最終更新日:
機械学習の業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2~3稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。
男性A
機械学習の業務委託案件を効率よく探す具体的な方法は?
男性B
今の自分の機械学習のスキルにマッチした案件はどんなものがある?
女性A
機械学習の高単価な案件や、リモートワーク対応可能な案件を受注したい!

とお悩みではありませんか?

機械学習の業務委託案件を効率よく探すには、以下のような複数のエージェントに登録して比較するのがおすすめです。

各エージェントには「優良案件の種類が豊富」「リモートワークOKの案件が多い」などさまざまな強みがあります。

まずは複数のエージェントに無料登録して、案件とあなたの希望を照らし合わせるのが効率的です。

今回の記事では「機械学習の業務委託案件を効率よく探したい方におすすめのエージェント」を詳しくご紹介します。

DAI
機械学習の業務委託案件の具体的な業務内容や、単価の相場感に関しても解説するので、ぜひ最後までご覧ください!

機械学習の業務委託案件を探す基準

DAI
まずは機械学習の業務委託案件を選ぶ際のポイントについて、以下の通り解説します。
  1. 自分のスキルに合った案件が多いか
  2. フルリモート可能な案件があるか
  3. 高単価な案件が多いか

①自分のスキルに合った案件が多いか

案件を探すエージェントに登録する際は、「自分の今のスキルにマッチする案件を多く取り扱っているか?」をチェックしましょう。

なぜなら各エージェントは、以下のようにそれぞれ得意分野が異なるからです。

  • デザイナーなどのWeb制作領域の特化しているが、エンジニアの案件は少ない
  • 高い専門スキルが必要だが、高単価の案件が多い
  • リモートワーク可能な案件が多く、自由な働き方ができる

「希望する業界の案件が豊富か?」、「自分のスキルを活かせる案件があるか?」など、あらかじめあなたが重要視するポイントを絞ってから案件を探しましょう。

DAI
「機械学習の案件を一括検索したい!」という方は、エンジニアスタイル東京がおすすめです!

②フルリモート可能な案件があるか

エージェントで機械学習の業務委託案件を探す際は、「リモートワーク対応か?」をチェックしておきましょう。

なぜならリモートワークOKの案件であれば、働く場所の自由度が広がるため、自宅やお気に入りのカフェなど好きな場所で業務をすることができるから。

DAI
通勤時間などの無駄な時間を省くことができるため、時間を効率的に使うことが可能です。

ちなみにリモートワーク可能な案件を見つけるなら、「レバテックフリーランス」と「ITプロパートナーズ」が特におすすめ。

最近はリモートワーク案件の人気が高いため、すぐに応募しないとすぐに募集が終わってしまいます。

DAI
あらかじめエージェントに登録しておけば、新着案件を通知してくれるため、すぐに希望の案件に応募可能です!

③高単価な案件が多いか

エージェントで機械学習の業務委託案件を探す際は、「高単価の案件が多いか?」も必ず抑えておきたいポイントです。

なぜなら業務委託案件で効率よく稼ぐには、高単価の案件を契約するのが最も確実だから

もちろん高単価の案件は、機械学習の高い専門スキルが必要ですが、さまざまな案件を経験することであなた自身のスキルアップにも繋がります。

ちなみに機械学習の高単価案件を探すなら、「レバテックフリーランス」と「HiPro Tech」がおすすめです!

DAI
ぜひ複数のエージェントに登録して、案件の単価を比較してみてはいかがでしょうか?

機械学習の業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

この章では、機械学習の業務委託案件を効率よく探すことができるエージェントを厳選して4つご紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、リモートワークで働きたい方や、機械学習の良質案件を受注したい方におすすめのエージェントです。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 42,038件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

※2022年9月28日時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

DAI
レバテックフリーランスの主な特徴として、以下の3つをご紹介します。
  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスの業務委託案件は、高単価なものが多いのが特徴です。

なぜならレバテックフリーランスで取り扱っている案件は、ほとんどが他の仲介業者を挟まない「直請案件(※1)」だから

(※1)直請案件

他の仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のこと。

実はエージェントが紹介している案件には、複数の仲介業者が関係しているケースがあり、業者の数だけ仲介手数料が発生してしまいます。

DAI
レバテックフリーランスは、仲介業者に余計なマージンを支払わずに、その分だけあなたに還元してくれます!

②キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、専任のキャリアコンサルタントによる手厚いサポートを受けることができます。

なぜならレバテックはIT人材サービスを幅広く手がけており、今までの業務経験や独自の教育ノウハウをサポートに繋げているから。

たとえば事前面談による専門的なヒアリングや業務アドバイスはもちろんのこと、案件参画後も定期的なヒアリングとサポートを徹底してくれるため、業務に集中できます。

DAI
どのコンサルタントがどんな案件をサポートしたのかも一目瞭然であるため、安心して相談できますよ!

③案件数が多い

レバテックフリーランスでは、機械学習に関する業務委託案件を豊富に取り扱っています。

DAI
機械学習の高単価案件を受注したい方は、ぜひレバテックフリーランスを使って案件を探してみてはいかがでしょうか?
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイトより引用:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズは、ベンチャー企業やスタートアップでリモートワークしたい方におすすめのエージェントです!!

運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,291件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年9月28日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズの主な特徴として、以下の2点をご紹介します。
  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート勤務、週1~2日から稼働OKの案件多数

①『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの業務委託案件は、他のエージェントと比較しても高単価案件が多いです。

DAI
なぜならITプロパートナーズの案件は、ほとんどが間に仲介業者を挟まない「直請案件」だから

実はほとんどのエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価の良し悪しを事前に詳しく知ることは難しいです。

そのため、「直請案件が多いかどうか?」を把握することができれば、高単価案件を取り扱っているかどうかを判断する一つの指標とすることができます

DAI
過剰な中抜きが発生しないITプロパートナーズは、エンジニアにとって非常に魅力的です!

②リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの業務委託案件は、最低稼働日数が週1〜2日からOKの案件が多いのも大きな魅力です。

DAI
なぜなら他のエージェントだと、「最低稼働日数週3〜4日の常駐案件」が一般的だから

その一方で、ITプロパートナーズはリモートワーク可能な案件を多く仕入れしているため、あなたのライフスタイルに合わせて自由に働き方を選ぶことが可能です。

「まずは副業としてフリーランスの仕事を始めてみたい方」におすすめのエージェントです!

DAI
本業であなたのやりたいことを優先し、ITプロパートナーズの案件で生活費を稼ぐという働き方も可能です!

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

HiPro Tech

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

HiPro Techは、最低稼働日数週3日からリモートワークで働きたいエンジニア向けのエージェントです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 519件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年9月28日時点・公式ページより引用/算出

DAI
HiPro Techの主な特徴として、以下の3つをご紹介します。
  1. リモートOK・週3日からOK案件多数、柔軟な働き方を実現できる
  2. 高単価案件で、収入アップを目指せる
  3. 契約後も充実したサポート体制

①リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techの業務委託案件は、「リモートワークOKの案件や、週3日から稼働OKの案件」が豊富にあるため魅力的です。

なぜなら、ほとんどのエンジニア職の案件は、「週5日の常駐勤務」が一般的だから。

そのため、「時間や場所に制限されずに、自由な働き方がしたい!」という方は、HiPro Techを利用して案件を探すのがおすすめ。

DAI
HiPro Techは柔軟な働き方がしたい方や、地方在住の方にも非常におすすめです!

②高単価案件で、収入アップを目指せる

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは高単価な案件が豊富にあるため、あなたの収入アップが期待できます。

なぜならHiPro Techの業務委託案件は、クライアントとの間に仲介業者を挟まない「直請案件」が豊富にあるから

DAI
直請案件は余計な中間マージンが発生しないため、その分だけ多くエンジニアに報酬を還元してくれます!

