最終更新日:
フリーランスSAPコンサル向けの案件が見つかるおすすめサービス3選
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富で、希望する条件に合う案件を見つけやすい。
週2~稼働OK、単価の水準も高くフルリモート案件も豊富なおすすめエージェント。
【第2位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
個人では受注が難しい高単価なリモート案件が豊富。
案件獲得サポートや休業補償などの福利厚生も充実しているエージェント。
【番外編】エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
エージェント20社の案件から希望条件にあう案件情報をメールで知らせてくれるサイト。
案件応募&面談でAmazonギフト券プレゼントも実施中(2022/9/16現在)

「フリーランス向けの案件サイトは多いけど、SAPコンサル向けの案件がなかなか見つからない…
SAPコンサルのフリーランス求人はどこで探すのがおすすめなの?」

DAI
このような疑問を解消するため、この記事ではフリーランスSAPコンサル向けの案件が見つかるおすすめのサービスを紹介します。

先に本記事の結論はこちら。

  • 営業や交渉を代行してくれるフリーランスエージェントの利用がおすすめ
  • SAP案件は希少なので、最低でも2社以上のフリーランスエージェントへの登録が◎
  • まずは案件数が多く、高単価・サポートも充実している「レバテックフリーランスに登録
  • サポートや福利厚生を重視するか、さらに高単価を目指すなら「テクフリも◎
  • もっと案件を見たいなら、エージェント20社の案件が見られる「エンジニアスタイル東京

より好条件の案件を探すコツは、複数のフリーランスエージェントに登録することです。

単純に閲覧できる案件数が増えるうえ、それぞれのエージェントで単価の見積もりをしてもらうことで、より高単価な案件を受注しやすくなります。

DAI
以下今回紹介するフリーランスエージェントの特徴やSAP案件数を表で比較しました!(表は左右にスクロールできます)
公式サイト SAP案件数 特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ★★★★
(※)
・エンジニアやITコンサルのサポートに特化
高単価案件が多い
・専門性が高く、スキル・キャリア相談もOK
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ ★★★ ・大企業からの高単価案件あり
・休業手当などの福利厚生やサポートが充実
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/ ★★★★★
(※)
・エージェント20社の公開案件を横断検索/比較できる
・職場の立地など、こだわり条件検索に対応

2022年9月14日時点の各社公開案件をもとに作成。(※はフリーワード検索でヒットした案件数をもとに記載)

表は公開求人のSAP案件数ですが、エージェントに無料登録すれば非公開求人も紹介してもらえます。

エージェントが保有する求人の大半は、担当者経由で紹介される非公開求人です。無料登録のあと、面談して要望を伝えれば、希望に合う案件がみつかる可能性が高くなります。

まずは『レバテックフリーランス』などSAP案件を多く保有しているサイトに複数登録し、条件に合う案件があるかをチェックしておきましょう。

本文では、以下のポイントについて詳しく解説していきます。

  • SAPコンサルがフリーランス向けの案件紹介サービスを選ぶポイント
  • SAP案件のあるおすすめエージェントの詳細
  • 案件の単価相場
  • フリーランスとして収入を伸ばす方法
DAI
すでにフリーランスとして活躍している方も、これから独立を目指す方も、ぜひ参考にしてみてください!

SAPコンサルがフリーランス向けの案件紹介サービスを選ぶポイント

フリーランス向けの案件紹介プラットフォームは数多くありますが、SAPコンサル向けの案件を扱うサービスはまだまだ少ないのが実情です。

そこでまずはSAPコンサルが自分に合った案件紹介サービスを探すために、チェックしてほしい5つのポイントについて解説します。

  • 大企業との取引が多いか
  • 単価は高いか
  • 稼働日数の調整はできるか
  • リモート勤務はできるか
  • 福利厚生は整っているか
DAI
案件紹介サービスを比較するときの参考にしてください!

