最終更新日:
エンジニアの転職に強いエージェント3選

【第1位】レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
【第2位】マイナビIT AGENT (公式:https://mynavi-agent.jp/it/
IT/Webエンジニア転職に強い経験者向けIT転職特化型エージェント。キャリアアドバイザーによるサポートが充実!
【第3位】Geekly(ギークリー)(公式:https://www.geekly.co.jp/
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。高年収の求人多数。

「エンジニアでキャリアアップを図るには、どのエージェントを選ぶのが最適なんだろう?」

「エージェントの種類が多いから、どれを選べばいいのかわからない」

DAI
上記のような悩みを抱える方に向けて、IT業界の転職におすすめのエージェントを紹介します。

転職エージェントの不満になりやすいポイントは、下記のとおりです。

  • 希望の条件に合わない企業を紹介される
  • 担当者の知識が十分でないため、的確なアドバイスがもらえない
  • エージェントに登録したものの、企業を紹介してもらえずに転職活動を進められない

エージェントを有効活用するには、各エージェントの特徴を押さえておくことが重要です

DAI
以下でおすすめのエージェントをピックアップしました。表にまとめているので参考にしてください。
公式UR L 特徴
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/ エンジニア・Webデザイナー特化型
求人・キャリアアドバイザーの質が高い
・実務経験者向けの求人がほとんど
マイナビIT AGENT https://mynavi-agent.jp/it/ IT・Webエンジニアの転職に強い
・IT業界全般
・実務経験者向けの求人がほとんど
Geekly(ギークリー) https://www.geekly.co.jp/ IT・Web・ゲーム業界に特化
・実務経験者向け
ワークポート https://www.workport.co.jp/ ・IT業界の転職に強い
・担当者もIT業界の知識が豊富
・未経験OKの求人も多い
DAI
レバテックキャリア(エンジニア・デザイナー向け)は、実務経験がある方で同じ職種で転職したい方に向いています。
DAI
マイナビIT AGENT』やGeekly(ギークリー)は、IT業界で質の高い求人を求める方におすすめです。

これから転職活動を始めたい20代の方は、IT転職エージェントのワークポートを選んでみてください。IT関係の実務経験がある方なら、初めて挑戦する職種でも応募しやすくなります。

※各転職エージェントによって、求人内容やサポートの質は変わるのが現状です。エージェントは3~4社程度登録することで、さまざまな求人から転職先を検討できます。

DAI
この記事で各エージェントの詳細を紹介するので、自分に合いそうだと感じるサービスを選んでみてくださいね。

エンジニアが転職エージェントを利用すべき理由

エンジニアが転職エージェントを利用すべき理由は主に以下の3つです。

  • キャリアの棚卸しができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • キャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれる
DAI
以下でそれぞれについて詳しく解説します。

キャリアの棚卸しができる

転職エージェントに登録することで、自分のキャリアを振り返る機会ができます。

棚卸しする内容は、以下のとおりです。

  • 過去にどのような企業に勤めてきたのか
  • 仕事の実績には何があるのか
  • 今後のキャリアに繋がる実務経験はあるか

自身の経歴を整理する時間ができて、転職活動の書類作成や面接時のアピールに役立つでしょう。

DAI
特に具体的な実績を提示できれば、転職先の企業に即戦力として見られやすくなります

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用するメリットには、非公開求人が紹介してもらえる点があげられます。

非公開求人とは、会員以外に公開されない求人のことです。

公開されている求人よりも、募集要項が明確かつ好条件が多い特徴があります。

DAI
非公開求人は会員登録しないと見れないため、気になるエージェントがあればまずは登録して確認しましょう。

キャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれる

転職エージェントは、企業と求職者の間にキャリアアドバイザーが入ってくれるメリットがあります。

転職活動において「自分で求人を探すのが苦手」「プロに求人を紹介してもらいたい」と感じる方におすすめです。

たとえば、面接の日時調整や応募書類の提出など、面倒な作業を仲介してくれる魅力があります。

DAI
給料の金額も代わりに交渉してくれるので、面接のやりとりにかかる心理的な負担を減らせますね。

転職エージェントを利用すると、面倒な手間を省けて転職活動の時短につながりますよ。

エンジニア向け転職エージェントの選び方

エンジニアが転職エージェントを選ぶときは、以下の内容を押さえましょう。

  • IT・Web業界の求人案件が多い転職エージェントを選ぶ
  • 支援実績が豊富でサポートが良いエージェントを選ぶ
  • 自分のスキルに合った求人があるエージェントを選ぶ