③契約後も充実したサポート体制

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techなら、専任のアドバイザーから契約後も充実したサポートを受けることができるため非常に安心です。

なぜならHiPro Techは転職サービスdodaを代表とする人材サービスを幅広く手がける「パーソルグループ」がサービスを提供しているから

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

DAI
たとえば専任のアドバイザーから以下のように、一貫したサポートを受けることができます。

  1. 事前面談(希望の勤務条件、現在の活動状況、将来のキャリアプラン、現在困っていることなど)
  2. 案件のご紹介(過去の経験や専門スキルにマッチする案件を紹介)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結(契約から各種手続きまで徹底的にフォロー)
  5. 業務開始後のアフターフォロー

HiPro Techの専任アドバイザーは、高いITテクノロジーの知見を持っているため、専門スキルや具体的な業務に関する相談が可能です。

DAI
機械学習の優良案件を探している方や、案件のミスマッチを避けたい方におすすめのエージェントです!

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイトより引用:https://engineer-style.jp

エンジニアスタイル東京は、さまざまなエージェントの優良案件を厳選して紹介しているサイトです。

機械学習の業務委託案件をまとめて1クリックで応募できるため、非常に便利です!

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 177,978件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年9月28時点・公式サイトより引用/算出

DAI
エンジニアスタイル東京は、高単価の優良案件が豊富にあるため、まずは無料登録していてはいかがでしょうか?

エンジニアスタイル東京の主な特徴として、以下の2点をご紹介します。

  1. 17万件超の豊富な案件数
  2. データが豊富で、案件を探しやすい

①17万件超の豊富な案件数

エンジニアスタイル東京なら、あなたの希望する条件にマッチする案件が見つかりやすいです。

なぜならエンジニアスタイル東京の業務委託案件は、2022年9月28日時点で、掲載案件数は17万件を超えているから。

DAI
国内トップクラスの案件数です!

たとえばリモートワークやフレックスタイム制度、週2日から稼働OKなど、他のエージェントでは取り扱いが少ない案件も、エンジニアスタイル東京なら多数掲載されています。

DAI
副業・フリーランス・スキルアップ・転職など、幅広いニーズにマッチする案件を取り扱っています!

無料で会員登録する(公式サイト)

②データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年9月時点確認

エンジニアスタイル東京なら、多様な検索条件で案件を探すことが可能です。

各ジャンルの平均単価の他にも、専門言語やフレームワーク別の単価や件数ランキングなど多くの情報が公開されています。

DAI
いろいろな案件の相場を知ることによって、あなたにマッチする案件を探しやすくなります!

一般的にエージェントを使って業務委託案件を検索する場合、以下のような基本情報を入力します。

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

エンジニアスタイル東京では、上記の基本情報の他にも、以下のような「こだわり条件」を追加して案件を検索できるため、非常に便利です。

  • 稼働できる時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か?
  • 未経験OKか?
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか?

専門スキルや希望の勤務条件などを詳細に設定できるため、あなたにマッチする案件が探しやすいです

エンジニア東京UI

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年9月時点

このようにエンジニアスタイル東京なら、ストレスなく快適に機械学習の案件を探すことができます!

DAI
迷ったら、まずはエンジニアスタイル東京に無料登録して、様々な案件を比較してみてはいかがでしょうか?
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

機械学習の業務委託の案件例・単価相場は?

 

この章では、実際にエージェントで募集している機械学習の業務委託案件を、各業務別に詳しくご紹介します。

DAI
各職種ごとの具体的な業務内容や、勤務日数ごとの相場感をつかみましょう!
  1. R&Dエンジニア
  2. モデル開発
  3. 組み込み開発
  4. データマイニング

①R&Dエンジニア

引用:ITプロパートナーズ公式ページ
※2022年9月14日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記の案件は、「出版事業に関するデータ分析の案件」に関する募集です。

AI(人工知能)システム開発に必須のPythonや、SQLなどのデータベース言語の高い専門スキルがある方におすすめの案件です。

DAI
これから新規案件として、機械学習の応募が始まる可能性もあるため、今のうちから登録しておきましょう!

②モデル開発

モデル開発案件例

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月14日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記の案件は、「Pythonを用いた機械学習モデルの構築と開発」に関する業務の募集です。

リモートワークによる参画が可能であり、最大95万円/月であるため、非常に高単価の案件。

DAI
Pythonを用いた機械学習モデル開発とプロダクト運用経験が2年以上ある方に非常におすすめです。

③組み込み開発

組み込み開発案件例

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月14日時点。現在は募集終了しています。

上記の案件は、「製造業をターゲットにした独自のAIアルゴリズム開発」に関する業務の募集です。

一部リモートでの作業も可能であり、月間140時間稼働したと想定すると、800,000÷140=約5,700円(時給換算)であるため、非常に高単価。

DAI
C言語、C++ によるプログラミング経験があり、マイコンなどのハードウェアへ組み込むコード実装の経験がある方に非常におすすめです。

残念ながら本件はすでに募集を終了していますが、機械学習の案件は人気があるため、今後も類似案件がどんどん募集されるでしょう。

DAI
すぐ新規案件に応募するためにも、今のうちからエージェントに登録しておくのがおすすめです!

