最終更新日:
UIデザイナーの転職に強いエージェント3選

【第1位】レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
【第2位】マイナビIT AGENT (公式:https://mynavi-agent.jp/it/
IT/Webエンジニア転職に強い経験者向けIT転職特化型エージェント。キャリアアドバイザーによるサポートが充実!
【第3位】Geekly(ギークリー)(公式:https://www.geekly.co.jp/
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。高年収の求人多数。

「UIデザイナーのスキルを活かして転職したいけど、どのエージェントがいいんだろう?」

「自分に合うUIデザイナーの求人を見つけたい」

そんな悩みはありませんか?

DAI
この記事では、UIデザイナーの転職に役立つおすすめのエージェントをご紹介します。

以下では、転職エージェントで求人を探すときに、抱えやすい不満や悩みについてまとめてみました。

  • 希望する分野の求人を紹介してもらえない
  • エージェントの担当者が業界を熟知しておらず、的確な意見をもらえない
  • 過去の実務経験やスキルにマッチせず、UIデザイナーとしての転職活動を進めづらい

自分に合うエージェントを選ぶためにも、各エージェントの特徴を頭に入れておくことが大切です。

以下では、転職エージェントを何件かピックアップして表にまとめてみました。

公式 公式URL 特徴
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/ エンジニア・Webデザイナーに有利
求人・キャリアアドバイザーの質が高い
・実務経験がある人向けの求人が多い
マイナビIT AGENT https://mynavi-agent.jp/it/ IT・Webエンジニアの転職に有利
・IT業界全般
・実務経験がある人向けの求人が多い
Geekly(ギークリー) https://www.geekly.co.jp/ IT・Web・ゲーム業界に強い
・実務経験がある人向け
ワークポート https://www.workport.co.jp/ ・IT業界の転職に有利
・IT業界の知識がある担当者が多い
・未経験OKの求人が見つかりやすい
DAI
UIデザイナーの実務経験がある方、同じ職種で転職を検討されている方はレバテックキャリア(エンジニア・デザイナー向け)の利用がおすすめです。
DAI
またIT業界に有利な求人を探したい方はマイナビIT AGENT』やGeekly(ギークリー)が向いています。

キャリアアップを図りたい20代の方で、未経験から関連する別の職種に就きたい方はワークポートがおすすめです。

転職エージェントに登録するときは、2社以上を目安に並行して登録しておきましょう。

各エージェントのメリットとデメリットを知れるだけでなく、自分に合うエージェントを見つけやすくなります。

DAI
各エージェントの特徴について詳細を知りたい方は、ぜひ本記事を読み進めてみてください。

UIデザイナーが転職エージェントを利用すべき理由

UIデザイナーが転職エージェントを利用すべき理由は主に以下の3つです。

  • キャリアの棚卸しができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • キャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれる

それぞれの詳細について見ていきましょう。

キャリアの棚卸しができる

エージェントを利用するメリットとして、登録後に担当者とヒアリングを重ねながらキャリアを振り返れる点があげられます。

  • どのような実務経験が何年程度あるのか
  • 今まで勤めてきた企業名、職種に何があるのか
  • 仕事をとおして努力してきたポイント、成果は何があるのか

以上のような項目から、キャリアを掘り下げられるので自身の強みを知る機会にできます

転職活動においてはキャリアを棚卸しておくことで、面接の質問に対してスムーズに答えやすくなるでしょう。

DAI
エージェントの担当者には、今後のキャリアについて相談することもできます。自身のキャリアを見つめ直す意味でも、エージェントの利用が効果的です。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントには、公開されていない非公開求人が存在しています。

非公開求人の割合は多いため、エージェントを利用することで転職活動を進めやすくなるでしょう。

また自分の条件に見合う求人に出会いやすくなります。

DAI
非公開求人を紹介してもらうには、エージェントに登録することが条件です。気になるエージェントがあれば、ぜひ登録してみてください。

キャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれる

エージェントの魅力としては、キャリアアドバイザーが企業とのやりとりを進めてくれる点があげられます。

たとえば、以下のような手間を省略できる点が便利です。

  • 応募書類を提出してもらえる
  • 面接の日時を調整してもらえる
  • 報酬の価格交渉をしてくれる

本業の合間に転職活動を進めるケースも多いため、面倒なやりとりを任せられて時短につながります

DAI
さまざまな案件に応募するためにも、エージェントを有効活用しましょう。

UIデザイナー向け転職エージェントの選び方

UIデザイナーが転職エージェントを選ぶときは、以下のポイントを押さえて選びましょう。

  • IT・Web業界の求人案件が多い転職エージェントを選ぶ
  • 支援実績が豊富でサポートが良いエージェントを選ぶ
  • 自分のスキルに合った求人があるエージェントを選ぶ

