最終更新日:

フリーランスインフラエンジニア向け案件紹介サービスおすすめBEST4
2、3年以上〜の実務経験があるインフラエンジニアにおすすめの案件紹介サービスはこちら!
(下記サービスでは実務未経験の方・会社員の方への案件紹介はできません)
【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ 
大手企業の週4〜×高単価なインフラエンジニア案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
【第2位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/ 
有名企業の高単価案件多数。珍しい休業手当などのサポートも充実しており、手厚いサポートを受けながら稼ぎたい人おすすめ。がっつり参画できる週5案件が豊富!
【第3位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
フリーランスエージェントの中でもサポート・福利厚生がかなり手厚い
取扱い案件も幅広く、働きやすい週3〜案件・リモート案件もあり。独立に不安を感じている人にもおすすめ。
【第4位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
業界では珍しい
週1・2〜可の案件あり、土日・夜の稼働も応相談。直請の高単価案件が豊富!
悩む人
インフラエンジニアのフリーランス案件はどこにある?
DAI
そんな悩みを持っている人のために、フリーランス経験のある筆者が、インフラエンジニアにおすすめのフリーランスエージェントをご紹介します!

先に本記事の結論を紹介します。

DAI
本編で紹介するエージェントの特徴を簡単な表にまとめました。登録するときの参考にしてください(表は左右にスクロールできます)。
公式サイト 案件数 特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ★★★★★ 高単価な週4〜案件が多い
・知識豊富なカウンセラーの丁寧なサポート
リモート可案件が多い
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ ★★★★ 高単価な週5案件が多い
・サポートが丁寧
福利厚生が手厚い
Midworks https://mid-works.com/ ★★ 福利厚生が手厚い
週3日〜稼働できる案件も
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ ★★★ ・週3以内の案件が多い
リモート可案件が多い
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/ ★★★★★ 高単価案件が多い
リモート可案件も多い

案件数は各社のインフラエンジニア向け公開案件数(2022年12月2日時点)をもとに作成。

今回、最もインフラエンジニア案件を保有していたのはレバテックフリーランスでした。

エージェントに登録したら、なるべく早く担当者と面談して詳しい希望条件を伝えておきましょう。

担当のコンサルタントと直接話した方が詳しい条件も伝えやすく、案件を獲得できる確率も上がります。

DAI
案件の選択肢を増やすため、複数のエージェントで面談して案件を提案してもらいましょう!

本記事では、フリーランス向けの案件紹介サービスの選び方、おすすめのフリーランスエージェントの詳細などを紹介します。

フリーランス向け案件探しの参考にご覧ください。

インフラエンジニアの業務委託案件を探す基準

インフラエンジニアの業務委託案件を際には、次のポイントに注目しましょう。

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • リモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が豊富にあるか
DAI
それぞれのポイントについて詳しく解説していきます!

自分のスキルに合った案件が多いか

案件サイトを選ぶときは、自分の持っているスキルや経験に合った案件をたくさん取り扱っているかを確認しましょう。

案件サイトは、以下のようにそれぞれ異なる得意分野を持っています。

  • Web系領域に特化しており、デザイナーやディレクターの案件が豊富
  • 高いスキルが必要な分単価が高い案件を取り扱っている

「働きたい業界の案件があるか」「自分のスキルを存分に活かせる案件を取り扱っているか」など、軸にするポイントをあらかじめ決めてから、自分に合った案件サイトを探しましょう。

DAI
まずどんな案件サイトがあるのか知りたい!という場合は、幅広い案件を取り扱っている「レバテックフリーランス」やフレキシブルに働ける案件を取り扱っている「ITプロパートナーズ」など、重視したいポイントによって案件サイトを見比べてみるのがおすすめです!

