最終更新日:2021/04/23
20代の社会人

・自分の年収って周りと比べて低くないかな?
・気になるあの人の年収ってどれくらいなんだろう?
・年収アップのためにはまず、何をすればいいんだろう?

DAI
こういった疑問に答えます。
周りの人の年収ってデリケートな話題で聞きにくいですよね?
今、勤めているあなたの会社の年収が世間と比べてどうなのか。
年収アップの方法についても解説します。

20代大卒の平均年収はいくら?

年収は次の3つが指標となります。

  • 年齢
  • 職種
  • 業界

自分の該当する場所と照らし合わせて、平均以上なのか?以下なのか?チェックしてみてください。

その①:年齢

全体 男性 女性
20歳 279万円 309万円  256万円
21歳 280万円 305万円 259万円
22歳 283万円 295万円 272万円
23歳 294万円 309万円 281万円
24歳 323万円 340万円 306万円
25歳 346万円 365万円 326万円
26歳 365万円 385万円 340万円
27歳 382万円 407万円 350万円
28歳 394万円 421万円 358万円
29歳 404万円 432万円 363万円

(参考:年代別・年齢別 平均年収情報【最新版(2020年)】|doda)

20代の平均年収は335万円。20代前半は291万円、20代後半は378万円でした。
上の表の通り、20歳と29歳の年収には大きな差が見られます。

また、年齢が上がるにつれ毎年の年収の上がり幅が大きくなることも保証されています。
これは日本の企業の多くが「年功序列」の仕組みを採用しており、働く年数が長いほど年収がアップするためです。

また経営者の給与に対するポリシーも、年収を決める上では重要な要素となります。

特にあなたが中小企業に勤めている場合、経営者の考えが色濃く出やすいと思いますので、平均年収と比較する時のの材料になると思います。

その②:職種

20代の平均年収
専門職
(コンサル・
専門事務所・監査法人)
475万円
企画管理系 391万円
技術系(電気・電子・機械) 383万円
営業系 375万円
技術系(IT・通信) 373万円
技術系(建築・土木) 367万円
技術系(メディカル・化学・食品) 347万円
金融系専門職 335万円
クリエイティブ系 318万円
事務・アシスタント系 300万円
販売・サービス系 296万円

(参考:年代別・年齢別 平均年収情報【最新版(2020年)】|doda)

トップは「専門職(コンサル・専門事務所・監査法人)」、ワーストは「販売・サービス系」となりました。
両者では年間約180万円の差が生まれます。

この年収の差が生まれる理由は、専門職の特徴にあり、以下の3点が挙げられます。

専門職の年収が高い理由
  • その職種に就いている人が少ない(=希少価値が高い)
  • 職種に就くための試験の難易度が高い
  • 経営に関わる業務が多く、成果に対する報酬が高い

職種は基本的に、どの分野においても専門性が要求されるため、30代以上になると他の職種へ移って働くことは難しくなる傾向があります。

その③:業界

20代全体 20代男性 20代女性
IT 294万円 298万円 290万円
金融/保険 288万円 307万円 268万円
医療福祉 284万円 288万円 280万円
教育/学習支援 283万円 298万円 267万円
学術研究/専門技術サービス 278万円 271万円 285万円
建設 275万円 288万円 263万円
卸売/小売 270万円 280万円 260万円
運輸/郵便 268万円 278万円 257万円
生活関連サービス/娯楽 261万円 269万円 252万円
製造 250万円 264万円 235万円
宿泊/飲食サービス 247万円 255万円 239万円
他に分類されないもの 262万円 270万円 255万円

(参考: 令和元年賃金構造基本統計調査 )

業界別に平均年収を見るとトップは「IT」の294万円、ワーストは「宿泊/飲食サービス」の247万円でした。業界が違うだけで約50万円の収入の差が生じます。

つまり、同じ時間働いていたとしても5年後、この両者の年収差額はワーストである「宿泊業/飲食サービス業」の年収1年分にまで差が生まれます。
業界選びがいかに年収に直結するか、分かるデータかと思います。

ではなぜここまで業界によって年収の差が生まれるのか?
理由は、利益率の高さにあります。
例えば、トップの「IT」は利益率がとても高く、以下の理由が挙げられます。

「IT」はなぜ利益率が高い?
  • 工場が不要で、在庫もないため、オフィスが小さくてもOK
  • 人件費が抑えられる。社員数は製造業のように多く必要ない
  • YouTubeやInstagramといったSNSを用いてコンテンツを消費者が作ってくれる