大企業との取引が多いか

SAPの導入は大規模な工数と費用がかかるプロジェクトです。そのため、SAPの導入・運用などができる大企業が利用しているサービスを選びましょう。

一部のフリーランスエージェントでは大企業からの求人依頼が募集されることもあるので、登録しておけばより多くのSAP案件を紹介してもらえる確率が上がります。

特にエージェントの中でも大手であるレバテックフリーランス」や「テクフリ」では大企業との取引も多く、エンジニアやITコンサルへのサポート実績も多いため、案件が探しやすいです。

DAI
より高単価の案件を目指すなら、両方のエージェントに登録しておきましょう。

単価は高いか

単価の高低を決める要因はさまざまですが、主なものは次の4つです。

  • エージェントの手数料(マージン)の割合(低いほど手取りが高い)
  • SAPコンサルの実績・スキル
  • クライアント企業の予算
  • 稼働できる時間数(多い方が有利)

エージェントのほとんどはマージン率非公開ですが、テクフリ」では手数料10%の案件も一部取り扱いがあります。

また、特に単価の高い案件は応募の殺到を避けるため、非公開案件になっているケースもあります。

非公開案件は、エージェントに登録して担当者から直接紹介を受けないと見られません。高単価案件を逃さないためにも、とにかく登録して要望を伝えておきましょう。

稼働日数の調整はできるか

週4日以下など、少ない稼働日数で働きたい場合は、週4以内・週3以内の案件にも対応しているエージェントを選びましょう。

案件の稼働日数はエージェントによって傾向が異なります。「保有案件のほとんどが週5日稼働」というところがあれば、「週3日程度から稼働OK」というところも。

稼働日数の少ない案件は人気が高いため、非公開にしているエージェントも多いです。無料登録のうえ、エージェントに面談して聞いてみることをおすすめします。

DAI
今回調査した中では、レバテックリーランス」に週3日から稼働できるSAP案件がありました。

リモート勤務ができるか

通勤にかかる交通費や時間、体力を節約したい場合は、フルリモートで参画できる案件を探しましょう。

最近は感染症対策の影響で、リモート勤務で参画できるSAP案件も多いです。ただし「リモート可」と表示されている案件でも、定期的に出社が求められるケース(「一部リモート可」の案件)もあります。

まったく出社しなくてもよい案件を探している場合は、エージェントに「フルリモート勤務可能な案件希望」と伝えておくとよいでしょう。

福利厚生は整っているか

フリーランスエージェントの中には、利用者に税務サポートや事務手続きの代行などのサービスを提供してくれる会社もあります

中には病気などで働けなくなった場合に見舞金の支給があるなど、会社員並みの補償を提供してくれるケースも。

DAI
会社員に比べて社会保障が手薄になりがちなフリーランスでも、備えがあれば安心して仕事をすることができます!

今回紹介するエージェントで受けられる主な福利厚生は次のとおりです(表は左右にスクロールできます)。

公式サイト 福利厚生の内容
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ・無料の税理士紹介、会計ソフトが一定期間無料
・人間ドック・スポーツジムの優待
・レジャー・家事代行の優待
・レンタルサーバーが一定期間無料
・交流会(食事付き無料)
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ ・休業補償
・報酬あり休暇の付与
・事業融資支援
・確定申告代行(有料)、税理士紹介
・クレジットカード作成支援(初年度会費無料)
・コワーキングサービス優待
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/ ・(提携先のエージェントによる)

2022年9月14日時点の各社公開案件をもとに作成。

フリーランスSAPエンジニアにおすすめのエージェント

フリーランスSAPエンジニアの案件を獲得するには、エージェントを使うのがおすすめです。

高単価な案件が多く、営業や契約手続きを代行してくれるなどサポートも充実しています。

ここでは、下記3つのエージェントをご紹介します。

  • レバテックフリーランス
  • テクフリ
  • エンジニアスタイル東京

レバテックフリーランス

画像は公式サイトより引用(https://freelance.levtech.jp/

公開求人数 41,790件
(リモート案件14,297件)
(週3日〜稼働OK案件あり)
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
主な福利厚生 ・割引価格での確定申告代行
・人間ドック・スポーツジムの優待
・交流会・オンライン学習サービス
・ライフイベントお祝い
・娯楽・レジャー優待

