最終更新日:
広告運用の業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

広告運用の業務委託案件を探していると、以下のように悩んだことはありませんか?

男性A
効率よく広告運用の業務委託案件を探すにはどうすればいいんだろう?
女性A
高単価な案件や、柔軟な働き方ができる案件を見つけたい!

広告運用の業務委託案件は、複数の案件サイトに登録して探すことで、スムーズに見つけやすくなります

案件サイトには特定の業界に特化していたり福利厚生が充実していたりと、それぞれの強みがあります。

複数のサイトに登録して、それぞれの魅力的な点を活かしつつ案件探しをすることで、自分に合った案件が見つかる可能性が高いです。

今回は、広告運用の業務委託案件を探している人におすすめのサイトご紹介します。

DAI
契約締結の流れや必要な確認事項についても解説しているので、業務委託契約を結んで広告運用の仕事をしたい人は必見です!

広告運用の業務委託案件を探す基準

広告運用の業務委託案件を選ぶときは、以下のポイントに気をつけましょう。

  • 自分のスキルに合った案件が多いか
  • リモート可能な案件があるか
  • 高単価な案件が多いか
DAI
ここからは、それぞれのポイントについて詳しく見てみましょう!

自分のスキルに合った案件が多いか

案件サイトを選ぶ際は、自分のスキルや経験に合った案件が数多く取り扱われているかを確認しましょう。

以下のように、案件サイトにはそれぞれ異なる得意な分野があります。

  • Web系の領域に特化しており、デザイナーやディレクターの案件が豊富にある
  • 高いスキルが必要な分、高単価案件を多数取り扱っている

「働きたい業界の案件があるか」「自分のスキルや経験を活かせる案件があるか」など自分にとって重要なポイントを事前に決めてから、マッチするサイトを探しましょう。

DAI
まずどんな案件サイトがあるのか知りたい!という方は、さまざまなサイトの案件を一度に検索して見ることができる「エンジニアスタイル東京」がおすすめです!

リモート可能な案件があるか

リモートでの勤務が可能な案件を取り扱っているかどうかも重要なポイントになります。

リモート可能な案件の良いところは、自宅やカフェなど自分の好きな場所から自由にオンラインで作業ができる点です。

通勤しない分時間を効率的に使えるので、仕事や趣味などの時間を増やせます。

リモート可能な案件を見つけたい方に、特におすすめなのが「レバテックフリーランス」と「ITプロパートナーズ」です。

DAI
リモート可能な案件はとても人気があるので、早めに応募しないとすぐに募集が終了してしまいます。事前に案件サイトに登録をしておけば、通知が来るのですぐに応募できますよ!

高単価な案件が多いか

業務委託で効率よく稼ぐには、高単価の案件をより多く取り扱っているサイトを選ぶことも重要です。

単価の高い案件を獲得することで収入が安定します。

高単価な分、業務には高いスキルを求められることもありますが、頑張れば自分のスキルアップにもなりますよ。

DAI
高単価な広告運用案件は「レバテックフリーランス」と「HiPro Tech」で多数取り扱っていました。いくつかの案件サイトに登録して、単価の相場などを見比べてみましょう!

広告運用の業務委託案件を探せるおすすめサイト4選

ここからは、DAINOTE編集部が厳選した「広告運用の業務委託案件を探せるおすすめサイト4選」を紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは、リモートワークがしたい方や、良質な案件を見つけたい人におすすめのエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 42,590件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2〜3日案件、リモート案件多数

※2022年10月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの特徴には、主に以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスで扱っている案件には、高単価なものが多くあります。

その理由は、他の中間業者を挟まない「直請案件」が多いからです。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られないので、高単価な案件が実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックはIT人材サービスを多く手掛けているので、IT業界に精通したエージェントからサポートを受けられます。