詳細について解説します。

IT・Web業界の求人案件が多い転職エージェントを選ぶ

UIデザイナーに関わる求人を探すときは、IT・Web業界に強いエージェントを選びましょう。

おすすめのエージェントは、マイナビITエージェントレバテックキャリアです。

求人数が多いだけでなく、各業界の情報に詳しいアドバイザーやコンサルタントに相談できるメリットがあります。

DAI
UIデザイナーに関わる好条件の求人を見つけるためにも、ぜひ本記事で紹介するエージェントを比較検討してみてください。

支援実績が豊富でサポートが良いエージェントを選ぶ

エージェントによって支援実績の件数は変わってきます。

支援実績が多いエージェントを利用することで、案件紹介から応募までの流れをスムーズに進めやすくなるでしょう。

また「この担当者なら信用できる」と感じるエージェントがあれば、メインで利用するのがおすすめです。

DAI
転職に関わる情報や疑問点について質問しやすくなり、気分的にもストレスを減らしながら転職活動を進めやすくなります。

自分のスキルに合った求人があるエージェントを選ぶ

それぞれキャリアや経験内容によって、おすすめできるエージェントの内容は変わってきます。

  • IT・Web系に関わる実務経験がない場合:リクルートエージェント総合型エージェントがおすすめ)
  • IT・Web系に関わる実務経験がある場合:ワークポート(未経験者の転職をサポートしてくれる専門エージェントが便利)

実務経験がある場合は、専門性が高いエージェントを選ぶほうが好条件の求人を探しやすくなります。

DAI
スキルや経験を振り返りながら、自分に合うサービスを利用してみましょう。

UIデザイナーにおすすめの特化型エージェント5選

まずはUIデザイナーの実務経験がある方、関連する職種での実務経験がある方に向けておすすめのエージェントを紹介します。

特化型転職エージェントは、特定の業種・職種に絞った求人が多く、担当者の専門知識が豊富なところが特徴です。

DAI
気になるエージェントがあれば、まずは登録から始めてみてください。

レバテックキャリア

(画像はレバテックキャリア公式サイト(https://career.levtech.jp/)より引用

拠点 ※現在は電話でのリモート対応可 (2022年12月現在)
東京 / 神奈川/ 千葉 / 愛知/ 大阪/ 京都/ 兵庫/福岡/熊本
求人数 16,946 件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み エンジニア、ディレクター、PM、ITコンサル特化
エンジニアの転職に強い魅力がある
求人の平均年収が高い
おすすめな人 ・今より年収を上げたい現役エンジニア
・SIerからWeb業界に転職したい人
公式URL https://career.levtech.jp/

レバテックキャリア』は、業界トップクラスのエンジニア特化の転職エージェントです。

ベンチャーからメガベンチャー、大企業など、モダンな技術セットを扱っている人気の求人が多くあります。(過去にはリクルート、サイボウズ、ビズリーチ、DMMなども取扱あり)

また求人の年収相場が高いところも魅力的です。レバテックキャリアは、UIデザイナーやエンジニアとしてキャリアアップを図りたい方に向いています。

DAI
案件の詳細が知りたい方は、無料登録することで内容を確認できますよ。基本情報を入力すると簡単に登録できるので、気になる方はぜひご検討ください。

レバテックキャリア公式ページを見る

マイナビITエージェント

公式URL(https://mynavi-agent.jp/it/

【マイナビIT AGENT】IT・Web業界志望の方におすすめ
キャリアアドバイザーによるサポートが充実!非公開求人も多数紹介。

拠点 北海道 /宮城/東京/ 神奈川/名古屋/ 京都/大阪/兵庫/福岡
求人数 44,148 件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み IT系の転職に特化
専門性の高いアドバイザーが多い
おすすめな人 ・エンジニアの実務経験がありキャリアアップしたい人
・残業時間を削減してプライベートを充実させたい人
公式URL https://mynavi-agent.jp/it/

マイナビIT AGENTは、IT・Web業界で実務経験がある人におすすめのエージェントです。

大元のマイナビ転職のサービスで培ったノウハウを活かして立ち上げられました。

マイナビIT AGENTは、IT・Web分野の企業情報に強い転職エージェントという特徴があります

DAI
IT業界のさまざまな求人を扱っており、求人件数も充実。エンジニアやデザイナーなど、さまざまなIT系の求人を探せる魅力があります。

マイナビIT AGENT公式サイトより引用(公式:https://mynavi-agent.jp/it/

キャリアアドバイザーは、元IT系業界の経験者が多い点も特徴です。

DAI
「IT・Web業界に関する情報提供をしてもらえるだろうか?」など、エージェントの利用に不安を感じている方にも安心ですね。

マイナビIT AGENTに無料登録してみる

Geekly

公式URL(https://www.geekly.co.jp/

【Geekly】IT・Web・ゲーム業界でキャリアアップしたい人におすすめ
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。求人数も豊富。

