最終更新日:
ECサイト開発エンジニアのフリーランスにおすすめのサイト3選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
安定的に稼ぎたい人必見!IT職専門のエージェント。
テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
中間マージン10%!リモート案件も多数あり!
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1日〜稼働可能な案件を多数掲載!仕事だけではなくプライベートも充実。
男性A
ECサイト開発でフリーランスとして働くことはできる?
男性A
案件はどうやって獲得するの?
男性A
実際、ECサイト開発って月単価はどのくらい?

上記のような疑問を抱えた方のために、今回はECサイト開発の単価や必要なスキル、将来性についてわかりやすくまとめました。

効率よく高単価なECサイト開発案件を獲得し、理想的な条件で稼働したいエンジニアはぜひ参考にしてください。

DAI
ECサイト開発案件には様々な種類があり、内容によっては最大100万円/月を超えるものもあります。

フリーランスのECサイト開発の仕事内容

ECサイト開発は、文字通りECサイトを開発する仕事です。

物やサービスを売買し、クライアントの業績に直接的な影響を与える重要な部分であり、やりがいが大きい仕事と言えるでしょう。

国内EC市場の「B to C」分野の内訳は以下の通りで、様々な種類のECサイトが存在します。

  • 物販・・・食品、飲料、酒類、生活家電、PC・周辺機器等
  • サービス・・・旅行サービス、飲食サービス、チケット販売
  • デジタル・・・オンラインゲーム、電子出版(電子書籍・電子雑誌)、有料動画配信

ぜひご自身が興味のある業界を選び、ECサイトの構築にチャレンジしてください。

またECの構築方法も様々で、技術の進歩に伴い現在は以下のような手法が存在します。

  • オープンソース・・・ECサイトのコードが公開されていて無料で自由にカスタマイズ可能
  • 無料ASP・・・初期費用や月額費用も無料でECサイトを構築
  • 有料ASP・・・無料版に比べ機能が充実したECサイトを構築
  • クラウドサービス・・・クラウド上にあるプラットフォームを用いてECサイトを構築
  • パッケージ・・・必要な機能がパッケージ化されたシステムを用いECサイトを構築
  • スクラッチ開発・・・既存のコードやEC提供サービスを利用せずオリジナルのECサイトを構築