④データマイニング

データマイニング案件例

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月14日時点。現在は募集終了しています。

上記の案件は、「出版事業に関する複数データ分析やプロトタイプ開発」に関する業務の募集です。

PythonやSQL等の高い専門スキルが必要ですが、最大95万円/月の案件なので稼ぎたい方におすすめの案件です。

DAI
特に「複数データ分析を用いた課題解決の経験が1年以上」ある方に適しています。

本件はすでに募集を終了していますが、実はPythonやSQLを用いた機械学習の案件がどんどん増えています。

DAI
高単価の機械学習の案件を見つけたい方は、複数のエージェントに登録して探すのがおすすめです!

業務委託契約の主な種類

業務委託契約とは、「業務を外注したい企業が、業務の一部を他の企業や個人に委託すること」です

具体的には、報酬・納期・業務内容・仕事の進め方などをお互いが了承した上で契約を締結します。

また、業務委託案件は会社員やアルバイトのような雇用関係がないため、企業と契約者が対等の関係で業務を進めることが可能です。

DAI
業務委託契約は、主に以下の3種類に分類されます。
  1. 準委任契約
  2. 請負契約
  3. 委任契約

この章では、業務委託契約の3つの種類について詳しく解説します。

DAI
各契約の報酬の仕組みや内容がそれぞれ異なるため、違いをしっかり把握しておきましょう!

①準委任契約

準委任契約とは、「成果物の作成や事務作業を委託する契約であり、時給や月給で報酬が発生する仕組み」のこと

たとえば機械学習の準委任契約を締結した場合、「定められた時間内に委託された業務を滞りなくこなす義務を負うイメージ」です。

準委任契約のメリット

準委任契約のメリットは、「収入が安定しやすい」という点です。

なぜなら準委任契約の報酬条件は、「あらかじめ定められた時間内にクライアントから委託された業務を安定して行うこと」だからです

つまり成果物を納品することが報酬条件ではないため、仕事の質で報酬が左右されにくいという特徴があります。

DAI
準委任契約は稼働した時間に応じて報酬が発生するため、収入が安定しやすいのが最大のメリットです!

準委任契約のデメリット

準委任契約のデメリットは、「稼働時間の自由度がそれほど高くない」という点です。

なぜなら準委任契約の場合、基本的にはシフトを組んで稼働するため、勤務時間をクライアントの要望に合わせる必要があるから

DAI
業務の進め方もある程度クライアントに管理されてしまうため、業務の進捗を定期的に報告する必要があります。

クライアントから低い評価を受けてしまうと、仮にプロジェクト途中であっても、契約を打ち切られてしまうリスクがあるのも大きなデメリットです。

②請負契約

請負契約とは、「クライアントから依頼された成果物を完成させて納品する義務を負う契約」のこと

アルバイトの時給制とは大きく異なり、納品した成果物に対して報酬が支払われる仕組みです。

請負契約のメリット

請負契約のメリットは、「働く場所や時間の自由度が高い」という点です。

なぜなら請負契約の場合、基本的に働く場所や時間は自由であり、クライアントに対して業務の進捗報告も必要ないから。

請負契約の報酬条件は、「依頼された成果物を納期までに納品すること」であるため、その他の条件に関しては、比較的自由であることが多いです。

DAI
請負契約は、働く場所や時間をあなたのライフスタイルに合わせて自由に決めることができます!