拠点 本社(渋谷)/渋谷第2オフィス/
求人数 17,367件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み IT・Web・ゲーム業界の転職に特化
おすすめな人 サーバーエンジニア、Webデザイナー、ゲームプロデューサー、3Dモデラーなどの職種の人。職種別にコンサルタントが在籍
公式URL https://www.geekly.co.jp/

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

公開求人だけでも、17,367件(2022年12月現在)の件数があります。

以下で主な求人について、内容別におおまかにまとめてみました。

  • エンジニア(57%)
  • クリエイター(17%)
  • ゲーム(16%)

※公開案件の調査結果より。

Geeklyの利用者からは「年収を上げることに成功した」という声も多数届いています。

DAI
UIデザイナーや関連職種の経験がある方で、特にゲーム業界などの求人に関わりたい方におすすめのエージェントです。

Geeklyに今すぐ無料で登録してみる

WILLOF TECH (ウィルオブ・テック)

公式URL(https://willof.jp/techcareer/

拠点
新宿オフィス 
求人数 1,233件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み エンジニア一人に対して2人の担当者がつく
高年収の求人が多い。年収アップしたい人におすすめ
おすすめな人 ・効率重視で転職活動を始めたい人
・転職活動を進めて年収を上げたい人
公式URL https://willof.jp/techcareer/

WILLOF TECHは、ITエンジニアの転職に特化したエージェントです。

特徴として、一人のエンジニアに2人の担当者がサポートしてくれる点があげられます。具体的には、以下の内容別に合わせて対応してくれますよ。

  • キャリアアドバイザー:キャリアプランについて相談できる
  • リクルーティングアドバイザー:キャリアアドバイザーと企業の採用担当者とのやり取りを代行してくれる

また上流工程を含めて、高収入の求人が多いところも魅力です。

DAI
充実したサポート体制に加えて、年収アップやキャリアアップを図りたい方は、WILLOF TECHにご相談ください。

doda(IT)

公式URL(https://doda.jp/engineer/

拠点 東北オフィス/東北第二オフィス/丸の内本社/丸の内第二オフィス/大手町オフィス/南青山オフィス/紀尾井町オフィス/浅草橋オフィス/西新宿オフィス/横浜第二オフィス/みなとみらいオフィス/高崎オフィス/静岡オフィス/中部オフィス/中部第二オフィス/福井オフィス/関西オフィス/関西第三オフィス/大阪オフィス/京都オフィス/神戸オフィス/岡山オフィス/広島オフィス/九州オフィス/九州第二オフィス/南九州オフィス/鹿児島オフィス
求人数 175,807件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み IT・Web・ゲーム業界の転職に特化
おすすめな人 サーバーエンジニア、Webデザイナー、ゲームプロデューサー、3Dモデラーなどの職種の人におすすめ。職種別にコンサルタントが在籍
公式URL https://doda.jp/engineer/

株式会社パーソルが運営するdodaには、IT分野に特化したエージェント機能が併設されています。

DAI
求人に関しては、総合型エージェントのdodaと同じです。しかしIT業界出身のキャリアアドバイザーに相談できる魅力があります。

求人数が多いだけでなく、エンジニアやWebライター、UIデザイナーの求人まで幅広い内容を扱っている点が特徴です。

IT分野に関わる求人について、幅広く情報収集したいときにおすすめのエージェントです。

dodaITに無料登録してみる

UIデザイナーにおすすめの総合型転職エージェント3選

次は総合型エージェントについて紹介します。

総合型エージェントの利用は、主に以下のような方におすすめです。

  • 多くの求人から比較検討して探したい人
  • UIデザイナーの実務経験がない人
DAI
実務経験がある方は、特化型のエージェントがおすすめですが、UIデザイナーの実務経験がない人は、総合型のエージェントから求人を探してみてください。

リクルートエージェント

公式URL(https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、求人数が豊富な大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多くあります。「UIデザイナーに関わる転職をスタートしたい」と感じる方は、まずはリクルートエージェントへ登録してみてはいかがでしょうか。

拠点 東京本社/北海道支社/東北支社/宇都宮支社/さいたま支社/千葉支社/西東京支社/横浜支社/静岡支社 /名古屋支社/京都支社/大阪支社/神戸支社/中四国支社(岡山オフィス・広島オフィス)/福岡支社
求人数 326,854件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み 業界最大手の転職エージェントで圧倒的な求人数を誇る
IT系の求人数も豊富
おすすめな人 ・IT系の職種が未経験で仕事を探したい人
・多くの求人から探したい人
公式URL https://www.r-agent.com/