一言でECサイトといっても、その開発手法は様々であるため、どのような案件に関わりたいのかを事前に考えることが大切です。

案件の詳細はよく確認し、ご自身のキャリアプランに最適なものを選びましょう。

特に高単価な案件の取り扱いが多いフリーランスエージェントでは、フルスクラッチ開発を想定とした案件が多く見られます。

DAI
フルスクラッチ開発に対応できるよう、フロントエンド、バックエンド、インフラに関する技術を積極的に身につけましょう。

ECサイト開発の案件単価・相場

ECサイト開発の案件単価・相場は、25万円~125万円と幅広いです

案件によって要求されるレベルが大きく異なり、単価の幅が広い印象がありました。

下記のようにご自身のフェーズによってチャレンジする案件を選ぶのがおすすめです。

  • ECサイト開発経験が浅い場合:月単価25万円〜50万円程度の案件に参画して経験を積む
  • すでに経験のある場合:月単価50万円以上の案件に挑戦する

求められる技術はHTML/CSS/JavaScript/PHP/Javaなど、フロントエンドやバックエンドにおける様々なスキルが要求されます。

また月単価80万円以上の案件では、上流工程(要件定義、機能定義、構成管理、計画立案)の経験を要求される案件が多いです。

単価を上げたいのであれば、ぜひ積極的に上流工程の経験を積みましょう。

DAI
ECサイトエンジニアとして活動するのであれば、2年以上の実務経験は必須ですね。

ECサイト開発のフリーランス案件を探す基準

ECサイト開発のフリーランス案件を探す基準は以下の通りです。

  • ①クラウドソーシングかフリーランスエージェントか
  • ②フルリモート案件があるか
  • ③高単価な案件が多いか

①クラウドソーシングかフリーランスエージェントか

ECサイト開発のフリーランス案件を探すのであれば、クラウドソーシングよりもフリーランスエージェントを積極的に活用しましょう。

その理由はシンプルで「高単価案件が豊富であるため」です。

エージェントが案件を中継してくれるため、金銭面でのトラブルの心配もなく高単価な案件を獲得できます。

DAI
クラウドソーシングでもECサイト開発案件は獲得できますが、低単価な仕事が多い傾向があります。

また、その他のフリーランスエージェントを利用するメリットは以下のとおりです。

  • 案件を獲得した後も担当者に相談でき、安心して仕事に取り組める
  • キャリアアドバイザーが希望にあったECサイト開発案件を紹介してくれる
  • エージェントが営業や単価交渉を代行してくれ、仕事に集中できる
DAI
こちらの記事では、数あるエージェントの中でもECサイトエンジニアにおすすめのサイトを3社厳選しました。

②フルリモート案件があるか

フリーランス案件を探す場合は、フルリモート案件が多いかどうかも確認しておきましょう。

フルリモート案件だと通勤時間が必要ないため、実務や学習に時間を割けます。

結果としてスキルアップの速度も高まり、短期間で収入アップできる可能性もあるでしょう。

また働きすぎてストレスを溜めないためにも、可能な限りフルリモート案件を獲得することが大切です。

DAI
朝から晩まで仕事をしていても、出勤時間がないため睡眠時間を十分に確保できる、という点もフルリモートのメリットといえるでしょう。

ただし、実務経験が浅いエンジニアの場合、常駐案件の方がコミュニケーションが取りやすく、働きやすい場合もあります。

もし技術力に不安がある場合は、意図的に常駐案件を選ぶのも賢い判断です。

DAI
ご自身のスキルレベルに合わせて、最適な働き方を選びましょう。

③高単価な案件が多いか

ECサイトのフリーランス案件を探す場合、高単価案件が多いかどうかも確認しておくと安心です。

低単価案件を中心に引き受けると、生活費を確保するために多くの案件を抱える必要があります。

労働時間が増えると、心身ともに疲労しやすくなるので、その点は注意しましょう。

男性A
できるだけ短時間で働いて稼いで、プライベートも大切にしたいな。

案件を探すときは「適切な報酬を受け取れるか」をチェックしておくことが重要であり、そのためには単価相場を知ることも大切です。

単価相場を把握するためにも、ぜひ様々な案件を調査して比較検討してください。

DAI
クラウドソーシングに比べ、フリーランスエージェントなら高単価な案件も見つかりやすいです!

ECサイトエンジニア向けフリーランスエージェントの選び方

ECサイトエンジニアがフリーランスエージェントを選ぶときは、以下のポイントを重点的にチェックしましょう。

  • スキルや職種にマッチした案件数が多いか
  • 単価が高いか
  • マージン(手数料)の割合は低いか
  • 福利厚生などサポートは充実しているか
  • リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか

上記のようなポイントを満たしたエージェントを活用すると、少ない稼働時間で無理なく高収入を得やすくなります。

こちらではそれぞれのポイントを詳しく深掘りしていくので、ぜひ参考にされてみてください。

自分のスキル/職種にマッチした案件数が多いか

フリーランスエージェントを選ぶときは、効率よく案件を見つけるためにも、ECサイト開発関連の案件が多いエージェントを選びましょう。

たとえばレバテックフリーランスだとECサイト開発関連の案件が豊富にあり、最大80万円/月程度の案件も見つかりやすいです。

逆にエージェント選びを間違えてしまうと「理想的な案件が全然見つからない」という結果になってしまうのでご注意ください。

また急に仕事が途切れた時にもすぐ対応できるよう、複数エージェントに登録しておきましょう。

収入が保証されていないフリーランスだからこそ、何重にもリスクヘッジしておくことが大切です。

そうすると「1つの案件が終了しても、すぐに次の案件を獲得できる」という安心感があり、余計なストレスもありません。

数あるエージェントの中でも、ECサイト開発案件の取り扱いが多いエージェントは以下の3つです。

公式サイト 案件数&特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ 44,162件
エンジニア向けの案件が豊富。
エンジニア特化のエージェントなのでスキルアップやキャリア相談もしやすい。
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ 11,732件
エンジニア向け案件が多めだが、
デザイナー・ディレクター案件も保有。
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ 5,467件
エンジニア向け案件が多めだが、
デザイナー・ディレクター案件も多数。
稼働日数が少なめ(週3以内)案件が多い

