最終更新日:
データベースエンジニアの転職に強いエージェント3選

【第1位】レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
【第2位】マイナビIT AGENT (公式:https://mynavi-agent.jp/it/
IT/Webエンジニア転職に強い経験者向けIT転職特化型エージェント。キャリアアドバイザーによるサポートが充実!
【第3位】Geekly(ギークリー)(公式:https://www.geekly.co.jp/
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。高年収の求人多数。

「データベースエンジニアとしてキャリアアップを目指したい!」

「だけど、どこの転職エージェントがいいのか全然わからないな……」

DAI
今回の記事では、IT業界への転職に強いエージェントを比較しながらそれぞれの強みについて徹底解説します。上記のような悩みを持つ方は必見ですよ!

転職エージェントを利用する際、以下のような不満や悩みを抱える方も多いのではないでしょうか?

  • 自分の希望条件に構わず、採用基準の低い企業へ転職させようとしてくる
  • 担当者の転職市場・業界知識が乏しく、良い求人やアドバイスをもらえず、苦戦する
  • 経歴やスキルから「転職しにくい」と判断されたら、放置されて転職活動がうまく進まない

上記のような事態を避けるためにも、エージェントごとの特性を理解しておくことは必要不可欠。

DAI
今回ご紹介するおすすめの転職エージェントの特徴を表にまとめてみてみました!
公式 公式UR L 特徴
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/ エンジニア・Webデザイナー特化型
求人・キャリアアドバイザーの質が高い
・実務経験者向けの求人がほとんど
マイナビIT AGENT https://mynavi-agent.jp/it/ IT・Webエンジニアの転職に強い
・IT業界全般
・実務経験者向けの求人がほとんど
Geekly(ギークリー) https://www.geekly.co.jp/ IT・Web・ゲーム業界に特化
・実務経験者向け
ワークポート https://www.workport.co.jp/ IT業界の転職に強い
担当者もIT業界の知識が豊富
未経験OKの求人も多い
DAI
実務経験者で同職種転職の場合は経験者向けの求人を扱っているレバテックキャリア(エンジニア・デザイナー向け)に登録するとより条件の良い求人が見つかりやすくなります。
DAI
またマイナビIT AGENTや『Geekly(ギークリー)も、IT系職種の求人の質が高いのが特徴ですよ。

ほかにもワークポートは初めての転職や20代の方におすすめのIT転職エージェント。なんらかのIT系の職種での経験があれば、未経験の職種でも紹介してもらいやすいです。

※転職エージェントは、エージェントごとに求人や担当者の質が大きく異なります。そのため、3社~4社ほど登録してさまざまな求人を把握できるようにしておきましょう

DAI
それぞれの特徴について詳しく解説していくので、まずは複数のエージェントに登録して一番相性のいいエージェントを利用するのがおすすめですよ!

データベースエンジニアが転職エージェントを利用すべき理由

データベースエンジニアが転職エージェントを利用すべき理由は主に以下の3つです。

  • キャリアの棚卸しができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • キャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれる
DAI
それぞれ詳しく解説していきますね!

キャリアの棚卸しができる

そもそもキャリアの棚卸しとは、時系列で自分の職務経歴を言語化することを指します。

企業の面接では自分のアピールポイントを見極めるのも大事な作業ですが、自分だけではなかなか難しいですよね。

そんな人こそ転職エージェントを活用するのがおすすめ。

キャリアの棚卸しにおいて重要なのは、どのような業務をどのようなプロセスで進めてきたかです。

エージェントを利用すれば、この部分を担当者と一緒に深堀りできるので、面接でも説得力のある回答ができるようになるでしょう。

DAI
キャリアの棚卸しをしておくことでスムーズに転職活動に入れるので、ぜひ複数の転職エージェントに登録して信頼できる担当者を見つけてくださいね。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用する最大のメリットのひとつは、非公開求人を紹介してもらえること。

転職エージェントが保有している求人のうち、7〜8割は非公開です。

非公開求人は募集要項がはっきり明記されているものが多く、条件が良い傾向にあります。

DAI
非公開求人に応募するためにもまずはエージェントに登録しましょう。

キャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれる

転職活動をする際に面倒なやりとりも、キャリアアドバイザーが代行してくれる場合があります。

  • 応募書類の提出
  • 面接の日程調整
  • 給与の交渉
DAI
仕事をしながら転職活動をするとなれば、メッセージのやり取りは最小限に抑えたいですよね。

転職活動では10社〜20社と多くの企業を同時並行で受けることもあるので、ぜひエージェントをフル活用して時間を効率的に使いましょう!

データベースエンジニア向け転職エージェントの選び方

データベースエンジニアが転職エージェントを選ぶ際は、以下のような基準で選ぶのがおすすめです

  • IT・Web業界の求人案件が多い転職エージェントを選ぶ
  • 支援実績が豊富でサポートが良いエージェントを選ぶ
  • 自分のスキルに合った求人があるエージェントを選ぶ
DAI
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

IT・Web業界の求人案件が多い転職エージェントを選ぶ

DAI
転職をする際には、できる限り条件のいい案件を選びたいですよね。

となるとデータベースエンジニアの方が転職エージェントを探す場合、IT系の職種に強いエージェントを選ぶ必要があります。

特にマイナビITエージェントレバテックキャリアでは豊富な求人があるうえに、業界知識に詳しいアドバイザーやコンサルタントにも相談できます。

専門のエージェントでなくとも、IT・WEB業界に強い大手総合転職エージェントもあるので、ぜひ比較検討してくださいね!