詳細を見ていきましょう。

IT・Web業界の求人案件が多い転職エージェントを選ぶ

DAI
エンジニアの転職には、IT・Web業界に特化している転職エージェントを利用するのがおすすめです。

たとえばマイナビITエージェントレバテックキャリアは求人数が豊富で、業界に精通しているプロのアドバイザーやコンサルタントに話を聞いてもらえます。

求人内容の幅を広げたい方は、経験者に特化した専門エージェント以外にも、IT・WEB業界に強い大手総合転職エージェントを利用すると良いでしょう。

支援実績が豊富でサポートが良いエージェントを選ぶ

実績が豊富な転職エージェントは、求職者の情報や企業ごとの特性を把握しているケースが多いです。

過去のノウハウが蓄積されているため、面接や応募書類を提出するときも、的確なアドバイスを受け取りやすいでしょう。

DAI
転職エージェントに登録後、自分に合う担当者を見つけられると相談しやすくなり、転職活動の流れをスムーズに進めやすくなります。

自分のスキルに合った求人があるエージェントを選ぶ

転職エージェントを選ぶときは、実務経験の有無に合わせて、自分のスキルレベルに一致する内容を選びましょう。

たとえば実務経験がない方は、総合型エージェントのリクルートエージェント」などがおすすめです。総合型エージェントは、初めて業界に挑戦したい方向けの求人を見つけやい魅力があります。

実務経験がある場合、専門型エージェントのワークポートを利用しましょう。IT関係の職種経験があれば、未経験の職種でも応募しやすいメリットがあります。

エンジニアにおすすめの特化型エージェント5選

エンジニアの実務経験がある方向けに、おすすめの特化型エージェントを紹介します。

特化型エージェントは、ITやWeb関係など、専門性が高い職種に絞った求人内容が多い点が特徴です。

DAI
気になるものがあれば、ぜひご確認ください。以下で詳細を見ていきましょう。

レバテックキャリア

(画像はレバテックキャリア公式サイト(https://career.levtech.jp/)より引用

拠点 ※現在は電話でのリモート対応可 (2022年1月現在)
東京 / 神奈川/ 千葉 / 愛知/ 大阪/ 京都/ 兵庫/福岡/熊本
求人数 17,152件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み エンジニア、ディレクター、PM、ITコンサル特化
エンジニアの転職にとにかく強い
求人の平均年収も高い
おすすめな人 ・今より年収を上げたい現役エンジニア
・SIerからWeb業界に転職したい人
公式URL https://career.levtech.jp/

レバテックキャリア』は、業界大手のエンジニアに特化した転職エージェントです。

ベンチャーからメガベンチャー、大企業など、モダンな技術セットを扱っている求人が多く掲載されています。

※過去の求人例では、リクルート、サイボウズ、ビズリーチ、DMMなども取扱ありました。

DAI
年収の相場も安定しているので「転職と同時に収入アップを見込みたい」方にもおすすめです。

30秒程度で無料登録できます。非公開求人を含めて探したい方は、ぜひチェックしてくださいね。

レバテックキャリア公式ページを見る

マイナビITエージェント

公式URL(https://mynavi-agent.jp/it/

【マイナビIT AGENT】IT・Web業界志望の方におすすめ
キャリアアドバイザーによるサポートが充実!非公開求人も多数紹介。

拠点 北海道 /宮城/東京/ 神奈川/名古屋/ 京都/大阪/兵庫/福岡
求人数 44,258件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み IT系の転職に特化
専門性の高いアドバイザーが多数在籍
おすすめな人 ・実務経験があるエンジニアでキャリアアップを目指す人
・働き方を変えて残業を減らしたい人
公式URL https://mynavi-agent.jp/it/

IT・Web業界の実務経験がある方は、マイナビIT AGENTがおすすめです

大元のマイナビ転職は、IT・Web業界の企業に詳しいため、エンジニアの転職に強い傾向があります。

DAI
エンジニアやデザイナーなどの求人が豊富なので、転職してスキルアップを図りたい方にピッタリです!

