最終更新日:
Flaskでフリーランスになりたい方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
独自のマッチングシステムとカウンセリングで希望条件にあう案件を探してくれるエージェント。リモート案件も豊富です。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートOK、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならこちら。業界最多水準の案件数を保有。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数のエージェントの案件を一括比較できるサイト。高単価・リモート案件多数。
女性A
Flaskの経験やスキルを活かして、フリーランスとして働ける?
男性A
Flaskの案件を探すにはどうすればいい?

このように思ったことはありませんか?

Flaskの案件を探そうと思っても「そもそもフリーランスの案件をどのように探したらいいのかと分からない」と悩みがちです。

本記事では、Flaskの案件を探す方法やポイントをまとめました。

仕事が自分に合っていないと、そもそも働くこと自体が苦痛になってしまい、モチベーション低下にもつながりかねません。

DAI
自分にぴったりなFlask案件を見つけて、無理なく働くためにもぜひ最後までご覧ください。

フリーランスのFlaskの仕事内容

エンジニア向けのFlask案件では、主にWebアプリケーション・システムの開発や改善、運用などの業務を担当します。

FlaskはPythonを用いたWebフレームワークであるため、案件としてメインで扱うプログラミング言語もPythonが多いです。

DAI
多種多様な企業がFlask案件を募集しており、ヘルスケアや製造メーカー、農業、建設会社など、さまざまな業界の人と関わることで、自分のキャリアアップにもつながります。

また、Flaskの仕事に役立つスキルや実務経験として、以下の例があげられます。

スキルの例

  • Pythonだけでなく、Ruby・Java・JavaScript・PHP・C#・SQLなどのプログラミング言語を扱えるか
  • Flaskだけでなく、Django・React.js・Vue.jsなどのフレームワークを扱えるか

実務経験の例

  • 機械学習を用いたAIアプリやWebアプリ開発、システム環境構築、ビッグデータの処理
  • WindowsやMac、LinuxといったOSでのWebアプリケーション開発
  • プロジェクトの企画やアプリ機能の要件定義、システムの設計・管理
  • インフラ・フロント・バックエンドエンジニアとしての経験年数

Flaskのフリーランス案件では、Flask・Pythonのスキルだけでなく、他のフレームワークやプログラミングスキル、現場での実務経験・年数が多いほど活躍できます。

DAI
Flaskを扱うエンジニアとして培ったスキルや経験をフル活用することで、自分の実績や収入アップにもつながるでしょう。

Flaskの案件単価・相場

DAI
Flask案件で得られる報酬は、登録するエージェントや自分のスキル・経験、求人の募集条件などによって異なります。

たとえば、高単価な案件が比較的多いレバテックフリーランスの月額単価相場は、以下の通りです。

引用:レバテックフリーランス(2022年10月20日時点)

高単価な案件が多いエージェントに登録して企業と契約できれば、月額70〜100万円ほどの収入を得られるでしょう。

他にもテクフリITプロパートナーズといったエージェントも高単価なFlask案件が多いです。

DAI
Flask案件が募集されている各エージェントについては、下記で詳しく解説します。

Flaskのフリーランス案件を探す基準

Flaskのフリーランス案件を探す基準についてご紹介します。

  1. クラウドソーシングかフリーランスエージェントか
  2. フルリモート案件があるか
  3. 高単価な案件が多いか

DAI
ここからは、上記3つの点について具体的に解説します。

①クラウドソーシングかフリーランスエージェントか

結論から言うと、クラウドソーシングで掲載されているFlask案件は低単価な傾向があるため、比較的高単価な案件が多いフリーランスエージェントをおすすめします。

フリーランスとして企業から仕事を引き受ける場合、業務委託の契約形態は「請負契約」と「準委任契約」に分かれます。

請負契約が成果報酬型であるのに対し、準委任契約は稼働時間に対して報酬が発生します。

DAI
クラウドソーシングの求人はほとんどが請負契約であり、場合によっては成果物を納品するのに時間がかかり、費用対効果が低くなる可能性があるのです。

たとえば、クライアントからの修正依頼数やレギュレーションが多いことが原因で作業時間が長くなってしまい、結果的に時給換算すると300円程度といったケースもあります。