支援実績が豊富でサポートが良いエージェントを選ぶ

転職エージェントを選ぶ際は、支援実績が多いエージェントを選ぶのがおすすめ。

支援実績が多いということはそれだけ求職者のデータを豊富に持っていることを指します。

DAI
企業ごとの傾向も熟知しているので、面接や応募書類の相談が可能です。

サポート面についてもエージェントごとに比較検討することが大事です。

担当者のスキルや熱量にもよりますが、自分と相性が良さそうな担当者を見つけたらそのエージェントを積極的に使ってみましょう。

自分のスキルに合った求人があるエージェントを選ぶ

IT・Web系職種への転職の場合、専門のエージェントを利用する方が良い求人に出会える確率が上がります。

しかし、このような好条件に出会いやすいのは経験者のみ。未経験者にはあまり当てはまらないでしょう。

基本的に、デスクワークの経験も実務経験もない方が求人を探すにはリクルートエージェントのような総合型エージェントがおすすめ。

一方、デスクワークの経験がある方でIT系の職種にチャレンジしたいという場合は、ワークポートのような未経験者の転職に強い専門のエージェントを活用しましょう。

データベースエンジニアにおすすめの特化型エージェント5選

ここからはデータベースエンジニアや、それに近い職種での実務経験がある方に向けてIT系に特化したエージェントを紹介していきます。

DAI
特化型の転職エージェントは、特定の業種・職種に絞った求人を多く保有しています。担当者の専門性が高いのも特徴ですよ!

ぜひ以下で紹介するエージェントから気になったサービスに登録してみましょう。

レバテックキャリア

(画像はレバテックキャリア公式サイト(https://career.levtech.jp/)より引用

拠点 ※現在は電話でのリモート対応可 (2022年12月現在)
東京 / 神奈川/ 千葉 / 愛知/ 大阪/ 京都/ 兵庫/福岡/熊本
求人数 16,884件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み エンジニア、ディレクター、PM、ITコンサル特化
エンジニアの転職にとにかく強い
求人の平均年収も高い
おすすめな人 ・今より年収を上げたい現役エンジニア
・SIerからWeb業界に転職したい人
公式URL https://career.levtech.jp/

レバテックキャリア』は、エンジニア特化の転職エージェントです。その規模は、業界でもトップクラス!

大企業からベンチャー・メガベンチャーまで、モダンな技術セットを扱っている人気求人が多数存在します(過去にはリクルート、サイボウズ、ビズリーチ、DMMなども取扱あり)

求人の年収相場も高く、エンジニアとしてキャリアアップしたい!という方におすすめの転職エージェントです。

DAI
ユーザー登録すれば、案件内容を閲覧することができます。登録は無料でできるので、まずは気軽に登録してみましょう!30秒ほどあれば登録できます。

レバテックキャリア公式ページを見る

マイナビITエージェント

公式URL(https://mynavi-agent.jp/it/

【マイナビIT AGENT】IT・Web業界志望の方におすすめ
キャリアアドバイザーによるサポートが充実!非公開求人も多数紹介。

拠点 北海道 /宮城/東京/ 神奈川/名古屋/ 京都/大阪/兵庫/福岡
求人数 44,077件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み IT系の転職に特化
専門性の高いアドバイザーが多数在籍
おすすめな人 ・実務経験があるエンジニアでキャリアアップを目指す人
・働き方を変えて残業を減らしたい人
公式URL https://mynavi-agent.jp/it/

マイナビIT AGENTはIT・Web業界で実務経験がある人におすすめのエージェント。

もともとIT・Web系の会社と強いつながりのあったマイナビ転職から、IT業界向けの特化型転職エージェントとして立ち上げられました。

DAI
IT系・Web系の業界にかなり精通している、頼もしいエージェントですよ。

IT業界のさまざまな求人を扱っており、求人数も豊富。エンジニアはもちろん、デザイナーなどの幅広いIT系職種の求人を探すことができます。

マイナビIT AGENT公式サイトより引用(公式:https://mynavi-agent.jp/it/

DAI
在籍しているキャリアアドバイザーはIT系の業界出身者が多数。業界知識を教えてもらいながら転職活動を進められるのはうれしいですよね!

IT・Web系のバックグラウンドがあるエージェントなので、仕事内容をしっかり見極めたい実務経験者にとっては強い味方になってくれるでしょう!

