最終更新日:
テストエンジニアにおすすめフリーランスエージェント

レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
Midworks(公式:https://mid-works.com/
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
ギークスジョブ(公式:https://geechs-job.com/
15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェント
PE-BANK(公式:https://pe-bank.jp
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

【ギークスジョブ】駆け出しフリーランスの方におすすめ
15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェント

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

男性A
テストエンジニアがフリーランスになったら、年収は下がるのかな…
女性A
テストエンジニアでフリーランスになるメリットはあるの?

現在テストエンジニアとして会社に勤めているけど、フリーランスには興味がある…

でも上記のような不安を抱えて一歩を踏み出せない方が多いのではないでしょうか。

そこで、そんなお悩みを解決するため、この記事ではテストエンジニアがフリーランスとしてどのように活躍していけるのかを解説していきます。

フリーランスのテストエンジニアの仕事内容

この記事を読んでくださっている方のほとんどが、すでにテストエンジニアとして活躍されているかと思います。

ですが、改めてお伝えすると、テストエンジニアの主な仕事内容はシステムテストを行うことです

具体的にはサービスや商品に問題がないかをチェックし、報告のまとめ、テストの自動化をすることが挙げられます。

そして上記に加えて、フリーランスのテストエンジニアの場合は主に以下の3つの特徴が挙げられます。

  • 多種多様な案件と関わることができる
  • プロジェクトの領域と規模を自分で選べる
  • 自分の興味のある領域に関わることができる
DAI
会社勤めをしている時は所属している企業の案件だけを担当しますが案件の領域と規模をすべて自分で選びたい方には、フリーランスになることも一つの選択肢になりますね。

【正社員・フリーランス】テストエンジニアの年収相場を比較

テストエンジニアの一般的な年収相場を正社員とフリーランスでそれぞれ比較してみました。

年収相場
正社員のテストエンジニア 300万円〜500万円
フリーランスのテストエンジニア 500万円〜600万円

引用:

DAI
フリーランスの場合は、自分のスキルや経験に合わせて案件の単価・条件を交渉できるため相場が高い傾向があります

ただ正社員でも、テスト設計やテストプロジェクトのマネージャーなど、テスト実行以外のスキルがあれば相場以上の年収をもらえるケースもあります。

フリーランスのテストエンジニアが年収を上げる方法

フリーランスのテストエンジニアが年収を上げる方法は以下の3点があります。

  1. 高単価の案件受注を狙う
  2. 専門性を磨いてスキルアップする
  3. キャリアアップを目指す
DAI
それぞれの方法について解説していきますね。

1. 高単価の案件受注を狙う

多くのフリーランスのテストエンジニアは、エージェントを活用して高単価の案件を紹介してもらっています。

そこで自分の希望に合わせた待遇の交渉もしてもらうこともできます。

その場合は、資格や確かな実績を持っておくとご自身の希望に合った条件を交渉しやすくなるでしょう。

2. 専門性を磨いてスキルアップする

システムテストのスペシャリストとして活躍する方法もあります。

この場合、テスト計画・設計・実施の経験に加えて、様々なテスト技法やテスト自動化の知識やスキルを磨いて専門性を高めるのもいいでしょう。

また、マネジメントスキルも高めることで地位の高いポジションに就くこともできます。

3. キャリアアップを目指す

システム開発などの上流工程もできるようになることで、エンジニアとしてキャリアアップをする方法もあります。

テストだけでなく、その前後のオペレーションの知識と経験を積むことができればエンジニアとしての活躍の場がさらに広がるでしょう。

また、様々な観点からプログラムを見直すことができるようになるため、テストの質もさらに高めることもできます。

DAI
年収はスキルに比例するので、とにかくスキルを高め続けていけば正社員よりも稼げるチャンスはありますね。

フリーランスのテストエンジニアになることのメリット・デメリット

フリーランスのテストエンジニアのメリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。

1. メリット

高収入のチャンス

会社員は給与規則があるので、一気に昇給や給与を上げることはできません。

一方でフリーランスは単価交渉次第なので、スキルによっては有利な条件で交渉できるのは特徴的です。

キャリアの幅が広がる

Webアプリ、ゲームソフト、自動車サービスなど、案件を自分で選べるため様々な領域での経験を積むことでキャリアの幅を広げられます

案件を自由に選べる

会社員の場合は依頼された案件のみを担当しますが、フリーランスの場合は自分の興味のある案件を選べるという点で魅力的ですね。

期間も3ヶ月間の短期から、半年間〜1年間の長期の案件まであるので自由に選べます。

DAI
裁量持って、自分で自由に選びたいという方にとってはメリットを感じやすいと思います。

2. デメリット

常駐案件が多い

テストエンジニア向けの求人案件は常駐型がほとんどのため、正社員と変わらないと感じるかもしれません。

一方で、案件によっては週3日〜OKもあります。

仕事の安定性は保証されていない

正社員の場合、仕事がなくなる可能性は極めて低いですね。

一方でフリーランスはほとんどがエージェントの案件に依存しているため希望案件がないこともあります。

ですが、レバテックフリーランスPE-BANKなど、エージェントによっては案件が途切れないように営業代行をしてくれるところもあります

福利厚生がない

一般的に正社員の場合、手厚い福利厚生や社会保障がありますがフリーランスはついていません。

このデメリットは、フリーランスエージェントというサービスに登録することである程度カバーできます。

特に、今回ご紹介する4つのフリーランスエージェントは福利厚生が充実しています。

DAI
フリーランスのデメリットを担保できるように、様々なサービスを充実させるエージェントは増えてきていますね。

福利厚生が充実したフリーランスエージェント4選

レバテックフリーランス
  • スキルアップ交流会、財務管理関連のサポートが充実している(一部無料)
  • 税理士に確定申告代行を特別価格で依頼できる
  • 会計ソフトの割引や無料確定申告セミナーもある
  • 案件が途切れないための営業代行サービスがある
Midworks
  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • 保険補助
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
ギークスジョブ
  • 学習支援サービス・会計クラウドサービス・ヘルスケアサービスの割引
  • 保険補助
  • 会計ソフトの割引や無料確定申告セミナーもある
PE-BANK
  • PE共済会に加入できる
  • 怪我や病気で就業不能となった際に、収入の代わりとして支払われる「所得補償」
  • 営業代行サービス

フリーランスのテストエンジニアになるための必要なスキル・資格

フリーランスのテストエンジニアとして活躍していけるためには、次のようなスキルと資格が必要です。

1. 必要なスキル

テストエンジニアとフリーランスとして必要なスキルは次のとおりです。

テストエンジニアとして必要なスキル:

  • 問題解決力、問題理解力
  • ソフトウェアやプログラミングスキル
  • 集中力
  • 資料作成スキル

フリーランスとして必要なスキル:

  • コミュニケーション力
  • 情報収集力
  • 自己管理力
  • 学習力
DAI
会社員は会社から必要最低限の情報を与えられるが、フリーランスになるとすべてを自分で動かさないといけません。なので技術だけでなく自主性と対人関係能力が重要になってきますね

2. 取得しておきたい資格

テストエンジニアとしての専門性を磨いていくために取っておくといい資格をまとめてみました。

基本情報技術者試験 ITエンジニアにとって、基本的な知識を習得するための資格です。
JSTQB認定テスト技術者資格 各国のテスト技術者認定組織が加盟している国際組織に認定されたJSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)が運営しています。
世界的に通用する国際資格です。
ソフトウェア品質技術者資格認定(JCSQE) 一般財団法人日本科学技術連盟が運営するソフトウェアの品質向上に特化した資格です。
IT検証技術者認定試験(IVEC) 一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が認定する資格です。
ソフトウェア検証やテストの実務に特化しています。
DAI
フリーランスのテストエンジニアとして活躍していきたい場合には、会社を退職する前に上記の資格を取得しておくのがいいでしょう