一方、フリーランスエージェントは時間給の場合が多く、上記の単価相場のように報酬も高いです。

また、以下のようなメリットもあります。

  • エージェントによっては福利厚生が会社員並
  • 営業から契約手続きまでサポートしてくれるため、Flaskの業務に集中できる
  • 案件の契約終了とともに、新規案件を紹介してくれる

DAI
もし、エンジニアとしての技術やFlaskを利用した実務経験が豊富であれば、フリーランスエージェントに登録して案件を紹介してもらいましょう。

②フルリモート案件があるか

Flask案件がフルリモートであれば、自分の好きな場所で業務を進めることが可能です。

業務委託での働き方は、契約先の企業の条件によって異なり、会社への出勤が求められる場合があります。

DAI
具体的には、案件の募集内容に「フルリモート」や「リモートOK」のように記載されている場合が多いです。

フリーランスは、就業時間が決められている会社員と比較すると場所や時間に縛られず柔軟に働けますが、企業からオフィスへの出社が義務付けられている場合、電車を乗り継ぎしたり早起きしたりなど通勤することに負担がかかります。

一方、フルリモート案件であれば会社への通勤時間を削減できるので、自分の勉強や趣味に費やせる時間も増えます。

ただ、フリーランスエージェントなどにあるフルリモート案件は人気であるため、ライバルが多く契約する難易度が高いです。

DAI
そのため、フリーランスの方は新着案件を見逃さないように、サイトに登録した際に案件募集に関する通知設定をオンにしておきましょう!

③高単価な案件が多いか

フリーランスとしてFlaskの業務を請け負う場合、高単価な案件を獲得できれば、効率良く収入を得られる可能性が高いです。

DAI
Flask案件で得られる報酬は、契約先の企業や業務内容、自分のスキルによって変動します。

たとえば、Flaskの案件でシステム開発のプロジェクトマネージャー(PM)を担当する場合、企画や機能の要件定義、予算や作業プロセスの割り出し、人材確保など、業務遂行に必要な準備を行う必要があります。

Flaskを用いたコーディングだけでなく他の雑務も対応する必要があるため、プロジェクト遂行までの工数が分かりづらくなります。

この場合、クラウドソーシングで多く募集されている成果報酬型の案件であれば、想定以上の業務量となっても報酬が変動しないケースがあるのです。

労力に見合わない案件報酬だと、業務に対するモチベーションが維持しづらく、パフォーマンス低下につながります。

DAI
効率良くFlaskの案件で収入を得るためにも、フリーランスエージェントのように高単価な仕事が多く掲載されているサービスに登録しましょう!

Flask向けフリーランスエージェントの選び方

Flask案件を獲得したいフリーランスの方は、エージェントを選ぶ際のポイントについて確認しておきましょう。

  • 自分のスキル/職種にマッチした案件数が多いか
  • 単価が高いか
  • マージン(手数料)の割合は低いか
  • 福利厚生などは充実しているか
  • リモート勤務・週3稼働など希望する働き方はできるか

DAI
ここからは、上記5つの点を詳しく解説します。

自分のスキル/職種にマッチした案件数が多いか

DAI
フリーランスエージェントを選ぶ際は、Flaskに関する業務/エンジニアにマッチした案件が多いかを確認しましょう。

エンジニアに特化したものからライター、クリエイターに特化したものまで、サイトによって特徴が異なります。

フリーランスとしてFlask案件を獲得したい場合、自分の得意分野に適したフリーランスエージェントに登録する必要があります。

そのためにも、事前に現在のスキルや具体的な実務経験・年数の棚卸しをすることが重要です。

DAI
現時点での技術や業務経験だけでなく、Flaskの案件を通してどんなスキルが身につけられるかも大切です。

新しいスキルを身につけ経験を積めば、フリーランスとして実績を掲示でき、より高単価で条件の良い仕事を獲得しやすくなるでしょう。

DAI
また、案件数が多いエージェントは業務が完了すると次の案件を紹介してくれる可能性が高く、継続的に仕事を受けられる可能性が高いです。

単価が高いか

フリーランスエージェントを選ぶ際は、掲載されている案件が、高単価であるかという点も重要なチェックポイントです。

仕事の単価が決まる条件は、主に以下の4点があげられます。

  • 契約先の企業規模:大企業やメガベンチャーは単価が高い傾向
  • 直請案件か:依頼元から直接請け負えば、手取りが多くなる
  • 案件に必要なスキルや担当業務:Flask・Python以外のプログラミング言語や、PMとしての経験があれば、報酬が高くなる傾向
  • マージン率:手数料が低くなると報酬が多くなる