※2022年9月16日時点の公式サイト情報(https://freelance.levtech.jpをもとに作成

レバテックフリーランスはエンジニアやITコンサル向けの案件に特化したエージェントです。

IT技術や業界への専門知識があるカウンセラーが多数在籍しており、希望条件を丁寧にヒアリングしてくれます。

業界大手なのでSAP案件を含む多数の案件が集まり、希望に合った案件を探しやすい点が魅力。週3日〜稼働OK/フルリモート可案件など、働きやすい案件も多数取り扱いがあります。

DAI
大企業との取引も多く、単価も高め。SAPコンサル向け案件では最高で月単価177万円の案件もありました!(2022年9月16日確認時点)

レバテックフリーランスのSAPコンサル向け案件単価

画像はレバテックフリーランス公式サイトから引用(2022年9月16日時点のもの。)

実際に、レバテックフリーランスで掲載されているSAP案件を紹介します。

単価 〜95万円
働き方 週5日/フルリモート
職務内容 製造業向け支払い管理システム構築
具体的には、SAP ERP(ECC6)とAriba連携の設計とテスト環境の構築、
他ベンダーへの設定依頼、Aribaデータ連係ツール(ITK) インストール・
パラメータ設計/設定、詳細な設定手順書作成をお願いいたします。
求めるスキル ・Windowsバッチファイル改修可能
・Powershell、Windowsバッチスクリプト改修
歓迎スキル ・Powershell、JP1対応/運用経験
・JP1対応/運用経験

2022年8月24日時点、レバテックフリーランスより引用
※現在は募集が終了している場合があります。

また、案件に参加する前にクライアント企業の口コミをチェックできるなど、独自の機能も充実しています。

  • 「市場分析ダッシュボード」…職種や言語ごとの平均単価・案件数の推移がわかる
  • 「案件・企業の評価」…企業の社風・雰囲気・実際の口コミを案件参画前にチェックできる

DAI
「現場チームの雰囲気や志向も知った上で参画したい」というSAPコンサルには強い味方になってくれるでしょう。

確定申告の代行割引などの福利厚生も充実しており、SAPコンサルなら必ず登録しておきたいエージェントです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

テクフリ

画像はテクフリ公式サイトより引用(https://freelance.techcareer.jp/ 

公開求人数 11,126件
(リモート案件5,548件)
(週3日以内稼働も相談可)
対応地域 東京、埼玉、神奈川、千葉など
主な福利厚生 ・休業時の補償・有給休暇
・稼働終了時の業務満了金
・税理士紹介(契約時に特典あり)
・確定申告代行
・クレジットカード提供
・事業融資支援

※2022年9月16日時点の公式サイト(https://freelance.techcareer.jp/ )をもとに作成

テクフリもエンジニア・ITコンサル向け案件を多数取り扱っているエージェント。

上場企業からの案件も取り扱っており、高単価なSAP案件も見つかりました。

テクフリ_SAP案件例

画像引用元:「テクフリ」(2022年9月16日時点で募集されていた公開案件です。現在は募集終了している可能性があります。)

「レバテックフリーランス」に比べると公開案件数は少ないものの、フルリモート可能な案件を含む90件のSAP案件が見つかりました(2022年9月16日時点)。

さらに単価の水準も高く、月単価100万円以上の案件も多数ありました

DAI
単価にこだわって案件を探すなら、「テクフリ」に相談しておきましょう

福利厚生サービスも充実しており、他のエージェントでは珍しい「休業手当」や「報酬あり休暇」などの制度も魅力です

DAI
確定申告代行や税理士紹介など、税務系のサポートもそろっています。万が一に備えて安心して働きたいフリーランスにおすすめです!

