最終更新日:
データアナリストの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

データアナリストの業務委託案件を探していると、以下のような悩みを感じることがあるのではないでしょうか?

男性A
データアナリストの業務委託案件を効率的に探す方法は?
女性A
高単価案件や、自由度が高く稼働できる案件を見つけたい!

データアナリストの業務委託案件を探すなら、複数の案件サイトに登録して探すことがおすすめです。

案件サイトには、案件の種類が豊富、福利厚生が手厚いといった独自の強みがあります。

複数の案件サイトに登録してそれぞれの利点を活用しながら、自分の希望にマッチする案件を探すのが効率的です。

今回は、データアナリストの業務委託案件を探す人におすすめの案件サイトを紹介します。

DAI
契約締結の流れや必要な確認事項もあわせて解説しているので、業務委託契約を結んで働きたい人は、ぜひご覧ください!

データアナリストの業務委託案件を探す基準

データアナリストの業務委託案件を選ぶときは、以下の3点が重要です!

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • フルリモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が多いか
DAI
それぞれのポイントを詳細に解説していきます!

自分のスキルに合った案件が多いか

案件サイトを選ぶ際は、自分のスキルにマッチした案件数が多いかを確認しましょう。

案件サイトは、以下のようにそれぞれ異なる得意分野があります。

  • Web系の領域に強く、デザイナーやディレクター案件が豊富
  • 高いスキルが必要なため、単価が高い案件を取り扱っている

「希望する業界の募集があるか」「自分のスキルを存分に活用できる案件を取り扱っているか」など重視するポイントを決めてから、適した案件サイトを探しましょう。

DAI
「まずはどんな案件サイトがあるのか知りたい!」という場合、さまざまなサイトの案件を一括で検索できる「エンジニアスタイル東京」がおすすめです!

リモートワークが可能な案件があるか

リモートワーク可能な案件を取り扱っているかも重要なポイントです。

リモート案件のメリットは、自宅やカフェなど自分にとって働きやすい場所からオンラインで仕事できる点です。

通勤に時間を使わなくて済むので、仕事やプライベートにあてる時間が増やせます。

リモート可能な案件を探したい場合、「レバテックフリーランス」と「ITプロパートナーズ」が特におすすめです。

DAI
リモート案件は非常に人気が高いため、すぐに埋まってしまうことが多く、早めの応募をおすすめします!案件サイトに登録しておけば、新着通知が来たらすぐに応募できます!

高単価な案件が多いか

業務委託で効率よく稼ぐためには、高単価の案件が多いサイトを選ぶことも重要です。

単価の高い案件を獲得することで、収入が安定します。

高単価なほどハイレベルなスキルを求められますが、その分スキルアップにつながります。

DAI
高単価なデータアナリスト案件は「レバテックフリーランス」と「HiPro Tech」が数多く募集しています。複数の案件サイトに登録して、単価の相場を比較してみましょう!

データアナリストの業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

この章では、DAINOTE編集部が厳選した「データアナリストの業務委託案件を探せるサイト」を4つ紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
リモート案件を探している人や、優良案件を受注したい人にはレバテックフリーランスがおすすめです!
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 42,536件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2〜3日案件、リモート案件多数

※2022年10月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、以下の3つの強みがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価な案件を数多く取り扱っています。

理由は、ほとんどの案件が、他の中間業者を挟まない「直請案件」のためです。

DAI
中間業者に余分なマージンを支払うのではなく、エンジニアに還元することで、高単価を実現しています!

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを展開するレバテックだからこそ、IT業界に詳しいエージェントによるサポートが受けられます。

DAI
また、コンサルタントがサポート案件も一目瞭然なので、安心して相談できます。

案件数が多い

レバテックフリーランスでは、データアナリストの案件を数多く取り扱っています。

DAI
データアナリストの高単価案件を見つけたい人は、レバテックフリーランスがおすすめです!
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、ベンチャー企業やスタートアップでリモートワークしたい人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,294件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年10月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズには、以下の2つの強みがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート勤務、週1〜2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズは『直請案件』が多く、他のエージェントと比較すると案件単価が高い傾向にあります。

