最終更新日:

テストエンジニアとしての就職を検討するにあたって「やめとけ」「きつい」と聞くことも多いのではないでしょうか?

結論、「テストエンジニアはやめとけ」と言われる理由は、以下の5つです。

「テストエンジニアはやめとけ」と言われる理由
・給与が低い会社もある
・企業によっては残業が長い
・企業によっては客先常駐が多く、人間関係で孤立する
・クライアントに振り回されやすい
・トラブル対応がつらい

「やめとけ」と言われる一方、テストエンジニアは給与の高さや働き方の自由さから、人気な職業であることも間違いありません。

そこで本記事では、テストエンジニアやめとけと言われる理由や、それでも人気が高い理由、やりがい、年収、将来性などについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

DAI
テストエンジニアになって自分に合った働き方ができるかは、会社選びで決まります。就職するか悩んでいる人は、まず転職サイトに登録して、憧れの働き方ができる企業があるか見てみましょう。おすすめの転職エージェントは以下で紹介しています。
関連記事:テストエンジニアにおすすめの転職エージェント11選

目次 (PRも含まれます)

テストエンジニアはやめとけと言われる理由

ここではテストエンジニアが「やめとけ」「きつい」と言われる理由を解説します。

テストエンジニアが「やめとけ」と言われる理由は、以下のとおりです。

  • 給与が低い会社もある
  • 企業によっては残業が長い
  • 企業によっては客先常駐が多く、人間関係で孤立する
  • クライアントに振り回されやすい
  • トラブル対応がつらい

以下で詳しく解説します。

給与が低い会社もある

テストエンジニアの年収は全体の平均年収と比べると高いですが、会社によっては相場より低い場合があります。

特に多重請負構造の最下部の開発会社に入社すると、給料が低くなる傾向があります

請負構造とは、発注者が仕事の一部を下請けに委ねる形式を指すものです。

下請け会社がさらに下請け会社に業務を委託することで、単価が連続的に下がり、その結果、給与が低くなる場合があります。

三次請け以降の企業に入ってしまうと、テストエンジニアでも年収が低くなるため、やめとけと言われることが多いです。

一方で、自社開発企業や元請け企業の場合、年収が高くなることが多いです。

企業によっては残業が長い

企業によっては、長時間の残業も「やめておけ」とアドバイスされる理由となります。

以下の理由から、特に受託企業では残業時間が増える傾向があります。

  • クライアントの求めている期限までに仕上げなければならないから
  • 人手不足で、一人が抱える仕事量が多くなりがちだから

システムに疎い顧客との仕事の際、必要とされる成果物の納期が短すぎて、残業が避けられない状況になることが多いです。 また、自社開発を行っている企業では、比較的残業が少なく、ホワイトな傾向があります。

企業によっては客先常駐が多く、人間関係で孤立する

クライアントの事業場で勤務する客先常駐は、同僚や知人がいないという孤独な状態になりやすいです。

「何かあればすぐに質問してください」と現場の人から言われても、彼らが「クライアント」であるため、気軽に質問を投げかけるのは難しいと思います。

これが初めての現場であれば、何をどう問い合わせればいいのかさえ理解できないかもしれません。

さらに、タスクの完了や契約期間の終了により、職場が変わることもあるため、どうしても慣れづらいという不利な点があります。

客先常駐を必要としない企業では、デメリットにはなりませんので、ご安心を。

クライアントに振り回されやすい

依頼主からの指示により利益を得ている会社の場合、クライアントからの指示に影響される傾向があると言えます。

クライアントからの指示に基づいて作業を行うことは基本的なことですが、納期が考慮されていない状況や、Webの知識が不足しているために過度な要求を受けることがあります。 いくつかの修正により、残業が避けられない場合もあり、クライアントによって業務の状況が影響を受ける可能性が高いです。

