最終更新日:
Laravelの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2~3稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。
男性A

Laravelの業務委託案件を効率よく探せる具体的な方法が知りたい

男性B

Laravelの業務委託案件をやるならどんなものがおすすめ?

女性A

高単価の案件や、リモートワークができる案件を中心に受注したい!

このような悩みを感じたことはありませんか?

Laravelの業務委託案件を効率よく探すには、複数のエージェントに登録して比較するのがおすすめです!

各エージェントには、案件の種類が豊富・福利厚生がしっかりしている・リモート案件に強いなど、それぞれ特徴があります。

そのため、複数のエージェントに登録してそれぞれの長所を活かしつつ、自分のスキルや希望にマッチする案件を探すのが効率的です。

今回の記事では、これからLaravelの業務委託案件を探す方におすすめのエージェントを詳しく紹介します。

DAI
具体的なLaravel案件の内容、単価や求められるスキルに関してもしっかり解説するので、ぜひ最後までご覧ください!

Laravelが業務委託案件を探す基準

まずはLaravelの業務委託案件を探す基準として以下の3点をご紹介します。

  1. 自分のスキルに合った案件が多いか?
  2. リモート可能な案件があるか?
  3. 高単価な案件が多いか?
DAI
案件を探す具体的なポイントについてしっかり解説します!

①自分のスキルに合った案件が多いか

エージェントを使ってLaravelの業務委託案件を探す際は、「自分のスキルにマッチした案件を多く取り扱っているか?」をチェックするのがおすすめです。

なぜなら、各エージェントが得意とする案件や特徴が以下のようにそれぞれ異なるから。

  • Webアプリケーションの案件に特化している
  • Laravelのスキル意外にも基本的なWebデザインのスキルも必要
  • 高度な専門スキルや経験が必須だが、高単価の案件が多い

「希望の職種があるか?」、「今の自分のスキルを存分に活かせる案件があるか?」など、優先順位をあらかじめ自分で決めておき、条件にマッチするエージェントをうまく使い分けましょう。

DAI
様々なLaravel案件を一括検索するなら、「エンジニアスタイル東京」がおすすめです!

②リモート可能な案件があるか

DAI
Laravelの業務委託案件を探すなら、「リモートワークが可能か?」も重要なポイントです。

なぜならリモートワーク可能な案件であれば、通勤など無駄な時間を省いて時間を効率よく使うことができるから。

例えばリモートワークが可能であれば、自宅や近所のカフェなど、自分にとって働きやすい場所を自由に選んで業務を行うことができます。

さらにリモートワークは通勤がないため、自分の趣味や家族と過ごす大切な時間に充てる時間を増やすことができるのも大きなメリット。

DAI
ちなみにリモートワーク可能な案件を探すなら、「レバテックフリーランス」と「ITプロパートナーズ」がおすすめ。

リモートワーク可能な案件は非常に人気があるため、早めに応募しないとすぐに募集を締め切ってしまいます……

DAI
あらかじめエージェントに登録おけば、新着案件を通知してくれるので、すぐに希望の案件に応募可能です!

③高単価な案件が多いか

Laravelの業務委託案件を探すなら、「高単価の案件が多いエージェントを選ぶ」ことも重要です。

なぜなら効率よく業務委託案件で稼ぐには、単価の高い案件を契約するのが最も近道だから。

DAI
もちろん高単価の案件は、高いLaravelの開発スキルや実務経験を求められますが、その分だけ高収入を得ることができます。

また、各エージェントの貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書などをチェックし、企業として成長しているかチェックすることも重要です。

ちなみに高単価の案件を探すなら、「レバテックフリーランス」と「HiPro Tech」がおすすめ。

DAI
実際にLaravel案件を探す際は、複数のエージェントに登録して業務内容や単価をよく比較するのがおすすめです!

Laravelの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

この章では、Laravelの業務委託案件を探すのにおすすめのエージェントを厳選して4つご紹介します。

DAI
各エージェントの特徴や強みに関して、詳しく解説します!

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、リモートワーク希望の方や、高単価で良質な案件を中心に受注したい方におすすめのエージェントです。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 41,958件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

※2022年9月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴として、以下の3つを紹介します。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスで取り扱っているLaravel案件は、非常に高単価なものが多いです。

なぜならレバテックフリーランスの案件は、その大半が間に中間業者を挟まない「直請案件」だから。

例えば他のエージェントだと、クライアントとエンジニアの間に複数の中間業者が入るケースもあり、その分だけ紹介料が発生してしまいます。

DAI
レバテックフリーランスは余計なマージンを払うことがないため、その分より多くエンジニアに還元してくれます!

②キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、IT業界に精通したプロのキャリアコンサルタントから、徹底したサポートを受けることができます。

なぜならレバテックはIT人材サービスを広く手がけており、今までの業務経験や教育ノウハウをエンジニアのサポートに反映させているから。

たとえばLaravelを専門とするキャリアコンサルタントが、あなたの専門スキルや業務経験、勤務条件などを丁寧にヒアリングし、条件にマッチする案件を丁寧に紹介してくれます。

DAI
どのキャリアコンサルタントがどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談ができますよ!

③案件数が多い

レバテックフリーランスでは、Laravelの業務委託案件を非常に多く取り扱っています。

ちなみに2022年9月24日の時点で、Laravelの案件数は、1,735件ありました。

DAI
Laravelの高単価案件を受注したい方は、ぜひレバテックフリーランスを活用して案件を探してみてはいかがでしょうか?
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイトより引用:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズは、ベンチャー企業やスタートアップでリモートワークしたい方に非常におすすめです!

運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,291件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年9月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴として、以下の2点をご紹介します。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート勤務、週1~2日から稼働OKの案件多数

①『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズのLaravel案件は、他のエージェントと比較しても単価が高い傾向があります。

なぜならITプロパートナーズの業務委託案件は、「直請案件(※1)」が多いため、余計な中間マージンが発生しないから。

(※1)直請案件

他の仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のこと。

実はほとんどのエージェントがマージン率を一切公開していないため、フリーランスの取り分や、単価の良し悪しを事前に判断するのは非常に難しいです。

そのため「直請案件が多いかどうか?」は、高単価の案件を取り扱っているかどうかの一つの指標として重要

DAI
過剰な報酬の中抜きをしていないITプロパートナーズは非常に魅力的です!

②リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズの業務委託案件は、「週1〜2日から稼働OKの案件が多い」のも非常に魅力的です。

なぜなら他のエージェントの業務委託案件の場合、「最低稼働日数3・4日〜の常駐案件」が一般的だから。

その一方でITプロパートナーズの業務委託案件は、リモートワーク可能な案件も多く、あなたのライフスタイルに合わせて自由に働き方を選ぶことが可能です。

そのため、「まずは副業としてフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にもおすすめのエージェント。

DAI
本業で自分のやりたいことを優先し、ITプロパートナーズの案件で生活費を稼ぐという働き方も可能です!

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

HiPro Tech

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

HiPro Techは、週3日から・リモートで働きたいエンジニア必見のIT・テクノロジー領域に特化したエージェントです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 515件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式サイトより引用・算出:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年9月24日時点・公式ページより引用/算出

HiPro Techの主な特徴として、以下の3点をご紹介します。

  1. リモートOK・週3日からOK案件多数、柔軟な働き方を実現できる
  2. 高単価案件で、収入アップを目指せる
  3. 契約後も充実したサポート体制

①リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro TechのLaravel案件は、リモートワークOKである案件や、最低稼働日数週3日から働くことができる案件が多数あるのが大きなメリット。

なぜなら他のエージェント案件の場合、「最低稼働日数週5〜の常駐案件」がほとんどだから。

DAI
そのため、「時間や場所に縛られずに自由に働きたい!」と思っても難しいのが現実……

その一方でHiPro Techの業務委託案件なら、稼働日数が少なくてリモートワークOKな案件が多数あるため、働き方の自由度が高いです。

DAI
柔軟な働き方を希望する人や、地方在住の人にもHiPro Techはおすすめ!

②高単価案件で、収入アップを目指せる

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは高単価の業務委託案件を多く取り扱っており、あなたの収入アップが期待できます

HiPro Techの案件には、間に仲介会社を挟まない「直請案件」も豊富。

DAI
余計な中間マージンを支払わない分、エンジニアへより多くの報酬を還元してくれますよ!