請負契約のデメリット

請負契約のデメリットは、「成果物のクオリティが低いと、報酬がもらえない可能性がある」という点です。

なぜなら請負契約の報酬条件は、クライアントから依頼された成果物を納品することだから。

DAI
成果物の修正を求められることもあり、業務の質が悪い場合は報酬の支払いを拒否されるケースもあります。

また請負契約は、工数がどれだけかかったとしても報酬額が変わらないため、注意が必要です。

DAI
請負契約の場合、「想定される工数と報酬のバランスが取れているか?」を必ず確認しましょう。

③委任契約

委任契約とは、「法律に関する業務を委託する契約」のこと

具体的には確定申告の業務を税理士へ委任したり、弁護士に委任して裁判を起こしたりすることなどが代表例です。

委任契約は法律に関する業務を委任する際に締結するため、機械学習の業務委託案件の場合は契約することがほとんどありません

DAI
機械学習の業務委託案件の場合は、「準委任契約」と「請負契約」を結ぶことが多いです。

機械学習の業務委託で働くメリット

DAI
機械学習の業務委託案件で働く主なメリットには、次の4つがあります。

  1. 自分の好きな仕事に集中できる
  2. 努力次第で収入アップが可能
  3. 自分で業務時間を決められる
  4. 人間関係のストレスから解放される

①自分の好きな仕事に集中できる

機械学習の業務委託で働くメリットの1つめは、「自分の好きな仕事に集中できる」という点です。

なぜなら業務委託案件の場合、様々な案件の中からあなたが得意とする業務や、チャレンジしたい案件を自由に選ぶことができるから

DAI
会社員やアルバイトの場合、会社から与えられた業務を定められたルールに従ってこなさなければいけません。

時には、あなたがやりたくない仕事を割り振られることもあるため、ストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

DAI
業務委託の案件であれば、あなたの好きな仕事のみに集中できるため、ストレスが溜まりにくいです!

②努力次第で収入アップが可能

機械学習の業務委託で働くメリットの2つめは、「あなたの努力次第で収入アップが可能」である点です。

なぜなら業務委託の報酬は、「案件単価×案件数」によって決まるため、収入が青天井だから

DAI
会社員やアルバイトの場合、あなたの功績が給与に反映されないケースもあります……

その一方で業務委託案件の場合、あなたが成果を出し続けることによって報酬アップや契約の継続に繋がります

またクライアント先や関係会社との繋がりを通して、今より高条件の仕事を紹介されることもあるでしょう。

DAI
会社員よりも、大幅に収入をアップさせることも十分可能です!

③自分で業務時間を決められる

機械学習の業務委託で働くメリットの3つめは、「自分で業務時間を決めることができる」という点です。

なぜなら請負契約の場合、報酬条件は納期内に成果物を納品することであるため、働く場所や時間は基本的に自由だから

また準委任契約の場合はシフト制になりますが、一般の会社員よりは比較的柔軟に業務時間を調整することが可能です。

DAI
あなたのライフスタイルに合わせつつ、自宅やコワーキングスペースなど、お気に入りの場所で働くことができます!

④人間関係のストレスから解放される

機械学習の業務委託で働くメリットの4つめは、「人間関係のストレスから解放される」という点です。

なぜならクライアントの担当者と相性が合わない場合、次回の業務から断ることが可能だから。

一方で会社員やアルバイトの場合、一緒に働く上司や同僚を選ぶことができないため、職場の人間関係に悩まされることが多々あります。

DAI
時には、「もうこんな会社辞めてしまいたい……」と辛くなってしまうこともあるでしょう。

業務委託は企業に雇用されるわけではないため、クライアントと対等な立場で業務を行うことができます

DAI
会社員と異なり、職場の人間が固定されにくいのは大きなメリットです!

機械学習の業務委託で働くデメリット

業務委託の案件は上記のメリットだけではなく、以下のようなデメリットもあるため、しっかり抑えておきましょう

  1. 労働基準法が適用されなくなる
  2. 福利厚生が受けられない
  3. 仕事のトラブルはすべて自己責任

DAI
各デメリットの対策についても解説します!

①労働基準法が適用されなくなる

機械学習の業務委託で働くデメリットの1つめは、「労働基準法が適用されなくなる」という点です。

DAI
なぜなら業務委託契約は、会社員やアルバイトのように企業との雇用関係がないから。

たとえば最低賃金に関して法律で定められているわけではないため、案件によっては業務量と報酬が全く釣り合っていないケースもあります。

つまり業務委託契約の場合は、報酬と労働量に関して法律の保護を十分に受けられない状態であるため、注意しなければいけません

DAI
クライアントと業務内容や報酬についてしっかり確認し、双方が納得した上で契約を締結するようにしましょう!