優良なビジネスでも、案件による混乱は十分に起こりえます。

転職後に後悔しないように、このような事態も考慮しておきましょう。

ソフトスキルが身に付きにくい

テストエンジニアは技術的なスキルが重視されるため、ソフトスキルが身につきにくいと言われています。

特に単独での仕事が主な場合、コミュニケーション能力やリーダーシップを必要とされないことが多く、それらを自然に習得するのは難しいです。

ただし、上流の仕事を担当すると、聞き取りスキルや人間関係スキル、リーダーシップなどのソフトスキルも重要となります。

クライアントとの対話が必要な場合もあるので、実際には、仕事を通じてソフトスキルを習得することが多いです。

トラブル対応がつらい

トラブル対応の厳しさも、「やめとけ」と指摘される要因です。

あなたが責任を持つ業務で問題が起こった場合、時間や場所に関わらず対応が必要になることがあります。

  • 帰宅後や休日でも出社する
  • 夜間にリモートで復旧作業を行う

自分の記述したコードがエラーを生んでトラブルの原因になったときは、精神的にも苦しい状況になります。

テストエンジニアがそれでも人気な理由は?メリットを紹介

ここではテストエンジニアとして働くメリットを紹介します。

以下のメリットがあるため、テストエンジニアは人気な職業です。

  • 未経験でも歓迎している職場がある
  • 他の職種より平均年収が高い
  • リモートで働ける職場が多い
  • さまざまなキャリアパスがある
  • 自分の働き方に合う会社を見つけやすい
  • 転職がしやすい

以下で詳しく説明します。

未経験でも歓迎している職場がある

テストエンジニアはスキルや知識が必要とされる仕事ですが、実務未経験を募集している会社もあります。

もちろん開発実績は必要になりますが、テストエンジニアとして働いたことがなくても、転職が可能です。

業界全体で人材が不足しているため、経験がない人でも歓迎する状況が多く見られます。

だけど、スキルや知識が一切ない状態では、転職は実現できません。

転職を計画する前に、まずは知識やスキルを獲得したり、資格を取得することを考えましょう。

特に、以下の2つの資格は職種に依存せず、Web業界全体で適用可能なため、取得することをおすすめします。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者

ITパスポートは、全てのサラリーマンが覚えておきたい基本的な情報が学べる、相対的に難しくない国家資格です。

参考:しかくのいろはITパスポート試験]合格率と受験者数の推移は?難化傾向で難しくなった??

他の職種より平均年収が高い

テストエンジニアは他の職種と比較して平均年収が高いです。

求人ボックス給料ナビによると、Webエンジニアの平均年収は536万円でした。

一方で令和4年分民間給与実態統計調査によると、全体の平均年収は458万円となっています。

Webエンジニアの平均年収は、78万円ほど上回っています。 技術力の必要度は高いですが、それに対する報酬も高いのが魅力です。

リモートで働ける職場が多い

パソコンがあると作業ができるため、リモートワークを導入している企業は数多くあります。

そのため、「週3日は在宅で仕事をし、週2日は職場に行く」のように、比較的自由度の高い働き方ができます。

通勤せずに働ける企業が多いのが、テストエンジニアの人気のポイントです。

さまざまなキャリアパスがある

テストエンジニアには、以下のようにさまざまなキャリアパスがあります。

  • ITコンサルタントになる
  • PM(プロジェクトマネージャー、プロダクトマネージャー)になる
  • 違う職種のエンジニアになる
  • 上流工程を担当するエンジニアになる
  • フリーランスになる

自分の専門知識を深めて年収を増やしたり、マネジメント能力を活用して年収を増加させたり、自分にぴったりのキャリアパスを選べます。 未来を見越すときに数々の選択肢が存在することが、その人気の要因です。

自分の働き方に合う会社を見つけやすい

テストエンジニアになると、自分の働き方に合った企業を探すことができます。

エンジニアを迎え入れやすくするために、数多くの企業が福利厚生や働き方を調整していることが要因といえます。 エンジニアの市場価値は現在高いため、企業はエンジニアを引き入れるために待遇を良くしている傾向が見られます。