非公開求人数も多く、登録することで求人内容の詳細を確認できます。電話面談やオンライン面談にも対応しているため、転職活動の手間を省きたい方にもおすすめです。

ただリクルートエージェントは、担当者によって質が変わってくる側面があります。「不安を感じるかも」と思うときは、担当者を変更することが可能なのでご安心ください。

条件の決めておくことで、実務経験やスキルに合う内容を紹介してもらえるでしょう。

DAI
リクルートエージェントの無料登録は3分程度で終わります。ぜひ一度お試しください。

【リクルートエージェント】とにかく求人が豊富!最初に登録するべき転職エージェント
とにかく求人数の多い大手エージェント。幅広い選択肢の中から求人を探すことができます。

doda

公式URL(https://doda.jp/

拠点 東北オフィス/東北第二オフィス/丸の内本社/丸の内第二オフィス/大手町オフィス/南青山オフィス/紀尾井町オフィス/浅草橋オフィス/西新宿オフィス/横浜第二オフィス/みなとみらいオフィス/高崎オフィス/静岡オフィス/中部オフィス/中部第二オフィス/福井オフィス/関西オフィス/関西第三オフィス/大阪オフィス/京都オフィス/神戸オフィス/岡山オフィス/広島オフィス/九州オフィス/九州第二オフィス/南九州オフィス/鹿児島オフィス
求人数 175,807件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み ・求人数が方法。幅広い求人に目を通せる
おすすめな人 ・未経験からIT系の職種に挑戦したい人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://doda.jp/

doda』は、リクルートエージェントに次いで業界No.2の求人数を誇る転職エージェント。

リクルートエージェント』と似ている部分はありますが、dodaはキャリアアドバイザーの質が高い点が特徴です。

DAI
「キャリアアドバイザーは親切」「サポート対応が丁寧で良い」という口コミも多いです。

また担当者にはLINEで気軽に相談できるので、効率重視で転職を進めたい方に便利です。転職活動を上手に進められるか自信がないときに利用をご検討ください。

今すぐ無料で相談してみる

type転職

公式URL(https://type.career-agent.jp

拠点 転職サイトのためなし
首都圏(東京・横浜・大阪)を中心に多数の求人を取り扱っている
求人数 2,599件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み 営業・エンジニアの転職に強い
・地域特化の、ここでしか出会えない求人が多い
・専門分野ごとに精通したアドバイザーがつく
・条件や年収、入社日の交渉も代行!
おすすめな人 ・東京近郊での転職を目指す方
・応募から内定までプロにがっちりサポートしてほしい方
公式URL https://type.career-agent.jp

type転職エージェントは、東京近郊、営業・エンジニアで転職したい方に向いています。

DAI
転職支援実績が豊富であり、利用者の年収アップ率も高いです。

業界ごとに専門のキャリアアドバイザーがつくので、初めて利用される方でも安心ですね。また転職活動における応募書類や面接練習のサポートを受けられます。

転職活動で面倒に感じやすい交渉について、年収・希望条件・入社日などの条件を担当者が代行で伝えてくれる点も魅力です。

特に東京近郊の求人数は業界最高水準で、有名企業の求人も多数見かけられます。

以下の項目に該当する方は、type転職エージェントの利用をぜひご検討ください。

  • 東京近郊で転職したい
  • 応募から内定、条件交渉までサポートを受けたい
DAI
登録やサポートは無料です。気になる方はぜひ内容をご確認ください。
type転職エージェント公式ページを見る

未経験からUIデザイナーを目指す人におすすめエージェント3選

IT業界の職種で転職するには、基本的に実務経験が必要です。

「未経験から挑戦してみたい」という方は、以下で紹介するエージェントを利用してみましょう。

それぞれの詳細について解説します。

ワークポート

workport

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

拠点 東京 / 札幌 / 仙台 / 高崎 / 埼玉 / 横浜 / 千葉 / 名古屋 / 大阪 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 広島 / 高松 / 北九州 / 福岡 / 熊本
求人数 63,532件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み IT専門のエージェント特有の豊富な知見
・キャリアカウンセリングの質が高い
第二新卒、経験浅めの人向けの求人がある
おすすめな人 ・実務経験の年数は浅いものの、転職活動を始めたい人
・IT業界に関わる求人を探したい人
・IT業界全般に強いアドバイザーを求めている人
公式URL https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人が豊富な総合型エージェントです。

元は「ITビジネス領域に特化したエージェント」をテーマに取り扱っていましたが、今では「総合型エージェント」としてサービスを提供しています。

ワークポートは、キャリアカウンセリングの質が高い点も特徴です。「実務経験の年数が浅くて応募できない」と悩みを抱えている方は、一度登録してみて求人内容の詳細を確認してみてください。

DAI
以前ワークポートに登録した経験がありますが、IT業界をよく知る担当者にサポートしてもらえました。

ワークポートの口コミ

ワークポートの良かった点は?』という質問に対して以下のような回答がありました。

26歳・女性
求人紹介のみでなく、これまでのキャリアや性格から、よい点も悪い点もよい意味で素直に分析をしていただき、サポートをしていただけた点。また過去の面接の内容を、口頭およびeコンシェルで教えていただけた点。
24歳・男性
一貫して適切で丁寧だった点。思った以上の早さで転職ができた点。対応の早さ。履歴書などのWeb作成
23歳・女性
連絡が早い、何度も軸を確認してくれる。メリット、デメリットもしっかりと伝えてもらえる。
28歳・女性
転職活動全般の注意事項や大切にすべき点を知れたこと。また、希望に沿った企業様を多数ご紹介いただけたこと。

32歳・男性
他社と比べて、紹介していただいた求人数や幅が多かった。また、自身が望むキャリアやフォローについて理解していただけたため、スムーズに進めることができた。

DAI
対応の丁寧さ・早さに関するコメントのほか、「希望内容をしっかり聞いてもらえた」という口コミが多いのもポイントです!