マイナビIT AGENT公式サイトより引用(公式:https://mynavi-agent.jp/it/

DAI
IT業界を経験してキャリアアドバイザーになった方も多いので、転職活動に関わる業界知識を教えてもらいやすい点も魅力ですね。

実務経験があるエンジニアの方は、ぜひ登録してみてください。

マイナビIT AGENTに無料登録してみる

Geekly

公式URL(https://www.geekly.co.jp/

【Geekly】IT・Web・ゲーム業界でキャリアアップしたい人におすすめ
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。求人数も豊富。

拠点 本社(渋谷)/渋谷第2オフィス/
求人数 17,670件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み IT・Web・ゲーム業界の転職に特化
おすすめな人 サーバーエンジニア、Webデザイナーなどはもちろん、ゲームプロデューサー、3Dモデラーなど細分化された職種別にコンサルタントが在籍
公式URL https://www.geekly.co.jp/

IT・Web・ゲーム業界に強い転職エージェントを探したい方は、Geekly(ギークリー)がおすすめです。

  • エンジニア(57%)
  • クリエイター(17%)
  • ゲーム(16%)

公開案件の調査結果では、上記のような比率で求人が募集されていました。

特にゲーム業界に関わるエンジニアの求人を探したい方に向いています。

DAI
会員登録して転職先を見つけた方のなかには、年収アップを叶えた実績もありますよ。希望する分野の転職先で給料を安定させたい方におすすめです。

Geeklyに今すぐ無料で登録してみる

WILLOF TECH (ウィルオブ・テック)

公式URL(https://willof.jp/techcareer/

拠点
新宿オフィス 
求人数 1,232件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み エンジニア一人に対して2人の担当者がつく
高年収の求人が多く年収アップが狙える
おすすめな人 ・効率良く転職活動を進めたい人
・転職して年収を上げたい人
公式URL https://willof.jp/techcareer/

WILLOF TECHは、ITエンジニアの転職に強いエージェントです。

転職エージェントの担当者は通常ひとりですが、WILLOF TECHでは2人の担当者がついてくれます

  • キャリアアドバイザー:求職者のキャリアの相談に乗ってくれる
  • リクルーティングアドバイザー:企業と採用担当者の代行役になってくれる

サポート体制が充実しているため、転職活動に不安を感じる方でも安心できますね。

DAI
エンジニアの上流工程に関わる求人数も多いので、キャリアと年収の両方を手に入れたい方は、ぜひWILLOF TECHに相談してみましょう。

doda(IT)

公式URL(https://doda.jp/engineer/

拠点 東北オフィス/東北第二オフィス/丸の内本社/丸の内第二オフィス/大手町オフィス/南青山オフィス/紀尾井町オフィス/浅草橋オフィス/西新宿オフィス/横浜第二オフィス/みなとみらいオフィス/高崎オフィス/静岡オフィス/中部オフィス/中部第二オフィス/福井オフィス/関西オフィス/関西第三オフィス/大阪オフィス/京都オフィス/神戸オフィス/岡山オフィス/広島オフィス/九州オフィス/九州第二オフィス/南九州オフィス/鹿児島オフィス
求人数 180,872件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み IT・Web・ゲーム業界の転職に特化
おすすめな人 サーバーエンジニア、Webデザイナーなどはもちろん、ゲームプロデューサー、3Dモデラーなど細分化された職種別にコンサルタントが在籍
公式URL https://doda.jp/engineer/

doda(IT)は、IT分野に特化した転職エージェントのサービスです。大元は株式会社パーソルが運営するdoda(総合型エージェント)で、それぞれの求人内容は同じで変わりはありません。

DAI
ただdoda(IT)では、IT業界の経験があるキャリアアドバイザーからサポートを受けられます

エンジニアやWebライターなど、案件の種類が豊富な点が特徴です。

総合型エージェントを利用する感覚で求人を探しながらも、業界の情報収集を並行したい方に向いています。

dodaITに無料登録してみる

エンジニアにおすすめの総合型転職エージェント3選

総合型転職エージェントは、エンジニアの実務経験が浅い方におすすめです。

「特化型転職エージェントで応募できる求人がない」と感じるときに、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

以下でそれぞれのエージェントの特徴を解説します。

リクルートエージェント

公式URL(https://www.r-agent.com/

大手の総合型転職エージェント「リクルートエージェント」は、求人数が多いエージェントとして人気です。

IT業界の求人数も多く、実務経験がない方や転職活動に自信がない方に向いています。

拠点 東京本社/北海道支社/東北支社/宇都宮支社/さいたま支社/千葉支社/西東京支社/横浜支社/静岡支社 /名古屋支社/京都支社/大阪支社/神戸支社/中四国支社(岡山オフィス・広島オフィス)/福岡支社
求人数 332,377件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み 業界最大手の転職エージェントで圧倒的な求人数を誇る
求人数が多いぶんIT系の求人数も豊富
おすすめな人 ・IT系の職種が未経験の人
・網羅的に求人を見たい人
公式URL https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、元々の求人数が多いだけでなく、非公開求人が豊富というメリットもあります。