DAI
「このエージェントは高単価な案件を掲載している」と判断するためにも、複数のフリーランスエージェントに登録することがおすすめです。

同じような業務内容でもエージェントによって報酬単価が異なるため、複数登録を行うことで案件の業務内容や働き方、報酬を比較しましょう。

マージン(手数料)の割合は低いか

マージンとは、Flask案件を紹介してくれるフリーランスエージェントによって差し引かれる手数料のことです。

DAI
マージン率の低いエージェントに登録することで、報酬額の手取りが多くなります。

フリーランスエージェントのマージン率は非公開であることが一般的ですが、サイトに表示されているFlask案件の報酬は、手数料を差し引いた金額です。

そのため、業務完了で受け取れる報酬額は、案件に表示されている単価です。

DAI
「マージンで損をしていないか気になる」というフリーランスの方は、マージン率が公開されているエージェントに登録しましょう。

たとえば、エンジニア案件を多数取り扱うテクフリは、「中間マージン10%~」を公表しています。

福利厚生などは充実しているか

フリーランスエージェントによっては、契約書の作成代行や保険加入、確定申告などのサポートが充実していることがあります。

手間のかかる手続きを省ければ、Flask案件の業務に注力するリソースやプライベートに費やせる時間も多くなるのです。

DAI
フリーランスにとって、税務や契約、保険についてプロのサポートを受けられる点は大きな魅力だと言えるでしょう

リモート勤務・週3稼働など希望する働き方はできるか

Flask案件の働き方は、登録するフリーランスエージェントによって異なります。

具体的には、リモート案件が多かったり、週3日稼働の案件数が多かったりと、サイトの特徴はさまざまです。

DAI
そのため、フリーランスエージェントを選ぶ際は、自分が希望する働き方ができる案件があるサービスに登録しましょう。

在宅勤務や短い稼働日数で働きたい方は、リモートや週3日稼働が多いエージェントに登録することをおすすめします。

Flask案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェント

Flask案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェントについてご紹介します。

DAI
案件の単価相場や業務内容を比較するためにも、複数のエージェントに登録することをおすすめします。

ここからは、上記4つのエージェントについて具体的に解説します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

画像はレバテックフリーランス(URL:https://freelance.levtech.jp/)より引用

DAI
レバテックフリーランスは、高単価なFlaskの優良案件が多いことや、福利厚生が充実しているエージェントです。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 2,543
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2〜3日案件、リモート案件多数

※2022年10月20日時点の公式サイト(https://freelance.levtech.jp)より引用

FlaskなどのフレームワークやPythonなどのプログラミング言語ごとに、平均単価や案件数の推移がわかる「市場分析ダッシュボード」を利用できます。

また、求人募集を掲載している企業の社風や実際の口コミなども、案件参画前にチェックすることが可能です。

DAI
レバテックフリーランスは、エンジニアや技術面の知識に富んだサポーターからもカウンセリングを受けられます!独立支援も行っており、フリーランスになりたい会社員の方も登録すべきエージェントだと言えるでしょう。

テクフリ

画像はテクフリ(URL:https://freelance.techcareer.jp/)より引用

DAI
テクフリは、フリーランスエンジニア向けの案件を多数取り扱っており、中間マージン10%からを公表しているエージェントです!

運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 602(募集中のみ)
マージン率 10 %
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週2〜3日案件、常駐案件が多め

※2022年10月20日時点の公式サイト(https://freelance.techcareer.jp/)より引用

テクフリに登録すれば、サイバーエージェントなどの有名企業・上場企業の案件に参画できる可能性があります。

企業担当とキャリアカウンセラーの2名体制でフォローしてくれたり、希望に応じたチャットツールで連絡できたりと、フリーランスへのサポートも充実しています。

DAI
テクフリは独自の案件マッチングシステムを利用でき、自分に合ったFlask案件を獲得したいフリーランスは必見のサイトだと言えるでしょう。

ITプロパートナーズ

画像はITプロパートナーズ(URL:https://itpropartners.com/)より引用

DAI
ITプロパートナーズは、ベンチャーやスタートアップ企業のFlask案件が多いことが特徴のエージェントです!