リモート可能な案件があるか

リモート勤務が可能な案件を取り扱っているかも重要なポイントです。

リモート勤務可能な案件の良いところは、自宅やコワーキングスペースなど自分の働きやすい場所でオンライン作業ができることです。

通勤時間もないので時間を効率的に使える分、業務効率を上げたり、プライベートを充実させたりという時間に使えます。

リモート可能な案件を見つけたいなら「レバテックフリーランス」と「ITプロパートナーズ」が特におすすめです。

DAI
リモート案件は非常に人気が高いので、すぐに応募しないとあっという間に埋まってしまいます。エージェントに登録しておけば、新着情報を通知で気づけるので、すぐに応募できますよ!

高単価な案件が多いか

業務委託で無駄なく稼ぐには、高単価な案件が豊富なサイトを選ぶことも重要です。

単価の高い案件を獲得することで収入が安定します。高単価であるため、高いスキルを求められることもありますが、自分のスキルアップにつながります。

DAI
高単価なインフラエンジニア案件はレバテックフリーランス」と「テクフリで数多く取り扱っていました。たくさんの案件サイトに登録して、単価の目処感を見比べてみましょう!

インフラエンジニアの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

ここでは、DAINOTE編集部が厳選したインフラエンジニアの業務委託案件を探せるおすすめサイトを5つ紹介します。

  • レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ 
    大手企業の週4〜×高単価なインフラエンジニア案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
  • テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/ 
    有名企業の高単価案件多数。珍しい休業手当などのサポートも充実しており、手厚いサポートを受けながら稼ぎたい人おすすめ。がっつり参画できる週5案件が豊富!
  • Midworks(公式:https://mid-works.com/
    フリーランスエージェントの中でもサポート・福利厚生がかなり手厚い
    取扱い案件も幅広く、働きやすい週3〜案件・リモート案件もあり。独立に不安を感じている人にもおすすめ。
  • ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
    業界では珍しい
    週1・2〜可の案件あり、土日・夜の稼働も応相談。直請の高単価案件が豊富!
  • エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp
    複数のエージェントに登録しなくても、フリーランスエージェント200社以上(2022/9/12)もの案件を一度に検索できる!
    幅広い案件を見たい方におすすめのエージェント。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、直請案件を受注したい方に必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 42,905件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡・長崎・熊本・大分
働き方 週2〜3日案件、リモート案件多数

※2022年10月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの特徴は次の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 有名企業や急成長中の企業の案件が出てくることがある

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスの案件はほとんどが他の中間業者を挟まない「直請案件」のため、高単価の案件が多いです。

DAI
仲介業者に余分に手数料を取られずにフリーランスに還元することで、高単価を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年8月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp

IT人材サービスを多く取り扱うレバテックだからこそ、IT業界に明るいプロのエージェントによるサポートを受けられます。

有名企業や急成長中の企業の案件が出てくることがある

レバテックフリーランスは元々エンジニア向けのエージェントのため、インフラエンジニア向けの求人も少なからず取り扱っています。

そのうえ、有名企業や海外でも活躍する急成長中の企業が求人を出すこともある、穴場エージェントでもあります。

テクフリエンジニアスタイル東京など他のITエンジニア向けエージェントと並行して活用するとさらに良い案件に出会えるかもしれません

案件の報酬水準も高いため、会員登録して非公開案件も含めてチェックしておきましょう。

【レバテックフリーランス】実績豊富なフリーランスエージェントサービス
有名企業の求人が見つかることもあるIT系フリーランスエージェント。案件単価が高く、サポートも充実!

テクフリ

画像はテクフリ公式サイトより引用:https://freelance.techcareer.jp/

DAI
テクフリは中間マージン10%からの案件があるエージェントです。エンジニア向け案件が多いですが、デザイナーやディレクター向けの案件も取扱があります。
運営会社 株式会社アイデンティティ
求人数 11,212件
マージン率 10%〜
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週2、3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年10月7日時点・公式サイトより引用/算出

