最終更新日:

データサイエンティストにおすすめの転職エージェントはどれ?

  • 未経験からでデータサイエンティストへの転職を目指す方
  • 現在データサイエンティストとして働いていて、他の会社にキャリアアップ転職を目指す方

この両者におすすめの転職エージェントを紹介します。

DAI
この記事では、データサイエンティストにおすすめの転職エージェントを厳選して6つ紹介します。

とにかく求人数が多い「総合型転職エージェント」、IT・Web業界に特化している「業界・業種特化型転職エージェント」の2つに絞って紹介していますので、ご自身に合った転職エージェントを利用してみてください。

また、中にはそもそもデータサイエンティストについて詳しく知りたいという方もいらっしゃると思います。

そういった方向けにデータサイエンティストの仕事内容や年収についても解説しているのでぜひチェックしてみてください。

DAI
「細かいことは良いからおすすめの転職エージェントが知りたい!」という方は、以下のリンクから飛んでください!

《データサイエンティストにおすすめな転職エージェントランキング

業界・職種特化型:第1位レバテックキャリア

IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数いるエージェント。
業界・職種特化型:第2位Webist

雇用形態・勤務形態の選択肢が広く、自分に合った仕事を見つけられるエージェント。
業界・職種特化型:第3位マスメディアン

マスメディアンでしか掲載されていないような独占求人を多数所有しているエージェント。

総合型:第1位リクルートエージェント

求人数No1!最初に登録するべき転職エージェントです。
総合型:第2位doda

転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェントです。
総合型:第3位マイナビエージェント

サポートが丁寧で、20代に信頼されている転職エージェントで業界No.1です。

【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。

【Webist】働き方にこだわりたいIT・Web志望におすすめ。
雇用形態・勤務形態の選択肢が広く、自分に合った仕事を見つけられる。

【doda】転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。

データサイエンティストにおすすめの転職エージェントを選ぶ基準

最初にデータサイエンティストにおすすめの転職エージェントを選ぶ基準について紹介します。

転職エージェントとは、最適な求人を紹介してくれるサービスです。

登録をすると1人1人に担当者が付き、様々な相談に乗ってくれるのが特徴です。

そして企業から求人を預かるのも転職エージェントの役割の1つです。

つまり、転職を希望するユーザーと企業側をつなぐ橋渡しの役目があります。

ちなみに、入社が決定した企業から報酬を受け取るため、無料で転職エージェントを利用できます。

DAI
転職エージェントを選ぶ際には、目的によって選ぶ転職エージェントが異なります。

そして転職エージェントは大きく以下の2種類に分けられます。

  • 総合型
  • 業界・職種特化型

まずはざっくりその違いを見てみましょう。

特徴 おすすめな人
総合型
転職エージェント
とにかく求人数が多い
いろいろな企業に出会える
どんな求人があるか見たい
業界・職種特化型
転職エージェント
アドバイザーの専門性が高い
(特定の業界、業種に詳しい)
具体的な仕事内容を知りたい
必要なスキルを聞きたい