運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,300件(募集終了案件も含む)
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年10月20日時点の公式サイト(https://itpropartners.com/)より引用

ITプロパートナーズは、土日稼働や週2日稼働などの稼働日数が少なく、リモートOKの案件が多いです。

DAI
ベンチャーやスタートアップ企業が多いため、Flaskを用いた新しいトレンド技術に触れたり新規事業へ参画できたりと、自分のスキルアップにもつながるでしょう。

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

画像はエンジニア東京スタイル(URL:https://engineer-style.jp)より引用

DAI
エンジニア東京スタイルは、優良エージェントに掲載されているFlask案件を一括検索できるサイトです。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 180,545(募集終了案件も含む)
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日稼働OKなど様々な案件に対応

※2022年10月20日時点の公式サイト(https://engineer-style.jp)より引用

エンジニア東京スタイルは、レバテックフリーランスやテクフリ、ITプロパートナーズなどの優良エージェントの案件をまとめて閲覧できます。

17万件以上の案件数を持ち、条件を絞って手軽に検索できるため、複数のサイトを比較しやすいです。

DAI
Flaskのフリーランス案件の月額単価相場も一覧できることも魅力です。

Flaskのフリーランス案件例

実際にフリーランスエージェントで掲載されており、高単価なFlask案件の例をご紹介します。

  • Webシステム構築
  • 農業系システム開発
  • ビッグデータを利用したアプリ開発

DAI
ここからは、上記3つの具体例について詳しく解説します。

Webシステム構築

引用:レバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/project/detail/72243/

※2022年10月20日時点の案件であり、現在は募集している可能性があります。

Webシステムの構築を担当するFlask案件です。

PythonによるWebスクロール・スクレイピング、データベース設計のスキルや経験だけでなく、Heroku・postgreSQLといったプログラミング言語の利用経験も求められます。

DAI
上記のFlask案件であれば、160〜180時間ほどの稼働時間で、月に50万円程度の収入を得られるでしょう。

農業系システム開発

引用:レバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/project/detail/83199/

※2022年10月20日時点の案件であり、現在は募集している可能性があります。

農業系システム開発プロジェクトに参画する案件です。

FlaskやAzureに関するスキル、Webアプリケーション開発の技術が必要であり、2〜3年以上の実務経験が求められます。

DAI
上記のFlask案件であれば、フルリモート・週5日稼働で月に60万円程度の収入を得られるでしょう。

ビッグデータを利用したアプリ開発

引用:テクフリ(https://freelance.techcareer.jp/jobs/9504/

※2022年10月20日時点、現在は掲載を終了しています。

Python・AWS・ビッグデータを活用したSaaS型分析アプリケーション開発の求人です。

サーバーサイドエンジニアとしての開発経験4年以上や、Python・AWSを用いたWebアプリケーション開発やDB設計、構築スキルが求められます。

DAI
上記のFlask案件は求められる難易度が高い案件ですが、その分単価が高く、月に90万円程度の収入を得られるでしょう。

Flaskのフリーランスになるメリットは?

フリーランスとしてFlask案件を獲得するメリットについてご紹介します。

  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
  • 人脈が広がる

DAI
ここからは、上記3つのメリットについて解説します。

収入が増える

フリーランスとして企業と契約し、Flask案件を獲得できれば収入が増える可能性があります。

固定給によって給与が定められる会社員とは違い、フリーランスは収入は案件によって変動します。

DAI
Flaskを用いたWebアプリケーション開発やプロジェクト企画などのスキルや実務経験が豊富であれば、高単価な案件を獲得しやすいです。

上記でも述べたように、案件の稼働日数は週2~5日と設定されており、スケジュール管理を徹底すれば、会社員よりも年収がアップする可能性があります。

DAI
たとえば、稼働日数週2日と週3日の案件を2つ獲得できた場合、Flaskの求人報酬は50万円を超えるものが多いため、月に100万円程度の収入を得られるでしょう。