テクフリは、個人では受注が難しい有名企業の高単価な案件の取扱実績があります。

運営元である株式会社アイデンティティは、複数のIT人材派遣事業をおこなっているため、IT・Web系企業とのパイプも太いです。

手厚いユーザーサポートも特徴で、下記のように細やかなサービスが受けられます。

  • 独自の案件マッチングシステムでスキルとのマッチ度が高い案件を紹介
  • 1人につき2人のスタッフがついて案件獲得をサポート
  • 企業との面談前にはエージェントが面談対策をしてくれる
DAI
自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

Midworks

画像はMidworks公式サイトより引用(2022年11月12日時点):https://mid-works.com/

運営会社 株式会社Branding Engineer
公開案件数 8,652件
(※_2022年11月12日時点)
対応地域 関東圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、三重県)
(フルリモート勤務の場合は全国対象)
特徴 大企業からの高単価案件が募集されていることがある
週3〜稼働できる案件あり(※ 会社員向けの副業案件は紹介不可)

Midworksは、フリーランスで活躍したいエンジニアにおすすめのエージェントで、次のような特徴があります。

  • 報酬補償を含む手厚い福利厚生
  • エンジニア案件の分野が幅広い

報酬補償を含む手厚い福利厚生

Midworksの魅力は、協業補償を含めた手厚い福利厚生が用意されている点です。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務補助」
  • 保険の紹介
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助
  • 休業中も給与を補償する「報酬補償制度(審査あり)」

フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」です。

ですがMidworksなら仮に案件が途切れても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます(報酬補償の適用には審査があります)。

DAI
不安定な状況になりやすいフリーランスにとっては、心強い制度ですね!

エンジニア案件の分野が幅広い

Midworksで取り扱っている案件の多くは、エンジニア向けの案件です。

また、クライアントの種類が幅広いので、選択肢が多いのも魅力です。

  • 大手上場企業〜スタートアップベンチャーまで会社規模が多様
  • SIerも自社サービス企業案件もあり
DAI
掘り出し物の案件があるかもしれません。個人では参画しにくい案件を見つけるチャンスです!

週3日から入れる案件や、しっかり週5日で稼働できる案件もあるので、自分の働き方に合った案件を探せます。

登録&相談は無料です。

「フリーランスを目指したいけど不安…」という人は、まず登録して、相談だけでもしてみることをおすすめします!

※Midworksは週3日程度〜参画できる案件がありますが、会社員の方への副業は紹介していません。

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,296件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国(東京・大阪中心)
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年10月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの特徴は次の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1〜2日から稼働OKの案件が多い

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、「直請案件」がほとんどで、他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、クライアント企業とエージェントの間に他の仲介エージェントを挟まずに、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスが受け取る報酬を事前に知るのが難しい現状です。

DAI
その際に、「直請案件」が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力は、週1〜2日から稼働できる案件が多いことです。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、常駐案件も多いです。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件が多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
スモールスタートでフリーランスを始めたい人や、案件の掛け持ちをしたい人におすすめです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズで生活に必要な最低限の費用を稼ぐことも可能ですね。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なですが、会社員は対象外です。

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

画像は「エンジニアスタイル東京」公式サイトより引用:https://engineer-style.jp

DAI
さまざまなエージェントの公開案件を掲載しているサイトです。エンジニア以外にも、デザイナーやディレクター向け求人も豊富に取り扱っています。

優良エージェントの案件を厳選して掲載しており、大量の案件をまとめて確認できる便利なサイトです。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 179,040件
特徴 エンジニア・コンサル・デザイナー・ディレクターなど多様な職種に対応
高単価案件も多数
案件応募で面談するとAmazonギフト券プレゼント
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日〜稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年10月7日時点・公式サイトより引用/算出

DAI
案件数が豊富で、高単価案件も多数。迷ったら無料相談してみるのがいいです!

また、2022年10月7日時点で、案件応募で面談するとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施しています。終了日時は未定なので、気になる人は早めに登録・応募しておきましょう。

(画像は『エンジニアスタイル東京』公式サイトより引用(2022年9月10日時点):https://engineer-style.jp  

DAI
まずは無料で会員登録してみましょう!