また「現地に直接訪れるのが面倒」という方には、電話面談やオンライン面談がおすすめです。自宅にいながら転職活動を進められる魅力があります。

以下でリクルートエージェントのメリットとデメリットをまとめました。

  • メリット:求人数が多くオンラインで対応可能
  • デメリット:アドバイザーによって質が一定でない

万が一アドバイザーの質が悪いと感じるときは、担当者を変更することも可能です。

DAI
登録は3分程度で完了します。多くの求人から比較検討したいときに利用しましょう。

【リクルートエージェント】とにかく求人が豊富!最初に登録するべき転職エージェント
とにかく求人数の多い大手エージェント。幅広い選択肢の中から求人を探すことができます。

doda

公式URL(https://doda.jp/

拠点 東北オフィス/東北第二オフィス/丸の内本社/丸の内第二オフィス/大手町オフィス/南青山オフィス/紀尾井町オフィス/浅草橋オフィス/西新宿オフィス/横浜第二オフィス/みなとみらいオフィス/高崎オフィス/静岡オフィス/中部オフィス/中部第二オフィス/福井オフィス/関西オフィス/関西第三オフィス/大阪オフィス/京都オフィス/神戸オフィス/岡山オフィス/広島オフィス/九州オフィス/九州第二オフィス/南九州オフィス/鹿児島オフィス
求人数 180,872件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み ・求人数が多いので網羅的に求人を見られる
おすすめな人 ・未経験からIT系の職種を目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://doda.jp/

人気の転職エージェントdodaの利用もおすすめです。

リクルートエージェント』に似ていますが、dodaのほうがキャリアアドバイザーの質が安定しています。

DAI
実際の利用者からも「サポートが充実している」という声が届きました。

またLINEで相談できるサービスもあるので、メールのやりとりが面倒に感じる方にもおすすめです。

今すぐ無料で相談してみる

type転職

公式URL(https://type.career-agent.jp

拠点 転職サイトのためなし
首都圏(東京・横浜・大阪)を中心に多数の求人を取り扱っている
求人数 2,546件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み 営業・エンジニアの転職に強い
・地域特化の、ここでしか出会えない求人が多い
・専門分野ごとに精通したアドバイザーがつく
・条件や年収、入社日の交渉も代行!
おすすめな人 ・東京近郊での転職を目指す方
・応募から内定までプロにがっちりサポートしてほしい方
公式URL https://type.career-agent.jp

関東方面に強い転職エージェントを探したい方には「type転職エージェントがおすすめです。

特に営業職・エンジニアの転職に向いています

特徴について以下にまとめました。

  • 各業界別に専門のキャリアアドバイザーが付いてくれる
  • 応募書類や面接練習のサポートが受けられる
  • 利用者の年収アップ実績がある

面倒に感じやすい年収や条件の交渉、入社日の交渉なども代行してくれます。

DAI
東京方面の求人数が豊富なので、関東で仕事を探したい方はぜひ登録してみてください。
type転職エージェント公式ページを見る

未経験からエンジニアを目指す人におすすめエージェント3選

IT業界の求人は、基本的に実務経験が必要です。

「エンジニアの実務経験がないからどうしよう」と迷われている方は、以下で紹介する転職エージェントを利用してみましょう。

ワークポート

workport

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

拠点 東京 / 札幌 / 仙台 / 高崎 / 埼玉 / 横浜 / 千葉 / 名古屋 / 大阪 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 広島 / 高松 / 北九州 / 福岡 / 熊本
求人数 64,283件(非公開求人は除く, 2023年1月現在)
強み IT専門のエージェント特有の豊富な知見
・専門性の高いキャリアカウンセリング
第二新卒・経験浅めの人の求人あり
おすすめな人 ・経験年数が短いが、転職したい人
・IT業界の求人を幅広く知りたい人
・IT業界全般に強いアドバイザーを求めている人
公式URL https://www.workport.co.jp/

