最終更新日:
Flutterの業務委託案件を探している方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

「Flutterの業務委託案件には、どのようなものがある?」

「Flutterの業務委託案件をどのように探せばいいのか知りたい。」

Flutterの業務委託案件を探す際は、以下に挙げる条件で案件を探す方が多いのではないでしょうか。

  • 自分のスキルに見合ったレベル
  • リモートワークOK
  • 高単価

DAI
結論、上記の条件すべてを満たせる案件は、そう簡単には見つけられません。さらに、Flutterの業務委託案件は人気や注目度を集めていることもあり、より案件取得が難しくなっています。

自分の求める条件にマッチした案件を見つけるためには、最低でも3つの転職エージェントに登録するのがおすすめです。

人気の案件は非公開になっていることも多いため、案件探しをスムーズに進めるためにもあらかじめ複数のエージェントに登録しておきましょう。

今回紹介する転職エージェントの傾向は以下にまとめているので、案件を探すうえでの参考にしてください!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/

※2022年10月時点、各公式HPより

DAI
この記事を参考にFlutterの業務委託案件にチャレンジし、自身が描く理想の生活を実現させましょう!

Flutterの業務委託案件を探す基準

Flutterの業務委託案件を探す際は、以下を基準にしてください。

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • フルリモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が多いか

DAI
上記3つの条件についてあらかじめ把握し、Flutterの業務委託案件を通じた理想の生活を実現してください!

自分のスキルに合った案件が多いか

まず、自分がFlutterの案件にどの程度のレベルで関われるのか客観的に確認しましょう。

そのうえで、自分のレベルに応じた条件で取り組める業務委託案件を探すのが理想です。

業務委託の場合だと、未経験よりも即戦力として活躍できる人材のみを探している企業も多いでしょう。

案件に取り組みながら並行してスキルアップを試みたいという考え方では、そもそも企業のニーズとマッチせずに案件を取得できない可能性が高まるでしょう。

DAI
とはいえ、自分が求める条件の案件を見つけた際は、まずは応募したうえでスキル面に関する相談をしてください。

フルリモート可能な案件があるか

フルリモート案件があるかどうかも、Flutterの業務委託案件を探すうえで重要な基準の一つです。

​​Flutterに限らず、副業のような形をとって業務委託案件を受ける需要も増えているため、自宅でいかに作業できるかどうかを重視している方も増えています。

フルタイム勤務で出社しつつ、自宅に戻ってから業務委託案件に取り組むという生活は、心身ともに負担がかかるといえるでしょう。

しかし、フルリモートの案件を獲得できれば自宅にいながら仕事ができるため、心身の負担含めて効率的に業務を進められます。

DAI
Flutterの業務委託案件はフルリモートを対象としているものも多いため、決して非現実的な条件というわけではありません!

ただし、Flutterのフルリモートの案件は注目が集まりやすい傾向にあるため、案件を見つけたらまずは応募して話を先に進めておくことをおすすめします。

高単価な案件が多いか

案件の単価は、自身の保有しているFlutterのスキル・経験、案件を募集しているサイトや企業によって大きく異なります。

求められるスキルや条件面が同じレベルであれば、より単価の高い案件を選ぶのがおすすめです。

DAI
実際、単価が倍以上異なるにもかかわらず、求められるスキルや業務のレベルに差が少ないケースもあります

また、案件を募集している企業の規模で報酬が異なる場合があります。

スタートアップ企業とベンチャー企業では、業務委託に割ける予算に大きく違いがあることを認識しておきましょう。

Flutterの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

Flutterの業務委託案件を探す場合は、転職エージェントを活用してください。

Flutterの案件について把握した有能なキャリアアドバイザーにより、自身の条件に合う案件や働き方、業務内容についてのアドバイスも受けられるでしょう。

転職エージェントであれば、単価や稼働形式などの条件面に配慮した案件を探すことも可能です。

ここでは、Flutterの業務委託案件を探すのにおすすめの転職エージェントを4種類紹介します。

DAI
どれも無料で利用できるので、まずはすべて登録したうえで案件探しを進めましょう。

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/

※2022年10月時点、各公式HPより

レバテックフリーランス

公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、直案件を受注したい方やリモートで働きたい方におすすめのエージェントです。