また、テクフリでは下記のような案件獲得のサポートも充実しています。

  • 利用者1人につきスタッフ2人体制でサポート
  • 希望に合わせた方法で連絡してくれる(メール、LINE、Chatworkなど)
  • 企業との面談前に面談練習・アドバイスあり
  • 案件獲得できなかった場合も、理由を教えてくれるから次に活かせる
  • 希望条件にあった案件を探すための独自マッチングシステムあり

手厚いサポートを受けつつ働きたいSAPコンサル必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

【番外編】エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

(画像は『エンジニアスタイル東京』公式サイトより引用:https://engineer-style.jp  

公開求人 176,924件
(リモート勤務可能:32,291件)
週2・3日〜稼働OKの案件あり
その他の特徴 ・案件への申込&面談でAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中

※公開求人数は2022年9月7日時点の公開案件から調査・引用:https://engineer-style.jp/

エンジニアスタイル東京はエージェント20社(2022年9月16日確認時点)の案件をまとめて横断検索できるサイトです。

DAI
たくさんのエージェントに登録する手間を省きつつ、いろいろな条件で案件探しができます。「とにかくどんな案件があるかだけ見ておきたい」という人におすすめです。

エンジニアスタイル東京」に会員登録すると、登録情報をもとに希望条件に合致する案件情報をメールで送ってくれます。

DAI
ずっとサイトにはりついて案件検索しなくてOKなので、「そんなに多くの案件を選ぶ時間がない」という人にもおすすめです。

また、2022年9月16日時点でAmazonギフト券のプレゼントキャンペーンも実施中です。キャンペーン終了日時は未定なので、気になる人は早めに登録・応募しましょう。

エンジニアスタイル東京 amazonギフト券がもらえるキャンペーン

(画像は『エンジニアスタイル東京』公式サイトより引用(2022年9月16日時点):https://engineer-style.jp  

エンジニアスタイル東京では、職種や言語、スキル、開発環境などの一般的な条件の他にも、下記のようなこだわり条件についても検索できます。

  • 始業時間
  • 最寄り駅〜オフィスまでの所要時間
  • 参画先のオフィス設備環境(食堂やドリンクコーナーの有無)
  • メンバーの年齢層
  • チームの人数規模
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか など

エンジニアスタイル東京の案件検索画面

​​※エンジニアスタイル東京  から引用 /2022年7月11時点確認

DAI
参画先の環境や雰囲気にもこだわりたい」という人には嬉しい機能ですね。

複数のエージェントの案件をまとめて見られるので、スキルによる単価相場を客観的に判断する手助けにもなります。「今のスキルと経験でどんな案件が受注できるか」を知るためにも登録しておきましょう

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

SAPの現状と将来性

まずはSAPの現状や将来性について、下記の順番で解説します。

  • SAPの世界のシェア率はNo.1
  • ERPの導入は中小企業でも盛ん
  • SAPエンジニアは圧倒的な売り手人材
  • SAPの「2025年問題」について
DAI
詳しく見ていきましょう!

