最終更新日:
VB.NETの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

VB.NETの業務委託案件を探していて、以下のような悩みを感じたことはありませんか?

男性A
VB.NETの業務委託案件を効率よく探したいけど、どうすればいいんだろう?
女性A
高単価な案件や、フルリモートで稼働できる案件を探したい!

VB.NETの業務委託案件を効率よく探すには、複数の案件サイトに登録して比較するのがおすすめです。

各案件サイトには、種類が豊富・福利厚生が充実している・高単価案件に強いなど、それぞれ特徴があります

そのため、複数のサイトに登録し、それぞれの長所を活かしながら自分の希望にマッチした案件を探すのがおすすめです。

今回の記事では、VB.NETの業務委託案件を探す人におすすめのサイトを厳選してを紹介していきます。

DAI
具体的なVB.NET案件の内容や、契約締結の流れについても解説するので、業務委託契約を結んで仕事をしたいという方はぜひ最後までご覧ください!

VB.NETの業務委託案件を探す基準

ここからは、VB.NETの業務委託案件を探す際の基準をご紹介します。

以下の3つの基準で案件を比較するのがおすすめです。

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • リモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が多いか
DAI
それぞれのポイントについて詳しく解説していきます!

自分のスキルに合った案件が多いか

エージェントを使ってVB.NETの業務委託案件を探す際は、「自分のスキルを活かせる案件を多く取り扱っているか?」をチェックするようにしましょう。

案件サイトでは、以下のようにそれぞれ得意分野が異なるので見極めが重要です。

  • Webアプリケーションの案件に特化している
  • 小規模なシステム開発案件や、規模が大きい常駐案件など多種多様な案件がある
  • 高度な専門スキルや経験が必須だが、高単価の案件が多い

「希望の職種があるか?」「自分のスキルを存分に活かせる案件か?」など、優先順位を自分で決めておき、条件にマッチするエージェントを使い分けるようにしましょう。

DAI
エンジニアスタイル東京」を使えば、さまざまなサイトの案件を一括検索できるので、まずはどんな案件があるのか知りたいという方は活用してくださいね!

フルリモート可能な案件があるか

チェックすべきポイント2つ目は、「フルリモート案件があるか」です。

自宅やカフェなど自分の働きやすい場所で作業ができるため、時間を効率よく活用できます。

出勤時間もないので、仕事や趣味に充てる時間を増やせるのも魅力の1つ。

フルリモート案件は非常に人気で埋まりやすいため、常に案件をチェックし早めに応募することがおすすめです。

リモート可能な案件は「レバテックフリーランス」と「ITプロパートナーズ」で見つけられますよ。

DAI
案件サイトに登録しておけば、通知が来るので新着案件を見逃す心配もありません!

高単価な案件が多いか

業務委託で効率よく稼ぎたいという方は、高単価な案件が多いサイトに登録するようにしましょう。

扱う求人によって単価が大きく異なるので注意が必要です。

高単価な案件は、その分高いスキルが求められますが、自分のスキルアップにもつなげられます。

DAI
高単価なVB.NET案件は「レバテックフリーランス」と「HiPro Tech」で数多く取り扱っていました。収入を安定させたい方は、複数の案件サイトに登録して単価の相場を見比べてみましょう!

VB.NETの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

この章では、DAINOTE編集部が厳選したVB.NETの業務委託案件を探せるおすすめサイトを4つ紹介します。

エージェントに登録したからと言ってすぐに案件を獲得できるわけではないので、登録する際は複数のサイトへ登録するとよいでしょう。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、良質な案件を受注したいという方におすすめのエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 42,316件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2〜3日案件、リモート案件多数

※2022年10月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価な案件を多く取り扱っています。

なぜなら、案件のほとんどがほかの中間業者を挟まない直請案件」だからです。

他のエージェントだと、クライアントとエンジニアの間に中間業者が複数入る場合もあり、高い紹介料が発生してしまいます。

DAI
中間業者にマージンを取られることなくエンジニアに還元するため、高単価な案件を実現できるんですね!

②キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年10月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、IT人材サービスに特化しており、各分野に精通したキャリアコンサルタントから充実したサポートを受けられます。

あなたの専門スキルや経験を踏まえたうえで、条件に合った案件を紹介してくれるのでミスマッチを防ぎやすいのも魅力。

DAI
各コンサルタントがどんな案件をサポートしたかも一目でわかるので、誰でも安心して相談できますよ。

③案件数が多い

レバテックフリーランスでは、VB.NETの案件を数多く取り扱っています。

リモートOKなど柔軟な働き方ができるものも多く、自分に希望に合った案件を見つけられるのではないでしょうか。

DAI
VB.NETの良質な案件を獲得したいという方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみましょう!
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

『ITプロパートナーズ』は、ベンチャーやスタートアップ企業の案件を探しているという人におすすめです!

DAI
リモートワークなど柔軟な働き方ができる案件が多いのが特徴です。
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,291件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年10月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあげられます。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート勤務、週1〜2日から稼働OKの案件多数

①『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っているVB.NET案件の単価は、他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

なぜなら、取り扱っている案件のほとんどが「直請案件」だからです。

DAI
直請案件とは、他の仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

ほとんどのエージェントはマージン率を非公開にしているため、フリーランスの取り分や、単価の良し悪しを事前に判断するのは非常に難しいのが現状です。

そのため、「直請案件が多いか?」は、高単価の案件を取り扱っているかどうかの指標として非常に重要になります

DAI
過剰な報酬の中抜きが発生しないIT プロパートナーズは魅力的なエージェントと言えますね。

②リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズは、週1〜2日から稼働OKの案件を多く取り扱っており、稼働時間をあまりとれないという方にもおすすめのエージェントです。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の常駐案件が一般的ですが、ITプロパートナーズはリモートの案件も多く、自身の業務スタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
まずは「副業でフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。

メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、生活費をITプロパートナーズ経由で稼ぐという働き方も可能ですよ。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

HiPro Tech

公式:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

HiPro Techは、IT・テクノロジー領域に特化したエージェントで、週3日から・リモートで働きたいエンジニアにおすすめです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 537件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年10月6日時点・公式ページより引用/算出

HiPro Techの主な特徴は、以下の3つです。

  • リモートOK・週3日からOKな案件が多く、柔軟な働き方を実現できる
  • 中間マージンのない直請け案件多数
  • 契約後も充実したサポート体制

①リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式:https://tech.hipro-job.jp/

DAI
HiPro Techの最大の特徴は、リモートOK案件に加え、週3日から稼働OKな案件を多く取り扱っている点です

エンジニア求人の稼働条件は、「週5日~・常駐勤務」がほとんどなので、時間や場所にとらわれず自由な働き方をしたいと思っても難しいのが現状です。

DAI
「HiPro Tech」は、柔軟な働き方がしたい方だけでなく、地方在住の方にもおすすめです。

②中間マージンのない直請け案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、仲介会社を挟まずに、クライアントから案件を受注できる「直請案件」を豊富に取り揃えています。

DAI
中間マージンがない直請案件は紹介料が発生しないため、高単価の案件で収入をアップできるというメリットがあります。

③契約後も充実したサポート体制

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、転職サービスで有名な「doda」をはじめとした人材サービスを展開する「パーソルグループ」が運営しています。

グループ会社で培った豊富な知見と実績を「サポート体制」に活かしているんですね

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techでは、担当者から以下のような一貫したサポートを受け取れます。

  1. 事前面談
    (希望の就業条件、現在の活動状況、将来のキャリアパス、現在の困りごとなど)
  2. 案件のご紹介
    (過去の経験やスキルにマッチした案件の紹介)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結
    (契約から各種手続きまで、徹底的なフォロー)
  5. 業務開始後のアフターフォロー

IT・テクノロジー領域に特化したエージェントということもあり、専門性の高いヒアリングやアドバイスを受けられますよ。

DAI
理想の案件をお探しの方、案件のミスマッチを避けたい方におすすめのエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

エンジニアスタイル東京は、様々なエージェントの案件を厳選して紹介しているサイトです。

DAI
各エージェントの良質な案件を厳選して掲載しており、様々な案件にまとめて応募できるため非常に便利なサイトです。
運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 178,952件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年10月時点・公式サイトより引用/算出

DAI
案件数がとにかく豊富で高単価案件も多いので、迷ったらまずは無料相談するのがおすすめです!

エンジニアスタイル東京の特徴は、以下の2つがあげられます。

  • 17万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

①17万件超の豊富な案件数

2022年10月時点で、掲載案件数は17万件を超えています

幅広い案件から、自分の希望条件に合った案件を探すことが可能です。

DAI
国内最大水準の案件数なんです!