運営会社
レバテック株式会社
公開求人数
(現在募集中の案件)
2728件 (2022年12月07日現在)
flutterの
公開求人数
23件 (2022年11月28日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み・週2〜3日稼働の案件、リモート案件多数
・カウンセラーの専門性が高く、幅広く相談に乗ってくれる
・高単価な案件が多い
公式https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスの主な特徴には、以下の3つが挙げられます。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、業界最高水準の高単価案件を数多く取り揃えているのが特徴です。

中間業者を挟まない直請案件が多く掲載されているのも、レバテックフリーランスならではの魅力といえます。

DAI
直請案件は中間業者にマージンを取られないため、高単価な案件を獲得しやすいといえるでしょう

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

レバテックフリーランスはI、T人材サービスを多く手掛けているエージェントです。

そのため、Flutterの知見も豊富なエージェントが的確にサポートをしてくれます。

DAI
誰がどの案件をサポートしたか確認もできるため、サポート実績を把握したうえで依頼したい方にとっては嬉しいポイントですね!

案件数が多い

レバテックフリーランスは、エンジニアの案件を数多く取り扱っています。

レバテックフリーランスの案件例

DAI
以下が、レバテックフリーランスの案件例です。

案件名

【Flutter】SNSマーケティングシステム開発の求人・案件
月額単価600,000円/月
職務内容SNSマーケティングシステムの開発に携わっていただきます。
新規機能開発から運用保守まで幅広くご担当いただきます。
求めるスキル・iOS/Androidでの開発経験2年以上

【歓迎スキル】
・Flutterでの開発経験
・要件定義の経験
案件URL
【Flutter】SNSマーケティングシステム開発の求人・案件
 
(2022年11月29日 現在)

Flutterの案件を探している方は、案件数の豊富なレバテックフリーランスを活用してみてください。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ


公式サイトより引用:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズは、ベンチャー企業・スタートアップ企業にコンタクトをとってリモート案件を獲得したいと考えている方にマッチしているエージェントです!

運営会社
株式会社Hajimari
公開求人数723件 (2022年12月07日現在)
flutterの
公開求人数
10件 (2022年12月07日現在)
マージン率非公開
対応地域東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫、奈良
フルリモート案件も取扱あり。
特徴週1〜3日で稼働できる案件を多く保有。リモート可案件も多数。
公式https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴は、以下の2つです。

  1. 「直請案件」だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

「直請案件」だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの案件には仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約できる「直請案件」が多くあります。

そのため、案件の単価がより高くなるのが特徴であり、メリットです。

昨今、フリーランスエージェントのほとんどはマージン率を公開していないため、事前に正確な単価を比較するのは困難です。

DAI
直請案件の取り扱い数が多いほど、高単価の案件数も多いといえます。

報酬が中抜きされない案件を多く取り扱っているIT プロパートナーズは、マージン率が非公開のエージェントばかりである中で、より魅力を感じられるエージェントといえるでしょう。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズでは、週1〜2日稼働可能な案件を多く取り扱っています。

一般的な転職エージェントでは最低稼働日数を週3〜4日で設定している場合も多く、リモート不可の案件も多いのも特徴です。

ITプロパートナーズは、リモートで受注できる案件も豊富です。

DAI
そのため、自身の理想とするライフスタイルの実現にも貢献できる点が魅力といえます。

HiProTech

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

HiPro Techは、週3日から稼働できる案件や、リモート可能な案件を多く取り扱っている転職エージェントです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 533件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年10月11日時点・公式ページより引用/算出

HiPro Techの主な特徴には、以下の3つが挙げられます。

  • リモートOK・週3日からOKの案件多数、柔軟な働き方を実現できる
  • 高単価案件で収入アップを目指せる
  • 契約後も充実したサポート体制

リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techではリモートワーク可能な案件が多く、週3日から稼働可能な案件も豊富に掲載取り扱われています。

DAI
リモートOK案件・週3日から稼働OKな案件が豊富に揃っているため、地方在住の方や副業を探している方にもおすすめの転職エージェントです。

中間マージンのない直請け案件多数

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techには、仲介会社を挟まず受注できる「直請け」の案件が多く掲載されています。

直請け案件は中間マージンが発生しないため、より高い単価での業務を実現できます。

契約後も充実したサポート体制

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは「パーソルグループ」という、多くの人材サービスを運営する企業によるサービスです。

転職サービス「doda」など、有名な転職サービスを運営しているため、実績や知見が豊富といえるでしょう。

豊富な実績と知見を「サポート体制」に活かしているため、安心して利用できる点がHiPro Tech最大の魅力です。

公式サイトより引用:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techを利用する際は、以下の流れを参考にしてください。