DAI
また、コンサルタントからはサポート案件が一目でわかるようになっているので安心して相談できます。

案件数が多い

レバテックフリーランスでは、広告運用の案件を多数取り扱っています。

DAI
広告運用で高単価案件を見つけたい人は、レバテックフリーランスの活用を検討してみましょう!
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
ベンチャー企業やスタートアップ企業で、在宅勤務がしたいという人には『ITプロパートナーズ』がおすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,297件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年10月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴は、以下の2つです。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート勤務、週1〜2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズには『直請案件』の取り扱いが多くあり、その他のエージェントと比べても高単価の傾向があります。

※他の仲介会社を挟まないでクライアントと直接契約している案件のことを『直請案件』といいます

ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率の公開をしていないので、こちら側の取り分や、単価は高いのかなどを事前に知ることは難しいのが現状です。

DAI
そこで、直請案件の数の多さが、単価の高い案件を取り扱っているか見極める一つの基準になります。

マージン率が非公開だからこそ、報酬の過剰な中抜きが発生していない点が、ITプロパートナーズのよい点ですね。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

他に、ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1日や2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

フリーランスエージェントの多くは、最低稼働日数が週3日や4日からの常駐案件が多いです。

ですが、ITプロパートナーズは在宅ワークが可能な案件も多く、自身の希望するスタイルに合わせた柔軟な案件探しができます。

DAI
つまり「副業的に業務委託の仕事を始めてみたい」という方にも相性の良いエージェントです。
DAI
自分のやりたいことはメインの仕事として行い、ITプロパートナーズ経由の仕事では生活費を稼ぐというスタイルも可能ですね。

注意:ITプロパートナーズでは、週1日から稼働可能な案件の紹介ができますが、会社員の方へ副業の紹介はできません。

HiPro Tech

公式:https://tech.hipro-job.jp/

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

週3日からリモートで働きたいエンジニアの方は、「IT・テクノロジー領域に特化したエージェント」のHiPro Techがおすすめです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 547件
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日から稼働OK、リモートOK案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/
※2022年10月14日時点・公式ページより引用/算出

HiPro Techの主な特徴は、以下の3つです。

  • リモートOK・週3日からOK案件多数、柔軟な働き方を実現できる
  • 高単価案件で、収入アップを目指せる
  • 契約後も充実したサポート体制

リモート案件多数・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techでは、リモート案件に加え、週3日から稼働可能な案件も取り扱っています。

エンジニア求人の稼働条件は「週5日から・常駐勤務」がほとんどで、柔軟な働き方がしたいと思っても難しいのが現状です。

DAI
リモート案件・週3日から稼働可能な案件も豊富にある「HiPro Tech」は、柔軟な働き方がしたい方をはじめ、地方在住の方にもおすすめのエージェントです。

中間マージンのない直請け案件多数

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、クライアント(受注元)から仲介会社を挟まずに、案件を受注できる「直請案件」が数多くあります。

直請案件には中間マージンがない分、より高単価の案件を受注しやすいのがメリットです。

契約後も充実したサポート体制

公式:https://tech.hipro-job.jp/

HiPro Techは、転職サービス「doda」をはじめ、人材サービスを運営する「パーソルグループ」がサービス提供をしています。

そうしたグループ会社の豊富な知見と実績を「サポート体制」に活かしているのがHiPro Techです。

公式:https://tech.hipro-job.jp/

以下のように、担当者による一貫したサポートを受けることができます。

  1. 事前面談
    (希望条件、現在の活動状況、将来の理想、現在の困りごとなど)
  2. 案件の紹介
    (経験やスキルに親和性のある場合、案件を提案)
  3. クライアント面談
  4. 契約の締結
    (契約から各種手続きまでをフォロー)
  5. 業務開始後のアフターフォロー

IT・テクノロジー領域に特化したエージェントということもあり、事前面談では専門性が高い面談を受けられます。

DAI
そのため、合う案件が見つからない状況を避けたい方や、理想の案件を探している方にもおすすめのエージェントです。

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

公式サイト:https://engineer-style.jp

DAI
エンジニアスタイル東京は、さまざまなエージェントの案件を厳選し掲載しているサイトです。

優良エージェントの案件から厳選した案件を抜粋して掲載しており、色々な案件をまとめて確認してワンクリックで応募できるため便利です。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 179,827件
特徴 直接契約で高単価を実現
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年10月時点・公式サイトより引用/算出

DAI
豊富な案件数、高単価案件も多数あり。迷ったら無料相談をしてみましょう!

