最終更新日:
SEの転職に強いエージェント3選

【第1位】レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
【第2位】マイナビIT AGENT (公式:https://mynavi-agent.jp/it/
IT/Webエンジニア転職に強い経験者向けIT転職特化型エージェント。キャリアアドバイザーによるサポートが充実!
【第3位】Geekly(ギークリー)(公式:https://www.geekly.co.jp/
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。高年収の求人多数。

「SEとしてキャリアアップしたいけど、おすすめのエージェントはどこなんだろう?」

「エージェントがたくさんありすぎて、どこがいいのかわからない……」

「自分に合わない企業に転職して失敗するのは絶対避けたい」

DAI
この記事では上記のようなお悩みを持つ方々のために、IT業界への転職に強いエージェントを比較しながらそれぞれの強みについて徹底解説します。

転職エージェントを利用すると以下のような不満・悩みが出てくる人は多いです。

  • 自分の希望条件に構わず、採用基準の低い企業へ転職させようとしてくる
  • 担当者の転職市場・業界知識が乏しく、良い求人やアドバイスをもらえず、苦戦する
  • 経歴やスキルから「転職しにくい」と判断されたら、放置されて転職活動がうまく進まない

上記の事態を避けるために、エージェントごとの特性を理解しておくことが大事です。

DAI
先に今回ご紹介するおすすめの転職エージェントを厳選し、その特徴を表にまとめてみたので参考にしてみてください!
公式 公式UR L 特徴
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/ エンジニア・Webデザイナー特化型
求人・キャリアアドバイザーの質が高い
・実務経験者向けの求人がほとんど
マイナビIT AGENT https://mynavi-agent.jp/it/ IT・Webエンジニアの転職に強い
・IT業界全般
・実務経験者向けの求人がほとんど
Geekly(ギークリー) https://www.geekly.co.jp/ IT・Web・ゲーム業界に特化
・実務経験者向け
ワークポート https://www.workport.co.jp/ ・IT業界の転職に強い
・担当者もIT業界の知識が豊富
・未経験OKの求人も多い
DAI
実務経験者で同職種転職の場合は経験者向けの求人を扱っているレバテックキャリア(エンジニア・デザイナー向け)に登録するとより条件の良い求人が見つかりやすくなります。
DAI
またマイナビIT AGENT』やGeekly(ギークリー)もIT業界に特化しているので、IT系の職種の求人の質が高いのが特徴です。

他にもワークポートは初めての転職や20代におすすめのIT転職エージェント。IT系の職種での経験があれば、未経験の職種でも紹介してもらいやすいです。

※転職エージェントは、エージェントごとに求人や担当者の質が変わります。3社~4社ほど登録して網羅的に求人を把握できるようにしておきましょう

DAI
それぞれ特徴について詳しく解説していくので、エージェントに複数登録しつつ一番相性のいいエージェントを利用してみましょう!

SEが転職エージェントを利用すべき理由

SEが転職エージェントを利用すべき理由は主に以下の3つです。

  • キャリアの棚卸しができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • キャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれる
DAI
以下でそれぞれについて詳しく解説します。

キャリアの棚卸しができる

キャリアの棚卸しとは、自分の職務経歴について時系列で言語化することです。

ご自身が持つ経験を洗い出し、企業にアピールできる強みを見極めましょう。

まずは以下の2点に焦点を当てて考えてみてください。

  • 経験した業務
  • 持っているスキル

このような観点から自分の経歴を洗い出し、転職したい企業に合わせアピールできることを明確にすると、面接での印象が良くなります。

DAI
たとえば要件定義・基本設計・詳細設計の業務がメインの企業へ転職したいなら、上流工程の経験を詳しく棚卸しするといいです。

SEの業務には要件定義・基本設計・詳細設計などの設計だけではなく、開発・テスト・運用・保守などもあります。

ご自身の希望する業務内容に応じて、アピールすべきポイントを明確にしておきましょう。

女性A
自分ひとりでやろうとすると意外と難しい……

そういう方は、無理に自分だけで頑張ろうとせず、転職エージェントを活用しましょう。

キャリアの棚卸しにおいて重要なのは、どのような業務をどのようなプロセスで進めたのかです。

「プロジェクトの中で発生したトラブルと、それを乗り越えるために工夫した点」のように、ご自身の業務に対する姿勢や大切にしている価値観を伝えられるよう工夫しましょう。

この部分をエージェントの担当者と一緒に深堀りしておくことで、面接でも説得力のある回答ができ、転職成功率が高まります。

DAI
キャリアの棚卸しを綿密に行うと、自信を持って転職活動に臨めます。ぜひ信頼できる担当者を見つけましょう。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用する大きなメリットのひとつが「非公開求人を紹介してもらえること」です。

転職エージェントが保有している求人のうち、7〜8割は一般公開されていません。

男性A
これだけでも転職エージェントに登録するメリットがありそうだな。

非公開求人は募集要項が明確なものも多く、条件が良い傾向があります。

「リモートワークがしたい」

「報酬のいい企業で働きたい」

「福利厚生が充実していると安心」

上記のように転職先の労働環境にこだわりたい方は、ぜひ非公開求人を狙ってみましょう。

積極的に紹介してもらえるよう、エージェントの担当者にご自身の経歴や強みを伝え、良好な関係を構築しておくことが大切です。

DAI
非公開求人に応募するためにもまずはエージェントに登録しましょう。

キャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれる

キャリアアドバイザーが企業との間に入ることで、以下のような面倒なやりとりを代行してくれます。

  • 応募書類の提出
  • 面接の日程調整
  • 給与の交渉

転職活動では、10社〜20社と多くの企業の面接を同時並行で受けることもあります。

全ての企業と面接の日程調整や給与交渉をしていると、いくら時間があっても足りません。

忙しいエンジニアほど、キャリアアドバイザーの力を借り、好条件での転職を実現させましょう。

DAI
働きながら転職活動することが多いので、企業とのやり取りは最小限に抑え、効率よく転職したいですよね。

またキャリアアドバイザーが職務経歴書の添削や面接対策をしてくれるエージェントもあります。

このような親身なサポートも、転職活動を成功させるためには非常に有効です。

自分だけで職務経歴書を作っても、わかりづらい文章になってしまっていたり、強みをアピールできていなかったりと、損をしてしまうことがよくあります。

何百人のエンジニアを転職支援してきたキャリアアドバイザーだからこそ、できるアドバイスがあります。

転職を成功させたいなら、素直にキャリアアドバイザーを頼るのがおすすめです。

DAI
キャリアアドバイザーのサポートも無料で受けられるエージェントがほとんどです。ぜひ有効活用してください。

SE向け転職エージェントの選び方

SEが転職エージェントを選ぶ際には以下のような基準で選びましょう。

  • IT・Web業界の求人案件が多い転職エージェントを選ぶ
  • 支援実績が豊富でサポートが良いエージェントを選ぶ
  • 自分のスキルに合った求人があるエージェントを選ぶ
DAI
それぞれについて詳しく解説します。