③契約後も充実したサポート体制

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

実はHiPro Techは転職サービス「doda」を代表とする人材サービスを運営する、「パーソルグループ」がサービスを提供

そのため、今までパーソルグループで培ってきた豊富な経験や人材教育ノウハウを徹底したサポート体制に活かしています。

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techでは専任のキャリアコンサルタントより、以下のような一貫した徹底サポートを受けることができます。

  1. 事前面談
    (希望の勤務条件、現在の活動状況、将来のキャリアパス、今困っていることなど)
  2. 案件のご紹介
    (あなたの経験やスキルにマッチする案件を紹介)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結
    (契約から各種手続きまで徹底的にフォロー)
  5. 業務開始後のアフターフォロー

ちなみに事前面談では、IT分野に特化したエージェントということもあり、専門性の高さを活かした丁寧なヒアリングとアドバイスを受けることができます

DAI
HiPro Techは理想の案件を探している方、案件のミスマッチを避けたい方におすすめのエージェントです!

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイトより引用:https://engineer-style.jp

エンジニアスタイル東京は、様々なエージェントの厳選した業務委託案件を紹介しているサイト

DAI
各エージェントの優良案件を厳選して掲載しており、様々な案件をまとめて1クリックで応募することができるため非常に便利です。
運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 177,756件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年9月時点・公式サイトより引用/算出

DAI
高単価の優良案件が豊富にあるため、迷ったらまずは無料登録して相談してみるのもおすすめです!

エンジニアスタイル東京の特徴として、以下の2点をご紹介します。

  1. 17万件超の豊富な案件数
  2. データが豊富で、案件を探しやすい

①17万件超の豊富な案件数

エンジニアスタイル東京でLaravel案件を探せば、あなたの希望にマッチする案件が見つかりやすいです。

なぜならエンジニアスタイル東京の掲載案件数は、2022年9月時点で17万件を超えているから。

DAI
国内最大クラスの案件数です!

たとえばリモートワークやフレックス制度、最低稼働日数週2日OKなど、他のエージェントでは取り扱いが少ない案件も、エンジニアスタイル東京には多数掲載されています。

副業・フリーランス・スキルアップ・転職など、様々なニーズにマッチする求人を幅広く取り扱っています。

DAI
Laravelの業務委託案件を探すなら、エンジニアスタイル東京は、ぜひ登録しておくべきエージェントです!

無料で会員登録する(公式サイト)

②データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年9月時点確認

エンジニアスタイル東京は、案件の平均単価の他にも職種別・言語別・フレームワーク別の単価や件数ランキングなど、様々な情報を公開

様々な勤務条件や単価の相場を知ることによって、あなたにマッチする案件を探しやすくなります。

DAI
ちなみにLaravelの業務委託案件を探す際は、以下のような基本情報を入力するのが一般的です。
  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

さらにエンジニアスタイル東京の場合、上記の基本情報に加えて下記のような「細かいこだわり条件」についても検索することが可能です

  • 稼働できる時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か
  • 未経験OKか
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

このようにエンジニアスタイル東京なら、あなたのスキルや希望する勤務条件を細かく設定できるため、あなたにベストマッチするLaravel案件を探しやすいです。

エンジニア東京UI

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年9月時点

エンジニアスタイル東京を使ってLaravel案件を探せば、快適にあなたの希望にマッチする案件を探すことができます。

DAI
まずはエンジニアスタイル東京に無料登録して、様々なLaravel案件を比較してみてはいかがでしょうか?
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

Laravelの業務委託の案件例・単価相場は?

この章では、実際にエージェントで募集されているLaravel案件について、業務内容別に3つご紹介します。

DAI
各職種ごとの詳しい業務内容や、勤務日数ごとの相場感をつかみましょう!
  1. ツール保守開発
  2. システム開発
  3. Webアプリ開発

①ツール保守開発

ツール保守開発案件例

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月14日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記は、「PHPを用いたECサイトの自動出荷ツールの開発と保守運用業務」の案件です。

DAI
1ヶ月に140時間稼働したと仮定すると、最大700,000円÷140時間=最大5,000円/時間なので、高単価の案件です。

また最低稼働日数は週3日〜稼働可能であり、フルリモート対応可能な案件であるため、働く場所や時間に縛られたくない方にも非常におすすめです。

要件定義やLaravelの実務経験の他にも、MySQLを用いたデータベース構築、ECサイトの機能設計開発やAPI連携の業務経験があると歓迎されます

また、サーバーサイド処理などのバックエンド業務の経験もあると安心でしょう。

DAI
LaravelとECサイトの開発経験がある方にマッチする案件です!