②福利厚生が受けられない

機械学習の業務委託で働くデメリットの2つめは、「福利厚生が受けられない」という点です。

なぜなら業務委託契約の場合、会社員やアルバイトのように雇用保険や労災保険などの社会保険が適用されないから

もしあなたが事故や病気で働けない状態になったとしても、手当てを十分に受けられないのは、業務委託の大きなデメリットです。

DAI
不安な方はフリーランス用の保険に加入するなど、自分で自分の身を守る備えをしておきましょう!

③仕事のトラブルはすべて自己責任

仕事上のトラブルはすべて自己責任になることも、機械学習の業務委託で働くデメリットです。

DAI
会社員の場合は上司や会社が業務をフォローしてくれますが、業務委託の場合は誰も助けてくれません

業務委託の案件は自由度が高いですが、万が一クライアント先に損害を与えてしまうと、賠償責任を負わされるケースもあるため、注意しなければなりわせて、書面化しておかなければいけませません。

もちろんクライアントが求めるスキルや成果物を提供できない場合は、簡単に契約を切られてしまうというリスクもあります

DAI
業務委託契約は、業務に対する責任が非常に重いという意識を常に持ちましょう!

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

クライアントと業務委託契約を結ぶ際は、業務委託契約書の締結が必要です。

この章では、業務委託契約書を締結する際のポイントとして以下の3点をご紹介します。

  1. 業務委託契約書が必要な理由
  2. 業務委託契約で起きやすいトラブルとは?
  3. 秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

①業務委託契約書が必要な理由

クライアントと業務委託契約書を締結する理由は、主に以下の2点です。

  1. 契約上のトラブルが起きにくくなる
  2. 万が一のときに証拠として使える

一般的に業務委託契約書には、業務内容や報酬に関する詳細が明記されています。

業務内容や報酬に関してしっかり書面化しておかないと、次のようなトラブルが起きやすくなります。

  • 想定外のスキルを求められる
  • 事前に聞いていた話よりも報酬が少ない

DAI
契約後のトラブルを予測して未然に防ぐには、事前に業務委託契約書を取り交わして、双方の認識を合わせておくことが重要です。

さらに、業務委託契約書は万が一の際にあなたの身を守ってくれます

報酬を減らされたり、契約外の業務を依頼されたりしても、業務委託契約書があれば対応することが可能です。

もしクライアントと裁判を行うことになった場合、業務委託契約書を証拠として提出することもできます。

DAI
業務委託契約書は、あなたの身を守るためにも必要不可欠なものです!

②業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託契約で特に発生しやすいトラブル例として、以下の2点があります。

  1. 成果物に対して何度も修正を求められたが、報酬が見合っていなかった
  2. 契約外の業務を求められたが、追加報酬の支払いがなかった

DAI
業務委託契約では、「業務内容と報酬に関するトラブル」が最も多いです。

そのため、クライアントと業務委託契約を結ぶ際は、業務内容と報酬に関して詳細まで認識を合わせて、書面化しておかなければなりません

DAI
業務内容と報酬に関する取り決めは、業務委託契約書にしっかり明記してもらうようにしましょう!

③秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

業務委託の案件によっては、業務委託契約書とは別に秘密保持契約書(※2)の締結を求められることがあります

(※2)業務委託契約書

契約中に知り得た機密情報や個人情報を、業務以外の用途で第三者に開示しないという契約のこと。

DAI
業務で顧客データを取り扱う場合は、クライアントから秘密保持契約書の締結を求められるでしょう。

業務委託契約締結の主な流れ

業務委託契約は、一般的に以下のような流れで締結します

  1. 契約内容の詳細について話し合う
  2. 業務委託契約書を作成する
  3. 契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  4. 業務委託契約書を取り交わし、契約完了