エンジニアスタイル東京の特徴は、以下の2つです。

  • エージェント200社、17万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

エージェント200社、17万件超の豊富な案件数

2022年10月7日現在、エンジニアスタイル東京ではフリーランスエージェント200社に掲載されている17万件以上の案件をチェックできます。

1つのサイトで複数のエージェントの案件が見られるため、登録にかかる時間や手間を省略しながら手軽に幅広く案件を検索できます。

DAI
国内最大水準の案件数です!

リモートワークやフレックス制度、週2稼働OKなど他のエージェントでは取り扱いの少ない案件も、エンジニアスタイル東京では多数掲載されています。

副業・フリーランス・スキルアップ・転職など幅広いニーズに合わせた求人を取り扱っているため、とりあえず登録しておくべきサイトです。

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年8月13日時点確認

平均単価の他にも職種別、言語別、フレームワーク別の単価や件数ランキングも全て公開されています。

DAI
相場を知り、最適な案件を探しやすいです!

案件を探す際には、

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

などの基本的な条件はもちろん、以下のこだわり条件についても検索できます。

  • 稼働できる時間帯、始業時間
  • 職場環境や食堂などの設備
  • リモート勤務可能か
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキルや条件を詳しく指定できるので、自分に合った案件が探しやすいです。

エンジニア東京LP

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年9月10日時点

会員登録すると登録時の希望条件やスキルなどの情報に合致する案件情報をメールで送ってくれます。

DAI
ずっとサイトに貼り付いて案件検索しなくてOKなので、「そんなに多くの案件を選ぶ時間がない」という人にもおすすめです。
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

インフラエンジニアの業務委託の案件例・単価相場は?

 

男性A
インフラエンジニアの業務委託案件には、どんなものがあるんですか?
DAI
実際に掲載されている案件をご紹介しますね!

この章では、実際に案件サイトで募集されているインフラエンジニアの業務委託案件を、業務内容別にご紹介します。

DAI
職種ごとの業務内容や、勤務日数ごとの相場感をつかみましょう!

社内SE

 

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年10月23日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記は、社内SEとしてシステムやインフラの構築や導入、管理をするエンジニアを募集している案件です。

セキュリティ対策に関する業務もありますので、セキュリティソフトや機器に関わったことがある人には向いているかもしれません。

週4日の勤務で最大75万円の報酬なので、8時間勤務と仮定すると時給は最大で約5,900円と高額です。

エンジニア経験が3年以上の方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

DAI
DXに関する経験がある人に向いた案件です。

インフラシステム設計

 

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年10月23日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記はUnixやLinuxを使用したインフラシステムの設計と構築のできるエンジニアをの案件です。

サーバ設計やストレージ、コンテナの知識があれば、スキルや経験を活かせるでしょう。

DAI
自分のスキルや経験を前もって整理しておきましょう!

インフラ運用保守

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年10月23日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記は、LinuxやWindows、Unixのサーバの運用保守業務を担当するエンジニアの案件です。

バッチでの保守業務や運用手順のマニュアル化などの業務を経験したことがあるエンジニアには向いている可能性があります。

拘束時間は月に150から190時間と長めではありますが、少なくとも約2,631円以上と高単価です。

DAI
一部リモートでの稼働が可能なので、時間を有効に使えます!

受託インフラ構築

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年10月23日時点。現在は募集終了している場合があります。

上記の案件では、CiscoやAruba製品をを用いたネットワーク構築ができるエンジニア募集しています。

都道府県規模のプロジェクトに関わったことがある人材を探しているため、この受託案件でも規模の大きなプロジェクトになることが予想されます。

Cisco認定資格のCCNA保持者は挑戦してみてはいかがでしょうか。

DAI
スキルの掛け合わせは、高単価案件ゲットの近道です!