②システム開発

システム開発案件例

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月14日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記は「PHPを用いた自動車関連のポータルサイトのコンシューマー向けアプリ開発」の案件です。

1ヶ月に140時間稼働したと仮定すると、最大800,000円÷140時間=最大約5,700円/時間なので、高単価の案件です。

PHPやLaravelの開発経験の他にも、GitやAWSの業務経験があると非常に歓迎されます

非常に高い技術スキルが要求されるため、Laravelの開発経験が1年未満の方にはおすすめできません。

DAI
主に実装以降の工程を担当するため、中長期的に腰を据えて案件に参画したい方に非常におすすめです!

③Webアプリ開発

Webアプリ開発案件例

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月14日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記は、「PHPを用いた医療系Webアプリの開発」の案件です。

DAI
一ヶ月に84時間稼働したと仮定すると、最大450,000円÷140時間=最大約5,300円/時間なので、高単価の案件です。

またフルリモート対応可能であり、最低稼働日数が週3日〜稼働OKであるため、自由な働き方をしたい方に非常におすすめです。

Laravelの開発経験の他にも、HTML・CSS・JavaScript・TypeScriptVueやBootstrapなどを用いた簡単なwebデザインのスキルがあると、非常に歓迎されます。

その他にも、自社アプリのチェックテストや保守・運用・メンテナンスの経験があると、より安心でしょう。

DAI
インフラ系Webアプリの新規開発経験がある方にマッチする案件です!

業務委託契約の主な種類

業務委託契約とは、「業務を外注したい企業が、業務の一部を他の企業や個人に委託すること」です

業務委託契約は納期や報酬・業務内容・仕事の進め方などをお互いに了承した上で契約を締結します。

DAI
業務委託契約は、会社員やアルバイトのような雇用関係がないため、企業と契約者が台頭の関係で業務を進めることが可能です。

この章では、業務委託契約の主な3つの契約に関して詳しく解説します。

  1. 準委任契約
  2. 請負契約
  3. 委任契約

DAI
各契約の報酬の仕組みや契約内容の違いについて、しっかり抑えておきましょう!

①準委任契約

準委任契約とは、「成果物の作成や事務作業をする契約」であり、時給や月給計算で報酬が発生する仕組み

Laravel案件の場合、「時間内にクライアントから依頼された業務を滞りなくこなす義務を負うイメージ」です。

DAI
それでは準委任契約のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

準委任契約のメリット

準委任契約のメリットは、収入が安定しやすいという点です

なぜなら準委任契約の報酬条件は、成果物を納品することではなく、決められた時間内にクライアントから依頼された業務を安定して行うことだから。

DAI
つまり成果物のクオリティは関係なく、あなたが稼働した分だけ報酬が発生するため、収入が安定しやすいのが最大のメリット。

準委任契約のデメリット

準委任契約のデメリットは、稼働時間の自由度がそれほど高くないという点です

DAI
なぜなら準委任契約の業務は基本的にシフトを組んで稼働するため、早朝や深夜帯など働く時間の自由度が低いから。

もちろん業務の進め方に関してもある程度クライアントのルールに従う必要があり、定期的に進捗をクライアントへ報告する義務を負います。

専門スキルや業務の成果がクライアントに評価されない場合、たとえプロジェクトの途中であっても契約を打ち切られてしまうリスクがあるのも大きなデメリットです。

②請負契約

請負契約とは、「成果物を完成させて、クライアントへ納品する義務を負う契約」のこと

アルバイトの時給制とは大きく異なり、納品した成果物に対して報酬が支払われる仕組みです。

DAI
それでは、請負契約のメリットとデメリットに関して詳しく解説します。

請負契約のメリット

請負契約のメリットは、働く場所や時間の自由度が高いという点です

なぜなら請負契約の場合、成果物をクライアントへ納品することが報酬条件であるため、働く場所・時間・業務の進め方に関しては基本的に自由だから。

DAI
請負契約であれば、仕事をする場所や時間を自分で自由に決めることが可能です!

請負契約のデメリット

請負契約のデメリットは、成果物のクオリティが低いと、報酬がもらえない可能性があるという点です

なぜなら請負契約の報酬条件は、「契約時にクライアントが指示した通りの成果物を納品すること」だから。

たとえば納品した成果物のクオリティが低い場合、修正指示を出されたり、報酬の減額をされたりする可能性があります。

DAI
最悪の場合、報酬の支払いを拒否されることも十分あり得るため、注意が必要です。

また請負契約の場合は、工数がどれだけかかっても発生する報酬は変わらないというのも大きなデメリット

DAI
請負契約をする際は、「工数と報酬のバランスが取れているか?」をしっかり確認してから契約しましょう!