①契約内容の詳細について話し合う

まずはクライアントと打ち合わせをして、業務委託の詳細について打ち合わせを行います。

業務委託の内容はケースバイケースですが、最低でも以下の項目はクライアントと認識を合わせて書面化しておくのがおすすめです

  • 報酬額
  • 契約期間
  • 業務の範囲

DAI
特に「業務内容と報酬」に関しては、契約後のトラブルに発展しやすいため、注意しましょう。

②業務委託契約書を作成する

次はクライアントと打ち合わせした内容をベースに、業務委託契約書を作成します。

DAI
実際に業務委託契約書を作成するのは、あなたではなく、クライアント側が作成するケースが多いです。

③契約書の内容を共有し、認識の相違がないか確認し合う

次は、クライアントが作成した業務委託契約書の詳細をチェックしなければなりません。

DAI
なぜならクライアントと打ち合わせした内容と異なっているかもしれないから

たとえば新しい業務が追加されていたり、報酬額が勝手に変更されているかもしれないため、自分でしっかりチェックしましょう。

契約締結後に間違いに気づいて修正を求めても、クライアントが納得しないケースもあるため、必ず契約を結ぶ前に確認する必要があります

DAI
「業務内容と報酬」に関する項目は、どんなに小さくても遠慮せずに相談しましょう!

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

あなたとクライアントの双方が納得したら、最後に業務委託契約書を締結することによって契約が完了します。

以前は業務委託契約書を紙に印刷して記名捺印が必要でしたが、最近はクラウド上での電子契約の方が多い傾向です

DAI
電子契約の場合は電子捺印で対応できるケースもあるため、覚えておきましょう!

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

実際に業務契約を締結する際は、クライアントと契約内容の詳細について認識を合わせておかなければなりません。

この章では、業務委託契約の締結前に確認すべき主な条件に関して詳しく解説します

DAI
実際に契約する際は、ぜひ参考にしてみてください!

  1. 契約形態
  2. 業務内容
  3. 報酬
  4. 報酬以外の経費の支払い
  5. 稼働時間
  6. 稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについて
  7. 報酬の支払日
  8. 契約期間・更新の有無
  9. 損害賠償
  10. 不利な内容の記載

①契約形態

まず業務委託契約の契約形態が、準委任契約なのか請負契約なのかをしっかり確認しておきましょう。

なぜなら契約形態によって、あなたの働き方や収入の安定性が異なるから。

準委任契約

成果物の作成や事務作業を委託する契約であり、時給や月給で報酬が発生する仕組みのこと。

請負契約

クライアントから依頼された成果物を完成させて納品する義務を負う契約のこと。

DAI
「準委任契約は時給制、請負契約は成果報酬」というイメージを持っておきましょう!

②業務内容

業務委託契約書をチェックする際は、必ず業務内容に関して詳細まで確認しましょう。

なぜならあなたの想定外の業務を依頼されて、割に合わない仕事をしてしまうかもしれないから

DAI
機械学習の業務委託案件で効率よく稼ぐには、「高単価の案件を多くこなす」ことが非常に重要です。

明らかに報酬と仕事量が釣り合っていない案件を受注してしまうと、契約後のトラブルに繋がってしまうため、注意しなければなりません。

③報酬

業務委託契約書をチェックする際は、報酬に関する記載を必ず確認する必要があります。

報酬に関する項目を確認しておかないと、想定よりも支払いが少なかったり、支払日が先延ばしになったりするリスクがあるからです。

たとえば報酬に関する項目としては、以下の4点をしっかり抑えておくのがおすすめです。

  1. 報酬額
  2. 支払い方法
  3. 時間単価か?、プロジェクト単位での支払いか?
  4. 報酬の計算方法
DAI
報酬に関して、クライアントと認識が合っているか、よく確認しましょう!

④報酬以外の経費の支払い

「報酬以外に経費の支払いがあるか?」も、非常に重要なポイントです。

DAI
なぜなら経費の支払いの有無によって、あなたの手取りの収入が変わってくるから

たとえば請負契約の場合、成果物を作成するために電気代や、インターネットの回線費用などの経費が発生します。

手取りの収入は、「収入=報酬ー経費」で計算されるため、経費の支払いの有無をしっかり確認しておかなければなりません

DAI
お金に関する取り決めは契約後のトラブルの元になるため、必ずチェックしましょう!