IT・Web業界の求人案件が多い転職エージェントを選ぶ

転職先の稼働条件を比較検討するためにも、必ず求人案件が多い転職エージェントを選びましょう。

似たようなスキルが要求される求人でも、企業によって報酬や福利厚生などは大きく異なります。

「ハイレベルなスキルが要求されるのに、報酬が割に合わない」という可能性もあるのでご注意ください。

DAI
SEに限ったことではありませんが、転職をする際にはできる限り多くの求人の中から条件の良いものを選びたいですよね。

ぜひIT系の職種に強いエージェントを選び、豊富な案件の中から納得のいく企業への転職を狙いましょう。

特にマイナビITエージェントレバテックキャリアは求人が豊富なうえ、業界に詳しいアドバイザーやコンサルタントにも相談できます。

またIT業界専門エージェントでなくとも、IT・WEB業界に強い大手総合転職エージェントもあるので、ぜひ比較検討してみましょう。

DAI
どんなに良質だと思える求人でも、必ず比較検討を行なってから転職を決めましょう。

支援実績が豊富でサポートが良いエージェントを選ぶ

転職エージェントを選ぶ際は、できる限り支援実績の多いエージェントを選びましょう。

支援実績が多いということは、それだけ求職者のデータを持っていることになります。

そのためキャリアアドバイザーは、膨大なデータをもとに「こういう履歴書・職務経歴書だと転職が決まりやすい」といった有益なアドバイスをしてくれるでしょう。

DAI
企業ごとの傾向にも明るいので、面接や応募書類の相談もできますよ。

またサポート面についても、エージェントごとに内容が大きく異なるので、比較検討することが大事です。

それだけでなく、キャリアアドバイザーとの相性も考慮してエージェントを選びましょう。

自分と相性の良い担当者が見つかると、転職成功率はさらに上がります。

DAI
無料で利用できるからといって、適当に転職エージェントを選ぶのはNGです。転職成功のためにもこだわって選びましょう。

自分のスキルに合った求人があるエージェントを選ぶ

IT・Web系の職種に転職する際は、専門のエージェントを利用した方が良い求人に出会える確率は上がります。

ぜひご自身のキャリアプランに応じて、適した転職エージェントを選んでください。

DAI
たとえば、職種にとらわれず幅広い経験を積みたい方はベンチャー企業の求人取扱数が多いエージェントを選ぶ、といった選択をすると良いでしょう

ただし、それは経験者に限った話であり、未経験者には当てはまりません。

基本的にSEの実務未経験者が求人を探すには、リクルートエージェントのような総合型エージェントがおすすめです。

一方、デスクワークの経験がある方がIT系の職種にチャレンジする場合は、ワークポートのような未経験者の転職に強い専門のエージェントを活用しましょう。

DAI
SEは上流工程の業務が多く、業界知識がない未経験者の転職はほとんど不可能です。

SEにおすすめの特化型エージェント5選

まずはSEや、Webエンジニア関連の実務経験がある方に向け、IT系に特化したエージェントを紹介します。

特化型転職エージェントは、特定の業種・職種に絞った求人を保有しており、担当者の専門性が高いのが特徴です。

DAI
ぜひ以下で紹介するエージェントから気になったサービスに登録してみましょう。

レバテックキャリア

(画像はレバテックキャリア公式サイト(https://career.levtech.jp/)より引用

拠点 ※現在は電話でのリモート対応可 (2022年1月現在)
東京 / 神奈川/ 千葉 / 愛知/ 大阪/ 京都/ 兵庫/福岡/熊本
求人数 17,152件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み エンジニア、ディレクター、PM、ITコンサル特化
エンジニアの転職にとにかく強い
求人の平均年収も高い
おすすめな人 ・今より年収を上げたい現役エンジニア
・SIerからWeb業界に転職したい人
公式URL https://career.levtech.jp/

レバテックキャリア』は、業界トップクラスのエンジニア特化の転職エージェントです。

ベンチャーからメガベンチャー、大企業など、モダンな技術セットを扱っている人気求人が多数存在します(過去にはリクルート、サイボウズ、ビズリーチ、DMMなども取扱あり)

求人の年収相場も高く、エンジニアとしてさらにキャリアアップを狙いたい方におすすめの転職エージェントです。

DAI
ユーザー登録すると案件を閲覧できます。ぜひご自身に合った案件を見つけてみてください。30秒ほどあれば登録できます。

レバテックキャリア公式ページを見る

マイナビITエージェント

公式URL(https://mynavi-agent.jp/it/

【マイナビIT AGENT】IT・Web業界志望の方におすすめ
キャリアアドバイザーによるサポートが充実!非公開求人も多数紹介。

拠点 北海道 /宮城/東京/ 神奈川/名古屋/ 京都/大阪/兵庫/福岡
求人数 44,258件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み IT系の転職に特化
専門性の高いアドバイザーが多数在籍
おすすめな人 ・実務経験があるエンジニアでキャリアアップを目指す人
・働き方を変えて残業を減らしたい人
公式URL https://mynavi-agent.jp/it/

マイナビIT AGENTはIT・Web業界で実務経験がある人におすすめのエージェントです。

もともとIT・Web分野の会社との繋がりが強いマイナビ転職が、IT業界に特化した転職エージェントとして立ち上げました。

リクルーティングアドバイザーが在籍し、担当企業と密にコミュニケーションをとっているため「企業がどのような人材を欲しているのか」をよく理解しています。

ぜひ豊富な情報量を活用し、転職に役立ててみてください。

DAI
IT系・Web系の業界に特化し、マッチング力の高いエージェントです。

SEだけでなく、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーなど、幅広いIT系職種の求人を探せます。

幅広いキャリアを検討している方は、マイナビIT AGENTを活用すると良いでしょう。

マイナビIT AGENT公式サイトより引用(公式:https://mynavi-agent.jp/it/

DAI
在籍するキャリアアドバイザーはIT系業界出身者も多く、Web業界への転職活動における業界知識を教えてもらいながら、転職活動に専念できます。

担当者はIT・Web系のバックグラウンドがある場合が多いので、詳しい仕事内容が聞きたい実務経験者にとってかなり心強いサービスと言えるでしょう。

またエージェントの規模が大きいため、北海道から沖縄まで全国各地に面談可能な拠点があるのも魅力の一つです。

マイナビIT AGENTに無料登録してみる

Geekly

公式URL(https://www.geekly.co.jp/

【Geekly】IT・Web・ゲーム業界でキャリアアップしたい人におすすめ
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。求人数も豊富。

拠点 本社(渋谷)/渋谷第2オフィス/
求人数 17,670件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み IT・Web・ゲーム業界の転職に特化
おすすめな人 サーバーエンジニア、Webデザイナーなどはもちろん、ゲームプロデューサー、3Dモデラーなど細分化された職種別にコンサルタントが在籍
公式URL https://www.geekly.co.jp/

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。

公開求人で11,975件、非公開求人で10,000件以上(2021年12月現在)という豊富な求人数を誇ります。

求人の割合は、エンジニア(57%)・クリエイター(17%)・ゲーム(16%)の3職種で9割を占めています(公開案件の調査結果より)。

DAI
エンジニアやゲーム業界の求人が豊富で、利用者の多くが年収アップ転職を叶えた実績もあります。IT業種で年収アップしたい人にはぜひ登録していただきたいエージェントです。