③委任契約

委任契約とは、法律に関する業務を依頼する契約のことです。

たとえば確定申告に関する業務を税理士に委任したり、弁護士に依頼して裁判を起こしてもらったりするのが代表的です。

委任契約は法律に関する業務を委託する際に結ぶ契約であるため、基本的にLaravel案件で契約することはありません

DAI
Laravelの業務委託案件で結ぶ契約は、「準委任契約」と「請負契約」であるケースがほとんどです。

Laravelの業務委託で働くメリット

この章では、Laravelの業務委託案件で働くメリットとして、以下の4つをご紹介します。

  1. 自分の好きな仕事に集中できる
  2. 努力次第で収入アップが可能
  3. 自分で業務時間を決められる
  4. 人間関係のストレスから解放される

①自分の好きな仕事に集中できる

Laravelの業務委託案件で働くメリットの1つめは、「自分の好きな仕事に集中できるという点」です。

DAI
なぜなら業務委託案件の場合、様々な案件の中から自分の得意なジャンルや、好きな仕事だけを選ぶことができるから。

その一方で会社員やアルバイトの場合、勤務先から与えられた仕事を会社のルールに従ってこなす必要があります。

時には自分のやりたくない業務を振られることもあるため、ストレスが溜まることも多いです。

DAI
業務委託案件であれば、自分の好きな仕事のみに集中できるため、ストレスを溜めにくいです!

②努力次第で収入アップが可能

Laravelの業務委託案件で働くメリットの2つめは、「努力次第で収入アップが可能であるという点」です。

なぜなら業務委託案件の報酬は、「案件単価×案件数」で決まるため、収入が青天井だから。

DAI
会社員やアルバイトの場合、業務で大きな成果を出しても給料が上がらない場合もあります。

その一方で業務委託案件は、成果物のクオリティが高ければ報酬アップに直結しますし、クライアントから引き続き業務を依頼してもらえる可能性が高いです。

時にはクライアントや関係会社から、エージェントでは募集していない高待遇の案件を紹介してもらえることもあるでしょう。

DAI
Laravelの業務委託案件は、努力と結果次第で収入を大幅にアップさせることが可能です!

③自分で業務時間を決められる

Laravelの業務委託案件で働くメリットの3つめは、「自分で働く時間を決めることができる点」です。

なぜなら請負契約の場合、成果物を納品することが報酬条件であるため、基本的に働く場所や時間をあなたが自由に決めることができるから。

DAI
また準委任契約の場合でも、稼働のシフトは会社員よりも比較的柔軟に調整してもらうことができます。

請負契約は納期に間に合うように成果物を納品すれば、働く場所や時間は自由に決めることができるのが最大のメリット。

DAI
あなたのライフスタイルに合わせつつ、自宅やコワーキングスペースなどの好きな場所で働くことも可能です!

④人間関係のストレスから解放される

Laravelの業務委託案件で働くメリットの4つめは、「人間関係のストレスから解放されるという点」です。

なぜなら業務委託案件は基本的に各プロジェクトごとに契約が終了するため、万が一自分と合わない担当者と当たってしまったら、次回からクライアントを変えられるから。

DAI
会社員の場合、一緒に働く上司や同僚を選ぶことができないため、ストレスが溜まってしまう人もいるかもしれません。

最悪の場合、「もう、こんな会社辞めてしまいたい……」と辛くなってしまうこともあるでしょう。

業務委託の案件はクライアントと雇用関係ではなく、ビジネスパートナーとして対等な立場で業務を行います

DAI
会社員とは大きく異なり、働く環境やクライアントを自分で選ぶことができるのが大きなメリットです!

Laravelの業務委託で働くデメリット

この章では、Laravelの業務委託案件で働くデメリットについて、以下の3つをご紹介します。

  1. 労働基準法が適用されなくなる
  2. 福利厚生が受けられない
  3. 仕事のトラブルはすべて自己責任
DAI
メリットだけではなく、デメリットについてもしっかり把握しておきましょう!

①労働基準法が適用されなくなる

Laravelの業務委託案件で働くデメリットの1つめは、「労働基準法が適用されなくなるという点」です。

なぜなら業務委託の案件の場合、正社員やアルバイトのようにクライアントと雇用関係がないから

DAI
最低賃金に関しても法律で定められているわけではないため、業務量と報酬が釣り合っていないケースもあります。

つまり業務委託案件で働く場合、法律の保護をあまり受けられない状態であるため、注意しましょう。

DAI
業務委託案件を締結する際は、業務内容と報酬をしっかり確認し、双方が納得した上で契約しましょう!