リモートワークやフレックス制度、週2日から稼働OKなど他のサイトでは取り扱いの少ない案件も、エンジニアスタイル東京では多数掲載されています。

副業やフリーランス・転職など幅広いニーズに合わせた求人を取り扱っているため、ぜひ1度登録して案件をチェックしてみるのがおすすめです。

DAI
VB.NETの業務委託案件もエンジニアスタイル東京で見つけられますよ!

無料で会員登録する(公式サイト)

②データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年9月時点確認

エンジニアスタイル東京では、案件の平均単価の他にも職種別、言語別、フレームワーク別の単価や件数ランキングなど有益な情報を公開。

勤務条件や希望業務の単価相場を知ることで、自分にとって最適な案件を探しやすくなります

DAI
VB.NETの業務委託案件を探す際は、以下の情報を入力するのが基本です。

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

また、エンジニアスタイル東京では上記の基本情報に加えて以下のような細かい条件についても検索できます。

  • 稼働できる時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か
  • 未経験OKか
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

保有するスキルや希望の勤務条件を細かく指定できるため、自分に合ったVB.NETの業務委託案件を探しやすいです。

エンジニア東京UI

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年9月時点

エンジニアスタイル東京を使用すれば、快適に効率よく案件を探せます。

DAI
面談はもちろん、業務終了後のサポート体制も充実しているので、まずは無料で会員登録をしてみましょう!
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

VB.NETの業務委託案件例と単価相場は?

 

男性A
VB.NETの業務委託案件には、どのようなものがあるんですか?
DAI
実際にサイトで掲載されている案件をご紹介しますね!
  • システム機能追加改修
  • コンピュータシステム開発
  • POSシステム開発
  • システム運用保守

各業務内容はもちろん、勤務日数ごとの相場感を把握しておきましょう!

システム機能追加改修

引用:ITプロパートナーズ公式ページ
※2022年10月6日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記は、Javaを用いたシステム機能改修に携わるエンジニアを募集している案件です。

JavaやVB.Netの開発経験が必須で求められており、詳細設計経験があると非常に歓迎されるでしょう。

週5日とフル稼働が求められますが、最大80万円の報酬のため、8時間勤務と仮定すると時給は最大で約5,000円となります

DAI
高単価な案件は人気が高いので、見つけ次第はやめに応募することがおすすめです。

コンピュータシステム開発

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年10月6日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記はVB.NETを用いた整骨院向けのレセプトコンピュータシステムの開発の案件です。

VB.NETやSQR serverの実務経験があれば、保有スキルを十分に活かせます。

長期プロジェクトを想定しているため、中長期的に参画したいという方にはおすすめの案件です。

こちらも週5日の勤務ですが、報酬が最大65万円と比較的高単価となっています。

DAI
応募前に、自分の保有スキルや経験を整理しておきましょう!

POSシステム開発

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年10月6日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記は、VB6.0やVB.NETを用いてPOSシステムの保守開発を行う案件です。

主に、追加機能開発と運用・保守を担当するため、VB.NETの開発実務経験が必須となります。

ほかにも、Oracle環境での開発経験があるとスムーズに業務を進めやすいです。

裁量権があり、自由度の高い開発を行えるので、自分の実力を試したいという方におすすめです。

DAI
実務経験が浅くても、似たような経験やスキルがあれば申し込めます!

システム運用保守

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年10月6日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記の案件では、VB.NETを用いた販売管理システムの運用保守者募集しています。

複数社の販売管理システムを担当することになるため、今までの経験や知識を活かしたいという方におすすめです。

常駐が多いエンジニア案件ですが、こちらの案件はパフォーマンス次第でリモートワークも可能なので、柔軟な働き方を実現できますよ

DAI
所有スキルを掛け合わせれば、高単価案件をゲットできる可能性高いです!

業務委託契約の主な種類

業務委託契約とは、「業務を外注したい企業が、社外に自社業務の一部を委託すること」です。

業務量が多く社内で対応できない場合や、専門知識が必要な場合などさまざまな場面で活用されています。

会社員やアルバイトのような雇用関係がないため、企業と対等の関係で業務を進められるのが魅力です。

DAI
納期や報酬・業務内容・仕事の進め方などをお互いに了承した上で契約を締結するのが一般的です。

業務委託契約の種類は、主に以下の3つです。

  • 準委任契約
  • 請負契約
  • 委任契約

ここからは、それぞれの契約について詳しく解説していきます。

DAI
契約内容や報酬の仕組みが異なるので、しっかり違いを理解しておきましょう!

