最終更新日:
PMの業務委託案件を探すときにおすすめのサービス4選
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価が魅力!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
IT専門のエージェントで、リモート可能な案件や週2〜3日の案件が豊富です!
【第3位】HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
リモートOK、週3日からOK案件多数。柔軟な働き方が実現可能!
【第4位】エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/

高単価案件も多数。国内最大水準の案件数です!
男性A
PMの業務委託案件を効率よく探したいけど、どんなサービスを使うのがいいんだろう?

PM(プロジェクトマネージャー)の業務委託案件を探したいものの、上記のような悩みを抱えていませんか。

今回はPMの業務委託案件を探したい人におすすめのフリーランス求人サイトや単価相場について解説します。

まずは会社員時代に経験を積みながら、実力が身についた段階で業務委託の働き方に移行することが大切です。

自力で営業をかける方法よりも、おすすめのサイトに登録して活用することで、高単価案件を探しやすくなりますよ。

DAI
おすすめのサイト4選を解説するので、これから業務委託の働き方をご検討される方は参考にしてください!

PMの業務委託案件を探す基準

PMの業務委託案件を探すときは、以下の基準で案件をチェックしてみましょう。

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • フルリモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が多いか

順番にそれぞれの内容を解説します。

自分のスキルに合った案件が多いか

PMの業務委託案件を選ぶときは、自分のスキルレベルに見合う内容を選びましょう。

過去に経験のある分野、または関連する分野を選ぶことで、採用率アップに期待できます。

スキルに見合う案件を探すには、エージェントのサイトを活用する方法がおすすめです。

DAI
仲介役の担当者がスキルに合う案件を提案してくれますよ。

フルリモート可能な案件があるか

PMの業務委託案件を探すときは、完全にリモートで対応できる内容を選びましょう。

常駐案件とは違い、フルリモート案件は出社する必要がありません。

通勤時間を短縮できる分、プライベートに使う時間を増やせるメリットがあります。

DAI
フルリモート案件は応募者が多いので、こまめに新着案件を確認することが重要です。

高単価な案件が多いか

PMの業務委託案件は、企業によって単価が変わってきます。

同じような業務内容でも、A社よりもB社のほうが高単価といったケースもあるでしょう。

業務委託の高単価案件を探したい方は、エージェントに登録して探す方法がおすすめです。

DAI
エージェントは条件を満たしている企業が登録されています。悪質な案件に当たる可能性は低いでしょう。

PMの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

PMの業務委託案件を探したい方に、おすすめのエージェントやサイトをまとめています。

サービスによって特徴が変わるため、気になるものがあれば登録してみましょう。

おすすめは以下の4つです。それぞれの詳細について解説します。

PMの業務委託案件を探すときにおすすめのサービス4選
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価で低マージン!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
IT専門のエージェントで、リモート可能な案件や週2〜3日の案件が豊富です!
【第3位】HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
リモートOK、週3日からOK案件多数。柔軟な働き方を実現可能!
【第4位】エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/

高単価案件も多数。国内最大水準の案件数です!

レバテックフリーランス

画像はレバテックフリーランス公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
求人数 42,435件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

※2022年10月10日時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

PMの業務委託案件例は、以下のとおりです。

※2022年10月10日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年10月10日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは業界最多水準です。

またレバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」です。

非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため公に公開することはせずに、担当者が直接依頼する形をとるため、非公開の求人が多いです。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件をこなせるのかがわかります。今すぐフリーランスになるかどうかわからなくても、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,294件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年10月10日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件は『直請案件』が多く、単価が他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1〜2日から稼働OKの案件が多い点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べるでしょう。

以下では、PMの業務委託案件例を掲載しています。

※2022年10月10日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

DAI
つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

HiProTech

公式:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

HiPro Techは、週3日から・リモートで働きたいエンジニア必見のIT・テクノロジー領域に特化したエージェントです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 531件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