エンジニアスタイル東京の特徴は、以下の2つです。

  • 17万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

17万件超の豊富な案件数

2022年10月時点で、掲載案件数は17万件を超えています。

数多くの幅広い案件から自分に合った案件を探すことができます。

DAI
国内最大水準の案件数です!

リモートワークやフレックス制度、週2日からOKなど、他のエージェントでは取り扱いの少ない案件も、エンジニアスタイル東京には数多く掲載されています。

フリーランス・副業・転職・スキルアップなど、さまざまな需要に応じた求人を掲載しているため、とりあえず登録をしておいて損はないといえるサイトでしょう。

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

​​※エンジニアスタイル東京から引用 /2022年9月時点確認

平均単価の他にも職種別、言語別、フレームワーク別の単価や、件数ランキングなども公開されています。

DAI
案件の相場を知り、最適な案件を探しやすいです!

案件を探す際は下記の条件で絞り込めます。

  • 単価
  • 職種・業界
  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • エリア・駅

また以下のような、こだわり条件で検索できるのも特徴です。

  • 稼働時間帯
  • 勤務地
  • 職場環境
  • リモート勤務可能か
  • 未経験OKか
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキルや条件を詳しく指定して検索できるので、自分に合った案件を見つけやすくなります。

エンジニア東京UI

エンジニアスタイル東京より引用 /2022年9月時点

DAI
エンジニアスタイル東京を使えば、快適な案件探しができます。

また、面談から稼働後まできちんとサポートをしてくれるうえに、福利厚生も充実しています。

DAI
まずは無料で会員登録をしてみましょう!
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

広告運用の業務委託の案件例・単価相場は?

 

男性A
広告運用の業務委託は、どんな案件があるんですか?
DAI
実際に掲載されている案件をご紹介します!

ここからは、実際に案件サイトで掲載されている広告運用の業務委託案件を、業務内容別にご紹介します。

DAI
職種ごとの業務内容や、勤務日数ごとの相場感をつかみましょう!

企業アカウントの運用

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※2022年9月22日時点。現在は募集終了している場合があります。

こちらは、旅行業界の企業において自社サービスのSNS運用の開発に携わる案件です。

具体的には、自社で運営しているSNSの運用、投稿スケジュールの策定、各宿泊施設のお知らせの作成や配信が業務内容となっています。

スキルとしては、TwitterやInstagramの企業アカウント運用の経験があることが求められています。

他にはCANVAを使用した簡易的なバナー作成の経験があると、より歓迎されやすいです。

DAI
SNS運用の経験があり、基本的にはフルリモートで、柔軟な働き方を希望する人におすすめです。

広告の入稿・運用

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※現在は募集を終了しています。

こちらは、国内外のクライアント向けにデジタル広告運用を担当する案件です。

運用型広告のシミュレーション作成や、広告の配信状況の進捗管理など、担当する業務は多岐に渡ります。

高単価な分、下記のような実務経験が求められます。

  • Google広告やYahoo広告、Facebook広告などの運用型広告の実務経験が4年以上
  • 運用型広告の基礎的な知見
DAI
また英語の読み書きも必要なため、英語が得意な方におすすめの案件です

LP・バナー制作の設計

引用:レバテックフリーランス公式ページ
※現在は募集を終了しています。

こちらは、SNSを活用したマーケティング施策において企画の統括などをする案件です。

広告運用の経験があること、LP・バナー制作において設計・改善の経験があることが求められています。

案件の募集期間は終了していますが、今後同じような案件が掲載されるケースもあるため、登録しておくことがおすすめです。

DAI
リモート可能な案件は人気があるので、応募のタイミングを逃さないようにしましょう!