実務経験がない方、実務経験が浅い方には「ワークポート」の総合型エージェントがおすすめです。

IT業界の求人に強く、業界の知識が豊富なキャリアアドバイザーが多い特徴があります。

元々はIT業界に特化したエージェントから総合型エージェントに切り替えたため、キャリアカウンセリングの質が高い点が魅力です。

DAI
実際に利用した経験がありますが「キャリアアドバイザーはIT業界に精通している」と感じました。

ワークポートの口コミ

ワークポートの良かった点は?』という質問に対して以下のような回答がありました。

26歳・女性
求人紹介のみでなく、これまでのキャリアや性格から、よい点も悪い点もよい意味で素直に分析をしていただき、サポートをしていただけた点。また過去の面接の内容を、口頭およびeコンシェルで教えていただけた点。
24歳・男性
一貫して適切で丁寧だった点。思った以上の早さで転職ができた点。対応の早さ。履歴書などのWeb作成
23歳・女性
連絡が早い、何度も軸を確認してくれる。メリット、デメリットもしっかりと伝えてもらえる。
28歳・女性
転職活動全般の注意事項や大切にすべき点を知れたこと。また、希望に沿った企業様を多数ご紹介いただけたこと。

32歳・男性
他社と比べて、紹介していただいた求人数や幅が多かった。また、自身が望むキャリアやフォローについて理解していただけたため、スムーズに進めることができた。

DAI
対応の丁寧さ・早さに関するコメントのほか、「希望内容をしっかり聞いてもらえた」という口コミが多いのもポイントです!

無料登録から始められるので、実務経験が少ない方はぜひ利用してくださいね。

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

Next Career(ネクストキャリア)

Next Career公式サイト:https://www.nextcareer.jp/

拠点
東京本社オフィス/渋谷オフィス/札幌オフィス (サテライト)/ 仙台オフィス/名古屋オフィス/大阪オフィス/広島オフィス/福岡オフィス
求人数 2,000件以上(2023年1月現在)
強み 未経験からのエンジニア転職に強い
・ポテンシャル採用の企業の求人を多数取り扱い
おすすめな人 ・未経験からエンジニアを目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://www.nextcareer.jp/

Next Careerは、業界の実務経験がない人向けのITエンジニア転職エージェントです。

以下のような悩みを抱える方に向いています。

  • 知識や知見はあるものの、実務経験がなしでは求人に応募できない
  • 希望条件に合わない求人ばかりを進められる
  • 未経験でエージェントに登録しても対応してもらえない
DAI
未経験者向けの特化型エージェントは、それほど多くありません。気になる方はぜひ登録してみてくださいね!

【Next Career】未経験からITエンジニアを目指すなら
未経験のITエンジニア志望者をポテンシャル採用している企業2,000社以上の求人を保有

ウズキャリIT

ウズキャリIT公式サイト:https://uzuz.jp/

拠点
東京本社オフィス/大阪オフィス/旭川オフィス 
求人数 非公開(2023年1月現在)
強み 未経験からSE・プログラマー・インフラエンジニアへの転職をサポートしてくれる
・スキルを身につけられる無料動画教材がある
おすすめな人 ・未経験からIT系の職種へ転職を目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://uzuz.jp/

実務経験がない方向けのITエンジニア転職エージェントを探すなら「ウズキャリIT」がおすすめです。

IT業界の勉強に関わるサポートをしてくれる魅力があります。

たとえばYouTubeで動画教材を見ながら、新しい知識を習得できる点が特徴です。

DAI
経験者以外の方で自信がない方、勉強を始めながら転職活動を進めたい方に向いています。

ウズキャリITの公式ページを見る

転職エージェントを利用する流れ

初めて転職エージェントに登録する方に向けて、登録から内定までの流れをまとめました。

  1. 転職エージェントの公式サイトから会員登録する
  2. 担当者と面談の日時を調節していく
  3. 担当者とキャリア面談をおこなう
  4. 企業の求人紹介を受ける
  5. 希望条件に合う求人の書類選考に応募する
  6. 書類選考通過後、企業と面談を行う
  7. 内定が決まる
DAI
担当者のアドバイザーから転職活動における書類添削、面接対策などのサポートを受けられます。確実に転職活動を進めたい方は、ぜひ利用してみてくださいね。

エンジニアの仕事内容

エンジニアの仕事内容は、主に以下の内容があげられます。

  • システムエンジニア
  • インフラエンジニア
  • Webエンジニア
  • ネットワークエンジニア
DAI
以下で紹介を見ていきましょう。

システムエンジニア

システムエンジニア(SE)の仕事は、主に以下の内容があげられます。

  • ヒアリング、要件定義
  • システム設計
  • テスト
  • 運用
DAI
場合によっては、開発(プログラミング)を担当することもあります。

インフラエンジニア

インフラエンジニアの仕事は、システムやサーバーに関わる内容を担当します。

  • 設計
  • 構築
  • 運用・保守など
DAI
上流工程から下流工程に関われる内容で、クラウドに関わるスキルがあると役立ちます。

Webエンジニア

Webエンジニアは、ソフトウェアを開発に関わる内容を担当します。

HTML・CSS・JavaScriptなどのスキルが必要です。

DAI
Webサービス、スマホアプリを作るエンジニアとして関わりたい方に向いています。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの仕事は、ネットワークに関わる構築・運用を担当します。