例えば、以下の通り、仕事とプライベートのバランスを取りやすい環境が増えてきています。

  • ノー残業デーを取り入れている
  • 残業時間を月20時間以内に抑えている
  • フレックス勤務を導入している
  • リモート勤務を許可している

そのためワークライフバランスを重視したい人は、テストエンジニアへの転職がおすすめです。

転職がしやすい

エンジニアの価値が高いため、転職が容易であるという点も魅力です。 現在、エンジニアは不足状態で、多くの企業が求めているため、転職に苦労することはほぼありません。 人によっては、会社に在籍中にもかかわらず、定期的にスカウトが訪れることがあります。

ライフステージが新たな段階に移行した時に、ワークスタイルを変えるための転職も選択できます。

テストエンジニアのやりがいは?

ここでは、テストエンジニアのやりがいを紹介します。

テストエンジニアには以下のやりがいがあるため、楽しく仕事を続けやすいです。

  • 頑張りが給与に反映されやすい
  • 学習したことが成果に反映されやすい
  • ものづくりができるので楽しい

以下で詳しく解説します。

頑張りが給与に反映されやすい

テストエンジニアは、頑張って成果を上げると、その分給料も上がりやすいです。

IT会社では、成果主義の風潮が広く浸透しており、業績や貢献度に応じて給与が増加する傾向があります。

昇給のペースも高いため、3年間で年収が300万円から500万円まで跳ね上がることも珍しくありません。

頑張った結果が給与に反映されるので、やり甲斐を感じることができます。

学習したことが成果に反映されやすい

テストエンジニアのやりがいは、学んだことを成果に反映させられることです。

学習により仕事の効率が改善され、業務を素早く推進できたり、企画提案が可能になることがあります。 成果を出せば年収も上がり、スキルアップによって自己の生活を豊かにすることが可能です。

ものづくりができるので楽しい

テストエンジニアは誰かのためになるサービスを作ることができるので、やりがいを感じられます。

自分が作成したサービスのフィードバックが得られるため、社会貢献しているという感覚を持ちつつ仕事ができるのが魅力的です。 「自分が何のためにこの仕事を行っているのかわからない」という状況が存在しないため、意欲を保ちながら仕事が可能となります。

テストエンジニアはやりがいを感じながら働ける人気の仕事なので、気になった人はぜひ転職を検討しましょう。

エンジニアの平均年収は?

以下は、エンジニアの平均的な年収と月収です。

正社員
平均年収 536万円
平均月収 45万円

引用:求人ボックス「Webエンジニアの年収・時給・給料(求人統計データ)

エンジニアの職業は、広範な知識やスキルが度々必要とされるものです。必要な技術力が高いほど、平均的な年収も高くなります。

年代別の平均年収は、以下のとおりです。

平均年収 月収 賞与
20〜24歳 339万円 25.4万円 35.1万円
25〜29歳 445万円 30.6万円 77.2万円
30〜34歳 533万円 35.8万円 103.0万円
35〜39歳 573万円 38.7万円 108.0万円
40〜44歳 621万円 42.1万円 115.3万円
45〜49歳 651万円 43.4万円 130.3万円
50〜54歳 666万円 44.5万円 131.5万円
55〜59歳 652万円 44.4万円 119.4万円

引用:求人ボックス「Webエンジニアの年収・時給・給料(求人統計データ)

エンジニアは20代でも、平均的な年収が高く、300万円を超過しています。

さらに、40代後半となるとマネジメント等の業務に従事する機会が増え、その関係で年収が上がる可能性があります。

しかし、専門知識や技術を学んでいる人と、学んでいない人とでは、年収に顕著な差が出てしまいます

DAI
より多くの年収を得たいと思うなら、仕事で必要なスキルや資格を取得しましょう。

テストエンジニアの将来性は?