Geeklyに今すぐ無料で登録してみる

WILLOF TECH (ウィルオブ・テック)

公式URL(https://willof.jp/techcareer/

拠点
新宿オフィス
求人数 1,233件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み エンジニア一人に対して2人の担当者がつく
高年収の求人が多く年収アップが狙える
おすすめな人 ・効率良く転職活動を進めたい人
・転職して年収を上げたい人
公式URL https://willof.jp/techcareer/

WILLOF TECHはITエンジニアの転職に特化したエージェントです。

一人のエンジニアに対して2人の担当者がつくので、サポートの質が高い傾向にあります。

主にキャリアプランについて相談できるキャリアアドバイザーと企業の採用担当者とやり取りを代行してくれるリクルーティングアドバイザーの両輪で転職をサポート。

DAI
サポート体制が整っているので安心して転職活動に集中できそうです。

またサポート体制以外の強みとして高年収の求人が多いことが挙げられます。

エンジニアの求人も多いですが、より上流の工程のポジションの求人も多数扱っているので、キャリアアップを目指す人にもおすすめです。

DAI
年収アップ、キャリアアップを狙うエンジニアの方はWILLOF TECHに相談してみましょう。

doda(IT)

公式URL(https://doda.jp/engineer/

拠点 東北オフィス/東北第二オフィス/丸の内本社/丸の内第二オフィス/大手町オフィス/南青山オフィス/紀尾井町オフィス/浅草橋オフィス/西新宿オフィス/横浜第二オフィス/みなとみらいオフィス/高崎オフィス/静岡オフィス/中部オフィス/中部第二オフィス/福井オフィス/関西オフィス/関西第三オフィス/大阪オフィス/京都オフィス/神戸オフィス/岡山オフィス/広島オフィス/九州オフィス/九州第二オフィス/南九州オフィス/鹿児島オフィス
求人数 45,407件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み IT・Web・ゲーム業界の転職に特化
おすすめな人 サーバーエンジニア、Webデザイナーなどはもちろん、ゲームプロデューサー、3Dモデラーなど細分化された職種別にコンサルタントが在籍
公式URL https://doda.jp/engineer/

株式会社パーソルが運営するdodaには、IT分野に特化したエージェント機能が併設されています。

DAI
求人内容は、総合型エージェントのdodaと同じですが、IT業界出身のキャリアアドバイザーに相談することができます。

エンジニアからWebライターまで幅広く扱っており、求人数が専門型エージェントの中でも多いことが特徴です。

なので、専門性の高いIT業種を探すというよりは、ITエンジニアなど業種ごとの詳細な情報を聞きたい場合に登録をおすすめします。

dodaITに無料登録してみる

SEにおすすめの総合型転職エージェント3選

次は総合型エージェントの紹介です。

総合型エージェントを使うべき人は以下のような方々です。

  • 多数の求人を網羅的に見たい人
  • SEとしての経験がない人
DAI
特化型のエージェントでは実務経験が求められることがほとんどなので、SEとして経験がない人は、総合型のエージェントで求人を探してみましょう。

リクルートエージェント

公式URL(https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、多くの求職者が利用している大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多く、転職するならまずはリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

拠点 東京本社/北海道支社/東北支社/宇都宮支社/さいたま支社/千葉支社/西東京支社/横浜支社/静岡支社 /名古屋支社/京都支社/大阪支社/神戸支社/中四国支社(岡山オフィス・広島オフィス)/福岡支社
求人数 83,056件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み 業界最大手の転職エージェントで圧倒的な求人数を誇る
求人数が多いぶんIT系の求人数も豊富
おすすめな人 ・IT系の職種が未経験の人
・網羅的に求人を見たい人
公式URL https://www.r-agent.com/

登録すれば非公開案件も見られるようになるため、自分にあった企業を紹介してもらいやすいです。

現在は電話面談やオンライン面談も可能なほか、IT未経験の求人もあります。

アドバイザーの質にばらつきがあるというデメリットもありますが、申し出れば担当アドバイザーの変更も可能です。

登録すると

  • より詳細な求人が見られる
  • どんな求人があるのかを見て何が求められているのかを把握できる
  • 実際にエージェントに相談しつつ、現状のレベルで未経験から転職できるか相談できる
  • 就活・転職対策をしてもらえる

など、自分の状況に合ったサポートを受けることが可能です。

DAI
3分ほどで無料登録できるので、ぜひ一度カジュアルに相談してみましょう!

【リクルートエージェント】とにかく求人が豊富!最初に登録するべき転職エージェント
とにかく求人数の多い大手エージェント。幅広い選択肢の中から求人を探すことができます。

doda

公式URL(https://doda.jp/

拠点 東北オフィス/東北第二オフィス/丸の内本社/丸の内第二オフィス/大手町オフィス/南青山オフィス/紀尾井町オフィス/浅草橋オフィス/西新宿オフィス/横浜第二オフィス/みなとみらいオフィス/高崎オフィス/静岡オフィス/中部オフィス/中部第二オフィス/福井オフィス/関西オフィス/関西第三オフィス/大阪オフィス/京都オフィス/神戸オフィス/岡山オフィス/広島オフィス/九州オフィス/九州第二オフィス/南九州オフィス/鹿児島オフィス
求人数 180,780件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み ・求人数が多いので網羅的に求人を見られる
おすすめな人 ・未経験からIT系の職種を目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://doda.jp/

doda』は、リクルートエージェントに次いで業界No.2の求人数を誇る転職エージェント。

リクルートエージェント』とかなり似ているのですが、dodaの強みはキャリアアドバイザーの質が高い点です。

DAI
「キャリアアドバイザーのサポートが丁寧で、面接でのアピール方法などもアドバイスをくれた!」という口コミも多いです。

担当者にLINEで気軽に相談できるので、転職が不安な方にもおすすめのエージェントです。

今すぐ無料で相談してみる

type転職

公式URL(https://type.career-agent.jp

拠点 転職サイトのためなし
首都圏(東京・横浜・大阪)を中心に多数の求人を取り扱っている
求人数 19,279件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み 営業・エンジニアの転職に強い
・地域特化の、ここでしか出会えない求人が多い
・専門分野ごとに精通したアドバイザーがつく
・条件や年収、入社日の交渉も代行!
おすすめな人 ・東京近郊での転職を目指す方
・応募から内定までプロにがっちりサポートしてほしい方
公式URL https://type.career-agent.jp

type転職エージェントは、東京近郊、営業・エンジニアへの転職に強いエージェントです。

DAI
転職支援実績が豊富であり、利用者の年収アップ率も高いです。

業界ごとに専門のキャリアアドバイザーがつき、応募書類や面接練習でもプロのアドバイスが受けられます。

年収や希望条件、入社日など、自分で交渉しにくい部分を代行してもらえる点も魅力です。

東京近郊の求人数は業界最高水準であり、有名企業の求人も多数紹介しています。

特に以下の項目に当てはまる人には、type転職エージェントの利用をおすすめします。

  • 東京近郊で転職したい
  • 応募から内定、条件交渉まで、プロにがっちりサポートしてほしい
DAI
無料で質の高いサポートを受けられるので、ぜひ一度チェックしてみましょう!
type転職エージェント公式ページを見る