業務委託契約の主な種類

業務を外注したい企業が、業務の一部を他の企業や個人に委託することを「業務委託」といいます。

報酬や納期、仕事内容、進行方法など、お互いに了承したうえで契約を結びます。

アルバイトのような雇用関係ではないので、企業と上下関係なく対等な関係で業務を進めることができます。

業務委託契約は、以下のように3種類に分けられます。

  • 準委任契約
  • 請負契約
  • 委任契約

それぞれの契約について、詳しく解説していきます。

DAI
報酬の仕組みや契約内容が異なるので、違いを把握しておきましょう!

準委任契約

「準委任契約」は、事務作業や成果物の作成を委託する契約で、時給や月給計算での報酬が発生します。

広告運用で準委任契約を交わした場合、委託された業務を時間内に滞りなくこなす義務があります。

メリット

準委任契約のメリットは、収入が安定しやすいところです。

準委任契約で報酬が発生する条件は「時間内に業務を安定して行うこと」です。

成果物を納品することは条件ではありません。

つまり、成果物の有無にかかわらず稼働した時間分の報酬が発生するため、収入が安定しやすいです。

デメリット

デメリットは、稼働時間の自由度が下がるということです。

基本的にはシフトで稼働するので、稼働時間帯を柔軟に設定できるかはクライアントによって違います。

業務の進め方についても、ある程度はクライアントに管理され、スムーズに業務が進められているかどうかを定期的に報告する必要があります。

また企業側に評価されなかった場合は、プロジェクトの途中でも契約終了のリスクがある点もデメリットです。

請負契約

「請負契約」では、契約することによって成果物を完成させて納品する義務が発生します

正社員やアルバイトと違い、完成させた成果物に対して報酬が支払われる仕組みです。

メリット

請負契約のメリットは、働く場所や時間の自由度が高い点です。

請負契約では成果物を完成させて納品することが条件であり、働く場所・時間・業務の進め方を報告する義務はありません。

よって、エンジニア側は仕事をする場所や時間を柔軟に決めることができます。

デメリット

デメリットは、納品した成果物のクオリティが十分でないと、報酬がもらえない可能性がある点です。

やり直しや報酬の減額を指示されることもあり、最悪の場合は報酬の支払いがされないリスクもあります。

また手間や時間がどんなにかかっても、もらえる報酬は変わらない点もデメリットです。

どう見積もっても最大100時間かかる作業でも、報酬が5万円の場合、時給に換算すると500円になってしまいます。

DAI
請負契約をする際は、行う業務の手間や時間に対して、報酬が見合っているのか確認することが大切です。

委任契約

法律に関する業務を委託する契約のことを「委任契約」といいます。

主な例として、確定申告を税理士に委任したり、弁護士に委任し裁判を起こしたりすることが挙げられます。

DAI
委任契約は法律に関する業務を委託する際に結ぶ契約なので、広告運用の仕事で契約することはありません。主に準委任契約と請負契約があてはまります。

広告運用の業務委託で働くメリット

広告運用の仕事を業務委託で行うメリットには、主に以下の4つがあります。

  • 自分の好きな仕事に集中できる
  • 努力次第で収入アップが可能
  • 自分で業務時間を決められる
  • 人間関係のストレスから解放される
DAI
それでは順番に見ていきましょう!