※直請案件とは、他の仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことです。

実は、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないので、フリーランスの取り分や、単価がいいのかどうかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
直請案件が多いかどうかは、高単価な案件が多いかどうかの指標になります。

マージン率が非公開だからこそ、直請案件が多く、過剰な報酬の中抜きが発生しないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの魅力は、週1〜2日から稼働できる案件が多いというところです。

他のフリーランスエージェントの場合、最低稼働日数は週3・4日〜の常駐案件が一般的。

一方、ITプロパートナーズはリモートワークの案件も多く、自身の希望に合わせて柔軟に案件を選べます。

DAI
つまり「副業としてフリーランスの仕事を始めてみたい」という方も活用しやすいエージェントです。
DAI
メインは自分のやりたい仕事をして、ITプロパートナーズで生活費を稼ぐという働き方も可能になります!

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能ではありますが、会社員の方への副業は紹介できません。

HiPro Tech

公式:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

HiPro Techは、週3日から・リモートワークを探しているエンジニア必見のIT・テクノロジー領域に強いエージェントです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 536件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年10月13日時点・公式ページより引用/算出

HiPro Techには、以下の3つの強みがあります。

  • リモート可能・週3日から可能な案件が多く、柔軟な働き方を実現できる
  • 高単価な案件で、収入アップを目指せる
  • 契約後も手厚いサポートを受けられる

リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techでは、リモート可能な案件や、週3日から稼働可能な案件を数多く取り扱っています。

エンジニア求人の稼働条件のほとんどは、「週5日~・常駐勤務」であるため、時間や場所を柔軟に働くことが難しいのが現状です。

DAI
リモート案件・週3日から稼働可能な案件が豊富にそろった「HiPro Tech」は、フレキシブルな働き方がしたい方や地方にお住まいの方にもおすすめです。

中間マージンのない直請け案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、クライアント(受注元)から仲介会社を挟まず案件を受注できる「直請案件」が充実しています。

直請案件には中間マージンがないので、高額報酬を実現できるメリットがあります。

契約後も充実したサポート体制

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techを運営しているのは、転職サービスで有名な「doda」などの人材サービスを展開する「パーソルグループ」。

そのため、HiPro Techの利用者は、人材サービスに精通したグループ会社の知見や実績を活かしたサポートや提案が受けられます。

公式:https://tech.hipro-job.jp/

担当者から、以下の一貫したサポートが受けられます。

  1. 事前面談
    (希望条件、活動状況、将来なりたい姿、困りごとなどのヒアリング)
  2. 案件のご紹介
    (経験やスキルに合った案件があった場合、担当者より案件を相談)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結
    (契約から各種手続きも、担当者がフォロー)
  5. 業務開始後のアフターフォロー

IT・テクノロジー領域に特化したエージェントなので、専門性の高いサポートを受けることができます。

DAI
理想の案件を見つけたい方、案件のミスマッチを避けたい方にもおすすめのエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京は、複数のエージェントの案件を抜粋して紹介しているサイトです。

エンジニアスタイル東京は、優良なエージェントの案件を厳選して掲載。

またさまざまな案件を一度に確認して、1クリックで応募できるため、効率的に仕事探しを進められます。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 179,718件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年10月時点・公式サイトより引用/算出

DAI
豊富な案件数で、高単価な案件も多いです。まずは無料相談してみるのがおすすめです!

エンジニアスタイル東京の強みは、以下の2つです。

  • 16万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

16万件超の豊富な案件数

2022年9月時点で、公開求人数は16万件以上です。

幅広い選択肢から、自分の希望に合った案件を探せます。

DAI
公開求人数は国内最大水準!

リモート勤務やフレックス制度、週2日稼働可能など他のエージェントではあまり取り扱われていない案件も、エンジニアスタイル東京では複数掲載されています。

副業・フリーランス・スキルアップ・転職など幅広いニーズに対応できる求人を掲載しているため、まずは登録しておくと便利なサイトです。

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年9月時点確認

エンジニアスタイル東京ではこの章では、実際に案件サイトに掲載されてい平均単価だけではなく、職種別、言語別、フレームワーク別の単価や件数ランキングも公開されています。

DAI
相場がわかれば、好条件な案件を探しやすくなります!