11月27日時点の情報。

DAI
効率よくECサイト開発案件を見つけるためにも、エージェント選びは重要です。

単価が高いか

各エージェントによって取扱案件の単価は異なるので、可能な限り単価の高い案件があるエージェントを選びましょう。

高単価案件を獲得したいのであれば、以下の4点に注目して見てください。

  1. クライアント企業の資金規模が大きい(大企業・メガベンチャーは資金が豊富なため、単価が高い傾向)
  2. 発注元からの直請案件(間に2次請け、3次請けを挟む案件は手取りが少ない傾向にある)
  3. 上流工程のスキルが求められる(企画や要件定義などを行う上流工程の案件は報酬は高め)
  4. エージェントのマージン(手数料)比率が低い(手数料の割合が低いほど手取りは高くなる)

ただし高単価案件はハイレベルなスキルが要求されるので、実務の中で実力を磨き、単価に見合った人材になる努力が必要です。

積極的に勉強会に参加し、常に新しい技術を学ぶ姿勢を大切にしましょう。

DAI
似た仕事内容の案件でも、エージェントによって月単価は大きく異なります。ぜひ複数のエージェントに登録し、単価相場を把握しましょう!

マージン(手数料)の割合は低いか

エージェント経由の案件は、マージン(手数料)が差し引かれた金額がエンジニアに支払われます。

つまりマージンの割合が低いエージェントほど、手取り報酬額は多い傾向があるのです。

もちろんマージンが多く取られているからといって、案件の単価が表示額から下がるわけではありません。

しかしマージンを下げることができれば、低単価案件が高単価案件に変わる可能性もあります。

金額面だけでなく案件探しの時間を削減するためにも、エージェントごとのマージン率は把握しておいた方がいいでしょう。

DAI
可能な限りマージン率を抑え、単価の高い状態で稼働できるようにしましょう。

福利厚生などサポートは充実しているか

フリーランスエージェントの中には、福利厚生などのサポートが充実しているサイトもあります。

書類作成代行・保険紹介・確定申告など、個人でやるのがおっくうな作業は、ぜひエージェントを頼りましょう。

会社に属していないフリーランスだからこそ、エージェントの福利厚生サポートをうまく活用することが大切です。

面倒な契約まわりの手続きも、プロのサポートがあれば大幅に時間を短縮でき、余った時間やエネルギーを実務のパフォーマンスに注ぎ込みましょう。

その方がスキルアップ速度も高まり、結果として短期間で月単価が上がる可能性があります。

特に税務周りに関しては、知識不足だと経費の申告漏れでペナルティを課せられてしまう可能性もあるのでご注意ください。

もし充分な知識がない状態でフリーランスになる場合は、専門家を頼った方が安心です。

もちろん知識がない状態での丸投げだと、税理士の良し悪しの判断もつかないので、税金に関しても勉強することは大切です。

DAI
フリーランスは守ってくれる会社がない分、自分で考えて労働環境を良くしていく必要があります。

リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか

フリーランスエージェントによって、「週5稼働の案件をメインで扱っている」「リモート案件が多い」などの特徴があります。

「在宅で働きたい」「週3日など、短い稼働日数の案件がいい」といった希望がある場合は、条件に合う内容の仕事を多く保有しているエージェントを利用しましょう。

リモート案件・週3日以内稼働できる案件の多いおすすめエージェントはこちらです。

公式サイト 募集が多い職種
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ エンジニア
デザイナー
ディレクター

引用 ITプロパートナーズ 2022年11月27日時点の情報。

最近はどこのエージェントでもリモート可能案件を多く保有していますが、週3日以内の案件はまだまだ希少です。

柔軟な稼働で働きたい方は、ぜひITプロパートナーズを積極的に利用し、理想的な案件を見逃さないよう新着案件を定期的にチェックしましょう。

DAI
「時間や場所に縛られたくない」「他の案件と掛け持ちしたい」など、短い稼働日数で働きたい人は上記のエージェントをチェックしておきましょう!