準委任契約

準委任契約とは、「成果物の作成や事務作業を委託する契約」のことです。

業務を委託する側が「法律行為」以外の業務を受任者に依頼する仕組みになっています。

時給や月給計算で報酬が発生するため、約束された時間のみ業務を遂行するのが特徴です。

例えば、VB.NETの準委任契約を交わした場合、「契約した時間内に、委託された業務を滞りなくこなす」ことが求められます。

DAI
準委任契約には、どのようなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

メリット

準委任契約の最大のメリットは「収入が安定しやすい」という点です。

準委任契約は、時間内に委託された業務を遂行できれば、成果物を納品しなくても報酬を請求できるのが特徴です。

たとえばVB.NET開発の際、準委任契約で適切な開発業務を行えば、万が一トラブルが発生してシステムが完成しなかったとしても報酬を請求できるのです。

DAI
つまり、成果物の有無に関わらず稼働した時間分の報酬を受け取れるため、安定した収入を確保できるというメリットがあります。

デメリット

デメリットは、稼働時間の自由があまり効かないという点です。

シフトで稼働する場合がほとんどなため、早朝や土日など稼働時間帯を自由に設定できません。

DAI
柔軟な働き方ができるかどうかはクライアント次第ということですね。

業務の進め方についても、ある程度はクライアントから管理されるので、定期的に業務の進行状況などを報告する必要があります。

また、プロジェクトの途中であっても契約を終了されてしまうというリスクも発生します。

DAI
なぜなら準委任契約では、仕事を委託する側と委託される側ともに「いつでも、無条件で」契約を解除することが可能だからです。

収入が不安定になりやすいフリーランスの人にとっては、契約が突然打ち切られるのは大きなリスクですよね。

請負契約

請負契約とは、仕事を完遂させることを約束したうえで、成果に対して報酬が支払われる契約です。

委託される側は「成果物を完成させて納品する義務」を負います。

会社員やアルバイトとは違い、働いた時間に対してではなく成果物に対して報酬が発生する仕組みです。

DAI
下記からは、請負契約のメリットとデメリットを確認していきましょう。

メリット

請負契約のメリットは「働く時間や場所の自由度が高い」という点です。

仕事の完成が求められる請負契約は、業務途中でクライアントの指示を受けないため、働く場所や時間・業務の進め方を報告する義務はありません。

DAI
エンジニア側は、業務時間や場所に縛られず自分のペースで仕事を進められますね

デメリット

逆に、請負契約が「成果主義」だという点がデメリットになることもあります。

たとえば、VB.NETの開発案件で、納品した成果物のクオリティが不十分だと判断されると、報酬がもらえないリスクがあるのです

DAI
業務のやり直しや報酬の減額を指示されたり、最悪の場合は報酬の支払いを拒否されたりする可能性もあります

また、作業時間がどれだけかかっても、もらえる報酬が変わらないという点もデメリットです。

報酬額が高くても膨大な時間がかかる作業であれば、時給も非常に低くなってしまいます。

DAI
請負契約をする際は、工数と報酬が見合っているかの確認やスケジュール調整が欠かせません

委任契約

委任契約とは、業務の遂行を目的とした業務委託のうち「法律に関係する業務内容を請け負う」契約です。

たとえば、確定申告を税理士に委任したり、弁護士に委任して裁判を起こしたりすることなどがあげられます。

委任契約は法律に関する業務を委託する際に結ぶ契約なので、VB.NET案件で契約することは基本的にありません。

DAI
VB.NET案件では、準委任契約と請負契約が当てはまります

VB.NETの業務委託で働くメリット

VB.NETの業務委託案件で働くことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

この章では、下記4つのメリットを紹介します。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される
DAI
一つずつ詳しく見ていきましょう!

自分の好きな仕事に集中できる

1つ目のメリットは、自分の好きな仕事に集中できるという点です。

業務委託の場合、多種多様な案件から自分の得意なものや挑戦したいものを選べます。

会社で仕事をする場合、関われる業務領域が限定的だったり、会社の指示に従って業務を遂行しなければいけなかったりと制限が多いですよね。

組織で働く以上、自分のやりたくない仕事を振られることもあり、ストレスが溜まる場面も多いのが現状です。

DAI
しかし、業務委託契約なら自分のやりたい仕事に注力できるので、ストレスもなく楽しんで仕事に取り組めるでしょう

自分が挑戦したいと思う業務にも関われるため、会社員時代では得られない知識や経験を身に着けやすいです。

DAI
自分のスキルアップにもつなげられるのは、大きなメリットですよね!