スキルアップにつながる

DAI
フリーランスエージェントでFlaskの実務経験を積めば、自分のスキルアップにつながります。

上記でも述べたように、エージェントには上場企業やベンチャースタートアップ企業などの求人があり、業界や業務内容は多種多様です。

フリーランスとして企業と契約できれば、業務を通してさまざまな業界のトレンドに触れたり、新しい技術を吸収できたりする可能性があります。

DAI
フリーランスとして経験を積みスキルアップにつながれば、より報酬の高い大型案件も獲得しやすくなるでしょう。

人脈が広がる

フリーランスとしてFlaskに関連するプロジェクトに参画することで、さまざまな職種の方と仕事ができます。

エージェントでは、IT企業だけでなくアパレルや製造メーカー、建設会社など、さまざまな業界の求人が募集されています。

DAI
また、リモート案件も多いので、「東京都に在住しながら、別の都市や地方の人とも一緒に仕事ができる」といった可能性もあります。

そのため、フリーランスは会社員として働くエンジニアと比べると、エージェントを活用することで、効率的に人脈を広げられるでしょう。

DAI
クライアントと信頼関係を構築しFlask案件で実績をだせば、他の業務を紹介してくれる可能性もあります!

Flaskのフリーランスになるデメリットは?

Flask案件を獲得しフリーランスとして働くデメリットについてご紹介します。

  • 仕事や収入が安定しない
  • 手厚い社会保障が受けられなくなる
  • 経理や営業などを自分で決める必要がある

DAI
ここからは、上記3つのデメリットについて詳しく解説します。

仕事や収入が安定しない

基本的にフリーランスは仕事や収入が安定しないことが多いです。

上記でフリーランスは収入が増える可能性があると述べましたが、案件によっては逆に収入が下がる可能性もあります。

特にクラウドソーシングのように自分で営業を行う必要があったり、契約形態が請負契約だったりすると、収入が不安定となります。

DAI
しかし、フリーランスエージェントであれば、営業の代行や案件終了時期を見込んで次のFlask案件を紹介してくれることもあるので、継続的に仕事ができるでしょう。

また、稼働時間に対して報酬が支払われる準委任契約が多いため、比較的収入も安定しやすいです。

手厚い社会保障が受けられなくなる

一般的な会社員とは異なり、フリーランスは正社員ではないため、企業の雇用保険や労災保険に加入できません。

そのため、病気や怪我をしてFlask案件の業務を遂行できない状態となっても、手当てを受けられない可能性があるのです。

働けなくなった時に収入を確保したり手当てを受けたりするためにも、フリーランス専用の保険に加入しましょう。

DAI
フリーランスエージェントによっては、保険加入もサポートしてくれるのでチェックしておきましょう!

経理や営業などを自分で決める必要がある

会社員とは違い、フリーランスは経理や営業業務を自分で計画して実行する必要があります。

確定申告などの税務やクライアント探し、契約手続きなどに手間がかかると、Flask案件の業務に割く時間が減る可能性もあるのです。

ただ、上記でも述べたようにフリーランスエージェントには営業代行や契約手続き、確定申告などのサポートを受けられます。

DAI
Flaskの業務に集中できるので、レバテックフリーランステクフリITプロパートナーズなどのエージェントがおすすめです!

フリーランスのFlaskに求められるスキル

フリーランスがFlask案件で求められる具体的なスキルをご紹介します。

  • Pythonを用いたWebアプリ開発経験
  • AWS / Azure / GCP環境での開発経験
  • DB設計の経験

DAI
ここからは、上記3つについて詳しく解説します。

Pythonを用いたWebアプリ開発経験

Flaskのフリーランス案件では、Pythonを用いたWebアプリの開発経験が必要な場合が多いです。

PythonやFlaskの他にも、Webアプリ開発の案件でも求められるスキルとして、以下の例があげられます。

<プログラミング言語>

  • JavaScript・Java
  • Ruby
  • PHP
  • SQL

<フレームワーク>

  • Django
  • AngularJS
  • Ruby on Rails
  • Cake PHP

あくまでも例であり、すべてのスキルや開発経験が必須ということではありません。

DAI
案件の募集内容を確認し、自分に合った仕事を探しましょう。

AWS / Azure / GCP環境での開発経験

Flaskのフリーランス案件では、以下のクラウド環境での開発経験を求められるケースがあります。

  • AWS(Amazon Web Services)
  • Azure(Microsoft Azure)
  • GCP(Google Cloud Platform )

すべてのクラウド環境での開発経験が求められるわけではなく、案件によって使用する開発環境は異なります。

DAI
エージェントの募集案件をチェックし、どの環境での開発環境が必要なのか確認しておきましょう!