フリーランスのテストエンジニアにおすすめの案件紹介サイト4選

フリーランスのテストエンジニアにおすすめのエージェント4選をまとめました。

下記は2021年11月1日時点での情報です。

公式サイト 平均単価 公開案件数 稼働日数 対応地域 特徴
https://freelance.levtech.jp/
57万円
643件
  • 常駐型
  • 週3〜OKも数件あり
首都圏・関西・愛知
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント
・業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
https://mid-works.com/
50万円〜130万円
12件
  • 常駐型のみ
首都圏
低マージン+単価公開でクリアな契約が可能
・フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント
https://geechs-job.com/
50万円〜80万円
18件
  • 常駐型
  • 週3〜OKも数件あり
首都圏・関西
勉強会・懇親会を定期的に開催
・15年以上のフリーランス支援実績をもつ
1人のワーカーに対して3人のコンサルタントが就く
https://pe-bank.jp
40万円〜90万円
61件
  • 常駐型
  • 週3〜OKも数件あり
首都圏・関西・東北
・30年以上のフリーランスエンジニアの支援実績を持つ
・豊富なエンジニアのキャリアアップ支援
対応エリアが広い
DAI
現在は特に案件数の幅が大きいため、複数のエージェントに登録しておくのがおすすめです。

レバテックフリーランス

公式サイト:https://levtech.jp

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数  29,443件
平均単価(月) 71万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週3案件、リモート案件多数

※2021年9月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えており、利用者の平均年収は862万円という高水準です。

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」になっています。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは、業界最多水準で、公開されている案件だけで29,443件以上に上ります。

エンジニア 17929 件
デザイナー 481
マーケター 34件
コンサル 1075

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

他のフリーランスエージェントと比較しても、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

全ての案件において最も多くなっています。

※2021年9月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

また、レバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」になっています。

なぜ非公開求人が多いの?

※非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。
そのため、公に公開することはせず、担当者が直接依頼する形をとるために非公開の求人が多くなっています。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかなどが分かります。今すぐフリーランスになるかどうか分からなくても、気軽に相談してみるのがお勧めです。
レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

Midworks

公式サイト:https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの大きな特徴は以下の3点です。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約

特徴①:豊富な案件数

2021年9月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が多めになっています。

エンジニア 479件
アナリスト 16件
Webディレクター 88件
UI/UXデザイナー 54件

※公式サイト(https://mid-works.com/)より算出

特徴②:フリーランスでも正社員並みの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、以下のような保証もあります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。Midworksであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。

特徴③:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%ですが、

Midworksのマージン率は10~15%となります。

DAI
そのため、他のエージェントと比較すると案件単価が高いのが特徴です。

Midworksの登録方法

登録&相談は無料です。フリーランスを目指すのであれば登録は必須だと思います。

DAI
とりあえず登録しておき、実際に案件紹介を受けながら検討してみましょう!

ミッドワークスに無料登録する手順(簡単・30秒ほど)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

ギークスジョブ

公式サイト:https://geechs-job.com/

DAI
『ギークスジョブ』は、駆け出しフリーランスの人におすすめです!
運営会社 ギークス株式会社
公開求人数 1,595件
平均単価 70.5万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・大阪・愛知・福岡
働き方 週3~、リモート案件少ない

公式ページ:https://geechs-job.com/
※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

ギークスジョブ』は、15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェントです。

ギークスジョブの大きな特徴は、1人のワーカーに対して3人のコンサルタントが就く点。

  • 案件紹介のコンサルタント
  • 企業と交渉することに長けたコンサルタント
  • アフターサービスのコンサルタント

それぞれのシーンで専門のコンサルタントがサポートしてくれるので、駆け出しフリーランスの方でも安心してフリーランスの働き方に慣れることができます。

また、ギークスジョブでは勉強会・懇親会を定期的に開催しています。

「フリーランスは孤独になりやすい」とよく言われますが、エージェントがこの様な横のつながりが作れる機会を提供してくれるのはありがたいですね。

公式サイト:https://geechs-job.com/

【ギークスジョブ】駆け出しフリーランスの方におすすめ
15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェント

PE-BANK

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

DAI
PE-BANKは、全国で利用することができる30年以上の実績を持つ老舗のフリーランスエージェントです。
運営会社 株式会社PE-BANK
公開求人数 1,466件
平均単価
マージン率 最初の2年:12%
2年以降:8%
対応地域 全国
働き方 週5からの常駐案件が多い