まずは無料登録から始めてみましょう。

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

Next Career(ネクストキャリア)

Next Career公式サイト:https://www.nextcareer.jp/

拠点
東京本社オフィス/渋谷オフィス/札幌オフィス (サテライト)/ 仙台オフィス/名古屋オフィス/大阪オフィス/広島オフィス/福岡オフィス
求人数
2,000件以上(2022年12月現在)
強み 未経験からのエンジニア転職に強い
・ポテンシャル採用の企業の求人を多数取り扱い
おすすめな人 ・未経験からエンジニアを目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://www.nextcareer.jp/

Next Careerは、未経験に特化した転職エージェントです。

DAI
多くのエージェントでは実務経験が必要になるため、以下のように実務経験がなくて悩んでいる方はぜひ登録してほしいと思います。
  • 未経験でも応募できる求人が少なくて頭を抱えている……
  • 希望条件と違う求人ばかりを紹介される……
  • 未経験なのでエージェントに登録しても紹介してもらえない……
DAI
未経験からの転職活動に自信がないときは、ぜひ利用をご検討ください。

【Next Career】未経験からITエンジニアを目指すなら
未経験のITエンジニア志望者をポテンシャル採用している企業2,000社以上の求人を保有

ウズキャリIT

ウズキャリIT公式サイト:https://uzuz.jp/

拠点
東京本社オフィス/大阪オフィス/旭川オフィス 
求人数
非公開(2022年12月現在)
強み 未経験からSE・プログラマー・インフラエンジニアへの転職をサポートしてくれる
・スキルを身につけられる無料動画教材がある
おすすめな人 ・未経験からIT系の職種へ転職を目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://uzuz.jp/

ウズキャリITは、未経験からの転職に強いITエンジニア専門の転職エージェントです。

「実務経験がないから業界に挑戦するのは無理」と諦めるのは早いかもしれません。

ウズキャリITでは、登録後にYouTubeで動画教材を閲覧できるようになるので、これからスキルを磨いていきたい方にもおすすめです。

DAI
転職活動に不安を感じる方は、ぜひ一度ご登録ください。

ウズキャリITの公式ページを見る

転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントに登録後、どのような流れで活動を進めていくのか箇条書きで簡単に解説します。

  1. 転職エージェントの公式サイトから、情報を入力して会員登録する
  2. アドバイザーとの面談の日時を調節する
  3. 担当になったアドバイザーと面談する
  4. 企業の求人を紹介してもらう
  5. 希望条件に合う求人があれば書類選考に応募する
  6. 書類選考通過後、企業と面談する
  7. 内定が決まる