DB設計の経験

Flaskのフリーランス案件では、DB(データベース)設計の経験が必要です。

具体的には、以下の知識や経験が必要です。

  • エンティティ・属性・リレーション・関連の多重度に関する知識
  • 概念設計・論理設計・物理設計
  • ER図の作成やデータの正規化

DAI
DB設計のFlask案件を獲得したい場合は、DB設計に必要な要素や進め方について確認しておきましょう!

フリーランスがFlaskで収入を上げる方法

フリーランスがFlask案件で収入を上げる方法をご紹介します。

  • サーバー/フロントの開発経験を積む
  • PMなど上流工程の経験を積む

DAI
ここからは、上記2点について詳しく解説します。

サーバー/フロントの開発経験を積む

フリーランスがFlask案件の収入を高めるためには、サーバーサイド・フロントエンドの技術と開発経験を積むことが重要です。

エージェントに掲載されているFlaskの案件は、Webアプリ開発が多い傾向にあります。

サーバー/フロントの開発スキルがあれば、1人でもWebアプリを作れるほどの技術力を持つため、企業にも採用されやすくなります。

DAI
サーバーサイド・フロントエンド、両方の開発経験がある方に依頼した方が業務がスムーズに進められるため、収入を高く設定する傾向にあるのです。

PMなど上流工程の経験を積む

プロジェクトマネージャ―(PM)やプロジェクトリーダー(PL)などの開発経験を積めば、収入アップにつながります。

DAI
Flask案件の募集職種は、エージェントで掲載されている案件によって異なり、ポジションが重要であるほど報酬が高い傾向にあるからです。

具体的な募集内容として、「システムエンジニア(SE)」「プログラマー(PG)」「プロジェクトマネージャ―(PM)」と記載されていることがあげられます。

DAI
SEやPGよりもPMなどのプロジェクト進行に重要な役割を担う職種の方が収入を上げやすいのです。

未経験からFlaskのフリーランスになれる?

DAI
結論から言うと、Flaskの案件を未経験で獲得することは難しいでしょう。

Python・Flaskだけでなく、JavaScriptやPHPといったプログラミング言語、Djangoといったフレームワークなど、エンジニアとして幅広い知識とスキルが必要だからです。

未経験のフリーランスは、プログラミングスクールで学んだり、会社の業務やクラウドソーシングなどで実戦経験を積んだりすることで、Flaskの案件を獲得できる可能性が高まります。

Flaskを扱うフリーランスの将来性

DAI
結論から言うと、Flaskを扱えるフリーランスエンジニアは今後も需要があるため、継続的に案件が募集されるでしょう。

そもそもエンジニアの需要は増加傾向にあり、経済産業省の調査結果によると、2030年時点で16〜79万人のIT人材が不足すると予想されています。

参考:- IT 人材需給に関する調査 - 調査報告書

DAI
また近年では、AI技術が注目されており、Pythonを用いたシステム開発が盛んに行われています。

そのため、フリーランスエージェントでは、今後もFlask案件が増加していくことが予想されるのです。

まとめ

Flaskのフリーランス案件を選ぶときの基準やおすすめのエージェント、単価の相場について解説しました。

Flaskの案件はフルリモート可能な案件が多く、時間が限られている人でも効率的に稼ぎやすいといえます。

DAI
応募条件や稼働時間を比較し、自分に適している案件を選びましょう。

本記事で紹介したフリーランスエージェントは、下記のとおりです。

無料で登録ができるので、どのようなFlask案件があるのか、ぜひチェックしてみてください。

Flaskでフリーランスになりたい方におすすめのサイト4選
レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
とにかく案件数が豊富なサイト。業界最高水準の高単価案件を揃えています。
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1~、土日/平日夜稼働OKの直請け案件を探すならここ。業界最多水準の案件数を保有。
テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
独自のマッチングシステムとカウンセリングで希望条件にあう案件を探し出してくれるエージェント。リモート案件も豊富です。
エンジニアスタイル東京(公式:https://engineer-style.jp/
複数のエージェントの案件を一括比較できるサイト。高単価・リモート案件多数。