今回は募集を終了している案件のみでしたが、エージェントには登録しないと応募できない非公開案件もあります。今後募集が始まる可能性もあるので、すぐに応募できるよう今のうちから登録しておくのがおすすめです。

業務委託契約の主な種類

業務委託契約とは、業務を外注したい企業が、業務の一部を他の企業や個人に委託することです。

報酬や納期、仕事内容、進め方などをお互いに了承したうえで契約をおこないます。

アルバイトのような雇用関係がないため、企業と対等の関係で業務を進めることができます。

業務委託契約は、主に以下の3種類に分けられます。

  • 準委任契約
  • 請負契約
  • 委任契約

それぞれの契約について詳しく解説します。

DAI
報酬の仕組みや契約内容が異なるので、違いを把握しておきましょう!

準委任契約

準委任契約は、制作したものの納品や事務作業などを委託する契約で、時給や日給、月給単位の計算で報酬が発生します。

インフラエンジニアは準委任契約を交わすことで、決められた時間内に委託されている仕事を契約に沿ってこなす義務を負うのです。

メリット

準委任契約のメリットは、収入が一定になりやすいという点です。

準委任契約での報酬が支払われる条件は、決められた時間に業務をおこなうことで、成果物を納品することが条件ではありません。

そのため、成果物の有無にかかわらず稼働した時間分の報酬が発生しますので、収入に安定感が出るというメリットがあります。

デメリット

デメリットは、稼働時間の自由度がそれほど高くないという点です。

基本的にはシフトで稼働するので、朝早い時間や夜中など稼働の時間帯をワーカー側で設定できるかはクライアントによります。

業務の進め方についてもある程度クライアントに管理されます。

そのため、業務に滞りがないかどうか定期的に報告する必要があります。

また、クライアントに評価されなかった場合、プロジェクトの途中でも契約を終了されてしまう可能性があるという点がデメリットです。

請負契約

請負契約は、成果物を完成させて納品する義務を負う契約を指します。

社員採用やアルバイトと違い、成果物の納品に対して報酬が発生する仕組みです。

メリット

請負契約のメリットは、時間や働く場所の自由度が高いという点です。

請負契約では、成果物を完成させて納品することが条件であり時間や働く場所、業務の進め方の報告をする義務はありません。

よって、エンジニアは仕事する時間や場所を自由に決められます。

デメリット

デメリットは、納品した成果物のクオリティがクライアントの求めるレベルに達していないと、報酬を支払われないリスクがあるという点です。

修正や報酬の変更を指示されることがあり、報酬の支払いが拒否される場合もあります。

また、どれだけ時間がかかっても、手元にくる報酬額が変わらないという点もデメリットです。

どう計算しても100時間かかる作業でも、報酬が5万円のであれば時給換算すると500円/時になってしまいます。

DAI
請負契約する際は、工数と報酬が見合っているかの確認が必要です。

委任契約

委任契約とは、法律に関する業務を委託する契約です。

主な例としては、確定申告を税理士に委任したり、弁護士に委任し裁判を起こしたりすることなどがあげられます。

DAI
委任契約は法律に関する業務を委託する際に結ぶ契約なので、インフラエンジニアが契約することはありません。エンジニアが結ぶ契約は、請負契約と準委任契約が当てはまります。

インフラエンジニアの業務委託で働くメリット

インフラエンジニアが業務委託で働くメリットには、以下の4つがあります。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される
DAI
では、一つずつ見ていきましょう!