「やめとけ」「ブラック」「きつい」と言われることもあるテストエンジニアですが、将来性があります。

テストエンジニアに将来性があると言える理由は、2つあります。

  • テストエンジニアの需要は今後も伸びるから
  • テストエンジニアの人材は足りていないから

以下で詳しく解説します。

テストエンジニアの需要は今後も伸びる

IT業界の職業は将来的に消えることはなく、その需要は継続的に増しています。

DX化を推進する人材が求められているため、テストエンジニアの需要は今後も伸びていくでしょう。

「AIが私たちの仕事を取り上げるのではないか」という不安が最近出てきていますが、全ての業務が消滅するわけではありません。 今後はAIの活用が仕事において増え、AIを使って効率的に業務を進めることができる人材が必要とされます。

テストエンジニアの人材は足りていない

IT業界の需要が上昇している一方で、人材が未だに不足しているという問題が存在します。

経済産業省のデータによれば、2030年までに約45万人のIT人材が不足すると見込まれています。

引用:IT人材需要に関する調査(概要)

このデータを見ても、IT業界には潜在的な伸びしろがあることが明らかです。

テストエンジニアも需要に対して足りていないため、将来性が高い職業といえます。

テストエンジニアに向いている人の特徴

ここでは、テストエンジニアに向いている人の特徴を解説します。

以下のような人は、テストエンジニアに向いています。

  • リモートで勤務したい人
  • 自発的に学習を続けられる人
  • 論理的思考力がある人
  • 自分で考えて行動できる人
  • 柔軟性がある人
  • 細かな作業が苦にならない人
  • チームワークを大事にできる人

以下で詳しく解説します。

リモートで勤務したい人

リモートで勤務したい人は、テストエンジニアになるのがおすすめです。

単独で行える作業が多いため、リモート制度を導入している企業が数多く存在します。

オンラインの業務には、以下のようなプラス面があります。

  • 通勤に時間がかからないので、趣味や勉強に時間を費やせる
  • 好きな場所で仕事ができる
  • 突然人に話しかけられることがないので、集中して働ける

ワークライフバランスを重視する人に、テストエンジニアはおすすめです。

自発的に学習を続けられる人

テストエンジニアとして稼ぎ続けるためには、常に学び続ける姿勢が大切です。

例えば、開発に必要なプログラミング言語には流行があり、新しく学び直すことが求められることもあります。

新規に学ぶことは難しいですが、必ず必要な労力です。

そのため、自発的に学習を続けられる人はテストエンジニアに向いています。

論理的思考力がある人

テストエンジニアとして活躍するためには、論理的思考力(ロジカルシンキング)も欠かせません。

業務においては、物事を論理的に考え、結果を導き出す力が求められます。 システム設計や開発スケジュールの監督など、多岐にわたって論理的思考力が要求されます。

論理的思考力は様々な業界で効果的なスキルなので、常に意識することをおすすめします。

自分で考えて行動できる人

指示待ちではなく、自ら行動できる力のある人もテストエンジニアに向いています。

テストエンジニアは指示された通りにプログラミングをしているイメージがありますが、実は率先して考え、行動する力が必要です。

例えば、企業の難題に対し、どう対処するかを提案し、行動するよう要求される状況があります。

何が求められていて、それに対してどのような行動や提案ができるのかを考えられる人は、テストエンジニアに向いています。

柔軟性がある人

さまざまな事態に対して、柔軟に応じられる能力も大切です。

テストエンジニアとして働いていると、突発的なトラブルに巻き込まれることがあります。

例えば、開発されたシステムが障害を起こすなど、大小さまざまな問題が生じる可能性があります。 この種の問題に対して、柔軟に対応できる能力も業務のうえで必要とされます。

細かな作業が苦にならない人

細かな作業が苦にならない人も、テストエンジニアに向いています。

本番作業では、特に設計書や手順書に従い、開発を進めることが必須です。 小さなミスによって問題が生じたり、正常に機能しなくなったりするため、細かな作業を一つずつ慎重にこなすことが不可欠です。 逆に、物事を大まかに進める人は、問題を生む可能性があるため、向かないかもしれません。