※2022年10月10日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  • リモートOK・週3日からOK案件多数、柔軟な働き方を実現できる
  • 中間マージンのない直請け案件多数
  • 契約後も充実したサポート体制

リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techでは、リモートOK案件に加え、週3日から稼働OKな案件も多数あります。

実際に調査してみるとPMの案件も多数ヒットし、以下のような案件例がありました。

※2022年10月10日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://tech.hipro-job.jp/※現在は募集を終了している可能性があります。

DAI
リモートOK案件・週3日から稼働OKな案件も豊富にそろえる「HiPro Tech」は、柔軟な働き方がしたい方をはじめ、地方在住の方にもおすすめです。

中間マージンのない直請け案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、クライアント(受注元)から仲介会社を挟まずに、案件を受注できる「直請け案件」が豊富です。

直請け案件には、中間マージンがない分、より高単価の案件を受注できるメリットがあります。

契約後も充実したサポート体制

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、転職サービス「doda」をはじめとした人材サービスを運営する「パーソルグループ」がサービス提供しています。

HiPro Techでは、そうしたグループ会社の豊富な知見と実績を「サポート体制」に活かしています。

公式:https://tech.hipro-job.jp/

担当者により以下のような一貫したサポートを受けることができます。

  1. 事前面談
    (ご希望条件、現在のご活動状況、将来なりたい姿、現在困っていることなど)
  2. 案件のご紹介
    (経験やスキルに親和性のある場合、案件を相談)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結
    (契約から各種手続きまで、フォロー)
  5. 業務開始後のアフターフォロー

事前面談では、IT・テクノロジー領域に特化したエージェントということもあり、専門性の高いものを受けることができます。

DAI
理想の案件をお探しの方、案件のミスマッチを避けたい方にもおすすめのエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

画像は「エンジニアスタイル東京」公式サイトより引用:https://engineer-style.jp

DAI
さまざまなエージェントの公開案件を掲載しているサイトです。エンジニア以外にも、デザイナーやディレクター向け求人も豊富に取り扱っています。

優良エージェントの案件を厳選して掲載しており、大量の案件をまとめて確認できる便利なサイトです。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 179,643件
特徴 エンジニア・コンサル・デザイナー・ディレクターなど多様な職種に対応
高単価案件も多数
案件応募で面談するとAmazonギフト券プレゼント
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日〜稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年10月10日時点・公式サイトより引用/算出

DAI
案件数が豊富で、高単価案件も多数。迷ったら無料相談してみるのがいいです!

また、2022年10月10日時点で、案件応募で面談するとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施しています。終了日時は未定なので、気になる人は早めに登録・応募しておきましょう。

エンジニアスタイル東京 amazonギフト券キャンペーン

(画像は『エンジニアスタイル東京』公式サイトより引用(2022年10月10日時点):https://engineer-style.jp  

DAI
まずは無料で会員登録してみましょう!

エンジニアスタイル東京の特徴は、以下の2つです。

  • エージェント200社、17万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

エージェント200社、17万件超の豊富な案件数

2022年10月10日現在、エンジニアスタイル東京ではフリーランスエージェント200社に掲載されている17万件以上の案件をチェックできます。

1つのサイトで複数のエージェントの案件が見られるため、登録にかかる時間や手間を省略しながら手軽に幅広く案件を検索できます。

DAI
国内最大水準の案件数です!

実際に調査してみると、PMに関わる案件を数多く掲載しており、以下のような内容がヒットしました。

※2022年10月10日時点・公式サイトより引用/算出(現在は募集を終了している可能性があります。)

リモートワークやフレックス制度、週2稼働OKなど他のエージェントでは取り扱いの少ない案件も、エンジニアスタイル東京では多数掲載されています。

副業・フリーランス・スキルアップ・転職など幅広いニーズに合わせた求人を取り扱っているため、とりあえず登録しておくべきサイトです。

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年10月10日時点確認

平均単価の他にも職種別、言語別、フレームワーク別の単価や件数ランキングも全て公開されています。

DAI
相場を知り、最適な案件を探しやすいです!

