注意)この記事は記事広告です。アフィリエイトポリシーに準じます。

こんにちは、DAIです。この記事を読んでいる人は、

  • IT業界にそれほど明るくない人
  • 未経験でエンジニアになりたい人

かと思います。

さて、エンジニアというお仕事について、どんな印象を持っていますか?

  • スキルが身につき市場価値が高くて、転職しやすい
  • 労働環境にも恵まれていてよい
  • もしかしたらフリーランスにもなれるかも!
  • プログラミング、面白そう!

など、かなり魅力的かと思います。なので、転職したい!という人はかなり多いと思うんですよね。

ただし、エンジニアに未経験から転職するとこはできるのですが、かなり業界知識がないとかなり危険です。

そこで、今回はエンジニアに未経験から転職する上で、知っておくべき知識について解説していきたいと思います。

僕自身は、

  • フリーランスでエンジニアとしてお仕事をいただいている
  • プログラミングスクールでマーケターとして働いていた

ので、業界の構造はかなり見えているかと思います

そもそもエンジニアとは?

この記事を読まれているのは、おそらく非エンジニアの方かと思います。なので、エンジニアがどういう仕事なのかあまりイメージできてない方が多いのではないでしょうか。

エンジニアと言われて、非エンジニアのみなさんはどんな仕事をするのか、イメージはありますか?

  • コードを書く、プログラマー的なお仕事でしょう?

も思われるかもしれません。しかし、エンジニアと呼ばれる職種は多様です。例えば、

  • フロントエンドエンジニア: Webサイトの見た目の部分を実装するエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア: データベースと画面の処理をつなげるコードを書くエンジニア
  • インフラエンジニア: Webアプリが動作する環境を整備するエンジニア。いわゆるコードはあまり書かない
  • テストエンジニア: 作ったアプリをテストするエンジニア。ほとんどコードは書かない。

他にもさまざまなエンジニアの職種があります。

みなさんが「コードを書く」とイメージし転職したいと思われていたのは、フロントエンドエンジニアか、サーバーサイドエンジニアでしょう。

ですが、上記全て立派なエンジニアの職種です。

未経験から転職エージェントで紹介されるエンジニアのお仕事とは?

次に、未経験で転職エージェントでエンジニアの採用をしている会社についてです。

これは僕の観測範囲でしかないのですが、基本的に未経験でフロントエンドエンジニアやサーバーサイドエンジニアを採用したいと思う企業は、ごく稀です。

基本的にはエージェントから「未経験でも大丈夫なエンジニアの案件があります」と言われても、サーバーサイドエンジニアではないので注意が必要です。大体はインフラやテストエンジニアの方が多いです。また、それらの中でも本当に誰でもできる業務を任されることが多いです。

例えば、テスト仕様書をもとに、それをただその通りにテストしていくだけのオペレーター的なお仕事ですね。そういうお仕事を「エンジニア」として紹介することは多々あります。(もちろんテストエンジニアも、超レベルの高い仕事もあるので、テストエンジニアが一概にスキルが低い仕事という話ではありません)

普通に考えればわかると思うのですが、「未経験でも大丈夫」とうたって採用している職種は、未経験でも大丈夫なりのレベルの仕事しか任せません。未経験でも大丈夫だと思って、大して努力してこなかった人を教育して一流にできる人的リソースを企業が持っていることもごく稀です。

ちなみに、ぼくも1社目はエンジニアを志望していて、サーバーサイドエンジニアとして採用されたと思っていたものの、実は全くコードを書く職種ではなく、テストしかやらない部署につきました。こういうことはかなりあるので、注意が必要です。

未経験からエンジニア転職するのに年齢制限はある?

未経験からサーバーサイドエンジニア転職する際、年齢制限はあります。だいたい30歳を超えるとかなりしんどくなります。

30歳を超えてきたあたりからコードを書くお仕事をしたいのであれば、副業などでWeb制作をした方がよいでしょう。こちらは年齢関係なく、月10万円程度稼ぐことはできるかと思います。

≫【副業したいプログラマーへ!】未経験から在宅副業プログラミングで月10万円稼ぐ方法をまとめてみた 【どのくらいの収入がもらえるかもデータにしてみたよ!】

未経験からエンジニアに転職するから最低限必要なことは?