SAPの世界のシェア率はNo.1

SAPとはドイツにあるソフトウェア会社の名前です。

SAP社の製品は、ERPと呼ばれるパッケージソフトを主軸に、世界でシェア率第1位の実績があります。

企業経営の課題を解決するために、世界中の企業でSAP社のERPが導入されています。

DAI
ERPとは経営資源(ヒト・カネ・モノなど)を一元管理できるシステムのことです。

ERPの導入は中小企業でも盛ん

中小企業では業務効率化を進めるため、システムを一元管理できるERPの導入が注目されています。

クラウド型のERPが普及した背景もあり、従来よりも低コストで運用できるようになりました。

IT人材の確保や国の補助金の活用など、ERPの導入にかかるハードルが下がってきている背景もあります。

DAI
ERPは中小企業の経営課題や経営方針の意思決定を、スムーズに進められる効果が期待できます。そのため今後も中小企業でニーズが高まっていくでしょう。

SAPエンジニアは圧倒的な売り手人材

SAPエンジニアとは、SAP社製品の開発や設計などを担当する職種です。

国内では人材不足が課題になっているため、社会からの需要が高い仕事といえます。

そのためSAPエンジニアを募集する案件は、人材確保のために高単価で募集されているケースも多いです。

SAPの「2025年問題」について

SAP製品の一部は、2025年にサポートが終了すると公式から発表されています。

たとえば以下の製品です。

  • SAP ERP
  • SAP Business Suite

上記のようなサポート終了予定の製品を、まだ採用し続けている企業も多いです。

S/4 HANAに移行するよう公式で推奨されていますが、コストがかかるという懸念点も。

DAI
移行作業の取り扱いができるSAPエンジニアの不足も予想されており、今後も需要が見込まれています

このようにSAP製品のシェア率の高さや今後移行対応が発生することなどから、SAPエンジニアの将来性は高いといえます。

SAPエンジニアにとっては、フリーランスとして活躍しやすい状況です。

SAPエンジニアがフリーランスになるメリット

SAPエンジニアがフリーランスになるメリットは、下記の通りです。

  • 正社員より収入が高い
  • 参画したい案件を選べる
  • PMO経験があるだけでフリーランス独立できる

それぞれの詳細を見ていきましょう。

正社員より収入が高い

SAPエンジニアの案件は、正社員よりもフリーランスのほうが報酬は高い傾向にあります

フリーランススタートの調査によると、フリーランスSAPエンジニアの月額単価相場は下記の通りでした。

  • 平均単価:109.7万円
  • 最高単価:205万円
  • 最低単価:25万円

引用:フリーランススタート「SAPのフリーランス求人・案件 月額単価相場

つまりフリーランスの場合の年収は、約1,316万円(109.7万円×12ヶ月)であることがわかります。

一方で、正社員のSAPエンジニアの平均年収は620万円です。

引用:求人ボックス 給料ナビ

SAPエンジニアの人材は不足しているため、実務経験や実績次第で、高単価案件を受注することも可能です。

正社員として働きながらも不満を覚えている方は、会社員時代の間に実績を積み、人脈づくりに励むことをおすすめします

DAI
取引先のクライアントとの信頼関係が築けると、さらに単価交渉ができて高収入を期待できます!

参画したい案件を選べる

フリーランスSAPエンジニアは会社員時代とは違い、案件内容を自由に選べる魅力があります。

たとえばキャリアアップにつながる仕事や、高収入を目指せる案件など、自身の価値観に合わせて仕事を受注できるでしょう。

「数ヶ月間働いて一気に長期休みを取る」のような働き方を自由に決められるメリットもあります。

DAI
得意分野の専門性を深めたり、新しい分野に挑戦したりすることも可能。フリーランスのSAPエンジニアなら、自由な働き方ができます!

PMO経験があるだけでフリーランス独立できる

PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)は、プロジェクト全体を指揮するPM(プロジェクトマネージャー)をサポートする役割を担います。