案件を探す際には、

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

などの基本的な条件はもちろん、以下のこだわり条件についても検索できます。

  • 稼働できる時間帯、始業時間
  • 職場環境や食堂などの設備
  • リモート勤務可能か
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキルや条件を詳しく指定できるので、自分に合った案件が探しやすいです。

エンジニア東京LP

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年10月10日時点

会員登録すると登録時の希望条件やスキルなどの情報に合致する案件情報をメールで送ってくれます。

DAI
ずっとサイトに貼り付いて案件検索しなくてOKなので、「そんなに多くの案件を選ぶ時間がない」という人にもおすすめです。
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

PMの業務委託案件例と単価相場は?

PMの業務委託の案件例と単価相場について解説します。

これから業務委託の仕事を探したい方は、ぜひ参考にしてください。

システム新規開発

※2022年10月10日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用。現在は募集を終了している可能性があります。(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスにおいて、PMの業務委託案件の単価相場は約65~85万円でした。

基本的には、PMの実務経験が必須です。

上記の案件では、新規システム開発におけるPM経験、事業コンサルティング経験、要件定義の経験などが求められます。

DAI
ほかのPMにおけるシステム新規開発の案件では、約90~100万円台の内容が募集されていました。

データサイエンス

※2022年10月10日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用。現在は募集を終了しています。(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスにおいて、PMのデータサイエンス案件の単価相場は約65~80万円でした。

上記の案件では、データ分析またはシステム開発プロジェクトの立案、マネジメント業務経験などのスキルが求められます。

クライアントやメンバーとの調整力など、仕事における折衝能力も問われるでしょう。

DAI
会社員時代にチームで仕事を進めていく姿勢を始め、プロジェクトマネジメント能力を磨いておくことが重要です。

Webシステム開発

※2022年10月10日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用。現在は募集を終了しています。(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスにおいて、PMのWebシステム開発の単価相場は、約60~80万円でした。

上記の案件では、PHPの開発経験やサーバーに関わる知識を始め、Laravelの経験、オープン系システムの開発経験などのスキルが歓迎されます。

関連する経験がある場合、応募できる可能性が高くなるので、諦めずにアプローチをかけてみましょう。

DAI
会社員時代に企画立案など、多くの経験を積んでおくと独立したときに役立ちます。

動画配信サービス運用

(引用:レバテックフリーランス 2022年10月31日時点の情報です。現在は募集終了している可能性があります)