また常駐案件とリモート案件それぞれのメリット・デメリットを把握しておくことも大切です。

全てにおいて、常駐案件よりもリモート案件が優れているわけではないのでご注意ください。

リモート案件は、通勤時間が無く働き方の自由度は高いですが、作業に必要な環境は自分で用意する必要があり、オフラインに比べコミュニケーションもとりにくいです。

逆に常駐案件は、通勤のため働き方の自由度は低い反面、リモート案件よりも数が多く報酬単価も高い傾向にあります。

それぞれの働き方にメリットでメリットがあるので、ぜひご自身にあった働き方を模索してください。

DAI
ECサイト開発の経験が浅い場合、常駐型案件の方が質問もしやすく安心です。

ECサイト開発案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェント

【2023年】Javaのフリーランス向け案件を獲得するには?単価や案件の特徴を徹底解説!

ECサイト開発案件を獲得するのにおすすめのフリーランスエージェントは以下の通りです。

  • レバテックフリーランス
  • テクフリ
  • ITプロパートナーズ

レバテックフリーランス

引用:レバテックフリーランス 2022年11月27日時点の情報。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
求人数 44,162件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

引用:レバテックフリーランス 2022年11月27日時点の情報。

レバテックフリーランスの主な特徴は以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

引用:レバテックフリーランス 2022年11月27日時点の情報。

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが他の中間業者を挟まない「直請案件」で、余分な手数料がかかりません。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

引用:レバテックフリーランス 11月27日時点の情報。

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスは、他のフリーランスエージェントと比較しても以下の職種の案件が多いです。

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

またレバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」です。

非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため公に公開することはせずに、担当者が直接依頼する形をとるため、非公開の求人が多いです。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかがわかります。今すぐフリーランスになるかどうかわからなくても、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

テクフリ

画像はテクフリ公式サイトより引用:https://freelance.techcareer.jp/

DAI
テクフリは中間マージン10%からの案件があるエージェントです。エンジニア向け案件が多いですが、デザイナーやディレクター向けの案件も取扱があります。
運営会社 株式会社アイデンティティ
求人数 11,732件
マージン率 10%〜
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週2、3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/ 2022年11月27日時点の情報。

テクフリは、個人では受注が難しい有名企業の高単価な案件の取扱実績があります。

運営元である株式会社アイデンティティは、複数のIT人材派遣事業をおこなっているため、IT・Web系企業とのパイプも太いです。

手厚いユーザーサポートも特徴で、下記のように細やかなサービスが受けられます。

  • 独自の案件マッチングシステムでスキルとのマッチ度が高い案件を紹介
  • 1人につき2人のスタッフがついて案件獲得をサポート
  • 企業との面談前にはエージェントが面談対策をしてくれる
DAI
自分に合った高単価案件を探したいエンジニア必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたい人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,467件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

2022年11月27日時点の情報。

ITプロパートナーズの主な特徴は以下の3つです。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に他の仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1〜2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にECサイトの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

ITプロパートナーズの公開求人数は、エンジニア・デザイナー・マーケターなど幅広い職種で業界最多水準です。

他のエージェントの場合、以下のような特徴があり、デザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 案件数が少なかったり、利用可能地域が都市部だけに限定されている

一方のITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高いです。

DAI
そのため、まずはリモートや週1〜2日から仕事を始めてみたいというデザイナーや、マーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

画像は「エンジニアスタイル東京」公式サイトより引用:https://engineer-style.jp

DAI
さまざまなエージェントの公開案件を掲載しているサイトです。エンジニア以外にも、デザイナーやディレクター向け求人も豊富に取り扱っています。

優良エージェントの案件を厳選して掲載しており、大量の案件をまとめて確認できる便利なサイトです。

運営会社 ボスアーキテクト株式会社
公開求人数 187,353件
特徴 エンジニア・コンサル・デザイナー・ディレクターなど多様な職種に対応
高単価案件も多数
案件応募で面談するとAmazonギフト券プレゼント
対応地域 主に東京
働き方 リモートワーク、フレックス制度、
週2日〜稼働OKなど様々な案件に対応

2022年11月27日時点の情報。

DAI
案件数が豊富で、高単価案件も多数。迷ったら無料相談してみるのがいいです!