チームワークを大事にできる人

チームワークを大事にできる人も、テストエンジニアに向いています。

一人で黙々と作業していると思われがちなテストエンジニアですが、実際はチームワークが欠かせない職業です。

基本的に、プロジェクトは多人数でチームを作って進行するので、進行状況の報告や、疑問点がある場合は即座に問い合わせるなど、円滑なコミュニケーションが必須です。 たとえば、障害が起きたときには、チーム間で情報を共有しながら、関係者に状況を明確に伝える力が必要です。

テストエンジニアに向いていると思った人は、ぜひ転職を検討してみてください。

以下の記事でテストエンジニアにおすすめの転職エージェントを紹介しています。

関連記事:テストエンジニアにおすすめの転職エージェント11選

テストエンジニアに向いていない人の特徴

ここでは、テストエンジニアに向いていない人の特徴を解説します。

以下の人は、テストエンジニアに不向きでしょう。

  • コミュニケーション能力が低い人
  • マルチタスクが苦手な人
  • 学習するのが好きではない人

以下で詳しく解説します。

コミュニケーション能力が低い人

エンジニアのタスクは単独で終わらせるものではなく、クライアントやプロジェクトチームと協力しながら進める必要があります。

コミュニケーション能力が不足していると、作業の進行が遅れ、キャリアの向上も困難になります。

日常的にコミュニケーションを取ることで仕事のミスを減らせるため、非常に重要な能力といえます。

マルチタスクが苦手な人

テストエンジニアとして働いていると、仕事の同時並行が求められるシーンが多くあります。

それゆえに、一つのタスクにだけ注意を払えないと、仕事のパフォーマンスは下降します。

ある程度マルチタスクができる力は、テストエンジニアに必要です。

学習するのが好きではない人

テストエンジニアは新しい技術を覚えれば覚えるほどスキルアップしていきます。

プログラミング言語の新知識を習得する必要があるため、インプットが不得手だと、業務遂行が大変になります。 業務の内容によっては、自身の知識やスキルだけでは不足する場合もあるので、学ぶことが苦手な人には向きません。

テストエンジニアが避けた方がいい会社の特徴

ここでは、テストエンジニアが避けた方が良い会社の特徴を解説します。

以下のような会社は避けた方がよいでしょう。

  • 孫請けになっていて給与が低い職場
  • 営業力は強いが技術的な視点を持っていない会社
  • 教育体制が整っていない会社
  • 「誰でもOK!」という求人を出している会社
  • 20〜30代が極端に少ない会社

以下で詳しく解説します。

孫請けになっていて給与が低い職場

多重請負体制の下層の開発受託会社に就職すると、給与は低くなる可能性が高いです。

請負構造とは、発注者が仕事の一部を下請けに委ねる形式を指すものです。

元請けが上流工程を実行し、それ以外の下流工程は下請けが実行するため、下請けになるほど、給料は低くなります。

年収は250万~350万程度に制限され、受注する案件の中には中抜きが多く、結果的に売上も少なくなります。

そのため、どれだけ年数を重ねて働いても昇給ができない可能性があります。

これを回避するためには、直接契約関係のある企業で働くことが必要です。 就職または転職を検討する際は、希望の会社が元請けか下請けかを確認することを忘れないでください。

ただし、元請けか下請けかは求人票には明らかにされていないことが多いので、企業の位置を特定するためには、取引先を見てみましょう。取引先がSESばかりだと、それは孫請けを意味します。

一方、発注主に近い立場にいると、給与が高くなる可能性が高いので、おすすめです。

営業力は強いが技術的な視点を持っていない会社

「とりあえず営業だけやってます!」と述べる、社長や営業担当者がITを把握していない会社は、ブラック企業の可能性があります。 基本的に、ITの知識はシステム開発において必須です。