自分の好きな仕事に集中できる

メリットの1つ目は、自分の好きな仕事に集中できる点です。

業務委託契約の場合、さまざまな案件から自分の得意なものや挑戦したいものを選べます。

会社に所属していると、与えられた仕事を一定の条件下で行わなければなりません。

自分のやりたくない仕事を振られることもあり、ストレスに感じる場面も多いです。

しかし、業務委託契約であれば自分の好きな仕事に集中できるので、ストレスが溜まりにくく楽しみながら働きやすくなります。

努力次第で収入アップが可能

メリットの2つ目は、個人の努力次第で収入アップが見込める点です。

会社員の場合、大きな成果を出しても給与がそれほど上がらない場合もあります。

しかし、業務委託の場合は成果を出し続ければ契約継続につながり、報酬アップの可能性も出てきます。

仕事仲間やクライアント企業とのつながりから、高待遇の仕事に結びつくこともあり得るでしょう。

DAI
会社員時代より大幅な年収アップも夢ではありません。

自分で業務時間を決められる

メリットの3つ目は、自分で業務する時間を決められる点です。

請負契約であれば、働く場所や時間を柔軟に決めることができます。

準委任契約であっても、稼働するシフトは会社員よりも比較的柔軟な調整が可能です。

納期に間に合うよう自分で業務時間を決められるので、好きな時間に好きな場所で働けるのは大きなメリットといえます。

DAI
自分の都合に合わせて、自宅やお気に入りのカフェなどで働くことも可能です。

人間関係のストレスから解放される

メリットの4つ目は、人間関係のストレスから解放される点です。

会社に勤めていると、一緒に働く上司や同僚たちとの人間関係にストレスを感じたり悩まされたりすることがあります。

DAI
ひどい場合は「もう会社を辞めたい……」という気持ちになってしまうこともありますよね。

ですが、業務委託は雇用関係とは違い、クライアント企業と対等な立場で働けます。

万が一「合わないな」と感じる担当者にあたったときは、クライアントを変えることも可能です。

DAI
正社員と違い、仕事で関わる人間が固定されにくい点は魅力的ですね!

広告運用の業務委託で働くデメリット

業務委託という雇用形態には、デメリットもあります。

  • 労働基準法が適用されなくなる
  • 福利厚生が受けられない
  • 仕事のトラブルはすべて自己責任
DAI
「どうしてこんなことに……」という事態にならないよう、デメリットについても知っておきましょう!

労働基準法が適用されなくなる

労働基準法が適用されないという点が、1つ目のデメリットです。

正社員やアルバイトのような雇用関係は、業務委託契約にはありません。

報酬の条件や労働量など、法律による保護は適用されない状態です。

法律で最低賃金が定められているわけではないので、業務量に対して見合わないような安い報酬額で受注してしまうリスクもあります。

DAI
事前に業務内容や報酬をしっかりと確認し、お互いに納得した上で契約を交わすようにしましょう!