また、2022年11月27日時点で、案件応募で面談するとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施しています。終了日時は未定なので、気になる人は早めに登録・応募しておきましょう。

(画像は『エンジニアスタイル東京』公式サイトより引用(2022年9月10日時点):https://engineer-style.jp  

DAI
まずは無料で会員登録してみましょう!

エンジニアスタイル東京の特徴は以下の2つです。

  • エージェント200社、18万件超の豊富な案件数
  • データが豊富で、案件を探しやすい

エージェント200社、18万件超の豊富な案件数

2022年11月27日現在、エンジニアスタイル東京ではフリーランスエージェント200社に掲載されている18万件以上の案件をチェックできます。

1つのサイトで複数のエージェントの案件が見られるため、登録にかかる時間や手間を省略しながら手軽に幅広く案件を検索できます。

DAI
国内最大水準の案件数です!

リモートワークやフレックス制度、週2稼働OKなど他のエージェントでは取り扱いの少ない案件も、エンジニアスタイル東京では多数掲載されています。

副業・フリーランス・スキルアップ・転職など幅広いニーズに合わせた求人を取り扱っているため、とりあえず登録しておくべきサイトです。

無料で会員登録する(公式サイト)

データが豊富で、案件を探しやすい

エンジニアスタイル東京平均単価

引用:​エンジニアスタイル東京 2022年11月27日時点の情報。

平均単価の他にも職種別、言語別、フレームワーク別の単価や件数ランキングも全て公開されています。

DAI
相場を知り、最適な案件を探しやすいです!

案件を探す際には、

  • 言語・フレームワーク
  • 開発スキル
  • 職種/業界
  • エリア/駅
  • 単価

などの基本的な条件はもちろん、以下のこだわり条件についても検索できます。

  • 稼働できる時間帯、始業時間
  • 職場環境や食堂などの設備
  • リモート勤務可能か
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか

スキルや条件を詳しく指定できるので、自分に合った案件が探しやすいです。

エンジニア東京LP

引用:エンジニアスタイル東京  2022年11月27日時点の情報。

会員登録すると登録時の希望条件やスキルなどの情報に合致する案件情報をメールで送ってくれます。

DAI
ずっとサイトに貼り付いて案件検索しなくてOKなので、「そんなに多くの案件を選ぶ時間がない」という人にもおすすめです。
【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

ECサイト開発のフリーランス案件例

ECサイト開発のフリーランス案件例は以下の通りです。

  • ECサイト開発
  • プロジェクトマネージャー
  • ECプラットフォーム向けアプリ開発

ECサイト開発

引用:レバテックフリーランス 11月27日時点の情報。現在は募集を終了している可能性があります。

Shopifyなどのプラットフォームに依存せず、プログラミングスキルを駆使し、0からECサイトを開発する案件です。

決済周りはセキュリティ面も考慮する必要があるため、ハイレベルなスキルが求められます。

このような案件は月単価100万以上と高単価であることが多いため、収入を上げたい方におすすめです。

DAI
高単価案件では上流工程の経験も求められるため、上流に関する経験も積極的に積み上げるといいでしょう。

プロジェクトマネージャー

引用:レバテックフリーランス 11月27日時点の情報。現在は募集を終了している可能性があります。

タスク管理やスケジュール管理、他部署との連携など、開発のディレクションを行います。

コミュニケーション能力があり、開発をリードした経験がある方は有利でしょう。

案件に関連する業界知識があると、さらに案件獲得率は上がります。

DAI
コミュニケーションを大切にし、チームメンバーの能力を最大化できるエンジニアは重宝されます。

ECプラットフォーム向けアプリ開発

引用:レバテックフリーランス 11月27日時点の情報。現在は募集を終了している可能性があります。

ECプラットフォームであるShopifyやBASEと連携させ、便利なサービスや機能を提供するアプリの開発案件です。

案件の母数自体はそこまで多くありませんが、最近ではECプラットフォームが増えているため、今後はこのような案件も増える可能性があります。

DAI
ECサイト開発案件の中でもマイナーですが、EC市場規模拡大とともに需要が増え、単価が上がるかもしれません。

ECサイトエンジニアがフリーランスになるメリットは?