近年はPMOを担える人材の不足傾向が強いです。

そのためPMO経験やERPパッケージ導入の経験者は、現場でも重宝されています

PMO経験者なら「開発の全体像や流れを把握している」と思われるので、案件も獲得しやすいです。

DAI
SAPが未経験でも、場合によっては実績を認められて案件に関われます。

SAPエンジニアがフリーランスになるデメリット

SAPエンジニアがフリーランスになるデメリットは、下記の2点です。

  • 知識のキャッチアップが大変
  • 営業が大変

詳細を見ていきましょう。

知識のキャッチアップが大変

フリーランスSAPエンジニアとして生き残るには、情報収集や勉強が欠かせません

会社員時代とは違い、待ちの姿勢では最新情報が入ってきにくくなります。

そのため主体的に新しい知識を収集し、開拓していく努力が必須です。

ほかにもプロジェクトごとに、企業の業界に関する専門知識を深めていくなど、SAPエンジニアとして絶えず情報収集する必要があります。

DAI
仕事と並行して技術を磨き続ける必要があるので、「積極的に動くのが苦手」という場合は苦労するかもしれません。

営業が大変

SAPエンジニアとして実績がある場合でも、状況によっては案件獲得がスムーズに進まないケースも考えられます

現状の仕事を進めながら、新しい案件を獲得するために営業をかけなければらないので、精神的な負荷も増えます。

会社員時代よりも収入が不安定になるリスクや、営業活動に負担がかかり苦労する可能性が高いです

DAI
フリーランスSAPエンジニアは、エージェントサービスや直接契約、人脈などをフル活用して営業をかけていくことが大切です。

フリーランスSAPエンジニアの単価相場

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

前述した通り、フリーランスSAP案件の単価相場は下記です。

平均単価 109.6万円
中央値単価 110万円
最高単価 205万円
最低単価 25万円

引用:フリーランススタート「SAPのフリーランス求人・案件 月額単価相場

DAI
単価相場は、SAPの経験年数と比例して高くなる傾向があります!
SAP経験1年未満 55万円前後(年収660万円)
SAP経験1年~2年 66万円前後(年収792万円)
SAP経験2年~3年 94万円前後(年収1122万円)
SAP経験3年~5年 110万円前後(年収1320万円)
SAP経験5年以上 132万円前後(年収1584万円)

引用:フリーランススタート「SAPのフリーランス求人・案件について

このように経験を積むほど高収入が狙えるのが、フリーランスのSAPエンジニアです。

今よりもっと良い条件で働きたい方は、独立を検討することをおすすめします。

フリーランスのSAP案件の種類

フリーランスSAPエンジニアが担当する案件は、下記の種類に分かれます。

  • パラメータ設定
  • ABAPを用いた開発
  • SAPコンサルタント

それぞれ詳しく解説します。

パラメータ設定

パラメータ設定(またはコンフィグレーション、カスタマイズ)とは、SAP製品を利用するときに必要な基本設定作業のことです。

会社情報や経営に関わる情報など設定内容が細かいため、SAPの専門知識が欠かせない業務といえます。

ABAPを用いた開発

ABAP(アバップ)の言語を使い、アドオン機能の開発に携わります。

ABAPとはSAP製品の開発に使われる言語です。

SAPの開発や調整を進め、企業の経営課題を解決することを目指します。

DAI
またSAPの運用保守・システムテスト・導入なども行います。

SAPコンサルタント

SAPコンサルタントは、SAP開発の要件定義・開発・マネジメントなど、上流工程に関わる仕事です

導入前から導入後までのプロジェクト全体に携わり、クライアントの要望をヒアリングします。

そのうえで課題の改善につながる分析や、カスタマイズを進めていきます。

DAI
SAPコンサルタントは、深い専門知識や経験が求められるポジション。SAP製品の運用を実現できるところまで携わりたい方は、ぜひ目指してみましょう!

フリーランスSAPエンジニアが案件を探す方法

フリーランスSAPエンジニアが案件を探すには、下記3つの方法があります。

  • エージェントを使う
  • 前職から仕事を紹介してもらう
  • 企業に直接営業する

詳細を見ていきましょう。

エージェントを使う

最もおすすめなのが、SAPエンジニア向けの案件を紹介してくれるエージェントを利用する方法です。

エージェントとは求職者の代わりにマッチする案件を探し、提案してくれるサービスのことです。

業界に詳しいキャリアコンサルタントが、丁寧に要望をヒアリングしてくれるのが特徴。

そのため報酬・勤務地・経験のあるモジュールなど、希望や経験に沿った案件を獲得しやすくなります

DAI
基本的にマージンが発生するものの、営業活動などの作業を時短できて、サポートが得られるのは大きなメリットです!

前職から仕事を紹介してもらう

正社員時代の人脈を使って、SAPエンジニアに関わる仕事がないか、声をかける王道の方法もあります。

フリーランスとして独立を検討中の方は、会社員時代に実績や信頼を積んでおきましょう

正社員時代にお世話になった取引先から受注できれば、条件の交渉や仕事を進めるうえでコミュニケーションが取りやすくなるというメリットもあります。

企業に直接営業する

マージンなしで案件獲得を進めたいなら、企業に直接営業をかけて契約を結ぶ方法もあります。

企業のホームページから営業メールを送り、返信があれば交渉を進めていく流れです。

DAI
企業から直接契約をもらいたい場合は、仕事用のSNSを作成し、普段からSAPに関する投稿をしておきましょう。業界での知名度を上げ、信頼性を高めておくことが大切です。

