VRエンジニアのフリーランスになるには?必要なスキルや単価相場などを解説

最終更新日:
男性A
VRエンジニアとして独立したいけど、どうやって仕事を探せばいいの?
女性A
フリーランスのVRエンジニアとして高単価の案件を獲得したい!

このように思っている方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、フリーランスのVRエンジニアとして案件を獲得するためにはエージェントサイトの利用がおすすめです。

この記事ではフリーランスのVRエンジニアの実情や、案件を探す際の注意点について解説します。

VRエンジニアは今後ますます需要が高まっていく人気の職業です。

VRのスキルを活かしてフリーランスへ挑戦したい方はぜひ最後までご覧ください。

目次 (PRも含まれます)

フリーランスのVRエンジニアの仕事内容

VRエンジニアとは、VR(バーチャルリアリティー)技術を活用したコンテンツ制作を行うエンジニアのことです。

VRエンジニアが作ったコンテンツによって人々は実際の映像やCGを使った仮想現実を体験することができます。

近年はゲームに限らず、教育、災害、医療、住宅などあらゆる現場でVRが利用されており、今後ますます需要が高まっていくことが予想されています。

具体的な仕事内容は

  • コンテンツ設計
  • コンテンツ制作
  • テスト・デバッグ

などになります。

プログラミングスキルに限らず、ゲームエンジンの知見、動画撮影や編集技術なども求められる専門的な仕事です。

VRエンジニアとしての経験者ままだまだ少なく、これからさらに専門的なスキルを持った人材の需要が高まっていく分野です。

VRの案件単価・相場

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

レバテックフリーランスによると、VRの案件は30~90万円と単価に大きな差があります。

DAI
相場としては50万円程度が多いようです。

VR技術を使いこなせるエンジニアの数はまだまだ多くはないため、スキル次第では収入アップが期待できそうです。

VRのフリーランス案件を探す基準

VRのフリーランス案件を探す基準は以下の3つです。

  • クラウドソーシングかフリーランスエージェントか
  • フルリモート案件があるか
  • 高単価な案件が多いか

それぞれ解説します。

クラウドソーシングかフリーランスエージェントか

案件を探すサイトは以下の2種類です。

  • クラウドソーシング
  • フリーランスエージェント

クラウドソーシングでは未経験でも応募できる案件が掲載されています。

DAI
副業として腕試しに受注してみたいという方も気軽に利用できます。

フリーランスエージェントは実務経験が求められることがほとんどです。

しかし、専門性が高い分単価も高い傾向にあります。

また、クライアントとの間に担当エージェントが入るため、営業や単価交渉といった面倒な工程を任せることができることも魅力です。

DAI
フリーランスのエンジニアとして活動するのであれば、エージェントの利用のほうがおすすめです!

フルリモート案件があるか

フルリモートかどうかも確認しておきたいポイントです。

毎朝の出勤がなくなると、その分の時間や体力を仕事で有効に発揮することができます。

また、フルリモートであれば仕事をする場所は自由に選べるため、自宅やカフェなど好きな場所で仕事をすることもできます。

フルリモートの案件は人気が非常に高くすぐに応募を締め切ってしまうこともあるので、見つけた際には早めの応募をおすすめします。

DAI
希望条件の求人があった際に通知が来るようサイトに登録しておきましょう!

高単価な案件が多いか

高単価な案件が多いかもしっかり確認しましょう。

同じ内容の業務であっても、サイトによって単価が大きく異なります。

せっかくなら高単価の案件で収入アップを目指したいですよね。

DAI
レバテックフリーランスは比較的高単価案件が多い印象です。

VRエンジニア向けフリーランスエージェントの選び方

フリーランスエージェントを選ぶ際には、以下の5つのポイントに注目しましょう。

  • 自分のスキル/職歴にマッチした案件数が多いか
  • 単価が高いか
  • マージン(手数料)の割合は低いか
  • 福利厚生などサポートは充実しているか
  • リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか

自分のスキル/職種にマッチした案件数が多いか

フリーランスエージェントを選ぶ際は、自分のスキルや職種にマッチしている案件が多くあるかしっかり確かめましょう。

取り扱っている案件が多いほど、希望の仕事に巡り合える可能性が高くなります。

また、1つのプロジェクトが終了したとしても次の案件を継続して紹介してもらえる場合があり、「仕事が全くない」という状況にならずにすみます。

DAI
自分にぴったりの案件を継続して行うことでスキルアップにもつながりますよ!