未経験からSEを目指す人におすすめエージェント3選

SEに限ったことではありませんが、IT業界では実務経験が求められることが多いです。

となると未経験からの転職はハードルが高く、一人で進めようにも何から手をつけて良いかわからない……という人もいるのではないでしょうか。

DAI
上記のような人のために未経験からの転職に強いエージェントも紹介しておくので、ぜひ登録して相談してみましょう

ワークポート

workport

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

拠点 東京 / 札幌 / 仙台 / 高崎 / 埼玉 / 横浜 / 千葉 / 名古屋 / 大阪 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 広島 / 高松 / 北九州 / 福岡 / 熊本
求人数 64,286件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み IT専門のエージェント特有の豊富な知見
・専門性の高いキャリアカウンセリング
第二新卒・経験浅めの人の求人あり
おすすめな人 ・経験年数が短いが、転職したい人
・IT業界の求人を幅広く知りたい人
・IT業界全般に強いアドバイザーを求めている人
公式URL https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人に強いことで評判の総合型エージェントです。

求人の紹介だけではなく、PC・スマホ・タブレットで履歴書や職務経歴書を簡単に作れるツールや、無料転職活動支援アプリなども提供しています。

また転職講座や無料プログラミングスクールも開校し、未経験者の転職サポートも手厚いです。

ワークポートは以下の2点において大きな魅力があります。

  • IT領域に対する専門知識豊富なキャリアアドバイザーが在籍
  • 経験年数が浅くても応募できる求人がある

ワークポートは、「ITビジネス領域に特化したエージェント」から「総合型エージェント」にサービスを拡大した背景もあり、特にIT領域において実績と知見が豊富です。

そのため、IT業界の求人に強いことはもちろん、質の高いキャリアカウンセリングを受けることができます。

DAI
実際に過去にワークポートを利用しましたが、IT領域に詳しいキャリアアドバイザーに担当してもらえました。

ワークポートの口コミ

ワークポートの良かった点は?』という質問に対して以下のような回答がありました。

26歳・女性
求人紹介のみでなく、これまでのキャリアや性格から、よい点も悪い点もよい意味で素直に分析をしていただき、サポートをしていただけた点。また過去の面接の内容を、口頭およびeコンシェルで教えていただけた点。
24歳・男性
一貫して適切で丁寧だった点。思った以上の早さで転職ができた点。対応の早さ。履歴書などのWeb作成
23歳・女性
連絡が早い、何度も軸を確認してくれる。メリット、デメリットもしっかりと伝えてもらえる。
28歳・女性
転職活動全般の注意事項や大切にすべき点を知れたこと。また、希望に沿った企業様を多数ご紹介いただけたこと。

32歳・男性
他社と比べて、紹介していただいた求人数や幅が多かった。また、自身が望むキャリアやフォローについて理解していただけたため、スムーズに進めることができた。

DAI
対応の丁寧さ・早さに関するコメントのほか、「希望内容をしっかり聞いてもらえた」という口コミが多いのもポイントです!

登録は無料なので、ぜひ登録して実際の求人を見てみましょう。

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

Next Career(ネクストキャリア)

Next Career公式サイト:https://www.nextcareer.jp/

拠点
東京本社オフィス/渋谷オフィス/札幌オフィス (サテライト)/ 仙台オフィス/名古屋オフィス/大阪オフィス/広島オフィス/福岡オフィス
求人数
2,000件以上(2023年1月現在)
強み 未経験からのエンジニア転職に強い
・ポテンシャル採用の企業の求人を多数取り扱い
おすすめな人 ・未経験からエンジニアを目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://www.nextcareer.jp/

Next Careerは未経験専門のITエンジニア転職エージェントです。

そのため「これからエンジニアとしてのキャリアを歩みたい」という方の強い味方となってくれるでしょう。

一度エンジニアに転職し、実務経験を積むことができれば、キャリア選択の幅は大きく広がります。

DAI
未経験者に特化したエージェントは珍しいので、実務経験のない人は登録必須です。

Next Careerを活用すれば、転職に際して以下のようなお悩みを解決できます。

  • 未経験OKの求人がみつからない……
  • 自身の希望とそぐわない求人を紹介されてしまう……
  • 未経験のためエージェントに相談しても門前払い……

世にあるIT系の職種の求人のほとんどは経験者を対象にしたものです。

そのため未経験者はなかなかエンジニア転職を実現できません。

求人の探し方がわからず、どこに相談したら良いか迷ってしまうこともあるでしょう。

もし未経験からのエンジニア転職に不安がある場合、Next Careerの活用がおすすめです。

DAI
実務未経験での転職を成功させ、エンジニアとしての第一歩を踏み出しましょう。

【Next Career】未経験からITエンジニアを目指すなら
未経験のITエンジニア志望者をポテンシャル採用している企業2,000社以上の求人を保有

ウズキャリIT

ウズキャリIT公式サイト:https://uzuz.jp/

拠点
東京本社オフィス/大阪オフィス/旭川オフィス
求人数
非公開(2023年1月現在)
強み 未経験からSE・プログラマー・インフラエンジニアへの転職をサポートしてくれる
・スキルを身につけられる無料動画教材がある
おすすめな人 ・未経験からIT系の職種へ転職を目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://uzuz.jp/

ウズキャリITは未経験専門のITエンジニア転職エージェントです。

DAI
実務経験のない人でも求人を紹介してもらえるのはありがたいですよね。

ウズキャリITを活用することで、転職に関する以下のようなお悩みを解決します。

  • 転職サイトでは未経験OKの求人がみつからない……
  • 自身の希望とそぐわない求人を紹介されてしまう……
  • 未経験のためエージェントに相談しても門前払い……

IT業界の転職に特化したノウハウを持っており、学習のサポートまでしてくれます。

ウズキャリITに登録することで、YouTubeで動画教材を閲覧できるようになるので、知識ゼロの方でも安心です。

DAI
実務未経験で転職するのが不安な方はぜひ相談してみましょう。

ウズキャリITの公式ページを見る

転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントに登録してから転職までは以下のような流れです。

  1. 転職エージェントの公式サイトから会員登録
  2. アドバイザーとの面談の日程を調節
  3. 担当のアドバイザーと面談
  4. 企業の求人の紹介を受ける
  5. 希望する求人の書類選考に応募
  6. 書類選考通過後、企業との面談
  7. 内定
DAI
転職エージェントを利用することで、アドバイザーに自分に合った求人を紹介してもらえたり、書類添削や面接対策などのアドバイスをもらえたりするので、効率よく転職活動を進められますよ。