努力次第で収入アップが可能

2つ目のメリットは、努力次第で収入をアップできることです

企業に勤めていると、昇給に時間がかかるという場合が多いですよね。

しかし、業務委託では成果を出し続けることが契約継続につながるため、報酬アップが可能になります

自分のスキルがクライアントに認められることで、好待遇の仕事に結びつくこともあるでしょう。

DAI
会社員で働くよりも、大幅に年収をアップさせられるかもしれません

自分で業務時間を決められる

3つ目のメリットは、自分で業務時間を決められるということです。

たとえば、請負契約の場合は、働く時間や場所を自由に決めることが可能です。

納期さえ遵守していれば問題ないため、自分で裁量権を持って働きたいという方にはぴったりでしょう。

DAI
気分によって働く場所や時間を変えることで、生産性が向上する可能性もあります。

人間関係のストレスから解放される

4つ目のメリットは、人間関係のストレスから解放される点です。

会社に勤めていると、上司や同僚との人間関係に悩むことも少なくありません。

DAI
人間関係が原因で「会社を辞めてしまう…」ということもありますよね。

しかし、業務委託は雇用関係を結ぶわけではないので、クライアントと対等な立場で業務をおこなえます。

万が一「この担当者とは相性が悪い」と感じた場合は、クライアントを変えることも可能なのです。

DAI
正社員とは違い、常に同じ上司やクライアントと働かなくてよいのは魅力的ですね!

VB.NETの業務委託で働くデメリット

VB.NETの業務委託は、メリットばかりではありません。

以下では、業務委託でやる際のデメリットを解説します。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任
DAI
後悔しないよう、デメリットも把握して対策しておきましょう

労働基準法が適用されなくなる

1つ目のデメリットは、「労働基準法が適用されなくなる」という点です。

業務委託契約では、報酬の条件や労働量に関して、法律の保護を受けられなくなります

DAI
なぜなら、業務委託契約では、正社員やアルバイトのような雇用関係がないからです。

最低賃金が法律で定められているわけでもないため、業務量に対して安い報酬で仕事を請けてしまうリスクもあります

DAI
事前に業務内容や報酬をしっかりと確認し、納得の上で契約を取り交わすことが大切です!

福利厚生が受けられない

2つ目のデメリットは、「福利厚生が受けられない」という点です。

業務委託契約では、雇用保険や労災保険といった社会保険が適用されません。

万が一、事故や怪我で休業することになっても必要な手当てを受けにくくなります。

DAI
会社では休業手当が出る場合もありますが、フリーランスだと収入減がなくなってしまうので注意が必要です。

フリーランス用の保険に加入するなど、自分の身を守る対策をしておきましょう。

仕事のトラブルはすべて自己責任

3つ目のデメリットは、「仕事のトラブルが全て自己責任になる」ことです。

会社員の場合は、トラブルを起こしてしまってもある程度会社が責任を取ってくれますが、業務委託では後ろ盾となって守ってくれる存在がありません。

業務委託契約で仕事のトラブルが生じた場合には、すべての責任を自分で負わなくてはならないのです

企業が受けた損害分の賠償責任を問われる場合もあるので、十分注意して業務を進めましょう。

また、企業が求めるスキルを提供できなかったり、納期を守らなかったりすると、簡単に契約を切られてしまうことも大きなデメリットです。

DAI
業務委託契約は、自由度が高くても責任の重大さは変わらないので、常に緊張感をもっておくことが大切です。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託契約を結ぶときに必要不可欠なのが「業務委託契約書」です。