単価が高いか

どんなに時間を割いていい仕事をしたとしても、単価が安ければ当然収入アップは叶いません。

同じ内容、稼働時間の仕事であっても案件によって単価が大きくことなる場合があります。

ちなみに、単価を決める要件は以下の4つです。

  • クライアントの資金
  • 直請案件であるかどうか
  • 作業内容
  • マージン率

単価が高いかはモチベーションを維持するためにも重要な要素ですので、よく確認しましょう。

DAI
複数のサイトに登録して案件を比較してみるのがおすすめです。

マージン(手数料)の割合は低いか

クラウド―ソーシング、フリーランスエージェントどちらを利用する際にもマージン(手数料)が報酬から差し引かれます。

DAI
たとえば、マージン20%のサイトで1万円の案件を受注した場合、実際に手元に入る報酬は80万円となります。

マージンの割合はサイトによってさまざまです。

マージンの割合が高くなるほど手取りが減りモチベーションも下がってしまいます。

案件を探す際にはマージンの割合にも注目しましょう。

福利厚生などサポートは充実しているか

フリーランスエージェントのなかには、案件の紹介だけでなく、契約手続きや確定申告のサポート、保険の紹介なども行ってくれるところがあります。

DAI
面倒な作業をエージェントに任せることができると、自分の仕事に集中することができます。

経理や契約手続きなどを全て自力で行わなければいけないフリーランスにとって、福利厚生サポートは心強い味方となるでしょう。

リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか

案件によっては、週5日の稼働が定められていたり、定期的な出社が求められたりする場合があります。

業務をスタートしてから「自分の思っていた働き方ができない」とならないよう、事前に十分確認しておきましょう。

DAI
週3稼働可の案件は多くはないため、複数のサイトに登録して希望に合う案件があるかチェックしましょう

VR案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェント

おすすめのフリーランスエージェントサイトは以下の4つです。

  • レバテックフリーランス
  • テクフリ
  • ITプロパートナーズ
  • エンジニアスタイル

レバテックフリーランス

画像はレバテックフリーランス公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

運営会社
レバテック株式会社
公開求人数
(現在募集中の案件)
58726件 (2023年12月19日現在)
vrの
公開求人数
444件 (2023年12月19日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み・週4日~稼働の案件、リモート案件多数
(週3日以内の案件はハイスキルが必要)
・カウンセラーの専門性が高く、幅広く相談に乗ってくれる
・高単価な案件が多い

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントの質が高い
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスでは、業界最高水準の高単価案件を多数取り扱っています。

DAI
公式HPでは、以下のように職種ごとの平均単価を見ることができるので、興味のあるジャンルについて調べてみることをおすすめします。

インフラエンジニア単価相場グラフ

※2022年10月17日時点。公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバレジーズ株式会社のノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2022年10月17日現在の求人数では、エンジニアの案件が比較的多めになっています。

エンジニア 31,575件
インフラエンジニア 6,831件
プロジェクトマネージャー 2,786件
PMO 1,999件
ネットワークエンジニア 1,592件
フロントエンドエンジニア 1,596件

引用:https://freelance.levtech.jp/

DAI
特にエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

レバテックフリーランスの案件例

DAI
以下がレバテックフリーランスの案件例です。

案件名
【C++】VRエンジン開発の求人・案件
月額単価850,000円/月
職務内容・VRコンテンツを展開するためのアプリケーション開発において、
 上流から下流まで一貫してご担当いただきます。
求めるスキル・C++、Direct 3D、OpenGLを用いたゲーム開発経験歓迎スキル・ゲームエンジン開発経験
・Emscripten、WebGL、WebAssemblyの知識
・HLSL等でのシェーダー開発
・Unityでの開発経験
案件URL【C++】VRエンジン開発の求人・案件 
(2024年05月22日 現在)