SEの仕事内容

SEはシステム開発において設計〜運用保守まで全ての工程に関わるため、ITに関する幅広い知識が要求される職種です。

仕事内容は、大きく分けて以下の5つがあります。

  • 要件定義
  • 基本設計・詳細設計
  • 開発
  • テスト
  • 運用・保守
DAI
それぞれ詳しく解説します。

要件定義

要件定義とは、クライアントの要求をまとめ、システム開発の具体的な進め方を決め、要件定義書を作成するまでの一連の業務を指します。

要件定義はプロジェクトにおける最上流工程であり、プロジェクトの成否を左右する要です。

ユーザー側の要望をヒアリングで引き出して整理するため、コミュニケーション能力も要求されます。

要件定義における業務の流れは以下の通りです。

  1. 要求の整理
  2. 課題定義
  3. システム全体構成の決定
  4. 機能要件定義
  5. 非機能要件定義
  6. 要件定義書作成

システム開発に関する豊富な知識が必要なだけでなく、業界・業務の理解も要求されます。

DAI
要件定義に抜け漏れがあると、どれだけ開発が完璧でもプロジェクトは失敗に終わります。要件定義はそれほど重要性の高いスキルです。

基本設計・詳細設計

システム設計は「基本設計」と「詳細設計」に分かれます。

基本設計とは、要件定義の内容を実現させるために実装する機能を明確にする工程です。

必要な要件などを確認しながら、システムの全体像を構築していきます。

ユーザーが利用する際の動作を決めるため「外部設計」とも呼ばれます。

基本設計と異なり、機能の要件を詳細まで詰め、開発開始できるレベルに落とし込む段階が詳細設計です。

ユーザーから見えない部分の設計を行うため「外部設計」とも呼ばれます。

この段階では、クラス図、コンポーネント図、オブジェクト図、配置図など、様々なドキュメントを作成する能力が求められるでしょう。

DAI
基本設計は、開発効率に大きく影響を与える工程です。

開発

開発は、設計に従って仕様を満たすように機能を実装する工程です。

主にプログラマーが担当しますが、システムエンジニアがこちらの工程を担当することもあります。

使用する言語やフレームワークは案件や現場によって異なるため、柔軟な対応力が求められるでしょう。

フルスタックエンジニアとして開発に参画する場合は、フロントエンド、バックエンド、インフラと幅広い知識が要求されます。

エンジニアとして活躍するには、幅広い分野を担当するフルスタックエンジニアではなく「フロントエンドに特化する」などといったスペシャリストを目指す戦略も有効です。

スペシャリストタイプかジェネラリストタイプか、ご自身の強みに応じてキャリアプランを選択しましょう。

DAI
開発は様々な技術が採用されるので、ぜひご自身の興味関心や適正に合わせて技術選定してください。

テスト

テストは、設計に従って開発したシステムの動作確認を行う工程です。

テストには以下のような種類があります。

  • 単体テスト
  • 結合テスト
  • 総合テスト

またフロントエンド、バックエンド、インフラによってテスト手法やテストツールにも違いがあるので、選定技術に応じたテスト手法を身につけましょう。

ただし基本的なテストの流れはどの技術でも共通し、以下のように進んでいきます。

  • テスト設計
  • テスト実施
  • 結果確認
  • 品質改善提案

テストをするときは、いかに抜け漏れのないテストを組み、効率よく進めるかを考えることが大切です。

「機能と機能の繋ぎ込み」など「重点的にテストすべき部分はどこか」を判断できる能力があると、スムーズにテストを進められます。

「満たして当然の機能」は確実に品質を保証し、「クライアントの期待値を超える機能」にまで気を配れるといいでしょう。

DAI
クライアントの満足度を高めるために非常に重要な工程です。バグが1つもないアプリはあり得ないので、精度の高いテストができるSEは重宝されるでしょう

運用・保守

システム運用は、システム障害の発生を予防し、システムが停止しないよう監視する業務です。

仕事内容は大まかに「ネットワーク管理」「システム管理」「業務運用管理」の3種類に分かれます。

システムが停止してしまうとクライアントに大きな損害を与えるため、非常に重要な業務です。

日常業務の中でシステムの動作を監視し、トラブルの予防・早期発見・保守担当との連携を行います

システム保守は、システムに不具合やトラブルがあったときに対応する業務です。

それだけでなくシステムのセキュリティ強化・改善、オペレーションシステムのアップデートも担当します。

システムは大きくソフトウェアとインフラに分けられ、それぞれ以下のように保守を行います。

  • ソフトウェア・・・データのバックアップ、セキュリティパッチ検証・実施
  • インフラ・・・セキュリティのアップデート、ネットワーク機器の復旧、ハードウェアの交換

用意された不具合発生時のマニュアルに沿って対応するだけでなく、想定外のトラブルに対応する柔軟性も要求されるでしょう。

DAI
システムは24時間365日稼働して当たり前、という前提で見られるので、運用保守の重要性は非常に高いです。

SEの求人例

ご自身が理想とする企業へ転職するためにも、まずはSEにどんな求人があって、年収の相場がどれくらいなのかを確認しましょう。

実際に求人をいくつかピックアップして紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※今回紹介する案件は募集を終了している可能性もあります。最新の案件例が見たい人はエージェントに登録したうえで、詳細を確認してみましょう。

案件例①

案件名 【Webアプリケーションエンジニア】ARR100億円超えの急成長ベンチャー/中部支社立ち上げ
月額単価 41万円〜100万円(年棒制:500~1,200万円)
職務内容 ■プロダクトおよび機能の企画・設計
・ロードマップをたたき台に、PM/UXに実現可能な企画、機能の提示
・今後の拡張性を考慮した設計
■実装・テスト
・サーバサイド/フロントの実装
■計測・改善
・プロダクトの改善につながる数字を計測する仕組みの実装
■新規技術、コア技術に関する研究開発・調査
・プロダクトの進化に必要な技術検証やプロダクトへの導入ロードマップの作成
求めるスキル <経験>
・複数言語での開発
・新技術の検証/導入
<経験・スキル>
・複数人でのWebアプリケーションの開発経験および優れたスキル
<マインド>
・プロダクト開発を通して価値を生み出すことに興味がある方
・世の中を変えることへの思いがある方
案件URL 【Webアプリケーションエンジニア】ARR100億円超えの急成長ベンチャー/中部支社立ち上げ(2023年1月10日 現在)

上記の案件では上流工程である規格設計だけではなく、アプリ開発における実装・テストなどのスキルも求められます。

サーバーサイド、フロントの両方のスキルが求められるので、言語・フレームワーク・テストツールともにサーバーサイドとフロントエンドの両方の知見を持っていると良いでしょう。