マイナビIT AGENTに無料登録してみる

Geekly

公式URL(https://www.geekly.co.jp/

【Geekly】IT・Web・ゲーム業界でキャリアアップしたい人におすすめ
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。求人数も豊富。

拠点 本社(渋谷)/渋谷第2オフィス/
求人数 17,296件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み IT・Web・ゲーム業界の転職に特化
おすすめな人 サーバーエンジニア、Webデザイナーなどはもちろん、ゲームプロデューサー、3Dモデラーなど細分化された職種別にコンサルタントが在籍
公式URL https://www.geekly.co.jp/

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。

公開されているだけで17,296件という豊富な求人数を誇ります。

求人の割合としては、エンジニア(57%)・クリエイター(17%)・ゲーム(16%)の3職種で約9割。(公開案件の調査結果より)。

DAI
エンジニアやゲーム業界の求人が豊富で、転職で年収アップを叶えた利用者も多いです。仕事内容だけでなく、年収にもこだわりたい方は必ず登録しておきましょう。

Geeklyに今すぐ無料で登録してみる

WILLOF TECH (ウィルオブ・テック)

公式URL(https://willof.jp/techcareer/

拠点
新宿オフィス 
求人数 1,233件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み エンジニア一人に対して2人の担当者がつく
高年収の求人が多く年収アップが狙える
おすすめな人 ・効率良く転職活動を進めたい人
・転職して年収を上げたい人
公式URL https://willof.jp/techcareer/

WILLOF TECHもITエンジニアの転職に特化したエージェント。

一人の求職者に対して2人の担当者がつくので、サポートの質が高いのが特徴です。

今後のキャリアについて相談できる「キャリアアドバイザー」と、企業の採用担当者とやり取りを代行してくれる「リクルーティングアドバイザー」の2人が転職活動をサポートしてくれます。

DAI
サポートが充実しているので、初めての転職でも安心ですね。

また、高年収の求人が多いことも大きなメリット。

エンジニアの求人だけでなく上流工程のポジションの求人も多数扱っているので、キャリアアップを目指す人にもおすすめです。

DAI
年収アップ・キャリアアップを狙いたいエンジニアの方はWILLOF TECHに相談してみましょう。

doda(IT)

公式URL(https://doda.jp/engineer/

拠点 東北オフィス/東北第二オフィス/丸の内本社/丸の内第二オフィス/大手町オフィス/南青山オフィス/紀尾井町オフィス/浅草橋オフィス/西新宿オフィス/横浜第二オフィス/みなとみらいオフィス/高崎オフィス/静岡オフィス/中部オフィス/中部第二オフィス/福井オフィス/関西オフィス/関西第三オフィス/大阪オフィス/京都オフィス/神戸オフィス/岡山オフィス/広島オフィス/九州オフィス/九州第二オフィス/南九州オフィス/鹿児島オフィス
求人数 45,511件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み IT・Web・ゲーム業界の転職に特化
おすすめな人 サーバーエンジニア、Webデザイナーなどはもちろん、ゲームプロデューサー、3Dモデラーなど細分化された職種別にコンサルタントが在籍
公式URL https://doda.jp/engineer/

株式会社パーソルが運営するdodaには、IT分野に特化したエージェント機能を併設しています。

DAI
求人内容は、総合型エージェントのdodaと同じですが、IT業界出身のキャリアアドバイザーに相談することができるんです!

エンジニアからWebライターまで幅広くを扱っており、専門型エージェントの中でも圧倒的な求人数を誇ります。

そのため、専門性の高いIT業種を探すというより、ITエンジニアなど業種ごとの詳細な情報を知りたいという場合に適しているでしょう!

dodaITに無料登録してみる

データベースエンジニアにおすすめの総合型転職エージェント3選

つづいて総合型エージェントを紹介していきます。

総合型エージェントは以下のような方々におすすめです。

  • 多数の求人を網羅的に見たい人
  • データベースエンジニアとしての経験がない人
DAI
特化型のエージェントでは実務経験が求められることがほとんど。データベースエンジニアとしての経験がない人は、総合型のエージェントで求人を探してみましょう。

リクルートエージェント

公式URL(https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、多くの求職者が利用している大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多いので、転職したいと思ったらまずはリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

拠点 東京本社/北海道支社/東北支社/宇都宮支社/さいたま支社/千葉支社/西東京支社/横浜支社/静岡支社 /名古屋支社/京都支社/大阪支社/神戸支社/中四国支社(岡山オフィス・広島オフィス)/福岡支社
求人数 332,822件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み 業界最大手の転職エージェントで圧倒的な求人数を誇る
求人数が多いぶんIT系の求人数も豊富
おすすめな人 ・IT系の職種が未経験の人
・網羅的に求人を見たい人
公式URL https://www.r-agent.com/

登録すれば非公開案件も見られるようになるので、自分にあった企業を紹介してもらいやすいですよ!

現在は電話面談やオンライン面談も可能で、IT未経験の求人もあります。

担当者の質にばらつきがあるというデメリットもありますが、希望であれば担当アドバイザーの変更も可能です。

登録すると

  • より詳細な求人が見られる
  • どんな求人があるのかを見て何が求められているのかを把握できる
  • 実際にエージェントに相談しつつ、現状のレベルで未経験から転職できるか相談できる
  • 就活・転職対策をしてもらえる

など、自分の状況に合ったサポートを受けられるのもうれしいポイント。

DAI
3分ほどで無料登録できるので、ぜひ一度相談してみましょう!