⑤稼働時間

業務委託契約書をチェックする際は、稼働時間に関して必ず確認しておきましょう。

DAI
なぜなら最低稼働日数や、精算幅がある場合は気をつける必要があるから。

たとえば「最低稼働日数週2日」が定められている場合、クライアントの要望に合わせてたスケジュール管理が必要になります。

また下記のような精算幅がある場合、実際の稼働が精算幅を超えた場合の報酬に関して、確認をしておかなければなりません。

  • 例:月間100時間を基準として、90〜110時間の幅で月〇〇万円
DAI
「最低稼働日数」と「精算幅」はよく確認しておきましょう!

⑥稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについて

稼働時間の精算幅が設定されている場合、報酬の控除や超過払いがあるのかしっかり確認しておきましょう

なぜならあなたの受け取る報酬額が変わってしまうから。

たとえば実際の稼働時間が精算幅より少ない場合は報酬が減額されるのか、逆に精算幅より多かった場合は増額されるのか、チェックしておく必要があります。

DAI
契約後のお金に関するトラブルを未然に防ぐために、必ず確認しておきましょう!

⑦報酬の支払日

業務委託契約書を確認する際は、報酬の支払日を必ず確認しておきましょう。

DAI
なぜなら各クライアントによって、それぞれ規定が異なるから。

たとえば請負契約の場合、クライアントが成果物の検収を完了するまで報酬が支払われないのが一般的です。

特にクライアントの検収日が締め日を過ぎてしまうと、報酬の支払いが翌月になってしまうため注意しなければなりません

DAI
請負契約の場合、クライアントの締め日と検収期間についてもしっかりチェックしましょう!

⑧契約期間、更新の有無

業務委託契約の契約期間や、更新の有無をしっかり確認しておく必要があります。

なぜなら単発の案件なのか、継続の案件なのかによって、あなたの収入の安定性が変わってしまうから

たとえば契約の更新条件として、「規定期間内に双方の申し出がない場合は、契約が自動更新される」と定めているケースなどがあります。

DAI
契約更新の有無と更新の条件は、よくチェックしておきましょう!

⑨損害賠償

業務委託契約書を締結する際は、損害賠償に関する記載をよく確認しましょう。

なぜなら仮に損害の全額を賠償することになった場合、数百万円に及ぶこともあるから

DAI
たとえば情報漏洩・著作権の侵害・秘密保持契約違反などでクライアントに損害を与えた場合、損害賠償を請求されることがあります。

クライアントに損害を与えないように業務をするのは当たり前ですが、業務委託契約書に損害賠償に関する記載がある場合は、入念にチェックしておきましょう

DAI
特に損害賠償が及ぶ期間や、請求される条件に関してはよく確認しておく必要があります!

⑩不利な内容の記載

最後にあなたにとって明らかに不利な内容が記載されていないか、よく確認しておきましょう

なぜなら契約締結後に修正依頼をしても、クライアントに拒否されることがあるから。

DAI
たとえば業務委託契約書に以下のような旨の記述がある際は、クライアントに修正を依頼するのがおすすめです
  • 契約終了後に発生した損害を全額賠償する
  • 報酬の振り込み手数料を負担させられる
  • 成果物の検収期間は設定しない

どうしても双方が納得のいく形で業務委託契約ができない場合は、その契約を断ることも検討しなければなりません。

DAI
業務委託契約書の確認は骨が折れますが、あなたの身を守るために絶対に行う必要があります!

まとめ

今回の記事では「案件を効率よく探せるおすすめのエージェント」や、「機械学習の業務委託案件の具体例と相場感」に関して詳しくご紹介しました。

機械学習の業務委託案件で効率よく稼ぐには、AIやデータマイニングなどの高い専門スキルと実務経験が必要です。

DAI
ただし高単価な案件が非常に豊富であり、リモートワークとの相性も良いため、柔軟な働き方ができるメリットがあります。

また機械学習の業務委託案件をこなすことで、努力次第で大幅に収入がアップし、将来的に独立をすることも十分可能です。

DAI
これから機械学習の案件にトライしたい方は、まずは複数のエージェントに登録してさまざまな案件をリサーチしてみてはいかがでしょうか?
機械学習の業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2~3稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です