全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

《未経験可のエンジニアの案件が比較的多く存在するエージェント≫

【第1位】リクルートエージェント:誰もが知っている、日本でもっとも求人数が多い転職エージェント。最低限こちらには登録しておきましょう。
【第2位】DODA:IT系に強い転職エージェントです。求人数がリクルートエージェントの次に多いので、登録してくまなく求人をチェックしましょう。
【第3位】ワークポート:未経験向けの求人が多いです。リクルート、DODAにないような求人を探すために予備で登録しておきましょう。

注意)この記事は記事広告です。アフィリエイトポリシーに準じます。

こんにちは、DAIです。この記事を読んでいる人は、

  • 今はエンジニアではないけど、エンジニアになりたいと思っている…
  • だけどIT業界についてはよくわからない…
  • 未経験でエンジニアになるには、どうしたらいいかわからない…

と思って検索してきたかと思います。

僕自身、エンジニア養成のプログラミングスクールでマーケターを担当していたので、未経験のエンジニア転職市場についてはかなり詳しいほうかと思います。

さて、最初に一点だけ、言っておきます。

エンジニアに未経験から転職するとこはできるのですが、業界知識がないと非常に危険です。

今回はエンジニアに未経験から転職する上で、知っておくべき知識について解説していきたいと思います。

大前提:エンジニアとは何か、説明できますか?

さて、エンジニアってどんな仕事なのか、今の段階で自分の中で説明できますか?

多くの人は、

  • エンジニアって、コードを書く、プログラマー的なお仕事でしょう?

も思われるかもしれません。

しかし、エンジニアと呼ばれる職種は多様です。例をあげると以下の通りです。

  • フロントエンドエンジニア: Webサイトの見た目の部分を実装するエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア: データベースと画面の処理をつなげるコードを書くエンジニア
  • インフラエンジニア: Webアプリが動作する環境を整備するエンジニア。いわゆるコードはあまり書かない
  • テストエンジニア: 作ったアプリをテストするエンジニア。ほとんどコードは書かない。
  • ITコンサル(導入):顧客に導入するシステムを顧客と話しながら要件定義をするようなエンジニア。
  • ITコンサル(保守):顧客に導入した後のシステムをメンテナンスするエンジニア

他にもさまざまなエンジニアの職種があります。

みなさんが「コードを書く」とイメージし転職したいと思われていたのは、フロントエンドエンジニアか、サーバーサイドエンジニアでしょう。

ですが、上記全て立派なエンジニアの職種です。

【重要】未経験からコードを書くエンジニアとして採用されることはほぼありません。

次に、一番大事なことです。

  1. 業界知識がない
  2. 趣味でもいいからプライベートでもコードを書いたことがない!

という人は、コードをかくエンジニアとして採用されることはまずないと思っていいでしょう。

もちろん、「完全未経験でもエンジニアになれる!」とうたっている転職エージェントもありますが、ポイントは「コードを書くエンジニア」とは言っていない点です。

基本的に未経験でフロントエンドエンジニアやサーバーサイドエンジニアを採用したいと思う企業は、ごく稀です。大体はインフラやテストエンジニアの方が多いです。また、それらの中でも本当に誰でもできる業務を任されることが多いです。

「未経験でも大丈夫」とうたって採用しているエージェントはたくさんあります。が、職種としてエンジニアでも、未経験でも大丈夫なりのレベルの仕事しか任せません。本当にコードを書くような仕事を、全くの未経験の人に任せることはありません。

未経験からエンジニアに転職するから最低限必要なことは?

未経験からエンジニアに転職する上で、最低限必要なのは、業界知識と自分で何かしらのアプリを作った経験です。

これは、スキルとして評価されるというよりも、ポテンシャル=やる気として評価されます。

例えば面接で、以下の2人の人がいたら、どっちを採用したいですか?