未経験からエンジニアに転職する上で、最低限必要なのは、自分で何かしらのアプリを作った経験です。

これは、スキルとして評価されるというよりも、ポテンシャル=やる気として評価されます。例えば面接で、

  • 「めっちゃやる気あります!採用してください!」というAさん
  • 「オリジナルアプリ作ってきました!」というBさん

がいたら、間違いなく後者が内定します。なぜなら、やる気を行動で証明できるからですね。

なので、本当に最低限、サーバーサイドエンジニアになりたいなら、自分でアプリを作った経験は必須です。

未経験からエンジニア転職するならどういう会社が良いか

次に、未経験から転職するならどういう会社がいいかです。結論から言うと、ある程度育成体制が整っているような会社が良いかと思います。

会社の規模感としても、50-100名規模の中小企業で、エンジニアも複数いるような会社、もしくは会社が資金調達をしていて、エンジニアの養育のために外部から技術顧問やフリーランスエンジニアを入れたりしているような自社開発のベンチャーなどがおススメです。

逆に、客先常駐のSIer、SESみたいな雇用形態の会社はなかなかスキルが身につきにくいのと、身につくスキルがレガシーな店、配属ガチャでコードを書けない点等のリスクをふまえると、避けた方が良いかと思います。上司がいないので、正しいコードの書き方が身につかなかったり、市場価値的にはかなり低いレガシーな言語を書かざるをえなかったり、労働時間が長すぎで消耗したりします。

未経験からフリーランスのエンジニアになれるの?

未経験からフリーランスのサーバーサイドエンジニアにはなれません。正直ほぼ無理です。よほど営業に才能がない限りは無理かと思います。

理由は、企業はその人の実務の年数で評価することが多いからです。また、コードは基本的に人に読んでもらう必要があるので、集団開発が前提になります。しかし、そのような経験がない状態で独立しても、すぐスキルがないことが分かってしまいます。

未経験からエンジニアに転職するにはどうすればいいの?

では、どうすれば未経験からエンジニアに転職できるのでしょうか。ここからは、方法論になります。サーバーサイドエンジニアになりたい人向けです。

結論から言うと、オリジナルアプリを作りましょう。そのためには以下の順序で学習を進めることが必要です。

  1. プログラミングの基礎を学ぶ
  2.  クローンアプリを作る
  3.  オリジナルアプリを作る

クローンアプリとは、チュートリアルに沿って使ったアプリのことです。

未経験からエンジニアで採用されるうえで、具体的に必要な学習教材は?

具体的な学習教材についてです。オリジナルアプリ開発にむけて、以下の手順で学習しましょう。

1 Progateで基礎を学ぶ

まずは、Progateで、以下のプログラミング言語の基礎を学びましょう。学びべきコードは

  • HTML: Webページの骨組みを作る言語です
  • CSS: Webページの色や文字の大きさなどを装飾する言語です
  • JavaScript: Webページに動きをつける言語です
  • Ruby: サーバーサイド言語です
  • Ruby on Rails: Rubyで簡単にログイン機能などを作れるフレームワークです
  • SQL:データベースからデータを取ってくる言語です
  • Command Line:

順に説明します。

①HTML

まず、HTMLですが、これはページの文字やリンクなどを指定するマークアップ言語です。例えば、グーグルのホームページをF12ボタンを押すと、以下のようかコードが出てきます。これは検索ボックスのHTMLですが、Webページの見た目の部分はHTMLという言語で記述されています。

<div class="" id="fkbx" style="width: 664px;">
<div id="fkbx-text">Google を検索または URL を入力</div>
<input id="q" aria-hidden="true" autocomplete="off" name="q" tabindex="-1" type="url" jsaction="mousedown:ntp.fkbxclk" style="opacity: 0;">
<div id="fkbx_crt"></div>
<div id="fkbx-spch" tabindex="0" aria-label="音声で検索" style="display: block;"></div>
</div>