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

テクフリ

画像はテクフリ公式サイトより引用:https://freelance.techcareer.jp/

DAI
テクフリは中間マージン10%からの案件があるエージェントです。エンジニア向け案件が多いですが、デザイナーやディレクター向けの案件も取扱があります。
運営会社 株式会社アイデンティティ
求人数 11,279件
マージン率 10%〜
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週2、3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年10月17日時点・公式サイトより引用/算出

テクフリは、個人では受注が難しい有名企業の高単価な案件の取扱実績があります。

運営元である株式会社アイデンティティは、複数のIT人材派遣事業をおこなっているため、IT・Web系企業とのパイプも太いです。

手厚いユーザーサポートも特徴で、下記のように細やかなサービスが受けられます。

  • 独自の案件マッチングシステムでスキルとのマッチ度が高い案件を紹介
  • 1人につき2人のスタッフがついて案件獲得をサポート
  • 企業との面談前にはエージェントが面談対策をしてくれる
DAI
自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!

運営会社
株式会社Hajimari
公開求人数4405件 (2024年05月22日現在)
vrの
公開求人数
75件 (2024年05月22日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方週2-3案件、リモート案件多数
公式https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1〜2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

ITプロパートナーズの公開求人数は、エンジニア・デザイナー・マーケターなど幅広い職種で業界最多水準です。

他のエージェントの場合、以下のような特徴があり、デザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 案件数が少なかったり、利用可能地域が都市部だけに限定されている

一方のITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高いです。

DAI
そのため、まずはリモートや週1〜2日から仕事を始めてみたいというデザイナーや、マーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

ITプロパートナーズの案件例

DAI
以下がITプロパートナーズの案件例です。

案件名
リモートOK【Unity・Python】VR、AI、IoTに興味のあるエンジニアさん募集!
月額単価〜400,000円(週2日〜3日)
職務内容■業務内容:
IoT、VR、AI、ロボット、ゲームなど、 幅広い分野かつ最先端技術に関する技術・プロダクトの開発を行っており、
現在は視覚・聴覚・身体の位置覚・重量覚・抵抗覚など、様々な「感覚」を相互共有する技術の開発や
触感型VR/ARゲームコントローラや、 スマホVR/ARデバイスの開発を行っています。
他並行してメタバースオフィスのWebブラウザ版の開発(現在β版アプリまで開発済み)を行っており、
現状は社内で上記のように複数PJが進んでいるため、人手が足りない状況です。
求めるスキル■必須スキル:
・UnityやPythonでの開発経験
・VR、AI、IoT系での開発の実務経験(ゲームのみNG)
案件URLリモートOK【Unity・Python】VR、AI、IoTに興味のあるエンジニアさん募集! 
(2024年05月22日 現在)

エンジニアスタイル

エンジニアスタイル画像

画像は「エンジニアスタイル」公式サイトより引用:https://engineer-style.jp

DAI
さまざまなエージェントの公開案件を掲載しているサイトです。エンジニア以外にも、デザイナーやディレクター向け求人も豊富に取り扱っています。

優良エージェントの案件を厳選して掲載しており、大量の案件をまとめて確認できる便利なサイトです。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 180,235件
特徴 エンジニア・コンサル・デザイナー・ディレクターなど多様な職種に対応
高単価案件も多数
案件応募で面談するとAmazonギフト券プレゼント
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日〜稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年10月17日時点・公式サイトより引用/算出

DAI
案件数が豊富で、高単価案件も多数。迷ったら無料相談してみるのがいいです!