総合型転職エージェントでは、掲載されている求人数が非常に多いため、数多くの企業の求人を比較検討することができます。

デメリットとして、幅広い業界・職種を扱っていることから、特定の領域に詳しいアドバイザーはあまり多くありません。

業界・職種特化型の転職エージェントでは、特定の領域に詳しいキャリアアドバイザーに出会える可能性が高いです。

そのため具体的な仕事内容や、入社時に求められるスキルなどの情報を聞き出すことができます。

デメリットは、求人数が総合型転職エージェントと比べると少ない点です。

DAI
イメージとしては、総合型は「広く浅く」、特化型は「狭く深く」求人を紹介するエージェントです。

どちらを使うべきかは利用目的により異なりますので、自分の利用目的に合ったエージェントを選ぶようにしましょう。

それぞれメリット・デメリットがありますので、お互いを併用してみるのもおすすめです。

転職エージェントを選ぶ基準

次に転職エージェントを選ぶ基準について説明します。

転職エージェントを選ぶ基準は以下の4つあります。

  • 年収
  • 仕事数
  • 地域
  • キャリアアドバイザーのデータサイエンス領域の専門性
公式サイト 年収 仕事数 地域 担当者のデータサイエンスの専門性 特徴
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/ 400万〜1200万 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡 IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数いるエージェント。
Webist https://webist-cri.com/ 500万〜1200万 全国 雇用形態・勤務形態の選択肢が広く、自分に合った仕事を見つけられるエージェント。
マスメディアン https://www.massmedian.co.jp/ 400万〜1000万 全国 マスメディアンでしか掲載されていないような独占求人を多数所有しているエージェント。
リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ 500万〜800万 全国 マスメディアンでしか掲載されていないような独占求人を多数所有しているエージェント。
doda https://doda.jp/ 400万〜800万 全国 転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェントです。
マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ 400万〜900万 全国 サポートが丁寧で、20代に信頼されている転職エージェントで業界No.1です。

年収

最初に年収について説明します。

年収については、500万〜800万円のところが多い印象です。

レバテックキャリアWebistは最高で1200万円の年収の仕事もあるためおすすめです。

仕事数

次に仕事数について紹介します。

どのエージェントも一定の数の仕事があるため、登録して損はないです。

仕事数が多いエージェントは、以下の通りです。

地域

次に地域について紹介します。

基本的に転職エージェントは、全国で勤務できる場合が多いです。

しかし、レバテックキャリアに関しては、一部の県に限られているので注意する必要があります。

キャリアアドバイザーのデータサイエンス領域の専門性

次にキャリアアドバイザーのデータサイエンス領域の専門性について紹介します。

基本的に、総合型の転職エージェントの方は、データサイエンス領域の専門性については、そこまで深い知識はない傾向にあります。

一方業界・職種特化型の転職エージェントであるレバテックキャリアWebistは、データサイエンス領域の専門性はかなりあると考えられます。

データサイエンティストにおすすめの業界・職種特化型転職エージェント3選

ここでは、データサイエンティストにおすすめの業界・職種特化型転職エージェント3選をご紹介します。

データサイエンティストにおすすめの業界・職種特化型転職エージェントは以下の3つあります。

  • レバテックキャリア
  • Webist
  • マスメディアン

特化型の転職エージェントの最大の強みは、業界・業種を経験したキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれることです。

総合型転職エージェントと比べるとキャリアアドバイザーの重要性が増します。

そのため様々なエージェントを複数登録しましょう。

DAI
以下にて詳しく解説します。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、業界トップクラスのIT専門転職エージェントです。

レバテックキャリアは求人の質が高く、キャリアアドバイザーの対応にも定評があります。

すでにIT業界での業務経験がある人におすすめです。

ただし、レバテックキャリアではIT業界未経験者向けの求人がほとんどありません。

IT業界未経験の人は、リクルートエージェントのような総合型転職エージェントを使ったほうがよいでしょう。

【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。

Webist

こんな人におすすめ IT業界でキャリアアップしたい人
おすすめポイント 年収アップが期待できる
デメリット 未経験者向け求人はほとんどない

Webist(ウェビスト)は、クリーク・アンド・リバー社が運営している、WEB業界専門の転職エージェントです。

雇用形態の選択肢が広く、自分に合った働き方を選ぶことができるのが、他のエージェントにないWebistの強みです。

また勤務形態についても「在宅勤務」「残業なし」などのように、様々な条件で求人を探すことができます。

働き方にこだわりたいという方は、一度Webistを利用して自分に合った求人があるか探してみるのがおすすめです。

【Webist】働き方にこだわりたいIT・Web志望におすすめ。
雇用形態・勤務形態の選択肢が広く、自分に合った仕事を見つけられる。

マスメディアン

マスメディアンは、マーケティング・クリエイティブ・デジタル分野に特化した転職エージェントです。

メリットとしては、広告・Web・マスコミの求人数・転職実績が多く、非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