一方でワーストの「宿泊/飲食サービス」の利益率が低い理由は、

「宿泊/飲食サービス」はなぜ利益率が低い?
  • 人件費、材料費、光熱費といったサービス提供までの費用がかかる
  • 事業を軌道に乗せるまでに労力と時間がかかる
  • 似たようなお店が多く、競合との価格競争になりがちである

②職種 で説明したように、異なる職種への転職は難しいですが、職種が一致していれば異なる業界であったとしても専門性・スキルを生かして活躍することは比較的、可能です。

あなたの年収を上げる3つの方法

平均年収と比較してみていかがだったでしょうか?
年収をアップさせ、将来の結婚や子育てといった大きな出費の準備として貯金をしたり、今の生活より余裕を手に入れたい…

そんなあなたに3つの方法があります。

その①:転職活動を始める

同じ業界・職種であれば、転職できる可能性も高まります。
また同じ業界でなくても職種が一致していれば、より高い業界への転職して年収アップをすることも可能です。

とはいえ、いきなり転職活動を始めることはハードルが高いですよね?

ですので、まずは自分の現在の職歴から「自分の市場価値がどれくらいあるのか、年収査定をしてみること」がおすすめです。

仮に転職活動をしないとしても、自分の市場価値を測ることで

  • 今社会ではどんなスキルが求められているのか
  • 転職しないにしても、本業でどういったスキルを学べば良いのか
  • 転職するためにはどういった専門性が必要なのか

と言ったことがノーリスクで学ぶことができ、今後のキャリア設計が明確になるかと思います。

その②:今いる会社で昇級・昇格する

今勤めている会社が好きで、不満はない…でも年収アップしたい方は、 昇給を目指していきましょう。特に管理職への昇格になりますと特別手当が付き、会社によっては100万円の年収アップも見込めると思います。

しかし年功序列の会社である場合、 勤続年数によって給与が決まることが多く、管理職のポストが空いたり、と時間をかけないと年収アップは見込めません。

その③:副業をする

働き方改革により政府も副業を認める時代になりました。
(厚生労働省 : 副業・兼業の促進に関するガイドライン)

コロナ禍でリモートワークが発達したことにより、場所を選ばず本業以外の時間で稼げるような受注サービスや案件が増えつつあります。

例えばIT業界ですと、プログラミングを用いたWeb制作が挙げられます。

稼げるようになるまでは時間がかかりますが、月1万円でも収入が増えると生活に余裕が出てくると思われます。

ITで副業したい人必見!案件獲得するための方法とおすすめIT副業サイトを解説してみた【リモートワークあり】

年収アップするために、すぐできるたった1つの方法

まずは年収を査定をしましょう。
あなたの市場価値を測り、現状を把握することが大切です。

その①:王道。迷ったらコレ: ミイダス

大手転職サイトdodaが運営しているサービスで、7万人の利用者の情報を元に正確な年収が算出されやすいです。

5分で登録完了でき、スクロール&タップで簡単に行えます。

求人検索しなくても、登録するだけで企業からオファーやメッセージが直接届くため、登録だけしておいても損しないサービスです。

【ミイダス】5分程度で市場価値を診断できるアプリ。
いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルが5分ほどで分かる。

その②:年収が高い人向け :ビズリーチ

年収500万円以上を主なターゲットとしたサービスです。
ビズリーチの特徴は年収が高い求人が豊富にある点です。

あなたが、年収の高い業種・業界への転職を検討されているならば、ビズリーチをメインに活動を始めることをおすすめします。

【ビズリーチ】
高収入(年収600万円以上など)の方の転職に特化した転職サイト。

その③:忙しい人、何からやれば良いか分からない人向け: キャリトレ

キャリトレは、時間のないあなたの悩みを解決してくれます。
いくつかの質問に答えるだけで「働くための原動力」や「キャリア観」を知ることができ、今後のキャリア設計の判断材料となります。

また登録するだけで、キャリアや転職に関する情報を動画や記事で公開していますので、効率よく情報を収集できるかと思います。

【キャリトレ】転職意思が固まっていなくても気軽に利用可能。
スカウトに強い転職サイト。転職意思が固まっていなくても気軽に利用可能。

まとめ

  • 20代の平均年収は335万円
  • 職種や業種によって年収は最大180万円の差が生まれる。
    年収アップのためには、年収の高い業界に移ることが大切。年収の1番高い業界は「IT」。
  • 年収アップの第一歩は、年収を査定してあなたの現状を確認すること
【2021年最新】IT業界に強い転職エージェントおすすめ厳選13選