ECサイトエンジニアがフリーランスになるメリットは以下の通りです。

  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
  • 人脈が広がる

収入が増える

フリーランスは月単価の高い案件が豊富にあるため、収入が増えます。

むしろ会社員並みの社会保障が受けにくい状況になるため、会社員以上に収入がないとフリーランスになるメリットはありません。

だからこそ節約・節税を意識して守りを固めつつ、スキルアップして高収入を狙っていきましょう。

幸いなことに、フリーランスは自身のスキルが上がるほど単価も上がるため、努力が収入に反映されやすいのが大きなメリットです。

スキルレベルの高いECサイトエンジニアであれば、月100万円以上の案件を獲得できる可能性もあります。

ゲームのレベルアップを楽しむように、スキルレベルに応じて収入が増えていく過程を楽しめるのも、フリーランスの醍醐味です。

DAI
収入を増やすだけではなく収入源も増やしていくと、精神的な余裕も生まれますよ!

スキルアップにつながる

フリーランスとして様々な案件に参画すると、スキルアップにもつながります。

ECサイト開発だけではなく、積極的に様々な業務経験を積むことで多くのことを学べるでしょう。

スキルアップすることで何より大きいのが、自分に自信が持てるようになることです。

充実した毎日を過ごせるように「日々成長」を心がけてみてください。

DAI
様々なスキルを身につけ、クライアントを喜ばせ続けると、ご自身の報酬は自然と上がります。

人脈が広がる

フリーランスが案件を獲得する最も有効な方法は「人脈を構築すること」です。

「フリーランス白書2020年」によると、フリーランスの受注経路は「人脈」が1位であり、「人脈から仕事を得ているフリーランス」は46.1%もいました。

引用 フリーランス協会「フリーランス白書2020」(2020年11月)

フリーランスとして様々な案件に関わり、人脈を広げることで、将来的にはエージェントを通さずに高単価な案件を獲得できるようになるでしょう。

だからこそスキルを磨くだけではなく、フリーランスとして活動するのであれば積極的な人脈構築が大切です。

また数多くの優秀な人と関わることで、業界の動向、将来性のある最新技術、有効なキャリアプランなどの情報が手に入ります。

人との関わりが少なくなるとどうしても視野が狭くなるため、定期的に情報交換できる繋がりがあるとよいです。

また精神的に辛い時、支えてくれる仲間がいると挫折を防ぐこともできます。

人脈は様々な面で、ご自身の人生を豊かにしてくれるでしょう。

DAI
フリーランスになるなら、人脈を作っておいて損はないですね!

ECサイトエンジニアがフリーランスになるデメリットは?