【リクルートエージェント】とにかく求人が豊富!最初に登録するべき転職エージェント
とにかく求人数の多い大手エージェント。幅広い選択肢の中から求人を探すことができます。

doda

公式URL(https://doda.jp/

拠点 東北オフィス/東北第二オフィス/丸の内本社/丸の内第二オフィス/大手町オフィス/南青山オフィス/紀尾井町オフィス/浅草橋オフィス/西新宿オフィス/横浜第二オフィス/みなとみらいオフィス/高崎オフィス/静岡オフィス/中部オフィス/中部第二オフィス/福井オフィス/関西オフィス/関西第三オフィス/大阪オフィス/京都オフィス/神戸オフィス/岡山オフィス/広島オフィス/九州オフィス/九州第二オフィス/南九州オフィス/鹿児島オフィス
求人数 174,327件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み ・求人数が多いので網羅的に求人を見られる
おすすめな人 ・未経験からIT系の職種を目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://doda.jp/

CMでもおなじみの『doda』。リクルートエージェントに次いで業界No.2の求人数を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェント』とかなり似ていますが、dodaの強みはキャリアアドバイザーの質が高い点にあります。

DAI
「キャリアアドバイザーのサポートが丁寧で、面接でのアピール方法などのアドバイスをくれた!」という口コミも多いんですよ。

担当者にLINEで気軽に相談できるので、転職活動に不安を感じている方にもおすすめのエージェントです。

今すぐ無料で相談してみる

type転職

公式URL(https://type.career-agent.jp

拠点 本社・赤坂オフィス/赤坂山王オフィス
求人数 2,627件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み 営業・エンジニアの転職に強い
・地域特化の、ここでしか出会えない求人が多い
・専門分野ごとに精通したアドバイザーがつく
・条件や年収、入社日の交渉も代行!
おすすめな人 ・東京近郊での転職を目指す方
・応募から内定までプロにがっちりサポートしてほしい方
公式URL https://type.career-agent.jp

type転職エージェントは、東京近郊や、営業・エンジニアへの転職に強いのが特徴のエージェントです。

DAI
転職支援実績が豊富であり、利用者の年収アップ率も高いです。

それぞれの業界専門のキャリアアドバイザーがついてくれるので、応募書類や面接練習でも専門性の高いアドバイスがもらえます。

自分では交渉しにくい年収や条件、入社日など、代わりに交渉してもらえるので安心ですね。

有名企業の求人も紹介していたり、東京近郊の求人数は業界最高水準です。

特に、以下のような人は、type転職エージェントの利用を検討してみてください。

  • 東京近郊の転職先を探している
  • 応募から内定、条件交渉など、プロのサポートが必要だと感じている
DAI
無料で質の高いサポートを受けられるので、ぜひ活用して転職活動を進めてみてください!
type転職エージェント公式ページを見る

未経験からデータベースエンジニアを目指す人におすすめエージェント3選

データベースエンジニアに限ったことではありませんが、IT業界では高い実務経験を求められるのが現状です。

未経験からの転職はハードルが高く、一人だと進め方がわからない……という方もいるのではないでしょうか。

DAI
上記のような人のために未経験からの転職に強いエージェントも紹介しておくので、ぜひ登録して相談してみましょう。

ワークポート

workport

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

拠点 東京 / 札幌 / 仙台 / 高崎 / 埼玉 / 横浜 / 千葉 / 名古屋 / 大阪 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 広島 / 高松 / 北九州 / 福岡 / 熊本
求人数 63,546件(非公開求人は除く, 2022年12月現在)
強み IT専門のエージェント特有の豊富な知見
・専門性の高いキャリアカウンセリング
第二新卒・経験浅めの人の求人あり
おすすめな人 ・経験年数が短いが、転職したい人
・IT業界の求人を幅広く知りたい人
・IT業界全般に強いアドバイザーを求めている人
公式URL https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人に強いことで評判の総合型エージェント。

ワークポートの大きな魅力は、以下の2点です。

  • キャリアアドバイザーのIT領域に対する専門性が高い
  • 経験年数が浅くても応募できる求人がある

もともとは「ITビジネス領域に特化したエージェント」だったこともあり、「総合型エージェント」ながら、IT領域において豊富な実績と知見を所有しています。

DAI
そのため、IT業界の求人に強いことはもちろん、キャリアカウンセリングの専門性が高いことでも評判です。

ワークポートの口コミ

ワークポートの良かった点は?』という質問に対して以下のような回答がありました。

26歳・女性
求人紹介のみでなく、これまでのキャリアや性格から、よい点も悪い点もよい意味で素直に分析をしていただき、サポートをしていただけた点。また過去の面接の内容を、口頭およびeコンシェルで教えていただけた点。
24歳・男性
一貫して適切で丁寧だった点。思った以上の早さで転職ができた点。対応の早さ。履歴書などのWeb作成
23歳・女性
連絡が早い、何度も軸を確認してくれる。メリット、デメリットもしっかりと伝えてもらえる。
28歳・女性
転職活動全般の注意事項や大切にすべき点を知れたこと。また、希望に沿った企業様を多数ご紹介いただけたこと。

32歳・男性
他社と比べて、紹介していただいた求人数や幅が多かった。また、自身が望むキャリアやフォローについて理解していただけたため、スムーズに進めることができた。

DAI
対応の丁寧さ・早さに関するコメントのほか、「希望内容をしっかり聞いてもらえた」という口コミが多いのもポイントです!