PMの業務委託案件には、動画配信サービス運用に関わる内容があります。

レバテックフリーランスにおけるPMの動画配信サービスの単価相場は、約60~80万円でした。

上記の案件では、Webシステムの運用経験3年以上が求められます。

DAI
現場で数年以上の実務経験を積むことで、業務委託の働き方になったときのアピール材料にできるでしょう。

業務委託契約の主な種類

業務委託契約の種類は、主に以下のとおりです。

  • 準委任契約
  • 請負契約
  • 請負契約

それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、詳細について見ていきましょう。

準委任契約

準委任契約とは、事務処理などの業務を委託する契約のことです。

万が一完成品が不完全な場合でも、基本的に契約書面に関係のない責任は、問われません。

業務委託契約において、幅広く採用されている方法です。

メリット

準委任契約は、納品物に対して成果の有無にかかわらず報酬が発生します

そのため契約中の収入が安定しやすいメリットがあるでしょう。

デメリット

定期的な報告義務があり、請負契約ほど自由に時間を管理できないデメリットがあります。

また契約内容は、お互いにいつでも解約できるため、継続的に仕事を受注できない可能性があるかもしれません。

請負契約

請負契約とは、成果物を完成させて納品する義務を負う契約のことです。

納品物を完成させてから、報酬を受け取れる流れになります。

メリット

成果物を納品できれば、比較的自由に時間を管理できるメリットがあります。

本人のスキルレベルが高いと、次回の契約時に単価を交渉しやすい利点があるでしょう。

デメリット

クライアントが納得する成果物を納品できなければ、報酬がもらえない可能性があります。

完成までの修正対応などに追われてしまうなど、作業終了までにある程度の時間がかかるかもしれません。

委任契約

委託契約とは、法律行為を委託する契約のことです。

基本的には納品物の成果に関わらず、報酬を支払う義務が出てきます。

PMの業務委託で働くメリット

PMの業務委託で働くメリットは以下の4つです。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される

それぞれの詳細について解説します。

自分の好きな仕事に集中できる

会社員時代の働き方とは違い、PMの業務委託案件を自由に仕事を選べるメリットがあります。

自分が気になっていた分野に関わることができて、モチベーションを高めながらスキルアップを図れるでしょう。

DAI
経験を積んでいけば、さまざまな案件に関わる機会をつくれる魅力があります。

努力次第で収入アップが可能

PMの業務委託は、収入の上限がないという特徴があります。

高単価案件を受注できれば、会社員時代よりも大幅に収入アップを見込めるでしょう。

「努力するだけ収入が増える」ことで、仕事に対するモチベーションアップに期待できます。

DAI
会社員の給料に不満がある方は、実力を身につけて独立する準備を進めてみてください。

自分で業務時間を決められる

PMの業務委託の働き方は、業務時間を自分で自由に決められる魅力があります。

たとえば「平日の数日間だけ働きたい」「夕方から夜にかけて働きたい」など、好きなタイミングで働けるでしょう。

仕事の途中で用事があるときは、一旦休憩をはさんで外出することも可能です。

DAI
仕事時間を自由にコントロールできるところは、業務委託の働き方の魅力ですね。

人間関係のストレスから解放される

会社員時代とは違い、基本的にひとりで作業に集中できるので、周りの人間関係から解放されます。

とくにフルリモート案件の場合、自宅で黙々と仕事を進められるので、仕事だけに集中できるでしょう。

万が一嫌な人間関係に遭遇したときも、別の案件を受注できるなど、柔軟に対応できるので長期的に耐える必要がなくなります。

DAI
「会社勤務よりも、ひとりで働くほうが向いている」と感じる方は、ぜひPMの業務委託の働き方をご検討ください。

PMの業務委託で働くデメリット

PMの業務委託で働くデメリットは以下の3つです。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任

それぞれの詳細を見ていきましょう。

労働基準法が適用されなくなる

業務委託の働き方は、基本的に労働基準法に守られていないデメリットがあります。

会社員のように「毎日8時間勤務して働く」といった決まりはありません。

DAI
締め切り前で作業内容の修正が続いてしまうこともあり、深夜まで眠れないといった状況に陥ることもあるでしょう。

福利厚生が受けられない

業務委託の働き方は、基本的に厚生年金に加入できないことが大半です。

将来の貯金に関しても、自力で準備する必要が出てくるため、守られていないと感じることが増えるでしょう。

病気になったときも自分で費用を払う必要が出てくるなど、企業側からの福利厚生を受けられないデメリットがあります。

DAI
収入が安定していた会社員時代とは違い、まとまった収入が見込めないケースも発生するかもしれません。

仕事のトラブルはすべて自己責任

業務委託の働き方は、会社員時代のように上司がトラブルに対処してくれるわけではありません。

問題が起きたときは自力で対応する必要が出てきます。

DAI
損害保険に加入しておくなど、リスク管理を含めて自力でしなければならないでしょう。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託の仕事を始めるときは、業務委託契約書で契約を交わす必要があります。