②福利厚生が受けられない

Laravelの業務委託案件で働くデメリットの2つめは、「福利厚生が受けられないという点」です。

なぜなら業務委託案件の場合、会社員のように雇用保険や労災保険などの社会保険が適用されないから

たとえば万が一あなたが事故や病気で働けない状態になってしまっても、十分な手当てを受けにくいというのが大きなデメリット。

DAI
不安な方は、「フリーランス用の保険に加入する」など、自分で自分の身を守る備えをしておくのがおすすめです!

③仕事のトラブルはすべて自己責任

Laravelの業務委託案件で働くデメリットの3つめは、「仕事上のトラブルは全て自己責任になるという点」です。

DAI
なぜなら会社員の場合、トラブルが発生したら上司や会社がフォローしてくれますが、業務委託の場合は誰も助けてくれないから

たとえばあなたのミスによってクライアントに迷惑をかけてしまった場合、企業が受けた損害の賠償責任を負わされることも十分あり得ます。

もちろん、クライアントが求めるレベルのスキルや成果を提供できない場合、契約を打ち切られてしまうリスクもあります。

DAI
業務委託の案件は成果主義であるため、業務の責任が非常に重いということをよく認識しましょう。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

この章ではLaravelnの業務委託案件を契約する際に注意すべきこととして、以下の3つを紹介します。

  1. 業務委託契約書が必要な理由
  2. 業務委託契約で起きやすいトラブルとは?
  3. 秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす
DAI
後からトラブルが発生した場合に自分の身を守るためにも、必ず契約書を取り交わしましょう!

①業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が必要な理由は、主に以下の2点です。

  1. 契約上のトラブルが起きにくくなる
  2. 万が一のときに証拠として使える

DAI
基本的に業務委託契約書には、「各案件の業務内容や報酬に関する情報」が詳細に明記されています。

もしも書面で十分な取り決めがされていないと、後から口頭で想定外のスキルや業務を要求されたり、報酬が勝手に減額されたりなど、トラブルが起きやすくなってしまいます

DAI
契約後に大きなトラブルに発展しないように、事前に業務委託契約書を締結しておくことが重要です。

理不尽な理由で報酬を減額させられたり、契約外の業務を依頼されたとしても、業務委託契約書があれば対抗することができます

万が一裁判を行うことになった場合、業務委託契約書を提出することによって、自分の身を守る証拠になります。

DAI
自分の身を守るためにも、業務委託契約書に業務内容や報酬に関する情報をしっかり書面化しておくことをおすすめします!

②業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

どんな仕事においてもトラブルはつきものですが、業務委託契約の案件でクライアントと揉めた場合は注意が必要です。

なぜなら契約した後に業務委託契約書に記載されていない内容に関して相談したとしても、クライアントが応じてくれる可能性が低いから

DAI
特に業務委託契約の案件で発生しやすいトラブルとして、以下の2点を抑えておきましょう。
  1. 成果物に対して何度も修正を求められたが、報酬額が変わらなかったため、その分だけ時給が低くなってしまった
  2. 契約内容に無い業務についても求められたが、報酬の支払いがなかった
DAI
「業務内容と報酬」に関する取り決めは、特にトラブルに繋がりやすいため、お互いの認識を合わせて書面化するのがおすすめです。

③秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

業務委託の案件によっては業務委託契約書とは別に、クライアントから「秘密保持契約書(※2)」の取り交わしを求められることがあります。

(※2)秘密保持契約書

契約期間中に知り得た機密情報や個人情報を業務以外の用途で第三者に開示しないという契約。

特に個人情報を取り扱う場合や、まだ世の中に公開されていない商品やサービスに関わる場合は秘密保持契約書の締結を求められるでしょう。

DAI
クライアント秘密保持契約を結ぶ場合、秘密保持契約書を取り交わす必要があります。

業務委託契約締結の主な流れ

DAI
クライアントと業務委託契約書を締結する流れは、概ね以下のように行います。
  1. 契約内容の詳細について話し合う
  2. 業務委託契約書を作成する
  3. 契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  4. 業務委託契約書を取り交わし、契約完了