公式ページ:https://pe-bank.jp/
※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

PE-BANKのおすすめポイントは、以下の2つです。

  1. マージン率公開で安心して利用することができる
  2. 全国10ヶ所の拠点で、どこに住んでいても利用可能

マージン率公開で安心して利用することができる

PE-BANKは、数あるフリーランスエージェントの中でもマージン率を公開している数少ないエージェントです。

通常、マージンは案件ごとに異なることも多いため、ほとんどのエージェントではマージン率が非公開になっています。

結果として、エージェントによる中抜きなどがブラックボックス化してしまう問題が起きています。

DAI
そのため、自分が正当な給与をもらっているのか知りたい!という方には特にPE-BANKはおすすめです。

全国10ヶ所の拠点で、どこに住んでいても利用可能

また、PE-BANKはその30年の実績から全国各地で利用することができるエージェントになっています。

実際、フリーランスエージェントには以下のような共通の特徴があります。

  • フリーランスとはいっても、案件のほとんどは常駐型のものが多い
  • 多くの案件が一都三県や一部の大都市に集中している

そのため、地方在住者がフリーランスになろうとした場合、リモート案件ができなければ都市部にいないと案件を受けづらくなる現状があります。

DAI
全体として、リモート案件の割合は増えてきてはいますが、まだまだ常駐型の案件が中心になっているため、地方在住者必見のエージェントになっています。

公式:https://pe-bank.jp/

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

フリーランスエージェントを選ぶ4つの基準

エージェントを選ぶ際に大切な4つの基準をまとめました。

1. 案件数

案件数が多ければ多いほど、選べる選択肢が多くなるため豊富な案件数を持っているかどうかは大切です

少ない場合は、複数のエージェントを利用することもありでしょう。

2. 平均単価

年収を上げたい場合は、自分の希望年収に見合った案件があるかどうかも見る必要があります。

もちろん、案件が高ければ高いほど年収も上がるので平均単価が高い案件を豊富に持っているエージェントを選ぶといいでしょう。

3. 対応地域

現在は約60%〜70%の企業がリモートワークを進めていますが、ご自身の希望する地域の案件があるか確認する必要はあります。

リモートワークを導入していても、フルリモートではなく週に数回は出社がマストな企業もあるため要注意です。

4. 稼働日数

現在公開されている案件のほとんどが常駐型ですが、週3〜OKの案件もありました

フリーランスとしてどれほどの稼働日数を設けたいのか、時間の使い方について考えることも必要です。

DAI
フリーランスの良いところはすべて自分で選べるところなので、ご自身のキャリアゴールから逆算して選ぶといいでしょう

フリーランスのテストエンジニアになるための準備

正社員からフリーランスになるために準備しておくべきことをまとめた記事があるので、こちらもぜひチェックしてみてください。

【フリーランスのなり方】会社員から独立する前にしておくべきこと5選

まとめ

今回はテストエンジニアがフリーランスで年収は上がるのか、また、年収の上げ方について解説しました。

フリーランスのテストエンジニアとして活躍していくためには様々な方法があるので、今後のキャリアビジョンも踏まえて考えることが大切です。

その際に、以下のことも参考にしてみてください。

テストエンジニアでフリーランスに向いている人

  • 「自分で案件を選びたい」「今の給料を上げたい」「キャリアの幅を広げたい」って思っている人
  • 勉強してスキルを磨き続けていける人

テストエンジニアでフリーランスに向いていない人

  • 「自分のスキルに自信がない」「福利厚生が担保された環境で働きたい」「会社に属している方が安心する」って思っている人
  • 現状に十分満足している人
テストエンジニアにおすすめフリーランスエージェント

レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
Midworks(公式:https://mid-works.com/
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
ギークスジョブ(公式:https://geechs-job.com/
15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェント
PE-BANK(公式:https://pe-bank.jp
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

【ギークスジョブ】駆け出しフリーランスの方におすすめ
15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェント

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。