登録は無料なので、ぜひ登録して実際の求人を見てみましょう。

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

Next Career(ネクストキャリア)

Next Career公式サイト:https://www.nextcareer.jp/

拠点
東京本社オフィス/渋谷オフィス/札幌オフィス (サテライト)/ 仙台オフィス/名古屋オフィス/大阪オフィス/広島オフィス/福岡オフィス
求人数
2,000件以上(2022年12月現在)
強み 未経験からのエンジニア転職に強い
・ポテンシャル採用の企業の求人を多数取り扱い
おすすめな人 ・未経験からエンジニアを目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://www.nextcareer.jp/

Next Careerは未経験専門のITエンジニア転職エージェントです。

DAI
未経験者に特化したエージェントは珍しいので、実務経験のない人は必ず登録しておくようにしましょう。

Next Careerを活用すれば、以下のような悩みも解決できますよ!

  • 転職サイトでは未経験OKの求人がみつからない……
  • 自身の希望とそぐわない求人を紹介されてしまう……
  • 未経験のためエージェントに相談しても門前払い……

世の中にあるIT系の職種の求人のほとんどは経験者を対象にしたものです。そのため未経験者は求人の探し方やどこに相談したら良いか迷ってしまいますよね。

DAI
実務未経験で転職するのが不安な方はぜひ相談してみてくださいね!

【Next Career】未経験からITエンジニアを目指すなら
未経験のITエンジニア志望者をポテンシャル採用している企業2,000社以上の求人を保有

ウズキャリIT

ウズキャリIT公式サイト:https://uzuz.jp/

拠点
東京本社オフィス/大阪オフィス/旭川オフィス 
求人数 非公開(2022年12月現在)
強み 未経験からSE・プログラマー・インフラエンジニアへの転職をサポートしてくれる
・スキルを身につけられる無料動画教材がある
おすすめな人 ・未経験からIT系の職種へ転職を目指す人
・応募から内定までプロにサポートしてほしい方
公式URL https://uzuz.jp/

ウズキャリITは未経験専門のITエンジニア転職エージェント。

DAI
実務経験のない人でも求人を紹介してもらえるのはありがたいですよね。

ウズキャリITを活用することで、以下のような転職に関する悩みを解決できます。

  • 転職サイトでは未経験OKの求人がみつからない……
  • 自身の希望とそぐわない求人を紹介されてしまう……
  • 未経験のためエージェントに相談しても門前払い……

IT業界の転職に特化したノウハウを持っており、学習のサポートまでしてくれるのが特徴。

ウズキャリITに登録すれば、YouTubeで動画教材を閲覧できるようになるので、IT知識ゼロの方でも安心です。

DAI
実務未経験で転職するのが不安な方はぜひ相談してみましょう。

ウズキャリITの公式ページを見る

転職エージェントを利用する流れ

具体的に転職エージェントを利用する流れは下記の通り。

  1. 転職エージェントの公式サイトから会員登録
  2. アドバイザーとの面談の日程を調節
  3. 担当のアドバイザーと面談
  4. 企業の求人の紹介を受ける
  5. 希望する求人の書類選考に応募
  6. 書類選考通過後、企業との面談
  7. 内定
DAI
転職エージェントを利用することで自分に合った求人を紹介してもらえたり、書類添削や面接対策などのアドバイスをもらえたりするので、効率よく転職活動を進められます!

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアの仕事内容は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • データベースの開発・設計
  • データベースの管理
  • データベースの運用
DAI
それぞれ詳しく解説します。

データベースの開発・設計

データベースエンジニアのベースとなる仕事が開発・設計です。

顧客が管理したいデータを確認し、ニーズに合わせて最適なデータベースを開発していきます。

主に下記のようなデータベース製品を使用する場合が多いです。

  • Oracle Database
  • Microsoft SQL Server
  • PostgreSQL
  • MySQL

データベースシステムに関する知識はもちろんですが、顧客からヒアリングする機会もあるのでコミュニケーションスキルも重要です。

DAI
上流工程に行くにつれて、収入もアップするのでぜひチェックしてくださいね!