案件を探す場合、以下の条件の他に、

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

以下のこだわり条件でも検索可能です。

  • 稼働できる時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か
  • 未経験OKか
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキル以外のこだわりの条件も指定できるため、希望に合った案件が探しやすいです。

エンジニア東京UI

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年9月時点

DAI
エンジニアスタイル東京を使えば、幅広い求人から効率良く、希望の案件が探せます。

また、面談から稼働後までしっかりとサポートが受けられる他、福利厚生も手厚いです。

DAI
まずは無料で会員登録して案件を探してみましょう!
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

データアナリストの業務委託の案件例・単価相場は?

 

男性A
データアナリストの業務委託案件には、どんなものがあるのか知りたいです!
DAI
では、実際に掲載されている案件を見てみましょう!

この章では、実際に案件サイトに掲載されているデータアナリストの業務委託案件を、業務内容別に紹介します。

DAI
職種や業務内容、勤務日数に応じた相場感をつかみましょう!

データ抽出・分析

引用:レバテックフリーランス公式ページ

※現在は募集終了しています。

上記は、データアナリストの研究開発向けデータ分析の案件です。

SQLによるRDBMSからのデータ抽出経験やPythonによるデータ処理経験、エンジニア以外との協働の経験が求められます。

フルリモート勤務のため、地方にお住まいの方でも参画可能です。

DAI
実務経験がある人におすすめの案件です。

モデリングの設計・実装

引用:レバテックフリーランス公式ページ

※現在は募集終了しています。

上記は、データアナリストのデータ抽出・モデリングの案件です。

チームで協業しての統計解析、モデリングの経験などが求められます。

データアナリストとして培ったスキルを存分に活かせるでしょう。

DAI
自分のスキルや経験を整理しておき、業務内容や求められるスキルと擦り合わせましょう!

コンサルティング

引用:レバテックフリーランス公式ページ

※現在は募集終了しています。

上記は、マーケティングアナリストの案件です。

マーケティングデータアナリストまたは同様の職務経験5年以上、消費者やデジタルの動向分析経験などのスキルが求められます。

マーケティングデータの分析やコンサルティングの経験のある方に適した案件です。

DAI
実務経験がある人におすすめです。

業務委託契約の主な種類

業務委託契約とは、企業などの委託者が、業務の一部を外部に委託する際に締結する契約のことです。

報酬や納期、業務内容、進め方などを双方が合意したうえで契約を結びます。

アルバイトのように雇用関係がないため、企業と対等の立場で業務を進めることが可能です。

業務委託契約は、主に以下の3種類に分類されます。

  • 準委任契約
  • 請負契約
  • 委任契約

それぞれの契約について詳細に解説します。

DAI
報酬の仕組みや契約内容が異なるため、違いを把握しましょう!