それぞれの詳細について見ていきましょう。

業務委託契約書が必要な理由

発注側と受注側が安全に仕事を始めるためにも、業務委託契約書を交わすことが重要です。

これから業務委託の働き方を始める人にとっては「契約後のトラブル予防につながること」や「報酬トラブル等の証拠になる」といったメリットがあります

信頼できる企業は多いものの、中には報酬を支払ってもらえないといった事態が発生するかもしれません。

DAI
安全性を高めるためにも証拠が必要になるので、必ず業務委託契約を交わしてください。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託の案件を引き受けるときに、契約を交わすときに発生しやすいトラブルがあります。

たとえば「納品物の修正回数が多く、報酬に見合わない対応を迫られること」や「契約外の業務が多く、時給換算すると低賃金になってしまった」といった内容があげられるでしょう。

DAI
仕事に使う時間を減らさないためにも、契約前に気になる部分は必ず質問するように注意してください。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

業務委託案件を受注するときは、並行して秘密保持契約を交わすことが大半です。

機密保持契約は契約中に知り得た機密情報や個人情報を、業務遂行以外の用途で第三者に開示しない」という契約のことで、企業と受注側が信頼関係のもと仕事を進めるために必要といえます。

案件の内容について、第三者に情報を漏らしてしまう行為は、契約違反に触れてしまうでしょう。

DAI
秘密保持契約の厳守ができないと、最悪の場合は裁判になりかねません。些細な情報だと感じても、仕事で知りえた情報は漏らさないというプロ意識が求められます。

業務委託契約締結の主な流れ

業務委託契約締結は、主な流れを掴んでおくことが重要です。

それぞれの詳細について見ていきましょう。

①契約内容の詳細について話し合う

企業側と業務委託の受注側において、あとからトラブルにつなげないためにも、よく話し合うことが大切です。

何か気になるポイントがあるときは、必ず細かい部分まで内容を理解するように努めましょう。

DAI
お互いに仕事内容に集中するためにも、それ以外の部分の不安を解消しておくことが重要です。

②業務委託契約書を作成する

業務委託契約書は、仕事を発注する企業側が作成します。

トラブルを予防するためにも、契約書を交わすまでは作業を始めないことが大切です。

契約後に作業を始めることで、報酬が支払われないといった問題を回避しやすくなります。

③契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う

業務委託契約書は、最初から最後の隅々までチェックしておくことが重要です。

事前に確認しておくことで、認識の相違や内容の違いを確かめられて、トラブル予防につながります。

証拠として契約書は印刷して残しておき、いつでも振り返れるように整理しておくことが重要です。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

業務委託契約書の内容を確認できたら、問題がなければサインを記載します。

取り交わしが終わると無事契約完了です。

DAI
業務委託契約書の契約が完了すると、安心して仕事を始められます。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

