティングが多く発生するため、パーソナルスペースを確保できる自宅やコワーキングスペースで仕事するのが一般的です。

Q3. Adobe Premiere Pro未経験で副業できる?

DAI
Adobe Premiere Pro未経験での副業は厳しいです。

多くの求人の条件欄には、「Adobe Premiere Proの実務経験◯年以上」と記載されています。

Adobe Premiere Pro未経験で副業を始める前に、しておくべきことは以下の通りです。

  • Adobe Premiere Proの実務経験を正社員として積む
  • クラウドソーシングを使って安価なAdobe Premiere Pro案件にトライする
DAI
就職して経験を積むほうが、長い目で見ると効率的です!

Q4. Adobe Premiere Proで副業するために必要な実務経験やスキルって?

DAI
案件に即した実務経験があることです。

基本的に副業では、実務経験のある業務の案件しか受注できないと考えましょう。

クライアントが仕事を依頼するのが、Adobe Premiere Proのプロを求めているためです。

動画編集の案件なら動画編集の経験を、ディレクションの案件を取りたいならディレクションの経験を、本業で積んでおきましょう。

Q5. Adobe Premiere Proの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
副業収入が本業を超えたときが、副業からフリーランスとして独立するタイミングです。

安定性に欠けるフリーランスのデメリットは、極力つぶしておきましょう。

独立した途端、副業の契約が途切れ、無収入になってしまうこともありえます。

DAI
独立前に複数のクライアントとつながっておくと安心です。

まとめ

この記事では、Adobe Premiere Proの副業案件を選ぶ基準や、おすすめのエージェント、単価の目安について解説しました。

週1〜2日の稼働やフルリモート可能な案件も多く、Adobe Premiere Proの副業は限られた時間でも効率的に稼ぎやすいと言えます。

最初は小さな副業を心がけ、応募条件や稼働時間を精査して、自分に合った案件に応募しましょう。

DAI
今回紹介した副業エージェントへの登録は無料です。登録したうえで、Adobe Premiere Proの副業にチャレンジしてみてください!
Adobe Premiere Proで副業したい方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
実務経験者向けの案件数が豊富なサイト。週4〜案件が多い(週3以内案件はハイスキル者向け)。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
Midworks(公式:https://mid-works.com/
豊富な案件数と、手厚い保障が魅力のエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です