転職エージェントは、自力で求人を探すことに苦手意識がある方、面倒に感じる方におすすめです。

DAI
過去の経歴やスキルに合う求人を紹介してもらえるだけでなく、選考に関わる書類添削や面接対策のサポートを受けられます

UIデザイナーの仕事内容

UIデザイナーの仕事内容は、主に以下の内容があげられます。

  • クライアントへのヒアリング・調査
  • UIのデザイン
  • ユーザビリティテスト・デザイン改善の検討
DAI
それぞれの詳細について見ていきましょう。

クライアントへのヒアリング・調査

UIデザイナーの仕事は、クライアントやユーザーが求めるイメージを聞き取るところから始めます。

並行して市場調査を行い、ユーザーの課題を解消できるデザインを検討していく流れです。

骨組みを決める重要な部分になるため、解析ツールなどを使いながら丁寧に調査を進めます。

UIのデザイン

UIデザイナーには、ユーザーの課題を解消できるデザイン力が必要です。

またPhotoshopやillustratorなどのスキルを磨いておけば、デザインを作成するときのクオリティを高められます。

DAI
ほかにもHTMLやCSSのコーティングに関わる知識があると、デザインや設計を決めるときの話し合いをスムーズに進めやすくなるでしょう。

ユーザビリティテスト・デザイン改善の検討

UIデザイナーは、自分が作成したいデザインを提供するのではなく、あくまでもユーザー視点で考えることが大切です。

  • 「どのような設計にすると使いやすくなるのか」
  • 「どのようなデザインの改善が求められるのか」

など、現状のコンテンツや新しいコンテンツについて、デザインの面から改善を図れるスキルが求められます。

UIデザイナーの求人例

UIデザイナーに関わる転職を成功させるためにも、求人例を見てイメージを膨らませることが大切です。

以下ではUIデザイナーの求人例や年収相場の詳細を見ていきましょう。

※掲載している求人情報は、募集が終了している場合があります。UIデザイナーに関わる最新の案件情報は、エージェントに登録してご確認ください。

案件例①

案件名 【UIデザイナー】プロジェクト方向性検討・設計/フレックス制/フルリモート可
年収 350~685万円
職務内容 ・各事業部における競合調査や市場調査
各事業部のメンバーから製品・サービスの現状や競合他社との関係性等をヒヤリングし、プロジェクトの方向性の検討や設計を行います。
・UIデザインの設計
Webサイトのタイトル、メニュー位置、アクション、テキストリンクの色等、ブランディングを意識した操作性・ユーザビリティの設計を行います。・ユーザビリティの検証
ユーザーの視点に立った課題の発見や、アクセスログ分析、コンバージョン評価・検証等を用いて改善のための企画提案を行います。
求めるスキル ・iOS / Android / Webアプリケーションのいずれかの UIデザイン経験
・Figma での業務経験
・Adobe XDでの業務経験
・Sketchでの業務経験
案件URL 【UIデザイナー】プロジェクト方向性検討・設計/フレックス制/フルリモート可
(2022年12月20日 現在)

上記の案件は、UIデザインの設計やユーザビリティの検証など、UIデザイナーとしての基本的なスキルが求められる案件です。

年収は350~685万円で、フレックス制やフルリモートなどが選べる案件に該当します。

また時差出勤や時短勤務など、自由な働き方を実現しやすいところが魅力です。

DAI
FigmaやAdobe XDなどの経験も役立つため、技術を学んでおくと採用率アップを狙えます。

案件例②

案件名 【UI/UXデザイナー】Mirrativ内でリリースされるライブゲーム/原則フルリモート/フレックス
年収 500~800万円
職務内容 ■Mirrativ内でリリースされるライブゲームのUI/UXデザイン
・ライブゲームの世界観構築からUI/UX設計、既存のUI/UX改善まで幅広く担当いただきます。
■ユーザー体験に基づいた新機能/改善施策のUI/UX設計
・機能の開発スタイルとして、PdMやエンジニアと一緒に企画から進めていただきます。
求めるスキル ・UIだけでなくUXやユーザーストーリーから思考できる方
・論理的思考をもって円滑に議論を行える方
・課題解決能力の高い方
案件URL 【UI/UXデザイナー】Mirrativ内でリリースされるライブゲーム/原則フルリモート/フレックス

※2022年12月20日現在は、募集を終了しています。

ライブゲームに関わるUIデザインを担当できる案件例です。UI/UXデザインのスキルが求められます。

企画の上流工程から関われるため、UIデザイナーとしてスキルアップを図りたい方におすすめです。

年収は500~800万円で、こちらの案件もフルリモートやフレックス制度を導入しています。

DAI
ゲームに関わる分野でUIデザイナーのスキルを磨きたい方にピッタリです。

案件例③

案件名 【UIデザイナー】法人向け新規事業のUIデザイン業務全般/クリエイティブ制作/UI改善/リモート可
年収 450~1,001万円
職務内容 ・新規サービスのUIデザイン全般(Web) ※ 他Mobile等は未定
・ランディングページ作成やWebのUI改善
・マーケティング、プロモーションで必要なクリエイティブ制作
・プロダクトオーナーと協働しての課題抽出/整理、デザインシンキング
求めるスキル ・課題を発見し、解決できるUIデザインスキル
・目的を持ったデザインができ、かつその意図をわかりやすく説明できる方
案件URL 【UIデザイナー】法人向け新規事業のUIデザイン業務全般/クリエイティブ制作/UI改善/リモート可
(2022年12月20日 現在)

上記の案件例は、法人向けの新規事業に関するデザインを担当できます。

年収は450万円~1,001万円と幅が広く、収入アップを図りたい方にもおすすめです。

Webデザインやアプリデザインの実務経験が役立ちます。

DAI
案件例はあくまで一例です。「公開案件で条件に見合う求人がないかも」と感じるときでも、エージェントに登録して非公開案件を確認することで、自分のスキルに合う案件を見つけられる可能性があります

UIデザイナーの年収は?