自分の好きな仕事に集中できる

メリット1つ目は、自分の好きな仕事に集中できるという点です。

業務委託契約では、多くの案件から得意なものや好きなもの、挑戦したいものを選べます。

会社に勤めていると、上司から振り分けられた仕事を決まった条件でこなさなければなりません。

自分のしたくない仕事を振られることもあり、不満になる場面も多いです。

しかし、業務委託契約であれば自分の好きな仕事を選んで注力できるので、不満にを感じにくく、楽しんで働けます。

努力次第で収入アップが可能

メリット2つ目は、自分の努力によって収入アップが可能という点です。

会社員は給与の支払いの仕組みによっては、いくら大きな成果を出しても、給与には反映されない場合もあります。

しかし業務委託では、成果を出し続ければ契約継続につながり、報酬アップの可能性もあります。

クライアントや仲間の人脈を通して、高単価の案件に結びつくこともあるでしょう。

DAI
会社員時代より大幅に年収をアップさせるのも夢ではありません。

自分で業務時間を決められる

メリット3つ目は、自分で働く時間を自由に決められるという点です。

請負契約は働く場所や時間を自由に決められます。

準委任契約であっても、稼働のシフトは会社員よりも比較的柔軟に調整できます。

納期に間に合うように自分で業務時間を決められるので、好きな時間、好きな場所を選んで働けるのがメリットです。

DAI
その日の都合に合わせつつ、カフェやコワーキングスペースなど好きな場所で働くことも可能です。

人間関係のストレスから解放される

メリット4つ目は、人間関係のしがらみから解放されるという点です。

会社に勤めていると、一緒に働く同僚や上司たちとの人間関係に悩むことがあります。

DAI
ひどい場合は「もう会社を退職したい……。」と思ってしまうこともありますよね。

しかし業務委託契約では雇用関係と異なり、クライアント企業と対等な立場で業務を行えます。

もし、自分に合わない担当者に当たったときは、クライアントを変える自由があります。

DAI
正社員と違い、上司やクライアントが固定されにくい点は魅力的ですね!

インフラエンジニアの業務委託で働くデメリット

業務委託には、デメリットも存在します。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任
DAI
「こんなはずでは……」とならないよう、デメリットも把握して対策しておきましょう。

労働基準法が適用されなくなる

デメリット1つ目は、労働基準法が適用外になるという点です。

業務委託契約には、正社員や契約社員、アルバイトなどのような雇用関係はありません。

報酬の支払い条件や成果物の制作にかかった時間に関して、法律の保護を受けにくい状態になります。

最低賃金が法律で定められているわけではないため、工数に対して安価な報酬で請けることになるリスクがあります。

DAI
契約前に業務内容や報酬を確認し、納得したうえで契約を取り交わすようにしましょう!

福利厚生が受けられない

2つ目のデメリットは、福利厚生を受けられないことがあります。

業務委託契約では、会社員のような雇用保険や労災保険などの社会保険が適用されません。

万が一事故や怪我が発生しても、傷病手当など必要な補助を受けにくいデメリットがあります。

そのため、フリーランス用の保険に加入するなど、自分を守るための備えをしておきましょう。

仕事のトラブルはすべて自己責任

デメリット3つ目は、仕事のトラブルがすべて自己責任になるという点です。

企業に雇われている場合は、従業員が起こしたトラブルは程度の差はあれど会社が責任をとってくれますが、業務委託のフリーランスはそうはいきません。

業務委託契約で、もし仕事のトラブルが発生した場合、すべて自己責任になります。最悪の場合、企業が被った損害の賠償責任を負わされることもあります。

企業が求めるレベルの成果物を納品できなかったり、納期を破ったりすると、簡単に契約を切られてしまいます。

DAI
業務委託契約は比較的自由度が高いですが、責任の重大さは変わらないのだという意識を持っておく必要があります。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託契約を結ぶとき、必要不可欠なのが業務委託契約書の取り交わしです。

後から相互に不利益にならないように交わしておく大切なものでもあります。

DAI
業務委託契約を結ぶなら、必ず契約書を取り交わしましょう。

業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が必要な理由は、主に以下の2つです。

  • 契約上のトラブルが起きにくくなる
  • 万が一のときに証拠として使える

業務委託契約書には、仕事内容や報酬、万が一の場合に対応について明記されています。

もし、事前に取り決めがなければ、想定よりも高いスキルを求められたり、報酬が少なかったりと契約上のトラブルが起きやすくなります。

トラブルにならないように、あらかじめ業務委託契約書を交わしておきましょう。

また、業務委託契約書は万が一のときに証拠として使うことも可能です。

DAI
突然報酬を減らされたり、契約書で取り決めていない作業を依頼されたりしても、契約書があれば回避できますよね。

あまり考えたくはありませんが、万が一裁判になってしまった場合には業務委託契約書を提出する必要があります。

DAI
業務委託契約書を取り交わすことは、自分の身を守るために絶対に必要なものです。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託契約で起きやすいトラブルとして、主に挙げられるのが以下の通りです。