ECサイトエンジニアになるデメリットは以下の通りです。

  • 仕事や収入が安定しない
  • 手厚い社会保障が受けられなくなる
  • 経理や営業などを自分で行う必要がある

仕事や収入が安定しない

フリーランスは、会社員のように収入が保証されているわけではありません。

実力の世界なので、クライアントを満足させることができなければ、契約を切られる可能性もあります。

そのため収入面で不安を抱えるフリーランスも多いでしょう。

収入を安定させるには、継続的な学習が必要不可欠です。

男性A
実力の世界だから、やっぱり勉強は欠かせないよね。

もしフリーランスへの挑戦に不安があるのであれば、エージェントのキャリアカウンセラーに気軽に相談するのがおすすめです。

客観的にご自身の実力を評価してもらうと、「フリーランスの世界で今の自分が通用するかどうか」が明確に分かります。

その際、エージェント1社だけの評価だと正確な見積もりができない可能性もあるので、数社に登録してカウンセラーに相談すると良いです。

DAI
いきなり大きなリスクを背負わず、まずはエージェントを活用してご自身の市場価値を見積もってもらいましょう。

手厚い社会保障が受けられなくなる

フリーランスは会社員と違って、「社会保険」「社会福祉」「公的扶助」などの手厚い保証を受けられません。

休業する際にも保障はないため、病気や怪我などで働けない期間は無収入となる恐れもあります。

そのため常にリスクを想定し、先回りして対策することが大切です。

まずは以下のような対策を行い、ご自身で工夫して最適な労働環境を作り上げていきましょう。

  • 健康的な生活習慣(食事、運動、睡眠)を送る
  • 生命保険を活用する
  • 余剰資金で資産運用する
  • 法人設立による節税対策

工夫をすれば会社員に近い社会保障を受けることも可能です。

ただし中途半端な知識だと、逆に損をすることもあるので気をつけましょう。

特に節税に関してはフリーランス個人の収入や業務内容によって大きく変わるので、不安であれば税理士に相談することをおすすめします。

DAI
税金や保険について不安があるなら、税理士やFPなどの専門家に相談しましょう。

経理や営業などを自分で行う必要がある

フリーランスになると、経理や営業などを自分で行う必要があります。

経理に関しては、使ったお金が経費に計上できるかどうかの判断や、領収証の保管、開業準備費の計算、減価償却資産の計上などをしなければなりません。

この部分を適当にすると、無申告加算税などのペナルティを課される場合があります。

納税額に対して、最大で20%の税率で罰金を支払わなければいけないこともあるのでお気をつけください。

男性A
経理が大切なのはわかるけど、正直、すごくめんどくさいよね。

営業に関しても、クラウドソーシングやエージェントを活用しない場合はご自身でやる必要があります。

しかし何の信頼もない状態だと、営業でも断られることが多く、精神的にも辛くなってしまうでしょう。

男性A
確かに断られ続けると精神的に辛いよな、、、。

経理や営業に関して、自信がない場合は専門家を頼った方が無駄な労力を省け、効率化できます。

多少は経費が増えたとしても、スキルアップに集中した方が利益が増える場合もあるので、数字を考えながら戦略を練りましょう。

DAI
慣れない仕事に時間を割くのはもったいないので、営業はエージェントに任せ、ご自身はスキルアップや単価アップに励みましょう。

フリーランスのECサイトエンジニアに求められるスキル

フリーランスのECサイトエンジニアに求められるスキルは以下の通りです。

  • プログラミングスキル
  • インフラスキル
  • 上流工程のスキル

特にゼロからECサイトを構築する「スクラッチ開発」では、エンジニアとして幅広いスキルが求められるでしょう。

プログラミングスキル

JavaやGo言語、PHP、JavaScriptなど、ECサイト開発に用いられる言語には様々な種類があります。

ECサイト開発に関わるフリーランスとして独立するのであれば、まずサーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニアとして実務経験を積むといいでしょう。