  • 「めっちゃやる気あります!採用してください!」というAさん
  • 「オリジナルアプリ作ってきました!だから採用してください!」というBさん

間違いなく後者が内定します。

なぜなら、やる気を作った物で証明できるからですね。

なので、本当に最低限、業界知識をしっかりと調べること。さらにサーバーサイドエンジニアになりたいなら、自分でアプリを作った経験は必須です。

未経験からエンジニア転職するならどういう会社が良いか

次に、未経験から転職するならどういう会社がいいかです。結論から言うと、ある程度育成体制が整っているような会社が良いかと思います。

会社の規模感としても、50-100名規模の中小企業で、エンジニアも複数いるような会社、もしくは会社が資金調達をしていて、エンジニアの養育のために外部から技術顧問やフリーランスエンジニアを入れたりしているような小規模な自社開発のベンチャーなどがおススメです。

逆に、客先常駐のSIer、SESみたいな雇用形態の会社はなかなかスキルが身につきにくいのと、身につくスキルがレガシーな店、配属ガチャでコードを書けない点等のリスクをふまえると、避けた方が良いかと思います。上司がいないので、正しいコードの書き方が身につかなかったり、市場価値的にはかなり低いレガシーな言語を書かざるをえなかったり、労働時間が長すぎで消耗したりします。

未経験からエンジニアに転職するにはどうすればいいの?

では、どうすれば未経験からエンジニアに転職できるのでしょうか。ここからは、方法論になります。サーバーサイドエンジニアになりたい人向けです。

結論から言うと、以下3つの条件を満たすことが重要です。

  1. エンジニアの業界知識をしっかりとつける
  2. オリジナルアプリを開発する
  3. 未経験でもなんとか売り込んでくれるエージェントと一緒に就活する

です。

①エンジニアの業界知識をしっかりとつける

まず、一番大事なのが、エンジニアの業界知識をしっかりつけることです。

どういう職種があり、どういう仕事があり、またどんな人が求められているのか、自分の中でイメージできますか?
もし今イメージできていない段階で、転職活動を進めると、こういう未来が待っています。

  1. エンジニアと言われて入社したのに、業界知識がないので、自分の求めていた仕事像と全く違う職種についてしまう
  2. 面接で求められていることが一切わからず、期待されていないことばかり答えてしまって転職活動で苦戦する

実際、僕が新卒で入社した会社は、エンジニアとして採用されたのですが、コードを書くことは一切ありませんでした。

こうならないために、一番やっておくべきことは、なるべく多くの求人媒体で、どういう募集があるのか見ておくことです。
特に、業界知識をしっかり身に付ける上でも、求人サイトではなく、転職エージェントに登録することをお勧めします。

また、未経験からエンジニアに転職する場合、ただの転職サイトではなく、転職エージェントに登録しておくとよいでしょう。理由は、以下3点です。

  1. 転職エージェントが、業界の情報を教えてくれる
  2. 転職エージェントだと、給与交渉してくれる可能性が高い
  3. 転職エージェントだと、面接対策をしてくれる可能性が高い

基本的には複数の転職エージェントに登録して、よい案件があるかどうか、またエージェントのキャリアカウンセラーの熱意があるかを比較検討しながら利用するのが非常におすすめです。

求人の見方は以下の通りです。

  1. 職務内容:仕事として何をするかです。エンジニアという言葉の解像度ではなく、具体的に何をするかをしっかりと理解しておきましょう。
  2. 必須経験は何かを見つける:自分になんのスキルが備わっていたら応募できるのか。ここは一番重要なので確認しておきましょう。

 

未経験可のエンジニアの案件が比較的多く存在するエージェントは下記の通りです。

  1. リクルートエージェント:誰もが知っている、日本でもっとも求人数が多い転職エージェント。最低限こちらには登録しておきましょう。
  2. DODA:IT系に強い転職エージェントです。求人数がリクルートエージェントの次に多いので、登録してくまなく求人をチェックしましょう。
  3. ワークポート:未経験向けの求人が多いです。リクルート、DODAにないような求人を探すために予備で登録しておきましょう。
日本最大級”のエージェントサービス
職種・エリアに特化した総合転職エージェント

利用方法のコツです。これだけは知っておきましょう。

  • NG: 求人で「未経験OK枠」を利用する
  • WHY: コードを書く仕事にはつけません。
  • OK: オリジナルアプリを開発したうえで、直でエージェントのキャリアカウンセラーに相談する

未経験枠で転職しようとすると、本当に誰でもできる簡単な仕事しかできません。これから解説する、オリジナルアプリ開発までの学習ルートを確認しつつ、実際にアプリを開発しながら転職活動を進めましょう。