データベースの管理

開発・設計されたデータベースシステムを管理するのも大切な仕事です。

データを長期保存するためのストレージ管理や、SQLのチューニング、サーバーの最適化などを担当します。

DAI
データベースの使用効率を上げるためには欠かせない仕事だといえるでしょう。

データベースの運用

「運用」は、データベースへのアクセス権の管理やデータのバックアップなどをする役割です。

データベースには、日々データの読み込み・書き込みが行われるので、情報漏洩やデータ改ざんのリスクがあります。

そのような事態を防ぐためにも、セキュリティ管理を徹底し情報資産を守るのも重要な仕事となるのです。

DAI
企業の情報を扱うので重要度が高く、セキュリティの堅牢さが求められますね

データベースエンジニアの求人例

ここからは、データベースエンジニアの具体的な仕事例や年収の相場を確認していきます。

実際にデータベースエンジニア求人をいくつかピックアップして紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※今回紹介する案件は募集を終了している可能性もあります。最新の案件例が見たい人はエージェントに登録したうえで、詳細を確認してみましょう。

案件例①

案件名 【福岡】ビッグデータ分析基盤(構築・設計・開発)エンジニア
年収 400万~1,600万円
職務内容 ビッグデータ分析基盤(構築・設計・開発)エンジニア業務の全般を担当。具体的には下記の通り。
・ビッグデータ分析基盤のシステム提案・プリセールス
・クラウドを利用したビッグデータ分析基盤のシステム設計
・データウェアハウス、データマートの構築・設計・開発
・BIツールを用いたダッシュボード開発
必須条件 ・データベース設計の経験
・SQLを使ったデータ取得・更新機能の開発経験
・Java、C#、python、R いずれかのプログラミング経験1年以上
案件URL https://career.levtech.jp/engineer/offer/detail/21106/

案件例②

案件名 【データベースエンジニア】DBの提案~構築・保守/Oracle設計・構築・維持/フルフレックス/リモート可
年収 400万~800万円
職務内容 システムの要件定義/設計/構築/保守作業。DBの提案から構築および保守作業。具体的には下記のいずれか。
・Oracleの設計/構築/維持管理業務
・上記案件の保守/運用
必須条件 ・DB設計/構築経験1年以上
案件URL https://career.levtech.jp/engineer/offer/detail/21023/

案件例③

案件名 【データベースエンジニア】Webアプリ全般開発・運用・DB構築/超上流工程から運用まで/フルフレックス
年収 400万~800万円
職務内容 コンシューマ向けサイトおよびWebアプリ全般の開発・運用、DB構築
必須条件 ・Linuxのシステム管理に関するスキル
・DBの提案から構築および保守作業
・ORACLEをはじめ、SQL ServerやMySQLなど、多種のDBやAurora、RDS、Redshift、DynamoDB、Neptune等、AWSのデーターベースサービスを含む複数の経験
・システムの改善点を考え、前向きな提案ができる
・システム全体のリスクを検討して、自身で作業計画を立案できる
・担当業務だけでなく、サービス全体を考えることができる
・過去においても、サービス全体を把握した上で、業務を行ってきた経験
案件URL https://career.levtech.jp/engineer/offer/detail/20944/

上記の案件はあくまでも一例なので、自分のスキルに合わせて案件を探してみてください。

DAI
公開案件に自分のスキルになさそうでも諦めないでください。エージェントに登録することで非公開案件が見られるようになりますよ。

データベースエンジニアの年収は?

レバテックキャリアのデータによると、データベースエンジニアの年収レンジは、501万円〜863万円と幅広く設定されていました。

データベースの設計や構築・運用など基本的な仕事に加え、より専門的な知識を有していれば業務内容も広がり年収アップが期待できるでしょう。

ちなみにほかのエンジニアの年収レンジは下記の通り。

  • PM/スクラムマスター 751~1,021万円
  • バックエンドエンジニア 664~1,021万円
  • データエンジニア 600~1,000万円

引用:レバテックキャリアデータベースエンジニアの記事一覧|データベースエンジニアの年収はどれくらい?仕事内容やスキル、転職活動のポイントも解説」(2022年12月17日時点)

DAI
開発の上流工程から関わったり担当領域を超えたパフォーマンスができたりすれば、想定年収はレンジの上限まで近づけるかもしれません!

データベースエンジニアにおすすめのキャリアパス

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

データベースエンジニアへ転職する際には、データベースエンジニアとして就職した後のキャリアパスについても知っておきたいですよね。

データベースエンジニアからのキャリアパスは多様ですが、たとえば以下の4つに分けられます。

  • プロジェクトマネージャー
  • データベースコンサルタント
  • データサイエンティスト
  • フリーランス
DAI
希望や適性により、あなたにぴったりなキャリアを選びましょう。

特にプログラマーからデータベースエンジニアになった人なら、PMを目指すのは定番のキャリアパス。気になる方は、ぜひ検討してみてくださいね!

DAI
PMまで経験していると、転職やフリーランスになったときにより好条件を望めるかもしれませんよ!

データベースエンジニアとして転職するのに必要なスキル

データベースエンジニアが身につけておきたいスキルには、下記があります。

  • データベースに関する知識
  • システム開発の知識
  • クラウドに関わる知識
  • セキュリティに関わる知識

1つずつ見ていきましょう。

データベースに関する知識

データベースエンジニアには、データベース製品に関する知識が必要不可欠

たとえば、下記のようなソフトに関する知識を身に付けておくようにしましょう。

  • Oracle Database
  • Microsoft SQL Server
  • PostgreSQL
  • MySQL
DAI
SQL言語を扱うスキルはほとんどの求人で求められるので、マストで身に付けておいてくださいね!