フリーランスSAPエンジニアが収入を伸ばす方法

フリーランスで生計を立てるには、高単価案件の獲得を獲得できるスキルが必要です。

会社員時代に経験を積んで、下記のようなスキルを高めておくことをおすすめします。

  • 対応できるモジュールを増やす
  • ABAPを使いこなせるようになる
  • PMなどマネジメントの経験を積む

順番に見ていきましょう。

対応できるモジュールを増やす

担当できるモジュールが多いほど、応募できる案件の幅を広げやすくなります

SAPのモジュールの一例は、下記の通りです。

  • 財務会計(FI)
  • 販売管理(SD)
  • 管理会計(CO)
  • 人事管理(HR)
  • プラントメンテナンス(PM)
  • プロジェクトシステム(PS)
  • 生産管理(PP)
  • 品質管理(QM)
  • 倉庫管理(WM)
  • 調達・在庫管理(MM)

実績や経験を積み、各分野の専門性を深めておくことで、高単価案件を獲得・交渉できるようになります。

ABAPを使いこなせるようになる

自由度の高いSAPを設計するには、ABAP言語の深い理解が求められます。

「国内でABAPを理解しているエンジニアは少ない」といわれているのが現状です。

DAI
ABAPの知識に強くなれば、ほかのエンジニアと差別化でき、活躍の場が広がるでしょう。

PMなどマネジメントの経験を積む

プロジェクトマネージャー(PM)は、上流から下流まですべての工程に関わる存在です。

現状、マネジメントができる人材は不足しています。

SAP開発のマネジメント経験があれば、案件の交渉をするときに好条件で進めやすくなります

DAI
フリーランスのSAPエンジニアを目指すなら、マネジメントスキルを高めることも大切です!

未経験からフリーランスSAPエンジニアを目指すには

未経験からフリーランスSAPエンジニアを目指すには、以下2つのポイントを確認しておきましょう。

  • 企業で2〜3年の実務経験を積む
  • 企業との契約を「正社員」→「業務委託」に変える

詳細を見ていきましょう。

企業で2〜3年の実務経験を積む

フリーランスSAPエンジニアの案件では、基本的に実務経験が求められます

独学でSAPに関する専門知識を習得するのは困難です。

まずは未経験歓迎の企業に入社し、実際にプロジェクトを経験しながら、専門知識を深めていくことをおすすめします。

DAI
最低でも企業で2~3年働きましょう。さまざまなプロジェクトを経験したうえで、独立するのが現実的です。

企業との契約を「正社員」→「業務委託」に変える

運良くSAPエンジニアになれたら、正社員として在職している企業で、雇用契約を業務委託に変更してもらうことでフリーランスになれます。

働き慣れている職場なうえ、マージンが発生しない直接契約で高収入を狙えます。

2〜3年ほど勤務していれば、交渉の余地はあるでしょう。

DAI
まずは今の職場の人脈や信頼関係を大切にしましょう。独立の機会を検討しつつ、技術を身につけておくことが大切です!

まとめ

今回はフリーランスのSAPエンジニアの将来性や単価相場、案件獲得方法などを解説してきました。

SAPエンジニアは、正社員よりもフリーランスのほうが高収入を期待できます

DAI
独立を検討していて「安定的に案件獲得を進めたい」なら、まずはエージェントに登録することから始めてみましょう!
フリーランスSAPコンサル向けの案件が見つかるおすすめサービス3選
【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富で、希望する条件に合う案件を見つけやすい。
週2~稼働OK、単価の水準も高くフルリモート案件も豊富なおすすめエージェント。
【第2位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
個人では受注が難しい高単価なリモート案件が豊富。
案件獲得サポートや休業補償などの福利厚生も充実しているエージェント。
【番外編】エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
エージェント20社の案件から希望条件にあう案件情報をメールで知らせてくれるサイト。
案件応募&面談でAmazonギフト券プレゼントも実施中(2022/9/16現在)

関連記事

SAPの副業事情!週1-3案件の探し方とおすすめの求人サイトを紹介