業務委託契約の締結前は、必ず報酬や契約内容に関する詳細を確認しておきましょう。

それぞれの詳細について解説します。

契約形態は何か

PMの業務委託案件を受注するときは、契約形態を確認しておきましょう。

細かい部分ではありますが「準委任契約」なのか「請負契約」なのかによって、完成義務や支払いのタイミングが変化します。

DAI
請負契約の場合、成果物が完成するまで報酬が支払われません。安定的に収入を得たいときは準委任契約が向いています。

業務内容は何か

PMの業務委託案件には「システム新規開発」「データサイエンス」「Webシステム開発」「動画配信サービス運用」などの案件があります

自分が保有するスキルによって、受注できる案件が変わってくるため、応募前に内容をしっかりとチェックしておきましょう。

過去に関連する仕事内容を始め、スキルアップを目指せる内容に応募するのもひとつの手です。

DAI
始めは簡単な案件から取り組みながら、少しずつスキルアップを目指せる案件に挑戦してみましょう。

報酬についての記載はあるか

業務委託契約書では、報酬に関する項目が正しいかどうか再度確認しておきましょう。

たとえば「時給支払いの追加報酬」はどのように加算されるのか、「プロジェクト案件の報酬はいつ支払われるのか」など、揉めごとを避けるためにも目を通しておきます。

細かい支払いについても確認しておくことで、仕事に集中して取りかかりやすくなるでしょう。

DAI
詳細の記載がないときは事前確認しておくことが重要です。

報酬以外に経費の支払いはあるか

応募する案件によっては、経費の一部支払いが付いている場合があります。

たとえば「常駐案件の交通費」「自宅の作業にかかる電気代や備品代」など、仕事に関わる費用が概要するでしょう。

DAI
あとから揉めないように報酬以外の経費が別途なのか、まとめての支払いなのか企業に確認しておきましょう。

稼働時間はどのくらいか

業務委託案件を無理なく受注するためにも、稼働時間の目安をチェックしておきましょう

基本的に「1~5日勤務」の案件がありますが、最低ラインの稼働時間も聞いておくと、あとからトラブルが発生する状況を防げます。

報酬の計算方法が時間制の場合は、稼働時間もしくは精算幅(例:100時間を基準に、90〜110時間の精算幅で◯万円)があるかを確認することが大切です。

DAI
いきなり週5日勤務のフルで働くよりも、まずは週1~3日程度から始めることで、長期に渡って働ける土台をつくれるでしょう。

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

受注する案件内容にもよりますが、業務委託の働き方には稼働時間の生産幅外の控除」もしくは「超過支払い」の記載があるか確認しておきましょう。

想定していた稼働時間よりも少ないこと、または多いときは、報酬の控除や加算があるのかチェックしておくことで、報酬に関するトラブル予防につながります。

報酬の支払日はいつか

業務委託契約書には、報酬日の支払日が書かれているのか、必ず確認しておきましょう

支払日が記載されていることで、万が一報酬が振り込まれないトラブルがあったときも、証拠として対応してもらいやすくなります。

DAI
口約束ではなく、必ず書面に記載してもらうことで、確実に報酬を受け取るための対策になるでしょう。

契約期間、更新の有無について

業務委託の働き方は、案件ごとに契約を交わすことが基本です。

たとえば一年契約や単発契約で都度更新するなど、契約期間や更新の有無について事前確認しておきましょう

契約書面に書かれている内容を確認しておくことで、スケジュール管理がしやすくなり、新しい仕事を発注する段取りを立てやすくなるはずです。

損害賠償の記載はあるか

業務委託の仕事は、何か問題が起きたときに損害賠償を請求されることがあります

例として情報漏洩や著作権の侵害、秘密保持契約違反などの内容があげられるでしょう。

DAI
心配な場合は、損害賠償が発生する条件、期間について事前に確認しておくことが大切です。

不利な内容は記載されていないか

業務委託契約書は、すべてに目を通しておき、受注側に不利益な内容が記載されているときは、契約を考え直すことが重要です。

例として、報酬の振込手数料を負担させられたり、トラブルがあった場合すべて責任を取らなければならなかったりするなど、一方的に不利な内容が記載されていないか確認しておきます。

DAI
少しでも気になるポイントがあれば、遠慮なく企業側に質問しましょう。

まとめ

PMの業務委託案件を受注したいという方に向けて、おすすめのフリーランス求人サイトや単価相場について解説してきました。

業務委託の仕事は、自分が好きな仕事に取り組みながらスキルアップを見込めるメリットがあります。

努力次第で収入アップが期待できるので、会社員時代に経験を積んで、自分のスキルレベルに見合う高単価案件を受注してみましょう。

DAI
おすすめのエージェント4選を活用しながら、まずは無料登録から始めてみてください!

PMの業務委託案件を探すときにおすすめのサービス4選
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価で低マージン!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
IT専門のエージェントで、リモート可能な案件や週2〜3日の案件が豊富です!
【第3位】HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
リモートOK、週3日からOK案件多数。柔軟な働き方を実現可能!
【第4位】エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/

高単価案件も多数。国内最大水準の案件数です!

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です