また「プロダクトの改善につながる数字を測定する」など、ビジネスを数字で分析する視点も要求されます。

マーケティングにも明るいエンジニアは重宝されるでしょう。

DAI
要求されるスキルの幅が広くレベルは高いですが、参画すると大きく成長できそうです。

案件例②

案件名 【サーバーエンジニア】MO型タイトルのインフラ設計/コンソールゲームタイトル向け/フルリモート可
月額単価 41万円〜100万円(年棒制:500~1,200万円)
職務内容 ・同時接続10万人以上のMO型タイトルのインフラ設計
・コンソールゲームタイトル向けオンライン機能を提供する多彩なシステム群の設計運用
・オンラインタイトルのインフラモダン化
・高負荷DB(MySQLをはじめとするOSSのDB、oracleなど)の設計チューニング
・数PBに上るゲーム関連データを収容するSDSの設計運用
・重要情報を取り扱うシステム群の設計運用
・障害発生時の迅速なトラブルシュート
・数年先のトレンドを見据えた新技術の実証実験
・ブロックチェーンとNFTに関する知見、ゲームと連動した場合の負荷予測、ユーザー動向予測
求めるスキル ■サーバーエンジニア(ポテンシャル)
・Linux OSを用いたインフラ運用監視経験
・OSSの運用監視経験
・設計構築業務に興味をお持ちの方
・オンプレミス環境におけるシステム運用に興味をお持ちの方
・Linux OSを用いたインフラ設計、運用経験
※以下いずれかのご経験をお持ちの方
・UNIX OSを用いたインフラ設計、運用経験
・仮想OS、コンテナの設計、運用経験
・大手パブリッククラウドを用いたシステムの設計、運用経験
・データベースの設計、運用経験
・ストレージ(OSS、アプライアンス)の設計、運用経験
・IaCの活用経験
案件URL 【サーバーエンジニア】MO型タイトルのインフラ設計/コンソールゲームタイトル向け/フルリモート可(2023年1月10日 現在)

こちらの案件は10万人以上が同時接続するMO型ゲームのインフラ構築です。

負荷分散する設計や、高負荷に耐えるデータベースの設計など、アクセスが集中した時にも問題なく稼働し続けるインフラを実現する必要があります。

万が一、障害が発生した際にも、迅速に対応できるようトラブルシュートの流れが頭に入っていると良いでしょう。

DAI
インフラエンジニアとしての経験が豊富な方に向いています。

案件例③

案件名 【データベースエンジニア】クラウドプラットフォーム/新機能開発および運用/MySQLモニタリング
月額単価 33万円〜91万円(年棒制:400~1,100万円)
職務内容 ・MySQLのモニタリング、パラメータチューニング
・Database as a Service(マネージドデータベース)の新機能開発、運用
・MySQLのプラグインまたはコンポーネントの追加
・DBに関わるツールの検証(F/O、 バックアップ、リストアツールなど)
求めるスキル ・計算機科学に対する基本的な知識および理解
・Linux環境における開発および運用経験
・本番環境において冗長構成のMySQLを設計、構築および運用した経験
・MySQLについての深い知識
案件URL 【データベースエンジニア】クラウドプラットフォーム/新機能開発および運用/MySQLモニタリング(2023年1月10日 現在)

上記の案件では、クラウドプラットフォームにおけるデータベースを提供するサービスの開発を行うため、データベースだけではなくクラウドサービスに対する理解も必要です。

障害発生時の代替システムの実装、データのバックアップ、データ損失時のリストアなどの知見も求められます。

主にMySQLに関する業務経験があると重宝されるでしょう。

上記の案件はあくまでも一例なので、自分のスキルに合わせて案件を探してみてください。

DAI
公開案件に自分のスキルになさそうでも諦めないでください。エージェントに登録することで非公開案件が見られるようになりますよ。

SEの年収は?

マイナビAGENTのデータによると、システムエンジニアの平均年収は443万円です。

引用:マイナビAGENTシステムエンジニア|職種別平均年収ランキング」(2023年1月20日時点)

技術や経験によって担当できる業務が異なるため、下記の通り年代ごとの平均年収に差が見られます。

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 395万円 393万円 399万円
30代 505万円 509万円 482万円

引用:マイナビAGENTシステムエンジニア|職種別平均年収ランキング」(2023年1月20日時点)

20代のうちは実際に現場に出て手を動かす場合が多く、平均年収は300万円~400万円ほどです。

30代になると、マネジメント層に回り上流工程に深く関わる機会も増えるため、年収500万円を超えてきます。

もちろん若くして高単価案件を獲得できる場合もあるので、ぜひ積極的に技術習得に励み、様々な業務経験を積んでください。

DAI
システムエンジニアは実力次第で報酬が大きく異なります。

SEにおすすめのキャリアパス

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

SEへ転職する際には、キャリアパスについてよく理解し、ご自身に合ったプランを設計することも重要です。

SEからのキャリアパスは多様ですが、たとえば以下の6つに分けられます。

  • Webエンジニア
  • インフラエンジニア
  • フィールドエンジニア
  • セールスエンジニア
  • ITコンサルタント
  • データサイエンティスト
DAI
IT業界は非常に幅が広く、様々な分野があります。あなたの希望や適性に合わせて、最適なキャリアを選びましょう。

職種によって学ぶべき技術は大きく変わります。

フルスタックなシステムエンジニアを目指すのも良いですが、全ての技術を網羅しようとすると時間がいくらあっても足りません。

「Webに関わりたいのか?」

「インフラを支えたいのか?」

「データを活用してビジネスを組み立てたいのか?」

様々な技術分野に関する興味関心は、各エンジニアによって大きく異なります。

ぜひご自身が情熱を持って取り組める分野を見極め、効率よく学習を進めていきましょう。

また転職後の働き方も企業によって様々です。

  • 自社開発(社内SE)
  • 受託開発
  • SES

上記のように働き方によって求められる技術や強みは異なるので、ご自身の適正にあった働き方を選んでください。

DAI
ずっと現場で手を動かすことが向いている方もいれば、上流工程で活躍した方が能力を発揮できる方もいます。

SEとして転職するのに必要なスキル

SEが身につけておきたいスキルは以下の通りです。

  • プログラミングスキル
  • 課題を的確に引き出すコミュニケーション力
  • プロジェクトを滞りなく進めるマネジメント力

1つずつご説明します。

プログラミングスキル

SEにプログラミングの理解があると、システム設計時に「実装可能か?」「実装するとしてどれくらいのコストがかかるか?」を考慮しやすいです。

つまり精度の高い設計や見積もりが可能になり、プロジェクトの遅延や仕様漏れなどのトラブルを防止できます。

またSEの仕事には、フロントエンドやバックエンドのフレームワークを用いた開発まで担当する求人もあるので、プログラミングスキルがあると対応領域が広がるでしょう。

開発に強いSEを目指すのであれば、プログラミングスキルの習得は強力なアピール要素となります。

具体的には以下のような項目について、期間を決めて勉強すると良いでしょう。

  • 言語の基礎(変数、四則演算、配列、繰り返し処理、条件分岐、例外処理など)
  • オブジェクト指向(クラス、メソッド、オブジェクトなど)
  • テストフレームワーク
  • デバッグツール
  • 主要ライブラリ