準委任契約

準委任契約は、成果物の作成や事務作業など特定の業務を遂行することを定めた契約で、時給や月給計算で報酬が発生します。

データアナリストが準委任契約を締結した場合、時間内に委託された業務を滞りなく遂行する義務を負います。

メリット

準委任契約のメリットは、収入が安定しやすいところです。

準委任契約における報酬の条件は、時間内に業務を安定しておこなうことであり、成果物の納品ではありません。

つまり、成果物の有無ではなく稼働した時間分の報酬が発生するため、収入が安定しやすいのです。

デメリット

デメリットは、稼働の自由度があまり高くない点です。

準委任契約の場合は基本的にシフト制のため、稼働の時間帯はクライアントによります。

業務の進め方もある程度はクライアントに管理されるので、業務を問題なく行えているかどうかを定期的に報告する必要もあります。

またクライアントからの評価が良くなかった場合、プロジェクトの途中で契約を終了されてしまうリスクもあるのです。

請負契約

請負契約は、請負人が成果物を完成させることが前提となる契約形態で、成果物の完成・結果に対して報酬が発生します。

正社員やアルバイトのように定められた時間に働くことに報酬が支払われるのではなく、成果物に対して報酬が支払われる仕組みです。

メリット

請負契約のメリットは、働く場所や時間の自由度が高い点です。

請負契約では、成果物を完成させて納品することが報酬の条件です。

そのため働く場所や時間、業務の進め方などをクライアントに報告する義務はありません。

DAI
請負人のデータアナリスト側は、仕事をする場所や時間を比較的自由に決められます。

デメリット

デメリットは、成果物がクライアントの要求レベルに達していない場合、報酬が支払われないリスクがある点です。

やり直しが発生したり、報酬を減額されたりすることもあります。

最悪の場合は、報酬の支払いを拒否されてしまうケースも。

また工数がどれだけかかろうとも、報酬が変わらない点もデメリットといえます。

たとえばどう見積もっても100時間かかる作業であっても、報酬が5万円の場合、時給換算すると500円/時になってしまうのです。

DAI
請負契約では、工数と報酬が適切かをしっかり確認しましょう!

委任契約

委任契約とは、委任者に法律行為を委託する契約です。

委任契約の例として、確定申告を税理士に委任したり、裁判を弁護士に委任したりすることがあげられます。

DAI
委任契約は法律行為を委託する契約であるため、データアナリストが契約することはありません。データアナリストの場合は、準委任契約と請負契約が該当します。

データアナリストが業務委託で働くメリット

データアナリストが業務委託で稼働する場合、以下の4つのメリットがあります。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される
DAI
順番に解説します!

自分の好きな仕事に集中できる

1つ目のメリットは、自分の好きな仕事に集中できることです。

業務委託契約の場合、幅広い案件から得意なものやチャレンジしたいものを選べます。

会社員であれば、会社から指示された仕事を決められた条件下で遂行しなければなりません。

自分に向いていない仕事を担当することもあり、ストレスを感じる原因にも。

しかし、業務委託契約であれば、やりたい仕事を選択できるので、ストレスが少なく、やりがいをもって働けます。

努力次第で収入アップが可能

2つ目のメリットは、努力次第で収入アップが可能なところです。

会社員の場合、仕事で大きな成果をあげたとしても、給与にあまり反映されないことも。

一方、業務委託の場合、成果をあげてクライアントに評価されれば、報酬アップの可能性もあります。

クライアントや仕事仲間とのつながりから、条件の良い仕事と出会える可能性もあるでしょう。

DAI
会社員のときより年収大幅アップも夢ではありません!

自分で業務時間を決められる

3つ目のメリットは、自分で業務時間を決められるところです。

請負契約の場合、働く場所や時間を自由に選択できます。

準委任契約の場合であっても、会社員よりも柔軟にシフト調整ができます。

きちんと仕事をやり遂げさえすればいいため、好きな時間に好きな場所で稼働できるのがメリットです。

DAI
都合の良い時間帯に、自宅やお気に入りのカフェなどで働けます!

人間関係のストレスから解放される

4つ目のメリットは、人間関係のストレスから解放されるところです。

会社勤めの場合は働く相手を選べないため、上司や同僚との人間関係に悩まされる場面も多々あります。

DAI
人間関係が辛くなってしまい、会社を辞めたくなることもしばしば……。

しかし、業務委託であれば雇用関係ではないため、クライアントと対等な立場で仕事が進められます。

もし合わない担当者に当たった場合は、クライアントを変更することもできます。

DAI
会社員と違って、ともに仕事をする相手が固定されないのは魅力的ですね。

データアナリストが業務委託で働くデメリット

業務委託には、下記のようなデメリットもあります。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任
DAI
後悔しないようデメリットを把握して対策しておきましょう!

労働基準法が適用されなくなる

1つ目のデメリットは、労働基準法が適用されない点です。

業務委託契約の場合、正社員やアルバイトのような雇用関係がありません。

そのため報酬の条件や労働量について、法律であまり保護されない状態です。

最低賃金が適用されないため、業務量に対して安価な報酬で仕事を請け負うリスクがあります。

DAI
業務内容や報酬を入念に確認し、納得したうえで契約を締結しましょう!