作業時間の計算や納期の設定、適当な人員の割り振り、クライアントが望む品質のアウトプットなど、どの状況でもITについての知識が要求されます。

それにもかかわらず、ITを理解していない社長や営業が指導を行う企業では、システム開発者にストレスがかかります。 例えば、営業がトラブルを起こす可能性が高い案件を取得したり、期限内に完了させるのが難しい案件を取得した場合、そのリカバリーには多くの時間を必要とします。その結果、労働時間が長引く可能性もあります。 営業と開発担当者が一緒に進めていけない状況では、労働が厳しくなってしまうので警戒が大切です。

教育体制が整っていない会社

教育体制が確立されていない企業では、全てを自力で学ぶ必要があり、新入社員としては大変です。

以下のような困難に遭遇する可能性が高いので、教育制度がきちんとしているかを事前にチェックしましょう。

  • 社内のシステムを理解するのに時間がかかり、長期間働いてもパフォーマンスが出せない
  • 何を勉強すればいいかわからない
  • 横のつながりが薄いので、相談や質問がしにくい

未経験から職を変える場合、特に教育体制が整った会社への転職がおすすめです。

「誰でもOK!」という求人を出している会社

誰でもOK!と宣伝している会社は避けることが望ましいですね。 なぜ誰でも可能なのか、それは複雑なことを頼まないからです。

誰でも行えるような易しい仕事ばかりをこなしていると、以下のようになる可能性があります。

  • 安い給料のまま働かされる
  • 簡単な作業を繰り返し任されるので、スキルが身につかない
  • 同じ作業を続けていてもキャリアアップができないので、将来に繋がらない

このような状況では、低い報酬のままでスキルを向上させることもできなくなります。

このような企業では、採用が非常に容易なため、直ちに内定が出るかもしれません。

だだし、内定が出たからと言って、すぐに働き始めるのではなく、本当にその場所で技能を磨けるのか、よく考えるべきです。

20〜30代が極端に少ない会社

20〜30代が極端に少ない企業はおすすめできません。 若い世代が非常に少ない場合、その会社は以下の条件を満たす可能性が高いです。

  • 年功序列になっていて、20〜30代は年収が上がりにくい
  • 役職が詰まっていて、キャリアアップができない
  • 教育体制が整っていない

希望する企業の年齢層は、前もってチェックしておくべきです。

テストエンジニアにおすすめの後悔しない会社の特徴

ここでは、テストエンジニアにおすすめする会社の特徴を紹介します。

次のような会社は、優良企業である可能性が高いと言えます。

  • 直請けの会社
  • 自社のサービスを持っている会社
  • スキルアップできる機会を設けている会社

以下で詳しく解説します。

直請けの会社

受託開発業者の場合、直接の依頼であれば、余分な中間マージンがなく、相対的に給与が高くなります

三次請け以降の企業にいると、案件の単価が低いことから給料が下がります。

直接契約、あるいは少なくとも二次契約の企業を選ぶことがおすすめです。

自社のサービスを持っている会社

自社で開発を行う企業は、中抜きがないので給与が高めに設定されることが多いです。 また、自社開発の企業では、ユーザーからのサービス評価を多く得られ、そのことが働くモチベーションを維持するのに役立ちます。 困難な納期で開発することが少なく、時間に追い詰められることが比較的少ないため、働くスタイルはホワイトになりやすいです。 ただし、自社開発企業は人気があり、必要なレベルも高いため、SESや受託会社と比べると採用されるのは難しいです。

なので、受託会社で経験を得た後に、自社開発企業に転職することをおすすめします。

スキルアップできる機会を設けている会社

スキルアップのチャンスを提供している会社もおすすめです。

スキルを高めることができる企業に就職すると、以下のような長所があります。

  • 自分のやりたいこと、学びたいスキルの習得ができる
  • 実績を自分で作ることができる
  • 裁量のある立場を任せられる
  • 優秀な上司や同僚がいる

加えて、研修にかかる費用や書籍の購入費をカバーしてくれる会社もあるのです。

このような援助システムが確立されている会社を選べば、スキルを上げる機会もあるため、進歩しやすいです。

未経験でもテストエンジニアになれる?