また、2022年10月17日時点で、案件応募で面談するとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施しています。終了日時は未定なので、気になる人は早めに登録・応募しておきましょう。

エンジニアスタイル amazonギフト券キャンペーン

(画像は『エンジニアスタイル』公式サイトより引用(2022年9月10日時点):https://engineer-style.jp  

DAI
まずは無料で会員登録してみましょう!

エンジニアスタイルの特徴は、以下の2つです。

  • エージェント200社、17万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

エージェント200社、17万件超の豊富な案件数

2022年10月7日現在、エンジニアスタイルではフリーランスエージェント200社に掲載されている17万件以上の案件をチェックできます。

1つのサイトで複数のエージェントの案件が見られるため、登録にかかる時間や手間を省略しながら手軽に幅広く案件を検索できます。

DAI
国内最大水準の案件数です!

リモートワークやフレックス制度、週2稼働OKなど他のエージェントでは取り扱いの少ない案件も、エンジニアスタイルでは多数掲載されています。

副業・フリーランス・スキルアップ・転職など幅広いニーズに合わせた求人を取り扱っているため、とりあえず登録しておくべきサイトです。

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル平均単価

​​※エンジニアスタイルから引用 /2022年8月13日時点確認

平均単価の他にも職種別、言語別、フレームワーク別の単価や件数ランキングも全て公開されています。

DAI
相場を知り、最適な案件を探しやすいです!

案件を探す際には、

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

などの基本的な条件はもちろん、以下のこだわり条件についても検索できます。

  • 稼働できる時間帯、始業時間
  • 職場環境や食堂などの設備
  • リモート勤務可能か
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキルや条件を詳しく指定できるので、自分に合った案件が探しやすいです。

エンジニア東京LP

エンジニアスタイルより引用 /2022年9月10日時点

会員登録すると登録時の希望条件やスキルなどの情報に合致する案件情報をメールで送ってくれます。

DAI
ずっとサイトに貼り付いて案件検索しなくてOKなので、「そんなに多くの案件を選ぶ時間がない」という人にもおすすめです。
【エンジニアスタイル】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

VRのフリーランス案件例

VRのフリーランス案件にはどんな案件があって、報酬の相場がどれくらいなのかを確認していきます。

実際にVRのフリーランス案件をいくつかピックアップして紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※今回紹介する案件は募集を終了している可能性もあります。最新の案件例が見たい人はエージェントに登録したうえで、詳細を確認してみましょう。

案件例①

案件名
【C++/Unreal Engine4】VRアクションゲーム開発の求人・案件
月額単価850,000円/月
職務内容・ゲーム開発における要件定義、設計、開発、運用をご担当いただきます。
・ご経験に応じて下記の作業等をご担当いただきます。
 ‐開発環境やワークフローの構築、改善
 -システムサイドから見た企画の実現性、開発工数、企画への改善案提案
 -負荷軽減などによるプログラムの高速化
 -開発技術のスキルアップ、ノウハウ共有
 -システム要件定義、設計
 -ゲームエンジンのカスタマイズ
 -グラフィック仕様の検証
求めるスキル・アクションゲームのインゲームの実装経験
・Unreal Engine、Unity などのゲームエンジンを使用した開発経験
・C++、C#、Java などのプログラム言語を使用した開発経験
・PC、家庭用ゲーム機などのハイエンド機向けアクションゲームの開発経験
・日常会話レベルの英会話能力歓迎スキル・VR対応アプリケーションの開発経験
・数学や物理に関する知識
・シェーダに関する知識
・グラフィックスレンダリングに関する深い知識
・描画パフォーマンスのチューニング経験
・AI によるキャラクター制御プログラムの開発経験
・リアルタイムマルチプレイゲームの開発経験
・AWS、GCPなどのクラウドを使用したサーバー環境の構築、運用の経験
・メインプログラマー、リードプログラマーの実務経験
案件URL【C++/Unreal Engine4】VRアクションゲーム開発の求人・案件 
(2024年05月22日 現在)