  1. 事前面談
    (条件・活動状況・将来像・現在の悩みなど)
  2. 案件のご紹介
    (経験・スキルに親和性がある場合に案件について相談)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結
    (契約から各種手続きまでのフォロー)
  5. 業務開始後のアフターフォロー

DAI
手厚いフォローを受けられるので、案件のミスマッチを避けながら理想の案件を探したい方におすすめのエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイトより引用:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京は、案件数が膨大である点が魅力であり、メリットのフリーランスエージェントです。

豊富な案件をまとめてチェックし、1クリックだけで応募できる便利さも特徴といえます。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 179,652件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2稼働OKなど様々な案件に対応
DAI
エンジニアスタイル東京であれば、さまざまな条件に適した案件を探せるので、まずは無料で会員登録してみましょう!

DAI
案件数が豊富であることはもちろん、単価の高い案件も豊富です!案件数という観点では、もっとも信用度の高いエージェントといえるかもしれません。

エンジニアスタイル東京の特徴には、以下の2つの特徴があります。

  • 18万件近くの豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

18万件近くの豊富な案件数

2022年10月時点で、掲載されている案件数は18万件近くあります。

Flutterに関連する案件だけでも912件あるので、幅広い条件の案件から自分にマッチしている案件を探し出せるでしょう。

また、他のエージェントでは難しい案件でも、エンジニアスタイル東京であれば獲得できる可能性もあります。

DAI
Flutterの業務委託案件を探している方のニーズに合わせた案件を取り扱っているため、まずは登録だけでもしておきましょう!

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年10月時点確認

平均単価の他にも職種・言語・フレームワークなど、さまざまな観点でのランキングがすべて公開されています。

DAI
多くの視点で案件の傾向などを把握しておくことで、より自身にマッチした案件を獲得しやすくなるでしょう。

案件を探す際は、以下の条件で検索しましょう。

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

また上記の条件だけでなく、以下のこだわり条件でも検索できます。

  • 稼働できる時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か
  • 未経験OKか
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキルや条件を詳しく指定できるため、自分にマッチした案件を見つけられるでしょう。

DAI
さまざまな条件に応じた案件を抽出できるので、まずは会員登録からいかがでしょうか?

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

Flutterの業務委託案件にはどんな案件があって、報酬の相場がどれくらいなのかを確認していきます。

実際にFlutterの業務委託案件をいくつかピックアップして紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※今回紹介する案件は募集を終了している可能性もあります。最新の案件例が見たい人はエージェントに登録したうえで、詳細を確認してみましょう。

案件例①

案件名

【Flutter】SNSマーケティングシステム開発の求人・案件
月額単価600,000円/月
職務内容SNSマーケティングシステムの開発に携わっていただきます。
新規機能開発から運用保守まで幅広くご担当いただきます。
求めるスキル・iOS/Androidでの開発経験2年以上

【歓迎スキル】
・Flutterでの開発経験
・要件定義の経験
案件URL
【Flutter】SNSマーケティングシステム開発の求人・案件
 
(2022年11月29日 現在)

案件例②

案件名

【Flutter】新規及び既存事業プロダクト開発の求人・案件
月額単価850,000円/月
職務内容

・新規及び既存プロダクトにおいて下記作業を担当いただきます。
 -企画、設計、実装
 -テスト、計測、改善
求めるスキル・Flutterを用いた開発経験
・スマホアプリのリリース経験
・Githubを用いたチーム開発経験

【歓迎スキル】

・モバイルアプリの自動テストの経験
・大規模ネイティブアプリ(toC向け)の開発経験
・CI等を利用したテストが自動化されたプロジェクトでの開発経験
・コードベースの継続的な改善の経験
・プロダクトオーナーとしてプロダクトの方向性や成長にコミットした経験
・パフォーマンスチューニングの経験
・UIUX 設計経験
・エンジニアチームのリーダー経験
案件URL
【Flutter】新規及び既存事業プロダクト開発の求人・案件
 
(2022年11月28日 現在)

上記の案件はあくまでも一例なので、自分のスキルに合わせて案件を探してみてください。

DAI
公開案件に自分のスキルになさそうでも諦めないでください。エージェントに登録することで非公開案件が見られるようになりますよ。

業務委託契約の主な種類

業務委託とは、業務を外注したい企業から業務の一部を個人に委託する契約形態のことです。

報酬・納期・業務内容・業務の流れなどを個人と企業が確認し、了承することで契約が成立します。

雇用契約を締結するわけではないため、企業との関係性はあくまで対等になることが業務委託契約ならではの特徴です。

業務委託契約には主に、準委任契約・請負契約・委任契約以下の3種類があります。

ここからは、それぞれの業務委託契約について詳しく解説します。

DAI
それぞれ報酬や契約内容の仕組みが異なるため、事前に把握しておきましょう!