主な仕事内容は、以下のとおりです。

  • ネットワークに関わる要件定義
  • 構築
  • 保守・監視
  • 運用
DAI
ITのインフラに関わる仕事として重要です。

エンジニアの求人例

エンジニアに関わる求人について、年収相場や案件例を紹介します。

※案件例の求人は、募集が終了している場合があるかもしれません。詳細はエージェントに登録してご確認ください。

案件例①

案件名 【Webエンジニア(即戦力)】グロース市場上場企業/教育メディアのシステム開発/リモート可
年収 400万円~750万円
職務内容 自社で運営している学習塾予備校検索サイト『塾ナビ』や『家庭教師比較ネット』『医学部予備校ガイド』『みんなの学校情報』『コドモブースター』など教育メディアのシステム開発に携わっていただきます。
大小さまざまな規模の案件があり、案件ごとにご担当いただくため、計画〜実装、テスト〜リリースのすべてを担っていただく予定です。
求めるスキル ・開発の経験5年程度
・JavaもしくはC言語での開発経験3年以上
・チーム開発経験
案件URL 【Webエンジニア(即戦力)】グロース市場上場企業/教育メディアのシステム開発/リモート可

Webエンジニアとして、教育に関わるメディアの開発に携われる案件です。

リモート可能な案件なので、自宅で働きたい方にもうれしいですね。

開発に関わる実務経験が5年程度求められる案件で、JavaやC言語の開発経験3年以上も必要です。

DAI
年収は400万円~750万円。計画〜実装・テスト〜リリースなどのスキルも求められます。

案件例②

案件名 【データベースエンジニア】クラウドプラットフォーム/新機能開発および運用/MySQLモニタリング
年収 400万円~1,100万円
職務内容 ・MySQLのモニタリング、パラメータチューニング
・Database as a Service(マネージドデータベース)の新機能開発、運用
・MySQLのプラグインまたはコンポーネントの追加
・DBに関わるツールの検証(F/O、 バックアップ、リストアツールなど)
求めるスキル <経験・知識>
・計算機科学に対する基本的な知識および理解
・Linux環境における開発および運用経験
・本番環境において冗長構成のMySQLを設計、構築および運用した経験
・MySQLについての深い知識
・業務に対して責任感があり前向きな方
・先々を想定しつつ自ら率先して行動に移せる方
案件URL 【Webエンジニア(【データベースエンジニア】クラウドプラットフォーム/新機能開発および運用/MySQLモニタリング

データベースエンジニアに関わる案件です。

年収は400万円~1,100万円で、スキル次第では高収入が見込めます。

Linux環境に関わる開発・運用経験など、現場の実務経験が役立つ内容です。

DAI
ITのインフラを支える仕事に関わりたい方に向いています。

案件例③

案件名 【ネットワークエンジニア】情報システム関連業への支援/企画・設計・構築等能力に応じて業務をお任せ
年収 450万円~1,000万円
職務内容 ・主に複数名の体制で運用業務や導入プロジェクトなどを行っています
・大規模な対応では10名以上のチームへの参画となります
・企画などの上流フェーズでは単独または少数での対応となります
求めるスキル ・ネットワークを主体としたエンジニア職で3年以上の経歴をお持ちの方
・ネットワーク関連システムの導入/更改/設定変更業務で最低2年以上の経験
案件URL 【ネットワークエンジニア】情報システム関連業への支援/企画・設計・構築等能力に応じて業務をお任せ

ネットワークエンジニアに関わる案件です。

上流工程に関わる案件になるため、年収は450万円~1,000万円で幅が広い特徴があります。

DAI
大手企業と直接関わる機会も多く、人脈を築きたい方にもおすすめです。

少人数から大人数で仕事を進めるなど、臨機応変にコミュニケーションを図る能力が求められます。

DAI
上記で紹介してきた案件例は、あくまで一例です。転職エージェントに登録すると、非公開案件を閲覧できるので、ぜひ自分の条件に見合う内容を探してみてください。

エンジニアの年収は?