オリジナルアプリを開発する

オリジナルアプリを開発するには、以下の順序で学習を進めることが必要です。

  1. プログラミングの基礎を学ぶ
  2.  クローンアプリを作る
  3.  オリジナルアプリを作る

プログラミングの基礎を学ぶ

具体的な学習教材についてです。オリジナルアプリ開発にむけて、以下の手順で学習しましょう。

1 Progateで基礎を学ぶ

まずは、Progateで、以下のプログラミング言語の基礎を学びましょう。学びべきコードは

  • HTML: Webページの骨組みを作る言語です
  • CSS: Webページの色や文字の大きさなどを装飾する言語です
  • JavaScript: Webページに動きをつける言語です
  • Ruby: サーバーサイド言語です
  • Ruby on Rails: Rubyで簡単にログイン機能などを作れるフレームワークです
  • SQL:データベースからデータを取ってくる言語です
  • Command Line:

順に説明します。

①HTML

まず、HTMLですが、これはページの文字やリンクなどを指定するマークアップ言語です。例えば、グーグルのホームページをF12ボタンを押すと、以下のようかコードが出てきます。これは検索ボックスのHTMLですが、Webページの見た目の部分はHTMLという言語で記述されています。

<div class="" id="fkbx" style="width: 664px;">
<div id="fkbx-text">Google を検索または URL を入力</div>
<input id="q" aria-hidden="true" autocomplete="off" name="q" tabindex="-1" type="url" jsaction="mousedown:ntp.fkbxclk" style="opacity: 0;">
<div id="fkbx_crt"></div>
<div id="fkbx-spch" tabindex="0" aria-label="音声で検索" style="display: block;"></div>
</div>

②CSS

次に、CSSですが、これはHTMLを修飾するための言語です。修飾というとよくわかりませんが、簡単に言うと色を付けたり、位置を指定してあげたりすることができます。HTMLをシャレオツな感じにしてくれるのがCSSと思ってもよいでしょう。

例えば、HTMLでClassとIDという指定ができるのですが、その指定されたDIV(.)とID(#)を指定して、色を変えたり背景色を指定することがCSSだとできます。

簡単に説明すると、HTMLでホームページの骨組みを作成し、CSSで画面を装飾、JavaScriptでクリックしたときの動きを付けたりすることで、Webページの見た目を作ります。

#main_title {
text-align:center;
color:white;
background-color:black;
}
.sub_title {
text-align: center;
background-color: LightGrey;
color: white;
}
.sub_detail {
text-align: center;
}

③JavaScript

JavaScriptは、HTMLやCSSに動きを付けることができるようになります。クリックしたときに指定の動作をするようにさせたりできます。また、しっかりと組み込めばモーダルが表示されるようになったり、ドロップダウンボックスができるようになります。

 

 

Ruby, Ruby on Rails

Rubyは日本製のサーバーサイドのプログラミング言語です。ほかにもPythonやPHPなどがありますが、チュートリアルの量からRubyを個人的にはお勧めしています。Rubyを学ぶと、Webページの部分とデータベースの間のやり取りをしてくれるようになるので、ユーザー情報の保存だったり、掲示板などのデータを操作してページ上で表示させるようなやりとりができるようになります。

上記全ての言語のコースをクリアしちゃいましょう。

Railsチュートリアルでクローンアプリを開発しよう

次に、Railsチュートリアルを一周します。このチュートリアルでは、ゼロからツイッターのクローンアプリを作ることになります。これが1つできるようになると、

  • ログイン機能の実装
  • フォロー機能の実装
  • ツイート機能の実装

など、アプリを作るのに最低限必要なスキルセットを学ぶことができるようになります。

オリジナルアプリを開発しよう

オリジナルアプリでは、今まで作ってきた機能を活かして、自分が作りたいアプリを作ります。

ただし、絶対につまづきます

だいたいRailsチュートリアルを一周するあたりでみなつまづきます。訳がわからないエラーなどが多発していて、気づいたら一日中エラーと戦うような時があります。

また、万が一クローンアプリやオリジナルアプリが開発できたとしても、自分自身をうまくサーバーサイドエンジニアとして売り込んでいくのは至難の技です。プログラミングスキルとは別に、自分をうまく売り込む営業力をつけなければならないからです。

エンジニア未経験の挫折から抜けるには?