上記の項目は言語によって若干異なります。

各言語に合わせて学ぶことをリストアップし、学習計画を立てて身につけましょう。

システム開発関連の学習ロードマップに関しては、roadmap.shを参考にするエンジニアもいます。

フロントエンドバックエンドの両方でロードマップが提示されているので、チェックしてみてください。

DAI
学びたい言語で実務経験が詰めると最高です。可能な限り現場の経験の中でプログラミングスキルを学んでいきましょう。

課題を的確に引き出すコミュニケーション力

SEはクライアントの課題をシステム開発で解決するため、悩みや要望を引き出すコミュニケーション力が必須です。

コミュニケーション力が不足していると、要件定義で顧客の課題を引き出せず、不完全なシステムが出来上がってしまい、トラブルの原因になるでしょう。

上流工程は仕事全体の質を左右する重要な業務だからこそ、クライアントとの綿密なコミュニケーションが求められます。

またチームメンバーとともにタスクを消化していく際や、マネジメントをする際にも、コミュニケーション能力は重要です。

コミュニケーション不足だとお互いの意図を理解できず、不満が生じ、トラブルに発展することもあるでしょう。

また各メンバーの強みを把握できず、適材適所に人材配置することもできません。

他部署社員との連携やフォローをする際も、専門用語ばかりの会話ではなかなか理解が得られず、職場のチームワークに支障が出てしまいます。

システム開発は個人でやるものではなく、チームで進める場合がほとんどなので、コミュニケーション力はSEにとって必須の能力です。

DAI
コミュニケーション力のあるエンジニアは活躍できる場面が非常に多いです。

プロジェクトを滞りなく進めるマネジメント力

プロジェクトの重要な要素であるQCD(Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)を満たすためにも、マネジメント力は必須です。

マネジメント力を身につけるには、「人」「物」「金」を管理・運用する方法を学ぶことが大切です。

具体的には、プロジェクトマネジメントの世界標準である「PMBOK」を学ぶといいでしょう。

PMBOKとは、「Project Management Body of Knowledge」の略で、プロジェクトマネジメントの手法を体系立ててまとめたものです。

PMBOKではプロジェクトのプロセスや知識エリアについて詳しく学べます。

【プロジェクトのプロセス】

  • 立ち上げ
  • 計画
  • 実行
  • 監視・管理
  • 終結

【知識エリア】

  • 品質管理
  • 原価管理
  • スケジュール管理
  • スコープ管理
  • 要員管理
  • コミュニケーション管理
  • リスク管理
  • 調達管理
  • ステークホルダー管理
  • 統合管理

プロジェクトを成功に導く力をつけるためにも、ぜひこちらを学んでみてください。

DAI
プロジェクトマネジメントは、それ一つで専門の資格が作られるほど重視されているスキルです。

SEが転職エージェントを利用する際に気を付けるべきポイント

SEとして転職したい人が、エージェントを利用するうえで注意すべきポイントは以下のようなものです。

  • 転職エージェントには複数登録する
  • 未経験者は総合型のエージェントを利用する
  • カウンセリング前に希望条件をまとめておく
  • 相性が合わない担当者は変更してもらう
DAI
それぞれについて詳しく解説しますね。

転職エージェントには複数登録する

DAI
転職エージェントを利用するのであれば、1つのサービスではなく複数のエージェントに登録しましょう。

1社だけに登録しても求人の比較ができず、選択肢が狭まってしまうからです。

「この求人は報酬が高い」「この求人は福利厚生がいい」といったように、複数の求人を比較することではじめて一つ一つの求人の価値が見えてきます。

報酬面、キャリアのステップ、要求されるスキル、開発環境、学習面のサポートなど、求人の観点は多いからこそ、総合的に比較した上で最適な求人を選択しましょう。

DAI
少なくとも2〜3社、最大で5社くらいまでの登録がおすすめです。

また登録するエージェントの組合わせにも気をつけまししょう。

たとえばIT業界に特化したエージェントに登録しているのでれば、もう1社は総合型のエージェントに登録するなど、様々な特性のエージェントを活用するといいです。

未経験者は総合型のエージェントを利用する

もしSEとして実務経験がない場合、まずは総合型のエージェントを利用しましょう。

レバテックキャリアマイナビITエージェントといった特化型のエージェントは大半が経験向けの求人で、未経験者向けの求人はほぼ取り扱っていません。

いきなりハイレベルな求人に挑戦しても転職できる可能性は非常に低く、時間と労力が無駄になる場合が多いです。

まずは未経験可能な求人に応募し、エンジニアとしての実務経験を積みましょう。

ただし未経験可能な求人でも、目安として半年以上のプログラミング学習経験が要求されます。

ぜひプログラミング言語やフレームワークの基礎学習を行い、スキルを証明するような成果物を作成し、面接対策を済ませて転職活動に臨んでください。

DAI
担当者の専門性にはバラつきがありますが、未経験者の場合はリクルートエージェントdodaといった総合型のエージェントを利用した方が自身に合う求人はみつかりやすいです。

カウンセリング前に希望条件をまとめておく

カウンセリング前に、自身が希望する労働条件をまとめておきましょう。

たとえば以下のような項目を言語化しておくことで、エージェントの担当者も求人を探しやすくなります。

  • 希望職種
  • 希望年収
  • 希望勤務地
  • 希望評価制度
DAI
希望が明確であるほど、自分にあった求人を探してもらいやすくなりますよ。

最初は厳しめに設定して良いですが、条件にあった求人がなかなかみつからない場合は、条件を再検討しましょう。

「これだけは絶対に外せない」という条件が明確だと、妥協すべき部分とそうでない部分の判断がつきやすいです。

相性が合わない担当者は変更してもらう

転職エージェントに登録すると、専任の担当者がついてくれます。

そのおかげで効率よく転職ができるため、非常に心強い存在と言えるでしょう。

ただし、どんなに評判の良い転職エージェントでも、「自分とは合わない……」と感じる担当者はいます。

そのような場合はすぐに担当者の変更を申し出ましょう。

「担当者の変更を申し出るのは気まずい」と思うかもしれませんが、ご自身の人生がかかっているので、そこはシビアに対応した方がいいです。

担当者にとっても自分と合わない人をサポートし続けるのはストレスがあり、お互いにとっていい結果にならない可能性があります。

合わない場合は素直に「合わないので変更をしたいです」と申し出た方が親切と言えるでしょう。

DAI
遠慮してもいい結果にはつながらないので注意しましょう。

未経験からSEへ転職するには?

結論から言うと、以下の3ステップでSEへの就職を目指すのがおすすめです。

  1. プログラミングやフレームワークなどアプリ開発の基礎を学ぶ
  2. エンジニアの業界知識をつける
  3. オリジナルアプリを作り、ポートフォリオを準備する

1番はあたり前にできていることが前提で、特に重要なのが2番と3番です。

転職の失敗パターンとして「意欲やスキルがない」ということよりも、「転職前に事前情報を調べなかった」ということがよく挙げられます。

どんな職種があって、どんな人材が求められているのかを理解していないと、効率よく学習を進めたり、ご自身の強みを効果的にアピールしたり、といったことができなくなってしまいます。

それに、自分の求めていた仕事像と全く違うため、すぐに退職してしまう可能性もあるでしょう。

またエンジニアへ転職する場合、大手企業やメガベンチャーなど、好待遇で働ける企業ほど質の高いポートフォリオが求められます。

何の狙いもなしにアプリ開発するのではなく「誰のどういう悩みを解決するのか?」を考え、人の不便を解消することを目的としたアプリを開発し、成果物として提出しましょう。

またどれだけいいアプリを開発したとしても、初見の採用担当者にはその良さがわからないこともあるので、アプリの説明をするためのドキュメントを用意することも重要です。

GithubのREADMEにわかりやすく仕様をまとめたり、PDFで説明資料を用意してあげると、アプリの狙いやご自身のスキルレベルも伝えやすいです。

DAI
20代前半のうちはポテンシャルで採用されることもありますが、特に自社開発企業などにに入社したい場合は良質なポートフォリオを用意した方が良いです。

ポートフォリオは未経験からの転職でも十分なスキルがあることを示す材料になり、実務についていけるか判断する指標にもなるからです。

一度作成したポートフォリオで満足するのではなく、転職活動中にもらったフィードバックを参考にして日々アップデートを続けていくことで、就職の成功率を高めていきましょう。