②CSS

次に、CSSですが、これはHTMLを修飾するための言語です。修飾というとよくわかりませんが、簡単に言うと色を付けたり、位置を指定してあげたりすることができます。HTMLをシャレオツな感じにしてくれるのがCSSと思ってもよいでしょう。

例えば、HTMLでClassとIDという指定ができるのですが、その指定されたDIV(.)とID(#)を指定して、色を変えたり背景色を指定することがCSSだとできます。

簡単に説明すると、HTMLでホームページの骨組みを作成し、CSSで画面を装飾、JavaScriptでクリックしたときの動きを付けたりすることで、Webページの見た目を作ります。

#main_title {
text-align:center;
color:white;
background-color:black;
}
.sub_title {
text-align: center;
background-color: LightGrey;
color: white;
}
.sub_detail {
text-align: center;
}

③JavaScript

JavaScriptは、HTMLやCSSに動きを付けることができるようになります。クリックしたときに指定の動作をするようにさせたりできます。また、しっかりと組み込めばモーダルが表示されるようになったり、ドロップダウンボックスができるようになります。

 

 

Ruby, Ruby on Rails

Rubyは日本製のサーバーサイドのプログラミング言語です。ほかにもPythonやPHPなどがありますが、チュートリアルの量からRubyを個人的にはお勧めしています。Rubyを学ぶと、Webページの部分とデータベースの間のやり取りをしてくれるようになるので、ユーザー情報の保存だったり、掲示板などのデータを操作してページ上で表示させるようなやりとりができるようになります。

上記全ての言語のコースをクリアしちゃいましょう。

Railsチュートリアルでクローンアプリを開発しよう

次に、Railsチュートリアルを一周します。このチュートリアルでは、ゼロからツイッターのクローンアプリを作ることになります。これが1つできるようになると、

  • ログイン機能の実装
  • フォロー機能の実装
  • ツイート機能の実装

など、アプリを作るのに最低限必要なスキルセットを学ぶことができるようになります。

オリジナルアプリを開発しよう

オリジナルアプリでは、今まで作ってきた機能を活かして、自分が作りたいアプリを作ります。

エンジニア未経験の壁

だいたいRailsチュートリアルを一周するあたりでみなつまづきます。

Progateまでは、与えられた課題だけ解いていれば良いのですが、Railsチュートリアルだと訳がわからないエラーなどが多発していて、気づいたら一日中エラーと戦うような時があります。

  1. プログラミングの基礎を学ぶ
  2. クローンアプリを開発する
  3. オリジナルアプリを開発する

のうち、クローンアプリの開発でだいたいみんな挫折して辞めてしまいます。

エンジニア未経験の挫折から抜けるには?

エンジニア未経験の壁から抜けるには、2つ方法があります。1つはメンターを雇う、もう1つはプログラミングスクールに通うことです。

メンターを雇うのは、mentaなどのサービスを利用して、直接聞ける人を募集する方法です。メリットとしては安く済むのですが、デメリットとしては転職先を紹介してもらえるわけではなかったりわ副業なのですぐに質問に答えてくれるわけでもない点、講師のレベルが保証されていない点があります。

≫mentaについて詳しく見てみる

もう1つは、プログラミングスクールに通ってしまう方法です。プログラミングスクールとは、プログラミング教材と、メンター、転職先紹介などをしてくれるサービスです。メリットとしては、フルタイムの講師のレベルが高い、優良企業への紹介がある、集団開発が身につきやすいなどがあります。デメリットとしては、それなりにお金がないと難しい点です。

個人的には、ちゃんと未経験から転職したいならプログラミングスクールに通ってしまうのはありだと思います。

おすすめなのは、ポテパンキャンプです。ここは、唯一自社開発のみの企業を紹介しているのと、エンジニア教育の質が他のスクールと群を抜いて高い点です。また、受講料も10万円と、業界の1/3程度で、非常に安いです。さらに、転職成功で全額キャッシュバックになります。