福利厚生が受けられない

福利厚生が受けられない点もデメリットの一つです。

業務委託契約の場合は会社員と違い、雇用保険や労災保険などの社会保険が適用されません。

業務を遂行するなかで事故や怪我が発生しても、手当を受けにくいのです。

そのためフリーランス向けの保険に加入するなど、いざというときに自分の身を守れるように備えておきましょう。

仕事のトラブルはすべて自己責任

3つ目のデメリットは、仕事のトラブルはすべて自己責任になる点です。

会社員の場合、社員が起こしたトラブルに対して会社がある程度の責任をとってくれますが、業務委託ではそうはいきません。

業務委託契約で仕事のトラブルが発生した場合、すべて自分の責任になります。

最悪の場合、企業が被った損害の賠償責任が発生することもあります。

またスキルが企業の求めるレベルではなかったり、納期を守らなかったりすると、契約を切られてしまう恐れも。

DAI
業務委託契約は自由度の高さと引き換えに、すべての責任を本人が背負うリスクがあることを覚悟する必要があります。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託契約を締結する際には、業務委託契約書の取り交わしが欠かせません。

ビジネスにおけるトラブルを避けるためにも、契約書は重要な存在です。

DAI
業務委託契約で稼働する場合は、必ず契約書を作成しましょう!

業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が必要な理由は、主に以下の2点です。

  • 契約上のトラブルが発生しにくくなる
  • もしものときに証拠として使える

業務委託契約書は、仕事内容や報酬などについて明記してあります。

もし十分な合意がない場合、想定外のスキルを求められたり、業務内容に対して報酬が少なかったりと契約上のトラブルが発生しやすくなります。

トラブルを避けるためにも、事前に業務委託契約書を取り交わして、双方の認識に相違がないことを確認することが重要です。

また業務委託契約書は、もしものときの証拠にもなります。

DAI
不当に報酬を減額されたり、契約外の業務を依頼されたりしても、業務委託契約書があれば対抗できます!

そうならないに越したことはないですが、裁判になった場合は、業務委託契約書を提出する必要があります。

DAI
自分の身を守るためにも、業務委託契約書を必ず取り交わしましょう。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託契約で発生しやすいトラブルは、主に以下の通りです。

  • 成果物に何度も修正を求められたが報酬は変わらず、時給が想定より低くなってしまった
  • 契約内容にはない業務も求められたが、報酬が支払われなかった

業務委託契約書において業務内容を詳細に決めておけば、このようなトラブルを防止でき、双方が納得したうえで業務を進めやすくなります。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

案件によっては業務委託契約書の他に、秘密保持契約書を取り交わすこともあります。

秘密保持契約とは「契約中に取得した機密情報や個人情報を、業務遂行以外の使途で他者に開示しない」という契約のことです。

企業と秘密保持契約を締結する場合は、秘密保持契約書を取り交わします。

業務委託契約締結の主な流れ

業務委託契約は、以下の流れで結びます。

  1. 契約内容の詳細について話し合う
  2. 業務委託契約書を作成する
  3. 契約書の内容を共有し、認識の相違がないか確認し合う
  4. 業務委託契約書を取り交わし、契約完了

①契約内容の詳細について話し合う

まず、契約内容の詳細について話し合います。

  • 報酬額
  • 契約期間
  • 業務の範囲

これらの項目を、明確に取り決めておきましょう。

②業務委託契約書を作成する

話し合った内容に基づき、業務委託契約書を作成します。

作成するのは、業務を委託する側である企業です。

③契約書の内容を共有し、認識の相違がないか確認し合う

企業が作成した業務委託契約書に目を通し、認識の相違がないかを確認します。

サインをする前に、修正箇所や気になる点がないかを隅々までチェックしましょう。

小さな部分でも遠慮せずに相談することで、後々のトラブルを防ぎやすくなります。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

「双方が合意した契約内容」が盛り込まれていることを確認できたら、業務委託契約書を取り交わして契約完了です。

契約書には記名捺印が必要ですが、近年はクラウド上での電子契約も増えているため、電子捺印で対応できる場合もあります。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

業務委託契約を結ぶ場合は、契約内容について企業と十分に話し合っておくことが必要です。

契約時に困らないよう、事前に確認すべき主な条件について解説します。

DAI
契約する際、ぜひ参考にしてください!