①契約内容の詳細について話し合う

まずはクライアントと、「契約内容の詳細」に関して打ち合わせを行います。

契約内容はクライアントや業務内容によってケースバイケースですが、最低限以下の3つは必ず抑えておくのがおすすめです。

  1. 報酬額
  2. 契約期間
  3. 業務の範囲
DAI
上記の3つの項目はどんな案件でも必須項目のため、必ず明確にしておきましょう。

②業務委託契約書を作成する

次は、クライアントと打ち合わせした内容をベースに業務委託契約書を作成します。

実際に業務委託契約書を作成するのはあなたではなく、クライアントが作成するケースが多いです。

以前は電子データで作成した業務委託契約書を紙に印刷して記名押印するのが一般的でした。

DAI
現在ではクラウド上に業務委託契約書を保管するクライアントが多いため、覚えておきましょう!

③契約書の内容を共有し、認識の相違がないか確認し合う

業務委託契約書が完成したら、必ず内容を隅々までチェックしましょう。

なぜならクライアントと打ち合わせした内容とは異なる内容になっている可能性があるから。

たとえば打ち合わせした内容とは別の業務が追加されていたり、報酬額が変更されていたりするケースもあるため注意が必要です。

DAI
クライアントが他の契約と間違えている可能性もあるため、必ず隅々まで入念にチェックしましょう。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

業務委託契約書の内容に関して双方が納得したら、契約の締結をすることによって業務委託契約が成立します。

以前は業務委託契約書を紙に印刷して記名捺印が必要でしたが、現在はクラウド上で電子契約するケースが多いです。

DAI
クラウド上の電子契約であれば、電子捺印できるケースもあります!

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

この章では、業務委託契約の締結前に確認すべき条件について詳しく解説します。

  1. 契約形態
  2. 業務内容
  3. 報酬について
  4. 報酬以外の経費
  5. 稼働時間
  6. 稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについて
  7. 報酬の支払日
  8. 契約期間・更新の有無
  9. 損害賠償
  10. 不利な内容に関する記載
DAI
実際に契約する際は、ぜひ参考にしてみてください!

①契約形態

まずは業務委託の契約形態が、「準委任契約か、請負契約か?」を必ず確認しましょう。

なぜなら契約形態によって、報酬発生条件が大きく異なるから。

準委任契約

準委任契約とは、「成果物の作成や事務作業をする契約」であり、時給や月給計算で報酬が発生する仕組み。

請負契約

請負契約とは、「成果物を完成させて、クライアントへ納品する義務を負う契約」のこと。

DAI
契約形態によってあなたの働き方や、収入の安定性に差が出てしまうため、必ずチェックしましょう!

②業務内容

クライアントと業務委託契約を締結する際は、「業務内容の詳細」を必ず確認しましょう。

なぜなら契約外の業務を依頼されて、報酬に見合わない仕事をしてしまうリスクがあるから。

業務委託契約のトラブルの中でも特に多いのが、「業務内容と報酬に関するトラブル」です。

DAI
業務内容に関して少しでも疑問がある場合は、クライアントに相談して認識を合わせるようにしましょう!

③報酬について

業務委託契約を締結する際は、報酬について必ず確認するようにしましょう。

なぜなら報酬に関する取り決めをしっかり書面にしておかないと、想定よりも支払いが少なかったり、支払い日が先延ばしになってしまうリスクがあるから。

例えば業務委託契約書の中に以下のように、報酬に関する記載があるか確認するのがおすすめです。

  • 報酬の金額
  • 報酬の支払い方法
  • 時間単価か?、プロジェクト単位の支払いか?
  • 報酬の計算方法
DAI
報酬に関する取り決めは、どんなに細かくてもよく確認しましょう!

④報酬以外の経費

業務委託契約書を確認する際は、「報酬以外の経費の支払いがあるか?」も重要なポイントです。

なぜなら特にクライアント先に常駐ではなく、リモートで作業する場合、成果物を完成させるために費用が発生してしまうから。

たとえば電気代やインターネットの回線代、または専門書の購入費などの必要経費が報酬に含まれているか、別払いなのかよく確認しておきましょう。

DAI
「必要経費が別払いかどうか?」によって、あなたの手取りの収入が変わってくるため、非常に重要です!