また、それ以外にもデータ活用の知識が必要です。

データウェアハウスやデータマイニング、データクレンジングなど、データ分析や活用方法に関しても勉強しておきましょう。

システム開発の知識

データベースエンジニアには、システム開発の知識も必要になります。

データベースエンジニアはシステム開発の一部分に該当するので、システム開発の上流工程に関する知識が求められるのです。

データベースの開発・設計だけでなく、システム開発の工数算定やハードウェアの選定などのスキルを身に付けておけば、より好条件の案件に出会える可能性があります。

DAI
まずは開発経験を積みながら、スキルアップを目指していきましょう!

クラウドに関する知識

今後のデータベースエンジニアには、クラウドに関する知識が必要になるといわれています。

なぜなら、従来はオンプレミス環境でデータベースを構築するのが一般的だったのに対して、最近ではクラウド上で構築することが増えているから

  • クラウドサービス: 利用者がパソコンで管理していたデータやソフトウェアを、ネットワーク経由で利用者に提供するサービス

さまざまな案件に応募するためにも、クラウドサービスの知識について学んでおいて損はないでしょう。

良く利用されているクラウドサービスは下記の通り。

  • AWS
  • Azure
  • GCP
DAI
クラウドサービスごとの特徴を熟知しておけば、よりスムーズにデータベース構築ができるようになりますよ!

セキュリティに関わる知識

データベースエンジニアは、顧客の重要なデータを扱うことになるため、セキュリティに関する知識が必要不可欠

DAI
データベースには、保護しなければならないデータがたくさんあります。それゆえに、強固なセキュリティ対策が重要になるんですね!

アクセス権の付与やデータの暗号化といった処理スキルを身に付けておくようにしましょう。

データベースエンジニアが転職エージェントを利用する際に気を付けるべきポイント

これからデータベースエンジニアに転職したい人が転職エージェントを利用する際に注意すべきポイントは以下の4つです。

  • 転職エージェントには複数登録する
  • 未経験者は総合型のエージェントを利用する
  • カウンセリング前に希望条件をまとめておく
  • 相性が合わない担当者は変更してもらう
DAI
それぞれについて詳しく解説しますね。

転職エージェントには複数登録する

DAI
転職エージェントを利用するときは、1つのサービスではなく複数のエージェントに登録するようにしましょう。

1社だけの登録だとほかの求人との比較検討ができず、選択肢が狭まってしまうからです。

DAI
少なくとも2〜3社、多くて5社くらいまでの登録がおすすめですよ。

また、登録するエージェントの組み合わせも重要です。

たとえば特定の業界に特化したエージェントに登録しているのでれば、もう1社は総合型のエージェントに登録するなどエージェントごとの特性に合わせて登録すれば比較しやすいですよ!

未経験者は総合型のエージェントを利用する

もし、データベースエンジニアとしての実務経験が少ない方は、総合型のエージェントを利用しましょう

レバテックキャリアマイナビITエージェントといった特化型のエージェントは大半が実務経験豊富な方向けの求人なので、未経験者には向いていない傾向にあります。

DAI
担当者の専門性にはバラつきがありますが、未経験者の場合はリクルートエージェントdodaといった総合型のエージェントを利用した方が自分に合う求人を見つけやすいでしょう。

カウンセリング前に希望条件をまとめておく

カウンセリング前に自身の希望条件をきちんと整理しておくのも大切です。

譲れないポイントを決めておくことで、より自分にぴったりな求人を紹介してもらいやすくなります。

たとえば以下のような項目を言語化しておくようにしましょう!

  • 職種
  • 年収
  • 勤務地
  • 社風
DAI
希望が明確であるほど、転職活動も効率よく進められます。

最初は厳しめに設定し、条件に合った求人が見つからなければ少しづつ妥協点を探していくのがおすすめです。

相性が合わない担当者は変更してもらう

転職エージェントに登録すると、専任の担当者がついてくれます。

しかし、どんなに評判の良い転職エージェントでも、「自分には合わない……」と感じることはありますよね。

そんなときはすぐに担当者の変更を申し出てOK。

DAI
時間ももったいないので、相性が合わない担当者はすぐに変更してもらいましょう。

未経験からデータベースエンジニアへ転職するには?

結論から言うと、未経験者は以下の3ステップでデータベースエンジニアへの就職を目指すのがおすすめです。

  1. プログラミングの基礎を学ぶ
  2. エンジニアの業界知識をつける
  3. オリジナルアプリを作り、ポートフォリオを準備すること

1番は基礎的な部分となるので、とくに重要になるのは2番と3番です。

転職の失敗パターンとしてあげられるのは、転職前に事前情報を調べなかったことが挙げられます。

応募しようとしている仕事にどのような職種があって、どんな人が求められているのかを理解していなければ、就職後のミスマッチが起きかねません。

また、未経験者に限ったことではなくエンジニアとして就職活動をする場合、良い条件の企業ほど質の高いポートフォリオが求められることが多いです。

DAI
20代前半までは潜在的なポテンシャルで採用されることもありますが、求人に応募する際は積んできた経験やスキルをいかにアピールするかが大切になるのです。

特に自社開発企業などに入社したい場合は良質なポートフォリオを用意しておくようにしましょう。

ポートフォリオは未経験からの転職でも十分なスキルがあることを証明する材料になり、実務についていけるかを判断する指標にもなります。

大切なのは一度作成したポートフォリオで満足するのではなく、転職活動中にもらったフィードバックを参考にして日々アップデートを続けていくこと。

DAI
自分こだわりのポートフォリオを作成することで、就職の成功率もぐんとアップしますよ!