後からトラブルが発生しないよう、きちんと書面でやり取りするようにしましょう。

DAI
業務委託契約書は、お互いを守るためにも大切なものです

業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が必要な理由は、主に以下の2つがあげられます。

  • 契約上のトラブルが起きにくくなる
  • 万が一のときに証拠として使える

基本的に業務委託契約書には、「各案件の業務内容や報酬に関する情報」が明記されています

もし詳細な取り決めがされていなければ、思っていた以上のスキルを求められたり、聞いていた報酬額よりも少なかったりとトラブルが起きやすくなります

トラブルの発生を防ぐためにも、前もって業務委託契約書を取り交わしておくことが重要です。

DAI
契約書にサインする際には、内容をしっかりチェックするようにしてくださいね。

また、業務委託契約書は万が一のときの証拠として使うことも可能です。

DAI
契約書に書かれていない業務を依頼されたり、不当に報酬が減額されたりした場合でも、業務委託契約書があれば対抗できます。

万が一裁判をおこなうことになった場合には、業務委託契約書を提出する必要があります。

DAI
自分の身を守るためにも必要不可欠な書類ですね。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託契約で起こりやすいトラブルとして、主に以下の2つがあります。

  • 成果物に対する度重なる修正を求められたが報酬が変わらず、その分時給が低くなってしまった
  • 契約内容に無い業務についても求められたが、報酬の支払いがなかった

業務委託契約書の中で一連の流れを決めておけば、このようなトラブルを防ぎつつお互い納得した状態で業務を進められます。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

DAI
案件によっては、業務委託契約書とは別に秘密保持契約書を取り交わすこと場合があります。

秘密保持契約とは、契約中に知り得た機密情報や個人情報を、業務遂行以外の用途で第三者に開示しないことを約束するという契約です。

例えば、個人情報を扱うシステム開発や企業の内部情報を扱わなければならない案件の際に、契約の締結を求められるでしょう。

業務委託契約締結の主な流れ

業務委託契約は、以下のような流れで締結します。

DAI
今後契約するときのためにも、ぜひ参考にしてくださいね。
  1. 契約内容の詳細について話し合う
  2. 業務委託契約書を作成する
  3. 契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  4. 業務委託契約書を取り交わし、契約完了

①契約内容の詳細について話し合う

最初に、クライアントと契約内容の詳細について打ち合わせを行います。

契約内容はクライアントや業務内容によって異なりますが、最低限以下の3つは確認しておくことが大切です。

  • 報酬額
  • 契約期間
  • 業務の範囲

自分が納得できない部分に関しては内容変更を求めるなど、お互いが納得すような契約にしましょう

②業務委託契約書を作成する

次に、話し合った内容をもとに業務委託契約書を作成します。

業務委託契約書を作成するのは企業側のケースが多いです。

以前までは、紙面でやり取りするのが一般的でしたが、最近ではクラウド上に業務委託契約書を保管する企業が多くなっています。

③契約書の内容を共有し、認識の相違がないか確認し合う

業務委託契約書ができたら、認識の相違がないか隅々までチェックしましょう。

「打ち合わせた内容と別の業務が追加されていないか?」「報酬額は変更されていないか?」など、トラブルを防ぐためにも細かく確認することが重要です。

小さな事であっても、気になる点があれば相談するようにしましょう

DAI
クライアントが他の契約と間違えている可能性もあるので、抜け目なく行う必要があります!

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

業務委託契約書の内容にお互いが納得したら、契約を締結して完了です。

以前までは紙面に記名捺印が必要でしたが、最近は電子契約が多くなっているため、電子捺印で対応できるケースもあります。

DAI
紙面とネット、どちらでも対応できるようにしておきましょう。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

いざ業務委託契約を結ぶ際に、「どのような条件を確認すればよいかわからない!」という方も多いのではないでしょうか。

ここからは、あらかじめ確認しておくべき主な条件を紹介していきます。

DAI
契約の際には、ぜひ参考にしてくださいね!

契約形態は何か

まずは、契約形態を確認しましょう。

準委任契約か請負契約かで、働き方や収入の安定性にも差が出るので、必ず確認が必要です

業務内容は何か

契約を締結する際には、自分が「どんな業務を委託されるのか」を確認するようにしましょう。

契約内容とはちがう業務を任されたり、報酬に見合わない仕事量だったりする場合もあるため注意が必要です。

DAI
「業務内容と報酬」はもっともトラブルが多くなる項目なので、必ずクライアントと擦り合わせを行いましょう!

報酬についての記載はあるか

業務委託契約の締結では、報酬についての確認も欠かせません

報酬に関する取り決めを書面で行わなければ、質の悪いクライアントの場合に報酬をもらえないリスクがあるからです。

たとえば、下記のような報酬に関する記載があるかを確認するのがおすすめです。

  • 報酬額
  • 支払い方法
  • 時間単価か、プロジェクト単位での支払いか
  • 報酬の計算方法
DAI
収入にもかかわるので、細かな部分まで確認するようにしましょう!