  • 成果物に対する度重なる修正を求められた報酬が変わらず、その分時給が低くなってしまった
  • 契約内容に無い業務についても求められたが、報酬の支払いがなかった

業務委託契約書のなかで業務内容を詳しく決めておけば、こうしたトラブルを防ぎつつお互い納得した状態で業務を進めやすくなります。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

また、案件によっては業務委託契約書の他に秘密保持契約書を交わすこともあります。

秘密保持契約とは、契約中に知り得た機密情報や個人情報を、業務で使用する以外の目的で第三者に公開しないという契約です。

クライアントと秘密保持契約を結ぶ場合は、秘密保持契約書を交わしましょう。

業務委託契約締結の主な流れ

業務委託契約は、以下のような流れで締結します。

  1. 契約内容の詳細について話し合う
  2. 業務委託契約書を作成する
  3. 契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  4. 業務委託契約書を取り交わし、契約完了

①契約内容の詳細について話し合う

最初に、契約内容の詳細について話し合います。

  • 報酬額
  • 契約期間
  • 業務の範囲

これらの項目について、ある程度明確に決めておきましょう。

②業務委託契約書を作成する

話し合った内容をもとに、業務委託契約書を作成します。

作成するのはあなたではなく、業務を委託する側の企業です。

③契約書の内容を共有し、認識の相違がないか確認し合う

企業が作った業務委託契約書をチェックし、認識の相違がないか確認します。

この場で重要な部分をチェックしておかなければ契約後にトラブルが起きてしまうので、たとえ小さな部分でも気になることは遠慮せず相談しましょう。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

お互いに納得できる契約内容を記載した業務委託契約書を取り交わし、契約完了です。

本来であれば記名捺印が必要ですが、最近はクラウド上での電子契約が多くなっているため、電子捺印で対応できるケースもあります。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

業務委託契約を締結する際は、契約内容をクライアントと双方納得できるまで話し合う必要があります。

契約時にパニックにならないように事前に確認するべき条件を解説します。

DAI
実際に契約する際は、ぜひ参考にしてくださいね!