しかし、基本的に未経験でデータベースエンジニアを採用したいと思う企業は、ごく稀です。

DAI
本当に「誰でもできる」業務を任されることが多いので、求人に応募する際は注意しましょう。

データベースエンジニアの将来性は?

データベースエンジニアの需要は、今後も高いと予想されるでしょう。

AI関連技術が発展している現代では、重要性の高いビッグデータを管理する仕事が鍵を握るようになります

DAI
そのような大規模データベースの設計や開発を担当できるデータベースエンジニアは将来性のある職種なんですね!

今後は、データベースに関連した知識だけでなくデータベース周辺の知識や技術がますます求められるようになるでしょう

優れたスキルを持つデータベースエンジニアは将来も重宝されるはずなので、今のうちからITスキルや知識を身に付けておくことが大切です。

データベースエンジニアの転職に関するよくある質問

データベースエンジニアが転職する際に疑問に思う以下の2つの項目に回答しておきます。

  • 転職エージェントと転職サイトはどう違う?
  • データベースエンジニアを目指すのに有利な資格は?
DAI
順番に回答しますね。

転職エージェントと転職サイトはどう違う?

DAI
ずばり転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、サポートしてくれる担当者の有無です。
  • 転職サイト:Webサイト上でサービスを提供し、さまざまな業界・職種の求人を自由に検索、閲覧できる

数多くの求人を掲載しているので、それぞれの情報を比較・検討したうえで気軽に応募できるのが最大の魅力です。

一方の転職エージェントでは、求職者に対して必ず担当者がついてくれます。

転職サイトは膨大な数の求人があるので、自分に合った求人を見つけるのは至難の業。面接日程の調整や企業との交渉などの面倒なやり取りもすべて自分でやる必要があります。

DAI
転職エージェントでは上記のようなやりとりを代行してくれるので、転職活動を効率的に進めたいという方におすすめですよ!

データベースエンジニアを目指すのに有利な資格は?

データベースエンジニアとしての実力を証明するために、資格を保持しておくのも一つの方法です。

多少なりとも転職に有利に働くのでぜひ参考にしてください。

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。

IT系ではめずらしい国家資格となるので、かなり人気の高い試験ともいえます。

基本情報技術者試験やITパスポート試験など、スキルを証明する全12区分の試験に分かれており自分のレベルに合わせて受けることが可能です。

DAI
気になる方は、それぞれチェックしてみてくださいね!

Oracle Master

Oracle Masterは、ソフトウェアの開発・販売で世界的なシェアを獲得しているオラクルが認定しているベンダー資格

試験のグレードは下記の4つ。

  • Bronze
  • Silver
  • Gold
  • Platinum

全体的に難易度は高めなので、初心者の方はしっかりと開発経験を積んでからチャレンジするようにしましょう!

DAI
Silverランクまで所有できれば、データベースエンジニアとしての一定のスキルがあることを証明できるので、ぜひ目指してみてくださいね!

OSS-DB技術者認定資格

データベースシステムの開発や設計などのスキルを証明できる資格です。

資格にはGoldとSilverの2つのレベルがあり、それぞれ問われる知識が異なります。

  • Silver:データベースの設計・開発・運用など基礎的な知識
  • Gold:大規模データベースシステムの改善や運用管理、コンサルティング知識など

Silverランクに合格していないとGoldには挑戦できないので注意してくださいね!

データベーススペシャリスト試験

データベースの専門的な技術を有していることを示すデータベーススペシャリスト。情報処理技術者試験のうちの1つで、スキルレベル4に該当します。

難易度は非常に高いですが、データベースエンジニアとしての高いスキルを証明できるのでぜひとも持っておきたい資格です。

マイクロソフト認定プロフェッショナル

名前の通り、マイクロソフト製品に関する知識やスキルを認定する資格です。

使用する製品や技術レベルによって細かく分けられており、自分に合った試験を受けることができます。

データベース機器にはマイクロソフト製品も多いので、取得しておいて損はない資格です。

まとめ

今回はデータベースエンジニアへの転職におすすめ転職エージェントを紹介しました。

IT業界には転職エージェントがたくさんありますが、それぞれ専門領域に違いがあるため、自分に合ったサービスを見つけることが重要です。

DAI
複数の転職サイトや転職エージェントに登録し、自分の中で気に入ったものがあればそれらを中心に使ってみましょう。
データベースエンジニアの転職に強いエージェント3選

【第1位】レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
【第2位】マイナビIT AGENT (公式:https://mynavi-agent.jp/it/
IT/Webエンジニア転職に強い経験者向けIT転職特化型エージェント。キャリアアドバイザーによるサポートが充実!
【第3位】Geekly(ギークリー)(公式:https://www.geekly.co.jp/
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。高年収の求人多数。