案件例②

案件名
【Unity】VRアプリ開発の求人・案件
月額単価400,000円/月
職務内容・Unityを用いたVRアプリの開発に携わっていただきます。
・主に下記作業をご担当いただきます。
 ‐製造
 ‐VRアプリの作成
求めるスキル・VR動画の作成経験
・unityでの開発経験
・C#での開発経験
案件URL【Unity】VRアプリ開発の求人・案件 
(2024年05月22日 現在)

上記の案件はあくまでも一例なので、自分のスキルに合わせて案件を探してみてください。

DAI
公開案件に自分のスキルになさそうでも諦めないでください。エージェントに登録することで非公開案件が見られるようになりますよ。

VRエンジニアがフリーランスになるメリットは?

フリーランスになるメリットは主に3つです。

  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
  • 人脈が広がる

それぞれ詳しく解説します。

収入が増える

フリーランスの魅力は、仕事を頑張った分だけ収入を伸ばせることです。

会社員の場合、多少の昇給があったとしても大幅に収入が上がるということはなかな難しいです。

一方、フリーランスではスキルをに身に付けて高単価の案件に挑戦することで収入をどこまでも伸ばすことができます。

DAI
努力次第では、会社員の何倍もの収入を得ることも夢ではありません!挑戦する価値は十分あります。

スキルアップにつながる

フリーランスでは自分がやりたい仕事を自分で選ぶことができます。

会社員のように、「エンジニアとしての腕をもっと磨きたいのに、会社の都合で営業部に異動となった」ということはありません。

自分のやりたい仕事に集中できることでスキルアップにもつながるでしょう。

人脈が広がる

仕事内容と同様に、共に働くクライアントも自分で選ぶことができるのもフリーランスの魅力です。

会社員時代ではつながることができなかった企業や仲間と出会うチャンスが多くあります。

DAI
積極的に人脈を広げておくことで、思わぬ形で仕事に結びついたなんていうこともあります。

VRエンジニアがフリーランスになるデメリットは?

メリットがある一方、デメリットもあります。

  • 仕事や収入が安定しない
  • 手厚い社会保障が受けられなくなる
  • 経理や営業などを自分で行う必要がある

今までは会社が行ってくれていたことを全て自分でやらなければいけません。事前に知識を付けておきましょう。

仕事や収入が安定しない

フリーランスの最大のデメリットは収入が安定しないことです。

メリットで説明したように、会社員のときよりも収入がアップすることもあります。しかし、突然契約が終了して収入源がなくなってしまったり、思うように収入を伸ばすことができない場合もあります。

フリーランスは会社員のように毎月一定の収入がある保証はありません。

DAI
収入がない時期も生活できるだけの貯金はあったほうが安心です。

手厚い社会保障が受けられなくなる

会社に勤めているときは当たり前に受けていた社会保障も受けられなくなります。

ボーナスや交通費、有給なども当然ありません。

DAI
突然の事故や病気が不安な方は、フリーランス用の保険もありますのでチェックしてみてください。

経理や営業などを自分で行う必要がある

自分でやりたい仕事を選ぶことができる一方で、それ以外の雑務も全て自分で行う必要があります。

たとえば、仕事も自ら営業する必要がありますし、確定申告などの面倒な経理もしなければなりません。

DAI
もし「自分でやりたくない」、「時間がない」という場合には外注してしまうのも手です。

フリーランスのVRエンジニアに求められるスキル

フリーランスのVRエンジニアになるためには以下の3つのスキルが必要です。

  • VRサービス開発に必要なプログラミング言語
  • VRエンジンの知識
  • 動画撮影・編集、3DCG制作のスキル

VRサービス開発に必要なプログラミング言語

コンテンツによって必要なプログラミング言語は異なります。

よく使用される言語やツールは以下の6つです。

JavaScript 主にゲーム開発のフロントエンドやWeb制作で使用される
C# Unityを利用する際に必須となる、C言語をベースに開発されたコンパイラ言語
Ruby 日本で開発された、オブジェクト指向のスクリプト言語
BluePrint Unreal Engineでビジュアルスクリプティングを行うためのツール
GO Googleによって開発された、シンプルかつ高速処理が可能な言語
Bolt Unityアセットストアから無料ダウンロードできるビジュアルスクリプティングツール