報酬以外に経費の支払いはあるか

報酬以外に「経費の支払い」があるかも重要なチェックポイントです。

クライアント先に常駐せず、リモートで勤務する場合には、成果物の納品にあたって費用が発生する場合があるからです。

経費の例としては、以下があげられます。

  • 業務に必要な消耗品
  • PCの回線費用
  • 電気代

経費の支払いがない場合は、報酬と出費が割に合わない可能性もあるので注意しましょう。

DAI
業務契約書に詳細が明記されていなければ、事前に相談しておくのがおすすめです!

稼働時間はどのくらいか

案件を受ける際には、稼働時間についても確認するようにしましょう。

案件によっては、「最低週3日稼働」などの条件が定められている場合があるので、自分がその条件で働けるのかを考えておく必要があります

また契約によっては、精算幅(例:120時間を基準に、100〜140時間の精算幅で◯万円)が定められていることもあるので、一緒にチェックしておきましょう。

DAI
自分のスケジュール管理のためにも必要となる項目ですね

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

精算幅が設定されている場合は、「報酬の控除や超過支払い」の記載があるかもチェックしましょう。

実際の稼働時間が精算幅よりも少なかった場合は、報酬がその分差し引かれ、逆に多かった場合は加算される仕組みです。

この記載を確認していないと、「業務時間外に働いたのに、その分の報酬が出なかった…」というトラブルにもなりかねません。

DAI
自分が損をしないためにも、お金に関する取り決めはきちんと確認しておきましょう!

報酬の支払日はいつか

検収日と報酬の支払日は、クライアントによって規定が異なることがほとんどです。

業務委託契約においては、納期の確認とともに支払日はいつになるのかを一緒に確認しておきましょう。

DAI
請負契約の場合は、検収が完了するまで報酬が支払われないのが一般的なので、注意が必要です

成果物の検収日が締め日を超過してしまうと、支払いが翌月になってしまう場合もあります。

納品から検収の期間、支払いの仕組みまでを併せて確認しておきましょう

契約期間、更新の有無について

業務委託契約の契約期間や期間満了後の更新可否の確認も欠かせません。

なぜなら、「一度きりの契約なのか長期の契約なのか」の違いによって収入の安定性にも影響するからです。

ほかにも、契約を更新する際にどのような条件が設けられているかも併せてチェックしましょう。

DAI
規定の期間内に解除の申し出がない場合、自動更新されるという規定になっている企業もあります

損害賠償の記載はあるか

自己責任が問われる業務委託契約だからこそ、避けて通れないのが損害賠償の問題です。

万が一企業に損害を与えてしまった場合、企業から損害賠償を請求される可能性も少なくありません。

DAI
全額を賠償するとなれば、その額は数百万円に及ぶこともあります。

特に損害賠償が及ぶ期間や請求される条件については、念入りにチェックが必要です。

今後のキャリアに影響する場合もあるので、漏れがないように確認をおこないましょう

不利な内容は記載されていないか

最後に、業務委託契約書を確認する際には「自分にとって明らかに不利な内容はないか?」という点もチェックしておきましょう。

契約を一度締結してしまうと、修正をお願いしてもクライアントが対応してくれないというリスクもあります。

不利な契約は、今後の自分を苦しめてしまうことにつながるのです。

たとえば、下記のような内容が記載されていた場合は、事前にクライアントに修正をお願いすることをおすすめします。

  • 契約終了後に発生した損害を全額賠償する
  • 報酬の振込み手数料を負担させられる
  • 試用期間で発生した報酬の支払いはしない

双方が納得できない契約の場合は、契約を辞退することも検討しましょう。

DAI
業務委託契約書の内容は見逃しがちですが、自分の身を守るために必ずおこなってくださいね!

まとめ

今回の記事では、VB.NETの業務委託におすすめのエージェントと業務委託契約を実際に結ぶ流れについてご紹介しました

VB.NETの業務委託は、実務経験や高い開発スキルが求められますが、高い報酬や柔軟な働き方を実現できるのが魅力です。

その一方で、福利厚生が受けられないなどのデメリットもあるので、その点をしっかり踏まえたうえで、業務に取り組むようにしましょう。

DAI
まずは複数のサービスに登録して、自分に合ったVB.NETの業務委託案件を受注しましょう!
VB.NETの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です