福利厚生が受けられない

2つ目のデメリットは、福利厚生が受けられないことです。

会社員にはある雇用保険や労災保険などの社会保険が、業務委託契約ではありません。

万が一事故にあったり怪我を負ったりしても、必要な手当てを受けにくくなります。

そのためフリーランス用の保険に加入するなどして、自分でできる備えをしておきましょう。

仕事のトラブルはすべて自己責任

3つ目のデメリットは、仕事で発生したトラブルが全て自己責任になってしまうことです。

会社員であれば従業員がトラブルを起こしても、責任を取ってもらえるケースが多いです。

しかし、業務委託契約の場合、仕事上で起きたトラブルはすべて自己責任になってしまいます。

最悪の場合、企業が受けた損害分の賠償責任を負わされてしまう恐れもあるのです。

また企業が求める仕事に対応できなかったり、納期を守らなかったりすると、簡単に契約が打ち切りになってしまいます。

DAI
柔軟な働き方ができる業務委託契約ですが、責任があることには変わりないという意識を、しっかり持っておくことが大切です。

業務委託契約を結ぶには業務委託契約書が必要

業務委託契約を結ぶときに、なくてはならないものが業務委託契約書です。

お互いを守るため、トラブルの発生を防ぐために重要なものです。

DAI
業務委託契約を結ぶ際は、必ず契約書を取り交わしましょう。

業務委託契約書が必要な理由

業務委託契約書が必要なのは、主に以下の2つの理由からです。

  • 契約上のトラブルを減らすため
  • 万が一のときに証拠として使えるため

業務委託契約書には、仕事内容や報酬について記載されています。

きちんと取り決めをしない場合、想定以上のスキルを求められたり報酬が少なかったりと、契約上のトラブルが起きる可能性が高いです。

トラブルが起きないよう、必ず業務委託契約書を取り交わしておきましょう。

また万が一のときの証拠として、業務委託契約書を使うこともできます

DAI
決まっていた報酬より減額されたり、契約書に書かれていない業務を依頼されたりしても、業務委託契約書があれば反論できますよね。

あまり考えたくはないですが、そのようなトラブルから裁判に発展した場合は、業務委託契約書を提出する必要があります。

DAI
業務委託契約書は、自分の身を守るために必要不可欠なものです。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは?

業務委託契約で起きやすいトラブルとして、主に挙げられるのが以下の通りです。

  • 成果物に対して何度も修正を求められたが、報酬は変わらず、作業時間に見合わない報酬額になってしまった
  • 契約内容に無い業務を指示されたが、その分の報酬は支払われなかった

業務内容を詳しく決めて業務委託契約書に記載しておけば、こうしたトラブルを未然に防ぎ、お互いに納得した状態で業務を進めることができます。

秘密保持契約を結ぶ場合は秘密保持契約書を取り交わす

案件によっては業務委託契約書とは別に、秘密保持契約を交わすこともあります。

秘密保持契約とは、契約中に知り得た機密情報や個人情報を、第三者に対して業務遂行以外の用途で開示しないという契約です。

企業と秘密保持契約を結ぶ場合は、秘密保持契約書を取り交わす必要があります。

業務委託契約締結の主な流れ

以下のような流れで業務委託契約は締結します。

  1. 契約内容の詳細について話し合う
  2. 業務委託契約書を作成する
  3. 契約書の内容を共有し、認識の相違を確認し合う
  4. 業務委託契約書を取り交わし、契約完了

①契約内容の詳細について話し合う

まず、契約内容の詳細について話し合いを行います。

  • 報酬額
  • 契約期間
  • 業務範囲

上記のような項目について、ある程度明確に決めておきましょう。

②業務委託契約書を作成する

話し合った内容をもとにして、業務委託契約書の作成をします。

業務委託契約書は、あなたが作成するのではなく、業務を委託する側の企業が作成します。

③契約書の内容を共有し、認識の相違がないか確認し合う

企業側が作成した業務委託契約書をチェックし、お互いの認識に相違がないか確認をします。

このときに念入りに確認しない場合、契約後にトラブルが起きる恐れがあります。

些細なことでもよいので、気になる部分があれば相談しましょう。

④業務委託契約書を取り交わし、契約完了

お互いに納得のいく契約内容に決まったら、業務委託契約書を取り交わして契約完了です。

本来は記名捺印が必要ですが、最近ではクラウド上での電子契約が多くなっているため、電子捺印で対応できるケースも多いです。

業務委託契約の締結前に確認すべき条件

業務委託契約を結ぶ際、企業と契約内容について、十分に話し合っておくことが大切です。

確認しておくべき項目について解説していきます!

DAI
契約時に慌てないよう、ぜひ参考にしてくださいね!