しかしリクルートエージェントのような総合型転職エージェントと比較すると求人の総数は少ないです。

また専門領域に詳しいキャリアアドバイザーがいることを考慮すると、データサイエンティストでキャリアアップをしたい人にはマスメディアンの利用がおすすめです。

データサイエンティストにおすすめの総合型転職エージェント3選

次にデータサイエンティストにおすすめの総合型転職エージェント3選について紹介します。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント
DAI
以下にて詳しく解説します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人案件数・内定決定数ともに業界No.1の総合型転職エージェント。

企業からの信頼も厚く、「リクルートエージェントにしか求人を出さない」ような企業もあるほどです。

しかしデータサイエンティストの領域に詳しい担当者は少ない傾向があります。

転職エージェントの定番ですので、まだ利用していない方は今のうちに登録しておくことがおすすめです。

doda

dodaも、リクルートエージェント並んで、求人数の多い総合型転職エージェントの代表的存在です。

リクルートエージェントに次いで業界No.2の幅広い求人を所有しており、データサイエンティストの求人も豊富に取り揃えています。

転職者満足度に関してはリクルートエージェントを超える業界No.1で、90%以上の利用者が満足したと評判です。

しかし担当者によっては、希望しない職種を紹介するといった例もあるようです。

またプロのアドバイザーの手厚いサポートのもと、書類選考の添削をしてくれたり、面接でのアピール方法などもしっかりアドバイスをくれます。

【doda】転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、『20代に信頼されている転職エージェント』でNo.1のエージェント。

求人数はリクルートエージェントdodaには劣りますが、リクルートエージェントで広告費が高すぎて出せないような中小企業やベンチャー企業など、マイナビエージェントにしかない独占求人を多く持つことが特徴です。

キャリアアドバイザーのサポートは他のエージェントと比べても丁寧だという評判が多いです。

しかし30代以上の仕事は少ない傾向にあるようです。

中小企業やベンチャーなどの中規模以下の会社にデータサイエンティストとして転職を検討している方なら、マイナビエージェントはおすすめです。

データサイエンティストが転職エージェントを使うメリットとは?

次にデータサイエンティストが転職エージェントを使うメリットについて紹介します。

データサイエンティストが転職エージェントを使うメリットは、以下の3点です。

  • あなたに合った転職先を提案してくれる
  • 応募書類の添削を受けられる
  • 企業とのやり取りを代行してくれる
DAI
以下にて詳しく解説します。

あなたに合った転職先を提案してくれる

転職エージェントを利用するメリットは、非公開求人などの求人情報の中から、あなたに合った転職先を提案してくれることです。

非公開求人とは事業戦略などの理由から、一般的な求人情報サイトでは募集されない求人のことです。

公開募集してしまうと応募が殺到してしまうような好条件な求人であるケースが多いです。

なお、非公開求人は転職エージェントに登録することで、閲覧・応募ができるようになります。

DAI
多様な求人を紹介してもらえるのは大きなメリットです。

応募書類の添削を受けられる

転職エージェントを利用すれば、応募書類の添削を受けられます。

エージェントがヒアリングを通してあなたの人柄や経歴を把握し、伝え方のコツも教えてくれます。

そのため魅力的な応募書類を作成するサポートを行ってくれます。

自己流で作成した応募書類は、採用側から見て、内容が不十分であったり、見せ方が適切でないケースがあります。

そのため、転職のプロであるエージェントに直接教わるのが効率的です。

企業とのやり取りを代行してくれる

エージェントは、企業とのやり取りを代行してくれます。

エージェントが代行してくれるやり取りは以下の通りです。

  • 各企業への応募
  • 面接の日程調整
  • 採用担当者への連絡

在職中に転職活動を行うとなると、細かいスケジューリングが困難になります。

特に複数社に応募している場合、それぞれの企業と並行してやり取りをする必要があります。

油断するとダブルブッキングなどトラブルが起きる可能性もあります。

転職活動に関するやり取りを、代わりに行ってくれるのは大きなメリットです。

データサイエンティストが転職エージェントを使うデメリットとは?