テストエンジニアに未経験からなることは可能です。

ただし、開発実績がない完全未経験からテストエンジニアになることはできません。

プログラミングスクールに通うことでスキルや知識を獲得し、自己開発によるポートフォリオ作りを通じて、未経験でも雇われる道が開けます。 経験がまったくない方は、プログラミングスクールや独立学習でポートフォリオを作成した後で、転職の動きを始めることをおすすめします。

テストエンジニアにおすすめの転職エージェント・サイト3選

テストエンジニアの転職に強いエージェント3選
【第1位】ワークポート(公式:https://www.workport.co.jp/
IT/Webエンジニア転職に強い総合型転職エージェント。
経験が浅い人や第二新卒向けの求人あり。
【第2位】Green(公式:https://www.green-japan.com/
IT・Web系のスタートアップ企業が多い転職サイト。
職種未経験OKの求人あり。
【第3位】レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。
経験者向け。今より年収を上げたい人におすすめ。

関連記事:テストエンジニアにおすすめの転職エージェント11選

それぞれのエージェントの特徴について、以下で詳細に説明します。

ワークポート

workport

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

拠点 東京 / 札幌 / 仙台 / 郡山 / 宇都宮/ 高崎 / 埼玉 / 横浜 / 千葉 / 新潟 / 静岡 / 名古屋 / 金沢 / 岐阜 / 滋賀 / 大阪 / 京都 / 神戸 / 姫路 / 岡山 / 広島 / 高松 / 小倉 / 福岡 / 長崎 / 熊本 / 鹿児島 / 沖縄 /ソウル(韓国)
強み ・元IT専門・転職エージェントの豊富な知見
・専門性の高いキャリアカウンセリング
・経験年数の浅い人・第二新卒向け求人あり
おすすめな人 ・経験年数が短いが、転職したい人
・IT業界の求人を幅広く知りたい人
・IT業界全般に強いアドバイザーを求めている人
公式URL https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人に特化した評判の高い総合転職エージェントです。

ワークポートの大きな魅力は、以下の2点です。

  • キャリアアドバイザーのIT領域に対する専門性が高い
  • 経験年数が浅くても応募できる求人がある

ワークポートは、「ITビジネス分野に焦点を当てたエージェント」から「包括的なエージェント」へとサービスを広げた経緯があり、特にIT分野での成果と知識が豊富です。 そのため、IT業界の求人に強いという特徴とともに、キャリアカウンセリングの専門性の高さも評価されています。

実際にワークポートを活用したことがあるのですが、IT領域に詳しいキャリアアドバイザーに担当してもらえました。

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職に強いエージェント。

Green

公式サイトより引用:https://www.green-japan.com/

Greenは、IT・Web系スタートアップ企業での仕事を探している人にピッタリの転職サイトです。

運営会社 株式会社アトラエ
対応地域 日本全国
強み ・IT・Web系スタートアップや外資系企業の求人が豊富。
・フルリモートの求人多数
公式URL https://www.green-japan.com/

Greenは、IT・Web業界特化型の転職サイトです。

Greenには、以下のような特徴があります。

  1. 豊富な職種の求人を掲載
  2. スタートアップ、外資、上場企業など幅広い企業の求人を掲載
  3. 応募したい企業の雰囲気がつかみやすい
  4. 職種未経験OKの場合あり

豊富な職種の求人を掲載

GreenはIT・Web業界に特化した転職サイトですが、求人で募集している職種の種類は多岐にわたります。

  • エンジニア
  • デザイナー
  • プランナー
  • マーケティング職
  • 営業
  • 事務
  • 人事・総務 など

業界トップクラスの案件の中から、「残業が少なめ」や「フルリモート」といった希望条件で求人を検索することができます。 IT・Web業界での転職を考えているなら、まず最初に登録を検討すべき転職サイトでしょう。