その経験をもとにスキルシートを作成し、エージェントで案件を探すと、たとえECサイト開発の経験がなくても案件獲得できる可能性があります。

もちろん、EC開発の実務経験がすでにある場合は、案件獲得がさらに有利です。

スマホアプリ向けのEC開発案件もあるため、KotlinやSwiftなどのスマホアプリ開発に特化した言語の実務経験も評価される場合もあります。

DAI
Webアプリ開発技術に特化するか、スマホアプリ開発技術に特化するか、ご自身に合った分野を選びましょう。

インフラスキル

ECサイト開発案件の中でも、特にスクラッチ開発ではAWSやGCPなどのクラウドに関連するスキルやデータベースに関連するスキルが求められます。

クラウド技術を用いたインフラ構築の実務経験があるといいでしょう。

インフラスキル単体でも月単価80万円以上のフリーランス案件が獲得しやすいため、身につけると学習コストに見合うだけのメリットが得られます。

DAI
クラウド化が進んでいる現代では、AWSやGCPのスキルだけでも需要があり、高単価案件を獲得できます。

上流工程のスキル

クライアントへのヒアリング、要件定義、設計、実装、プロジェクトマネジメントなどのスキルがあると、業績への貢献度が大きくなり、月単価も上がります。

コミュニケーション能力やタイムマネジメント力、適材適所への人材配置、問題解決力など様々な能力が求められるでしょう。

DAI
月単価100万円程度の高単価案件を獲得するには、上流工程のスキルが必須だと考えてよいです。

フリーランスのECサイトエンジニアが収入を上げる方法

フリーランスのECサイトエンジニアが収入を上げる方法は以下の通りです。

  • 上流工程のスキルを身につける
  • フリーランスエージェントを活用する

上流工程のスキルを身につける

上流工程が要求される案件の中には、月単価が最大125万円といった高額な案件もあります。

実務で積極的にリーダーシップを発揮し、チームの成果を最大化できるよう活動し、上流工程の経験を積み上げると高単価案件に参画できる可能性が高いです。

DAI
基本的に上流工程のスキルがあると、どの分野でも案件単価は高い傾向があります。

フリーランスエージェントを活用する

フリーランスエージェントが取り扱っているEC関連の案件には、最大月単価100万円以上の案件もあります。

単価が低い案件でも最大55万円/月くらいの傾向にあるので、収入を上げたいのであればフリーランスエージェントを活用するのがおすすめです。

可能な限り高単価な案件を獲得するためにも、複数のエージェントに登録し、新着案件を毎日チェックしておきましょう。

DAI
同じレベルのスキルが要求される案件でも、エージェントによって単価が異なる場合もあるため、比較検討することが大切です。

未経験からフリーランスのECサイトエンジニアになれる?

正社員として業務経験があれば、フリーランスになることは可能です。

逆に業務経験がないと、いきなりフリーランスで案件を受注するのは難しいでしょう。

男性A
確かに業務経験がないと、フリーランスで活動するのは不安だな、、、。

業務経験がない場合はまず無料サイトなどで独学を始め、そこから徐々に本格的な学習を開始しましょう。

その後に教材やスクールを活用して実力を身につけ、実務に参画できるようにするとよいです。

業務未経験者の場合は、たとえエージェントに登録しても、キャリアカウンセラーからのサポートも受けられない可能性が高いので注意しましょう。

まずは正社員として実績を出し、ポートフォリオ制作などの準備をしてからフリーランスに挑戦することが大切です。

もし既に実務経験がある場合は、エージェントに登録してキャリアカウンセラーに相談しましょう。

男性A
フリーランスとしてやっていけるか不安、、、。

そう思っている方も、キャリアカウンセラーに相談すれば思った以上にスキルを評価してもらえる可能性もあります。

自己判断せず、ぜひ客観的な意見を参考にしましょう。

DAI
自分の価値を低く見積もっても損をするだけなので注意が必要です。

フリーランスECサイトエンジニアの将来性

ECサイト市場は年々伸びてきているため、ECサイトエンジニアも将来性があると考えていいでしょう。

PCの一般化やスマートフォンの普及に伴い、性別・年代を問わずインターネットユーザーが増加し、日本のECの市場規模は年々拡大してきました。

経済産業省によると、国内ECの市場規模(B to C)は、2013年の11兆1,660億円から2021年には20兆 6,950億円にまで伸びています。

引用 経済産業省「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました」(2022年11月時点)

市場規模の成長推移から考えると、今後もECサイトの需要は高まる可能性が高いです。

ECサイト開発に興味を持っているのであれば、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

まとめ

ECサイト開発は、高単価も狙えるうえに案件の数も多く、今後も需要の増加が見込める将来性のある領域です。

近年はクラウドサービスやパッケージなど、開発スキルがなくてもECサイトを立ち上げられるサービスも増えてきました。

とはいえ、フリーランスエージェントではフルスクラッチ開発案件もまだまだ多く存在します。

たとえフルスクラッチ開発の需要が減ったとしても、開発経験の中で培った上流工程のスキルは様々なECサイト開発手法に活かせるでしょう。

ぜひプログラミングスキルやインフラスキルだけではなく、上流工程のスキルも身につけ、どんな分野でも活躍できるエンジニアを目指してみてください。

DAI
ECサイト開発に必要なスキルは幅が広く奥が深いため、とても極めがいのある分野です。
ECサイト開発エンジニアのフリーランスにおすすめのサイト3選
レバテックフリーランスhttps://freelance.levtech.jp/
安定的に稼ぎたい人必見!IT職専門のエージェント。
テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
中間マージン10%!リモート案件も多数あり!
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1日〜稼働可能な案件を多数掲載!仕事だけではなくプライベートも充実。