次にデータサイエンティストが転職エージェントを使うデメリットについて説明します。

データサイエンティストが転職エージェントを使うデメリットは、以下の2点です。

  • 担当者との相性次第でサービスの質が変わる
  • 自分のペースで転職活動を進めづらい
DAI
以下にて詳しく解説します。

担当者との相性次第でサービスの質が変わる

エージェントサービスの質に満足できるかどうかは、担当者のスキル次第です。

人材業界は離職率が高いので、入社間もない経験不足の新人が担当になってしまうことも十分考えられます。

また、いくらスキルがあったとしても、性格的に相性の悪い担当者がいる場合もあります。

スキルの低い担当者の場合、転職活動が上手く進められない可能性もあります。

DAI
担当者の相性には注意が必要です。

自分のペースで転職活動を進めづらい

転職エージェントは、自分のペースで転職活動を進めづらいという側面もあります。

たとえば、以下のような事例があります。

  • 目先の売上やノルマのために、転職者の意向をあまり考えてない提案をする
  • 逐一連絡を取る
  • やや強引に転職させようとしてくる

これは、転職エージェントが、求職者を企業に紹介することで収益を上げる仕組みだからです。

エージェント側はできるだけ早く内定を決めて欲しい場合があります。

そのため時間をかけて転職活動をしたいという方には、大変な部分はあるかもしれません。

データサイエンティストの仕事とは?

次にデータサイエンティストの仕事について紹介します。

データサイエンティストの仕事は以下の3種類あります。

  • データ分析
  • データ収集・整理
  • 課題解決
DAI
以下にて詳しく解説します。

データ分析

データサイエンティストの案件例に、データ分析があります。

立案した仮説の立証に必要なデータを収集し、分析が可能なレベルに加工します。

また、分析のもとになるデータをさまざまなシステム(業務システムやSNSなど)から収集できるような環境作りも行います。

よくある仕事例は以下の通りです。

  • 業務システムからAPIを通じて取得したデータを収集するプログラム(バッチ)作成
  • Hadoop・MySQL・NoSQLを用いたデータベース構築・運用
DAI
データを正しく加工できると、より分析の質が上がります。

データ収集・整理

収集したデータをもとに、そのデータをビジネスに活かすためデータの整理を行います

データ収集・整理にはさまざまな手法があり、どのようなアプローチをするかはその人次第です。

各々の得意分野や専門分野、経験を生かし作業を行います。

大量のデータを整理し、ビジネスに活かせるように整理するのが重要です。

DAI
需要は年々上がっているのでおすすめです。

課題解決

分析したデータをもとに、ビジネス上の課題を解決するための施策や戦略を考えていきます。

  • 処理をした情報をビジネスへどう活用すべきか?
  • 事業や企業が利益を生むにはどうすればよいのか?

ということを常に体系立てて考え、その企業に合ったビジネス戦略を導き出します。

よい施策を導き出すには、ビジネス分野やマーケティング分野への見解も必要です。

データサイエンティストの年収は?

次にデータサイエンティストの年収について紹介します。

求人ボックスによればデータサイエンティストの平均年収は約697万円と言われています。

引用:https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/ ※2021年10月

まだ正社員のグラフの画像を見てみると、1200万円を超える求人も存在しています。

引用:https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/ ※2021年10月

そのため高い給与を得ることも夢ではありません。

未経験からデータサイエンティストに就職できる?