準委任契約

準委任契約とは、成果物の作成・納品・校閲などの作業を委託する契約のことで、時給・月給計算で報酬が発生します。

準委任契約を締結しておくことは、委託された業務を時間内に確実かつ高品質でこなす義務を負うことに同意したと認識しておきましょう。

メリット

準委任契約は、収入が安定しやすいという点が主なメリットです。

準委任契約で報酬が発生する条件には、時間内に業務をこなすだけでなく、品質を担保することも入っています。

成果物の納品そのものが条件にならないため、完成したかどうかよりも稼働時間に応じて報酬が発生すると認識しておきましょう。

ある程度品質は確保しなければならないものの、働いた分の収入が得られるというメリットがあります。

デメリット

準委任契約は、自由に稼働しづらい点がデメリットです。

基本的にはシフト制で業務を委託されることが多いため、稼働時間がクライアントによって大きく異なります。

業務の進め方などもクライアントが管理している場合も多いため、業務進捗などは逐一報告しなければなりません。

また、企業側に成果物や働きが評価されない場合、業務の途中でも契約を切られる可能性がある点もデメリットです。

請負契約

請負契約とは、成果物を完成させ、納品までの義務を請け負う契約のことです。

一般的な雇用形態とは異なり、成果物に応じて報酬が変動します。

メリット

請負契約は、働く場所や稼働時間を自由に決められるがメリットです。

請負契約の場合は、成果物を完成させて納品まで完結させることが重視されます。

そのため、働く場所・時間・業務の進め方について報告する義務はありません。

デメリット

納品した成果物のクオリティが不十分だと、報酬を得られない可能性があるという点がデメリットです。

差し戻しや報酬の減額が発生することもあり、報酬の支払いを拒否される場合もあるでしょう。

また、作業工数が長くかかっても、報酬が増えない点もデメリットです。

DAI
反対に、短時間で納品まで完結できれば、その分単価が上がります。

委任契約

委任契約とは、法律に関する業務を委託する契約を指します。

確定申告を税理士へ委任する仕事や、弁護士に裁判を起こしてもらう仕事などが該当します。

DAI
Flutterの業務委託案件で委任契約を結ぶことはほとんどありません。あくまで、委託契約に関連する知識として念頭に置いておきましょう。

Flutterの業務委託で働くメリット

Flutterの業務委託案件を取得し、取り組むメリットは、以下の4つです。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される

DAI
ここでは、上記に挙げた主な4つのメリットについて解説します!

自分の好きな仕事に集中できる

業務委託契約であれば、自分のやりたい仕事や得意分野を把握したうえで申し込めます。

自分の理想ややりたい仕事がある場合は、会社勤務ではなく業務委託契約で案件を獲得する生活に方向転換しても良いでしょう。

与えられた業務を任されるだけでてやりがいを感じられなくなるのであれば、業務委託契約で案件を獲得し、高いモチベーションを保ちながら仕事をしたいものです。

努力次第で収入アップが可能

会社勤務の場合、会社の求める成果を達成しないと昇給がありません。

業務委託契約であれば自身の成果がそのまま評価につながるため、報酬アップや収入のベースを上げることが可能です。

報酬が上がるとモチベーションもアップするため、良い流れが生まれるのもメリットでしょう。

DAI
業務委託であれば会社勤務より収入が上がる可能性も高いため、業務委託契約を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

自分で業務時間を決められる

会社勤務の場合は就業時間がしっかり決められているため、稼働時間の自由度はほぼ0といえるでしょう。

対して業務委託の場合は、稼働時間や稼働場所などを比較的自由に設定できます。

ただし、請負契約・準委任契約など、契約形態によって自由度に差があることは前提にしておきましょう。

DAI
納期にさえ間に合えば問題ないという企業も多いため、会社勤務の時代よりは自由に働けるかもしれません。

人間関係のストレスから解放される

仕事をするうえでもっとも多いストレスは、人間関係が原因になっているものが挙げられます。

DAI
人間関係の悩みで働けなくなったり、会社にいづらくなったりする方も多いでしょう。

業務委託は、会社勤務とは異なり、あくまでクライアント企業と対等な立場で業務に取り組めます。

相性のよくない企業と関わることになっても、自分の意思で断ることが可能です。

DAI
上司やクライアントとの人間関係に悩まずに済むという点は、業務委託契約ならではのメリットです!