マイナビAGENTのデータによると、デザイナーに関わる職種の平均年収は441万円です。

引用:マイナビAGENTデザイナー|職種別平均年収ランキング」(2022年12月20日時点)

以下で年齢別・性別ごとの平均年収についてまとめています。

平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 349万円 350万円 349万円
30代 550万円 465万円 643万円

引用:マイナビAGENTデザイナー|職種別平均年収ランキング」(2022年12月20日時点)

20代では平均年収が300万円代ですが、30代になると400~600万円台と収入がアップする傾向にあります。

20代と30代の平均年収が違う理由としては、30代にデザイナーとして転職する方が多いからです。

基本的な技術を磨きながら、30代に実務経験を活かしてより条件がいい企業に転職するという流れですね。

UIデザイナーで年収を上げていきたい方は、転職エージェントを有効活用して求人をお探しください。

UIデザイナーにおすすめのキャリアパス

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

UIデザイナーとして生計を立てるには、人生全体を見据えて今後のキャリアパスを検討することが大切です。

必ずしも同じ道を歩むわけではありませんが、以下のキャリアアップ例が考えられます。

  • UXデザイナー
  • アートディレクター
  • コンサルタント
  • Webディレクター/Webプロデューサー
  • フロントエンドエンジニア

会社員時代の経験を活かして、正社員からフリーランスに転身して活躍される方も多いです。

DAI
「同じ仕事を続けるのに不安を感じる」という方は、並行して挑戦できる職種にチャレンジして、経験値を上げていきましょう。

UIデザイナーとして転職するのに必要なスキル

UIデザイナーとして活躍するためにも、以下のようなスキルが必要です。

  • クライアントの要望を聞きだすコミュニケーション能力
  • デザインソフトを扱うスキル
  • SEOやマーケティングの知識

それぞれの詳細について解説します。

クライアントの要望を聞きだすコミュニケーション能力

UIデザイナーの仕事は、クライアントやユーザーが求めるデザインを聞き取ることが重要です。

「どのような世界観を作りたいのか」「どのような仕様だと操作しやすいと感じるのか」など、要望を聞き出すためにも、丁寧にコミュニケーションを図っていきます。

DAI
クライアントやユーザーだけでなく、同業者とチームワークを築いて仕事に取り組むなど、滞りがないように自分から積極的に関わっていく姿勢が必要です。

デザインソフトを扱うスキル

UIデザイナーは、デザインを作成するときに以下のようなソフトを使用します。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Sketch

動画関係の領域を担当する場合は「Principle」や「Adobe After Effects CC」の操作スキルも重宝されます。

DAI
上記のソフトに関する技術を実務経験で磨いておくことで、UIデザイナーとして仕事の幅を広げられるでしょう。

SEOやマーケティングの知識

UIデザイナーにもSEOの知識が役立ちます。

Googleからサイトを評価される基準のひとつとして、UIデザインに関わる内容があげられるでしょう。

ユーザーにとって使いやすいデザインやサイト設計であるほど、基本的に評価が上がりやすくなると考えられています。

DAI
一例としては、ページ全体を軽くすることで読み込みが早くなり、ユーザーがストレスを感じにくいサイトを構築できるでしょう。

また市場調査に関するマーケティングの知識も重要です。

たとえばアクセス解析や環境分析など、ソフトなどを使って調査する技術が求められるでしょう。

DAI
マーケティングの知識があるとデータ分析を使って、クライアントが改善したい課題を解消しやすくなります。

UIデザイナーが転職エージェントを利用する際に気を付けるべきポイント

UIデザイナーに関わる転職活動をスタートしたい方は、エージェントの利用時に以下の点に注意する必要があります。

  • 転職エージェントには複数登録する
  • 未経験者は総合型のエージェントを利用する
  • カウンセリング前に希望条件をまとめておく
  • 相性が合わない担当者は変更してもらう

詳細について見ていきましょう。

転職エージェントには複数登録する

転職エージェントに登録するときは、並行して複数のエージェントを利用しましょう。

目安としては2~5件程度の登録がおすすめです。複数に登録しておくことで、希望する業務形態や年収の求人に出会いやすくなります。

DAI
また専門エージェントと総合型エージェントの両方に登録しておくと、幅広い求人のなかから転職先を探すことが可能です。

未経験者は総合型のエージェントを利用する

総合型エージェントは「UIデザイナーの実務経験がないからどうしよう」と悩まれている方におすすめです。

たとえば以下の総合型エージェントがあげられます。

反対に未経験の場合、専門性が高いレバテックキャリアマイナビITエージェント(特化型のエージェント)は避けておくほうがいいかもしれません。

DAI
「未経験でも応募可能」の求人を探したいときは、リクルートエージェントdodaのほうが見つかりやすいメリットがあります。

カウンセリング前に希望条件をまとめておく

エージェントに登録後は、過去の実務経験や希望条件について、担当者からカウンセリングを受けます。

ある程度内容をまとめておくことで、スムーズな流れで準備を進めやすくなるでしょう。

具体的には以下のポイントをご検討ください。

  • 職種
  • 年収
  • 勤務地
  • 働き方(フルリモート、フレックス制など)
  • 社風
DAI
担当者には「理想の条件」を伝えながらも、求人が見つからない場合は「現実的な条件」を提示することで、幅広い案件から探してもらいやすくなります。

相性が合わない担当者は変更してもらう

転職エージェントでは、1~2人程度で固定の担当者が求人を探してくれます。

ただ相手も人間になるので、どうしても相性が合わないというケースもあるかもしれません。

我慢するのではなく「申し訳ございませんが、担当者を変えていただけないでしょうか?」とお願いする形で伝えることが大切です。

DAI
自分に合う担当者に出会えるほうが、気持ちよく転職活動を続けられます

未経験からUIデザイナーへ転職するには?