次に未経験からデータサイエンティストに就職できるかどうかについて紹介します。

未経験からデータサイエンティストに就職する方法は以下の3つあります。

  • 周辺職種に就職する
  • ITスキル、機械学習・AI、統計学の内いずれかの勉強をする
  • 転職エージェントを活用する

周辺職種に就職する

企業がデータサイエンティストを募集する場合には、経験者を求めていることも多いです。

まずは周辺職種に就職し、必要なスキルを身に着けるというのも1つの方法です。

そしてデータサイエンティストに必要なスキルは大きく3種類あります。

  • データサイエンス力
  • データエンジニアリング力
  • ビジネス力

SE職・マーケティング職・コンサルタント職などの職種でも、データサイエンティスに共通するスキル・能力が得られます。

そのためこれらの職種での経験をもとに、データサイエンティストを目指すというのも1つの方法といえるでしょう。

ITスキル、機械学習・AI、統計学の内いずれかの勉強をする

ITスキル、機械学習・AI、統計学に関する知識、統計学のどれか1つを自身に合った方法で基礎知識をつけていきましょう。

  • ITスキル→Python、R言語、データベース知識
  • 統計学→数学、データ分析手法の理解、データ分析、ソフトウェアのスキル
  • ビジネススキル→ビジネスに対する深い理解、ロジカルシンキング、ドキュメンテーション/プレゼンテーション

上記スキルの勉強方法は独学、スクールに通う、WEBの学習コンテンツで学ぶなどの方法があります。

自身に合った勉強方法で始めて、知識をきちんと学びましょう。

DAI
勉強をすることで体系的な理解に繋がり、転職の成功確率が上がります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用して、データサイエンティストの職につくのがおすすめです。

特に業界未経験の人は求人数が多い総合型エージェントを中心に利用するのがおすすめです。

IT業界未経験の人に総合型エージェントをオススメする理由は以下の2点です。

  • 選択肢が豊富なため未経験OKの案件が見つかりやすい
  • 応募書類の添削など転職初心者向けのサポートが充実している

未経験からIT業界を目指す場合は、未経験可の求人を効率よく探すためにも求人数を重視しましょう。

データサイエンティストの求人の見方

次にデータサイエンティストの求人の見方について紹介します。

  • レバテックキャリア
  • リクルートエージェント

の2つのエージェントについて紹介します。

DAI
職種ごとに、データサイエンティストの求人を見てみましょう。

レバテックキャリアの場合

最初に、レバテックキャリアについて紹介します。

DAI
こちらも無料登録して、求人をみてみましょう。

データサイエンティストの求人情報です。

引用:https://career.levtech.jp/engineer/offer/※2021年10月現在

求人の仕事内容は、以下の通りです。

  • チームメンバーのマネジメントと育成
  • データマイニング、統計解析、機械学習の技術を用いた高度なデータ分析
  • Python・SQL・R言語

この案件の場合700〜1200万円の年収が狙えるため、おすすめできます。

【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。

リクルートエージェントの場合

次にリクルートエージェントについて紹介します。

まずは、リクルートエージェントに無料登録して、求人を見てみましょう。

データサイエンティストの求人情報です。

引用:https://www.r-agent.com/kensaku/syokusyu/※2021年10月現在

求人の仕事内容は、以下の通りです。

  • 課題ヒアリング・現地調査
  • 機械・装置の音の集音、音を識別するため正常音の特徴分析
  • 正常音の特徴量・クラスタ分割を機械学習でモデル化

リクルートエージェントの方が、案件数が多いため、様々な案件を見たい人にはおすすめできます。

まとめ

データサイエンティストにおすすめな転職エージェントを紹介しました。

様々なエージェントがあるので、ぜひチェックしてみてください。

《データサイエンティストにおすすめな転職エージェントランキング

業界・職種特化型:第1位レバテックキャリア

IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数いるエージェント。
業界・職種特化型:第2位Webist

雇用形態・勤務形態の選択肢が広く、自分に合った仕事を見つけられるエージェント。
業界・職種特化型:第3位マスメディアン

マスメディアンでしか掲載されていないような独占求人を多数所有しているエージェント。

総合型:第1位リクルートエージェント

求人数No1!最初に登録するべき転職エージェントです。
総合型:第2位doda

転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェントです。
総合型:第3位マイナビエージェント

サポートが丁寧で、20代に信頼されている転職エージェントで業界No.1です。

【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。

【Webist】働き方にこだわりたいIT・Web志望におすすめ。
雇用形態・勤務形態の選択肢が広く、自分に合った仕事を見つけられる。

【doda】転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。