エンジニアの年収について「ネットワークエンジニア」を例に紹介します。

マイナビAGENTの調査において、ネットワークエンジニアの平均年収は455万円でした。

引用:マイナビAGENTネットワークエンジニア|職種別平均年収ランキング」(2023年1月9日時点)

知識や技術だけでなく経験によっても担当できる工程が異なるため、下記の通り年代ごとの平均年収に差が見られます。

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 376万円 382万円 335万円
30代 554万円 559万円 497万円

引用:マイナビAGENTネットワークエンジニア|職種別平均年収ランキング」(2023年1月9日時点)

20代の頃は、保守運用といった業務中心に任されるケースが多く、平均年収は300万円~400万円程度です。

30代の場合、上流工程(設計や構築など)に関わる機会が増えるので、年収500万円以上の方が増える傾向にあります。

基本的に年収は、年齢や実績に応じて上がっていくのが一般的です。

エンジニアにおすすめのキャリアパス

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

エンジニアの転職を成功させるには、今後のキャリアパスを検討しておくことが大切です。

主なキャリアパスとして、以下の内容があげられます。

  • プロジェクトマネージャー(PM)
  • ITコンサルタント
  • 社内SE
  • フリーランスなど

どのような方向性が合うのかは、今後関わりたい分野や仕事内容によって変わります。

DAI
実務経験がある方なら、フリーランスとして独立する方法もアリです。現場で経験を積んでおくことで、高収入を見込みやすくなります

エンジニアとして転職するのに必要なスキル

エンジニアに求められるスキルには、主に以下の内容があげられます。

  • プログラミングスキル
  • 基本的なIT知識
  • 論理的な思考力
  • 文章力

それぞれの詳細を解説します。

プログラミングスキル

エンジニアの基礎スキルとして、プログラミングスキルが求められます。

たとえば以下のようなプログラミング言語の理解が必要です。

  • JavaScript
  • PHP
  • Java
  • Pythontなど
DAI
現場の実務経験をとおして、さまざまな言語のスキルを習得することで、転職活動の幅を広げやすくなります

基本的なIT知識

エンジニアとして開発や運用などに関わるには、ITの基礎知識が必須です。

たとえばITに関わる用語の理解など、基礎知識を押さえておく必要があります。

DAI
またIT業界では日々知識がアップデートされており、エンジニアとして活躍を続けるためにも、自ら学ぶ姿勢を大切にしましょう。

論理的な思考力

エンジニアの仕事では、開発や運用などを進める上で論理的に思考するスキルが求められます

どのようにプログラミングを進めると良いのか、ゴールに向けて解消しなければならない課題は何かなど、つねに頭を回転させて問題を解消する必要があるでしょう。

DAI
仲間とコミュニケーションを図って仕事を進める上でも、論理的な思考力があることで話をスムーズに伝えやすくなります。

文章力

エンジニアは共同して作業を行う機会が多く、メールなどのやりとりにおける文章力が求められます。

わかりやすく要点を伝えられるスキルを磨くことで、仕事をスムーズに進めやすくなるでしょう。

DAI
仕事の資料作成で文章を伝える機会も多いため、内容の根拠などを用いてわかりやすく伝えるように心がけましょう。

エンジニアが転職エージェントを利用する際に気を付けるべきポイント

エンジニアの転職活動を成功させたいときは、以下のポイントに注意しましょう。

  • 転職エージェントには複数登録する
  • 未経験者は総合型のエージェントを利用する
  • カウンセリング前に希望条件をまとめておく
  • 相性が合わない担当者は変更してもらう
DAI
以下で詳細を見ていきましょう。

転職エージェントには複数登録する

転職エージェントを利用するときは、3~4社ほど掛け持ちで登録しておくのがおすすめです。

いくつかのエージェントに登録しておくことで、多くの求人から自分の条件に見合う内容を見つけやすくなるでしょう。

DAI
また総合型エージェントと専用エージェントの両方を利用するなど、エージェントの種類にも気を配ることで、それぞれの特徴や強みを活かして転職活動を進められます。

未経験者は総合型のエージェントを利用する

実務経験がない方の場合、総合型エージェントの利用がおすすめです。

たとえばリクルートエージェントdodaの総合型エージェントがあげられます。

エンジニアの実務経験がある場合は、レバテックキャリアマイナビITエージェントなど、専門分野に特化したエージェントを利用しましょう

DAI
自分の置かれた状況に合う転職エージェントを選ぶことで、転職活動の開始から内定までの流れを縮めやすくなるはずです。

カウンセリング前に希望条件をまとめておく

転職エージェントに登録後は、カウンセリング前に求人の希望条件をまとめておきましょう。

一例は以下のとおりです。

  • 職種
  • 分野
  • 年収
  • 勤務地
  • 社風
  • 働き方(リモートなど)
DAI
最初は理想の希望条件を伝えてみると良いでしょう。現実的に難しい場合、優先順位を決めて希望条件を出すことで、自分の条件に近い求人を探してもらいやすくなります。