未経験からUIデザイナーに挑戦したい方は、以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. デザインやソフトの技術を勉強する
  2. コーディングの知識について勉強する
  3. マーケティングに関わる知識を勉強する
  4. 実際にUIデザインを作成して、ポートフォリオを準備する

1番については基本的な部分になるため、UIデザイナーになるために必須です。2~3番についても、基本的な知識を身につけておくほうが採用されやすくなるでしょう。

4番については「どのようなデザインを作成できるのか」という見本になるポートフォリオがあれば、未経験でも採用の可能性を高められます。

DAI
自力での勉強が難しいと感じるときは、リモートで参加できるスクールなどの利用もご検討ください。

UIデザイナーの将来性は?

UIデザイナーの将来性は明るいと予想されています。

サイトやアプリなどのUIデザイン設計は、今後とも需要が高い分野に該当するからです。

ユーザーにとってわかりやすく、操作しやすいデザインを作成することはサービスの改善に欠かせない要素になります。

DAI
UIデザイナーとして長く活躍するためにも、最新のデザインを学び続けながら勉強を継続することが大切です。

UIデザイナーの転職に関するよくある質問

UIデザイナーに関わる転職について、疑問を感じやすい2つの内容について解説します。

  • 転職エージェントと転職サイトはどう違う?
  • UIデザイナーを目指すのに有利な資格は?

それぞれの詳細について見ていきましょう。

転職エージェントと転職サイトはどう違う?

転職エージェントと転職サイトでは、以下のような違いがあります。

  • 転職エージェント:担当者のサポートが得られる(求人を紹介してもらえるなど)
  • 転職サイト:担当者はいないので、自力で求人を探す必要がある

転職サイトのメリットは、好きなタイミングで求人検索ができることです。

幅広い分野から求人を探しやすい利点もあるでしょう。

ただ担当者のサポートはないので、自力で探さなければいけないデメリットがあります。

また求人検索から応募、面接から採用までの流れもひとりで処理しなければなりません。

DAI
一方で転職エージェントは、担当者からの求人案内や面接のアドバイスなどを受けられます。「自力で探すのが面倒」と感じる方におすすめです!

UIデザイナーを目指すのに有利な資格は?

UIデザイナーのスキルや知識を証明できるものとして、資格の取得も役立ちます。

「資格は必要ない」という意見もありますが、資格取得の過程で専門知識を学ぶ機会にできるメリットがあるでしょう。

転職活動の評価を上げるためにも、ぜひ以下のような資格取得をご検討ください。

アドビ認定プロフェッショナル

Adobeソフトの操作スキルや知識を証明できる資格です。

具体的には以下の種類から、それぞれの試験を受けられます。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Premiere Pro

各ソフトから受験したい内容を選べる形式です。

試験会場は、東京・千葉・神奈川・京都・福岡があげられます。

DAI
UIデザイナーでは特にPhotoshopやIllustratorの操作技術が問われるので、スキルを証明したい方はぜひ資格取得をご検討ください。

ウェブデザイン技能検定

Webデザインやシステム構築などに関わる技術を証明できる資格です。

国家検定になるので、UIデザイナーのスキルを証明する上で役立つでしょう。

1~3級の試験内容があり、それぞれ学科と実技が実施されます。

DAI
1~2級は難易度が高い分、転職活動におけるアピール材料にできますよ。気になる方はぜひ資格取得をご検討ください。

色彩検定

色彩検定は、色に関わる知識を勉強できる資格です。

UIデザイナーはサイトのデザインを考えるときに、色彩に関するセンスや知識が求められます。

基礎部分の勉強から始めたいときは3級、実務に応用できる高いレベルを目指したいときは1~2級の受験がおすすめです。

DAI
色彩の知識を学ぶことで直感や感覚ではなく、基本的な色彩のルールを押さえられるので、デザイン力を高めやすくなります

まとめ

UIデザイナーの転職において、おすすすめの各エージェントを紹介してきました。

エージェントによって専門分野や取り扱う求人内容は変わります。

自分の希望条件に合う内容を探すためにも、複数の転職エージェントに登録することが大切です。

DAI
今回紹介した転職エージェントから気になるものがあれば、まずは登録からスタートしてみてください!
UIデザイナーの転職に強いエージェント3選

【第1位】レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
【第2位】マイナビIT AGENT (公式:https://mynavi-agent.jp/it/
IT/Webエンジニア転職に強い経験者向けIT転職特化型エージェント。キャリアアドバイザーによるサポートが充実!
【第3位】Geekly(ギークリー)(公式:https://www.geekly.co.jp/
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。高年収の求人多数。