Flutterの業務委託で働くデメリット

Flutterの業務委託案件を受けるうえでは、業務委託契約に関する以下のデメリットについて把握しておくことが大切です。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任

DAI
業務委託のデメリットも把握することで、思わぬ負債を避けることが可能です。

労働基準法が適用されなくなる

業務委託契約には、正社員や契約社員など、一般的な雇用関係はありません。

そのため、労働基準法が適用されず、万が一のことがあっても自分を守れない点がデメリットです。

最低賃金も定められていないのが特徴で、業務量に報酬が比例しない場合も多いでしょう。

DAI
業務委託契約を結ぶ際は、労働基準法が適用されないものであることを認識したうえで案件を探しましょう!

福利厚生が受けられない

業務委託契約は、福利厚生の対象外であることも大きなデメリットです。

雇用保険・労災保険など、自分を守るための保険が適用されないため、万が一のトラブルに対する不安が募りやすいでしょう。

DAI
福利厚生が受けられないことを前提に、業務委託契約を結ぶタイミングでフリーランス用の保険に加入しておきましょう。

仕事のトラブルはすべて自己責任

業務委託の場合は、自分が発生させたトラブルの責任はすべて自分に降り掛かってきます。

会社勤務であれば、仕事中にトラブルが発生しても多少の責任を被ってくれる場合があるため、デメリットを感じる方も多いでしょう。

また、トラブルの内容によっては、損害賠償を請求される可能性があります。

DAI
トラブルにより契約が終了することもあるため、より責任感を持って働く姿勢が大切です。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託契約を結ぶ場合は、業務委託契約書を取り交わさなければなりません。

業務委託契約書とは、契約に関するトラブルを防止するために結ぶものです。

DAI
自身はもちろん、クライアントにとっても重要なものであるため、業務委託契約を結ぶ前提で案件を探すのであれば、業務委託契約書を取り交わすことを前提にしましょう。

業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が必要な理由は、以下の通りです。

  • 契約上のトラブル発生を抑止するため
  • トラブル発生時などの証拠として活用できるため

業務委託契約書には、業務内容や報酬について記載されています。

事前に取り決められていないと、想定外の結果や報酬外の成果を求められる可能性が高まるでしょう。

トラブルを防止するために用意するだけでなく、トラブル発生時に自分を守るため活用できるのも業務委託契約書の特徴です。

契約外の業務や報酬のトラブルがあっても、業務委託契約書が用意されていれば対処できるでしょう。

DAI
裁判などにつながった場合も業務委託契約書が活用できるので、自分の身を守るために必要なものと認識しておきましょう。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

成果物に対する過度な修正を求められたうえで、報酬が変わらないままだったというトラブルが多くあります。

また、契約外の業務を渡され、報酬も上乗せされないといったトラブルも多いでしょう。

トラブルを避けるためには、業務委託契約書の内容をしっかり定め、事前に双方が納得したうえで契約を結んでください。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

秘密保持契約とは、機密情報や個人情報を業務以外の場面で第三者などに開示しないことを約束する契約のことです。

会社によっては、業務委託契約書とは別に「秘密保持契約書」を必要とするところもあります。

業務委託契約書同様、秘密保持契約を結ぶ際は「秘密保持契約書」を用いて契約を交わします。

業務委託契約締結の主な流れ

業務委託契約の場合は、以下の流れで契約が締結されることを認識しておきましょう。

  1. 契約内容の詳細について話し合う
  2. 業務委託契約書を作成する
  3. 契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  4. 業務委託契約書を取り交わし、契約完了

①契約内容の詳細について話し合う

まずは、以下の項目に関する話し合いを進めてください。

  • 報酬額
  • 契約期間
  • 業務の範囲

②業務委託契約書を作成する

契約内容の詳細を擦り合わせたうえで、業務委託契約書を作成しましょう。

業務宅契約書は、業務を委託する企業が作成するものです。

そのため、このステップの中で自分が準備するものはありません。

③契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う

業務委託契約書を確認し、認識の相違がないか自身とクライアント双方で確認しましょう。

認識をすり合わせておかないと、業務の開始後にトラブルが発生しても自分を守るものがない状態になります。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