DAI
有名なアプリのクローンではなく、自分がこだわったポイントやなぜそのアプリを作ったのかについて、理由を説明できることも大切ですね。

ただ、基本的に未経験でフロントエンドエンジニアやサーバーサイドエンジニアを採用したいと思う企業はそこまで多くありません。

継続的に学習を行い、求人をよく探して応募することと、未経験者でも採用されやすいようなポジションを戦略的に選んで挑戦することも大切です。

また将来的にフリーランスを目指す際も、まずは正社員で経験を積みましょう。

DAI
未経験OKの求人はインフラやテストエンジニアの募集が多いです。「誰でもできる」業務を任されスキルアップできない求人も多いので、その点には注意しましょう。

SEの将来性は?

結論から言うと、今後もSEの需要は高い状態が続くと考えられます。

テクノロジーの進歩に伴いSEの需要が増している現代では「35歳定年説」もそこまで気にする必要はありません。

IT人材需給に関する調査」によると、2030年に最低でも約16万人、最高で約79万人が不足すると予測されています。

ハイレベルなSEであれば、ヘッドハンターにスカウトされることもあるでしょう

とはいえスキルのない人材でも需要があるわけではなく、企業側からは「求める質の人材がいない」という声もあります。

いくら需要があるとはいえ、企業が求めるのはハイクラスな人材であるため、高度な専門性が必要であることに変わりはありません。

継続的な学習と新しい技術のキャッチアップは常に意識しておいた方がいいでしょう。

DAI
ITはどの業界でも導入されているからこそSEの将来性もあります。チャンスの多い職種なので、ぜひ自己研鑽しながらキャリアを積み重ねていきましょう。

SEの転職に関するよくある質問

SEが転職する際に疑問点として挙がる以下の2つの項目に回答しておきます。

  • 転職エージェントと転職サイトはどう違う?
  • SEを目指すのに有利な資格は?
DAI
順番に回答しますね。

転職エージェントと転職サイトはどう違う?

DAI
転職エージェントと転職サイトの大きな違いはサポートしてくれる担当者の有無です。

転職サイトは基本的にWebサイト上でサービスを提供しており、さまざまな業界・職種の求人を自由に検索、閲覧できます。

数多くの求人情報を比較、検討したうえで、転職サイトを通じて手軽に応募できるのが最大の魅力です。

ただし、転職サイトではキャリアアドバイザーのような転職をサポートする担当者はいません。

面接日程の調整や企業との交渉はど、すべて自分一人で行う必要があります。

一方、転職エージェントにはIT業界に詳しいキャリアアドバイザーが担当者としてつくため、転職活動をスムーズに進められます。

キャリアプランの相談対応、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策や日程調整など、一人では不安な部分のサポートをしてくれます。

もしSEへの転職に不安がある場合、まずはその道のプロであるキャリアアドバイザーに相談するといいでしょう。

転職エージェントも無料で利用できるため、デメリットはほとんどありません。

DAI
企業とのやりとりがおっくうに感じる人や、アドバイスを受けながら転職活動したい人などは、サポートの手厚い転職エージェントの活用がおすすめです。

SEを目指すのに有利な資格は?

SEとしての実力を証明するために、以下の資格を取得するのも有効です。

  • 応用情報技術者試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • 情報セキュリティマネジメント試験

多少なりとも転職に有利に働くのでぜひ参考にしてください。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)が主催する試験です。

ITの基礎的な理解を証明する資格ではなく、高度IT人材となるために必要な知識や技能が求められるため、基本情報技術者試験よりも難易度が高く設定されています。

応用情報技術者は、以下のような知識や技術が求められます。

  • システム全体(アプリ、ネットワーク、データベース、サーバーなど)の理解
  • システムの設計と機能実装に必要な技術の調査
  • システムの運用保守
  • 予算、工程、品質管理

企業課題・社会課題の解決に向けた戦略立案、信頼性や生産性の高いシステム設計・開発をできるようになりたい方におすすめです。

DAI
高度なシステム開発知識を身につけたい方はぜひチャレンジしましょう!

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、プロジェクトの成功を実現するために必要な知識や技術を身につけられる試験です。

プロジェクトマネージャーは、以下のような知識や技術が求められます。

  • システム全般に関する知識
  • クライアントの要求把握
  • 目標設定(KGI、KPI)
  • プロジェクトチームのパフォーマンス向上
  • プロジェクトチームの自立的成長の実現
  • リスクマネジメント
  • 計画や実績の分析と評価

上記を習得し、プロジェクトマネージャーとして高いパフォーマンスを発揮したい方におすすめです。

DAI
マネジメント能力を伸ばしたい方にもおすすめの資格です。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験は、情報セキュリティを確保するために必要な計画・運用・評価・改善に関する知識や技術を身につけられる試験です。

技術の進歩が進む現代では、ITによって便利なサービスや物が多く生まれた反面、サイバー攻撃もより複雑化・増加してきました。

それにより個人や企業が被害に合うケースも増え、情報セキュリティの重要性はさらに高まっています。

このような背景があり、情報セキュリティに関して高度な専門性を持った人材の市場価値もさらに高まってきました。

情報セキュリティマネジメントでは以下の知識や技術が求められます。

  • 情報セキュリティ対策の企画・設計
  • 機密情報の重要度把握と管理
  • 情報漏洩防止に向けたルール作り
  • メンバーや業務委託先に対する情報セキュリティの教育
  • セキュリティトラブル発生時の対応

システムを設計する際にもセキュリティの観点は非常に重要であり、その知識があるとクライアントからの信頼も上がります。

SEとしてキャリアアップするには欠かせない知識・技術と言えるでしょう。

DAI
セキュリティの知識があると、人材として大きな付加価値がつきます。

まとめ

今回はSEへの転職におすすめの転職エージェントを紹介しました。

IT業界には転職エージェントが多数存在しますが、それぞれ専門領域に違いがあるため、ご自身のキャリアプランに合ったサービスを見つけることが重要です。

設計に強いSEを目指すのか、開発に強いSEを目指すのかで、学ぶべきことや適性の高い企業は変わりますので、ぜひキャリアプランを明確にし、適したエージェントを選択してください。

DAI
転職サイトや転職エージェントはそれぞれ2,3サービス以上の登録がおすすめです。複数の転職エージェントを活用し、多くの求人で慎重に比較検討を行い、ご自身に合った企業へ転職しましょう。
SEの転職に強いエージェント3選

【第1位】レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
【第2位】マイナビIT AGENT (公式:https://mynavi-agent.jp/it/
IT/Webエンジニア転職に強い経験者向けIT転職特化型エージェント。キャリアアドバイザーによるサポートが充実!
【第3位】Geekly(ギークリー)(公式:https://www.geekly.co.jp/
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。高年収の求人多数。