実際に転職された方のインタビューも以前したので、ぜひ見てみてください。

≫現場よりも厳しいプログラミングスクール?ポテパンキャンプの5人の卒業生に徹底インタビュー!【PR】

未経験がアプリを作った後の転職活動

アプリを作ったら、Wantedlyなどのサービスを利用して、転職活動を進めるのが良いかと思います。最近だとツイッターを利用した転職などもありますね。

ただ、何回も繰り返しますが、初心者の段階で転職活動を1人で進めるのは相当難しいです。それこそ知識がないせいで劣悪な環境に入ってしまったり、コードを書くことはない仕事に転職してしまう可能性があります。

なので、できればプログラミングスクール、特にポテパンキャンプのようなスクールで、技術力のキャッチアップと、転職の相談ができた方が良いと思います。

≫参考 おすすめのプログラミングスクールを紹介します!【エンジニアになれたプログラミングスクール卒業生のインタビューあり】

未経験でエンジニアになりたい人はどうやって情報収集すればいいの?

インタネットで、プログラミングスクールや転職エージェントの評判を調べると思いますが、アフィリエイトを利用したステルスマーケティングの可能性があるので注意が必要です。

というのも、アフィリエイターさん的には紹介手数料が入る仕組みなので、儲かる企業によい評判を書こうとするインセンティブが働きます。

おすすめなのは、Google検索ではなく、TwitterなどでIT業界について精力的に発散されている方をフォローするのがよいでしょう。

おすすめのツイッターアカウントを紹介します。

米村歩@日本一残業の少ないIT企業社長 (@yonemura2006)

米村さんんは、システム開発会社の社長をされていますが、ブラックな労働についての情報発信がすごいです。

日本一残業の少ないシステム開発の会社をやってます。2012年から残業ゼロですが以前は毎日終電、毎週休日出勤のブラック企業でした/完全自社開発/SES撲滅/残業削減/働き方改革/講演等の仕事依頼はDMで https://www.facebook.com/susumu.yonemura

彼のブログは、もし未経験からエンジニアとして転職活動するのであれば、必見です。

≫残業ゼロのIT企業AXIA社長ブログ

井上慎也@駆け足エンジニア(@ino_dev)

井上さんは現フリーランスエンジニアをされていて、かつてはプログラミングスクールの講師もされておりました。

小さい会社の代表をしているコードも書いてるWebエンジニアっぽい人。RubyやVueを書いてることが多いです。Vimが好き。最近はElixirに興味津々。 //TODO: bioをそのうち書き直す

プログラミングスクール業界についての発信が非常に参考になります。

≫INODEVLOG

しぶあつ 😄エンジニア×HRを考える人/Atsushi Shibuya(@shibuatsu8)

エンジニアの採用をされています。

技術の話が大好きな人事 | 就活&転職活動や採用関連 | エンジニア採用担当です | 他社の取り組みRTしがち | 心理的安全性の高いツイートを心がけております | Web企業HR←の前は同社ディレクター← HRビジネス HWエンジニア向けCA | #首都圏と地方 | #Eng就活 | #エンジニアが採用に携わること

就活をするのであれば、採用担当の視点も非常に重要かと思います。

マスクド・アナライズ(@maskedanl)

マスクドアナライズさんは、AI業界について精力的に発信されています。

AI(人工知能)・IoT・機械学習・データ分析などを節操なしに手掛けるベンチャー企業で働く謎のマスクマンです。 データサイエンス業界の動向や各社のニュース、現場のアレコレを発信しています。※リツイート、いいね、フォロー、FF外からのリプ、DMなどご自由にどうぞ。

彼の連載も業界を知るには非常に参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

≫マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!

 

まとめ

ということで、今回の記事のまとめです。

  • 未経験でエンジニア転職をするなら、適切な業界の情報をもとに意思決定することが重要
  • Google検索の結果をそこまであてにしない。Twitterで情報収集する
  • 未経験からエンジニア転職を目指すなら、最低オリジナルアプリの一つは創っておく
  • 途中で挫折したら、ポテパンキャンプで学ぶのはかなりよい

です。