⑤稼働時間

業務委託契約の依頼を受ける際は、「稼働時間」についてしっかり確認しておきましょう。

なぜなら案件によっては「最低稼働日数:週2日以上」など、条件が定められていることがあるから。

たとえば契約内容によっては、「精算幅(140時間を基準として、120〜160時間で〇〇万円)」が定められていることもあります。

DAI
稼働時間が決まっている場合は、スケジュール管理が必須となるため、必ず確認が必要です!

⑥稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについて

上記のように稼働時間の精算幅が設定されている場合、「報酬の控除・もしくは超過支払いがあるか?」をよく確認しておきましょう。

なぜなら、「業務時間外もしっかり働いたのに、追加の報酬がもらえなかった……」というトラブルになってしまうリスクがあるから。

DAI
実際に働いた稼働時間が、精算幅より少なかった場合、報酬が差し引かれてしまうと大きく損をしてしまいます。

その一方で、精算幅より稼働時間が多かった場合は、追加で報酬を加算してもらえるのかをクライアントに確認しなければいけません

DAI
「お金に関する取り決め」は、どんなに細かくてもクライアントと認識を合わせましょう!

⑦報酬の支払日

クライアントと業務委託契約を締結する際は、「報酬の支払い日」を必ず確認しておきましょう。

なぜなら報酬の支払い日は、各クライアントによってそれぞれ規定が異なるから。

DAI
特に請負契約の場合、成果物を納品してクライアントの検収が完了するまでは、報酬が支払われないのが一般的です。

成果物の検収日がクライアントの締め日を経過した場合、報酬の支払いが翌月になってしまうこともあるため注意しなければいけません

DAI
「クライアントの検収期間」についても、しっかり認識を合わせておきましょう!

⑧契約期間、更新の有無

業務委託契約を締結する際は、「契約期間・契約更新の有無」をよく確認しましょう。

「単発の契約なのか、継続して案件を依頼してもらえるのか?」の違いによって、あなたの収入の安定に直結するからです。

たとえば、「規定の期間内に双方で契約解除の申し出がない場合、契約が自動更新される」などの旨を定めているケースなどがあります。

DAI
「契約更新の条件が何なのか?」も、しっかり抑えておきましょう!

⑨損害賠償

クライアントと業務委託契約を締結する際は、「損害賠償に関する項目」をしっかりチェックしておきましょう。

なぜならもしあなたがクライアントに損害を与えてしまった場合、損害賠償を請求されるリスクがあるから。

DAI
仮に損害賠償の全額を支払うことになった場合、その額は数百万円にも及ぶことがあります。

クライアントに損害を与えないように業務をするのは当たり前なのですが、損害賠償に関して記載がある場合は、特に念入りに確認しなければいけません

DAI
特に、「損害賠償が及ぶ期間や、請求される条件」に関しては確認漏れがないようにしましょう!

⑩不利な内容に関する記載

DAI
業務委託契約書の内容を確認する際は、「あなたにとって明らかに不利な内容はないか?」をよく確認しましょう。

契約締結後に契約内容の修正をお願いしたとしても、クライアントが応じてくれないリスクがあります

下記のように明らかにあなたにとって不利な内容が記載されていたとしても、契約締結後に修正を承諾してくれる可能性は低いため、注意しなければなりません。

  • 契約終了後に発生した損害を全額賠償する
  • 報酬の振込み手数料を負担させられる
  • 成果物の修正依頼10回までは、追加報酬は発生しない

このように明らかにあなたにとって不利な内容が記載されていた場合、クライアントに修正を依頼しましょう。

どうしても双方が納得する契約ができない場合、そのクライアントとの契約を断わることも検討する必要があります

DAI
業務委託契約書のチェックは非常に骨が折れますが、もしもの際にあなたを守ってくれるため、必ず行いましょう!

まとめ

今回の記事では、Laravelの業務委託案件を探す基準や、優良案件が見つかるおすすめのエージェントに関して詳しくご紹介しました。

Laravelの業務委託案件は、高い専門スキルが必要ですが、その分だけ報酬も高く、リモートワーク対応の案件も豊富にあるため、様々な働き方に対応することができます

その一方で労働基準法が適用されなかったり、トラブルは全て自己解決する必要があったりなど、業務に対する責任は会社員よりも重たくなります。

Laravelの専門スキルを持っている方であれば、まずは副業として業務委託案件をこなしていき、本業の収入を超えたら独立することも十分可能です!

DAI
Laravelの業務委託案件にトライしたい方は、まずは複数のエージェントに登録して様々な案件をリサーチしてみてはいかがでしょうか?

Laravelの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2~3稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です