双方が納得できる契約内容が完成した段階で、業務委託契約書をもって契約を締結しましょう。

最近ではクラウド上で契約を結べる場合もあるので、紙ベースではないパターンも多いことを覚えておきましょう。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

業務委託契約を締結する際は、契約内容を事前にすり合わせておく必要があります。

そのうえで、以下の条件を基準に自身に不利益を被る可能性が少ないか確認しておきましょう。

DAI
業務委託契約を締結するうえで必要な最低限の観点でもあるので、ここで紹介する内容をしっかり確認しておいてください!

契約形態は何か

準委任契約や請負契約など、契約形態について事前に確認してください。

DAI
業務内容や報酬は契約形態で変動する場合が多いため、事前にチェックすることは非常に大切です。

業務内容は何か

自身が担当する業務の内容や範囲について確認しておきましょう。

DAI
業務についてを事前に確認して把握できれば、業務外の依頼や業務内容と報酬の比例に関するトラブルを回避できます。

報酬についての記載はあるか

業務委託契約書の中に、報酬額や支払い方法についての記載があるか確認しておきましょうください。

また、単価の形態について事前に確認しておくことも大切です。

DAI
報酬がどのように算出されるかも把握しておくことで、報酬のトラブルを防止できるでしょう。

報酬以外に経費の支払いはあるか

報酬とは別に、経費などがしっかり支払われるかもチェックしましょう。

消耗品・備品・回線・電気代など、業務遂行に必要な諸経費が支払われるのかは非常に重要です。

DAI
経費の支払いは収入にも大きく関わる要素であるため、必ず明確にしておきましょう。

稼働時間はどのくらいか

企業によっては、案件における稼働時間や日数を厳密に設定しています。

自身の働きやすさにマッチするかどうか、事前に確認しておきましょう。

DAI
案件のスケジュールに応じて、自身のスケジュールを変更する場面も出てきます。

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

稼働時間の精算幅が設定されている場合は、報酬の控除や超過支払いがないかチェックする必要があります。

稼働時間が精算幅より少ない場合は報酬が差し引かれ、多い場合は追加されます。

DAI
業務時間外の勤務が報酬に反映されないトラブルが発生しないよう、事前に必ず確認しましょう。

報酬の支払日はいつか

報酬の支払日は、案件によってばらつきが出ることも珍しくありません。

そのため、支払日に関しては案件単位で把握しておくことが大切です。

請負契約の場合だと、納品から検収完了まで報酬が発生しない場合も少なくありません。

DAI
締め日以降に検修とされると、報酬の支払いが翌月以降になってしまうため収入に影響が出てしまいます。

契約期間、更新の有無について

契約期間だけでなく、更新が可能かどうかについても事前に確認しておきましょう。

また、契約更新に必要な条件などもチェックする必要があります。

DAI
また企業によっては、契約解除の申し出がない場合は自動更新されることもあるでしょう。

損害賠償の記載はあるか

業務委託契約において、損害賠償問題が発生する場面ついて想定しておくことは非常に重要です。

クライアントに損害があった場合、その責任が自分に与えられる可能性があります。

自身はもちろん、クライアントにもデメリットであるため、損害を発生させないことを絶対条件として業務を進めましょう。

DAI
損害賠償の期間や条件など、詳細を確認しておくことも大切です。

不利な内容は記載されていないか

Flutterを活用しない業務や、業務委託契約の範囲外の仕事を任せてくる企業と関わる可能性も0ではありません。

業務委託契約を結ぶうえで、想定外の業務や報酬に関わる条件はしっかり確認しておかなければなりません。

DAI
自身が不利になる条件が記載されていたら、契約締結前にクライアントとすり合わせておきましょう。

まとめ

今回は、Flutterでの業務委託案件を探している方におすすめのエージェントと、案件例を紹介しました。

DAI
今回紹介したエージェントは下記の通りです。無料で登録できるので、ぜひFlutterの業務委託案件にチャレンジするうえで活用してください!

自分に合う案件をより確実に見つけるためには、複数のサービスに登録しておくのがおすすめです。

Flutterの業務委託案件を受注し、活躍の幅を広げたい人は、この記事をぜひ参考にしてください!

Flutterの業務委託案件を探している方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です