契約形態は何か

業務委託契約の中でも、準委任契約か請負契約かどちらの契約形態かを確認します。

契約形態によって働き方や収入に違いがあるので、必ずチェックしましょう。

業務内容は何か

業務内容は何か、どんな業務を委託されるのかを確認します。

ここを確認しておけば「想定外の業務を任されて、報酬に見合わない仕事量をこなす羽目になった」などというトラブルを防ぐことができます。

報酬についての記載はあるか

必ず、業務委託契約書の中に報酬についての記載があるか確認しましょう。

  • 報酬額
  • 支払い方法

また、報酬については以下の項目も確認しておきましょう。

  • 時間単価か、プロジェクト単位での報酬か
  • 報酬の計算方法

ここを確認しておかないと、想定より報酬が少なかったり支払日が先になったりすることがあります。

認識の相違がないか、確認しておきましょう。

報酬以外に経費の支払いはあるか

報酬以外に経費の支払いがあるかも重要な点です。

たとえば報酬の中に業務に必要な消耗品やPCの回線費用、電気代などの経費が含まれているか、もしくは別支払いかを確認しましょう。

この点が決められていないと、あとで揉める可能性があるので、見逃さないようにしましょう。

稼働時間はどのくらいか

稼働時間はどのくらいなのか確認が必要です。

案件によっては「最低でも週2日稼働」などと稼働時間が決められている場合があります。

精算幅(例:100時間を基準に、90〜110時間の精算幅で◯万円)が定められていることもあるので、併せてチェックが必要です。

スケジュール管理のために必要な項目なので、しっかりと確認しましょう。

稼働時間精算幅外の控除・超過支払いについての記載はあるか

稼働時間の精算幅が設けられているときは、報酬の控除もしくは超過支払いがあるのかを確認します。

実際の稼働時間が精算幅より少なかった場合、その分報酬が差し引かれ、多かった場合は加算される仕組みです。

「業務時間外も働いたのに、その分の報酬がもらえなかった」という事態を防ぐため、念入りに確認しておきましょう。

報酬の支払日はいつか

クライアント企業によって報酬の支払日は異なります。

業務委託契約を結ぶ際、報酬の支払日はいつなのか確認をしておきましょう。

また、請負契約の場合は納品してから検収(納品したものが注文通りにできているか確認すること)が完了するまで、報酬が支払われないこともあります。

検収日が締め日を過ぎた場合、報酬の支払いが翌月になることもあるでしょう。

納品から検収の期間についても、あわせて確認しておきましょう。

契約期間、更新の有無について

業務委託契約の契約期間や、契約終了後の更新について確認しましょう。

また、更新する際の条件はどんな条件なのかチェックすることも重要です。

DAI
更新する際の条件として、定めた期間内にお互い解除の申し出がない場合は自動更新になるという企業もあります。

損害賠償の記載はあるか

業務委託契約を結ぶうえで損害賠償問題は避けては通れない項目です。

もし、情報漏洩や著作権の侵害、秘密保持契約違反などで企業に損害を与えてしまった場合、企業から損害賠償を請求されることがあります。

DAI
損害賠償金の全額を払うことになれば、その額は数百万円に及ぶこともあります。

企業に損害を与えない仕事をすることは当然ですが、損害賠償についての記載がある場合は、念入りなチェックが必要です。

特に損害賠償が及ぶ期間や請求される条件については、漏れがないように確認をおこないましょう。

不利な内容は記載されていないか

ときどき、業務委託エンジニアに対して明らかに不利である内容が記載されていることがあります。

「報酬の振込手数料は負担」「契約終了後に発生した損害を全額賠償する」などの記載があった場合は、契約締結後に気づいても遅いです。

あなたにとって不利な契約は、一度承諾してしまうとあなた自身が苦しめられてしまいます。

このような記載があったときには、修正を依頼しましょう。

どうしても双方が納得のいく形で契約できない場合は、契約自体をお断りすることも考えてください。

DAI
業務委託契約書の確認は面倒ではありますが、自分を守るために必ずおこなってくださいね!

まとめ

今回は広告運用の業務委託案件を探す際におすすめの案件サイトや、業務委託契約を結ぶ流れ、注意事項ついて解説しました。

DAI
複数の案件サイトに登録して、自分に合った広告運用の案件を見つけましょう!

広告運用の業務委託案件を受注し、活躍の幅を広げたい人は、ぜひこの記事を参考にして挑戦してみてください。

広告運用の業務委託におすすめのサイト4選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2〜3日稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
HiPro Tech(公式:https://tech.hipro-job.jp/
柔軟に対応できる高単価な案件が豊富!契約後のサポートも充実しているエージェント。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数エージェントの求人から希望にあった案件を幅広く探せる案件サイト。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【HiPro Tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
リモート案件・高単価案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です