契約形態は何か

業務委託契約のなかでも、契約形態が準委任契約か請負契約かを確認します。

準委任契約か請負契約かによって、働き方や収入の安定性に違いが出るので、必ずチェックしましょう。

業務内容は何か

業務内容について、どのような業務を委託されるのかを確認します。

事前に業務内容を入念に確認することで、「想定外の業務を任されて、報酬に合わない仕事をする羽目になった」というトラブルを防げます。

報酬についての記載はあるか

業務委託契約書に、以下のような報酬に関する記載があるか必ず確認しましょう。

  • 報酬額
  • 支払方法

また、報酬については以下の項目も確認しましょう。

  • 時間単価か、プロジェクト単位での支払いか
  • 報酬の計算方法

想定より支払いが少なかったり、支払日が先になったりすることを防ぐためです。

報酬以外に経費の支払いはあるか

報酬以外に、経費の支払いがあるかも確認すべきポイントです。

たとえば、業務に使用する消耗品やPCの回線の費用、電気代などの経費が報酬に含まれているのか、または別支払いかを確認します。

経費がどちらの負担となるか決めておかないと揉める原因になるので、見逃さないようにしましょう。

稼働時間はどのくらいか

稼働時間についても確認が必要です。

案件によって「最低週2日稼働」など、時間に関する条件が決まっている場合があるためです。

精算幅(例:100時間を基準に、90〜110時間の精算幅で◯万円)が定められていることもあるので、あわせて確認しましょう。

スケジュール管理のためにも必要となるので、事前にチェックが必要です。

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

稼働時間の精算幅が決まっているときは、報酬の控除または超過支払いがあるかを確認します。

稼働時間が精算幅より少なかった場合は報酬がその分差し引かれ、多かった場合は加算される仕組みです。

「業務時間外も稼働したのに、その分の報酬はもらえなかった」ということが発生しないよう、事前にチェックしておきましょう。

報酬の支払日はいつか

報酬の支払日は、クライアントによって規定が違います。

業務委託契約では、報酬の支払日がいつなのか確認しましょう。

また請負契約では、納品しても検収が完了するまで報酬が支払われない場合があります。

検収日が締め日を過ぎてしまうと、報酬の支払いが翌月になってしまうことも。

予想外に支払いが先で困ることのないように、納品から検収の期間についても、あわせてチェックする必要があります。

契約期間、更新の有無について

業務委託契約の契約期間や、契約終了後の更新可否も確認ポイントです。

予想外に仕事が終了して困ることがないよう、更新の条件が何なのかもチェックしましょう。

DAI
更新の条件に、規定の期間内にお互いに解除の申し出がない場合、自動更新する旨を定めている企業もあります。

損害賠償の記載はあるか

業務委託契約において避けて通れないのが、損害賠償問題です。

もし情報漏洩や著作権侵害、秘密保持契約違反などでクライアントに損害を与えた場合、損害賠償請求をされてしまう恐れがあります。

DAI
損害の賠償額は、数百万円に及ぶこともあります。

クライアントに損害を与えないように注意しながら働くのはもちろんですが、損害賠償の記載についても入念にチェックしておいた方がよいです。

特に、損害賠償が及ぶ期間や請求条件について確認しておきましょう。

不利な内容は記載されていないか

まれに、データアナリストに対して明らかに不利な内容が記載されていることがあります。

たとえば下記のようなケースです。

  • 報酬の振込手数料は受託者が負担する
  • 契約終了後に生じた損害を全額賠償する

不利な契約でもうっかりサインしてしまえば、いずれあなたを苦しめることになります。

不当な記載があったときは、契約前に修正を依頼しましょう。

どうしても双方の折り合いがつかない場合は、契約をお断りすることも選択肢の一つです。

DAI
業務委託契約書の確認には時間がかかりますが、後のトラブルを避けるためにも重要な工程です!

まとめ

今回はデータアナリストにおすすめの案件サイトや業務委託契約の流れ、注意事項について解説しました。

DAI
希望に合う案件に出会うために、複数のサービスに登録して幅広い選択肢から探してみましょう!

データアナリストの業務委託案件で活躍の幅を広げたい人は、この記事をご参考に取り組んでみてください。

データアナリストの業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です