スタートアップ、外資、上場企業など幅広い企業の求人を掲載

Greenでは、スタートアップや外資系企業、上場企業などさまざまな企業の求人を掲載しています。

  • 成長中のスタートアップでスキルを磨きたい人
  • 上場企業で安定的に働きたい人
  • 外資系企業のグローバルな環境で働きたい人

このような人におすすめの転職サイトです。

現在の職種とは違う業種での仕事を試してみたい方にもおすすめです。

応募したい企業の雰囲気がつかみやすい

Greenのメリットは、応募したい企業の雰囲気がつかみやすいという点です。

気に入った企業があるけれども、その会社がどんなものかが分かりにくいと、心理的な困難が増えてしまいますね。

Greenでは、以下のような手法を用いて、志望企業の雰囲気を理解することができます。

  • 気になる企業と気軽にマッチングできる
  • 企業のPRやインタビューで、会社の雰囲気をつかめる
  • 人事担当者から直接スカウトを受けられる

Greenに掲示されている求人情報にある「気になる」ボタンをクリックすると、その企業に通知が行き、あなたがその求人に関心を持っていることが伝わります。 マッチングが達成されると、メッセージのやり取りが可能となり、双方が更に興味を持つと面接の段階に進みます。

DAI
ボタンを一つクリックするだけでマッチングができるのは、気軽で良いですよね!

企業の代表者と自由に対話し、疑問を解決することで、不安を取り除き、安心して選考過程を進めることができます。 求人ページには詳細やPR、社員インタビューが掲載されていて、これを見ることで応募前に必要な情報を集めることができるというのが利点です。

公式サイトより引用:https://www.green-japan.com/

現役社員の生の声も掲載されているので、求人情報だけでは獲得できない情報も得られます。

[output3]「応募するのが怖い…」と感じている方にも、この転職サイトはおすすめです![/output3]

職種未経験OKの場合あり

IT・Web業界の経験者なら、Greenは職種未経験でも問題ない求人を扱っています。

未経験不可の転職ウェブサイトが多い中、これは心強いですね! 新しい挑戦を望む人や、自身の経験を生かしてスキルの範囲を広げたい人におすすめの転職サイトです。

【Green】株式会社アトラエが運営する、IT業界に特化した転職サイト。
ベンチャー気質のある企業が比較的多く掲載。未経験でもOKな求人も多く保有。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリア公式サイト(https://career.levtech.jp/)より引用

拠点 東京 / 神奈川/ 千葉 / 愛知/ 大阪/ 京都/ 兵庫/福岡/熊本
強み ・エンジニアの転職にとにかく強い。
・求人の平均年収が高い
おすすめな人 ・今より年収を上げたい現役エンジニア
・SIerからWeb業界に転職したい人
公式URL https://career.levtech.jp/

レバテックキャリア』は、業界トップクラスのエンジニア特化の転職エージェントです。

ベンチャーから大型ベンチャー、大企業まで、新しい技術を扱う求人が数多く存在します。

年収の高い求人を揃え、エンジニアとしてキャリアを飛躍させたい方におすすめの転職エージェントです。

DAI
案件は、ユーザーとして登録することで観覧できます。最初に無料で登録を試みてみてはどうでしょう?登録は約30秒で終わります。

ただし、初心者向けの仕事は取り扱っていないので、経験者におすすめの転職エージェントです。

【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。

まとめ

本記事では、「テストエンジニアはやめとけ」と言われる理由について解説しました。

就職先を選ぶときは、会社によっては残業が多かったり、給料が相場よりも少なかったりすることがあるので、慎重さが必要です。

一方、以下の利点から見ても、間違いなく人気の職業です。

テストエンジニアが人気の理由
・未経験でも歓迎している職場がある
・他の職種より平均年収が高い
・リモートで働ける職場が多い
・さまざまなキャリアパスがある
・自分の働き方に合う会社を見つけやすい
・転職がしやすい

テストエンジニアになって自分に合った働き方ができるかは、会社選びで決まります。

就職するか悩んでいる人は、まず転職サイトに登録して、憧れの働き方ができる企業があるか見てみましょう。おすすめの転職エージェントは以下で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:テストエンジニアにおすすめの転職エージェント11選