多様な言語の使い分けができることで、仕事の幅も広がります。

VRエンジンの知識

プログラミング言語に加えて、VRエンジンの知識も求められます。

主に以下の2つが主要なエンジンです。

Unity マウス操作によって直感的にゲーム制作が可能な、世界的ゲームエンジン
Unreal Engine 特にグラフィック性の高く、コンシューマーゲームなどでよく使用されるゲームエンジン

VRゲームの開発にあたっては、Unity、Unreal Engineのエンジンが欠かせません。

DAI
書店にも参考書があるほか、インターネット上でも情報を習得することができます。

動画撮影・編集、3DCG制作のスキル

VRではCG映像や実際の映像をもとにコンテンツを制作します。

そのため、動画撮影や編集、3DCG制作のスキルも必要です。

カメラやドローンで360度の映像を撮影して編集することができれば、よりリアルな作品を作り出すことが可能です。

DAI
フリーランスのVRエンジニアとして活躍するためには、プログラミングやゲームエンジンに限らず、幅広いスキルが求められます。

フリーランスのVRエンジニアが収入を上げる方法

フリーランスのVRエンジニアが収入を上げる方法は大きく以下の2つです。

  • さまざまなシステムやサービスの開発に携わる
  • 設計や要件定義のスキルや定義を身につける

自分にできる業務を増やすことが収入アップへの近道です!

さまざまなシステムやサービスの開発に携わる

VRは、ゲーム、Webサービス、アプリ、動画配信プラットフォーム、メタバースなど多岐にわたります。

VRに関する知識を多く持っていることで受注できる仕事の幅は一気に広がります。

DAI
いろいろな製品に携わり知見を増やすのが大切です。

設計や要件定義のスキルや経験を身につける

エンジニアとして依頼された業務をこなすだけでなく、マネージャーやディレクターといった上のポジションを目指すことによっても収入アップは期待できます。

マネージャーやディレクターは、システムやサービスの設定や要件定義を行いエンジニアに指示を出します。

つまり、エンジニアと取りまとめるリーダー的存在です。

DAI
エンジニアとしての腕を磨いたら積極的に挑戦してみましょう!

未経験からフリーランスのVRエンジニアになれる?

結論からいうと、未経験からでもフリーランスのVRエンジニアにはなれます。

VRエンジニアは誕生して間もない職業です。

経験者のほうが少なく、今後さらなる拡大が期待されます。

DAI
知識を持っていると希少性が高く、一気に活躍の場が広がりますよ。

未経験からなれるといっても、専門知識は不可欠です。

DAI
独学のほか、スクールなどもあるので気になる方はチェックしてみてください。

フリーランスのVRエンジニアの将来性

総務省が公開している令和3年の情報通信白書によると、VRはソフトウェア、ハードウェアともに今後右肩上がりで拡大していくと予想されています。

以前は、ゲームなどの消費者向けエンターテイメントとしての活用がメインでした。

しかし、最近では企業によるVRの拡大が急速に進んでいます。

  • 不動産物件の内見
  • 旅行の疑似体験
  • 医療シュミレーター

上記のほか、教育、災害訓練、ショッピングなど、多くの分野でVRの活用が期待されています。

したがって、VRエンジニアの需要は今後ますます増加するといえるでしょう。

フリーランスのVRエンジニアとして今後活躍できる可能性は大いにあります。

まとめ

今回はVRエンジニアのフリーランス事情についてご紹介しました。

VRエンジニアは今後ますます活躍の場が広がっていく職業です。

VRのスキルを活かしてフリーランスとして独立することも夢ではありません。

フリーランスへの第一歩としてまずはサイトに登録してさまざまな案件を見てみましょう。

その際にはぜひ今回の記事を参考に、自分に合った案件を探してみてください。