エンジニア未経験の壁から抜けるには、ちゃんとしたプログラミングスクールに行ってしまうのが僕はオススメです。
プログラミングスクールはたくさんありますが、

  • 現場でも通用する、即戦力レベルの教育水準
  • 自社開発の企業で、サーバーサイドエンジニアとして活躍できるエージェントを持っている
  • 価格帯も比較的リーズナブル

という条件で見ると、ダントツでおすすめなのは、ポテパンキャンプです。

転職で全額キャッシュバッグ。エンジニア転職したいなら絶対にココ

ポテパンキャンプとは

ポテパンキャンプは、株式会社ポテパンが運営しているプログラミングスクール兼転職エージェントです。

特徴としては以下の通り。

  1. ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  2. エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  3. ほかのプログラミングスクールよりも圧倒的に安い!「1カ月5万円から」

普通プログラミングスクール出身だと、企業側が嫌うんですよね。全然力が身についていないからです。

一方、ポテパンはもともとITエージェントから始まっていて、さらに自社開発のサーバーサイド限定の求人を扱っているので、即戦力転職以外紹介できないようになっています。

前回、ここの卒業生5人にインタビューした記事にも載せたんですが、卒業生が5人も集まって大絶賛していたので、本当に満足度の高いスクールのようでした。

DAI: レビュワーの質はどうでしたか?

H・Dさん:「すごく質が高いですね。ただ動くだけではなくて、Railsらしい書き方まで細かくレビューしてくれたと思う。現場でもレビューしてもらえますが、正直ポテパンのほうがしっかりとレビューしてくれていました。」

≫現場よりも厳しいプログラミングスクール?ポテパンキャンプの5人の卒業生に徹底インタビュー!【PR】

また、他のプログラミングスクールはユーザーからお金をとるので、受講費用が1ヶ月10-20万円ほどになってしまうのですが、ポテパンキャンプだと転職フィーとしてマネタイズしているので、受講生があまりお金を払わなくても、1ヶ月あたり8万円で受講することができます。これは多分他のプログラミングスクールよりも圧倒的に安いです。

ポテパンキャンプの公式HPを確認する

※更新情報:2019年4月19日加筆
ポテパンキャンプにオープンクラス 100,000円 + 税(2ヶ月)が追加されました。コースの詳細としては、「プログラミングの基礎ができるようになる事をゴールとしたクラス」となっておりまして、つまり転職意思がなくても全然OKということです。
さらに、転職成功で全額キャッシュバックになりますので、実質無料で受講できます。

ポテパンキャンプの無料カウンセリングを受ける方法

ポテパンキャンプでは、無料カウンセリングが受けられます。ポテパンキャンプの公式ホームページにアクセスして、

  1. コースを選ぶ
  2. 名前を入れる
  3. メールを入れる
  4. 電話番号を入れる

以上です。30秒くらいで終わりますね。

もともとプログラミングスクールでカウンセリング業務とかをやっていたのですが、

  • 受講するかはまだ決めてないけどとりあえずキャリアについて相談してみたい!

という方でも全然大丈夫です。ただ、本当に転職したいならポテパンキャンプが一番教育の質もいいですし、就職先もしっかりしているので、たった毎月7万円くらいならポテパンキャンプを受講しちゃうのがいいと思います。

ポテパンキャンプの公式HPを確認する

まとめ

ということで、今回の記事のまとめです。

  • 未経験でエンジニア転職をするなら、適切な業界の情報をもとに意思決定することが重要
  • 未経験からエンジニア転職を目指すなら、最低オリジナルアプリの一つは創っておく
  • 転職エージェントを使う。最低限リクルートエージェントには登録しておく。
  • 本格的に転職を検討しているなら、ポテパンキャンプで学ぶのはかなりよい

です。最初のファーストステップは、エンジニア業界の知識をしっかりとつけるところからです!気軽に相談しに行きましょう。

《未経験可のエンジニアの案件が比較的多く存在するエージェント≫

【第1位】リクルートエージェント:誰もが知っている、日本でもっとも求人数が多い転職エージェント。最低限こちらには登録しておきましょう。
【第2位】DODA:IT系に強い転職エージェントです。求人数がリクルートエージェントの次に多いので、登録してくまなく求人をチェックしましょう。
【第3位】ワークポート:未経験向けの求人が多いです。リクルート、DODAにないような求人を探すために予備で登録しておきましょう。