契約形態は何か

業務委託契約のなかでも、契約形態が準委任契約か請負契約かを確認します。

契約形態によって働き方や収入の安定性に差が出るので、必ずチェックしましょう。

業務内容は何か

業務内容については、どんな業務を委託されるのかを確認します。

ここを確認しておけば「想定の範囲以上の業務を任されて、報酬に対して割に合わない仕事量をこなすことになった」というトラブルを未然に防げます。

報酬についての記載はあるか

業務委託契約書のなかに、報酬についての記載があるかは必ず確認しましょう。

  • 報酬額
  • 支払い方法

また、補修については以下の項目についても確認しておきましょう。

  • 時間単価か、プロジェクト単位での支払いか
  • 報酬の計算方法

ここを確認しておかないと、想定より支払いが少なかったり支払日が先になったりすることがあります。

認識の相違がないか、確認しておきましょう。

報酬以外に経費の支払いはあるか

報酬以外に経費の支払いがあるかは重要なポイントです。

たとえば業務に必要な電気代やPCの回線費用、消耗品などの経費が報酬に含まれているか、もしくは別途支払いされるかを確認します。

事前に決められていないと後で報酬について揉めることになるので、見逃さないようにしましょう。

稼働時間はどのくらいか

稼働時間についても確認が必要です。

案件によっては「最低週2日稼働」など時間が定められている場合があります。

契約によっては精算幅(例:100時間を基準に、90〜110時間の精算幅で◯万円)が定められていることがあるので、併せてチェックしましょう。

スケジュール管理のために必要となる項目なので、確認しておきましょう。

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

稼働時間の精算幅がある場合は超過支払いか報酬の控除があるのかをチェックします。

実際の稼働時間が精算幅より少なかった場合は報酬がその分差し引かれ、多い場合は追加される仕組みです。

「業務時間外でも働いたのに、報酬が支払われなかった」というトラブルを防ぐため、入念に確認しましょう。

報酬の支払日はいつか

報酬の支払日は、クライアント企業によってルールが異なります。

業務委託契約書の、報酬が支払われる日がいつになるか確認しておきましょう。

また、請負契約では納品後、検収が完了するまで報酬が支払われない場合があります。

クライアント都合で検収日が締め日を超過してしまうと、報酬の振り込みが次の支払日になってしまうこともあります。

納品~検収の期間も、あわせてチェックしておきましょう。

契約期間、更新の有無について

業務委託契約の契約期間や、契約終了後の更新がされるかどうかを確認しておきましょう。

また、更新する際の条件がどのようなものかのチェックも重要です。

DAI
更新する際の条件として、決められた期間以内にどちらかから解除の申し出がない場合、自動更新されることを記載している企業もあります。

損害賠償の記載はあるか

業務委託契約を結ぶうえで避けて通れないのが、損害賠償問題です。

もし情報漏洩や著作権の侵害、秘密保持契約違反などで企業に被害を及ぼした場合、クライアントから損害賠償請求される可能性があります。

DAI
損害の全額を賠償するともなれば、金額は〇百万円になることもあります。

クライアントに損害を与えないようにすることは当たり前ですが、損害賠償の記載は入念に確認しておきましょう。

請求される条件や損害賠償が及ぶ期間については、漏れがないようにチェックをおこないましょう。

不利な内容は記載されていないか

ときどき、業務委託のエンジニアに対して明らかに待遇の悪い内容が記載されているこ場合があります。

「報酬の振込手数料を負担させられる」「契約終了後に発生した損害をすべて賠償する」などの記載があった場合、契約締結後に気付いても後の祭りです。

あなたに不利な契約は、最初に飲んでしまえば、いつか自分自身を苦しめることになります。

そのような記載があったときは、修正をお願いしましょう。

どうしても双方納得のいく形で契約が実現できなければ、契約そのものをお断りすることを検討しましょう。

DAI
業務委託契約書の確認は非常に面倒ですが、未来の自分を守るために必ずおこなってくださいね!

まとめ

今回は、インフラエンジニアにおすすめの案件サイトと、業務委託契約を結ぶ流れ・注意事項について解説しました。

DAI
自分に合う案件を探すため、複数のサービスに登録して併用しましょう。

インフラエンジニアの業務委託案件を受注してさらに活躍の幅を広げたい人は、この記事を参考にして取り組んでみてください。

フリーランスインフラエンジニア向け案件紹介サービスおすすめBEST4
2、3年以上〜の実務経験があるインフラエンジニアにおすすめの案件紹介サービスはこちら!
(下記サービスでは実務未経験の方・会社員の方への案件紹介はできません)
【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ 
大手企業の週4〜×高単価なインフラエンジニア案件多数。業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。ヒアリングも丁寧で、スキルアップ・キャリアアップの相談もOK!
【第2位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/ 
有名企業の高単価案件多数。珍しい休業手当などのサポートも充実しており、手厚いサポートを受けながら稼ぎたい人おすすめ。がっつり参画できる週5案件が豊富!
【第3位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
フリーランスエージェントの中でもサポート・福利厚生がかなり手厚い
取扱い案件も幅広く、働きやすい週3〜案件・リモート案件もあり。独立に不安を感じている人にもおすすめ。
【第4位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
業界では珍しい
週1・2〜可の案件あり、土日・夜の稼働も応相談。直請の高単価案件が豊富!
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
高単価案件を数多く保有。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランス独立に少しでも不安があるなら、まずはこちらへ相談がおすすめ。