相性が合わない担当者は変更してもらう

転職エージェントは、担当者を変更してもらえるメリットがあります。

「担当者との間合いや価値観が合わず、ストレスを感じる」ときは、早めに変更してもらうことで心理的な負担を軽減できるでしょう。

DAI
無理をして我慢する必要はないので、丁寧な伝え方で担当者を変更してほしい旨を伝えてみてください。

未経験からエンジニアへ転職するには?

未経験からエンジニアに転職したいときは、以下のような流れで就職を目指す方法がおすすめです。

  1. プログラミングの基本的なスキルを学ぶ
  2. エンジニアの業界に関わる情報を集める
  3. オリジナルのアプリを作成して、転職活動のポートフォリオを準備する

基本的にエンジニアには、プログラミングスキルが必須です。

また自分がどのような分野で活動していきたいのか、エンジニアに関わる情報収集を進めておきましょう。

平均年収はどのくらいなのか、求められるスキルに何があるのかなど、情報収集しておくことで最短コースで学びを深められます。

DAI
未経験の場合でも、ポートフォリオを作成することで、面接時にスキルをアピールしやすくなりますよ。

エンジニアの将来性は?

エンジニアの仕事は、今後とも需要が見込まれる内容といえます。

日本国内ではエンジニアの人材が不足しているといわれており、今後とも優秀な人材が求められるでしょう。

業界に関わる経験がある場合、ステップアップを踏んで上流工程に関わることも可能です。

DAI
上流工程に関われる人材は、業界内でも重宝されます。

アプリやサービスなどの需要は今後とも必要になるため、安定的な収入やスキルがほしい方にエンジニアの仕事はおすすめです。

エンジニアの転職に関するよくある質問

エンジニアの転職を成功させるために、押さえておきたいポイントをまとめました。

  • 転職エージェントと転職サイトはどう違う?
  • エンジニアを目指すのに有利な資格は?
DAI
それぞれの詳細を解説します。

転職エージェントと転職サイトはどう違う?

DAI
転職エージェントは、主に担当者のサポートが入る特徴があります。

面接の日時調整や交渉を仲介してくれるので、転職活動に関わる手間を省ける点が魅力です。

一方で転職サイトの場合、求人サービスから自力で探して応募しなければいけない点で違うでしょう。

DAI
「誰かにサポートを頼んで求人を紹介してほしい」という方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

エンジニアを目指すのに有利な資格は?

エンジニアとしての実力を証明する方法として、資格を保持しておくのもひとつの手です。

転職活動時の加点要素になるのでぜひ参考にしてください。

基本情報技術者試験

基本情報技術者は、IT業界に関わるエンジニアにおすすめの資格です。

情報処理技術者試験においてスキルレベル2に該当します。

プログラミングや開発に関わるスキルなどが問われる内容です。

DAI
エンジニアの知識において、復習を兼ねて学びたい方はぜひ挑戦してください。

応用情報技術者試験

応用技術者試験は、情報処理技術者試験でスキルレベル3に該当する資格です。

DAI
試験では、マネジメントや経営戦略に関わる問いが出題されます。マネジメント力を高めたいと感じる方におすすめです。

ITILファンデーション認定資格

イギリスで作られた資格で、ITILやITに関わる基礎知識を証明できる内容です。

運用管理に関わる知識が学べるため、インフラエンジニア、システムエンジニアなどの資格取得に向いています。

まとめ

エンジニアの転職におすすめの転職エージェントを紹介しました。

総合型エージェントや専門エージェントなど、実務経験の有無や自分のスキルに見合う内容を選ぶことが大切です。

DAI
転職エージェントに登録するときは、3~4社程度登録しておくと良いでしょう。いくつか登録しておくことで、自分が使いやすいと感じるサービスに出会いやすくなります。
エンジニアの転職に強いエージェント3選

【第1位】レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
【第2位】マイナビIT AGENT (公式:https://mynavi-agent.jp/it/
IT/Webエンジニア転職に強い経験者向けIT転職特化型エージェント。キャリアアドバイザーによるサポートが充実!
【第3位】Geekly(ギークリー)(公式:https://www.geekly.co.jp/
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。高年収の求人多数。